懐かしのオールデイズナンバー曲

レス107
(トピ主51
お気に入り60

生活・身近な話題

アジサイが好き

トピを開いていただきありがとうございます。

此の頃何故か過ぎし日々の事が懐かしくなります。

リアルタイムで聞いたわけではないのですが、
「ワシントン広場の世はふけて」
「ヘイ・ポーラ」
「この胸のときめきを」
など、往年のアメリカンナンバーを中心に
思いだしております。

1960年以降から今日までの、オールデイズ曲を語り合いましょう。
洋の東西は問いません。

ユーザーID:3078961268

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数107

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うわあ、いいですね。

    こんにちは。
    60年代70年代のアメリカンポップスすごいいいですよね。
    当時はラジオにかじりついて聞き漁ったもんです。
    最初に買ったレコードはカーペンターズの「雨の日と月曜日は」です。
    その後エルトンジョンの「イエスイッツミー」、CCRで「雨を見たかい」チェイスの「黒い炎」とか。
    マークリンゼイとレイダースの「嘆きのインディアン」ハミルトンフランク&レイノルズの「恋の駆け引き」などなどなど。
    で、最近はもっぱらYOUTUBEです。
    すごいですよ。
    権利関係いいのかな?とは思いながら、
    一杯やりながら検索するともう涙チョチョ切れますよ。
    リンダロンシュタットのデスパレードとか、ジャニスイアンとか
    これでもかこれでもかってぐらいに浸れます。

    ユーザーID:2602299876

  • バディ・ホリーとモンキーズ

    バディ・ホリーはリアルタイムでは聴いたことがないんですが、佐野元春さんのFM番組を聴いていて好きになりました。
    「ザットル・ビー・ザ・デイ」「ペギー・スー」「オー・ボーイ」「エブリデイ」など、軽快でポップな感じの曲が多かったですね。

    モンキーズは、小学校高学年の頃モンキーズが出ていたドラマがあって、それで好きになりましたね。
    「モンキーズのテーマ」「デイドリーム・ビリーバー」「素敵なバレリー」「スター・コレクター」いつもは忘れているけど、時々聴きたくなって、聴いています。

    ユーザーID:3958585602

  • 新しい才能が百花繚乱

    六十年代から、七十年代の前半までは、色々なオリジナリティーのある革新的な作品が数多く生まれて今でも親しまれているよね。 当時のアーティスト達はごく一部を除いて、今ほど経済的にも恵まれておらず、正当な報酬・評価を受けることも稀だったけれど。

    All I have to do is dream
    La Plus Belle Pour Aller Danser
    (sitting on the) Dock of the bay
    I should have know better

    思いつくままでも名作が多すぎてとても書ききれないね。

    フレンチポップス、ロックも、 R&B (Soulと呼ばれる前ね)も元気があったよね。 音の悪いAMラジオにかじりついて深夜放送で流される海外の新譜(
    と言っても大分遅れて)を聞いていたのも懐かしい思い出。

    皮肉なことに、音楽産業の商業的インフラが整って、ミュージシャン達の権利が確保されるようになった80年代以降音楽はダメになってしまったように思う。   決して回顧趣味に浸っているわけではないのだけれど。

    ユーザーID:0843746987

  • 古き良きアメリカ!

    アジサイが好き様、おはようございます。
    調べものをしていたら、朝の5時を過ぎてしまいました。
    ちょっと小町を見てみたら、オールディーズ!
    アジサイが好き様との感性の類似に驚いています。

    さて、オールディーズ!
    大好きです。
    カラオケでも歌います。
    ◎「恋の片道切符」ニール・セダカ
    ◎「グリーンフィールズ」ブラザーズ・フォー
    ◎「ラブミーテンダー」「監獄ロック」エルビス・プレスリー
    ◎「バケーション」コニー・フランシス
    ◎「ロック・アラウンド・ザ・クロック」ビル・ヘイリー&コメッツ
    ◎「朝日のあたる家」アニマルズ 等々…
    書ききれません(笑)。

    ユーザーID:4893061741

  • 花見さまへ

    花見さまレスありがとうございます。

    「お仲間がいらした」・・非常に嬉しいです。
    「アメリカンポップス」・・何と懐かしい響きか、
    正に「青春」ですね。
    同じくラジオにかじりついておりました。
    最初AМそしてFM・・

    テスト勉強など、どこへやらで・・
    カーペンターズ「イエスタデイワンスモア」もありましたね。

    チェイスの「黒い炎」はもう衝撃的な曲ですね。
    ビックバンド全盛時代とういう事でしょうか。
    知り合いがバンド活動をやっており、この曲を
    演奏会でやったのですが・・・
    頭くらくら・・それなりバンドでも生の迫力はすごかったです。

    エルトン・ジョン、ジャニス・イアン
    ・・名前聞いただけでジーンですね。

    ネットで様々な曲を聴けて本当に幸せですね。

    何と言っていいのか、ただただ懐かしいのです。
    自分の歩いてきた道に、いつも音楽があった、
    そんな感じでしょうか。

    どうぞ、熱燗の見ながら思い出に浸ってくださいね。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • よっこらどっこい様へ


    バディ・ホリー・・

    はじめてお聞きする名前で、ネットで検索して愕然、
    飛行機事故でたった22歳でお亡くなりになられている・・
    とても好青年という感じですね「ペギー・スー」、
    聴いてみました。
    軽やかで繊細な感じの曲ですね。

    バディ節は、その後日本において坂本九によって受け継がれたという(奇しくも彼もバディ同様、飛行機事故で命を落とすことになる)。・・

    という記事を見つけました。余りの偶然に暫し言葉を失いました。

    「モンキーズのテーマ」「デイドリーム・ビリーバー」「素敵なバレリー」「スター・コレクター」・・

    モンキーズのテレビ番組ありましたね。懐かしい・・・
    曲も良く覚えています。

    当時日本では考えられない、テレビスタイルだったと感慨深いものがあります。
    若い人たちが躍動・・
    今では当たり前の事ですが、当時はとても新鮮でしたね。
    そして憧れでした。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • Rolling60s様へ  懐かしい時代

    Rolling60s様、正に「新しい才能が百花繚乱」の時代でしたね。

    「六十年代から、七十年代の前半までは、色々なオリジナリティーのある革新的な作品が数多く生まれて今でも親しまれているよね。」・・

    その幕開けになったのが、「マシュ・ケ・ナダ」セルジオ・メンデスとブラジル’66 Mas Que Nada・・

    様々なジャンルが迎合 して出来たような曲・・明るくて、楽しくて今にも踊りたくなる曲で、
    尚且つおシャレでセンス抜群・・今まで聞いた事のない斬新な感じでした。

    「思いつくままでも名作が多すぎてとても書ききれないね。
    フレンチポップス、ロックも、 R&B (Soulと呼ばれる前ね)も元気があったよね。 音の悪いAMラジオにかじりついて深夜放送で流される海外の新譜
    と言っても大分遅れて)を聞いていたのも懐かしい思い出。」・・・

    本当に、その通りの時代背景でしたね。

    今みたい、居ながらにして情報が入る時代では無かったので余計に新鮮に感じ、異文化を吸収しようとするパワーは凄まじかった気がします。

    夢見る時代でしたね。


    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • 色々あるね

    公演ツアーのバスの故障により、バディ・ホリーと同じ運命の飛行機に乗ったのが、リッチー・ヴァランス。 何とまだ17才の高校生だった。

    モンキーズは、イギリスのビートルズ人気に対抗するためアメリカのプロデューサー達がオーディションで作り上げたグループ。 子供達に大人気で旋風を巻き起こしたけれど、途中で自分達は楽器の演奏が出来ないことをメンバーが発言してからは、あっという間に消えてしまった。  彼等のデビュー曲も、ビートルズの ペーパーバックライター と デイトリッパー のフレーズを合わせて作り上げたものと作曲家が自ら言っていたね。

    ユーザーID:0843746987

  • 胸がギュギュッと

    ビーチ・ボーイズの♪Good Vibrations 大好きです。
    マイナーキーから転調する感じがもう堪りませ〜ん。

    最近、あのテルミンのフレーズをJ-POPで発見しました!
    槙原敬之のオーケストラとのライブ盤「セレブレーション」に
    入っている♪夏は憶えている という曲のエンディング部分です。

    楽器はテルミンではないと思いますが
    絶対Good Vibrations を意識して作っているはずです!!
    あ、すみません、興奮してしまいました。

    おまけ。
    動画サイトでダスティ・スプリングフィールドの♪Make it with you を
    見つけた時も、懐かしすぎて思わずおおッーと。
    寝る前に、iMusic で楽しんでいます。

    モンキーズは来日した時、コンサートに行きましたよ。
    クリフ・リチャードも好きでした。
    カーペンターズは今も私の持ち歌です(笑)

    ユーザーID:7578420807

  • レスします

    レスのあった以下の曲は、日本人が日本語の歌詞と英語の歌詞を混ぜて歌っていましたね。番組は「ザ・ヒット・パレード」主題歌がザ・ヒット・パレードを繰り返すのですが、「引っ張れ〜〜」に聞えたものです。「バケーション」は英単語の勉強になりました。

    ◎「恋の片道切符」ニール・セダカ
    ◎「グリーンフィールズ」ブラザーズ・フォー
    ◎「ラブミーテンダー」「監獄ロック」エルビス・プレスリー
    ◎「バケーション」コニー・フランシス
    ◎「ロック・アラウンド・ザ・クロック」ビル・ヘイリー&コメッツ
    ◎「朝日のあたる家」アニマルズ 等

    あとは、
    中尾ミエ「かわいいベイビー」
    田辺靖雄&九重佑三子「ヘイ・ポーラ」
    なんていうのもヒットしました。曲を直輸入したわけです。

    ユーザーID:4343678867

  • チャンネル権

    むか‐し職場に有線が入っていてチャンネル権を握っていたのでいつもオールディズのチャンネルにしてましたよ!

    さらに知りたい曲名があると有線に電話して教えてもらってました〜(仕事しろよ!)
    そんな訳でかなり聞きましたよ

    たくさんありすぎて選べないなぁ・・・
    とか言いながら、やっぱりアメリカングラフィティのサントラが王道なんだけどザ・ワンダラーズのサントラもビルボードのトップ10入りした曲がずらりと並んでいてこれもいいなぁ。

    クリスマスシーズンってことでブレンダ・リーのロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリーをあげまーす♪

    スーパーのBGMで流れると嬉しくなっちゃいます!!
    楽しいからまた来ちゃうかも!!!!

    ユーザーID:6279527000

  • 案山子様へ 青春の原点

    案山子様レスありがとうございます。
    「古き良きアメリカ」・・
    私も同じことを考えていましたので、驚かされました。
    様々な問題を抱えていたにせよ、ある意味「自由の国メリカ」・・
    そんな気がしております。

    ◎「恋の片道切符」ニール・セダカ
    ◎「グリーンフィールズ」ブラザーズ・フォー
    ◎「ラブミーテンダー」「監獄ロック」エルビス・プレスリー
    ◎「バケーション」コニー・フランシス
    ◎「ロック・アラウンド・ザ・クロック」ビル・ヘイリー&コメッツ
    ◎「朝日のあたる家」アニマルズ 等々…

    オールディーズ!本当に良い歌ばかりで、
    聴く専門なのですが、案山子様のあげてくださった曲
    全部わかります。

    ◎「グリーンフィールズ」ブラザーズ・フォー
    日本のフォークソングの元祖ではないでしょうか。
    ラジオから流れる曲に、心ふるわせ聴いたものでした。

    案山子様の青春も、きっと実り多いものだった事でしょうね。
    素晴らしい音楽、本に囲まれた時代・・
    それらが土台になり、今日の案山子様がおありになられる。

    感無量です。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • NMNL様へ  良きものは不滅ですね

    ビーチボーイズ・・都会的で洗練された雰囲気の曲で、
    どこかから、潮風が吹いてきそうな感じで、清涼感がありましたね。

    ダスティ・スプリングフィールド・・懐かしいお名前

    「この胸のときめきを」

    クリフ・リチャード・・いましたね「しあわせの朝」

    もう、最高・・ただただ懐かしく聴き惚れております。

    モンキーズ、公演見られたのですか、羨ましいの一言です。

    カーペンターズ・・何も言う事はありませんね。
    気持ちの良い声で、癒され眠くなり・・・

    カレンの、若すぎる死が残念でたまりません。

    あの当時の唄って、どうしてこんなにも胸に残って
    いるのか不思議です。
    母国語でもなく、テレビや映像で観たわけでもなく、
    声のみでの記憶なのに・・

    何だか、とても不思議な感動に包まれています。
    良きものは、人種・性別・国を超えて良いのだと言う事を
    再確認いたしました。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • 嬉しいトピですね

    「ワシントン広場の夜はふけて」懐かしい〜

    主様の上げた曲はリアルに聴いていた世代です。高校受験の勉強を
    ラジオを聴きながら深夜までやっていました。

    「レモンのキッス」「ジョニ−エンジェル」「悲しき雨音」の曲が流れると
    その時のことを思い出します。

    60年代の曲はどれも懐かしいです。

    ウィルマ、ゴイクの「花のささやき」「花咲く丘に涙して」
    パティペイジの「震えて眠れ」
    スキーターディビスの「この世の果てまで」
    「夢見るシャンソン人形」「アイドルを探せ」「砂に書いたラブレター」

    この時代の曲はタイトルも美しいですね。

    ユーザーID:3210632546

  • オールディーズ大好きです♪

    41歳ですが、親の影響で小学生のころからオールディーズ聴いてました。
    私の場合はカセットテープ(というのが時代ですね)でしたけど。

    母親が通販で懐かしのオールディーズ的なカセット10巻セット
    (計200曲)を当時買ったんですよね〜。今でもたまに聞いています
    (私はPCに落とし込みました笑)。

    個人的には60年以降でいうと、
    「ミスターロンリー」「ワンボーイ」「悲しき片想い」
    「ビー・マイ・ベイビー」「恋の売り込み」「おおキャロル」
    「ロコモーション」「恋の片道切符」「悲しき雨音」
    等々ですかね。

    ちょっと前(50年代半ば〜後半)なら、
    「ダイアナ」「アット・ザ・ホップ」「煙が目にしみる」
    「情熱の花」「ロック・アラウンド・ザ・クロック」
    「オンリーユー」なんかが好きです♪まだまだありますけどね。

    20代前半の頃はオールディーズ曲を演奏してくれるライブハウス
    (ケントスとか)良く行ってましたね〜。いや、懐かしい。
    結婚してからはなかなか行く機会が無くなってしまいましたけど。

    ユーザーID:4388056108

  • なつかしい

    まさおです。
    なつかしいですね。
    テレビで星加ルミコと大橋巨泉のビート・ポップスを放映してましたし、夜にはラジオでビルボードTop10を聞いていました。これはアナウンサーがニューヨークのビルボード本社に国際電話をして、ビルとかなんとかいう人がその週のトップ10を
    読み上げる番組でした。ナンバースリー・ウイズ・ア・ブレットとか。
    数年前、動画サイトで偶然にホンデルスのリトル・ホンダのビデオを見つけました。スタジオで三人組がスクーターにまたがって、後ろに女の子を乗せて歌っていました。他愛なく、純情でしたね。今日この頃は、孫を乳母車に乗せて、60年代の歌を口ずさみながらヘルシンキの町を散歩しています。
    よく歌うのは、Stylistics (中野サンプラザで見ました)の You are everything とか Climax のPrecious and few とかRichard Harris のMacArthur Park などです。

    ユーザーID:1988425045

  • 懐かしくさせる曲

    40代ですのでリアルタイムではないですが、以下の曲を聴くとなんとなく
    むかーしのことをほっこりと思います。

    stand by me/Ben E king

    what a wonderful world/Louis Armstrong

    ユーザーID:6538801825

  • oldies

    皆さんがリストアップされている曲それぞれ懐かしく名曲ですね。

    数年前からオールディーズのカルチャースクールに通っています。

    2〜3月毎にライブがありプロ並みに上手な人も沢山いますし

    私のように、何年たっても上達せずライブ出演など問題外の生徒もいます。

    でも長く続いているのは、やはり楽しいからだと思います。

    同じようにオールディーズが大好きな人たちが集まっているだけでも

    楽しみです。

    今月レッスンの課題曲はBEATLESの「IN MY LIFE」聞いているときは簡単に聞こえま

    すが、いざ歌い始めるとなかなか難しい曲です。こうして毎回、悪戦苦闘しながら

    続けています。皆さんがお好きという曲も今迄、レッスンしてきた曲が沢山

    あります。オールディーズを聞くとその時代の思い出が蘇り本当に懐かしいです。

    生まれた時代によって少しづつズレがあるのも面白いですね。

    ユーザーID:1810516563

  • ぎんなん様へ

    レスありがとうございます。

    「悲しき雨音」・・出だしの稲妻の音と雨音・・
    あれから、数十年たった今でも忘れられませんし、
    今、ネットで聴いても古めかしさを感じません。

    「ウィルマ、ゴイクの「花のささやき」「花咲く丘に涙して」
    パティペイジの「震えて眠れ」
    スキーターディビスの「この世の果てまで」
    「夢見るシャンソン人形」「アイドルを探せ」「砂に書いたラブレター」

    この時代の曲はタイトルも美しいですね。 」・・・

    そのものズバリですね。!!!

    あの当時、今のようにメディアが発達しておらず、
    耳に入る物も限られていた中で出会った、
    海外の曲がものすごく斬新な気持ちにさせられ、
    夢中になって聞いたものでした。

    そして、自分だけの世界で至福の時を過ごしていました。
    今は、ネットであの当時の曲が瞬時に聞こえる事、
    本当にありがたいですね。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • 長男嫁さまへ

    カセットテープですか・・時代が少し後のようですね。
    という私も、途中からカセットを買いました。
    その当時のカセットの高かった事・・
    ひたすら母に感謝です。

    お母様の影響って大きいですね。
    きっと、ポニーテールの似合うお母様でしょうか・・

    「個人的には60年以降でいうと、
    「ミスターロンリー」「ワンボーイ」「悲しき片想い」
    「ビー・マイ・ベイビー」「恋の売り込み」「おおキャロル」
    「ロコモーション」「恋の片道切符」「悲しき雨音」
    等々ですかね。・・・

    この曲たち、私も大好きで、
    「もう、何にも言えない」の一言です。

    ちょっと前(50年代半ば〜後半)なら、
    「ダイアナ」「アット・ザ・ホップ」「煙が目にしみる」
    「情熱の花」「ロック・アラウンド・ザ・クロック」
    「オンリーユー」なんかが好きです♪まだまだありますけどね。」・・

    懐かしいの一言です。

    プラターズの「オンリーユー」ゆったりして心地よい曲ですね。

    良きものは時代世代を超え、母から子へを実感しました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • レモンドロップ様へ

    レモンドロップというハンドルネーム渋いですね。
    そして時代の香りが・・・
    カラフルでキュートで、ポニーテールの女の子が、
    どこかから飛び出してきそう・・

    悲しき街角(デル・シャノン)
    煙が眼にしみる(プラターズ)
    リトル・ダーリン(ダイアモンズ)
    グレイト・プリテンダー(プラターズ)
    エイント・ザット・ア・シェイム(ファッツ・ドミノ)
    ジョニー・B・グッド(チャック・ベリー)
    踊ろうよベイビー(ボビー・フリーマン)
    ユー・アー・シックスティーン(ジョニー・バーネット)
    ラブポーションNO9(ザ・クローバーズ)
    シンス・アイ・ドント・ハブ・ユー(スカイライナーズ)
    ティーン・エンジェル(マーク・ダイニング)
    オンリー・ユー(プラターズ)
    オール・サマー・ロング(ザ・ビーチ・ボーイズ)・・・懐かしい

    そしてブレンダリーの「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」
    クリスマスシーズンになると、良く掛かった曲ですね。

    当時を思い出し、ボーっとしております。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • また来てしまいました

    丁寧な返信、ありがとうございます。

    このトピを見てから後、60’が止まらず
    YouTubeでいろいろ検索していたら
    ぜひトピ主様と共有しておきたいアーティストが。

    「ママス&パパス」です!
    夢のカリフォルニア、すごく流行ってましたよね?
    マンディ・マンディもよかったです。

    当時、コーラス系が流行ってたんですねぇ。
    ちょっと切ない感じのハモリがイイです。

    フィフスディメンションは
    黒いママス&パパスを目指していたとか(ウィキ情報)

    まだまだ、一杯宝物掘り起こさせてください。

    ユーザーID:7578420807

  • まさお 様へ

    レスありがとうございます。
    Stylistics の歌、何とも心地よい歌声ですね。
    私は「愛がすべて」がだいすきです。
    透明感がありなんとも言えない和らいだ感じですね。
    プラターズに通じる曲調ですね。

    この頃の、歌声は今聴いても古めかしいどころか、
    斬新ささえ感じます。

    日本の歌手の、良い見本だったような気がしますね。

    「今日この頃は、孫を乳母車に乗せて、60年代の歌を口ずさみながらヘルシンキの町を散歩しています。
    よく歌うのは、Stylistics (中野サンプラザで見ました)の You are everything とか Climax のPrecious and few とかRichard Harris のMacArthur Park などです。」・・・

    今の充実した幸せににも、オールデイズナンバーが彩りを添えていらっしゃるようですが、
    きっと、お孫さまも覚えてくださるでしょうね。
    良き後継者が出来お幸せですね。
    オーストラリアの季節は夏・・

    お孫さまと楽しい日々をお過ごしくださいね。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • ゴーヤ様へ

    「懐かしくさせる曲
    40代ですのでリアルタイムではないですが、以下の曲を聴くとなんとなく
    むかーしのことをほっこりと思います。

    stand by me/Ben E king

    what a wonderful world/Louis Armstrong 」・・・

    ゴーや様に同じ感性を感じました。

    洋の東西・人種・性別を超越した不思議な力で、
    引き寄せられるのでしょうか。

    ゆったりして、心地よくて
    「むかーしのことをほっこりと思います」というゴーや様の心境
    全く同じですよ。!!!!

    他にも、良い曲がいっぱいありますので
    是非お聞きくださいね。

    サッチモ・・一言、素晴らしかった。
    本物をを聴けなくて残念でした。

    例え、映像でも毎日観たり聴いたりできる事、
    幸せですね。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • 是非仲間に入れてください。

    皆様の挙げた曲ほとんど分かります、リアルタイムで聞いていましたから。

    「ワシントン広場の夜は更けて」は私が初めて買ったレコードで、それをパラダイスキングが日本語で歌っていました。
    皆さんの挙げたアメリカンポップスを日本人歌手が歌っていましたね。ウェスタンカーニバルもありました。

    大橋巨泉の「ビート・ポップス」は本当に懐かしいです。土曜日は急いで学校から帰り、見ていました。
    巨泉の「牛も知ってるカウシルズ」の駄洒落で「雨に消えた初恋」が紹介されてましたよね。
    藤村俊二の振り付けで小山ルミが踊っていたのを覚えています。

    当時はアメリカンポップスが多かったけど、私の中ではヨーロッパの歌も懐かしいオールディーズです。
    イギリスならホリーズの「バスストップ」、メリーホプキンの「悲しき天使」など。
    イタリアなら、サンレモ音楽祭でジリオラ・チンクェッティが歌った「夢見る想い」が好きで、
    今でも「ノノレタ〜、ノノレタ〜」と私の頭から離れません。シルヴィ・ヴァルタンの「アイドルを探せ」は
    中尾ミエが日本語で歌ったいました。その他数え切れない程大好きな曲があり、500字では全然足りません。

    ユーザーID:7482829027

  • かぶとむし様へ

    レスありがとうございます。

    かぶとむし様、素晴らしいですね。
    オールディーズのカルチャースクールに、
    通っていらっしゃるなんて、
    尊敬いたします。

    多くの方々とのレッスン楽しいでしょうね。
    何だか体が動き出しそうですね。

    あの当時の唄って、自然にステップを踏みたくなるような
    曲ばかりでしたよね。
    そういう喫茶店もありましたね。
    ジュークボックス・・
    懐かしいの一言・・・

    生まれて時代により、ラジオがAМだったり、FMだったり、
    カセットだったりと違いますね。

    あっという間の進歩の中でも、今でも懐かしく思いだせる
    曲があると言う事は、幸せですね。

    どうぞ、発表会頑張ってくださいね。
    応援しております。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • NMNL様  何度でも、どうぞいらしてください

    「ママス&パパス」です!
    夢のカリフォルニア、すごく流行ってました・・・

    NMNL様、懐かしさ全開・良く聞きましたね。
    本当に、素敵な唄声でしたね。

    私も、様々な曲を検索し時の経つのも忘れています。

    「フィフスディメンション」
    いました、いました・・・

    未だあの当時の熱気を思い出します。
    あの当時、私の周りではこういう音楽に
    のめり込んでいる人はおらず、
    心に秘めていました。
    一言口に出したら間違いなく、
    「変わっている」のレッテルが・・
    夢見がちで、ボーっとした私でした。

    ですから、いま皆様とこの様に交流出来ます事
    心から嬉しく、とても幸せです。

    60〜70年代の曲ってどうしてこんなに
    美しい曲が多いのでしょうか。

    どうぞ、何度でもお出かけください。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • フレンチもカンツォーネもありました

    1952年生まれ61歳です。
    10歳頃からラジオで洋楽ポップスを聴き始めました。
    ビートルズやストーンズを聞いて育ちました。
    もちろんここで挙げられた曲も涙が出るほど懐かしく大好きな曲ばかりです。

    ここではあまり取り上げられていませんが
    私はアメリカンポップスも好きでしたが当時のフレンチポップスも好きでした。
    ・夢見るシャンソン人形
    ・アイドルを探せ
    ・シェリーに口づけ
    ・わかっているよ
    ・哀愁のソレンツアーラ
    ・男と女
    ・雪が降る
    ・オーシャンゼリゼ
    ・あなたのとりこ
    ・恋は水色
    思いつくまま並べてみました。

    当時はサンレモ音楽祭などあってイタリア発の曲もヒットしてましたね。

    こうして見ると私はちょっと変な子供だったのでしょうか。

    ユーザーID:5316143961

  • Keyココ 様・・こちらこそよろしくお願いします。

    皆様、本当にオールでイズ大好きという思いがひしひしと伝わってきます。

    「皆様の挙げた曲ほとんど分かります、リアルタイムで聞いていましたから。
    「ワシントン広場の夜は更けて」は私が初めて買ったレコードで、それをパラダイスキングが日本語で歌っていました
    皆様の挙げた曲ほとんど分かります、リアルタイムで聞いていましたから。」・・・

    何だか、タイムスリップしそうなお話で、ただただ驚きです。
    「ウエスタンカーニバル」後の映像で観たことがあります。
    「大橋巨泉の「ビート・ポップス」は本当に懐かしいです。・・」
    見た事がなく、本当に残念です。

    メリー・ホプキン「悲しき天使」わかります。「ラララ・ラララ・・」
    独特の雰囲気で素敵でしたね。

    「イタリアなら、サンレモ音楽祭でジリオラ・チンクェッティが歌った「夢見る想い」・・・
    あの時代、田舎のボー少女は、ラジオから流れて来るカンツオーネにどっぷりつかっていました。
    私も未だに、あの旋律を口ずさんでいます。
    シルヴィ・ヴァルタンの「アイドルを探せ」・・
    何れも心に残る、良い曲ばかりでしたね。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る
  • オールドマン様 フレンチポップス・カンツオーネ知っていますよ

    オールドマン様、本当に音楽がお好きなのですね、
    原体験が酷似していますし、
    「こうして見ると私はちょっと変な子供だったのでしょうか。」に至っては、
    私も同じことを考えており、前のレスにも書きましたので、
    本当に驚かされました。

    ミッシエル・ポルナレフ「シエリーに口づけ」
    アダモ「雪が降る」「ブルージーンに革ジャン」
    ダニエル・ビダル「オーシャンゼリゼ」

    サンレモと言えば、チンクエッテイ「雨」「夢見る想い」「愛は限りなく」
    そして、ジャンニ・ナザーロが大好きでした。
    「恋は鳩のように」「傷あと」・・バラードを切々と歌い上げて行き、
    歌詞・曲・歌手3拍子揃っていました。

    オールドマン様 、変な子供どころか、一番感性の豊かな時期に良きものに出会えたこと、
    それが今に続いていると思いますと、逆に感動ですよ。

    此処に集いし皆様、それぞれの「オールデイズ」を持っており、
    「青春の輝く時代」に巡り合え幸せだったと感じておられます。

    オールドマン様の「オールデイズ」お聞かせください。

    ユーザーID:3078961268

  • トピ主のコメント(51件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧