「間違い」と「間違え」

レス19
(トピ主2
お気に入り28

キャリア・職場

カントリー女子

地方勤務の者なのですが、東京本社とメールのやり取りをしていると「間違え」という言葉がよく見られます。「ここは『間違い』じゃないのかな?」という表現のときに使われるみたいで、他の地方支社とのやり取りではみかけないのです(私が知っている限り、ですが)。

これは東京の方言なのでしょうか?他の地方でも使いますか?

ユーザーID:3163774659

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 辞書では「間違い」、個人的には許容範囲

    トピ主さんこんにちは。

    さて、この問題についての私の考えはタイトルの通りです。

    確かに、名詞としては「間違い」がスタンダードのようで、手元の『広辞苑』にもそのように載っています。

    ところで、日本語において動詞から名詞を派生させるには、連用形を用います。「立ち読み」「子育て」のようなものですね。

    「間違う(五段活用)」の連用形は「間違い」ですが、「間違える(下一段活用)」の連用形は「間違え」となりますから、「間違え」を名詞として用いることは、一応、筋が通っています。

    「見間違え」「取り違え」などは普通に名詞として通用しますよね?

    よほど改まった場でない限り、「間違え」もあながち「間違い」ではないというのが私の意見です。

    ユーザーID:8015036752

  • メール表記で一時期流行っていたので

     それがそのまま、一般化していったのでしょうか、今では一部の辞書にものっているそうです。
    でも居心地が悪いですよね、
    「間違い」は名詞だし「間違え」は動詞の語幹だし。
     
    そのうち「今晩わ」なんてのも、、、、、O.K.?

    「食べられる」→「食べれる」 の「ら」抜きのように一般化していくのでしょうか。

     元々、東京方言は周辺の音の影響を受けてもいて
    その中には「し」と「ひ」 、「い」と「え」の区別の付きづらい地域があるせいもあり
    [「菱形」を「ししがた」や「ひひがた」「しひがた」と書いてはいけません]と言う冗談もあります。
    「い」と「え」についてはその地方から赴任なさった方の「英語」がどうしても「いいご」に聞こえました。

    ユーザーID:6361887033

  • 連用形?

    わたしもひっかかってました。
    「間違い」が名詞で「間違え」というのは動詞「間違える」の
    語幹だろう、名詞じゃないよね、と。

    耳でそう聞こえて、そのまま使ってるのかなぁ、と思ってました。

    ところで、連用形というのは動詞の語尾変化のことで
    動詞を名詞にするためのもりではないと理解してたのですが
    違ってました?

    「立ち読み」についていえば、
     たち読まない
     立ち読みます
     立ち読む(とき)
     立ち読めば
     立ち読もう

     という「まみむめも」の語尾変化があり、
    名詞にするためではなく、動詞を活用するさいのきまりごと
    と思ってたのですが・・。

    「立ち読み」「子育て」と名詞で使われるのは
    連用形とは関係なく、単に「立ち読むとき」「子を育てる」が
    ながったらしいので言いやすいように縮まり、
    それが一般化したのでは?と考えてます。

    で、わたしの中ではまだ「間違え」は許容範囲ではないです。
    そのうちあたりまえになるのかなぁ。

    ユーザーID:9764550196

  • 佐野元春の曲で

    「Shame−君を汚したのは誰」という歌がありますが、

    ♪それはまちがい それともまちがいじゃない という歌詞があります。

    歌詞カードには「まちがい」と印刷されていますが、歌を聴くと「まちがえ」と発音しているように聞こえます。
    これは佐野さんが東京出身だからだろうと思っていました。

    ユーザーID:7741968528

  • 東京の方言?

    東京生まれ、東京育ちですが、周囲で「間違え」なんて聞いたことありませんよ。
    それに東京には膨大な数の地方出身者が住んでいます。
    トピ主さんの東京本社に働く人は全員東京出身なんですか?
    東京本社の人が「間違え」と書いたからといって、それが東京の方言か?となるのはちょっと早とちりではありませんか。

    ちなみに私自身は今のところは「間違え」は違和感がありますね。
    でもそのうちには受け入れざるを得なくなるのかな。

    ユーザーID:4892605419

  • そう、私も気になっていました。

    「間違い」と「間違え」、かねてより私も気になっていました。
    文法的な説明はmpanicさんの簡潔な説明の通りだと思いますが、言語感覚の問題というか、「間違え」という名詞の使い方にはしっくりきません。違和感がぬぐえないんですね。
    辞書をひくと、「間違え」は「間違い」を見よ、とあって(辞書によっては「間違え」を見出し語にしていないものもある)、本来は「間違い」が正しい(便宜上、こうしておきます)のですが、「間違え」を「間違い」とは言い切れないところが悩めるところです。
    まあ、しかし、言語感覚は個人的なものですから、自分は使わない、人が使うのは許容する、という態度が正解だろうと思います。
    >きゅーぴーさん
    動詞の連用形が名詞化した語を「転成名詞」と言います。
    夜空に星が光ります。の「光り」は動詞の連用形ですが、
    遠くの星の光が地球に届く。の「光(ひかり)」は名詞です。
    彼はいつも漢字を間違えます。の「間違え」(連用形)が、彼は漢字の間違えが多い。となれば、この「間違え」は名詞です。
    ちなみに、形容詞の連用形(「数が多くなる」)も名詞化(客の多くが女性だ)します。

    ユーザーID:6988671560

  • トピ主です。

    東京の話し言葉が書き言葉になったものなのでしょうか。

    地方在住なので、普段使っている言葉を標準語と思い込んでしまってメールの文章に使ってしまい仲の良い他支社の社員から指摘(というより冗談で突っ込まれました)されたことがあります。標準語と信じて疑っていなかったので自分でびっくりしました。

    この言葉を使うのは東京生まれ東京育ちの社員たちなので、きっと『方言』という意識がないのだと思います。

    佐野さんの例はとても面白いですね。

    ユーザーID:3163774659

  • mpanicさんに脱帽

    mpanicさん。素晴らしすぎます。
    私も中2の頃は国文法大好きだったので(50年前!)
    文法の教科書を取り出してきて調べてしまいました。
    連用形のところに「名詞に転ずる」とあり
    習っていたのに、あんなに好きだったのに忘れるなんてと
    驚きました。
    しかしそれにしても、理路整然と説明されており
    感動しました。詰まっていたどぶが通ったような
    スカッとしたこの爽快感は素晴らしいです。
    横から失礼しますが、ありがとうございました。

    ユーザーID:7317870302

  • 許容範囲外

    私にとっても許容範囲外です。ここ小町ではよく見かけますが、普通は見かけません。

    「雰囲気」→ ふいんき
    「延々と」→ えいえんと

    と同じような間違いだと思っていますが、もし東京地方の方言だとしたら、それはそれで方言として納得できます。

    ユーザーID:7088799619

  • すっきりしました

    なるほど、方言だと思えばあまり気にならないかもしれませんね。

    私は「すみません」と「すいません」が少し気になっています。
    「すみません」が正当だと思っているので、(相手に)使用される状況によってはモヤモヤ(汗)
    実際のところはどうなのでしょう。。。

    ユーザーID:1990509228

  • 東京本社の書き方が、「本来は」正しいようです

    会社のメールということですから、「ミステイク」を表現する日本語名詞としての使い方ですよね。

    「間違う」は、“発言内容や行為が正しいものから外れる”という【在り方】にかかわる動詞で、
    「間違える」は、“誤りを犯す”“ミスをする”という【行い】にかかわる動詞です。

    mpanicさんが仰ったように、「間違う→間違い」で、「間違える→間違え」ですから、
    「あの女と寝たのは“間違い”」と言うなら夫は浮気の事実を認めて反省していますが、
    「あの女と寝たのは“間違え”」と言うなら、暗闇か酔っぱらったかで妻と女を取り違えてしまっただけだと言い訳しているのです。

    ですから、「ミステイク」という意味なら、「間違える」の連用形である「間違え」を名詞として使うのが本来の形です。
    別に、東京の【方言】というわけではないんですよ。
    ただ「間違い」の方が多く使われるようになって、こちらの方が普通に感じる人が多くなっているんですね。

    ユーザーID:5150006461

  • 北関東ですが

    このあたりでは「い」と「え」の区別がはっきりしません。

    東京というか、江戸では「ひ」と「し」が混同されると聞きますが。

    ユーザーID:1772348184

  • なるほど

    会話の中で、「それ、間違えたわ〜」「間違えちゃたよ」等と使うことがありますが、主さんが言う東京本社のメールは↑そんな感じなのでしょうか。

    主さんのおっしゃる通り、話し言葉からきたかもしれませんね。
    文章では、「間違いです」を使います。

    気にした事がありませんでした。

    「間違いちゃったよ〜」は無かったです。

    ユーザーID:0244807104

  • 動詞

    この言葉がどのような文脈で出てきたのかわかりませんが、
    名詞なら「間違い」みたいですね。

    動詞の名詞化の「間違い」と「間違え」ならば、別な言葉でしょう。

    「間違い」は動詞の「間違う、自動詞」の連用形「い」の名詞化。
    「間違え」は動詞の「間違える、他動詞」の連用形「え」の名詞化。
    という見方もあるのでは。

    ユーザーID:4191417744

  • 自動詞と他動詞

    茶呑さんのレスが興味深かったので、ちょっと辞書を見てみました。
    「間違う」については、〈正しいものと食い違っている。そうなる事態を招く。誤る〉というような説明がありました。そして、「間違う」という語は「間違える」に対する自動詞、というのが本来の用法であったようです。
    それで、「間違える」をひいてみると、〈間違いをする。何かをしそこなう。他のものと取り違える〉というような説明がありました。
    これを、茶呑さんのレスに当てはめると、なるほど、そういう意味かと腑に落ちました。
    「間違える」は他動詞で、主語が他に及ぼす動作・作用を表すから、「私が妻とあの女を間違える」行為は「間違え」で、言い訳になる。
    「間違う」は自動詞で、主語それ自体の動作・作用を表すから、「私があの女と間違う」行為は「間違い」で、自ら招いた行為であるから反省する。
    と、こう解釈しました。
    なるほど、「間違え」は他動詞でミステイク、「間違い」は自動詞で意図的なことということでしょうか。
    うーん、面白いですね。実際にはどんな場面で使われていたのか、明治の小説を調べてみたくなるような説明でした。いや、奥が深い。

    ユーザーID:6988671560

  • 幼児語だと思う

    私は地方出身ですが、その誤りはたまに見かけます。
    方言というよりも、幼児語のたぐいではないでしょうか?

    雰囲気→ふいんき
    せざるを得ない→せざるおえない

    のように、
    幼児期に間違っていた言葉を、
    大人になっても治せなかった人達だと思っています。

    ユーザーID:9516822962

  • 東京方言、動詞連用形の名詞化とか

     いろいろ出ていますね。
    ネットでは、方言をひらがな表記にするのも流行ってますね、、、、、この流れかも知れないです。東京方言のネット表記?
    (自己紹介忘れました。江戸っ子と言うにはには無理がありますが、私は三代以上続く東京人です) 
     
    動詞連用形の名詞化については、自動詞は名詞化し易いのだけど他動詞は本来的に目的語を捜すので名詞化しづらい傾向があるのですが、
    「取り違え」「子育て」等は目的物や目的動作がわかるから、名詞化はし易かったのでしょう。
     
     名詞として単独使用であろう「間違い捜し」と「間違え捜し」を検索するとヒットする件数が近づいています、
    ま、他動詞である「間違え」の名詞化も近いのかな。
     そのうち慣れるかも知れないですが、私にはやはりすわりが悪い感じがします。

    ユーザーID:6361887033

  • トピ主です。

    引き続きレスを頂きありがとうございます。

    どのように使われているのか、というのは例えば「間違い電話」を「間違え電話」とするような類のものです。

    方言なのかな?と感じたのは、自分も思い込みで方言を使っていたということもあり、東京という土地柄で更に気付かずに使っているのかな、と思った次第です。ただ、社員たちは東京生まれ東京育ちなのですが、ご両親たちまではわかりません。

    ユーザーID:3163774659

  • 他動詞は名詞形にしないのが正しい日本語です

    東京で働いていた頃に東京出身者がよく「間違え」を使っていたので東京方言だと思っていました。

    茶呑の言い分は非常に興味深いですが、そもそも「あの女と寝たのは“間違え”」等という使い方が”間違い”」です。
    その表現に違和感を持たないのであれば東京出身者かcocoさんの言うように幼児語が抜けない人ではないのでしょうか?

    ヒゲオヤジさん、非常に惜しいです。
    他動詞にたどり着きながら何故そこで納得してしまうのですか。
    他動詞に名詞形はありませんし、他動詞を名詞形にすること自体が”間違い”です。

    ユーザーID:0611280007

レス求!トピ一覧