がんになる可能性を考えると怖い

レス52
(トピ主4
お気に入り75

心や体の悩み

福実

トピを開いてくださりありがとうございます。
現在30代前半の女です。
私の父方の家系がみんな食道がんで亡くなっています。
気になっているのは父の母親と父の姉が妊娠中に食道がんが発覚し、2人とも38歳という若さでなくなっていることです。
父を産んだ直後に父の母親は亡くなり、父の姉も子供を産んだ直後に亡くなっています。
ちなみに父は59歳の時に食道がんになり、手術後一応再発もなく、今現在も病院に通いながら生きています。
母の家系は長生きで病気知らずです。
父が言うには父の死んだ母親と父の死んだ姉の体質に私がそっくりとのことでよく「福実も食道がんになるのは確実だから覚悟しておいた方がいい」と言われています。
だんだん38歳という年齢が近づくにつれ怖くなってきています。夜も眠れないほどです。
遺伝子検査をしようかなどとも考えていますが、怖くて怖くて仕方ありません。
やはりこれだけみんな食道がんで亡くなっている家系だと私もなる可能性はありますよね?
もちろん食道がんの検査はしなければと思っていますが、確実になることを考えると不安で仕方ありません。

ユーザーID:5642390913

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • はやく検査に行けばいいのに

    ガンは発見が早ければ早いほど助かるんですよ。
    お父さんのお母様や、お姉さまが亡くなっているのは昔だから。昔はガンは不治の病でしたよね。今は医療が発達しています。手術もどんどん進歩しています。
    怖がっているとガンにはならないのですか?ガンで死にたくないのなら一分一秒早く検査にいき、その後こまめに検査をすることです。
    年一回のがん検診を必ずしましょう。若いうちにがんになると進行も早いですから早く!早く!

    ユーザーID:3352517621

  • 検診と食物と心に配慮すれば

    大丈夫かと思います。

    まずはその不安を取り除きましょう。

    私自身がんサバイバーですが、毎日楽しく生かせてもらってます。


    誰でも毎日がん細胞が作られては免疫によって排除されています。
    免疫がしっかり働いていれば大丈夫です。
    免疫は心に影響を受けることもあるので心配しすぎず。

    食物も勉強してください。

    そして、早期発見の為に検診は怠らず。

    ユーザーID:0329347584

  • 『確実』ではない

    なる可能性はあるけれど、『確実』ではありません。
    そんなことを言えば誰だって『なる可能性』はあります。

    なったとしても、早期発見・早期治療で治せば良いのですから、あまり気に病まない方が良いですよ。
    そのためにも小まめに検診を受けて下さい。

    検診を怖がり、無駄に不安で居続ける毎日こそ体に良くありません。
    小まめな検診で日々の安心感を得てください。

    ユーザーID:8344833956

  • 早期発見・早期治療で怖くない

    「確実になる」なんて、なぜわかるのですか?
    悪いことばかりでなく、良いふうに考えましょう。
    現にお父様は、再発もなく元気に60代?でいるのでしょう?

    心配なら、定期的な検査をどうぞ。
    今やがんは、二人に一人がかかる時代。
    早期発見すれば、直る病気でもあります。

    今度またお父さんに何か言われたら、
    「私はお母さんの家系に似たから大丈夫」と答えましょう。
    事実、あなたの遺伝子の半分はお母さんから来ているのですよ。

    ユーザーID:3857517567

  • えええ〜、怖いなら検査しなよ。

    ウチは大腸がん家系です。
    私は35歳から検査始めましたよ?

    私の兄はやっぱり38歳で検査で見つかりました。
    そのあと42歳でもう1回別の大腸がんができたけど、定期的に検査してたから
    早期発見ですぐにとって、いま49歳。
    何も問題なく普通に生きてます。
    もちろん定期検査は欠かせないけど。

    すい臓がんとかと違って見つけやすいがんなんだから、
    検査あるのみ。
    っていうか、そんなん怖いのに検査しないって矛盾してませんか??

    消化器系のがんは遺伝要素もあるけど、環境要因もあります。
    食道がんは特にタバコと飲酒。
    怖いのはわかるけど、検査しないともっと怖いことになるよ?

    病院嫌いだった私の父は大腸がんで結局2年で亡くなり、
    病院にはよく行くタイプの叔父は、食道がん発覚から15年、
    まだ生きてます。

    消化器系のがんは早期発見なら治せますよ。

    ユーザーID:0166173988

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • もう!

    怖くて怖くて、なるのを待って生きている愚かさに気づいて下さいよ!

    うちも双方ガン家系ですが、母は必死にあながって、結婚してから食事作りに頑張りました。
    おかげで父母とも70代半ばですがガンには一度もなっていません。
    食生活に気をつけ、ストレス解消法を見つけ、検診を怠らず、頑張りましょうよ!

    ちなみに娘の私はアラフォーですが、まだガンではないし、24歳で入った厚いガン保険も使っていません。

    ユーザーID:6595066778

  • 予防をしてみれば?

    ちょっと調べたところによると、食道がんの場合は癌になる遺伝子というより、癌になりやすい体質が遺伝子しやすいと考えられているようです。

    遺伝子そのもので発症するというより、食生活等の環境の影響次第で発症しやすいみたいです。

    発症しやすい環境として、飲酒・喫煙・熱いもの、刺激物等の食事習慣等があげられていて、反対にそのような事に注意していればかなりリスクが減るという事です。

    私の母方の祖母と父がすい臓がんで亡くなっていますが、二人とも飲酒・喫煙の習慣があり、私の知り合いもとてもよく飲まれる方が発症しております。
    私自身は飲酒・喫煙はしていませんが、家系には誰もいない乳がんにかかっていますが、早期発見で事なきを得ています。

    リスク回避の為に環境を整え、定期的な健康診断をしていればまず大丈夫と思われ
    てはいかがでしょうか?

    私の場合、告知は電話であっさりしたものでした。
    「どの程度なんでしょうか?」と聞いても
    「さあ、切ってみないとわかりません。」と明るく言われてしまいました。
    医学も進歩して、それだけ深刻なものではなくなってきていると思いますよ。

    ユーザーID:2598275018

  • 気にしても仕方ないかも

    父方の祖父、父の兄弟は、父を除いて全員、がんで50〜60代で亡くなっています。父は存命(82歳)ですが、40代に直腸ガンで全摘出。70代に胃ガンで1/2摘出しています。

    ガン家系なので、自分もガンになる可能性は高いとは思うのですが、検査が面倒なので、受けていません。会社をやっているのですが、なんやかやと忙しくて。ただ、死んでも家族がなんとかなるような策は講じています。

    気にしても仕方がないし、なる時にはなるのでしょうから、気にしないようにしています。というより、会社のことを考えると、自分の身体どころではないというのが本当のところです(汗)

    ユーザーID:1545665080

  • 私は

    認知症などになって周りに迷惑かけ長々生きるより、多少若くしてもガンで逝った方がいいかな、と思います。

    ユーザーID:5344974518

  • 遺伝性ではない

    >やはりこれだけみんな食道がんで亡くなっている家系だと私もなる可能性はありますよね?

    トピ文を読むと、無知だなぁと思ってしまいます(失礼)。

    ちょっと検索すれば、食道がんに遺伝性はないというのが現代の通説だとわかるはずですから。

    問題は、アルコール分解力が遺伝し、分解力が弱い人の飲酒が食道がんに影響する。喫煙も影響する。熱いものや辛いものの飲食が影響する。
    そういった生活習慣的な要因が大きいということです。

    今頃になって教わっても手遅れかもしれませんが、今からでも対策をやらないよりは多少はマシだと思います。おだいじに

    それとね、トピずれですけど

    >食道がんが発覚

    こういう言葉使いはやめた方がいいですよ。
    「発覚」とは隠していたこと(悪事)が露見したときに使うものですから。

    ユーザーID:7807585891

  • 医学は日進月歩

    50年前のガン治療と現代医学のガン治療、同じじゃないですよね?
    不安で押しつぶされそうなら、それこそ定期的にガン検査を受けて
    早期治療をするべきです。
    無駄に不安を抱えて生きるより、ずっと有効だと思いませんか?

    ガンに罹患する確率は今や2人に1人なんて言われる時代。
    みんな同じです。半年に一度、無理なら年に一度検査を受けて、
    早期治療に備えたほうが賢明です。

    ユーザーID:3201886329

  • 原因となる習慣を避けては

    食道がんの原因となりうる、飲酒・喫煙・熱い飲み物や辛い食べ物の摂取を避けることが大切では?

    タバコはもちろん、御酒は飲まない、辛い物も食べない、熱い飲み物はぬるくなるまで冷ます。徹底しましょう。

    遺伝もあるのかもしれませんけど、長年これらの習慣を好んで続けた結果の食道がんである可能性の方が高いと思います。気をつける事で、不安も軽減されるのでは?

    ユーザーID:5868986495

  • 私もです

    私もガン家系です。父方の祖母も父もガンで亡くなりましたし、母に至ってはかなり稀なガンになり亡くなりました。

    だから私も兄と私達はガンで死ぬんだろうね、と漠然と話たりします。万一に備えてガン保険にも入りました。

    でも人間はいつかはガンになると言われてます。それが発病するのか否か。明日発病するかもしれないし、当分ならないかもしれない。それは分からないですよね?

    海外では遺伝子検査して乳房切除とかで確率下げても0には医学上ならないし、分かっても切除出来ないなら予防的に食生活等を気をつけるしか多分無いですよね?

    私も40歳で身体は下り坂になりましたが、未だ子供が小さいから成人の日までは踏ん張らないとです。

    あとはモヤモヤして違う病気を呼んでしまうかもだし、極力考えない様にしましょう。

    因みに亡き父の兄、おじさんはガンにはならずにいます。母の兄弟は半分ずつ別れてますから、やはり統計的?

    とにかく、病気はガンだけじゃないのですから、幾ら言われても逆になったらきちっとフォローしてよ、と言える位になりましょう。

    ユーザーID:1956885120

  • まずは検査を

    家族歴を伝えて、上部消化器の専門医を受診してください。
    ガンも生活習慣で防げる部分があります。
    喫煙、大量飲酒、熱い物や冷たい物、唐辛子など刺激物を大量に食べていませんか?偏食や肥満は?
    医療は日進月歩、病気を恐れず先手先手で。
    定期検査を続けてデータを蓄積すると、異変に早く気付けます。

    ユーザーID:5407527276

  • 怖がってる場合じゃない

    定期的に検査を受けましょう!

    体質なら変える事もできるはず!

    ユーザーID:2005631993

  • 遺伝を考える前に

    家族に癌で亡くなった人が多いとどうしても遺伝じゃないかと考えてしまいますが、家族だから癌にかかりやすい同じ生活習慣を持っていたということも考えられます。
    トヒ主さんのご家族は食道癌の方が多いということですが、飲酒、喫煙、熱い飲食物や、辛味の強い味付けの料理などがご家族の生活習慣になっていたということはないですか?これらは食道癌のリスクをたかめるそうです。特に、飲酒に関しては、アルコールに弱い体質は遺伝するそうで、そのような体質の人が過度の飲酒をすると食道癌のリスクがたかまるそうです。

    ユーザーID:5677657458

  • 内視鏡検査で

     食道がんは、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で早期発見できます。年に1回とか、最近はクリニックでもやってくれるところがありますし、総合病院でもいいと思います。
     遺伝子以外に、飲酒、喫煙、食品(熱すぎるものなど)の影響もあるようですよ。

    ユーザーID:1760041588

  • くよくよしない。

    父方が胃がん家系です、

    父の遺言はガン保険に入り毎年検診を受けるように。でした。

    20代から受けていますよ。ピロリ菌除去も「自費で」受けました。

    心配なら不安を打ち消す行動をすることです。

    気に病むばかりではそれがストレスになりますよ。

    ユーザーID:1981921370

  • 横ですが

    食道がんに遺伝性はあります。
    癌抑制遺伝子のひとつp53の欠損は大腸、肺、乳、食道癌と関連があり
    Li-Fraumeni sydという稀な変異がある家系もみとめられています。

    食道がんが原発でしたか?
    大学病院で説明を受けるとよいと考えます。
    遺伝子検査は保険がききませんので、30万円くらいはみておくとよいです。
    しかしながら母系は健康とのことで、遺伝子が補完された可能性もあります。
    いずれにせよ、定期検診を受けることをお勧めします。

    ユーザーID:8523418937

  • トピ主です。

    みなさんありがとうございます!
    みなさんがおっしゃるとおり、早く検査を受けろ!ですよね。
    分かっていはいるんですが、怖くて怖くて・・・。
    でもみなさんのレスを読んでいて、怖がってるだけじゃだめだ!まずは検査だ!と思ったので、近いうちに、胃がん検査(内視鏡検査)をしようと思います。
    私が無知なのかもしれませんが、インターネットで色々調べてみたら、食道がんをみつけるには胃がん検査(内視鏡検査)が一番正確・・・と書いてあったので。
    実際に私の父親も胃がん検査の内視鏡の時に食道を通過する際に食道がんが見つかっています。

    引き続き、レスお願いします。
    もし食道がんの検査について、内視鏡よりまずはコレでしょ!などというおススメの検査などもあればあわせて教えてください。
    みなさんよろしくお願いします。

    ユーザーID:5642390913

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • がんと地域性

    タイトルの記事を読んだことがあります。

    塩辛い食べ物を好む地域(イカの塩辛など)との因果関係についてです。
    日本食は健康的だけど、塩分は外国より高い、ともよく聞きます。

    ガンは遺伝もあるでしょうが、そうした遺伝以外の要素もあります。
    食習慣でいうと、例えば肥満が遺伝という話もありますが、親が脂っこいものが好きといった食習慣が影響して子どもも肥満になるというケースも多いです。
    生活習慣でいえば、食べてすぐ寝ると食道がんになりやすい、など聞いたことありますか。

    それと、がんと闘うために必要な免疫機能も、ストレスが敵と言われています。

    この食習慣や生活習慣についてはいかがですか?

    遺伝的になる、と分かっているなら、早期発見の可能性が人より高いということです。
    普通の人はなると思っていないから、具合が悪くなるまで気づかないことが多いです。
    その父方の家系は、実際、あなたに生き残るヒントをくれているということです。

    ユーザーID:4204531317

  • 持続時間が長いか短いか

    検査を受けなければいつまでも怖い。検査を受ければ結果が出るまで怖い。結果が悪くても今の時点で可能性が高いと想像してればある意味覚悟が出来てるだろうし、早く恐怖心から解放されたくないですか?それで結果が良ければ当分の間は安泰でしょ。

    家は両親、父方の親戚に数人が心臓病持ちです。父は70過ぎてなお運動してますが病気ですし私も運動してる、夕食は両親と同じ物食べてます。だったら主さんみたいに高い確率で心臓病になるって事になるでしょうが恐怖心は全然有りません。自分はならないと勝手に信じてますし毎日心配してたらきりがないです。

    気楽にいきましょ!

    ユーザーID:5376055454

  • うちの父は生き残り

    父は兄弟みな60代でガンで亡くなっています。

    なので、父が60代になったときは大変でした。
    自分もあとわずか、だと。

    兄弟とは生活習慣が違うから大丈夫だと、まわりは慰めましたが、聞きませんでした。

    ・・・・でも、今父は80代後半です。
    あの騒ぎはなんだったんだ!って感じ。

    この父は若い頃はストレスでよく病気をしていたんですよ。
    なのに、今は血圧以外は健康診断でもひっかかりません。元気そのもの。

    気にしないことです。

    ユーザーID:7818782195

  • どうせ死ぬなら

    50代兼業主婦です。

    私の両親も、50代60代で癌で亡くなりました。
    しかし私は、癌になるのが怖いとはほとんど思ったことがありません。
    多分、医療関係の専門職に就いているため、癌以外の様々な病気を見ているせいかもしれません。悪性ではない、だけど苦痛があり、決して治らず進行し続ける病気が色々あるからです。(もちろん、癌よりは発症しにくいものがほとんどだと思います。)

    「どうせ死ぬならがんがいい」という本をご存じでしょうか?
    これを読んだ時、ああやっぱり!という感想を持ちました。
    死なない人間はいません。

    今までに、検診で引っかかり、何度か細胞診などの精密検査を受けたこともありますが、あまりショックではありませんでした。(現在も定期観察中)

    もちろんトピ主様ががんを怖がられるのは、ごく自然な感情だとは思いますが、まだ現れてもいないものにおびえて暮らすのは、毎日がもったいないな…と思ってしまいます。

    ユーザーID:8959774370

  • 不安を感じて何のメリットがありますか?

    不安を感じて何のメリットがありますか?

    不安を感じたら癌の発生率が下がりますか?

    否、不安による心身のストレスで癌の発生率は上がります。


    要するに、不安を感じれば感じるほど、癌の発生率が上がります。

    不安を感じてもデメリットしかありません。

    気にしない事です。

    癌になったら考えましょう。

    ユーザーID:4736327144

  • 病院へ行って下さいね。

    心中お察しします。
    病院に行く事自体が怖いですよね。
    ただお願いです。早目に受診してください。

    私の母も食道がんになりました。
    すでに15年くらいたちますが、80を超えた今も
    元気でいます。

    それも、本当の初期に発見しすぐに手術をしたから。
    内視鏡で済む程度の時期に発見出来たので
    切開をすることなく、入院も一週間以内でした。

    食道はとても薄く、それを突き破ってしまうと
    リンパに達して、がんが広がってしまうと聞きました。
    本当に初期ならば、完治すると思います。

    100%、がんになるとも言えませんが、
    少しでも不安があるなら、必ず病院に行って下さい。

    検査で何事もなければ安心ですし。。

    あまり思いつめないでくださいね。

    ユーザーID:0519768359

  • 不安への対処

    がんの遺伝については、因果関係が確立されていないものも多いようですが、遺伝関係が見つかって来ているものもあるようですし、心配ですよね。特に若い時に発症したものについては、不安になって当たり前だと思います。

    ただ、不安があるのに「何もしらない、行動を起こさない」状態が一番恐怖感をあおるようです。悪い想像力がいくらでも働く状態になってしまうんでしょうね。他の方もおっしゃるように、専門家のいる病院に検査に行かれて、相談されてみるのが一番だと思います。そして、信頼できるお医者様を見つけ、今後どうやって気をつけて行ったらいいか、どのくらいの頻度で検査をうければいいか聞いて、納得がいったら、恐怖感は薄れると思います。

    30代前半とのこと、今はきっと大丈夫ですよ!早めに行動を起こされることが、安心にもつながるし、将来起こるかもしれない病気からも救ってくれるかもしれません。お父様が心配して早くから伝えてくれたおかげかもしれませんね。勇気がいると思いますが、頑張って!

    ユーザーID:5933796158

  • 遺伝的体質はあるとは思うが ・・・

    私は現在62歳です、早々63歳になります。

    母の家系では、母が成人した段階で両親と妹がおりました。
    父の家系では、父が成人した段階で実の両親は既になく男兄弟が2人と姉が1人おりました。

    母の家系からは胆石をもらったようで、母と叔母(妹)が胆石で胆嚢を除去しており私も除去しました。
    父の家系では父を含む男3人がガンを発症し直接の死因か否かは別にしてガンでダメージが大きかったようです。

    しかし、母の家系で胆石を発症したのは成人した子供( 私を含む )4人のうちで私一人です。
    父の家系でも、( 伯母とは疎遠で状況は不明ですが )成人した子供4人( 私を含む )のうちでガンを発症したものはおりません。
    統計数値としての価値はありませんが、私の周りの状況では遺伝性の内臓疾患は7分の1です ( まだ増える可能性はありますが )

    私もガンの発症は心配ですが、最近は開き直ってます。
    人間長生きしてもしれているので、ガンになっても自分を切り刻むような手術は受けたくないと思ってます。
    その時になったらジタバタするのかもしれませんがね。

    といったお話でした。

    ユーザーID:8266447658

  • 早期発見、早期治療に限る

     癌は特に表題のとおり。
     私は癌家系75歳の男性です。2年まえに掛かり付けのお医者さんの勧めで前立腺の検査。結局、「初期の癌あり」となり、3か月後に前立腺全摘出手術を受け、それ以後、3ヵ月毎に定期検査をして、目下万事順調です。
     貴女も早く検査をお受けなさい。癌が無かったら、一安心。あったら、1日でも早く取ってしまう。それだけのことです。明日、病院へいらっしゃい。

    ユーザーID:6362173120

  • 確かに

    癌になりやすい体質はあると思います。
    でも持って生まれた体質に 生活スタイル(喫煙や飲酒など)が加わると 癌を発症するのではないでしょうか。

    食道がんのリスクは飲酒と喫煙です。
    お酒を飲むと赤くなる体質の方は食道がんのリスクが数倍にはねあがるそうです。
    そこに喫煙が加わるとまたリスクが上がる。

    だとしたら防げるじゃないですか。

    飲酒と喫煙を控え(もともとされないかもしれませんね)れば リスクはぐっと下がります。

    定期検診を受けながら、あまり悩まずに
    毎日を明るく過ごして下さい。

    ユーザーID:8241548580

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧