生地が薄い服が今の流行?

レス46
(トピ主5
お気に入り161

美容・ファッション・ダイエット

寒がり猫

近頃、服の生地が薄くなったのは、レイヤードの流行に対応したものだと、何かで読んだことがあります。

「安価だが高品質」を売り物にしていた某メーカーの製品が大好きだったのですが、最近は買ってみて、薄手なのにびっくりすることが多いです。
特に、プレーンなタートルネックのニット。
デザインは変わらないけれど、年々薄くなり、カーデか何かと重ねないと着られないと感じます。

このメーカーに限らず、最近はデパート主力ブランドでも、悪く言えば「ぺなぺな」。
夏のシャツやブラウスは、キャミを下に着ることを前提に、わざと透けるくらい薄くしているのでしょうか?


先日、衣替えのついでに、よく似た服は古いものを捨てて服を減らそうと思ったのですが、10年ほど前に買ったウールのセーターはびくともしていないのに、去年買った薄手のは(表示はウール100%)くたくた。
迷いましたが、新しいほうを家着にし、この冬が終わったら捨てることにしました。



重ね着好きの皆さんは、薄手のものを選びますか? 

時代の好みとしても‥‥‥私はしっかりした生地の服が欲し〜い!

密度の高い生地の製品で、手頃な価格のものをご存知でしたら、教えてください。

ユーザーID:6783748419

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 生地が薄くないと…

    会社の暖房温度が高いので、生地が薄くないと汗だくになってしまいます。
    空調温度は各オフィスではなくビル丸ごとで管理されている為、暑すぎるときクーラーをかけるととかの微調整はできますが、基本的な温度を変える事はできないため、服装で調整するしかありません。
    分厚い服だと微調整ができないので、脱ぎ着ができる薄手の服を重ね着しています。

    逆に、夏場はカーディガンや薄手の上着が必須です。
    生足だと足が冷え切ってしまう事もあります。

    仕事をする前は、分厚いニットなどを好んで着ていましたが、今は会社の空調に合わせて、薄手の服を何枚も重ね着しています。

    ユーザーID:5915322848

  • アパレルも不況って事

    5年前くらいから同じことを思っていました。
    若い子は絶対服を買うし、年代が上だとそもそも高いもの(ニットだと3万越えとか?)を買うので
    いかにも不況知らずみたいな顔をしていますが。
    板チョコのグラム数がいつの間にやら少なくなっているように
    服も品質が落ちていると思います。確実に落としていると思います。

    それを、あたかも消費者側の都合かのように
    重ね着こそおしゃれの醍醐味、だとか
    「今時は」ニットなんて1シーズンだけ着る消耗品、だとか
    新しい価値観を植え付けて目くらましして
    実は品質を落としているだけだと思います。

    ユーザーID:2509727917

  • レディースって生地悪くない?

    分かります!今主流の服は本当に生地が薄くて悪い。
    カシミアとかでも昔のものとイメージ違いますよね。
    シンプルな物が欲しいのに変なカットが入ってたり、色が濁ったような色だったりして、デザイン的にも不満が多いです。
    お手頃価格のブランドだと本当に選びにくいですよね。
    とはいえ同じブランドでもメンズだとシンプルでしっかりした生地の物が多い!男性が羨ましいです。同じデザインでレディース向きに作ってくれたら良いのにとよく思います。

    私はセレクトショップに行って、シンプルで比較的しっかりした生地のウール100%のセーターを手に入れました。7,000円前後だったと思います(バーゲンだったような)。今3年目ですけど、毛玉も出来ず、伸びもせず着られてるのでお買い得だったと思ってます。
    ちょっと名前は忘れちゃいましたが、都会のショッピングビルなら必ず入ってるようなカジュアル系のセレクトショップです。

    ユーザーID:0545589304

  • 品質が落ちた・・・。

    ここ15年位前から洋服の品質が落ちたと思うのは私だけでは無いと思います。
    昔はデパートで値段が高ければ、其れなりの生地で品質も良かったと感じます。
    特に老舗メーカーが落ちたと実感します。
    先日セーター、ポロシャツを手に取ったのですが、比べると昔の面影が無かったです。
    生地が薄く、網目も雑と云うかランクが落ちたと思えました。
    昔はこのブランドは着易く、洗濯しても型崩れがしなかったのに今は持たないですね・・。
    それに縫製やボタンも昔と全く違います。
    最近はデパートに行っても、これが欲しいという品物が無いんです。
    もう少し生地や縫製が昔のように確りとして欲しいです。
    不景気で買わないのではなく、根本は違うように思えます。

    ユーザーID:2412020227

  • 私も同感

    今年、本当に生地が薄くて秋もの?って勘違いするくらいです。
    Vネックのあき具合も冬なのに深くて、インに昭和のお爺さん必須アイテム、
    キャメル色の、ほら、ラクダの爺シャツ知ってます?
    あれ着なきゃ厳しい冬を乗り越えられないですよ。

    なので、来春か来秋までタンスにねかしておくことにしました。
    40も過ぎたら、寒くてもペラペラの服着て、何食わぬ顔できません(笑)
    若い頃は薄着でも風邪ひとつ、ひかなかったのに…(泣)

    それと余談ですが年齢を重ねた知恵で、もう一つ。
    薄いものを何枚も重ねた着方が、風邪をひかないコツです。
    屋内と屋外の温度差に体がついてこないので、
    暑かったら一枚づつ脱ぐ、寒かったら上に重ね着をすると良いそうです。
    案外、薄い生地も使い方によっては役に立つかもです。

    思った洋服が見つかると良いですね。

    ユーザーID:9362698223

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • トピ主さんに同感

    私も困っています。
    同じタートルネックのセーターでも5年前に1万5千円出して
    購入した物は、まだ健在です。
    ある人気量販店で購入したタートルネックは、ワンシーズンで
    ペラペラのため選択に耐えられず捨てました。
    私は体型が、ガッシリしているので薄手の物は苦手です。
    タコ糸縛りの肉みたいに、体の厚みがダイレクトに出るのが生理的に嫌です。
    Tシャツ1つとってもペラペラで、とても着れそうもない物が多く
    残念です。
    「安価だが、高品質」の商品は、私もシンプルで好きでしたが
    社長自ら「今は、薄手が垢抜けていてトレンド、布が厚いのはダサイ」と
    言った時に購入を止めました。
    私も今、トピ主さんと同じことを感じ探している最中です。
    百貨店でも、どこでも皆布が薄くて・・
    蛇足ですが私には10歳上の姉がいます。
    姉が結婚するときに置いていった服を処分するのに出したら
    どれも布が厚く、縫製もシッカリしていました。
    時代の変化ですかね。

    ユーザーID:8436068157

  • 私もしっかりした生地が好き

    昔買ったニットが、しっかりと編んであったり、トレーナーの生地の厚さが今と違うと思ってました。だから、もう何年も前ですが、今年も使ってます!
    前々からなのですが、某ファストファッションのタートルシャツが伸び伸びになりやすいので、新しく買い足す時は、ストレッチものでないのを探そうと考えてます。ニットもしっかりモコモコあったかそうなのを探しますね。なかなか良いのが見つかりませんが。
    冬場は、肌着にヒート系よりコットンシャツを好んで着てるので、お手頃で質の良いのを探してます。

    ユーザーID:8424868829

  • 冬場は乾かないので

    薄い生地が好みです。私は30代ですが、就職氷河期を経験しバブルを知りません。母の30代の頃の服は確かに分厚く、縫製もよかったです。幼い頃、母はよくタイトスカートを履いていましたが、裏地つきでファスナー部分もしっかりしていたのを覚えています。だけど、子供心に「こんなおばさん臭いの着たくないなあ」と思いました。

    分厚いと着膨れ感が出てしまうのでしょうね。それに今は消費社会ですから、一つのものを大事に着るより、ワンシーズンしかもたないけど来シーズンも買ってもらうような商品作りがされていると思います。今の時代、ミキハウスなどのいいズボンの膝部分が破れてアップリケしてるような子供はいませんからね。もう時代としか言えないんではないでしょうか。

    ユーザーID:9433812922

  • 生地にこだわる人が少ない気がします

    確かに全体的に薄いですよね。30代になり、生地がしっかりしていないと着ていて恥ずかしいなと思います。
    原因として、消費者が、生地に無頓着な人が増えていることもあると思っています。

    結婚式に綿のワンピースで登場した友人は、綿かどうかも判断できないほど、繊維に疎い人でした。
    その友人は見た目はお洒落なのですが、生地が薄くても平気で着ています。
    私は母が裁縫が得意で、洋服を選ぶ時もタグで繊維を確認するよう教わりました。
    靴下ひとつとっても、最近は綿がメインの靴下を探すのが大変で、
    綿100%を買っても、値段が手ごろなものはほつれるのが早くがっかりしています。

    でも同じ意見の方も多く、ちょっと嬉しいような安心感をかんじました。

    年々新しい化学繊維が開発され、それは技術として素晴らしいと思うのですが、
    良質な綿やシルクの良さが再確認されることを望んでいます。

    ユーザーID:5814103741

  • ですよね

    確かに。
    重ね着前提のような薄さですよ。
    重ね着するから良いのですが、
    洗濯をした後が全く違いますね。
    一回しか着ていないのに、洗濯すると何年も着たようにクタクタになります。
    アイロン掛けしてもしゃんとしない。
    どれもこれもクリーニング対応じゃないと駄目なのって思うのです。
    値段の割りに粗末です。
    ショックだったものに、ヒートテックの代わりに違うメーカーさんのババシャツを買いました。
    ヒートテックより何倍も値段がしたので、さぞ良い品質だろうと期待したら、
    洗濯すると首元が伸びた…。
    ネットに入れて洗濯したのに、表示も見て何でよ?と嘆きました。

    そういえば、スカートも冬用なのに裏地の無い物がありますね。
    厚手なら理解できますが、あれ?って。
    秋or春用のよう。
    タイツではなくレギンス履け、でしょうね。

    冬は冬で厚手でも構わないのに。セーターが薄いのもそれだけでも温かいですが、
    心理的に不安になってしまう。

    厚いのでも良いので、着る方のセンスに任せて欲しいですよね。

    ユーザーID:3756338810

  • セーターが消えた

    もっこりふわふわした手編み風のセーター、見なくなりましたね。
    (あえてニットとはいいません)
    仮にあったとしても、今時(一昔前から?)の細身なアウターと合わせることはできません。

    一昔前に20代女性が着ぶくれしたくないからと冬にはババシャツを着るようになり、アウターも細身になり、年々ババシャツよりもっと薄手のヒートテックが出回り、今の薄手な冬服が定着してきたのかと思っています。
    重ね着は副産物?

    高気密な建物が増えて、室内にいる限りは厚着する必要が無くなったこともあるでしょうね。
    生地が薄い服は、体のラインが出やすいので、ぷよぷよ体型な私には辛いですね。

    ユーザーID:6519143084

  • 安いものは増えたけど

    買いたいと思うものが減った気がします。

    某メーカーのタートルは、薄い素材の伸びるインナーより温かいと思って昨年買い足したのですが、
    生地が薄いことに気がついて悲しかったです。
    一枚では恥ずかしいし、引っかかってすぐに穴も空きました。

    昔良く売っていた、手頃な価格のハイネックやタートルを探しましたが、少ない印象です。

    スーパーの衣料品扱っているところと無印良品のは結構良いですよ。
    若い頃はスーパーで服は買わないと思っていたけど、ウール100のニットは昔から揃っています。
    スーパーはハイネックも置いてあり色も綺麗なのが多くて気に入りました。
    無印のは良いのですが明るい色が少ないのが残念!
    あとは、高くてもアウトドアメーカーや寒い国のブランドは良いと思います。

    店頭に行って素材を確認して触ってみて、お好みのニット探してみてください。

    フォーマル専門店の透けるシフォンのシャツワンピースは、
    腕は若干透けているものの胴体部分はしっかりと裏地があり透けないようにできていました。
    細かいところがきちんとしており、探すとそういうお店もあるのだなと思いました。

    ユーザーID:6576986472

  • 半分は同意だけど

    昔の服の方が物が良かったのは確かですね。
    (下着の)パンツなんかでも昔はゴムが肌に当たらない物が主流だったのに今では余程オバサン(というかお婆さん)ぽいものしかないですね。

    私は肌が弱く綿とレーヨンが好きです。でもアイロンが苦手なので肌につかない物は化学繊維の方が手軽です。
    ちなみにシルクとウールはアレルギーです。
    また、肩凝りなのと、洗濯してなかなか乾かないのも嫌なので薄手の方が好きです。(1度着たら洗濯したい性質なので)

    また、メリハリボディで肩幅も広いので厚手の服だと着ぶくれてしまうので、個人的には薄手の方が着痩せします。

    あと、ファストファッションの物はセーターにしてもセールで千円ちょっとなので1シーズンでポイする物だと思っています。

    数年前とは物価も違うので、値上げするか品質を落とすかで後者を選んだのだと思います。
    品質を求めるのなら、高い物を買うしかないのではないでしょうか?

    私はどちらかというと、最近の傾向で、襟ぐりが広くなった方が困ります。

    ユーザーID:9847811145

  • 同感です!

    多分、トピ主さんのおっしゃってるベーシックアイテム大得意ブランドだと思いますが、
    タートルネックセーターが冗談みたいに薄くなりました。
    この間、白を着たら下着がすけすけで
    HTを下に着るも、薄すぎて透けるので結局重ねないと無理という。
    昔買った同ブランド品は、一枚でも安心して着られる厚さで
    しかも値段は同じでした。

    ダウンも品質が落ちています。
    薄くなるのはいいけれど、昔はこんなに
    羽根が飛び出して来なかったのですが。

    だんだん粗悪品になっているな…という印象です。

    ユーザーID:3397583728

  • 私も厚手の物が好きです、でも今時は

    ニットの薄手主流は困っています、理由は単純に「寒い」からです。

    勤め先の後輩女性に、秋から冬まで薄手の生地の服ばかりで困ると溢すと驚かれました。

    薄くても温かい下着各種、薄手でも保温性があるパンストを着ていれば寒くないそうです。
    今時の家は暖房システムが完備されているので、真冬で外が吹雪いていても風呂上がりは汗ばむのが普通だそうです。

    聞いた時は世代の差を感じて、世の中の「普通」に取り残されていた自分を恥ました。
    でもトピを読むと、其処まで落ち込む必要は無かったみたいで安心しました。
    心から安心したので厚手の生地の服を探します。

    噂ではオバサン御用達の通販メーカーの服は取敢えず、生地だけは厚手で縫製も許せる範囲だと聞いています。

    ユーザーID:9511685848

  • 全く同意

    私も最近の服は薄いのが多いなとつくづく思っていました。
    安価な製品だけでなく、それなりの値段のものでも
    薄手なんですよね。すぐに型くずれしそうです。
    私も厚めの服がほしいです。15年前にユニクロで買った
    パンツは、形などは今ほどには洗練されていませんが
    生地が厚くなかなか傷まないので、まだ現役ではいています。

    もしかして、技術の進歩で、薄手でも、厚手と同じような
    性能をもっている生地を開発できたのかな?とも
    思わないでもないですが、そういう感じもしないですね。。。

    ユーザーID:6109916603

  • 確かに!コート類も

    国産人気レディースブランドの、コート類も生地が安っぽいです。

    数年前のコートは、生地がしっかりして、真冬でも寒くないです。

    近年、私は洋服は定価では買わず、バーゲンも行きません。ネットで割引の時しか買わないし、オークションでも買えます。
    不景気も関係あるのかな?

    ユーザーID:6195038125

  • トピ主です。こんなにレスをいただけて感激!

    皆様ありがとうございます。お一人ずつのお礼でなくて申し訳ありません。

    私と同じように感じている方が多くて、嬉しくなりました。

    アパレルメーカーの企画担当さんがこれを見て、「密度の高いしっかりした生地」を売り物にした製品を作ってくれないかな〜
    「一枚で着ても透けない、夏の白!」なんて、売れるんじゃないかと思うのですが。。

    でも、薄い方が今風で良い、薄いのが好きという方もいらっしゃるのですね。

    たぶんそういう方のほうが世間では多数派で、だからメーカーも生地をどんどん薄くしていっているのでしょうか。


    一部の方のみへのレスですみません。
    >多分、トピ主さんのおっしゃってるベーシックアイテム大得意ブランドだと思いますが、
    >タートルネックセーターが冗談みたいに薄くなりました。
    >この間、白を着たら下着がすけすけで

    もこ様、私もまさに「冗談みたい」と思ったんです!
    製品として成立する限界まで薄いんじゃないかと(笑)
    これ以上薄くなったら「冬もニットでシースルーを楽しもう」なんてことになるんじゃないかと。

    (つづき失礼します)

    ユーザーID:6783748419

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です。皆様ありがとうございます。

    生ドラ様、無印良品はしっかりしているんですね。
    情報ありがとうございます。お店で見てみますね。


    私からの情報提供も一つ。
    銀座和光は良いと思います。
    去年、カットソーをいただきものしました。シルクのような滑らかなコットン100%で、緻密で、Tシャツのような生地ですが、実にしっかりしたものでした。
    お値段を考えると、とても自分では買えませんが。。。


    「昔と同等の品質のものを買おうとすると、すごく高くつく」時代になったのだとすると、実質的にはデフレではなくインフレなんじゃないの?と思ってしまいますね。


    引き続きご意見をお聞かせください。

    ここをアパレルの担当者が見てくれたらいいんですけど!(笑

    ユーザーID:6783748419

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 昔と同等の品質のものを買おうとすると、すごく高くつく

    トピ主さんのレスの言葉、本当にその通りですね!
    衣服に関してはむしろインフレだわ。

    私は28歳なんですが、年子の姉と私が着ていた某ブランド子供服のトレーナー、なんと今姪2歳が着ています。
    さすがに全体は洗濯のために色落ちしていますが、首周りが伸びていることもなく、生地が擦り切れていることもなく、刺繍とワッペンは色落ちも全くしていないです。

    今もその子供服ブランドはありますけど、80年代の生地とは全然違います。姪も何着か持ってますけど、絶対に姪の子供の代まで持つことはないでしょう。
    値段の感覚は今も昔もそう変わらない感じだそうなので、やっぱり生地が悪くなっているということだと思います。
    丈夫さ重視の子供服でもそんなんなので、大人の場合は生地を限界まで薄くするのも無理ないですね。

    以前イギリスに行った時、ファストファッションは同じ感じですがデパートブランドの服は良い生地が多かったです。値段的にはむしろ日本より安いくらい。
    海外旅行行った時にまとめ買いっていうのも手かもしれませんね。

    ユーザーID:4544593688

  • 生地もそうだし、縫製もそう

    亡き祖母が「ええとこのお嬢さん」で着道楽…というか良い物しか知らず、その祖母に育てられた母も肌が良いものを覚えていて、その二人に育てられた私は、収入の割に着るものに贅沢な人間に育ってしまいました。

    夏物も「何コレ」はありますが、やはり冬物のほうが品質の変化が際立ちますね。
    「このペラペラした生地がツイードなの?!」
    「こんなに重たくてゴワゴワしたのはカシミアじゃない」
    「何このチクチク、アンゴラだなんて嘘でしょう?」
    と毎年思っています。

    ついでに、生地をケチっているのか、縫い合わせの部分で柄が合っていない服は紳士服・婦人服ともに見かけます。テーラードスーツの襟や袖と身頃を縫い合わせた所などは非常に目立つのですが、そういう細かいところがきちんとした服は高級品になってしまった気がします。

    ユーザーID:0582873829

  • 同感

    アメリカに住んでいますが、アメリカ人も全く同じことを言っています。
    生地が薄く、粗悪になっていると。
    すぐ破けたり、ダメになる。昔の物はもっと質が良かったと。
    結構良い値段をするものでもそうなので、
    洋服は長く着る物という意識がなくなっているのでしょう。
    鞄もそうみたいです。

    まだ品質を保っているメーカーはどこだろうかと
    情報交換していますが、年々減っているようです。

    ユーザーID:7142026516

  • 進化も退化もあるかな

    >「昔と同等の品質のものを買おうとすると、すごく高くつく」時代になったのだとすると、実質的にはデフレではなくインフレなんじゃないの?と思ってしまいますね。

    経済の事はよくわかりませんが、インフレ、デフレよりも・・・
    野菜に例えると、天候が良ければ安くて美味しい物が店頭に並ぶけど、天候が悪いと高い割に質もイマイチ。
    こちらに近いのではないでしょうか?

    >「一枚で着ても透けない、夏の白!」なんて、売れるんじゃないかと思うのですが。。

    薄くて透けないのは欲しいですが、夏に遮光カーテン並みに暑い生地なら買いません。
    私は妙齢で冷えとホットフラッシュに悩まされています。
    クール機能のあるインナーを着て薄手の服を着たいです。

    ワンピやブラウスで裏地が付いていると『余計なお世話』と思います。

    高価な物を買えば裏地も工夫されているのでしょうが、私が買えるような服だと、インナー+薄手の服が、夏は涼しく冬は適度で、動きやすく着痩せすると思います。

    ユーザーID:9847811145

  • 綿100%のしっかりした生地が好きです

    「一枚で着ても透けない、夏の白!」私もここ数年「そんなのあれば買うのに」と思っていました。
    ブラウスもTシャツも、夏なのに1枚じゃ着られないあの薄さ。
    しかも綿100%が好き(神経質なこともあり、それしか着られない)のに
    毎年綿100%の服が減って行っています。
    しかも現在は昔のようなしっかりした綿ではありませんし。

    かなり前ですが、ナラカミーチェで買った白ブラウスは生地が厚く1枚で着られますが
    なんせ高くて何枚も買えませんし、ヒラヒラしたデザインが多くアイロンが異常に面倒。
    去年無印で買った白ブラウスもやや生地が厚く1枚で着ようと思えば着られますが
    リーズナブルゆえにシルエットがややダサい。

    20代の頃、透けた白ブラウス1枚で満員電車に乗ったら痴漢に遭ったので、透ける白には今でも抵抗があります。
    綿100%のしっかりした生地の服、売って欲しいなぁ〜。

    ユーザーID:9876303082

  • 変わるのを期待…

    横ですが、リモーネさん「妙齢」の使い方間違ってますよ!
    最近なぜか間違ってる人が多いようですが、イメージ的には結婚適齢期のような若い女性に使う言葉です。
    自虐的に使われたのならすみません。

    しかし飽食ならぬ、飽衣時代になってるんでしょうか。
    資源にも限りがありますから、心配ですね。
    一見服が安くなってモードも取り入れやすくなったかと思うかもしれませんが、すぐ駄目になるので結局は昔より高くついてますよね。
    毛玉だらけになってだるだるに伸びたニットを着続けるわけにはいかないので、きっちりした格好をしようと思うと商品を買い続けないといけませんし。

    不満に思っている人も多いと思うので、あと数年すれば少し流れが変わって来るのではと思っています。
    今治タオルは安価で低品質なタオルに押されていたのに、ここ数年で大復活を遂げましたしね。

    ユーザーID:3607653141

  • 私も綿が好き

    重ね着しろ、と言われても最近はスーツのパンツにすら裏地が付いていないのです……どうやってパンツを重ね着脱ぎ着するの?!

    10年前までは裏地が付いていた店でもここ数年は全く付いていません。
    数種類あるラインナップの中で、せめて1点だけでも裏地を付けてくれたら、ストッキングやタイツが苦手でパンツに綿靴下派の人間はとっても助かるのに。

    あぁ綿100%靴下も最近は絶滅危惧種……

    私、革靴にストッキングだと絶対に水虫になります!
    TVでは女性のカサカサ水虫が時々取り上げられていて、脱ストッキングで綿100%靴下に乗り換える需要はあると思われるのに。

    だいだいスーパーのレジ袋すら「1回しか使えない」(私は使うのに)と廃止の動きなのだから、1シーズンしか着られない洋服も廃止にして欲しい。

    ユーザーID:7359133012

  • この時代の流れ、見直してほしい!

    パタゴニアのTシャツを家族で愛用しています。
    オーガニックコットンを100%使っていて、肌触りがすごく良いです。

    自然保護運動もしているパタゴニアはアウトドア系のアパレルメーカーなので
    スポーツ好きな我が家は好きなのですが、カジュアル向けです。

    朝起きて服を選ぶとき、体が肌触りのいい服を求めていると感じる時があります。
    クローゼットにはファーストファッションの服もあるのですが、無意識にパタゴニアTシャツを手にしています。
    でもジーンズを履いたりすると、すっかりスポーティになってしまうんですよね。
    オフィススタイルにしたい時やお出かけ時にも、着心地の良い服があるといいなと思っています。

    他のアパレルメーカーでもオーガニックコットンとか見直してほしいです。

    ユーザーID:5814103741

  • お手頃価格で生地の良さを求めるのは、消費者のエゴ

    婦人服メーカーは、生地やボタンといった材料費を小売価格の1割に抑えないと、赤字だそうです。
    デパートや駅ビルの華やかな売り場の電気代や人件費が、上乗せされての小売価格ですから。

    国内の技術のある生地メーカーの中には、アパレルのバイヤーに買い叩かれるのに嫌気がさして、廃業したところがいくらもあります。
    昔は国内で糸作りからできた環境が変わり、円高の今、お手頃価格のものは海外生産するしかありません。

    私は上記のことを、着物を作る合間の雑談で知りました。
    国内の絹関係の生産者の減りように驚いていたら、英国の羊毛関係も怪しいことになってました。
    カシミヤ原毛の輸入が難しくなったそうで、日本では無名ブランドのスコットランド製の厚手のカシミヤ・カーディガン6万円は、最近、同じようなものを見ないので、思い切って買っておいて正解でした。

    今、日本では、天然繊維をほとんど生産していません。
    安価な輸入品があるだけ、恵まれてます。
    それなりの品質のものは、見合う値札が付くものです。
    オフィス向けは、パターンオーダーで生地が選べる仕立て屋もあるのだから、欲しいものを探す工夫をしてみては?

    ユーザーID:7886273100

  • デザインが…

    ここ数年、サイズ表示が小さいように感じませんか?
    私は40代半ばですが、私の居住区では確実にLサイズが無いんです。
    これいいな…と思っても、Mサイズ…処分品はSサイズしかないです。
    …ということは、Lサイズが一番売れているのではないか?と。
    あと、デザインが体のラインを強調したような物が多くなったように思います。そうなると、どうしても生地が薄くないと、綺麗にデザインが活かせれないのではないかと思います。
    私も断捨離したのですが、やっぱり10年前の100%ウールと昨年購入のウール100%だと厚さは半分くらいな感じでしたね。シルエット重視のデザインと、加工技術の向上によるものだと思いますが…
    しっかりした物が好きな場合は、なんか頼りないように感じますよね。
    私は自分で洋裁もやりますが、最近の型紙は体のラインに沿ったものが多く、結局、使うのは20年位前に購入したパーソンズのパタンナーさんの本になってしまいますね。

    ユーザーID:4185436365

  • まめまめ様の意見と同じ

    私もまめまめさんと同じ意見を持っていました。
    今の洋服のサイズは昔で云えば子供サイズに思えます。
    昔のブラウスのサイズを計ったら、同じサイズでも前後身頃で20センチ程小さかったです。
    だから今と昔のLサイズは全く違うんですね。
    昔は余程の粗悪品で無い限り、必ず布とボタンが付いていましたが今は無いですね。
    前回も書きましたが今デパート、店に行っても欲しい品物が無いんです。
    業者も言分が有ると思いますが不景気で買わないのでは無いと思います。
    今はその値段でもこんな商品かと残念な気持ちの方が強いです。
    近所の仕立て屋の人が生地の品質が、ここ20年で驚く程落ちたと云っていました。
    昔と今では洋服に対して価値観が大きく変ったんですね。

    ユーザーID:2412020227

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧