• ホーム
  • 話題
  • 日本人のマナー 変わるのでしょうか・・・・

日本人のマナー 変わるのでしょうか・・・・

レス39
(トピ主1
お気に入り64

生活・身近な話題

テム

都内に住む29の独身女です。
先日友人たちと会話していて、
本当にどうなるんだろう。と思ったのでトピさせてください。

昔は母親を見て、
電話の対応や、和室での所作等を知らず知らずに学んだ様に思います。
いちいち教えられた記憶はありません。
例えば、学校から帰ったときに和室にいる母に呼ばれ、
お客様がいらしていると気づいたときには座って障子を開け…みたいな行動は教えられたわけではないのですが、
当然の様にやっていました。
しかし考えてみますと、固定電話を持たず、和室が無いお宅も増え、
子供が正座することも少なくなり、といった昨今ではどの様にお子様に伝わるのでしょうね。

できる子とできない子がはっきり分かれるのでしょうか。

ユーザーID:9810735019

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 変わって当たり前なのですが

    マナーや作法は時代と共に変わっていきますよ?

    18世紀のマナーや作法が現代に通じますか?
    違いますよね。
    まずマナーや作法はどの様な成り立ちなのか考えてみてはいかがでしょうか?

    そうすれば伝えるべき事柄が見えてくるのではないでしょうか?

    ユーザーID:0724028521

  • 簡略化されるだけ?

    私も座布団の座り方や、ふすまの開け方など、教わりませんでした。
    昔の映画を見たりや話を聞いて、見よう見まね、って感じですね。

    お箸は、どうでしょうか。おそらく廃れることはないので箸のマナーは守られると思います。
    今は応接間に通してもソファだったりするので和室で接待、ってのもなくなるんじゃ・・・。

    今はエレベーターやタクシーでの乗り方、上座下座、など新しいものに取って代わってますね。

    新しい生活とスタイルでマナーも簡略化されるとは思いますが、精神を大事にすればいいのかな、と思いますね。

    年賀状なんかでも、自分の結婚式の時や、子供の写真を使うのってどうなんだって意見もありますよね。
    まぁ時代に則して古いものから新しいものへマナーもうつっていくものなのかな、と思います。

    ユーザーID:0935347378

  • 既に分かれてきていると思います。

    私はトピ主さんより10歳近く上ですが、トピに書かれてあるようなことはほとんど自然に知ることができず、後で身に付けたにしても「知識」でしかありません。

    実家は和室がなく全面フローリングに椅子の家で、床に座ること自体がお行儀の悪いことでした。
    来客は母が嫌がるのでほとんどありませんでした。
    狭い集合住宅だったので、各居室の扉という扉を全て外して生活していました。
    たまに来客があってもいちいち閉めません。玄関などどの部屋からも二歩でダイニングキッチン、応接間なんてありませんから流しの前の食卓に座っていただいていました。
    いきおい日本独特のマナーは現状に合わせて変容させることになります。

    訪問する方にしても、自分一人で友達の家に遊びに行ったくらいで、あまり親に連れられてよそ様のお宅へ伺った記憶がありません。
    年に一度の法事の時にお寺に行って、正座がつらいからといってあんまりモジモジするなと窘められた程度です。

    電話の受け答え、礼儀正しい話し方、道や電車内では赤の他人同士でも譲り合うこと、などは親を見て自然に覚えましたが。
    日本人に限らず人間としてのマナーの部類ですね。

    ユーザーID:3875053966

  • どうなるって・・・

    脚の形が悪くなるから正座させないっていう親もいますからね。
    そもそもマナーを大切に思う家ならちゃんと教えるとか、お茶を習わせるとかするだろうし、
    覚える気がある子なら自らマナー本を読むとかするでしょう。
    そうじゃない家庭の人達はそもそもそんな事考えてもいないと思いますので、もうとっくに二分していると思います。
    だってそうじゃない人達はそれを恥とも思わないし、できていない事に気付いてもいないでしょうから。
    ただ、社会に出て教わる人もいるだろうし、家ではやっていないけど外ではやっている人も沢山いると思いますよ。

    ユーザーID:5411287268

  • 公立小学校に、お茶室を作る時代です

    東京に住んでいます。うちの区だけかも知れませんが、公立小学校で、新しく改築された小学校には全てお茶室が作られています。お釜はもちろん、水屋も付設された、本格的な造りです。

    放課後の学童保育の時間に月に3日くらい茶道教室がありますよ。自由参加で無料ですが、お茶菓子が出るので子ども達には大人気です。高学年では数回だけですが必修です。

    昔は家庭で教えていたことも、学校で教える時代になってきたのだな。と思いました。反対に昔は学校で教えていたことを家庭で教えることもあります。国際交流や、地域社会への参加なんかは、昔は学校のみで斡旋していましたが、最近はネットの普及もあり家族単位で手配します。

    それから、固定電話は、小学生以上になれば昔と同じです。なぜなら!携帯電話を子どもに触らせると、サクサクと親のメールを盗み読んだりアプリをダウンロードしちゃいますから(笑)小学3年生にもなれば親は「ぜったいに携帯は触らせない」ことになり、必然的に固定電話を子どもは使うことになります。手紙や固定電話は、昔も今もあまり変わらないと思います。年賀状も子どものほうが多いくらいです。

    ユーザーID:4856658807

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 細々と継承されていくと思いますが・・・

    畳文化やその作法などは、一部の人たちの間で細々と継承されていくでしょう。
    茶道や日本舞踊は永遠の文化だと思えますし。
    でも、一般には機会が減って行くかも。

    老舗旅館でも畳に布団でなく、低いベッドを取り入れる所が増えましたし、
    お座敷も、正座をしなくてもいいように、掘りごたつにしてあります。

    これまで畳に親しんできた人が歳を取り、畳に座るのが辛くなってきたからでしょう。
    お寺での葬儀や法事も、今は椅子を並べてある所が多いですね。

    我が家は古い家なので、和室の客間があります。季節ごとに掛け軸を取りかえたりして大切にしていますが、この部屋にお客様を通したことはほとんどありません。
    20代のお客も80代のお客様も、リビングのソファーへお通しします。
    和室では足の悪いお年寄りは座るのが辛いと思いますし、若い女性はミニスカートや細身のパンツなので畳では困るでしょうから。

    そして接客する私自身(還暦間近か)もお茶を出すのは畳だとかなりしんどい。
    立ったり座ったりが(笑

    畳や畳の作法は美しいし大切にしたいのですが、私にはだんだん遠いものになりつつあります

    ユーザーID:6720241455

  • できなくていいように思う

    和室のマナーって他にどのようなものが?

    正座は和室じゃなくても教えることはできますよ。
    それに、正座は膝が出てしまいスタイルが悪くなります。食卓テーブルやソファーに座る方が膝が変形せずに綺麗に過ごせますよ。

    マナーはその時代時代によって変わっていくものだと思いますが…。

    トピ主さんは着物の気付けやお茶やお花の作法など、ちゃんと身に付けてるのかな?
    それだって、本当に必要なのかはわからないけど。
    用は、ライフスタイルの問題だと思います。

    ユーザーID:9623499766

  • マナー本の中だけに

    和室が珍しくなったら、その所作を実践する機会もありませんね。めったに必要にならないマナーは忘れられるしかないでしょう。

    きっと、学校で教わったり、マナー本で知ることになるんでしょうね。でも、やっぱり実践する機会がほとんどないとなると覚えてられないから、今度はマナーの方で変化するんじゃないでしょうか。

    「畳の縁を踏まない」のも昔は自宅でも決して踏まなかったそうですが、私はちょっと怪しいです。引き戸を開ける時に最初に少しだけ開けてから大きく開けるのは今でも習慣になっていますけど、これは引き戸を開ける機会が今でもたくさんあるからじゃないかと思います。

    ユーザーID:9739999119

  • 私見ですが

    できる子とできない子がくっきりと分かれ、
    それぞれが異なるフィールドで生きていくことになるでしょう。
    ブルデューという学者の提唱した「文化資本」の概念です。
    所作やふるまいといった文化資本の有無は、階級の識別子として機能する。
    それは上流が下流をふるいにかけるための機能であり、
    下流側からはその識別子の必要性が見えない。

    ただし、今後の日本について限定的に私見を言えば、
    インターネットの普及による情報面での均質化や
    唯物・取引指向の隆盛によって、
    おそらく文化資本を持たない側が、文化資本を持つ側を
    引きずり降ろしにかかり、結果として「持つ側」は
    ますます激減していくと思います。

    マナーの必要性を見当違いの実利面から判断しようとする向きは必ずある。
    私はその考え方は違うと思いますが、
    結果としてそれで社会がよくなるかどうかはわかりません。

    もし今後も「持つ側」でいたければ、多数決の論理に負けずに
    己の信じる生き方を貫くという強い意思が必要なんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2423401185

  • 世の常識…

     そうですね、美しい日本人の所作というものは次世代に繋げたいもの…
    が、我々の祖母、曾祖母の時代はそれこそ和服で過ごす事が多かったでしょう。
    お茶お花等の免状は持たずにお嫁入りなどできなかったと
    大正生まれの祖母が話していました。
    ですが母はそれらを持っていません。
    しかし普通に子供を育て、躾については口煩かったです。

    さらに言えば
    ひと昔前までトピ主さんのように29歳独身女性も
    親世代には受け入れられていませんでしたが
    今は珍しくもないですね。

    固定電話も100年くらい前の日本の庶民宅にはないものであり
    今また廃れて来ている所を見ると
    ある意味一時的に登場した文明の利器でしょう。
    電話応対マナーもメールでのマナーも
    道具に即してできた新設のマナーという意味では同じように思います。

    と、このように思いつくだけで世の常識やマナーは
    その時の暮らしの中の常識に即して、一緒にあるいは後からつくられたりするのだと思います。
    和室でのマナーも茶道など特別な場合でしか必要でなくなる世の中が来るかもしれませんので
    子供だけの問題ではないでしょうね。

    ユーザーID:5168745225

  • 時代に乗りなさいよ!

    自分達のサークル内でその様なマナーは守ったら宜しい。
    和室のないマンション住まい人に和室でのマナーなど説いてもね。

    障子ぐらい足であけても良いですよ、足も身体の一部ですから、手が塞がってる時は足はとても便利な第二の手です。

    我が家の嫁さんは足を器用に使う実用主義者です、時代に乗っています。

    ユーザーID:4468075383

  • 「うざい」という言葉が諸悪の根源?

    のような気がしています。

    29歳の独身女性です。

    私が子どもの時分には、他人様に向かって、ましてや親に「うざい」と暴言を吐く事など到底許されませんでした。
    というかそんな事考えもしなかったような…

    あらゆる所作は親や周りの大人を観察して身に付く事だと思います。
    あるいは口頭で躾けられて育ちますよね。

    それを「うざい」と一蹴してしまう現代っ子達…
    許す親、大人…
    勿論人其々ですが、本当に大丈夫なのでしょうか。

    ユーザーID:1442406746

  • 電話は特に・・・

    私が子供の時、電話が鳴ったらすぐに取り、「はい、XXでございます。どちらさまですか?」と答えていました。しかし今はセールスや詐欺の懸念があるので、自宅の電話は相手が名乗るまでこちらからは名乗らないほうがいいと思う人が増えています。子供は電話に出さないという人も多いです。昔の常識やマナーは通用しません。

    ユーザーID:6221268070

  • 今も分かれている

    できないお母さんがいるので、今の子供達もできる子とできない子で分かれるのは必然でしょうね。

    電話や和室のマナーそのものを知らないおばあちゃま世代もいるのではとも思います。

    和室に入る時の襖の開け方(手の添え方)すら怪しいもんね。
    畳の縁も踏むでしょう。
    座布団への座り方立ち方もなぁ。

    仕方ないっちゃ仕方ないかも。
    靴を揃えるマナーも分かっていない人が多いしね。
    いえばキリないな。

    我が子には教えましたが。

    できない人に不快に思う人も減るだろうね。

    ユーザーID:8952248263

  • 大変身

     時代の変化というものは、早い時、遅い時、色々あると思います。

     現在は、とても早く変化している時代です。英語のように、ある時代にとても早く変化したコトバは、極めて特異な言語として現代に羞恥をさらしているものもあります。これからは、日本の文化もそうなるでしょう。

     また、国際化という面もあります。
     箸使いを例にします。箸をとても綺麗に使いこなせる外国人が増加しています。一方で、日本人でありながら、とても直視できない箸使いをする人間も増加しています。

     これからは、できる子とできない子がはっきり別れる時代に突入することでしょう。もっとも、ここでいう「子」とは、全世界の人間がその対象となります。

    ユーザーID:8294217615

  • マナーではなくなっていくかも

    例えば、今は着物を自分で着られなくても普通ですよね。残念なことではありますが。着物を自分で着られない人がいてもそれを咎める人はあまりいないのではないでしょうか(地域差があるかもしれませんが)。

    そんな感じで、できずとも許されていくのではないかと思います。

    トピ主さんのようなお考えは、私は敬語について感じています。敬語って、教えられずとも日常生活のなかで覚えていくものだと思いますが、学校で習った知識でないとわからない方もいるようですね。

    ユーザーID:1302747469

  • 別にどうもならない

    トピ主さんが、当たり前だと思っている
    マナーも長い時代の中で変化しつつ生まれたもの
    だと思います。

    第一、トピ主さんのいう「昔」とやらの29年前から
    和室の客間がある家ばかりではありません。
    「昔」の、その家の子どもはどこでそのマナーとやらを学べばよかったのでしょうか?
    成長して、トピ主さんと同年代ですが、知らなかったから「どうなって」いるのでしょうか?

    自分の狭い範囲で知ってるマナーを
    当たり前と押し付けて勝手にテンパっている、
    マナー云々以前の問題で大丈夫なのかな、
    とトピ主さんに思いました。

    聞きたいのは、和室の所作を知らなかったら具体的に何か今後問題があるのですか?

    ユーザーID:3480074761

  • 親が教えなくても子は育つ

    >我が家の嫁さんは足を器用に使う実用主義者です、時代に乗っています。

    素敵だなー。
    こういうゆとりとユーモアに憧れます。


    うちはマンション暮らしなので障子文化はありません。
    でも、接客業をしてましたし、旅館や和食のお店にも行くので、和室で座って扉を開ける作法はしってます。

    確かに正座を長時間できないと困る事もありますが、正座をする場所も減ってきてますよね。
    和室に通されても、多少足は崩せるし。
    高齢社会が続けば、お年寄りに負担のかかる正座をする場所も減っていくんじゃないかな。

    数年で40ですけど、まだまだ知らないマナーは色々あります。
    そもそもマナーなんて時代や場所、人によっても変わるもの。
    親が教えなかったマナーは、恥をかきつつ、調べつつ、覚えていけばよいのではないですか?

    格式、伝統、作法にうるさいフランスでさえ、マナーの形も変わってきているそうですよ。

    ユーザーID:6587536009

  • まったく最近の若いモンは…

    29歳、トピ主さんもそろそろ「最近の若いモンは…」とぼやくお年頃になったんですよ〜(笑)

    私の祖母は、普段着として毎朝着物を着ていました。しかも縫えます。喪服も留袖もささっと着て、冠婚葬祭も和服姿に割烹着でくるくると立ち働いていました。

    私の母は、二重太鼓のときだけは前夜から何度も練習してから着ていました。「着物だから、あまり機敏に動けなくて…」と、冠婚葬祭ではいつもより動きが鈍かった。

    私にいたっては、浴衣しか着れませ〜ん。20代で着付を習いようやく着られるようになりましたが、結局、自信が無いので、結婚式の朝に着付の先生の家によって着せてもらいます。とほほ。お葬式では、着物ではまったく戦力にならないので洋装にしています。

    祖母は母のことを「若い人は〜」と言い、母も私を「嫁ぎ先で、お葬式のときに洋装でどうするの」とたしなめます。私は、もうすぐ中学生の娘に、「花火大会で着た浴衣と帯、ちゃんと自分で畳みなさいよ。手順は教えたでしょ。変なところに皺つけないで」と小言いってます(笑)

    さてトピ主さんは、どのあたりに位置するんでしょう?

    ユーザーID:8459602323

  • 吃驚

    障子を足で開けてもいい、とレスしている方がおられて吃驚です。HN通りだとしたら、本当に団塊の世代の方? 信じられません。本気でおっしゃっておられるのかしら?

    トピ主さんは、まっとうな感性をお持ちの方だと拝察いたします。和室や和式の生活習慣が少なくなったとはいえ、日本の美しいマナーを学び、次世代へ継承するのは大切なことだと思います。

    ユーザーID:3082597103

  • 広い視野を持とうよ

    トピ主さんが挙げた例は、長い歴史から見れば
    一昔前から現代にかけての、ごく僅かな期間だけの事を指しているに過ぎません。

    本当に「日本人のマナー」という大きなテーマを考えたいなら
    外国人から見た日本の様子について調べてみて下さい。

    日頃当たり前だと思っている事の数々が
    実は思いやりに溢れた言動だという事に気付かされますよ。

    ユーザーID:8216985526

  • 親がダメでも

    私なんか45ですが、ダメですねえ。
    私ら辺りが一番ダメなのかもしれませんねえ。
    中学が「校内暴力」時代でしたし、何かもうそれどころじゃなかった。

    「敷居を踏むのは厳禁」辺りなら無意識で大丈夫ですが、
    「畳の縁を踏むな」は意識してないとやらかしちゃいますね。
    「二歩で歩く、二歩で歩く」と心中で唱えてないと(笑。
    手をついてのお辞儀もヘッタクソだと思いますし。
    着物を畳むのは…私が「畳み方ちゃんと教えたでしょう?」と叱られてたクチで、
    娘に教えるのは全く自信が無い…母か義母に頼もう。

    でも、ウチの娘、正座しての所作や、お茶のいただき方は私よりちゃんとしてます。
    幼稚園でお茶の時間があって、年長では毎週45分みっちり正座してたそうで。

    帰省時、義母がお寺さんに小1娘を連れて行ったら和菓子が出され、
    それを懐紙で受けて正しくいただくことができたらしく、
    「奥様に『躾が行き届いていらっしゃること』と褒められた」
    と義母が上機嫌で帰宅し、なぜか私が義母に褒められ、幼稚園万歳。

    親がダメでも、まあ今は今なりに何やかやと身につける機会はあるようですがね。

    ユーザーID:2892923433

  • 障子は手で開けて様、本心本性団塊の世代です、そして二人の姑

    日本の美しいマナー! とは、美しいとは何でしょうね。
    電車で高齢者に席を譲る子供の行動を美しいマナーと思わず微笑みます。
    ブツカリそうになり「あっ、ごめん」と咄嗟に出た恐そうなアンちゃんの言葉のマナー。
    美しいと思う、思えるマナーは回りに溢れています。

    公共の場でのマナーの上で皆さんが行動しているから日本は住みやすい国だと思いますよ、田舎道でもゴミ一つない、道行く人に会釈すると会釈が返る・・・人間の温かさを感じるマナーに囲まれた毎日ですよ。

    その人夫々の生活範囲で無意識のマナーを身につけている、それだけでも良しとする者が多いという事です。

    和室や和式の生活習慣に関わるマナー! お茶、生け花、舞踊などのお作法をマナーと取り正座で障子を開け三つ指付いて頭を垂れてご挨拶を常日頃の日常生活に持ち込むも良しです。

    お箸の持ち方も気にする人が神経質過ぎるだけです、マナーとは関係ないと思います、正に携帯の持ち方のマナーを言い出すのでは?

    はい、事に応じて障子,フスマ,ドアーを開けるのに足を使います、ソファや椅子では足を組みます、正座は5分が限界です、健康な足です。

    ユーザーID:3972652730

  • 決まってる

    >日本人のマナー 変わるのでしょうか・・・・

    変わるにきまってるでしょう。
    >都内に住む29の独身女です。
    ちょっと前なら29歳で独身の女性が世間に対して一人前に物を言うなんてありえなかったですからね。

    ユーザーID:1478570263

  • 団塊世代の姑様へ

    ご高説、誠にありがとうございました。非常に勉強になりました。

    ユーザーID:3082597103

  • 基本的なマナーの基本すら消え去る個人主義

    確かに和装や和風建築に対するマナーなど、時代と共に自然と消えたり変わったりする
    マナーもあるでしょう。

    しかしながらトピ主様が懸念する問題の一部は私も感じます。

    ・核家族化が進み、マナーを教え厳然と躾をする家庭が減った。
    ・バブルを経て、道徳感が軽視される傾向が進んだ。
    ・その結果、「自分さえ良ければ他は関係ない」という間違った個人主義が蔓延した。

    マナーの基本である「相手のためになる行動をし、相手が嫌がる行動はしない」精神すら
    失われつつあるのが今の日本の問題ではないでしょうか。

    結果として、ビジネスマナーの枠を超えて、出来の悪い新人に基本的な言葉遣いやマナー
    から職場で教えるケースもある訳で。

    諸外国と比べれば、という話もあるでしょうが、レベルの低いところと比べて「まだまし」
    というのはいかがかと思いますし、「郷に入っては郷に従え」という事もあります。

    一朝一夕に片付く問題ではありませんが、日本全体で教育を考えるしかないのでしょうね。

    ユーザーID:3511115397

  • 変わりましたよ、だってさぁ〜

    >日本人のマナー 変わるのでしょうか・・・・ 都内に住む29の独身女です。

    ちょっと前なら29歳で独身の女性は相当な売れ残りとして扱われ、親御様は恥ずかしくてご近所様方に表をあげられないのではなかったのかな。

    時代は変わり29歳でもお一人で暮らせる事に感謝しましょう。

    ユーザーID:3214172440

  • 箸の持ち方だってマナーでしょ

    マナーとは 相手を不快に思わせない事。。だと思うので、変な箸の持ち方では見苦しくて相手は不愉快です。

    障子を足で開けるのは良し?? それを見て他人様は心地よく思われるでしょうか?

    日本人のマナーが変わっていくにしても、相手を不愉快にさせないこと・見苦しくないことがマナーだと思います。

    ユーザーID:1716611969

  • ウソ!

    こんな人がいるんだ…。
    マナーと所作が分かっていないのかな。

    お箸の持ち方はマナーに思えるけど、機能なんだよ。
    二本のお箸で最も効率よく正確に食材を掴む為の機能を最大限引き出す持ち方があの持ち方。

    所作には美しい以外が備わっているものよ。
    襖やドアを足で開ける?
    高らかに足を上げて?バランス崩して頭打ったらどうすんの?
    もしかして、襖もドアも半開きの家?
    みっともない。

    熱弁もいいけど、恥の上塗りだよ。

    ユーザーID:8952248263

  • 既に2極化してますね

    時代が変わって、マナーのスタイルが変わっていますが、
    本質的なことは変わらないと思います。
    マナーとは自分と周りが気持ちよく過ごせる為の配慮、や行動です。
    心さえあれば、形はどうでもいいでしょうか?
    私はそうは思いません。
    日本だけでなく、外国でもマナーの形を重要視する国が多いですよ。

    和室が家にないから、和室マナーを知らなくても当然と考える人がいらっしゃるのに驚きます。
    もちろん和室がないと、実生活で身に付けられないかもしれません。
    でも、余所の御宅にお邪魔したり、寺社仏閣で畳に上がったり、外食で和室に通されることもありますでしょう?
    教える機会はいくらでもあると思います。
    そういった場所でどうやって振舞えば良いのか、たとえ家に和室がなくとも和のマナーを大切にする人は子供にそうやって教えていけるでしょう。

    このトピックでもすでに2極化していますね。
    時代が変わっているんだから、そんなマナー必要ないと仰るなら兎も角、障子やふすまを足で開けて何が悪い、と仰っている方もみえますので、
    2極化はすでに始まっていますね。

    ユーザーID:8153646436

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧