品質は価格に比例すると思うもの。そうでもないもの。

レス49
お気に入り233
トピ主のみ7

働く女

話題

良い物が高いのは当たり前のことですが、どんなものにそれを感じますか?また、そう感じない物はありますか?

私は良いお肉は価格に比例すると思います。もともと牛肉が嫌いでしたが、はじめて松阪牛を食べた時、その美味しさにびっくりしました。お肉のために高いお金を払うなんて馬鹿らしいと思っていましたが、高いお肉って全然味が違うんですね。以来、お肉は必ず精肉店でブランド牛を購入するようにしています。

果物も高いもののほうが美味しいです。果物が大好きなので毎日食べますが、なるべく高価な物を選ぶようにしています。

靴も質が良いのは高い靴だと思います。社会人になりたての時は一足3千円から7千円くらいのパンプスを履いていました。直ぐにヒールがダメになって、でも靴とはそういうものだと思ってました。思い切って一足2万円するヒールにしたら、履き心地も丈夫さも全然違って驚きました。以来、靴はどんなに安くても1万円以上のものしか買わないことにしました。今持ってる靴はほとんど2〜3万円です。

逆に品質と価格が比例するか微妙だと思ったのが、化粧品です。デパートの一個数万円の化粧品とドラッグストアの数百円の化粧品の違いが分かりません。むしろ高価な物のほうが、変な香りがついてたりして、受け入れられないこともあります。

レストラン。高いレストランは素材が良いですが、それを活かせない残念な料理人も多いです。先日銀座にある、一人3万円のお寿司屋さんに行きましたが、微妙でした。これなら、ちょっとした回転寿司のほうが美味しかったです。

食器。以前ティファニーやエルメスで揃えた食器は次々に割れていきました。粗品の方が長持ちします。もちろん、高価な食器のほうが品があり素敵なのですが。。。

他にも沢山あると思います。品質と価格が比例するもの、そう感じないもの。皆さんのご投稿お待ちします!

ユーザーID:8471906183

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 面白いですね

    食器のブランドものより粗品の方が長持ちする・・・というところに笑ってしまいました。とぴ主さん面白い。


    私が思うのは、ジュエリーや着物。

    お着物や帯は、伝統の手仕事などで価格が数百万にもなったり、同じような模様が機械パターンだと安価になったりします。品質と価格は確かに比例するのですが、しかし、地が絹物であれば、綺麗に着付けてあると着姿では差が付かない。着物姿などはコーディネートと姿の美醜、自己満足の世界で着物の値段と比例しない。

    あとは、ワインなどのお酒かな。10年もの20年ものの熟成したワインの品質は確かに価格に比例しますが、味は当たり外れが多すぎて品質と値段は比例しない。

    宝石もそうかな。品質と価格はブランド力に比例してつけられますが、
    購入した時点がピークで、数十万の宝石の質屋での買い取り価格の末路の寂しいこと寂しいこと・・・品質と値段は、一瞬の夢の産物です。

    最後に香水。わたしは数万する高価なイタリア製の香水の香りと、甘いシャンプーの香りの区別が付きません。有名男性香水の香りは、父の育毛剤の匂いがすると感じて仕方ない。品質と値段の比例しないんじゃない?

    ユーザーID:1567462343

  • 有りますよね〜

    シャンプー類は以前は安い価格の買っていたのですが抜け毛が増えてしまった事が有るので今は高級シャンプー類を使ってます。
    とても艶々になりました。コートも安いのは生地が、あまり良くなかったですね。今はブランド品のコートを買いましたけどやはり、生地が良くて満足ですね。

    ユーザーID:3201024725

  • かまぼこ。

    トピ主さんにほぼ賛同です。

    特に靴は足に合ったものが良いですね。

    私は「かまぼこ」は値段に比例すると思います。
    高いかまぼこ美味しかったです。

    ユーザーID:6270622825

  • 自動車

    高級車は高いだけあって、どれも乗り心地がいいと思います。

    品質と価格、デザインと価格、人気と価格の解り難いもの、高級呉服、ハイブランドジュエリーの価格の違いに驚きます。
    良いものは売れる、良いものは良いから、人気があるのは分かります。笑

    高級チョコレートで1粒400円も高いですが、1粒1000円もあります。
    材料費などの関係だと思いますが、高過ぎて微妙なオイシサを感じます。
    おいしいのは美味しいです。笑

    ユーザーID:8138903954

  • 高品質≠丈夫

    トピ主さんの意見には半分同意しますが、
    ティファニーなどの食器は繊細なので、優しく取り扱うものなのでは?

    薄硝子のグラスが好きで集めていますが、少し力を入れて洗っただけでパリンです。
    でも口に当たる感触が最高です。

    服や化粧品のハイブランドは、パッケージデザインや宣伝に莫大なお金をかけているので原価が高いのです。あとはブランドイメージ。高くないと売れないから。

    自分の満足度に見合った品質の良いものを見極めていくしか無いでしょうね。

    ユーザーID:7958447794

  • 歯科治療は比例しない

    先日、都内のクリニックで数十万で直した歯を、馴染みの歯医者さんに保険診療でやり直してもらいました。
    歯のせいで悩まされていた、肩こりや不眠が解消し、あの治療は何だったのかと腹立たしささえ感じました。
    見た目も遜色なく、美人になったとさえ言われました。
    結局は、歯科医や技工士の腕が一番重要ということでしょう。

    価格が比例すると最近思ったのは、毛布です。
    去年までホームセンターで買った安いものでしたが、内祝いに頂いた有名メーカーのものを使いだしたところ肌さわりも暖かさも最高で、娘と取り合いになっています。

    ユーザーID:7573478090

  • あー分かります!

    ありますね〜そういうの。
    トピ主さんが挙げておられる化粧品は良い例だと思います。
    私も以前は1個3000〜4000円のファンデーションを使っていましたが、ネットのクチコミサイトで高評価だった1個790円のファンデを使ってみたらすごく良くて、以来それしか使っていません。安いのに肌のノリも持ちも良いし、高いお金を払っていたのが馬鹿みたいだと思いました。マスカラだって100均で充分ですね。
    基礎化粧品も化粧水+美容液+乳液で何万円もするようなブランド物を使っていたのをやめて、ここ5年ほどは安いオールインワンジェルを使っていますが、あれこれ使っていた時よりも断然肌の調子が良くなりました。
    お金をかければいいというものではないのだな〜ということがよく分かりました。

    反対に高価な物の方が良いと思うのは洋服です。
    安い服をたくさん買うのが好きなのですが、安い分、品質も良くないのですぐに生地が痛んでしまいます。高い服を買って何年も着る方がかえって経済的なのですね。
    とか言いつつやっぱり安い服を買ってしまうんですけどね。

    ユーザーID:1378474551

  • 工具

    高いなりのものといえば工具類 仕事で使うものですから無駄に高い装飾を付けても売れません。当たり前ですが、高ければ高いほど性能はいいです。あとは自分のすることに対してどこまでの性能を求めるかを考えなければいけませんけどね。高ければ自分の欲求を満たすわけではないところもみそ。

    化粧品が微妙なのは当たり前です。値段が高いほうが「効果があるのではないか?」と思わせるから。前に読んだ新聞記事で500円〜3000円までの化粧品の成分比較というのがあったのですが、99.8%は同じ成分なんです。違うのは0.2%だけ。友人の医者に言わせると「化粧品自体その場の気休めだからねえ。外から塗って細胞が変化するわけないじゃん」だそうで。

    レストランはコックさんで選びましょう。銀座は場所代が含まれますので同じものを田舎で出したらもっと安いですよ。

    食器に関しては「割れないものがいいもの」ではないのです。割れないから「高い」ではないので長持ちを求める段階でナンセンス。
    あれは材料とデザイン、そして歴史を買うのです。機能のみを求めるならホムセンで十分。
    機能的でないものを贅沢と呼ぶのです。

    ユーザーID:4585085303

  • まさかの運

    どうしてか、なぜか?
    高い傘は忘れちゃったりしてしまい、意外ととりあえず買った500円くらいの傘の方が、いつまでもあったりします。

    そしてマグ。お気に入りの店で夫とお揃いの買って、不注意で割ってしまうこと度々。
    でもでも、とりあえず買った100均のマグがなぜか長持ち。
    不思議〜。

    そんな私も運じゃなくて高いモノの方が長持ち〜と思うものは「服」です。
    でもでも、安いからガンガン着て悪くなっちゃうのかな(笑)
    うーんでも、高い服の方だと見た目というか、持った感じが違う気がする・・・気持ちの問題かな?

    トイレットペーパーも結構値段に比例してる気がする。

    あ、そうそう肉などですが、私自身が残念な料理人っていうか、腕前なので、もったいなくて高い肉は買いません。どうせ出すなら私よりマシな料理人が作ってくれた料理にお金払いたい(笑)

    野菜や魚は高くても美味しい物が食べたい!と思うものの、天候等の関係があるからねー。難しいときもありますね。

    ということで品質は運の良さにも比例するなんて思ったりして。

    ユーザーID:8552940819

  • 海草類

    何かの本で海草類(海苔・昆布・ワカメ・・・)は値段と品質が比例すると読み、それ以来ある程度高いもの(スーパーの最上級品程度です)を求めるようにしています。
    とりあえず色の深みが違いますが、実際に食べてみると香りも味も大きな差が。何度か特売の品なども試してみて、これは確かに違う!と納得しています。

    トピ主さんの挙げた例の内、牛肉は確かに高いお肉は美味しいのですが、年齢と共に、差しの入った肉は胃が受け付けなくなりました。
    お若いうちにたくさん召し上がれ。

    また、果物も鮮度の問題があるので、必ずしも値段と味が比例しないように思います。旬の品は安いということもありますし。
    高くて売れ残った高級品より、見栄えが悪くて安売りになっていてもびっくりするほど甘い果物ってありますよ。

    ユーザーID:2426787817

  • 好みもあるかな

    知り合いに地元では大手精肉店の社長がいることもあり、普通では手に入らないようなものも含めて色々なブランド牛を食べましたが、私も妻も霜降りが多いのは脂っぽくて苦手でした。

    多分、20代、30代だったら違ったのかもしれませんが。

    また、靴は値段よりも足の形に合う合わないの方が大きいですね。
    妻も私もインソールをオーダーで作ったものを愛用しています。
    結果的には数万円にはなってますから、同じことを言ってるのかも。

    寿司屋は全くその通りですね。
    ネタの鮮度や一手間もありますが、シャリが合わない寿司屋は幾ら高くても駄目ですね。

    価格と品質が比例してると、ぱっと考えて出てきたのは、スーツの生地、ホテルと航空機(客船も)でしょうか。

    ホテルはその土地土地での比較なので、東京の5万円とロンドンの300ポンドを比較しても意味はありませんが、高いホテルの接遇はやはり優れているとは感じています。

    最近、そう感じないものの代表格は車ですかね。

    高額車は確かに見えるところは豪勢だったりするのですが、走る曲がる止まるという当然の機能が何百万円も下の車に劣るって感じましたので。

    ユーザーID:6642389518

  • 私の場合

    比例するのは家具でしょうか。

    ベッド、テーブル、椅子、食器棚などの大型家具ですが、ちょっと無理していいものを買うと、やはり長持ちするしデザインも飽きが来ず、長く使えます。
    木のものであれば、どんどん色に深みが出てくるし、傷がついてもそれが味になったり、削り直してもらえば傷を消すこともできる、愛着がわいていつまででも使いたいと思います。

    安く買ったものは、だんだんと安っぽさが目について、早く買い替えたいと思うことが多いです。
    合板なんかだとはがれてきたり浮いてきたり、色も、良くなるどころか褪せてきたりして。
    傷がつくといっぺんで貧乏くさくなる。


    その点、比例しないと思うのは家電ですね。
    機能が増えたり、高級感が増したりしますけど、実にあっさり壊れる。
    機能が多い分、使いこなすのが大変だし、下手に使うと壊れたり動かなくなったり。
    取説首っ引きでないと使えない。
    デザインが凝ってる分使いにくかったりする。炊飯器、掃除機、洗濯機などで顕著です。

    安く買った、機能も平凡でデザインも古いくらいのものの方が、ずっと長持ちするし使いやすいです。

    ユーザーID:8375938440

  • 調味料、布や糸。

    特に如実だと感じたのが、

    ・塩
    ・みりん
    ・みそ
    ・酢

    です。

    コーヒー豆も価格に比例すると感じますが、不思議なことに高級な紅茶、は私の口には合わないようで、結局いつものリプトンイエローラベルが一番おいしいです。香りの好みがきっと違うんでしょうね、(お高い紅茶は素敵な香りですが、食べ物としての香り…と思うとイマイチなようで)

    あとは縫い物をしたり編み物をしたりするのですが、布、糸。
    これはもう雲泥の差です。やはりカシミアの糸は編みあがってもチクチクしないし手触りもばっちり。
    リネンの布の質は確実に値段に比例していると思います。

    ユーザーID:5582332313

  • 面白い

    品質と価格が比例するもの
    ・刃物や工具
    上級品と最上級品はあまり変わらないけど一定以下の価格のものはそもそも正常に使えないレベルで非常に危険です。100円SHOPで買ってはいけない品目ですよー

    ・お茶
    番茶・煎茶・紅茶など価格と品質が比例してます。

    品質と価格が比例していないもの
    ・靴
    希少素材が使われた超高級品を除けばどれも似たようなものですね。個々の価格差に意味が薄いって感じです。

    ユーザーID:1110674337

  • 品質とは

     品質ってなんでしょうか?それはも客それぞれなのですよ。例えば、若い女性に高級な化粧品はいりません。何故かと言うと、肌が若いですから。しかし年配になればなるほど高級品が必要になってきます。百貨店の化粧品と、ドラッグストアの化粧品では価格がまるで違いますが、お客が求める「品質」自体が違っているのです。
     また、牛肉ですが、高級和牛の霜降り肉は、ヨーロッパでは相手にされません。イタリアで有名なティーボーンステーキなどは、1人前1kg、日本人では歯がたたないくらい硬くて、「肉」と言う気にさせられます。肉に対し求めるもの「品質」がまったく違うのです。彼らの肉者主食。日本人の肉はおかずです。
     従って品質とは、顧客が自分の価値観を満足することに支払う対価に納得するということなのです。私は、和牛のとろけるような肉が大嫌いです。それよりもブランド豚肉の方に価値を感じます。無理やり太らされて肝脂肪になった、かもの肝臓(フォアグラ)より、健康なアンコウの肝臓(あん肝)のほうがはるかに価値を感じます。
     要は、品質とは価値を見極める目と、その人の価値観によるのです。

    ユーザーID:8157025969

  • 家・・・かな

    面白いトピですね
    パっと思いついたのは家かな
    以前、田舎の知り合いの新築の家に行った時、
    正直「う〜〜ん。。。」っていう作りでした
    地元の工務店にオーダーしてお安く作ったらしいです
    やっぱりケチるとこうなるのかって感想です
    逆に一流ハウスメーカーの家に行った時は、
    「さすがに違うな」っていう作りでしたね

    果物や肉は、確かに高い物は間違いなくおいしいけど、
    でも良い物を安く売っているお店もありますよね
    果物は旬のものだと安くても美味しいし

    靴は確かに、値段相応だと思います
    安い物はダメですね
    すぐ疲れるし
    素材も縫製も悪い

    服は一概にはそうは言えないですよね
    ユニクロなんて安いけど、カットソーで使われている綿の素材は良い物を使っていると思います
    逆に高いデザイナーの服だと、
    デザイン料が高いから素材が悪いものも多い

    食器に関しては、すぐ割れる云々が基準ではないと思いますよ
    バカラのグラスで飲むお水は美味しいと感じます
    薄ーいグラスだと爽やかに感じるし、何よりも飲みやすい
    ちょっとガチャっとぶつけると割れちゃいますけどね
    薄く作る技術とかで高いんだと思います

    ユーザーID:9827615181

  • 大人の着物と、子どもの着物

    大人の着物は、値段が10倍くらい違っても、見た目も着心地もさほど変わらなかったりします。実母が100枚くらい持っていて、10万円〜300万くらいまでピンキリなんです。私もたまに借りるのですが、着付けの先生やお茶会で周りの方に見ていただいたとき、10万円と300万円の着物で、反応が逆だったりします。

    反対に子どもの着物は、値段相応だと思います。そもそも、あまり高額なものはなくて、5万、6万…10万という価格帯ですが、その1万円の差がぴったり質の差に比例していると思います。

    ユーザーID:9979412942

  • 大抵の物は品質は価格に比例すると思います。

    まず、丈夫=高品質ではありません。
    そこを理解してないような人はもう安いものでいいのでは?と思います。
    服も靴も食材も食器もなんでもそうです。
    買えない人のブランド叩き。
    もしくはブランドを名前だけで買って良さを理解していない人たち。
    服なんて生地も縫製もパターンも何もかも全然違う。
    違いが分からない人は安いもので十分なのではないでしょうか。
    もちろん、安いもので満足しているなら、それでいいんです。
    でも、変わらないって言いきってしまうのは「私は違いが分かりません。」
    って言いきってるのと同じで恥ずかしいです。
    もちろん、高いだけで酷いものもあります。それは本当に高品質なものを理解していれば見分けられます。

    ユーザーID:3953607222

  • 比例はしない

    >品質は価格に比例すると思うもの。

    そんなものは世の中に存在しません。

    一般に、品質が良くなれば高くなるのは間違いありませんが、あえて数値化すると二乗曲線くらいで高くなるように思います。
    品質が倍になれば値段は4倍、品質が4倍なら値段は16倍という感じですね。

    もちろん、質が悪いのに高い製品はあります。安い割にいい製品もあります。

    だから、ものを見る目ってだいじなんですよ。

    ユーザーID:6822512639

  • 化粧品について

    値段の違いは人件費ですね。
    百貨店にはアドバイザーの女性がいるでしょ?
    その人件費。
    ドラッグストアも百貨店と同じ物が置いてあれば、その店にもアドバイザーがいるということ。

    因みに海外の高級ブランドの化粧品。
    あの中身はメイドインジャパン。
    日本からフランスに輸出し、そこで香料とブランドのパッケージに詰められ輸入されてきます。
    高級ブランドが高額なのは、人件費以外のそれらが加算されているからです。
    それから研究開発費は微々たるものみたいです。

    セルフ化粧品の値段が安価に関わらず品質が良いのはそういった理由です。

    ユーザーID:9534740105

  • トピ主です。

    投稿をありがとうございます。皆様のご意見はとても楽しく読ませて頂いております。
    大変勉強になるご意見が多く、今後の参考にさせて頂きたいと思います。

    着物様
    ジュエリーはまさにそのとおりだと思います。一時期私はジュエリーにはまってて、相当数購入しました。すべてゴールドかプラチナに本物のダイヤがついたものだったのですが。。。飽きた時に売ろうと思っても、思った程の価格にはならず、結局要らなくなったジュエリーは妹にあげました。妹は喜んでくれたので良かったのですが、残念な思い出です。それ以来、一度もジュエリーを購入していません。
    あと、着物はそうなのですね。安い着物でもサラッと着こなせるようになりたいものです。

    トモックマ様
    シャンプーは価格と質がちゃんと比例するんですね。髪はとても大切ですから、髪のためにお金は惜しみたくないですね!

    コーラル様
    賛同をいただき、ありがとうございます。かまぼこは高価な物のほうが美味しいのですね。恥ずかしながら、私は安いかまぼこしか食べたことがありません。今度、高価なかまぼこを買ってきます。

    ユーザーID:8471906183

  • トピ主です2

    伝書鳩様
    高級車にはなるほどです。家には1000万円の外車とそれより高い外車と、200万円以下の国産の軽自動車があります。普段は軽自動車ばかり乗っていますが、遠出をするときは外車に乗ります。確かに高級車は長時間乗っていても疲れません。車の操作も楽しいです。ただ、家では一番高い自動車はスポーツカーなので、座高が低くスピードも出やすくて運転すると疲れます。

    パンチ様
    高品質≠丈夫なのですね。確かに、軽くて薄いグラスは技術が必要でしょうし、逆に高級品の証ですね。優しく扱うと言うのは、シンクで無造作に重ねたり食洗機に入れたりしてはいけないという事でしょうか。スポンジでゴシゴシ洗うのもダメですか?普段使い用に購入したものなので、扱いは粗品のグラスと同じでした。それがいけなかったのでしょうか。私の扱いで雑なのなら、高級な食器は普段使いには使えません。

    アラフォー主婦様
    歯科治療は激しく同意します。歯科医一人の腕でこうまで差があるのか、と言う体験があります。私の場合は歯列矯正をした歯科医が私と妹で違う人でしたが、値段はほぼ同じで技術が全然違っていました。
    あと、毛布は比例するんですね。

    ユーザーID:8471906183

  • トピ主です3

    hinako様
    やっぱり化粧品は分からないですよね。同じ意見の方がいて嬉しく思います。私も化粧品はドラッグストアの安いものばかりです。ファンデーションは多分同じものを私も使ってます(笑)最近はネットで買った韓国製のBBクリームをメインに使っていますが、これまた安いですよ。100均も大好きです。洋服は確かに高価な物のほうが縫製がしっかりしてて丈夫なイメージです。デザインも良いですね。流行を追うのなら安い服の方が良いかな〜とも思います。

    華道家様
    運なのでしょうか?食器の厚さと軽さから見ると、やはり高価な物の方が割れやすいと思います。あ、今思い出しましたがウエッジウッドは薄くても丈夫な気がします。家のウエッジウッドはどんなに粗雑に扱ってもひび割れどころか欠けることもないです。粗品の食器より長持ちしています。細かい傷は沢山ありますが。運かも。
    傘は私は逆に高いものは絶対に忘れません。安い傘はしょっちゅう忘れます。高いお肉は焼いただけの肉でも、全然味が違いますよ。ぜひシンプルな焼肉で食べ比べてみてください。

    ユーザーID:8471906183

  • 自転車

    価格に比例すると思います。
    一万円以下の自転車も有りますけど、十万円の自転車全然ちがいます。
    三十万円の自転車は、もう1ランク上な感じします。
    百万円以上する自転車も有りますけど、そこまでいくと、自分の実力では違いが分かりません。

    ユーザーID:8246156628

  • 好みの問題でしょうがチョコレート

    一粒300円以上の高級チョコレートが
    「うまい!ウットリ」になりません。
    一箱700円の物産展で買える生チョコにウットリします。
    普段は一箱98円の一粒チョコをうまい!と食べてる私の舌には理解出来ないだけでしょうか。

    調味料は高い方が美味しいかと思います。特に塩、酢、醤油、みりん。
    紅茶も量り売りを買ってますが、高いけど美味しいです。

    ニット製品もある程度高くないと、着心地や触り心地の良いものには出会えません。

    地震の時に、被災地の友達が「割れなかった食器は百均のが多かった」と言ってました。丈夫なんですかね。
    でも、トキメくかって言ったら違うかなー。食器は「あぁ素敵」と思うのは高いことが多いです。
    見て楽しむ物は、丈夫さだけじゃはかれない。

    ユーザーID:9554551379

  • ツアー代金とワイン

    価格と内容が純粋に比例している、と思うものは、ツアー代金です。(海外旅行は特に)
    ツアー内容を詳細に検討すれば、人数、時間のゆとり、コース、食事、ホテルのグレードや立地による利便性、
    その他その他で、違いは明白。
    あ、安いツアーがダメだと言う事では決してありませんよ。それぞれのニーズがありますからね。

    ワインも、ある程度までは価格と味は比例する、と個人的には思っています。
    1000円台のワインと2000円台のワインでは当然味の良さは異なるし、
    同様に2000円台と3000円台でも異なります。
    味覚の好き好きは兎も角として、1000円のワインに3000円台のクォーリティを求めても、それは無理と言うもの。
    数千円〜1万円近くのレベルになれば、品質から考えるとお得だ、と言う事は出てくるかも知れませんが。

    ユーザーID:3137351654

  • 干し椎茸

    干し椎茸は値段で全然違うと思います。高いのは、肉厚の国産でとっても美味しいですが、安いのは外国産でぺっらぺらです。海外在住ですが、日系スーパーで二つが並んでいて、価格が約10倍違います。

    ユーザーID:3849321241

  • トピ主です4

    minon様
    工具は高いもののほうが良いのですね。自分では使うことが無いので知りませんでした。食器などは機能的でないものを贅沢と呼ぶというご意見は今後の参考にしたいと思います。

    ままちゃり様
    海藻類も比例しますか。恥ずかしながら、だし用の昆布などはいつも安いものを買っていました。次回、高いものを試してみたいと思います。また、年齢とともに高いお肉が受け付けなくなるというご意見にはなるほどです。確かに日本のご年配はあまり脂っこい物を食べないイメージですね。今のうちに心ゆくまで高級肉を食べておこうと思います。

    モガオ様
    私は現在20代ですが、私も20年後には高級肉は食べられなくなっているかもしれません(笑)。良し悪しは好みによる、というのはまさしくその通りだと思います。またホテル等のサービスは場所によって違いがあるとはいえ、高い方が良いというご意見には納得です。大変参考になるご意見ありがとうございました。

    バンビ様
    確かに高価な家具はひと目で違いが分かりますね。デザインも素敵ですが、長く使えるというのは素晴らしいことだと思います。家電はやはり値段より口コミで判断したほうが良いですかね。

    ユーザーID:8471906183

  • トピ主です5

    メンマ様
    調味料は高価な物のほうが味が良いのですね。私はとりあえずスーパーでよく売れている調味料を買っていました。今度からは一番高価な調味料に切り替えようと思います。裁縫をする機会がないので布や糸の知識はありませんが、高い服の質が良いのは上質な材料を使っているからなのかも知れませんね。参考になるご意見をありがとうございました。個人的に紅茶は高価なものが美味しいと思いますよ。でも、好みもありますよね。私もリプトンは好きです。

    rami様
    工具は100円ショップで買ってはいけないのですね。参考になります。お茶は私も大好きなのですが、スーパーの物と有名ブランドのものではやはり味が違うと感じます。お茶はデパートで購入するようにしています。靴は高いもののほうが私には履きやすいです。

    ユーザーID:8471906183

  • トピ主です6

    おっとさん様
    私は10代の頃から6年ほどアメリカ(ヨーロッパではないですが)で過ごしていました。確かに肉事情は海外では違います。今思えば、そのころに牛肉嫌いになった気がします。日本に戻ってからも外国のお友達と遊びます。霜降りに驚く人もいますが、食べると皆大ファンになりますよ。ヨーロッパの方も。できれば、このトピの批評ではなく、トピの趣旨にそったご意見を頂きたかったです。

    じゃいこ様
    家はすごく分かります。他所様の家を批評するのは褒められたことではないでしょうが、でも品質の違いは歴然ですよね。果物は確かに季節やお店によって値段は違いますね。でも同じ時季に同じ果物屋さんで比較すると味が違うと思います(地元の果物は除いて)。バカラは家にもいくつかありますが、これまた割れやすいですね。沢山揃えて普段使いしていたら、あっという間に数を減らしました。私には薄いのに重くて微妙なグラスです。水の味もいたって普通です。でもきっと長く支持され続ける魅力がバカラにはあるのでしょうね。

    ユーザーID:8471906183

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧