不幸自慢の矯正方

レス25
お気に入り60

親不孝者

ひと

初めて投稿させていただきます
不慣れですがどうぞ宜しくお願い致します。

 60代の母の性格について、ご相談させてください。
幼いころから母とは性格が合わずに、いい歳ながら今でも反発ばかりしております。
一人で私たち兄妹を育ててくれたことは感謝しており、定年を迎えた母に親孝行したい気持ちもあるのですが。
いい加減疲れた、っと疎遠になりたい気持ちもあり、正月に実家に帰ることに関して悩んでおります。

簡単に母の性格をいうと、否定する人間です。

・「美味しいね」→「あなた、これがおいしいの?」
・「(桜や紅葉)綺麗だね」→「あんなに落ち葉があったら掃除が大変」
・「あの家、素敵だね」→「あんな形してると維持費が大変」
・昔の街並みを歩いて「風情があるね」→「虫が入ってきそう。私はあんな家住みたくない」

・聞きもしないうちから、
「今はどこが悪い、ここが悪い」など、昔から体が弱いことを強調し 常に具合が悪いと訴える
食事では
・「私はあれが嫌い、これが嫌い。私はこのお店食べれるものがない」
 と嫌いなもの、食べれないものを恥ずかしげもなく口にします

つい先程、数か月ぶりの電話で
「旅行行ったんだよね?どうだった?」と尋ねると
あれがひどかったこれが悪かった。あれがまずかった。っと待ってましたとばかりに悪かったことの羅列。

「だから、なんでそうなの?なんでそこでいい思い出がでてこないわけ?」っと険悪に。

去年も正月早々険悪な状態で。
ならば、もう帰らないほうがましかと思う次第です。

 黙って聞いてればいいのですが、常に否定され続けると気が滅入ってくるので
私も片っ端から反抗してるので似たもの親子なのかもしれません。

 
私自身への叱責
母の考え方を変える方法 (なんか良い本などないでしょうか)
現状変える方法に行き詰ってます、お願いします。教えてください。

ユーザーID:9497704406

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「残念ね」

    お母様のネガティブ発言には、大体が「それは残念ね」と、一言で返答すれば良いと思います。

    食べ物が美味しいかどうか等は、「“私は”美味しいよ」と。人の好みはそれぞれですから。「私には美味しくないわ」と言われたら、やはり「残念ね」と。

    お母さんの意見に、肯定も否定もせず、「残念ね」。何をどれだけ大袈裟に否定しようと、淡々と穏やかに「残念ね」。

    「私をバカにしてる」と言われたら、「違うけれど、そう思われたら残念だわ」と。

    お母さんの発言に正面から向き合うと、トピ主さんが消耗します。

    ユーザーID:4203598034

  • 荒療治(ガツンと言って突き放す)

    一緒にいて全く楽しくなく、逆に気持ちが重く暗くなり、負のオーラを出しまくる人とは絶対に友達になりませんよね。
    だけど親だったら、何故我慢して帰省しないといけない・・・というか、良心の呵責みたいなものを感じるのでしょうか?

    私だったら、一度ガツンと言ってみて、それでも直らないようなら帰省しません。
    母の日に何か送って電話で話す程度にします。
    疎遠じゃなくて、線を引いて付き合うのです。
    顔見せは年1回で十分ですよ(1泊2日)
    親でも限度があると思います。
    現状を変えたいなら、一度突き放す事です。
    お母さん、目が覚めるといいですね。

    ユーザーID:9755953822

  • 他者を否定する人は自分自身に不平不満がある人。

    タイトルの通りです。
    ご本人自身が『自分のおかしい所はどこなのか?』を自覚できれば
    改善の余地もありますが、
    『自分におかしな所など無い!』と、事実を認めようとしない人は
    一生変わる事はありません。

    ユーザーID:2262879146

  • 変わらないと思う

    ネガティブなお母様なのですね…そういう方っています。

    実家のご近所さんにそういう方がいて祖母と付き合いがあったのですが、よく祖母はグチをこぼしていましたね…。
    年を重ね、ここが痛い、あそこが痛いと言うようになり、リハビリは痛みを理由に嫌がる…。
    やがて体の自由が利かなくなると認知症を患い今は施設に入所しています。
    もう祖母が会いに行ってもわからないそうです。
    私も老人ホームで働いてた時そういう方をたくさん見てきましたが周りが何を言っても聞く耳持たないので変わりません。
    年取れば尚更、柔軟さに欠けてきますから。

    ユーザーID:1636723504

  • 女優になったつもりで認めてあげて

    不幸自慢の人は、共感して欲しいのです、ですから、そのネガティブな意見を聞いてあげて、認めてあげればいいんです。


    *「あなた、これがおいしいの?」→「うん、おいしい」
    *「あんなに落ち葉があったら掃除が大変」→「そうだね、大変そう」
    *「あんな形してると維持費が大変」→「そうだね、維持費高そうね」
    *「虫が入ってきそう。私はあんな家住みたくない」→「そうかもね、でも、どんな家が好きなの」
    *「どこが悪い、ここが悪い」→「大変だね〜」「痛そうだね〜」
    *「私はあれが嫌い、これが嫌い。私はこのお店食べれるものがない」→「じゃあ、しょうがないね、私(達)が食べ終わるまでお茶飲んで待ってて。」

    お母さんの考え方を改める方法はありませんが、対処法として、お母さんの言う事を「あ〜、そうかもね」と、認めてあげてみて下さい。そうすると、大概、大人しくなります。何もお母さんの言っている事に賛成しなくてもいいんです、女優になったつもりで「はいはい、そうですね。」と共感しているつもりでやってみてくださいな。

    ユーザーID:6016883441

  • お母様は変わりません

    お母様を変えようとせずにトピ主さんが変わるようになさらないと上手くいきませんよ。

    お母様の言葉にいちいち引っかかることでしょうが、それに反発せずにただただ受け入れ、聞き役に徹してみられてはいかがですか。

    お母様の言葉に対して、ああそうだったの、それはつまらなかったね、とか、ああそうか、そういうことも言えるね、とか、食べられるものがないのは残念ね、とか、ひたすら受け入れてみればいかがでしょうか。

    お母様は寂しいのだと思います。
    トピ主さんも話していて楽しくはないのはわかりますが、そこはあなたが大人になって全て受け入れて差し上げてください。
    お母様はご自分の気持ちをわかってもらいたいのだと思います。

    ユーザーID:2717133109

  • トピ主さんへ

    トピ主さん、いろいろと大変ですね。

    人には表現の自由が認められてますよね。

    トピ主さんの表現の自由とは、かけ離れていたからの批判ですか?

    思うに、トピ主さんは、ただの「我が儘いう人間」を異様に嫌っているだけの人です。

    大変な思いをしている知り合いがいるのですか?

    ユーザーID:7045508030

  • えげつない方法としては

    「この前旅行に行ったよね、どうせ面白くなかったんでしょ?ご飯もまずかった?母の行く所はいつも最低だもんね。ね、なんで面白くないし美味しくもない所にお金使っていくの?不思議でたまんないんだけど」

    って聞いてみたら?

    多分、そこまで言われるほどじゃないってキレて怒られると思うので。
    っていうことを、私はやった事があります。
    キレた所で、
    「なんだ〜、そんなに嫌な感じじゃ無いじゃん。じゃ良かったね!」
    で終了です。にまーとわらって。

    あと、60代の母の性格は今更治らないと思います。
    嫌なら、話題を振らないこと。
    それか、何か口を開きそうだったら、
    「お母さんは不幸でかわいそうね」
    って憐みの目で言う事かな。
    それに限りますよ。

    ずっと繰り返せば、言わなくなります。

    ユーザーID:6829427833

  • 甘えてるだけ

    本人が気がつかない限り駄目ですね
    用はかまってちゃん
    あなたに甘えて愚痴ってるだけでなだめてくれるのが快感なんですよ…こういう人は
    延々と続くだけきりがない…放置プレイが一番いいはず
    誰も相手にしなくなったら、何で相手にされなくなった自分をかえりみるでしょう…
    その時がくるのをまちましょう
    あなた自信が親代わり、旦那代わりをやめましょう

    ユーザーID:0139535165

  • 他人を変えることはできません

    トピ主さんが自分は変われないのなら、自分が変わればいいとわかっている人でさえ変われないのに、変わりたくない・変わることなんて思いつきもしない人が変われるわけないと心得ましょう。

    疎遠ぎみにするか、聞き流す努力をするか。
    私は合わせ技で対応しています。
    あと5年ぐらいで解放されると思うし。

    ユーザーID:9362857415

  • 褒めまくる

    まずトピ主様がお母様を思い切り褒めて&感謝しましょう。
    無料なので,どんどん試してみてください。

    会ったら「いつも綺麗ね〜」
    部屋にいるとき「和むわ〜」
    最初と最後には必ず「お母さん,いつもありがとう。感謝してる」

    ユーザーID:9984803049

  • 不思議なもので

    グチや誰かの悪口を人に話したとして、
    「私は全然そんなふうに思わない」と否定されると
    次から次へと嫌なことを言ってしまうのに、
    「私も前からそう思ってた!ほんと腹立つよね」と
    言われたら一瞬で気持ちが収まってしまうってありませんか?

    わかってもらえたら満足…みたいな。

    トピ主さんのお母さん、寂しい人なんだと思います。
    ネガティブな発言ばかり聞かされるの辛いけど
    とりあえず否定で返すんじゃなく、
    「へぇ〜それは大変だったね〜」じゃだめですか?

    ユーザーID:6265947617

  • 老いとはそう言うもの

    多かれ少なかれ、老いとはそう言うものです。

    痴呆が進むと、もっとひどくなります。

    貴方が、それを聞き流せないとつらいものがあります。

    相手を変える事は医者でも無理です。

    変える事を教わるのでは無く、理解する努力をしてください。
    それと、相手をコントロールする話術を習得してください。

    否定から入るので、まず、そーなんだ、そりゃ大変だったねぇーで受けて
    どんどん、相手に同調してください。

    お店に行っても、何が食べたい? などと聞いてはいけません。
    これがいいよ、美味しいらしいよ。と奨めてください。

    そのあとは、あまり美味しくなかったと言うでしょうから、そうだよねー思った程ではなかったよねー と同調してください。
    せっかく奢って上げたのにぃ なんて思わないでください。
    それは、それで他人には、このあいだ娘が連れて行ってくれたんだけどねって自慢げに言いますから。

    とにかく、否定しないでください。

    まずは、それだけです。

    ユーザーID:4478471172

  • ああ、私だ・・・

    トピ主のお母さんの発言を読んで胸が痛くなりました。

    私がまさにそう言うタイプです。

    もともとのネガティブ思考に、長年の癖が重なって
    無意識に「悪いことから先に」ばかり言ってしまいます。

    娘が心を病んで 泣き喚きながら
    「お母さんのせいでこうなった」と言われて やっと目が覚めました。

    人から言われるとこんなに痛いんだね、と。
    それからは気をつけてはいるんですが、それでも つい先にマイナスな感情が湧いてしまいます。
    そして、それを言葉にしてしまいます。


    わかっていて気をつけていてそれですから
    自覚のないお母さんには中々 理解できないのでは? と思います。

    今思い返せば、私が何かを失敗して落ち込んでいたとき
    小さな娘がいつも「でも、○○だからいいじゃない」って必ず 慰めてくれていたのに
    それがありがたいと思っていたのに、それでも 人に対して
    アドバイスと言う名の 偏見に満ちた自分の意見ばかり言っていました。

    根源は自分自身が嫌いだから
    そしてその一方で自分だけが好きだから……

    オススメは「ありのままの自分を好きになる系」の自己啓発本がいいのかな? という気がします。

    ユーザーID:5225423319

  • う〜ん

    浅見帆帆子さんの書かれた宇宙〜・・・という本を読まれてはどうでしょうかねぇ。

    私も母が愚痴がすっごい多い人で、娘だからか知らないですけど本当に垂流し状態

    でゴミ箱化しています私が。

    うんざりして、その本を買って渡しました。そしたら愚痴を言うと、その空気が・・

    という文章があり、母はそれについて、そんな事言われたって愚痴言いたくなるも

    んだよね!と批判はしていました。正直、自分に問題(不満や劣等感)が無ければ

    愚痴なんて言いませんよね。昔っからですが周辺に問題があるという考えの人なので、

    自分は正義なのです。なので不満が尽きることはありませんが、最近段々と解って

    きたらしく、60も過ぎてこのままだとずっと不幸のままだと気づき始めたらしいです。

    私も愚痴言われると話聞かなかったりしましたし、実家へ行っても不貞腐れていたら

    即効帰ったりしてたので、考え出したらしいです。時間はかかるかもしれませんが、

    親族が言うより、本というのは手っ取り早いかと思います。次は掃除の大切さを

    教えたいと思っている最中ですが・・・どうだろう

    ユーザーID:2033016952

  • 諦めるor受け入れる

    私も母親がアクの強い人間です。まぁ、ウチは家族全員そうですが…

    人間も高齢になると、性格を変えるなどという事は不可能に近いと思います。よほど何か大きな事件でもおきない限り…(ウチの母は事件が起きても自分を変えない頑固者ですけど…)

    だからトピ主さんの「母の考えを変える」という方法は、多分ないのではないかと思います。

    …でも…

    今一度、お母様の生い立ちや人となりなどを「客観的」に思い返してみて、なぜお母様がそういう思考回路を持つに至ったのかを確認してみてはいかがでしょうか?

    私も母の言動には振り回され、今でも会話したくないので何年も会っていないし電話もしません。でも母がそういう人間になるだけの理由はあったと思うので、そんな状況の中でも今はそこそこ頑張って生きているので、母としてはともかく、一人の人間としてかろうじて認めています。

    一事が万事否定ばかりというお母様。心の芯の弱さを感じさせます。

    無理に歩み寄る必要はないと思いますが、母を一人の人間として、客観的に見てみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:9101359426

  • その性格なら

    私が正月帰ったら大変だよねー?
    と電話でも入れれば、いかにあなたが帰ってくることが負担になるか教えてくれるのではないでしょうか?
    →だったら行かないほうがいいね。

    こういう方法で、母のネガティブ発言が母の不利益に直結する方向にしてしまえばよいと思いますね。

    ユーザーID:4549630651

  • そんなものかと

    私の父も、愚痴+悪口でコミュニケーションをとろうとする人ですし、義父も褒めるよりもそちらよりです。
    私の中では、年配の方は大抵そうだと思っているので、特に苦痛は感じません。
    一緒に旅行に行って、「せっまい部屋だなー」「あの店あんまりだな」「こんなもん美味しいの?しあわせだね〜」と連発してますが、基本ハハハで聞き流してます。明るく言うので、特にムカついたりもしません。

    多分トピ主さんが必要以上に反発してしまうのは、もともとお母様が好きじゃないからだと思います。同性の身内は時に同族嫌悪が強く働いて、強烈な嫌悪感を呼び起こす場合があります。
    それと、お母様にまだ期待する部分があるんでしょうね。お友達感覚というか。
    お母様も幼稚でしょうが、「会話内容」なんてものにしょうもない反発をしているトピ主さんも同等程度に幼稚です。

    お友達としてお母様を見るのではなく、老いて不自由になりつつある身内、として見てあげてはいかがですか。

    他人は変えられません。
    まずは自分が変わりましょう。

    ユーザーID:3636257637

  • 逃げた方がいいわ

    お母さんは、共感されたい人なのよ。
    人には共感は出来ないの。
    貴方は対応の仕方で何かが変わるかも?と思っているかもしれないけど、このお母さんは無理だと思うわ。
    このタイプの方を一人知っているけど、娘さんは旦那さんが亡くなったあとに、実家に帰って酷いウツになってしまって、医者からは、人格形成時から母と子の間の関係に問題があったから、母と触れ合ってはダメ。って感じよ?

    貴方は離れた所に住んでいるなら、絶対に同居なんてしたらダメよ?
    適度な距離を保って、共感してあげられる短時間だけしか一緒にいたらダメ。
    このお母さんに何かを期待したらダメよ。

    実家に帰るのも、最低限度の時間にしたほうがいいわよ?
    険悪になる前に離れることね。

    ユーザーID:2161173874

  • 諦めてもらうに尽きる

    そういう性格で長年やってきたお母さんを変えることは難しいと思います。

    対処法としては、否定的な発言やネガティブな言動は、おうむ返しに繰り返して、お母さんにも聞いてもらうことです。

    例えば、「旅行先の料理がまずくてね」と話されたら、トピ主さんも「ああそう、旅行先の料理がまずかったんだ」(同じ事を繰り返すだけでおしまいにする、自分の感想は絶対に続けない)
    「昨日から腰が痛くて痛くて」「ああそう、昨日から腰が痛くて痛くてなんだ」(これだけで次の会話は母親につなげさせる)
    コツは、会話のキャッチボールをしないこと、やりとりをしないことです。一方的に、お母さんが言いたい不幸な話、否定的な発言を続けてもらうと、お母さんのほうがいつか気づいて、会話をやめるようになります。

    別の対処法としては、「諦めてもらう」につきます。愚痴を言われて、反論したい事があっても、「それはもうあきらめて」「それは無理だからあきらめて」「それはもうできないからあきらめて」と、相手に期待させず、あきらめてもうらことです。

    必ずうまくいくとは思いませんが、わたしはこれで母からの不幸自慢を逃れています。

    ユーザーID:0554450730

  • 1.トピ主です 

    親身にアドバイスしていただきありがとうございます。
    客観的な意見を伺え、これからの対処法を考えることができました。


    ・嫌なら話題をふらないこと。
     もっともなことかと思います。

    ・一泊二日。
     目から鱗でした。ありがとうございます。
     遠方ということもあり帰省となると長期滞在を前提に考えていました。
     最低限度の時間で険悪になる前に離れること。心します。

    ・発言が母の不利益に直結する方向
     こういう風にうまく会話を誘導することできれば、ネガティウ゛発言を減らすことが
     できるのですね。私の力不足ですね。

    ・感情的にならず受け流すこと。
     「残念ね」「あ〜、そうかもね」「大変だったね」
     これからこのような言葉を選ぼうと思います。
     思いやりに欠けた言葉ばかり母に返していましたが、
     穏やかに話を終わらせるよう努力します。

    ・また、褒めまくる感謝するというアドバイスもここ近年発想が無かったです
     ありがとうございます。
     受け流すことができるようになり、余裕ができたら一歩踏み出したいです。

    (続く)

    ユーザーID:9497704406

  • 1 トピ主です

    親身にアドバイスしていただきありがとうございます。

    客観的な意見を伺え、これからの対処法を考えることができました。


    ・嫌なら話題をふらないこと。
     もっともなことかと思います。

    ・一泊二日。
     目から鱗でした。ありがとうございます。
     遠方ということもあり帰省となると長期滞在を前提に考えていました。
     最低限度の時間で険悪になる前に離れること。心します。

    ・発言が母の不利益に直結する方向
     こういう風にうまく会話を誘導することできれば、ネガティヴ発言を減らすことが
     できるのですね。私の力不足ですね。

    ・感情的にならず受け流すこと。
     「残念ね」「あ〜、そうかもね」「大変だったね」
     これからこのような言葉を選ぼうと思います。
     思いやりに欠けた言葉ばかり母に返していましたが、
     穏やかに話を終わらせるよう努力します。

    ・また、褒めまくる感謝するというアドバイスもここ近年発想が無かったです
     ありがとうございます。
     受け流すことができるようになり、余裕ができたら一歩踏み出したいです。

    (続く)

    ユーザーID:9497704406

  • 2 トピ主です

    ・共感すること、受け入れること
     母が甘えて愚痴っているとしたら、突っぱねるばかりでした。
     此方に相談し、皆様の意見を頂くことで私自身楽になることができました。
     私が反発せず、話を聞くと母も楽になることができるでしょうか。
     否定せず同調する。ある意味、私も母に対して求めていることでもあります。
      ネガティヴな思考で共感してもらいたい母と、なるべく明るく楽しく話題を共有したい私と
     相容れないのでどちらかが譲歩するしかないのだと当り前のことに気付きました。

     年をとれば、柔軟さにかけてくるとのお言葉。まさにその通りだと思います。
     老いて不自由になりつつある母をたてるのが子の務めかとも思います。変わるなら私ですね。

     私の考え方を母は昔から
    「能天気」「楽天的」で「めでたい人間だ」という風に片付けます。

     母が私と真逆の思考回路を形成するに至った環境等、そこまで考えてみたいと思います。
     身内でなければ、自分から進んで傍に近寄らないだろうし、
     あるいはここまで嫌悪しないかもしれません。

    (続く)

    ユーザーID:9497704406

  • 3 トピ主です

    ・「他者を否定する人は自分自信に不平不満がある人」
     これも、自分自身に返る言葉でもあります。耳が痛いです…。

    ・自己啓発の本のお勧めありがとうございます。
     本屋に行き選んでみようと思います。
    ・「宇宙からの…」こちらも紹介文を先程ネットで読みました。さっそく購入します。


    11月19日 12:37 マツコ様まで拝見しました。

     貴重なお時間をいただきありがとうございました。
    皆様のおかげで、自分の悪い点また自分ができることに目を向けることができました。
    皆様が示して下さった理解と優しさに救われました。
     母も求めているものでしょうが、まずは受け流すことから始めたいと思います。
    方向性が決まったので、トピを締めさせていただこうと思います。
    心から感謝いたします。

    ユーザーID:9497704406

  • アマノジャク鎧

    結論から申しますと、お母様のアマノジャクは変えることはできません。

    アマノジャク故に苦労をし、アマノジャクの鎧を着ていたからこそ、女手一つで子育てができたんです。

    もう、戦いは終わっているのに、心は荒んだままなんですね。かわいそうに。
    これは、お母様の生育歴にあります。
    常に人の意見を否定することによって、自分を保っている。
    自分の価値観がないから、まず人ありき、否定ありきなんです。

    しかし、トピ主様はそうではない。
    ご立派に成長されています。

    そんな母親が哀れで愛しく感じるならお会いすればいいし、否定されて気分が悪いならば会わなければよい。

    私の職場のお局様が、お母様と同じタイプの方でした。
    彼女は継母に育てられ、大変な苦労をなさったようです。
    還暦近くなっても、尖ったまま。
    私は彼女と2人勤務だったので、お気持ちはよーーくわかります。

    相手に期待しちゃいけません。
    こちらから話題をふるのもやめましょう。
    のらりくらりかわすことです。

    ユーザーID:7011443553

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧