現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

49歳で老後のための貯金はいくらあればよいか

Maru
2013年12月25日 20:41

ご意見お聞きしたく、よろしくお願いします。

49歳、独身(女性)、契約社員。来年3月で契約切れ。
現在、貯金が3000万円程あります(遺産)が、国民年金のみです。持ち家でひとり暮らし、古いですが私が死ぬくらいまではこのまま住めるのではないかと考えています(地震等がなければ)。

本題ですが、この状況で、今後貯金が増えなくても、老後の生活はできるでしょうか?
契約が切れても、仕事は探す(現在も探している)予定ですが、貯金できるほどのお給料はもらえず、生活するだけはできる、という場合が考えられ、今後、貯金ができなくても大丈夫かどうかを考えています。
いまの貯金を、そのまま60歳まで取っておいて、その後3000万円プラス国民年金で生活できるか、という意味です。よろしくお願いします。

ユーザーID:3270933939  


お気に入り登録数:282
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:24本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
死ぬコストは?
009
2013年12月25日 22:40

できるもできないも目指す生活水準によると思うけど。
家賃ナシなら生活費なんか8万あれば十分でしょう?
年金支給が70歳としても10年間を1000万で生きられば上等。

というか医療費や老人ホーム代やヘルパー代や葬儀代など
老後生活できるかよりも一人できちんと死ねるかを考えた方がいいのでは?
天涯孤独ならば老後生活を切り詰めてでも死ぬコストは守るべきです。

私はまだ30代ですが後学のためにも老後プランをお聞きしたいです。

ユーザーID:3763118460
お金だけでは不十分
居宅支援事業所の事務
2013年12月25日 23:40


もし、認知症を発症してしまったら、独り者はあっと言う間に正に身ぐるみ剥がされてしまいます。
お金なんていくらもってても役に立ちません。いい福祉事務所担当者がいるか否かの方が大事だったりします。
ですから、血縁の信頼できる人というのが必須項目です。

ユーザーID:4411171615
増やす努力はしておく
ツボる
2013年12月26日 0:49

私だったら、3000万円を増やす努力はします。

1000万円をいくつかに分けて、投資信託にします。
分配金が月に10万あったら、気分的にかなりラクです。

私自身は、今は1000万も回す余裕はないので、
その10分の1程度ですけども。

将来、いきなり1000万をリスクがある金融商品に回すのは怖いので、
小さな額で練習中。

長い目でみておけば、そうそう痛い目には遭わない とか
体験しておこうと思ってます。

ユーザーID:3026342580
もっと前向きに
minami
2013年12月26日 1:30

働けるうちは毎月少しずつでも貯金はしたほうが良いと思います。
60歳で仕事を辞めてしまうのは何でしょうか。
国民年金の場合は65歳から貰うとしても生活出来る額ではないと
思います。
今は70歳位迄元気なら働けると思いますよ。
3000万と言っても年間200万生活費に消えてしまえば15年で無くなって
しまいます。
いくらあればと他人に聞いても仕方ないのではないでしょうか。
今から毎月いくらで生活出来るのかシミュレーションして
消費税等が上がっても生活が可能か病気の時の蓄えや家も
少しのリフォームは必要でしょうし家電製品も必要だと思います。

ユーザーID:5443567984
リバースモーゲージ
アラフィフ
2013年12月26日 4:18

というシステムはご存知ですか?

持ち家がある場合は 利用できるかもしれません


生活資金が底をついた場合 今住んでいる家を担保にお金が借りられる。

トピ主さんがなくなってから家は売却されるので なくなるまでずっと
そのまま住む事ができるというものです。

一度 検索してみて下さい。

ユーザーID:9010196718
年金の額にもよると思います・・・
匿名
2013年12月26日 4:28

両親〔80代)の生活を見ていると・・・

持ち家ローンなし、父の年金月25万円くらいで生活をしています。〔正確な金額はわかりませんがそのくらいみたいです)

その中で母は貯金もしているようです。

貯蓄はいくらあるか知りません。退職金や長い間の貯蓄などでかなりあると思いますが、貯蓄を使うことなく生活しているようです。

年をとると遠出の旅行も必要ないみたいだし、生活も質素だし、それほどお金は必要ないのかなと思っています。

病気については費用のかかる延命治療については二人とも主治医の元で延命治療はしないという書類を残しています。

ユーザーID:4111768397
現在の生活レベルを考えてみましょう。
野次馬
2013年12月26日 8:51

実際に年金生活をしている立場から申し上げますと、かなり厳しいものの不可能ではありません。
国民年金は65歳から支給開始となれば60歳から5年間は預金食いつぶさなくてはなりません。
月15万で生活すると仮定すれば900万かかります。
年金が満額としても介護保険料など引かれれば大体手取り月6万くらいになると思います。
そうすれば毎月9万程度は預金から出さなければなりません。
残りの2100万を19年程度は使えます。
ただし84歳まで生きるとしてです。
病気をしたり、冠婚葬祭など思わぬ出費もあります。
余裕のある生活をするには、ちょっと厳しいかなという気がします。

ユーザーID:9348254371
そうですね
ET
2013年12月26日 9:05

老後どのような生活をしたいのかで決まります。厚生年金なら最低限の生活は大丈夫ですが国民年金なら自給自足的な生活をすれば何とかなるかも知れませんがちょっと厳しいような気がします。何故なら独身とのことですので、例えば大病した時の治療代その後の介護保険自己負担分等を考えれば何とも言えないのではないでしょうか。但し私も望んでいる事ですが元気で暮らしていてある日ポックリ死ぬような場合は何とかなると思いますよ。先の事は誰にもわかりません。なるようにしかならないのではないでしょうか。

ユーザーID:1511123834
その心配はするだけ不毛
木曜日
2013年12月26日 9:44

細かな数字を書いてツッコミが入ると
かえって主さんを混乱させご迷惑をかけるので記しませんが

たとえば主さんが平均寿命まで生きたとして
60歳から86歳までの持ち家ありの人の必要生活費から、
主さんが65歳からもらえる年金額を差し引いてみると、
私が得た数字だと、3000万円でちょうどぎりぎりか少し足りない感じです。

とはいっても
現在の年金額(年額786500円)も将来的には下がるでしょうし、
支給開始年齢も上がるかもしれない。
さらには大病をするともっと費用が掛かる。
さらにインフレが進んで貨幣価値が大幅に変動したら・・・

はい、きりがないのです。心配するだけ不毛です。

「心配病」を患ってしまったら、
たとえ4000万あっても1億あっても心配は消えないのです。

心配を和らげるには、知識をつけることです。
人に聞いても様々な情報で混乱するだけです。
専門知識がなくてもネットが操作できるなら
いろいろなことが調べられますよ。

ユーザーID:8146858012
あと一声欲しいけど、心配するほどでもない
異数合計
2013年12月26日 10:18

 と言いますのも、以前自分の老後を試算した時、持ち家と厚生年金で、60歳時点2500万円が妥当と出たので。国民年金だとプラス1000万円は欲しいです。でも、これはだいぶゆとりがあると思います。葬式代も十分残るでしょう。

 あ、トピ主さまを力づける情報をひとつ。
「未婚女性の平均寿命は一般女性に比べて9年ほど短い」
 私はこれを知ってとても気持ちが軽くなりました。
 とすると自分の平均寿命は76歳くらいで、まあ80歳まで見ておけば良いかなと。(通常、老後試算で一般女性は90歳まで見積もります)

 5000万円だの1億だの脅かす人もいますが、耳を貸すことないですよ。
 65歳まで働けば、残りの人生は、「生活費−年金」×12ヶ月×15年でギリギリ大丈夫なんですから。1200万円くらい?
 60歳から65まで無職としても3000万円あればお釣りが来ます。

ユーザーID:8390216251
年金定期便を読んでいますか?
夏みかん
2013年12月26日 10:23

年金制度が変わり、
現在49歳のかたは60歳になっても年金は受け取れないはずです。
前倒しで受け取る方法もあるようですが、
その分、金額は少なくなるはずです。

年金定期便のはがきが届くはずですが、内容を読んでいますか?

また、老後の資金を考える場合は、持ち家があるかどうかよりも、土地を持っているかどうかが重要な気がします。

持ち家だと借地かもしれませんね。

ユーザーID:0380018895
60での隠居は厳しいかも
同年代
2013年12月26日 10:29

こんにちは。

国民年金の支給開始年齢は原則65歳です。
60歳から繰り上げてもらうことはできますが、その場合将来にわたって減額された金額になります。5年繰り上げる場合の減額率は30%です。加入期間が40年フルにあると仮定して、現在の国民年金から計算すると月45,000円くらいになります。ここから介護保険料が天引きされたものが実際の手取り額です。

契約社員で働かれてるとのことですが、厚生年金の加入歴はゼロですか?

老後ひと月でいくら必要か、は他に私的な医療保険や介護保険の加入状況によっても違いますので何ともいえませんが、60歳から30年で3,000万円を使うとすれば月83,000円ですよね。国民年金と併せて月120,000円くらい。病気せず、家の修繕費などもかからなければ何とかなるような気もしますが、ちょっと不安ですね。

細々とでも、65歳までは働く方が良いように思いました。

ユーザーID:8764890311
贅沢しなければ
ポインセチア
2013年12月26日 10:50

贅沢しなければ、生きていけると思いますが病気で入院したりした時に個室は諦めるとか、なにかと不自由が出てくると思います。
ある程度の年齢になったら、自宅を処分して良い老人ホームにはいるということも検討に入れたうえで、もう少し貯めておいた方がいいでしょうね。

ユーザーID:9864933217
哀しい携帯からの書き込み
かかし
2013年12月26日 11:44

なんだか一人生きてきて老後ばかり心配して寂しいですね。遺産がたっぷりあるし、年金もあるしあまり心配しなくてもいいのでは?それに遺産遺して早々死んでしまってはつまらない人生。是非今、を生きてください!仕事が低収入でもやりがいがあったり、人間関係よかったり、何か一ついいとこありませんか?家族がいないなら同僚、親戚、近所の人、自分の周りの人を気にかけて愛をあげて。最後に残るのは遺産じゃなく、人望であってほしい。

ユーザーID:6281736647
遊ばない、家にいる、贅沢しない
ケーキ失敗
2013年12月26日 13:17

年金は65歳で見積もったほうがいいでしょう。
65まで仕事あるかも問題になります。

家賃不要、国民健保料金含む年間生活費を200として、国民年金収入100なら
年間100万取り崩しの計算だと30年持つ計算で95歳ですね。
ただ、医療費や家の消耗品交換、生活家電の買い替え、交通費、車いると思うので、税金、保険、車検、ガソリン代などを入れるといろいろかかりますよ。生活なかかる光熱費、物価は1.5倍くらいじゃないでしょうか。
医療費も病気によりますが、65でそれだけもてる人がどれくらいいるでしょうか。今の日本の平均貯蓄中央値は800万、無貯蓄世帯は30%超です。40,50代はスッカラカンも多いですよ。

ユーザーID:8206914088
年金は65歳から
モンブラン
2013年12月26日 13:53

49歳だと年金は65歳支給開始です。
それを60歳からもらうよう繰上げ支給を選択すると5年間で約30%削減された金額になるので、国民年金だと約50万弱。月換算して、1ヶ月に約4万円。
60歳から90歳まで約30年間生きると仮定して、貯蓄を切り崩しながら生活するとしたら、年間約100万円。
なので、年約140万円の生活費とみておいたらどうでしょうか?
かなり、大雑把ですが、平穏無事に天寿をまっとうするなら、どんなもんでしょう?  税金・介護保険料、先の事はかなり不透明ですが。

ユーザーID:2630682654
トピ主さんが一番よくご存知のはず
みどり
2013年12月26日 13:59

私は、トピ主さんが何歳から国民年金に加入されていたのか、今時点で65歳から年額いくらもらえることになっているのかを知りません。
トピ主さんが、物欲のある方なのか・食にこだわる方なのか等、暮らしぶりも知りません。

今の貯蓄を60歳から平均寿命までで均等割りした金額+年金受給額でおおよその月額計算ができますよね?
その数字と普段の暮らしぶりを比べてみてください。
ただし、今と同じ暮らしをしても、光熱費は数倍かかります。
エネルギーの単価も上がっていく上、寝に帰るだけの生活と一日中家にいる生活は違いますし、暑さ・寒さに対する抵抗力も弱ってきていますから、使用量も格段に増えると思いますので。
その他、医療費も今より必要になるでしょう。

それでも、質問の前提条件が崩れなければ大丈夫でしょう。
しかし、実際のところはわかりません。
もう仕事がみつからないかもしれない。体を壊して思うように働けないかもしれない。大病をして思いのほか医療費が掛かった・・・など、不確定要素はたくさんありますから。

ユーザーID:1773330373
年金はあてにしない携帯からの書き込み
FPあり
2013年12月26日 16:10

情報が少ないですけど。仮に定年を65歳として20年生きるとします。年間使える額が150万円、月12万円。介護施設の入所は無理です。月額20万円は確保したいです。安いところもありますが15万円〜。元気でいることが条件です。今は老後を考えるときは年金をあてにしない計算をすると良いと思います。心配なのは住宅です。建物の対応年数は20〜30年です。倒壊しなくても設備は持ちません。リフォームが必要なことを考えるとあと1000万円〜必要です。
1人なら賃貸をお勧めします。ご自宅を賃貸で貸す方法もあります。ただこれだと生きていくだけでつらいかもしれません。70歳までは収入があると良いのですが。簡略ですいません。

ユーザーID:8153471200
今、月にいくらで暮らしているのか?
のら鳥
2013年12月27日 1:59

老後に必要なお金って、どんな暮らしをしたいのかでかなり金額が変わってくると思いますが…
トピ主さんが今、月にいくら位使っているのかが重要です。
まあ簡単に考えれば、今の生活費−年金予定額=蓄えから出すお金、でしょ?

介護付きの老人ホームに入って優雅に暮らすには、ちょっと足らないようですね。

ユーザーID:6738434612
自分で計算するのが一番良いかと思います。
希望の星
2013年12月27日 9:56

こういうことは、他人に依存するよりも、自分でちゃんと計算するほうがよいですよ。
トピ主さんの今の生活費はどれくらいかかっていますか?

年間で、100万ですか200万ですか300万ですか?
60歳時点で無収入となっても、その人のライフスタイルはそう極端には変わりません。

衣服・装飾品・化粧品・交際費等は削れるかも知れませんが、医療費・健康維持の面で別途にかかるかもしれません。
マイナス要因とプラス要因は正確にわかりませんので、差引0としましょうか!

国民年金は満額で約80万ですから、年間の不足額はそれぞれ下記のようになります。
100万の場合:20万
200万の場合:120万
300万の場合:220万

85歳まで生きるとすば、それぞれ下記の金額が必要です。
100万の場合:20万 ×25年=500万
200万の場合:120万 ×25年=3000万
300万の場合:220万 ×25年=5500万

但し、60−64歳は国民年金がありませんから、別途80万×5年=400万必要です。

ユーザーID:7869894128
 
現在位置は
です