中古物件のリノベーション

レス11
(トピ主2
お気に入り18

生活・身近な話題

めっこ

中古物件(マンション)を購入し、間取り等をリノベーションして住めたらなあと考えているのですが、リノベーションの際にどの程度制約があるものなのか教えてください。

具体的には、
・トイレの増設が可能か
・キッチンや水回りの場所は元の位置に制約されるか

です。
自分が今住んでいるアパートの間取りがとても気に入っているのですが、
日本ではまず見ないような間取りです。
そのため中古を買ってリノベーションが現実的かな、と思っているのですが…。
漠然と考えているだけなので、業者さんに聞きに行くのも…と思い、コチラで質問させていただいた次第です。

ユーザーID:2632745227

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 配管しだいです。

    トイレや風呂は必ず排水管が必要です。
    上水はフレキシブルパイプで施工することが可能ですが、
    排水管は勾配と太さが必要なことと、
    なるべく曲管を少なくするという工夫が必要です。
    ですので、好きな場所にトイレや風呂を置くと排水管施工に支障がでる可能性があります。
    最近はレイアウトを自由にできるような設計や工法が取られることもありますが、
    築20年以上のものではまずそういう考慮はなされていないと思います。

    ユーザーID:0610032033

  • コンクリート造りでは難しい

    便所と台所(と風呂)で問題なのは以下の配管の引き回しです。
    ・換気扇
    ・上水道
    ・下水道
    換気扇は強制送風、上水道は圧力がかかっているので、仕上げ(外観)の問題はともかく、移設は可能ですが、下水道は下水が上から下にしか流れないので、大きな制約があります。

    コンクリート造りの集合住宅では、下水の移設は非常に困難若しくは実質的に不可能でしょう。

    木造一軒家でも、べた基礎(コンクリートを全面に張った基礎)の1階は同じく難しいが、こちらは他人に気兼ねすることなしにある程度できます。逆に、2階の水回りは比較的楽です。1階の天井を剥がして作業できますから。

    ユーザーID:4149037114

  • 排水等に制限あり

    現在お住まいの間取りがどのようなものか不明ですが、
    マンション等の共同住宅は排水管が室内を竪に貫通して
    上下の住戸で共用しています。

    リノベーションをする場合
    電気や給水、給湯はかなり自由に出来ますが、
    排水の場合は排水勾配が必要ですので、
    竪管の位置で制約を受けます。
    又換気を天井内に配管するか、
    外部に面した部屋で排気が必要です。

    ただしコストをかけて、天井が低くなっても良いのであれば
    全体の床をあげてその下に排水管を入れて
    天井を組んで排気管を入れれば、
    自由な間取りが可能です。
    トイレの場合同時に使用しないのであれば
    増設は可能と思われます。
    ガスコンロであれば
    かなりの吸排気が必要ですので、
    大きなレンジフードが必要です。
    又部屋が敷地境界から一定の間隔がない場合
    排気管に法的にダンパーの設置が必要になります。
    色々な制約が有りますので、
    現在の間取りと購入予定の間取りを持って
    専門家かリフォーム業者へ相談してみては
    どうでしょうか。

    ユーザーID:0273695134

  • 水回りは

    基本的にまとめると、工事のコストが抑えられます。

    そして、「下へ落ちる排水のパイプから、遠い位置に水回りを」となると、(途中で詰まったりしない様に)床を上げて排水パイプの傾斜角を付けることになります。

    結果的に縦の空間が狭まり、圧迫感が生まれてしまいます。単なる排水パイプの傾斜の為に空間が狭くなるのは勿体ないです。

    天井高が高いマンションを選べば、「水回りを窓際に」とか、「トイレを2カ所に」なーんていうのも可能かも知れませんね。
    ただ古いマンションは、大体天井高が低いし、柱や梁の出っ張りが室内に有ったりするので、皆さん水回りの位置は、ほぼ現状を維持する人が多いと思います。

    ユーザーID:7349326997

  • 残念ながら不可能

    単に配管の問題です。

    部屋の間仕切りを除く、壁・天井・床の内側が専有部分です。
    配管の増設移動は、今後のトラブルを考えると
    あなたや組合の双方が避けたい所です。

    ユーザーID:3474882614

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • うーん

    私は業者です。
    まず、中古物件は危険もあることをお忘れなく。
    リノベーションと言う言葉が流行っていますが、単に中古物件を改装する話しです。
    マンションは本体躯体がどうかが、一番大事です。
    本体が古いと、中がどれだけ良くても駄目です。
    100歳の人間にフルメイクをしてもどうしようもないのと同じ。
    ローンの限界もありますよ。
    組合が機能して、積立金の滞納が無いか等も重要。

    水回りは、入れ替える事は出来ても増設が難しい場合があります。
    新しい物件で改装を念頭に置いている物件なら容易ですが。
    しかし、本体の配管の位置も関係してきます。
    ちゃんと見てもらわないと図面もない掲示板では判断のしようがありません。
    マンションを見に行く際に、改装を得意としている業者を連れて行きましょう。
    その時には、不動産業者も一緒にいてもらい、
    改装が可能かどうかマンション組合等に打診もしてもらって下さい。
    例えば、古い物件でオール電化にしたい要望があったのですが、
    マンション本体の容量を超える為に出来ない事もありました。

    制約は、その物件一つ一つ違う事を覚えて置いて下さい。

    ユーザーID:5413187819

  • リノベの得意な設計事務所に相談

    住宅設計者です。当然ですが建物や管理規約による部分が多くあります。
    ですので一概には言えません。

    それを踏まえた一般論としては、
    トイレの増設はまず無理と考えたほうが良いです。
    排水口を中心として便器の向きを変えるなどは比較的容易です。

    水周りについては共有部のパイプスペースが軸になりますので、
    そこから離さなければ割と簡単に位置変更可能です。
    離す場合は床を上げるなど天井高さに制約が出ます。特にキッチン。

    上記はあくまで「一般論」。
    躯体の安全性や設備の強度、メンテのし易さ、管理方針や住まい易さなど、
    それ以外にも様々な条件をクリアした先に、
    リノベーションするメリットがあるかどうかの判断が出来ます。
    その判断に客観性があるかどうかも非常に大事です。

    物件探しからなど、計画が漠然としている場合は
    リノベの経験豊富な設計事務所を雑誌やネットなどで探し、
    作例とご自身の暮らしかたとがマッチするかをよく見極めて、
    納得いくまでとことん話し合ってください。

    ユーザーID:2969602338

  • 物件によるとしか。。

    我が家もスケルトンにしてのリノベしました。
    お風呂、トイレの位地など反転したり若干ずらしたり
    キッチンは洋室の一部をキッチンに変更しました。
    (でも反対に雑配管に近くなったので問題なかったです)
    特に問題はなかったです。

    トイレの増設は一応やってる人いるみたいですが
    配管からの距離の関係でトイレ横のクローゼットを改築してたので
    トイレ2つが並んであるという。。珍妙な間取りになってました。

    ちなみに日本でも100平米以上の高額物件であれば
    はじめからトイレ2つとかバスルーム2つある物件も存在します。
    中古でも数億すると思いますが。

    リノベーション会社によっては
    物件探しから請け負う所もあるので
    そういう会社に希望の間取りが実現可能な物件を
    探してもらえば良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:7325038059

  • トピ主です。

    こんな漠然とした質問にお答えいただきありがとうございます。
    現実的に難しいケースの方が多そうで少し凹んでいますが…
    具体的に動き出す前にわかって良かったと思う事にします。

    最悪、間取りはさておきトイレ二つは欲しい所ですが。
    100平方メートル以下、80平方メートル程度の物件となると全然見かけませんね、そういう物件…

    今住んでいる間取りは100平方メートルの2LDKでトイレ2個あるのでとても気に入ってます。

    ユーザーID:2632745227

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • リノベーション向きではないかも

    都心の限られたエリアでしか条件をクリアする集合住宅は難しいでしょう。

    今のお住まいが気にっていらっしゃるのでしたら
    住み続けるというのが現実的な解かと思います。

    新居を求められるのが前提で、
    時間的に余裕があり、かつ戸建は視野に入れられていないのであれば、
    コーポラティブハウス形式が向いているかもしれませんね。

    もしくはURなどで見られるような二住戸を合体させた間取り変更事例や
    オフィスビルなど設備配管に余裕がある建物の、
    住宅への用途変更(コンバージョンといいます)などもありますが、
    かなり実現難易度は高いですし、施主も相当勉強が必要です。

    ユーザーID:2969602338

  • トピ主です

    今のところに居続けたいのはやまやまなのですが、
    転勤のため引っ越しとなりました。

    とりあえず賃貸で様子見にしようと思います。
    定年まで20年ありますしその間に世の中変わってトイレ二つ物件が増えてたらいいなあ…
    と淡い期待を抱きつつ。

    しかしながらあと20年たったころには子どもが巣立って夫婦二人ならトイレ一個で足りるという…。

    ユーザーID:2632745227

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧