社会人大学院生

レス11
お気に入り25
トピ主のみ0

とまと

学ぶ

社会人を経て大学院に進学しました。そこで思ったこと。大学ではおばさんは全体的に敬遠されますね。まあかわいくないですものね。指導教官には全く指導の時間をとってもらえず(これはかなり酷いと思います)、大学側は、指導教官に指導されていないという実情を知っていると思いますが放置です。関わるとメンドクサイのはわかりますが‥大学が意外に理不尽な世界で驚きました。指導に関して、規定のカリキャラムの九割を消化せず、それがまかり通るのが大学なのかと打ちのめされています。一昔前ならともかく、学費を払っているのにこんな扱い?ともやもやします。指導教官には都合良く使われている感じです。論文についてなど、メールで質問をしても何度も無視されました。指導もすっぽかされました。今では嫌悪感やら恐怖やらでこちらから発信できません。期待するのを諦めて、とりあえず卒業を目指しますが、社会で培ってきた価値観が全く通用せず、私がおかしいのだろうかと思うこともあり、すっかり自信喪失となってしまいました。病みました。同じような経験をされた方、いらっしゃいますか。心の持ち方が不安定なので、ご意見を聞かせていただけるとありがたいです。

ユーザーID:4788631735

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 興味あります

    私(アラフォーです)、大学院は未経験ですが、一度社会に出た後に専門学校で学び再び就職した者です。当時の私は独身で29歳だったので、他の学生とそんなに違和感なく、先生もよく接してくれました。
    トピ主さんは、今おいくつですか?

    私も、ゆくゆくは大学院(もしくはもう一度学部)で学んでみたい気持ちもあるので、このトピは興味があります!

    ちなみに、来年、まずは単位履修をしてみようと思い、希望の大学の入試要項を見てみたら、事前に各自で指導教官にアポとって面接を行い、履修の了承を得るように、とありました。トピ主さんの場合、入試前か後に、そういう教官との面接はなかったのですか?

    ユーザーID:3334517013

  • 研究科や専攻にもよると思いますが


    トピ主さんが渇望される「指導」とは具体的にどのようなものでしょう。
    大学院は、曲がりなりにも研究をするところなので、指導教員が細かく指図をすることはあまりないと思うのですが。

    強いて言えば理系にあたる私の所属研究科では、
    大学院向けの講義 10コマ程度と修士論文を書くことが修了条件で、
    「規定のカリキュラム」の意味するところが分からないのですが、
    何か資格がらみの社会人向けコースでしょうか?
    であれば、大学当局側に必ず相談窓口があるはずなので、
    発信したメールの控えなどを持参して、「指導教員が指導してくれない」と申し出てください。
    それでますます扱いが悪化したら、立派なアカハラ・パワハラですので、更に強く申し出てください。

    ユーザーID:9818239610

  • 心中お察しします

    40代で大学院に進学し修了しました。
    主様と同様の感想を同年代の同期とよく話したものでした。

    専攻分野や教員のお人柄にもよると思いますが、
    今になって思うと、
    大学の先生方は大学以外の世界をあまり知らない自覚がおありで、
    社会人院生にはやや腰がひけてたのかな、と思います。

    どうぞ卒業を目指してがんばってください。

    ユーザーID:9481645187

  • すごくわかる

    書かれていること、全く同意します。
    私も同じ立場の学生で指導教官で失敗しました。
    指導教官は若い先生のほうが面倒見てくれると後で知りました。
    大学に文句を言えば、先生たちとの仲が悪くなるだけで根本的解決になっていません。
    とにかくまわりに面倒みてくれそうな先生おられませんか。授業とかで探してください。できることなら指導教官変更願いだしてください。
    あとメールはCCで他の先生にも送ると証拠になりますからそうしたほうがいいですよ。実は大学教員というのは1日100通ほどのメールをさばかなければなりません。学生の優先順位は最後になってしまうんです。でも、優先されないからといって泣き寝入りしてはいけません。一緒に戦いましょう!

    ユーザーID:9071827774

  • 院生は研究室のスタッフの実態

    分野にもよるがタイトルの実態はどこにでもあり
    程度問題で、ある程度仕方ない面があるのでは。
    一度社会人になると、金を払っているのに
    と思うわけですが、客でもない。意思を持ってがんばってください。

    ユーザーID:7266117435

  • 40代の大学院生です

    トピ主さんの状況がアカハラに該当するものかどうか、詳しく状況がわからないのでなんとも言えませんが・・・。せっかく志を持って大学院に進学したのですから、頑張ってほしいと思います。ただし、

    >大学ではおばさんは全体的に敬遠されますね。まあかわいくないですものね。

    こういう態度はどうかと思います。自分で自分のことを卑下して「おばさん」と表現するような態度ではなく、もう少し社会人としての誇りを持ってみたらいかがでしょうか。

    そして、自分が感じている不当な扱いが年齢によるものだと決めつけず、問題解決の糸口を探ってみられては?

    ユーザーID:5552957448

  • もうすこし詳しい状況を

    大学院は修士課程ですか?研究指導については、修士と博士で大きく
    違います。また、博士を目指す学生への指導は修士修了で外部に
    でる学生と異なります。

    次に、分野の文理別、可能ならばもう一段詳しく教えてください。特に、
    実験系か非実験系かの別はポイントです。

    既定のカリキュラムというのは、修了要件のことですか?大学によります
    が、通常は選択科目を決められた数履修する以外は、研究室での
    研究と、修士論文が規定されているだけと思います。消化しないという
    意味が判りません。

    詳細がないので一般論ですが、大学院での学習は学部までと大きく
    異なり、本人が研究に取り組まない限り無理です。プロジェクト研究
    でないと、研究テーマを与える事、テーマに取り組むために何を
    するか指示することは非教育的です。勿論、在学年限で学位を取得
    するために、やむを得ず受け身な学生に指導はしますが、言われた
    通りにすれば学位が取れる指導はしません。

    ともかく論文を書きましょう。それを指導教員に見せましょう。話は
    そこからです。

    ユーザーID:3374533280

  • 共感します!

    現在、私も以前、社会人(修士)で指導を受けていた教授が別な大学に移り、そちらでの博士課程履修を勧められ、4月に入学しました(社会人学生は私が最初のようです)。社会人は夜間授業とのことで時間割は設定されてあるのですが、実際は「先生は昼間のほうが都合がよい、夜はきつい。君は時間の融通が効くのだから昼で良い」(他の教授も同様)と、日中の学生さんと同じ時間帯に。自営業ですので数回は対応できたのですが、5月から1か月ほど日中の仕事が入ってしまい、通えなくなってしまいました。せめて休まなくてはならない数回分を夜間にしていただけないかお願いしたところ「既に登録が確定しているから駄目。それはご都合主義」との返答が……。最初の段階で不測事態が起きた場合の条件提示をしなかった私にも過失はあるかもしれませんが、柔軟な対応をしていただけない点、そして社会人を受け入れているという実績=アリバイ作りのための夜間の授業時間割(文科省向けの)なのかと愕然としています。大学教授の本音と建て前?…と疑心暗鬼になっております。とまとさんへの具体的なアドバイスにはなっていないと思いますが、お許しください。

    ユーザーID:7533630188

  • 社会人大学院生って?

    社会人大学院生です。

    実際に、大学院での研究がどのようなモノかもわからないまま入学したので、入学後いくつもトラブルがありました。とにかく、あまり人と関わりたくないような指導教官で、あまり研究の話で、色々と提案すると、見放そうとします。まぁ、大学とはそういうところなのかもしれません。ドクター取らせてあげるから、手先となって働けという感じでしょうか?
    実際に、こんなメールをもらってますよ。全文は書きませんけど、、、、



    私としては、自分の研究構想(研究の流れ)の中で研究を行っていただけることを指導させていただく条件としています。

    (中略)

    私としては、いっしょに研究をやっていく上での必須の条件です。もし、「こんな条件では、やってられない」というお考えなら、○▼先生【←教授です。】と話し合っていただいて、研究の転向をしていただいても結構です。


    と、こういう具合です。
    私の場合には、このようなメールが何度かきました。
    あぁ、嫌われてるんだなぁって思いました。

    大学にも相談しましたけど、意味はなかったです。教授室で言いたいことも言いました。変わらなかったです。

    ユーザーID:7784293475

  • かつて社会人大学院生でした

    院生の扱いは学部によって随分と違いがあるようです。

    私は国立大学院社会学系でしたが、1年目は必要単位取得のため様々な教授のマンツーマンもしくは1対2〜5の授業。2年目に修士論文執筆。その際指導教官の論文指導は1年間で2回でした。一番アドバイスくださったのは別コースの助教授でした。それは、私の研究分野が指導教授の専門でなく、助教授の研究にほんの少しかぶっていたためでした。また図書館司書の方には関係論文検索に多大の協力をいただき、これなしには学位取得は不可能でした。

    結局のところ、大学院というところは自分で研究して論文を書くところですから、自分の研究方針を貫くなら指導はあまりないと思って入学すべきです。

    ただ、教育学部の院生は私には信じられないくらい、手取り足取り、学部生のような指導をうけていました。教育学部は昔の徒弟制度的上下関係が当時残っていた(今もある?)からだと思います。その分、自分のやりたい研究はできず、指導教官の意向に沿った論文を書く羽目になるそうです。

    指導を期待せず自分の研究、もしくは指導を受けて研究分野変更。それが大学院です。

    ユーザーID:7782126308

  • かつて社会人大学院生でした2

    書き忘れましたが、ちなみに当時私も45歳の立派な?おばさんでした。

    若い助教授にはいろいろ厳しいことを言われ(若い方ほど厳しかった記憶があります)、マンツーマンの授業に臨む際には足が震え、授業中も声が震え、目に涙が浮かびながらも絶対泣くまいと必死の時もありました。それでも、自分の知性と教養が院生レベルに達していないためと反省し、猛勉強するのみでした。睡眠不足で体調を崩し、救急外来に駆け込んだことも1度や2度ではありません。

    それくらいの覚悟がなくては院生になって研究するなど無理だと思います。
    指導してあげたいと教授に思わせるくらいの準備をしてから授業に臨みましょう。

    また、院では、たとえ授業料を支払っているとはいえ、院生はお客様ではありません。なにしろ指導はほぼマンツーマンですから、授業料でまかなえるわけがありません。

    すべてご自分のすべき努力をなさった上で、教授の態度がご不満なら指導者変更をお考えになってもよろしいかと思います。

    とまとさんのような安易なおばさん院生が増えると、中年女性の社会人入学が敬遠されるようになるのではと不安になります。

    ユーザーID:7782126308

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧