飼い猫の死に責任

レス38
(トピ主2
お気に入り90

生活・身近な話題

みほ

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主様へ

    もう、このトピを見ていないかもしれませんが、もし見てくれたらお願いがあります。

    保健所や動物愛護協会には、住むおうちを探している猫や犬がたくさんいます。
    亡くなってしまった猫さんにしてあげられなかった事を、新しい猫にしてあげては頂けないでしょうか?


    私も二年前に17歳の愛猫をなくしました。
    腎臓病で、あっという間亡くなってしまいました。
    兆候はあったのに病院を後回しにしたこと、悔やんでも悔やみきれません。

    今は5匹の猫たちと暮らしていますが、おかしかったら直ぐに病院へ連れて行ってます。


    心の整理ができたら、新しい子のこと、是非考えてみてください。

    ユーザーID:2769877266

  • みなさん

    たくさんの優しいお言葉ありがとうございます。
    大事だと言いながら目の前で倒れた猫に何もしてあげられなかった。
    苦しんでる姿を見て何が起きたのか分からなくて、待ってよ、ちょっと待ってよってただオロオロして心臓マッサージすら頭に浮かばなかった。
    近くに病院があるのは知っていたからタオルで包んで走りました。
    ふにゃふにゃの身体が怖くて、見開いた目が怖くて、真っ暗な道で何度も転びながら先生が助けてくれるって必死に走りました。でも手遅れでした。
    14年間があっという間に終わりました。
    後悔しかありません。大事な大事な弟でした。
    今はもう苦しくないですか?日向ぼっこが大好きだったのに、最期の数ヶ月はあまりさせてあげられなかったから、今はちゃんと日向ぼっこが出来ているのか心配です。消極的な性格だったから他の猫ちゃん達とも上手に付き合えてるのかも心配です。
    皆さんありがとうございました。
    彼にも話せなかったので、こうして聞いて頂けただけで少し楽になりました。ウジウジといつまでもごめんなさい。ありがとうございました。

    ユーザーID:5022574984

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 寿命だったと思えませんか?

    我が家でも、昨年8月、14歳の長女犬を老衰で亡くしました。
    足腰が弱って、昨年に入って階段を上がれなくなり、階段の下に敷布を敷いてやってそこで寝ていました。
    亡くなる前日はついに起き上がれなくなり、昼は玄関ポーチ、夜は内側の三和土に寝かせ、父と私が寝ている間にひっそりと息を引き取りました。

    猫ちゃんも、14歳なら、十分高齢、何があってもおかしくありません。
    心臓病を患っていたのも、高齢ゆえでしょう。
    なので、主さんの猫ちゃんは、寿命だったとは思えませんか?

    猫ちゃんは、決して主さんを恨んだりしていませんよ。病院で安楽死になるよりよっぽどマシです。
    (先代犬は悪性腫瘍の摘出から3か月後に病院で安楽死となりましたので)
    もう、虹の橋を渡っているでしょう。
    幸せな気持ちで主さんを見守ってくれていますよ。

    どうかご自分を責めないで下さい。
    ただ、今はまだ、悲しんで涙していていい時期です。
    でも、時は必ずお心を癒してくれます。楽しかった思い出が蘇ってくるようになります。

    ユーザーID:9699628520

  • 猫ちゃん幸せでしたね

    大好きなお家で、長く苦しむことなく天国に行けたのですから。
    生きているものは、いつか皆死にます。
    ペットにとって、一番不幸なのは飼い主が先に逝くことですよ。

    ユーザーID:9518995683

  • 今、抱いている気持ち

    トピ主さんが猫ちゃんに抱いている気持ちが、償いの気持ちだと思います。
    でも、猫ちゃんはトピ主さんが苦しんでいると知ったら、悲しむでしょう。

    実家には、20才で死んだ猫がいました。ご飯が食べられなくなったので病院へ連れていき、点滴をお願いしました。すると、病院から猫が死んだと連絡がありました。病院へ行くと、点滴をお願いしたはずの猫の喉が掻き切られていました。獣医師は逃げて不在でした。母は「私が点滴させなかったら、この子は死ななかった。」と自分を責めました。母は食事も出来なくなり、体調を崩してしまいました。

    そんなある晩から、母は鈴の音を聞くようになりました。因みに母以外には聞こえませんでした。死んだ猫は鈴付きの首輪をしていました。母は「みーちゃん?」と声をかけたら、ふっと足元に気配を感じたそうです。母は泣きながら謝ると、にゃーという鳴き声がしたと言ってました。それ以来、鈴の音は聞こえなくなったそうです。

    母は猫が許してくれたのかなと言うので、私は「お母さんがずっと悲しんでいるのが、辛かったんじゃないの?」と答えました。

    ユーザーID:2395804212

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主さんへ

    トピ主さん、急な出来事でさぞ辛かった事ですよね。お気持ち、お察しします。だけど、償いってないと思います。私が思うに例えば早くに病気が見つかり猫ちゃんにとって辛い治療が始まって猫ちゃんの命がそこで延びても、それって人間のエゴだと思うのです。それよりは、亡くなる最期まで猫ちゃんがトピ主さんの近くで過ごせた事の方が、猫ちゃんにとってはどれほど楽しく、どれほど感謝しているか計りしれないと思いますよ。少しずつ気持ちが落ち着いたら、又新しい家族を迎い入れてあげて下さい。その方がきっと、亡くなられた猫ちゃんも安心すると思います。トピ主さんの笑顔が見られて。まずは無理しないで泣きたい時は、たくさん泣きましょう。私も同じように以前、動物を亡くした経験があるからすごく辛いのわかりますので。ただ自分を責めて償いを考えて暗くなるより、猫ちゃんにいろいろ楽しい思いをさせてくれた事を感謝しましょうよ。だって、14年間楽しかったでしょ

    ユーザーID:5502355688

  • ありがとうございます

    去年の夏に結婚をしました。
    それまで住み慣れたひとり暮らしの狭いアパートから猫を連れてお嫁入りしました。
    彼と彼のお母さんと3人で手頃の一軒家に引越し、近いうちに家を建てようと話していました。とても幸せでした。
    でも猫にとっては、引越し、慣れない人間や彼の犬との生活、すべてがストレスになっていたんですよね、気づいてあげられなかった!
    学生の時に拾ってからこんなに長く一緒にいてくれたのに、私は自分の事ばっかりで、お庭のある広い家に引越せば猫も幸せだと勝手に思って。
    彼も彼のお母さんも腫れ物に触るように私に接してくれています。
    なるべく猫の話題を出さないように。
    とても優しいです。
    でもそれがツライ。
    彼たちは何も悪くないのに、笑ってるのを見るだけで行き場のない怒りが込み上げてきて泣きたくなります。
    私は本当に最低です。
    何かの、誰かのせいにしても猫は2度と戻って来ないのに。。
    たくさんのレスありがとうございます。皆さん優しいお言葉ばかり。
    そして、お辛い思いをされた方がたくさんいらっしゃるんですね。
    私だけじゃない。うちの猫だけじゃない。。。
    がんばります。

    ユーザーID:5022574984

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私は主さんを責められません

    なぜなら、私も愛猫の死に責任を感じているからです。
    朝、普通に私を見送ってくれ、夕方帰ってきた時姿が見えなかったのに探しもせず再び出掛け、
    戻ってきた時にはリビングにいて息が止まっていました。
    原因はわかりません。
    夕方帰ってきてもう一度出掛けるまでの間に30分もあったのに、何故ちょっとでも顔を見てやらなかったのかと…
    当時18歳という高齢、いくら普段元気でも、常に気にかけてやらなくてはいけない年齢でした。
    そんな私に主さんを責める資格はありません。

    こんな突然の死ではなく、ちゃんと看病してあげて看取りたかったと思いますが、それはそれで色々と後悔の種がたくさんあるでしょう。
    可愛がってきた生き物の死は、どんな状況でも飼い主は責任を感じてたくさん後悔するのです。

    でも、トピ主さんと一緒にいられたことで猫ちゃんはきっと幸せだったと思います。
    猫ちゃんのご冥福を心からお祈りします。

    今は気の済むまでたくさん泣いてください。
    心の痛みには時間薬しか効きませんから。
    あまり自分を責めすぎないでくださいね。

    ユーザーID:7438547458

  • 追伸

    主様 毎日本当にお辛いと思います。
    でも大事にされたペット達は ご主人が悲しむのを望んでないと思います。

    私は一年半以上経った今も 毎日祭壇の猫の位牌に呼びかけ
    写真や骨壷の包みを撫ぜたりしています。

    一昨年から猫の法事を一周忌まで続け 少しずつ前を向けるようになりました。
    今も時に涙が滲む事はありますが うつ気味からは脱却できました。
    大好きだった猫が 許してくれるように思えてきたのです。
    でも本当に申し訳なく思いますが。

    「虹の橋」の「雨降り地区」も読んでみてください。
    主様の心が 少しずつでも安らぐ事を祈っています。
    それが亡き猫ちゃんの為でもあると思います。

    ユーザーID:3219640066

  • 心の中で遊んであげて

    連投すみません。

    「償い方」、そんな言葉で自分を責めないでね。
    猫ちゃんは、みほさんに自分を責めて苦しんでほしいなんて思ってないと思う。
    だから、償い、ではなくて、猫ちゃんのためにできることといえば、ずっと忘れないでいてあげることだと思う。
    何かで読んだけど、「死」って肉体的な死ではないんですって。その人、その子を覚えている人がいなくなったときが、そのときなんですって。だから、みほさんが、その子を心の中に置いてあげて、ときどき語り掛けてあげれば、ずっと一緒だよ。
    みほさんが自分を責めたら、猫ちゃんも安眠できないと思うから、猫ちゃんのために笑顔でいられるように。。。

    ユーザーID:2366828213

  • 猫ちゃんは、みほさんに看取ってもらって幸せだった

    みほさん、心中お察しいたします。
    私も、夏に愛猫を癌で亡くしました。
    私の場合は、完全に私の見過ごしだったので、ものすごく自分を責めました。
    でも、お医者さんに「早期発見しても、手術できない部位だった」とも言われました。
    2か月くらいの介護、もともとべったりな子が、ますます私から離れなくなりました。最期は、もう歩けなくなっていたのに、深夜私が仕事から帰るのを待って、膝の上で旅立ちました。もう鳴けないので、私の手のひらをペロペロ舐めることで気持ちを示してくれました。

    みほさん、大丈夫。
    その子も、みほさんを待って旅立ったんだよ。
    みほさんの気持ちは絶対に猫ちゃんに伝わってます。
    お医者さんに頻繁に連れていくことが最善とは限りません。
    心臓病の場合、治療の効果も未知ですし、苦痛を長引かせるのも疑問です。通院のストレスでかえって寿命が縮まることさえあります。猫は自然からの預かりもの、そう考えれば、自然な形で旅立てたのは一番よい形だと思いますよ。
    きっと猫ちゃんは、もうしばらく、みほさんが立ち直るまでそばで見守ってくれています、そしていつかまたみほさんの前に現れますよ。

    ユーザーID:2366828213

  • 一昨年の辛い出来事

    17歳直前の母猫を 一昨年初夏に亡くしました。完全に家族でした。
    辛いので詳細を省きますが 私に責任があったと思っています。
    猫が体調を崩してから入院や点滴等 出来る限りの事をしましたが手遅れで。
    駄目だと分かった時は あまりの事に呆然自失でした。

    猫の死後 毎日自分を責めて思いつめて 猫に申し訳なくて一時完全にうつ気味に。
    その頃の事を書きます。

    喪服で猫の個別葬を主人と済ませ 居間に祭壇を作りお骨と位牌を置きました。
    その後初七日 二七日 三七日・・と四十九日まで 毎週主人と読経。
    夏だったので 京都の大文字さんの日に灯篭流しに。(片道1時間半)
    猫の名前を書いた灯篭の流れる夜の川に名前を呼びかけました。

    その後カウンセリングを受ける機会があり 泣くだけ泣いていくらか心が救われ。
    ちょうどその頃亡き猫が夢に出てきて その穏やかな顔に少し許された気がしました。

    今も花と水を供え毎日お参りしてます。
    「虹の橋」でいつか会えたら謝るつもりです。
    とても賢く優しい猫だったので許してくれるかな・・
    「虹の橋」にも救われました。検索して下さい。

    ユーザーID:3219640066

  • 良くわかります 

    我が家のニャン子も 2年前 16年でお空に行きました。
    悔んだら 悔みきれないことも・・・。
    あの時気づいていれば、と思うことも 2年経った今でも頭をよぎりますが
     あえて心に蓋をして ニャン子とすごした楽しかったことを今でも旦那と話しています。
     それが ニャン子にとっての一番の供養だと思います。
     みほさんのニャン子ちゃんも いつまでも泣いているとお空の上から悲しむと思います。
     
    ・・ とはいえ お空に行って2年目の冬を向かえますが 未だに旦那と私はミャの話では二人して時折泣きます。

    ユーザーID:6579130322

  • 運命

    その猫さんにとっては、運命だったんですよ。
    ご飯もよく食べて元気に過ごすのも、14歳で心臓発作を起こすのも運命だったんですよ。
    無理やり病院に連れて行って、病気を探されて、制限されるより、死ぬ間際まで元気に過ごしているほうが猫さんは良くないですか?
    もし、仮に、病院で病気が見つかって治療をしていても、14歳で死んでいたかもしれませんよ。
    猫さんはトピ主さんの愛情をたくさん受けて幸せだったと思いますよ。

    ユーザーID:1677570567

  • ぜひお願いします

    みほさんこんにちは。
    うちの子も4年前、14歳で急死したのでお気持ちわかります。

    償い方法とのことですが、
    私の場合(愛猫に対しての直接の償いにはならないかもしれませんが)、
    供養を終え、気持ちに一区切りついてから野良猫を飼うことにしました。
    せっかく愛猫が教えてくれた猫飼いスキルを忘れることなく引き続き使えるし、
    別の猫のお世話をすることで、あの子の時はこうだったなと、毎日思い返せて幸せです。
    ぜひみほさんも動物の養護施設 などから気の毒な猫ちゃんをもらってきて
    愛情を分けてあげて欲しいです。
    「愛猫を裏切るようで別の子と暮らす気になれない」とか
    「また死んだら可哀そうだから」と思うかもしれませんが、
    世の中にはたくさんの困ってる子たちがいて、実際今まさに処分され続けています。
    ぜひよろしくお願いします。

    別の子と暮らしたからといって愛猫を忘れるとか愛情が新しい子に移ったとか
    そういうのは全く無いので大丈夫ですよ。
    最愛の可愛い子がさらに1匹増えるだけです。2倍の幸せです。

    ユーザーID:7621415874

  • そんなに

    自分を責めないで下さい。
    大事な猫が急死したのは本当にショックだと思います。
    私も昔、猫を飼っていてある日元気がないことに気が付きました。
    病院に連れて行きましたが、肺炎から心臓肥大になっていて末期でした。
    私も、自分を責めました。猫は病気を隠すそうでギリギリまで分からないそうです。今でも思い出すと涙がでますが・・・
    主さんは、十分大事にして可愛がってきました。
    猫ちゃんもありがとう。と言ってますよ。

    ユーザーID:7206371814

  • そんなに自分を責めないで


    猫飼いの者です
    心中お察しします
    ああしてればよかった
    こうしてればよかった

    飼い主なら皆が思うことらしいですね

    そんなに自分を責めずに
    前を向いてください

    ユーザーID:1766573023

  • 泣いても猫は喜ばないし。

    それに、猫にとっては病院に連れて行かれるストレスの方が体に悪いんじゃないかな。
    14年半も生きてくれたのに、それ以上を望むのは欲張りです。
    悲しいのはわかるけど、その嘆き方は、どんな猫にもメロメロになる私にすら嫌悪感があります。

    ユーザーID:0347520734

  • あまり自分を責めないで...

    トピ主様の愛する猫ちゃんが亡くなった事,心からお悔やみ申し上げます。突然の事で本当にショックだったと思います。

    私も子供の頃,突然かわいがっていた愛犬をなくしました。トピ主様のように、どうして何らかの兆候に気がつかなかったのだろうと毎日自分を責め、何週間も泣いて過ごしました。

    もう2度とペットは飼わないと決めていましたが,大人になってから縁あって,猫を飼う事になりました。私の猫は生まれながらの持病があり,その治療はもちろん、今度はどんな些細な病状も見逃せないと思い,頻繁に病院に連れて行きました。

    その子は生まれつき体が弱かったにもかかわらず,15歳まで生きました。本当に純粋で、可愛い子でした。でも最後の2年間は手術や抗ガン剤の為,闘病生活は大変でした。それでも辛い検査や治療に文句も言わず,最後まで,私を信じてくれました。ただそのような闘病生活を強いた事が,果たして猫に取って幸せだったのかどうか...

    トピ主様の猫ちゃんは苦しまずにこの世を去ったのです。命あるものは必ず死にます。トピ主様が愛情を注いで育て,かわいがってあげた猫ちゃんはきっと幸せだったと思います。

    ユーザーID:8727151584

  • 寿命だったのですよ

    ご心情お察しします。
    いまは本当におつらいと思います。

    動物に対する医学は、昔にくらべてずっと進歩したとはいえ
    人間のそれにくらべればまだあまり発達していません。
    心臓病などの場合は、徴候がわかったとしても出来たことは
    限られていたとおもいますよ。

    それよりも、行動を制限されることがなによりのストレスになる
    猫にしてみれば、好きな事をして、家の好きな場所を動き回って、
    可愛がられて、おいしいご飯をたべて、長く苦しい患わいを経ずに
    この世を去ることができたというのは、残された側にとっては
    こんなのないよと思ってしまう程つらいことではありますが、
    当の猫にとっては、悪い死に方ではなかったのではないでしょうか。
    14歳すぎといえば人間でも70歳越えです。
    寿命といってもいいんじゃないでしょうか。
    幸せな一生だったとおもいますよ。

    悲しみは理屈じゃないんですよね。
    時間が巻き戻せればってそればっかり思ってしまう。
    でも、もう少したったら、楽しかった思い出をたくさん思い出して
    あげてくださいね。

    ユーザーID:3104745083

  • 後悔しないで下さい

    あなたの猫ちゃんは 14年も大切に飼ってもらえて喜んでいます。
    また病気を見つけられなかった貴方を恨んだりもしていません。

    どんなに病院に通って検査をしていても 全てを防ぐことはできません。
    みほさんは しっかり観察もしていたのだから 完璧な飼主さんだと思います。
    辛いけど 自分を責めないで下さいね。 猫ちゃんもそれを望んでいないと思います。

    私も13年 飼った 猫を去年の1月に亡くしました。
    膵臓癌で発見した時は手遅れで1ヶ月後に命が終わりました。
    でも 私は充分 愛情を注いできたので後悔はしていません。
    ちょっとお別れが早くなっただけと考えています。

    ふにゃっとした遺体は 私の今までの経験では
    多分 猫は苦しくなかったと思います。
    なぜか 死に際に苦しんだ子の体は すごく硬いので.....


    不幸な猫は 沢山います 
    1匹でも幸せにしてあげて下さいね。

    ユーザーID:7085302837

  • わかる・・・(つづき)

    続きです。矢印は、私が感じたことです。

    ・他界した日、同居のわんこが、ずっと傍らに座り続け、猫をなめ続けてました
    ⇒ 魂と肉体が離れるのを、撫でてあげることで、すっと抜けやすくしてあげているんだと思いました

    ・ある晩(夜中)、めったに鳴かないわんこが、猫の位牌に向かって、遠吠えなのか、私からするとお話しているように、しばらく鳴いてました。
    ⇒ 会話しているのかも。。。

    ・ある日、数匹の近所のにゃんこちゃんたちがお座りして、庭先に座ってじっと、部屋の中をみてました。
    ⇒ にゃんこに供養に来てくれたと思ってます。

    とぴ主さん、これは、信じる、信じないなのかもしれませんが、ずっと、ずっと、大好きなとぴ主さんのそばにいます。だから、五感を研ぎ澄ませて、にゃんこちゃんと欠かさず、お話してあげてください。笑われる話かもしれません。でもね、とぴ主さんが大好きだから、話しかけてくれるのを待っているんです。

    こうして、とぴ主さんに出会えたのも、うちのにゃんこが、支えてあげてって言っているからだと信じてます。

    とぴ主さんのこと大好きなんだから、そばにいるよ

    ユーザーID:2204913200

  • わかる・・・

    とぴ主様

    初めまして たま@海外在住 です。とぴ主様の文を読んで、涙が止まりませんでした。私も昨年11月に4か月の全盲の猫を亡くしたからです。

    帰国に向けて狂犬病の注射をした途端に下痢が続き、1か月後他界しました。

    とぴ主さんと同じく、いまだに帰国を遅らすとか、薬に弱いことをもっと察知しておけばよかったとか、後悔の念が堪えません。

    とぴ主さんのおっしゃるとおり、家族だから。

    そのとき、人って後悔するようにできているんですって言われました。
    そして、無理して笑顔になることが決して供養になるのではなく、泣き続けることも、その人(にゃんこちゃん)の供養になるとも聞きました。

    ここからは、たった2か月間ですが、私が経験した話をしますね。(つづく)

    ユーザーID:2204913200

  • 厳しい言葉が見つからない

    トピの内容をよく読みました。読み落としがない様にもう一度読みました。
    どこにもトピ主さんの落ち度も過失も見当たりません。トピ主さんが責められるべき理由も見つかりません。

    食事・排せつ・日常の様子まで気を配って大切に育てて貰い、家族として一緒に暮らしていた猫ちゃんは、トピ主さんに感謝して
    (楽しかったよ〜。ありがとう。)と思いながら空に昇った事でしょう。
    幸せな猫ちゃんだと思います。トピ主さんが与えてあげた幸せです。(勿論たくさんの幸せを猫ちゃんからも貰ったでしょう。)

    ユーザーID:0194704659

  • ご自分を責めないで

    みほさん、猫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    投稿からみほさんがどんなに猫さんを可愛がっていたか良く伝わって来ました。
    猫さんは最後までとても幸せだったと思いますよ。
    そして今は虹の橋からみほさんを見守り、沢山有り難うと言っているはずです。

    猫は見た目、何事も無く見えても野生本能の名残で最悪の状態になるまで悪い箇所を隠しながら生きる動物、と本で読んだ事があります。
    今迄、大きな病気もした事無く14年間、みほさんの側で大事にされて来た猫さんは、沢山の愛情と言う名の幸せを猫さんなりに感じて来たはずです。

    色々とご自分を責める気持ちは私も痛い程分かります。
    でも、その時に猫さんが天国から沢山の愛情を有り難う、とみほさんを見守ってくれている事も頭の片隅に思い出して下さったら、と思います。

    こころ優しいみほさんへ真心こめて

    ユーザーID:3469933326

  • 悩ましい

    大切な猫ちゃん、残念なことでしたがどうぞご自分をお責めにならないで。

    大事な存在がいなくなって、今はとてもそんな風に考えられないと思いますが、猫ちゃんはとても幸せだったと思います。
    まずは、最後まで元気に暮らせた事。トピ主さんにとっては、突然の事でつらすぎると思いますが、猫ちゃん自身は苦しむ時間が少なくて済んだ事。

    私の猫は病気を持っていますので、トピ主さんの猫ちゃんのあり方はうらやましくもあります。
    なぜなら、今はまだ元気にしておりますが、今後私のネコは、長い闘病生活を送り、嫌な病院に何度も通い、痛い注射をし、うんと苦しませてしまうのではないかと恐れているからです。

    いつまでも生きてほしいと飼い主なら願ってしまいますが、猫自身の幸せを考えるなら、病院に何度も通うことは反しているかもしれません。

    心臓病が(本当にそうだったかもわかりませんが)わかっていたら、トピ主さんのネコちゃんの自由な生活は変わったものになってしまっていたかもしれません。
    定期健診も大事ですが、14年、元気に暮らしたトピ主さんのネコちゃんの一生は良いものだったように思うのです。

    ユーザーID:7552751509

  • あなたのせいじゃない

    その猫ちゃんの寿命だったんです。 誰のせいでもないんですよ。

    私は数年前、子猫の頃から飼っていた猫を2匹、立て続けになくしました。
    最初の子は、それまでは本当に元気で、何だか様子がおかしいかなと思ってかかりつけの病院に連れて行ったら癌ということが判明しました。 診断されてわずか1ヶ月半で亡くなりました。 最期は苦しそうでとてもかわいそうでした。12歳でした。 

    次の子は翌年、私が外出中に突然亡くなっていました。 出掛ける前までは元気でいつも通りだったんです。突然のことで何が起きたのかわからないくらいでした。 

    2匹とも定期健診を受け、毎年病院に連れていっていました。 でも、予測できない突然の病気ってあるんです。 

    私は、最初の子が病気でとても苦しむのを見てきたので、次の子を突然なくした時は、最後苦しまずに天に召されていったのならあの子も幸せだったに違いない、と思うことにしました。 

    トピ主さんの猫ちゃんも、それまで沢山の愛情を受けて、直前まで元気な姿を見せてくれていたんです。 きっと幸せなまま旅立ったと思いますよ。 どうかご自分を責めないでくださいね。 

    ユーザーID:7058902374

  • 大丈夫。恨んでないよ。苦しくないよ。

    うちの猫も右前脚のマヒから3日後に急死しました。
    私が死なせました。

    心臓ではなく脳疾患の方じゃないかと言われましたが、詳しい解剖などは行いませんでしたので不明です。
    飲み下しの機能が衰えていると頭でわかっていたのに、誤嚥させてしまい苦しい思いをさせて…私の腕の中で息絶えました。

    声をかけたら犬みたいにしっぽで床を掃除しながら駆け寄ってきてゴロゴロ言って、おなかを触らせてくれる猫でした。
    その後、丁度猫1匹分痩せた頃に夢を見ました。

    不意にその子が目の前に居て、凄く嬉しくて声をかけたらいつもみたいに駆け寄ってきて懐いてくれて、眼差しも手触りも全く同じで…。
    良かった、元気そうで、いつも通りで。と、そこで目が覚めました。
    許された気がして涙がでました。

    リアルな話で申し訳ないですが、遺体が柔らかかったという事は猫ちゃんは苦しんでません。
    苦しむと死後硬直が早まるんだそうです。(↑うちの子も同じでした)
    だから猫ちゃんはあなたの元で安らかに天寿を全うしたと思います。

    償いたい気持ちが残るなら、出会えた事に感謝する事が一番の償いだと思います。

    ユーザーID:7372425532

  • 14歳なら

    その年の猫ちゃんなら、年のせいで心臓弱って・・
    の可能性が大きいです。

    なので、トピ主さんの責任ではなく「年をとったので」
    が原因かと・・・

    責任って・・トピ主さんに飼ってもらわなければ、猫ちゃんは
    もっと短い人生で終わっていたかもしれません。
    苦しまずにパタリと亡くなってくれたんですよね?
    長く苦しまずに良かった・・・と思いませんか?

    忘れないでいいんです、今までありがとう と感謝の気持ち
    もってあげて、これからの生活 猫ちゃんの分も頑張ってください。

    少しトピ主さんが落ち着いたら、また生まれ変わってあなたの元に
    来てくれます。

    ユーザーID:6249975081

  • 泣けてきました。

    みほさんに厳しい言葉なんて見つかりません。

    猫ちゃん
    天国で感謝いっぱいですよ。
    みほちゃん、もう泣かないで
    私のことを大事に育ててくれてありがとう、ありがとう。
    感謝しているよ。

    そう言ってくれていると思います。

    どうかどうか
    ご自分を責めないでください。

    ユーザーID:7391258887

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧