• ホーム
  • 男女
  • 運命の彼とやむを得ない事情で別れたその後

運命の彼とやむを得ない事情で別れたその後

レス29
(トピ主9
お気に入り30

恋愛・結婚・離婚

ねこ

30代女性です。

運命と思えるような大好きな人と、やむを得ない事情で別れたとき、その後別の誰かを同じように好きになることってあるのでしょうか?

初めての彼ではなかったけれど、自分から好きになって実った初めての恋でした。

くだらないことで笑って、注目するポイントとか、笑える場面とか一緒で、おもしろいと思えるテレビ番組とか一緒で、二人にしかわからない鉄板ギャグみたいなのが何個もあって、いっつも笑ってました。世間からみたらいわゆるバカップルってやつかもしれません。

もう、彼が隣にいないから同じものをみても笑えません。一緒に笑っていたものをみると笑えるどころか悲しくなります。

本当に大好きで一緒にいられることが、幸せでたまらなくて、そんな気持ちは初めてでした。
でも、もう二度と会うことができません。

そういう経験をしたけれど、同じ形でなくても幸せになれたという体験、聞きたいです。

ユーザーID:1861213820

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ヒロインによってますね

    運命とかいってるけど、別れる運命の彼ですよ

    一生のパートナーではなかったのです

    つまり、運命のパートナーは他にいると考えてみては?

    別れた相手を美化するのはやめましょう

    ユーザーID:8791934429

  • 「運命の彼」を上書き

    別れちゃったんだから「運命の彼」なんかじゃないでしょ?

    思い込みで自分で自分を縛ってるだけ。

    その縛りを解けば、また「運命の彼」が見つかると思いますけど。

    どんな男か知らんけど、じゃんじゃん上書きしていけば?

    一つの恋に執着してると幸せになれないよ。

    ユーザーID:5265647926

  • 別れたってことは

    「運命の彼」ではなかったってことです。

    その何年後になるかはわかりませんが、あなたが結婚して生涯連れ添う人が「運命の人」ってことになります。つまり相手か自分が死ぬときに「ああ、このひとが運命の人だったんだな」って初めてわかるんだと思います。

    ただ、一生のうち、個人差はありますが、大好きになって相手も自分を好きになってくれて恋人になれて一定の期間付き合える相手っていうのもそう多くはありません。そういう人は「運命の彼」ではないにしろ、あなたの人生の中で大きな「ご縁のあった人」であることは間違いないと思います。

    大好きな人と終わってしまうと、人って必ず「もうこれ以上好きになれる人は現れない」って思うものですが、また必ず現れるものです。それが数か月後なのか数年後なのかはわかりませんけどね。

    ユーザーID:0978973598

  • 水を差すようですが…

    結ばれなかった彼は、本当の運命の人ではないのだと思うんですが。

    別れた相手を「彼が運命の人だったのに」と思っている限り、他の縁(結ばれるべき運命の人)は現れないのでは?

    ユーザーID:7630704292

  • こういう時は実ったなんて言いませんよ

    実=結婚です。運命の彼と思ってるのは貴方だけ 運命なら結婚に結びついています。 遊びだったんですよ〜〜 気のせいですよ。

    ユーザーID:7870343841

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 運命でない

    別れたのですもの、運命の彼なんて呼ぶのはやめてしまいましょう。
    その彼を特別扱いして、次に出会う人と比べていては、幸せになれません。

    田辺聖子さんの言葉ですが、人間には引き出しがいっぱいあって、その中にいつもは使わない「しまい忘れ」になってる自分がいる。まだまだ、自分の知らない自分がいると言うこと。
    その新しい自分に出会わせてくれるのが、新しい彼氏です。

    自分をこうと決めてしまって、元彼が自分にぴったりだったと決めてしまわないで。

    私自身は、ぴったりと思っていた彼と別れ、つきあった新しい彼は、全然違うタイプ。と思っていましたが、結局、「あれ?なんか、元彼と似てるぞ」と思うこともしばしば。

    どちらにしても、「運命の」なんて元彼を呼ばない事をまず、お勧めします。

    ユーザーID:5662763293

  • 大丈夫ですよ

    その人は、トピ主さんの運命の人ではなかったのです。だから別れになったのです。

    本当の運命の人とは、これから出逢えるのです。

    ユーザーID:2045344846

  • 運命の彼・・・

    運命の彼だったら結ばれていると思います・・・。

    どんなに遠く離れていても、引き離されても、何かに導かれる様に偶然再会するなどしますよ。

    それが運命の彼ということだから。

    ユーザーID:2835150262

  • レスをありがとうございます。

    レスをありがとうございます。 

    やむを得ない事情というのは、私の場合は死別です。

    自分自身こういう立場になるまでは、死別とは究極の遠距離恋愛だと思ってました。でも、全然違いました。
    普通の失恋とは違うかもしれませんが失恋なのです。

    失恋と言うと不快に思う方もいるはかもしれません。お叱りを受けると思って、変な言い方になって申し訳ありませんでした。 

    少なくとも今のわたしには新しい恋愛をする資格はないのですが、
    だからといって彼だけを思って生きていくには残りの人生長すぎます。彼だけを思って生きていくには思い出も少なすぎます。

    辛い失恋から立ち直った、いいことあったよ、みたいな体験談を聞けたら、少しでも明るい未来をイメージしてもう少しがんばって生きていくことができるかなと思ってこのトピを立てさせていただきました。読みづらくて申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 追記、トピ主です

    運命という言葉がよくなかったのですね。

    運命じゃなくてもいいのです。
    わたしも、運命って言葉はそんなに好きではありません。

    こんなにぴったり合う人がいるんだー、って思える人…くらいのニュアンスで構いません。
    文章が重すぎたのですね。
    すみません。
    重く考えすぎると、しんどいので意識して軽めに考えているつもりなのですが、
    もともと重たいタイプのため、文章は重くなってしまったようです。

    反省です。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 大丈夫ですか?

    私は、お付き合いしていた恋人と死別したことはありませんが、学生のころ父と死別したことがあります。
    突然のことでした。
    当時は「私はなぜ生きているのだろう」と、日が昇るたびに自分を責めていました。

    お付き合いしていた恋人には、普通に振られました。
    でもこれもつらかった。
    父と死別したときと同じくらい辛かったです。

    親族であれ、恋人であれ、自分の世界をそれまで彩っていてくれた人が、突然いなくなってしまうことは、心がえぐられるような感覚ですよね。
    ましてや、お互いにずっと好き同士のまま、どちらかが死別するのは、想像を絶するほど切ない、苦しい思いなのだと思います。

    突然の死は、残されたほうに大きな罪悪感を残しますよね。
    「自分は幸せになってはいけないんだ」とか。
    亡くなられた恋人も、あなたが泣いて泣いて伏せ続けていることは望んでいません。
    残されたほうは、幸せにならなければいけません。

    今はお辛いでしょうけれど、きっときっと時間が癒してくれます。
    現実を受け入れて、前を少し向けたとき、新しい何かがきっと待ってくれていますよ。
    大丈夫です。

    ユーザーID:8261654144

  • トピ主です

    yellさん
    お辛い経験を話してくださってありがとうございました。
    突然、でも罪悪感は残るのですね。
    わたしの場合は彼は病気で突然ではなかったのですが、、消えない後悔は辛いですよね。
    罪悪感は一生背負って生きていくと思っていましたが、死にたくなるほどの罪悪感は、なくなったように思います。

    日々を過ごしていくうちに、新しい何かが、見えるといいなとおもっています。時間が早く過ぎさるように何も考えないようにただただ日々を過ごしていたのですが、最近やっと彼との楽しい思い出を思い出せるようになりました。
    もっともっと時間が過ぎれば、もう少し向き合えるようになるのでしょうか?

    「大丈夫です」のことば、なんだか不思議と勇気づけられました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 時が解決

    お辛いことでしょう。
    受け入れることが少しでも前へ進む道ですね。
    どんなに辛いことがあっても、陽はまた昇る
    明けない夜はない
    私もいろいろと乗り越えてきました。
    立ち直れないというくらいに落ち込んでも、
    ただ毎日を生きているだけでも、
    頑張っている人には未来がそっと
    道開けると思います。
    時間が経つと、新しい出会いもあることでしょう。

    ユーザーID:9203882414

  • 笑顔を見せて。

    追記レスを読んで、胸が締め付けられる思いがしました。

    お辛かったですね・・・。
    でも、お亡くなりになった彼は、自分のことでいつまでも泣いているあなたが心配で成仏できないかもしれませんよ。

    あなたは、人を心から愛することができた。
    それを彼は教えてくれた。
    この世にはいなくなってしまったけれど、ずっとあなたを見守っていてくれるでしょう。

    天国の彼を心配させないよう、笑顔になりましょう!
    今は作り笑顔でもいいんです。笑う練習をしましょう。
    あなたの笑顔を見て、安心する人は、彼だけでなく、あなたのご両親、お友達、あなたを取り囲む周囲の皆です。

    きっと素晴らしい出会いが待っていますよ。
    彼だってきっと納得してくれます。
    ていうか、彼が今度こそ「運命の」相手の元に導いてくれるかも!

    涙が枯れるまで泣いたら、笑顔を見せてください。
    きっとあなたは大丈夫。幸せを掴むことができるように、祈っていますよ〜☆

    ユーザーID:0827940506

  • 運命なんてない。

    単につきあったけど別れただけ。好みのタイプがあらわれればまた運命の彼ってやつになりますよ

    ユーザーID:7430906785

  • ひきだし

    2回目です。つらい経験をなさったのですね。

    失恋と死別は同じと言われても、経験のないものには、適切なアドバイスはできませんね。
    同じような経験をなさった方から、レスがつくとよいですね。

    1度目のレスで、「ひきだし」と書いたものです。なんで、そんな事思いついたのか、ちょっと不思議です。

    実は、紹介した田辺聖子さんの「引き出し」が出てくる小説は、「恋にあっぷあっぷ」です。
    とても素敵な恋愛小説ですが、実はトピ主さんの状況と無縁ではありません。トピ主さんの救いになるかは、わかりませんが、(多分、ならないかな・・)主人公のあり方は、何か感じられる所があるかもしれません。

    偶然、書き込んだのも何かのご縁かと思ってさらに書かせていただきました。

    私からのアドバイスは、小説や、映画の中にヒントを求められてはどうでしょう。
    運命の人・・・との別れ、そしてその後を描いた物は多いと思うのです。
    勇気づけられたり、救いになったりするものもあるのではないでしょうか。
    でも、そういうものを見るのもつらい時期かもしれませんね。
    まず、ご自分を労わってあげてくださいね。

    ユーザーID:5662763293

  • レスをありがとうございます。

    ミントさん

    受け入れることが前に進む道ですか。そう考えると前に進めてないかもしれません。最後まで見送ったし、いないこともわかっているはずなのに改めて位牌とか遺影をみるとショックを受けます。
    受け入れる努力をした方がいいのでしょうか。受け入れるってどういうことなのでしょう。
    それも時が解決してくれるんでしょうか。

    まりこさん

    あたたかいことばありがとうございました。涙してしまいました。
    笑える日も増えてきました。泣いてしまう日も減ってきました。
    周りの人を悲しみに巻き込むわけにはいかないので、立ち直っていなくてもいつまでも泣き言を言っているわけにはいきません。
    悲しみだけでなく罪悪感でいっぱいで押しつぶされそうでしたが、最近では彼は罪悪感から解放されることを許してくれるような気がしてきたのです。
    亡き彼がわたしを幸せに導いてくれる…なんてことがあったら嬉しいですね。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • レスをありがとうございます

    まかさん
    そうですね。
    運命なんて誰にもわからないですよね。


    のんさん
    2度もレスをありがとうございます。
    本のご紹介嬉しいです。
    自分がこのような立場になってみて、死に別れの設定のお話とか登場人物ってすごく多いんだなって感じているところです。
    わたしはもともと辛いこととかあると本(マンガ含めて)に頼るタイプなので、アドバイス嬉しいです。本って一方通行のところが好きです。救いになってもならなくても、誰にも迷惑かけないところが好きです。これ読んだから元気にならなくちゃとかのプレッシャーがないですから。
    人だとそういうわけにはいきませんからね。
    本、探して読んでみたいと思います。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 応援しています

    受け入れると言ったものの、私は弱くてできないのに
    余計なことを言ったかもしれませんね。
    ごめんなさい。
    努力なんてしなくていいと思います。
    ただ、今は精一杯生きるだけでも、いつかは笑って
    過ごせる日がくると思います。
    友達に旦那さんを突然病気で亡くした人がいて、
    人生何がおこるか分からないから、楽しく生きようって
    思ったらしいです。
    子供2人を養っていかないといけず、辛かったと思います。
    でも、今では優しい彼と楽しく暮らしています。
    だから、時が解決だと思います。
    私はシンママですが、辛い事いっぱいありますが、
    頑張っています。
    あなたの気持ちが少しでも癒せたらと思います。
    大丈夫ですよ。
    前を向いて諦めずに生きること。
    乗り越えた時、きっとまた出会いはあると思います。

    ユーザーID:9203882414

  • ミントさんへ

    ミントさん、ありがとうございます。
    こちらこそごめんなさい。
    非難したとかではないんです。
    わたしのぽつりとした疑問に返答してくださってありがとうござきます。
    ミントさんもいろいろ大変なことがある中で、見ず知らずのわたしにこうやって時間をさいて、応援してくださっている、そのことを、とても嬉しく思います。
    ご友人のお話もありがとうございました。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • その後です・・

    婚約者が事故死しました。一番絶頂の時でした。ねこさんと同じで、何を見ても一緒に笑え、彼のすることならなんでも一緒に楽しんで、彼のプレゼントは包み紙まで大事に保管、それを見て笑う彼も同じことをしてました。それが突然の別れ。3年ほど毎晩泣きました。ただ感情なく生活していただけ・・のような日々でした。あんまりその頃の記憶もありません。でも年数は薬なのかも・・。環境も変わり、彼と過ごした景色や記憶が薄れていくと、彼がいないことが普通になってしまいました。そんな中、主人に出会いました。婚約者は大好きな顔立ちでしたが、主人はタイプでもなく。でもなんとなくそばにいる人でした。過去を受け入れてくれその後結婚、穏やかな生活を送っています。今も婚約者のことは忘れていません。好きです。婚約者へのような感情ではないけど、主人も大事に思っています。婚約者が見守っていてくれるから幸せにやっていけているのかな・・と思います。いつか私が死ぬ時、婚約者に「先に逝くなんてひどい。だから私の人生不幸だった」と言わないで済むよう、「幸せだったよ」と天国の彼と再会したいです。

    ユーザーID:7925535529

  • 無理に忘れる必要は無いです

    二度と会うことができない、と書かれていたので死別されたのだと思いました。やっぱり、そうだったんですね。

    でも「二度と会うことができない」は、違うと思います。
    だって、彼はあなたの中に鮮やかに残っているのですから。
    自分は子供の頃祖父をすごく愛していて、死なれたときは酷く嘆きましたが、自分が記憶する祖父の思い出、例えば頭を撫でてくれた手の大きさとか手に染みついていたたばこの匂いが果たしてなんなのか? と考えたとき、私が生きる限り祖父は私の中で生きているのだなと思ったのです。

    あなたの中にある彼の思い出は二度と消えないだろうし、消す必要も無いと思います。彼の死を嘆くのではなく、それほど愛せた彼との出会いを今後の人生に生かしてください。

    もし今後別の人と出会うことがあったら、この人どう思う? って心の中で彼と話してみれば良いでしょう。その方に彼を求めてはいけません。ただ素直に彼と対話してみてください。もしその方があなたを託すに足る人であれば、彼はにっこりと笑って頷いてくれるでしょう。あなたを愛した彼が、これからのあなたの幸せを願わない筈がないのですから。

    ユーザーID:5385376263

  • 家の事情で引き裂かれた二人を知っています。

    大学の同級生でした。
    大恋愛で付き合い始めたのですが、
    家庭の事情で分かれざるを得なくなりました。
    二人でさんざん話し合いをしたようですが、
    男も女もどうしても譲ることができなかったということです。

    その事情は婿養子です。
    女性が家を継ぐことが決まっていて、
    結婚の条件は婿養子になってくれる男性と言うことでした。
    男は次男でしたが就きたい仕事があって、
    彼女の実家に入ることはできない選択でした。
    彼女も両親の期待を踏みにじれない女性でした。
    そして彼女のご両親は彼女に強く別れを要求しました。

    卒業と同時にお互いが別の道に進まざるをえなくなり分かれました。
    卒業旅行という名目で海外旅行に2人で行きました。
    ハネムーンのつもりだったのかもしれません。

    男は就職して最初の勤務地で職場内恋愛をしまして結婚しました。
    ほどなく子供もできて幸せそうな写真の年賀状が届きました。

    いくら好きでも好きなだけじゃ超えられない壁があるけど、
    ちゃんと決心したなら引きずっちゃいけないって事なんだろうなと、
    他人事ながら考えました。

    ユーザーID:7703230280

  • 11年前に

    彼女が自死しました。
    それ以来女性と付き合えなくなりました。

    別に運命の相手とか、悲劇ぶっているとかではなく、
    誰の事も好きになれないのです。
    好きという感覚を忘れてしまいました。

    一生こうしていたい訳ではないですが、
    もう年齢的にも伴侶が見つかる事はないと思っています。

    ユーザーID:4150884184

  • レスをありがとうございます

    未来さん
    私も彼に対してそうでありたいなと思いました。
    少なくとも、彼と出会えて結婚したこと一緒にいられたことは何よりも幸せなことだったので、先に逝ったことを怒るより、幸せだったことを感謝したいです。今を不幸と思いたくないです。
    いまは違った形で大事に思える人に再び会うことができたのですね。
    その後のお話ありがとうございました。

    papepoさん
    二度と会えないなんて、そんな風に思うから余計心が重くなるんですね。
    当初は思い出すのも辛くて写真も置けずにいましたが半年程たち、やっと写真を置き、声をかけることができるようになりました。
    心の中で彼に問いかければ対話ができるのかもしれませんね。なんだかそんな気がしてきました。そしたらまた一緒に笑うことができるかもしれませんね。

    tomaさん
    とっても切ないお話ですね。
    悲しいけれど別々の道に進むということを決めたら、その別の道で他の幸せを探していかなくてはなりませんね。
    彼が、何度か私に「前を向こう」と言っていたことが思い出されます。
    彼と別々の前を向くことなんて悲しくて仕方なかったけれど、そういうことなのかもしれないと思いました。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • レスをありがとうございます

    黒板消しさん
    なんて言ったらいいのか…
    お辛い経験をされたのですね。
    なくされた悲しみだけでなく他の感情もたくさんあるかと思います。
    私も、この先わかりません。
    伴侶はみつけたいけれど、これから人を好きになることはあるのか…また失うかもしれない恐怖と向き合えるのか…罪悪感はどうなるのか…もっと月日がたったらまた違った悲しみがでてくるのか…
    わからなくて、怖いのが本音です。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • ありがとうございます

    そうですね。
    悲しい、悔しい、辛い、怖い、どうして助けてあげられなかったんだろうという後悔。
    自分だけ幸せになってはいけないという罪悪感。

    でも今はそれらは薄れ、何も感じない、というのが正直なところです。
    何も感じないから、新しく誰かを好きになる事もない。
    空虚です。



    ねこさんも自然と新しい気持ちになれるといいですが、
    いつまでも待ってたらおじいちゃんおばあちゃんになってしまうので、
    時にはえいっと、無理矢理でも誰かを好きになる(つもりになる)という
    荒療治もアリかもしれないですね。


    オススメ↓
    ・Fix you/Coldplay
    ・たとえば僕が死んだら/森田童子

    ユーザーID:4150884184

  • 少しだけ月日が経ちましたが…

    以前、レスをさせていただいたyellです。
    トピ主さん、書き込みからほんの少しだけ月日が経ちましたが、
    その後いかがお過ごしでしょうか。

    私は、恋人との死別を経験したことがないのですが、
    三回忌を迎えた辺りで、父の死を少しだけ過去に出来た気がしました。

    一回忌ではまだまだ…亡くなった当時とほとんど同じ気持ちでした。
    丸二年経てば、少し過去にできるのかなぁなんて、三回忌のときしみじみ思ったのを覚えています。
    ヒリヒリと胸は痛みましたが、当時の生傷ではなかったような感覚でした。

    私、この間失恋したんですが、その時の彼を運命だと信じてました。
    私の場合はあっさり振られちゃったんですけどね(笑)
    でもその時に見た言葉で、「運命の人は一人じゃない」というものがあって。
    トピ主さんの死別された彼は、間違いなく運命の人でしたよ。
    会うべくして会って、恋に落ちたんだと思います。

    でも、運命の人の枠は一人じゃないから、
    この悲しみを抱えて、乗り越えた先には、また別の運命の人がいるんではないでしょうか。
    そんは風に私は思います。
    ちゃんと幸せになっていいんですからね。

    ユーザーID:8261654144

  • トピ主です

    yellさん、ありがとうございました。
    もうだれも見ていないと思っておそくなって申し訳ありません。

    先日一周忌を終えたところです。
    以前、トピックをたてた時のつらい気持ちとは、違う自分がいます。

    つらい気持ちをどう扱っていいかわからなくて、忘れようと必死だったのですが、少し時が経って、今も好きであり、彼を失ったと思うことは止めて、共にいる、ずっと見ててくれている、と思えるようになりました。

    わたしは本当は、気軽に次の相手を見つけていい立場ではないのです。
    彼が残してくれた、かわいい娘がいます。
    日々、かわいくなっていきます。
    彼女の存在がわたしの折れそうな心を支えてくれました。

    やっと、彼女のために頑張ろうと、思えるようになってきました。
    彼女は、わたしの運命の人であると思います。
    そうですね、運命の人は一人じゃないと思います。
    どういう関係性になれるかはわからないけど、運命の人は、きっと、複数いるんだと、そう思います。yellさんも大丈夫です!

    yellさんにもらってうれしかった言葉を送ります。ありがとうございました。

    ユーザーID:1861213820

  • トピ主のコメント(9件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧