• ホーム
  • 健康
  • 母の肝臓ガンについて。苦しい治療を断ってもいい?

母の肝臓ガンについて。苦しい治療を断ってもいい?

レス22
(トピ主2
お気に入り54

心や体の悩み

ヨリミチ

母(80代)は5年前に肝臓ガンの手術をしましたが、3年ほどで再発。経過観察していたところ、最近ガンが大きくなってきました。年齢から再手術は難しく、「動脈塞栓術」を勧められています。

ただ、この動脈塞栓術は、5年前にも試していて、効果がなかったので手術に切り替えたという経緯です。そのとき執刀した医師からは「塞栓術が全然効いてない」と言われました。
しかも、その塞栓術というのは、あまり麻酔は使えないとかで、母は「死んだほうがまし」というほど苦しかったそうです。塞栓術の苦しみを10としたら、手術は2〜3くらいだ、と。
それで、母は「前回も効き目がなかったし、もう塞栓術はイヤ。手術が無理なら何もしなくていい」と言います。

母はほかにも病気を持っていて、この数年で急速に老いた感じです。素人考えですが、こんな状態では、ガン細胞もやはり若いときほどの勢力はなく、あっという間に体中に転移とかはないのでは。
また、この治療が成功してガンが消えても完治ではないし、ガンと老衰のどちらが母の命を奪うか五分五分で、治療の苦しみに見合うものが期待できないのです。
母は、自分では医師に抵抗できないので、私に突っぱねてくれと言っています。
以前、「再発したらどうする」という話し合いをしたとき、担当医師は熱心にこの治療法を勧めてきました。母の苦しみについても話したのですが、自分でその塞栓術を受けたことがないので、「手術より楽なはず」と思いこんでいるようでした。

そこで相談ですが。
1 母の気持ちを尊重して治療を断るのと、母が嫌がっても少しでも延命するために治療を受けさせるのと、どちらが本当の親孝行でしょうか。
2 もし断るとしたら、どのように話をしたら、この医師に納得してもらえますか。

医療専門家ではなく、一般人としての皆さんのご意見をお聞きしたいです。

ユーザーID:9694520598

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お母様のお気持ちを尊重

    1、私なら母親の気持ちを尊重します。私がお母様の立場なら、80にもなってそんな苦しい思いをしてまで長生きしたいと思いません。私はすでに延命治療は必要ないと子供たちに伝えました。

    2、その医者を説得できないなら、転院してはいかがですか?末期がんの患者さんなどに治療でなく痛みを緩和してくれて穏やかな最後を迎えさせてくれるというホスピス病棟のある病院はお近くにありませんか?緩和ケア施設などで調べればネットで探せると思います。

    お母様が少しでも穏やかな日々を送れます様に 祈っております。

    ユーザーID:7032181732

  • 心情お察しします

    お疲れ様です。

    基本的に本人の意思尊重で良いと思います。

    担当の先生には「本人が拒否しています。家族で相談した結果、本人の意思を尊重したいです。」と。

    おっしゃるのはトピ様ですが、お母様はしっかりご自分で決めていらっしゃるではないですか。

    それで良いんですよ。

    ユーザーID:2716072901

  • 辛い選択ですね。

    私は本人の意思を尊重してあげたほうがいいとおもう。
    お母様がそのつらい治療をしても生きたいと頑張るというならもう一度してもいいとはおもうけど。私も持病ありますが、もし私なら、私の体だなんだから、本人の意思を尊重してほしいと強く思います。日々の痛みや苦しみを和らげる治療を優先にしてほしいと私なら医者にいうかな。あまりいい回答でなくて、ごめんなさいね。

    ユーザーID:5006828727

  • リビング・ウィル

     私の母は、元気な80歳です。まだ車の運転もします。そんな母は、「リビング・ウィル」を書いて、署名しています。
     「苦しい、痛い、辛い、延命治療はしないで下さい。人工呼吸器も付けないで」と言う内容です。
     親族の言葉などより、本人の書面が物を言います。いざとなったら私達子供はこれを尊重し、理解されない医者は変えてもらうか、転院させます。
     80歳で今までも頑張った。それで良いじゃないかと思うのですが。リビング・ウィルの文例はネットに沢山載っていますよ。

    ユーザーID:8767097522

  • お断りしていいと思いますよ

    お年もお年ですし、そんなつらい思いをして治療する必要はないと思いますよ。ガンか老衰かどちらにせよ、残りの時間、心穏やかに過ごせたら、それがお母様にとって一番ではないですか。

    お医者様には、そのまま「前回の塞栓術がすごくつらかった様で、母が塞栓術をすごく嫌がっている。年も年なので、本人の意思を尊重してこのまま様子見というとこにしていただきたい」とおっしゃっていいのではないでしょうか?

    ユーザーID:1165614046

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 治療は受けなくても良い

    50歳くらいの女です。
    私は死にかけたことがあって、何度も手術してきました。
    自分が嫌な治療をむりやりやらされたことがあります。
    私が嫌がっていても家族が無理やりさせました。
    手術の結果は効果なく苦しく痛い思いをしただけでした。
    今でもそのことは怒っています。

    その私の経験から、本人が嫌がっている治療を家族だからと言って無理やりさせるのは良くありません。

    お母さんは歳も高いので、逆に治療が寿命を縮める可能性もあります。
    お母さんが嫌がっているならばその意志を尊重してあげてください。
    お母さんの味方になれるのは家族しかいないんですよ。

    医師にははっきりと断ってください。
    医師でも無理やりさせることはできないはずです。
    医師が納得しなくても出来ないのです。
    きっぱりした態度をとるしかありません。

    ユーザーID:3735837799

  • お母様の意思優先です

    お母様が、したくないと仰るのなら
    お母様と主さんが同席で、率直に医師に伝えてください。

    お母様の意思に背いて手術をすることはありませんから
    思っていることを、そのまま伝えたら大丈夫です。

    ユーザーID:6291353176

  • 断る前に

    セカンドオピニオンお受けになったら?返事を延ばして
    1つの病院ではこの治療法だけど、もしかして違う病院だったら違う治療法がある場合もあるよ
    医師に失礼と思い込いなら、全然失礼ではありません 治療法を選ぶのは患者の当然の権利ですから

    一つの病院にこだわるのではなく、多少お金は掛りますがいくつかの病院を訪ねてみてはいかがかと

    2の断るとしたらですが、治療を断るのは「母が拒否しておりますので お断りさせていただきます」でよろしいかと
    それでとやかく言う医師なら担当チェンジしてもらえばいい
    もしセカンドオピニオンを受けまして良い治療が見つかったら 今の医師には「○○病院にて○○治療をして下さるとのことですので、母がそちらの治療を受けたいと言っております お世話になっておきながら失礼かと思いましたが、あちらでの治療を受けさせてください」だと思いますよ

    患者として医師を選んで良いんですよ 治療法がいくつかあるのなら選んだっていいんですよ

    ユーザーID:6549948569

  • お母様の意思を尊重する

    失礼な言い方ですが、80年生きれば十分だと思います。
    ご本人が延命にこだわらないなら、希望する形での治療でいいのではないでしょうか?

    医師には、本人の意思を伝えるだけです。

    ユーザーID:6224638273

  • お母様のご希望通りに

    どちらが親孝行か…お母様のご希望通りに出来るよう、力を尽くすことだと思います。自分だったらどうしたいか考えたら、自己決定を尊重されたいと思うでしょう。

    断り方は、効果が期待できないのに苦しい治療をしたくないこと。苦痛を取り除く治療を受けたり、看取り対応の訪問医療を検討、家でリラックスして過ごしたいこと。をハッキリと伝えることです。医師だからといって治療の強制は出来ません。(そのためにも、訪問医療やホスピスの下調べをしておきましょう。)

    満足いく死を迎えられるよう、医師の意向に流されないよう、お母様を守ってあげてください。それが最高の孝行です。苦しい治療を避け、安らかな日々が少しでも長く続くよう、祈っています。

    ユーザーID:0853918522

  • お母様の好きなようにさせてあげて

    治療を嫌がるのは本人、延命を望むのは家族じゃないでしょうか?

    いったい誰の体なんでしょう。

    もう80代なんだから、治療しなくても病気もそんなに急に進行しないから、治療する方が体に悪そう。

    祖母が85歳のときに、病院でたくさんの管につながれて横たわっているときに、「もうはずして」と言っていました。
    うちの母は「はずしてあげたいけど、他の兄弟が許さない」と言っていました。

    私も自分がそういう状態になったら、何もしないで、家で静かに過ごさせて、と言っています。

    ユーザーID:5767830562

  • 何もしない

    1.本人の望むようにしてあげる
    2.延命は希望しないと言う

    長生きしたから幸せなんですか?
    たとえ治療をしなかった為に癌が転移したとしても、本人に苦しみを感じさせながら少し長く生きる治療は進めたくはありません。

    我が家は、何かあった時は延命はなし、痛みだけはとってあげて、食べられるなら食べたいものを食べ、好きなように最後をむかえる。
    このようにきめてあります。

    短くなっても、苦しませたくはありません。

    ユーザーID:9722630405

  • お母さまの意見を尊重

    私ならば以下のことを先生に尋ねます。

    1前回の癌は効果がなかったけれど、
    今回の癌は閉塞術の効果がでやすいと先生はお考えなのか。

    2前回、麻酔の効果が悪く、苦痛を伴ったため躊躇している。
    今回は痛みに関して完璧にフォローしてもらえるのか。
       
    3閉塞術以外に延命の為に考えられる治療はないのか。
    本人の意向は閉塞術以外である。
    その場合の、効果はどの程度期待できるのか。 


    回答を受けて、お母様とご相談なさり、決められては如何ですか。
    本人が手術をしたくないと言えば(署名しない限り)、手術は出来ないはずです。

    ユーザーID:7063248166

  • 断ったほうがいいです

    父を肝臓癌で亡くした者です。

    今のトピ主と同じくあれこれ治療法を調べましたがこの癌は現在の医学では基本的に治りません。幸運にも手術で切除できた場合のみ数年ほど死を先延ばし出来る可能性があるという程度でそれ以外の治療はどれも瀕死の肝臓を更に傷めつけ寿命を縮めてしまうだけで効果は殆どありません。多くの医師や病院関係者は当然これを知っているので本人が癌になっても抗がん剤などはやらないのです。

    本人の意向もですが残りの時間をどう過ごすか、QOLの維持を優先した方がいいと思います。父は発覚から2か月ほどで亡くなりましたが痛み止めなどの対症療法のみでそれなりに穏やかな最後でした。

    >2 もし断るとしたら、どのように話をしたら、この医師に納得してもらえますか。

    患者は自分の望む治療を受ける権利がありますから医師に納得して貰う必要はありませんよ?そんな事より家族でよく話し合ってください。

    ユーザーID:4764128455

  • 良いと思います

    私両親も70代、80代です。
    自分の親や自分に置き換えて考えてみました。
    80代ならがんの進行も緩やかでしょう。
    苦しい治療を続けるよりも、痛みを緩和するような治療を選び、
    限りある時間を悔いなく、少しでも心穏やかに過ごすことを優先します。

    以前、近藤誠医師の著書を読み、共感を覚えて
    80代の父にも読ませましたが、
    父も万が一、がんになっても治療しない方向のようです。

    ユーザーID:3403328625

  • 肝不全になるリスク

    術後一時的に肝機能が低下します。

    そのまま肝不全になってしまう事も。

    術後は痛みと熱に苦しむ人が多く
    高齢の方が受けるメリットより
    デメリットの方が大きいという印象です。

    私なら親には絶対に勧めません。

    体験者のブログなど読んでみて下さい。

    親が受けて、その後の話を書いておられる人が
    いますので質問してみてはいかがでしょう。

    何より、本人が希望していないのですから
    強制はダメですよ。

    ストレスは免疫を下げますよ。

    ユーザーID:8424906622

  • がんセンターから在宅医へ変更する

    今80代のお母様の主治医はガンの専門医ですよね。
    そこでは積極的な治療しか受け入れてくれないと思います。がんセンターや急性期の病院、○○市立病院などは。
    なので、延命治療を受けないとはっきり主治医に告げて在宅訪問診療をしてくれる医師を紹介してくださいと。ソーシャルワーカーや地域連携室の係が紹介してくれると思います。
    もちろん、積極的な治療をしないからと言って痛みを取ったり、楽になる治療全て辞める、やってもらえない、ということではありません。
    医師に言いにくかったら医療相談室のソーシャルワーカーに相談してみたらいかがですか。
    そして自宅で見る、と決まったら、介護保険でヘルパー、入浴介助、訪問看護を受けながらいよいよ自宅で見られなくなったら緩和ケア病棟(ホスピス)への入院、看取り。
    おそらく積極的な治療をなさらないとまだしばらくは、お母様元気が出ると思います。
    がんと共存共栄、寿命が来たらおしまい、です。人生最後の舞台を苦しいまま終わらせてはかわいそうではないですか?お母様の気持ちを尊重して積極的治療はしない、と伝えてくださいね。図書館にもがんの在宅医療や緩和ケアの本あり。

    ユーザーID:6856046139

  • 医者を見限る

    大学病院や専門病院の急性期医療のお医者様は、お薬や手術などで治そうとして治療します。
    効果があるだろうと思われる治療から始めていくので、
    あとから出てくる治療は「効果が薄い」か「体を痛めるだけ」になります。

    治療をやめるタイミングは、患者や家族の側からしか言い出せません。
    (最後の治療方法まで試しているのなら、お医者様が言い出すかも)

    治療しないのなら、このお医者様は終了です。
    お医者様から見放されたようで寂しいし、
    治療しなければ、「見殺し」にしたような気分になりますが、
    体力のあるうちに、治療をやめることによって、穏やかな日を過ごすこともできます。
    緩和治療をしてくれる転院先を探しましょう。

    実父と義妹の場合、治療を止める決断をしてからでないと、
    ステロイドを中心にした、痛みと苦しみを除く緩和療法をとってもらえませんでした。

    先にステロイドという方法を先に教えてもらえていたら、
    最後の抗がん剤で命を縮める必要はありませんでした。
    でも最後の最後の手段なんでしょうね。

    お母様とトピ主さまに、最善の日々が長く続きますように。

    ユーザーID:8714055753

  • ありがとうございます!

    親身にお答えいただきまして、ありがとうございます。
    お一人お一人にお返しすべきところ、まとめてのお礼で申し訳ありません。

    どなたのご意見も、基本「母自身の希望にまかせて」とのことで、自分の考えに自信がついたというか、ぐらつかないで母の気持ちを医師に伝えることができるように思いました。

    実際にご親族を看病されている方、亡くされた方の体験談は、ことに身にしみました。
    自分でも塞栓術について調べてみたのですが、具体的な悪影響については触れていないことが多いですね。母の苦しんだ様子とは、かけはなれた説明(管を入れるところは麻酔するから大丈夫!みたいな)にも違和を覚えていましたので、まもるさんやramiさんのご意見には、「やはり」という気持ちです。

    来週にも担当の医師と面談をして、こちらの希望を伝えるつもりです。あと1年がんばれば、私も仕事を減らせるようになるので、その後は在宅で母の看取りができます。進行が遅いことを祈るばかりです。

    ご意見をくださった方、「エール」に投票してくださった方、お気持ちに感謝いたします。

    ユーザーID:9694520598

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • お母様の身体はお母様のもの

    私も80代の母がいます。健康ですが、この先延命治療は一切するつもりはありません。

    母は80代まで生きられて充分と言います。

    私も同じ考えです。老化は病気ではありません。癌も老化の一つと思います。

    苦しんで延命されて誰が得をするか考えてください。

    年金が多いと家族が中々死なせないと聞いたことがあります。

    人生の最後は穏やかに過ごさせてあげてください。
    多少長生きしても地獄の苦しみを味わうならその日々は無いほうが遥かにマシです。

    ユーザーID:9751902717

  • 延命治療という呼び方が悪いのか

    「延命拒否」というとあたかもまだ元気に生きられる人の呼吸を故意に
    止めてしまうかのようなイメージでとらえてしまうようですが、
    実際のターミナルケアの現場を経験した人なら(身内の立場でも)
    「延命治療」という呼び方をされている現実は、
    本来なら枯れ木が美しく朽ちる様のように静かに息を引き取れるはずの人の
    弱った心臓をただ強引に鼓動させる非人道的な作業にしか見えないです。
    そういうことは皆が知ったほうがよいと思ってます。

    「一日でも長く生きてほしい」と患者の家族が思うとき、
    どなたかが書かれてますように年金目当ての冷酷な人でさえなければ
    普通は誰もが、正確には、
    「一日でも、一秒でも長く、楽しく暮らすための治療を」と
    望んでいる筈です。

    QOL= quality of life重視の治療を優先するのは
    まだまだ少数派なのでしょうね…。

    「治療を断わる」というと何とも重い決断を強いられますが、
    実際には「私は、こっちの、なるべく痛くしないほうの治療がいいです」と
    選んでるだけです。
    迷いはあって当然ですが、どうかお心お健やかにお過ごしください。

    ユーザーID:0471096834

  • ありがとうございました

    >エムさま
    しばらくトピを見ておらず、返信に気づくのが遅れて申し訳ありません。
    延命治療について、忌憚ないご意見、ありがとうございました。

    先日、母ともども担当医と話し合ってきました。
    「骨転移があれば痛みが出るが、現状、それは考えにくい」とのことで、このまま在宅にて経過をみていくことになりました。母も、ホッとした様子です。
    気候がよくなりましたら、体調しだいですが、桜見と温泉の旅にでも連れていきたいと考えています。

    背中を押してくださった皆様に、心から感謝いたします。

    ユーザーID:9694520598

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧