大晦日にはどんな魚及び食事を召し上がりますか

レス107
お気に入り56
トピ主のみ54

レデイ

話題

皆様にお聞きいたします。
大晦日にはどんな魚を食べる風習がありますか。
当地方は昔から鮭を食すお宅が多かったようです。
中には鰤、鱒というお宅も・・地元市誌に出ておりました。
そのほか、田作り、豆カズノコ、酢ダコ、ニシンの昆布巻きなども食されてきたようです。


近年は、様々な食物があふれ郷土食も失せつつありますが、
伝統的正月の料理をお教えいただければと思います。
又歳とりの晩は、ご飯食なのか麺食なのか・・興味があります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:0364438838

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数107

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大晦日って魚?

    海の近くですか?
    あと、田作り、数の子はおせち(正月の食べ物)なのではないでしょうか?
    (秋田出身の人から「大晦日におせちを食べ始める」と聞いた事はありますが)
    こちらは東京の市部ですが、特に魚は食べませんね。
    家族全員若くて元気だった頃はすき焼きなど食べて盛り上がっていましたが、そう若くなくなった現在、何を食べるか毎年悩んでいます。
    知人には「大晦日の晩は年越し蕎麦のみ」という人(家庭)が数組あります。
    それも何だか寂しい様な・・・・
    真面目に皆さん何を食べているのか知りたいです。
    多分豪華系と質素系に別れる様な気がするのですが・・・

    ユーザーID:6923884200

  • 鰤です

     当方は、両親の実家とも鰤でした。しかし、近所ではほとんどが鮭です。

     子どもの頃は、鰤の方がはるかに高価でしたが、父親は鰤は出世魚だからということで、大晦日には鰤を食べてました。

     長野県の東信地方です。

    ユーザーID:7439397678

  • やはり

    ナメタ鰈でしょう!煮つけて食べます。あとマグロやイカ刺しも食べます。

    東北太平洋沿岸です。魚が食べられるだけで幸せです☆

    ユーザーID:0922326097

  • そういう地域の方?

    大晦日の夕食は年越し蕎麦だけです。
    ちなみに翌日の元旦にお雑煮を食べます。
    それだけです。

    親族がいる北海道(札幌市)でも同じでした。

    一時期暮らした事のある青森県では皆さん大晦日に刺身・数の子・煮物・プリンのように甘い(だけど椎茸等の出汁を使う)茶碗蒸し・ナマコの酢の物などの沢山の料理を出しつつ年越し蕎麦を夜中に食べておられました。
    青森県内で三度引っ越しましたが同じような感じでした。魚は地域の旬のもの。

    ユーザーID:2330534294

  • 特にない、、かと

    九州の海沿い在住です。
    私の住む地方では、大晦日だからコレを食べるって特にないと思います。
    せいぜい年越し蕎麦が定番ってくらいかな。
    あとは普通の食事ですねぇ。(昨年末、友人宅ではハンバーグだったと聞いたのを覚えています)

    ちなみに私の実家では、大晦日は何故かおでんでした。
    今は結婚していますが、去年から年越し蕎麦を食べる意味でも、鴨鍋を定番にしようと決めています。
    簡単だし、締めが蕎麦なので一石二鳥(笑)
    魚はお正月用に予約した物があるので、その一部をお刺身にする程度です。(つまみ用)

    大晦日。
    ホント、言われてみると他のお宅は何を召し上がっているのか気になってきますね。

    ユーザーID:0272449920

  • サケ

     日本海側に引っ越してきて『大みそかに鮭を食する』習慣を知りました。

     「鮭」と言っても実際は「鱒」なのかもしれませんが今まで鮭缶の原材料は『カラフトマス』と表記していたのでどうでもいいことです。

     何十年か前、「アメ横の新巻きサケは鱒なので偽物だ」という新聞記事がありましたが、世間は「へ〜そうなの」業者は「昔から(生物学的分類の)マスは鮭とうたっても問題はない」という反応で騒ぎにはなりませんでした。

     最近の誤表示問題と比べるとのどかな時代でした。

    ユーザーID:7119252469

  • 大晦日に魚?

    こちらではそのような習慣を聞いたこと無いです。ちなみにずっと祖父母の代から東京です。
    翌日の元旦に鯛などなら出す家庭はあると思います。
    それから、トピ主さんが名前を挙げられた田作りとか、数の子などの類は全て御節料理としてお重に入っているので
    これも食べるのは元旦ですけど…トピ主さんは大晦日からお節を食べ始めるという事でしょうか?
    それだと新年御目出度う、という時や新年の来客を迎える時にはお節にすでに手がついてしまってますけど、大量に作って補充していくのかしら?
    御節って全国的にはいつから食べ始めるものなのかしら?大晦日?新年?

    大晦日には我が家は天ぷらをたくさん揚げます。
    その他茶碗蒸し、刺身、カニなど。
    締めの気持ちで蕎麦を出し、好きな天ぷらを乗せて年越しソバとしています。

    ユーザーID:7487086647

  • なぜ魚?

    普段から魚は好きで良く食べますが、大晦日には食べません。
    地方の習慣というのは面白いものですね。
    海の近くなのでしょうね。

    私は東京で生まれ育ったので、大晦日に魚を食べるというのは
    今まで聞いたことがありません。
    子どもの頃は、紅白など見ながら鍋など食べていましたが
    今は年越し蕎麦だけで、さっさと終わらせます。
    大晦日にあれこれ料理したり、片付けたりしたくありませんから。

    あとトピ主さんの書かれている、田作り以下の物は
    すべて「おせち料理」ですから、元旦の朝から食べます。
    これらを大晦日に食べてしまったら、お正月はなにを食べるのでしょうか?

    ユーザーID:7954573794

  • 魚を食べる習慣はないです

    ちなみに、例に挙がってる数の子・昆布巻きetcは、大晦日でなくお正月に食べます(お節に入ってますし)

    大晦日はお客様が毎年実家にいらっしゃるので、大人数で食べれる様に鍋かすき焼きが多いです(あとは酒のツマミになる様なモノも一緒に)

    結婚した今では大晦日に実家にいる事はなくなり、夫婦二人で自宅で過ごしてますが。
    実家で用意した鍋やすき焼きの材料が大量にあるので、それをお裾分けしてもらって二人で食べます。
    最後のシメは年越し蕎麦で終わりです。

    元旦は、私の実家も夫の実家も近所なので年始挨拶に行って、そこでお雑煮やお節を一緒に食べる、そんな感じです。

    お節も昔は手作りが多かったけど、今は買ってきた物が多くそれは確かに切ない(祖母が存命中は手作りでした)
    なので、去年から母が祖母に教えてもらったレシピを元に田作り・昆布巻き・伊達巻きだけでも復活させ様と奮闘中です。
    なかなか、祖母の様にはいきませんが(苦笑)
    あと姑の酢のモノも美味しいので、今度教えて貰う予定です。

    他の方の郷土の大晦日料理&お節も、とても楽しみです♪
    ちなみに、私は東海地方在住です。

    ユーザーID:9157392398

  • ナメタガレイ

     年取り魚として食べていたのは「ナメタガレイ(ババガレイ)の煮付け」ですな。

    ユーザーID:1850586658

  • 魚は別に…

    お重に詰め切れなかったおせちを綺麗に盛り付け、スモークサーモンで押し寿司を少し作り、それらを肴に日本酒や白ワインを飲みます。
    別段、何か魚を食べることは無いです。押し寿司がスモークサーモンなのは、手軽に作れるからです。
    締めに年越し蕎麦を食べておしまいです。
    実家がそんな感じだったので、なんとなく同じような感じにしてます。母もやはり、自分の実家がそうだったのだと思います。ちなみに母の実家は大阪です。

    ちなみに、30日の夜と31日のお昼はおでんにします。
    理由は、31日はおせち作りでキッチンがてんやわんやになるので、30日に土鍋いっぱいにおでんを作っておけば楽だからです。

    ユーザーID:4373981480

  • 年越しそば

    あとは、適当です。

    ユーザーID:6728690690

  • アカジ

    福島県沿岸部の夫実家では、アカジを煮付けて食べます。アカジとは、キンメダイに似た赤い魚で、吉次という名で売られていることもあります。年末はものすごく価格が高騰するので、少し早い時期に買って冷凍庫で保管しておき、大晦日に煮付けにしています。

    私は日本海側の出身ですが、お正月にはブリを食べました。大晦日は特に決まっていなかったと思います。

    ユーザーID:3435869511

  • お節料理と鰤です

    関東の私の実家では、大みそかは普通の夕飯でした。
    特別なご馳走はなく、早めに夕飯を済ませ
    夜になって小腹が空いたら年越し蕎麦を食べてました。
    元日にお節や刺身などでお祝しました。

    結婚して夫の実家で年越しをするようになり
    大みそかに重箱に入ったお節料理を出す習慣に驚きました。
    え?年が明ける前にお節を食べるの?って。
    魚はブリの塩焼きです。年越し蕎麦は食べません。
    蕎麦処の長野県です。

    ユーザーID:7013247210

  • 年(歳?)取りイワシ、です

    生まれも育ちも、中国地方の岡山県です。

    大晦日の晩ご飯には「年取りイワシ」と呼ばれる、焼いただけのイワシを食べます。
    節分に鬼を追い払う為に、イワシを焼くように厄除けなのか……理由は分かりません。
    年末になると、スーパーには生イワシが山積みで用意され、「年取りイワシ」コーナーができます。
    ですが岡山県全域の風習では無さそうです。

    何年前だったか、大晦日やお正月に食べる魚は何?、というトピがありました。
    関東の人は鮭が多くて、中国地方は大晦日にイワシが多かった、と思います。

    周囲に訊いた事はありませんが、私の実家では年越し蕎麦は存在感薄いです。
    大抵夜11時過ぎた頃に食べますが、ラーメンでもうどんでも良いですし、無くても構いません。
    蕎麦を食べる程、お腹が空いているとは限りませんしね。

    ユーザーID:8619922025

  • イワシの丸干し

    夫の実家の名古屋ではイワシの丸干しを食します。
    元々の旧暦では節分と大晦日は一緒のものですからそこから来ているのだと思います。節分にイワシはつきものですものね。

    ちなみに母の実家は静岡の山の中ですが大晦日からお節料理を食べる風習です。大晦日は鰤を刺身で食べてお正月は照り焼きにします。

    ユーザーID:6396376787

  • 秋田の県北出身です

    このようなトピに何度かレスした事がありますが、秋田県北の我が実家では大晦日には鯉を食べます。年越し蕎麦(温かいです)を食べながら鯉の洗いと鯉こく、そしておせちを食べます。
    お正月は神様を飾るので三が日は肉類禁止でした。元旦に鮭の切り身、秋田では塩引きと呼びますがそれと白ご飯です。
    大晦日から延々とおせちですから飽きますよ。お雑煮を食べる習慣はありませんでした。
    秋田と言っても色々なので、我が家だけかもしれません。

    ユーザーID:8836161719

  • どの地域でしょう?さまへ

    レスありがとうございます。

    私は、長野県東信に住んでおります。
    このごろの食文化の変遷は目まぐるしいものがあり、
    昔ながらの習慣が消え去りそうで、
    寂しく思っておりました。
    「もうじきお正月、日本も広いので地域により
    様々な風習があるのでは・・」
    という事でこのトピをたてました。

    どの地域でしょう?さまのレスを拝見し「え、そんな」・・
    大晦日・・「お歳取りの晩」に魚を食すと言うのは
    全国的なものと思っておりました。

    私の幼いころから、「歳取り魚」は鮭が定番でした。
    暮れになりますと「新巻鮭」が各スーパーで大量に
    売られており、「お歳暮」等でも頂き多いお宅は
    「うちの犬飽きて鮭食べない」などという話も・・

    鮭のみでなく鰤や鯉なども一緒に出される事も・・
    きんぴらごぼう、お煮しめ、切りいか、なます、黒豆なども食していました。

    今は、伝統食プラス刺身、焼き肉、寿司なども加わり「歳取りの」夕食は豪華版です。
    「おせち」を大晦日から食べています。

    ユーザーID:0364438838

  • サカナ好き様へ

    レスありがとうございます。

    私も東信在です。
    私の実家は鮭、がメインで時にはプラス鰤、鯉という事もあります。


    「当方は、両親の実家とも鰤でした。しかし、近所ではほとんどが鮭です。

     子どもの頃は、鰤の方がはるかに高価でしたが、父親は鰤は出世魚だからということで、大晦日には鰤を食べてました。」・・・

    鰤は名前が変わると言う事で「サカナ好き」さまのお父様の言われる通りですね。

    調べましたら、東信でも上田地方は「鰤」を食するのは県の南部が多いようですね。
    富山から「鰤」が入り東信、北信は新潟から「鮭」が入った事によるそうです。
    ネットの記事に上田は「歳取り魚」は「鰤」が多いとありましたが、上田方面は松本方面に近いので、南北両方の文化が融合しているのかもしれませんね。
    「おせち」もやはり「大晦日」から食べ始めると書かれてました。

    「歳取り魚」の風習は日本各地であるのか興味が尽きません。

    ユーザーID:0364438838

  • おさしみ様へ

    レスありがとうございます。

    「ナメタ鰈でしょう!煮つけて食べます。あとマグロやイカ刺しも食べます。

    東北太平洋沿岸です。魚が食べられるだけで幸せです☆ 」・・・

    「ナメタ鰈」・・はて、なんと読むのやらと調べました。
    「ナメタカレイ」・・わかりました。
    カレイの煮つけおいしそうですね。生唾が出そうです。


    3・11の被害にあわれた方でしょうか。「魚が食べられるだけで幸せです☆」
    万感胸に迫る思いで読ませて頂きました。この文を打ちながらも心が震えます。

    おさしみ様、東北の復興をお祈りしています。

    そして私どもができる事は、旅行などで東北に行きお金を使う事・・
    うちの主人たちは仲間たちと、もうじき東北旅行に行き、
    おいしい魚を買ってくると言っています。

    私も東北大好きで、旅行に何回も行きました。
    東北の方々の優しさ忘れていません。

    頑張れ東北

    ユーザーID:0364438838

  • 田舎嫁様へ

    レスありがとうございます。

    所変わればとは、正にの感ですね。

    北海道と青森の違いをお聞きしただけでも良く解りました。

    お魚大好き人間としましては、「青森人になりたい」です。

    「夜中に年越し蕎麦・・」という事はその前にはご飯を頂いているのでしょうか・・・

    そういえば、先日主人と話したのですが「年越し蕎麦の風習」昔はこのあたりでは
    無かったような気がします。
    幼い日テレビを見て「都会では蕎麦を食べるんだ」という風に思った記憶が・・

    主人と大笑いしたのですが、「この辺は昔貧しくお米が食べられず普段蕎麦などを食していたので、
    「お歳取り」の晩くらい「白米」で膳を囲んだのでは」と主人・・・

    確かに・・・いまでこそあたりまえの「白飯」ですが、つい50年くらい前は贅沢であったと言う事を
    周りで話しており、農家でさえも米は大事な現金収入源であったので供出し普段は麦交じりのご飯や
    夜はおほうとや蕎麦だったと聞き及びます。

    今では考えられない事ですね。

    ユーザーID:0364438838

  • 鮭です

    年取り魚と言って、鮭の切り身を一人一切れお皿に盛りつけます。
    あと、我が家だけかもしれないけど、お節を大晦日の晩から食べます。

    長野県 北信地方です

    ユーザーID:1596357992

  • フラワー様へ

    レスありがとうございます。

    九州も年越しは蕎麦なのですね。

    ご実家の「おでん」を見て「これ、いいな」
    皆で熱々の「おでん」をいただけば笑顔満開・・

    当方では、仏様、神様に食膳に載るものをお供えし
    お神酒を上げてから、「お歳取り」です。
    昔は神にあげるのは男性の役目と決まっていましたが、
    我が家では主人が構わないと言う事ですので、
    私がお供えさせて頂いております。

    カモ鍋もおいしそうですね。
    時には「ふぐの刺身」などを用意する事もあります。
    とにかく、一年で一番豪華な食事かもしれません。
    昨年は、関西出身の友人に聞いた「押しずし」に挑戦
    重石は百科事典・・・これが、結構上手に出来おいしく頂きました。

    昔からの風習にプラスして様々な事を試してみたいですね。

    ユーザーID:0364438838

  • カエルくん様  

    レスありがとうございます。

    カエルくん様は日本海側にお住みですか。
    海の傍にお住みとは羨ましいです。
    冬の日本海大好きです・・
    友人達とよく遊びに行きおいしい魚料理や
    お寿司、温泉を堪能させて頂いております。
    取り立ての魚を頂く時の幸福感・・・
    なんとも言えません。

    「鮭」を召し上がる風習という事は、
    私どものルーツでしょうか・・
    海無県の当地では、昔海産物は「宝」だった事と思います。

    その昔の鮭は、本当に塩分がきつかったですね。
    その、鮭を当地では「粕煮」にして食します。
    子供の頃は「粕」の匂いが嫌いで食べられませんでしたが、
    近頃は平気になりました。
    勿論、焼いたものも食しますが粕煮は寒い時期
    体が温まります。

    今年の冬も厳冬という事ですので、
    粕汁の出番が多そうです。

    ユーザーID:0364438838

  • 歴史のない北海道なので

    北海道だけのローカル番組で街頭インタビューをしてましたが
    大晦日はすき焼きが多かったです。
    我が家もすき焼きです。牛肉の生産地というのもありますが・・・
    おせちも食べてしまいます。
    夜11時頃に年越しそばを食べます。

    ユーザーID:6389647943

  • 大晦日に魚は食べません

    中国地方在住です。
    とはいえ風習には疎いので分かりませんが、
    大晦日に特に魚は食べません。
    必ず食べるのは年越しそばくらいです。

    だけどお正月にはブリを食べます。
    煮つけにしたものをお雑煮と一緒に。

    ユーザーID:9556185882

  • 年末年始は大晦日が最も豪華です

    九州の沿岸部(漁港近くの都市)です。
    漁師さん達は大晦日の午前中には大漁旗を掲げて港内を巡回します。
    そして帰港後は昼間から入浴をすまし、宴会が始まります。

    そういう土地柄なのか、我が家も親戚も漁業関係者はおりませんが、同じく昼ご飯が済んだあたりからお風呂に入って、午後3時くらいにはお刺身やお寿司、数の子、黒豆、和洋折衷なオードブルなどを所狭しと並べた広間に集まって、神棚に上げていた御神酒で乾杯、宴会スタートとなります。
    おせちを31日の午後には開ける、という感じでしょうか。

    そのまま深夜まで一寝しては起き、起きては飲み食いし…。
    誰も見てないけど「紅白」がつけっぱなし、気がつけば「行く年来る年」でゴ〜ン…という鐘の音が聞こえ…。
    「そろそろ蕎麦にしよっか」となります。
    毎年、満腹で元旦を迎えるので、元日の朝食はお雑煮のみです。

    3が日はおせちの残りをつついたりもしますが、あらたに鰤をさばいたり、肉料理をしたりとお客様のために女衆は忙しく動きます。
    おせちは女性がお正月をゆっくり過ごすための品かと思ってましたが、こちらの地域ではゆっくりできません。

    ユーザーID:0009295099

  • たま様へ

    レスありがとうございます。

    今まで何の疑問も感じなく来た事が
    こうしてトピをたてた事により、
    住む地方家庭により違いがあり
    「目から鱗」状態です・・・

    当地方では「大晦日」及び「お歳取り」と言いますね。
    「歳取りの準備をした」などと言います。

    地元市誌にも書かれておりますが、我が家及び親戚は、「歳取りの晩」にお節を食べますね。
    3が日分も含めたっぷり作っております。
    黒豆煮たり、昆布巻き作ったり、伊達巻作ったり、お煮しめ作ったり・・・
    大変ですが、一年1度の楽しみでもあります。

    しかし時代の流れで、スーパーも1日からやっている所もありますので、
    昔みたいな風習は崩れ去りつつあるのかもしれませんね。

    ユーザーID:0364438838

  • こんぺいとう様へ

    レスありがとうございます。

    海の傍どころか、海無県在です。
    それなのに「魚」・・
    きっと昔は貧しく交通網も発達していなかったので
    海の魚はぜいたく品だったと思います。
    せめて、正月には魚をという思いと、
    海辺の方にとっては良い収入源・・・
    互いに持ちつ持たれつと想像いたしました。
    そのせいかどうか、とかく隣県は仲が悪いと言われるのに
    まるで逆で、「上越の海はおらが海」と大勢御厄介になっており、
    私どもも何度もお世話になっています。

    今はそうでもないのですが、
    幼いころ食した「新巻き鮭」の塩からかった事、
    今ではいつでもどこでも手に入るものが、
    貴重品だったのですね。

    他の方のレスに書いたのですが、
    当地では、お節を「歳取り」に食しますね。
    これもまた、違いがあリ面白いですね。

    基本を抑えつつ、時代に合わせてゆきたいと思っています。

    ユーザーID:0364438838

  • キキララさまへ

    レスありがとうございます。

    東海地方も「魚はいつでも食べられる」
    地域だったのでしょうね。
    こうして各地域の方のレスを読ませて頂いて、
    本当に違いがあり驚かされると同時に、
    こんな良い時代に生まれたからこそ、
    皆様と瞬時に意思疎通のできるありがたさに
    感謝する事ばかりです。

    キキララ様は、お若い方でいらっしゃるのに、
    おばあさまの味の復元をされていらっしゃる、
    彩間が下がると同時に、それが家庭の味として
    継承される事を亡きおばあ様もお喜びでしょうね。
    私も亡き母にもっと聞いておけば良かったと、
    思う事ばかりです。

    お節は「歳取り」から食します。
    これは、当地域では普通の事のようです。

    時代は変わり、食卓には本当に豪華なものが
    沢山並ぶ様になりました。
    基本を忘れず且、今を取り入れてゆきたいですね。

    ユーザーID:0364438838

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧