40歳近くで医師になる場合の収入

レス5
(トピ主0
お気に入り45

キャリア・職場

Shitumon

はじめまして、30歳で医学部に入学し、現在2年生の者です。

自分の大学では、再受験生は多くいるのですが、30代の例は一学年に一人二人という程度です。

同じように、比較的高齢で医師になられた方や、そのような医師をご存知の方がいらっしゃいましたら、

1. 研修後の就職で差別されること、難しいことなどがあったか
(内科志望なので、特に内科について)

2.経験年数と共に収入の増加はどの程度まで望めるのか

教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

ユーザーID:5139652354

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 当たり前のことですが

     まず、初期研修先を慎重に選ぶ必要があります。人気の研修先は国家試験合格への不安や、体力面、指導医より年上になる違和感から高齢者(失礼)の採用を避ける可能性が高いです。いい研修先に行きたければ、面接時に堂々と「トップレベルの成績を維持しています」といえる成績をキープしてください。
     その後の就職も当然ある程度の差別はあります。ある程度大きな病院だと40歳とか45歳で当直免除にすることが多いのですが、トピ主の場合あまり経験を積んでいないうちに当直免除になってしまい、上司が夜間の当直を必死にやっているのに指導される部下がやっていないという状況が生じます。病院が選べる側なら、若くて体力のある医者が欲しいのは当然です。
     内科の中の専門分野でも、特に手技ものが大きなウエイトを占める循環器、消化器などはちょっと厳しいと思います。代謝内分泌、腎臓、総合内科などが狙い目かと。もちろん就職先がないなどということはないでしょう。
     就職後は普通は卒後年数で給料が決まります。医師募集の広告を見れば分かりますが卒後何年で年収xxxx万といった感じです。きちんと仕事をすればそこでの差別はないと思います。

    ユーザーID:6901790902

  • 体力は気になるかな

    私自身は普通ですが、32才を筆頭に20代後半以降の方も結構同級生にいたのでレスします。
    1、就職差別
    体育会系のノリで体厳しい医局は、暗に敬遠していたかもしれません。今は、研修方式が違いますが、結局は採用する側の意識次第かと思います。なので、どの科だからどこへ行ってもダメということはないと思いますし、どの科でも理解のあるところはあると思います。内科でも何科でも、自分がやりたくて受け入れて貰ったところで誠実に頑張れば良いと思います。
    年齢差別しがちな人の考えとしては、1、体力、2、物覚え、飲み込みの良さ等、学習効率、3、若い先輩に指導されても大丈夫かという様な本人の意識の問題、等を不安視しているのだと思います。実際体力的な面は、よく考えて志望を定めた方が良いでしょう。その辺りを自覚して、努力する旨アピールしたら良いのではないでしょうか。
    2、収入・待遇は、やり方次第です。開業するか、勤務医でもどの様なタイプの勤務先に就職するかでも、変わってくると思います。研修医時代は少々低給与でも質の良いところでしっかり研修して自分の医師としての質を上げた方が、後々の道はいかようにも開けると思いますよ。

    ユーザーID:8107312771

  • 人による

    新人でもベテランと思われることをプラスに利用して行く先々で人気医師(患者さんだけでなく病院スタッフにも)となれば高額のバイトのオファーも来るでしょう。もちろん本業の勉強は重要ですが見た目を生かして上手く立ち回るようにすれば早いうちから高収入も可能ではないかと思います。

    ユーザーID:0922590626

  • いろいろご心配でしょうが

     卒後25年外科系です。私の同級生には30才以上の人は3、4人いましたね。そのうち一人(男性)は免許取得後3年経たずに精神科医院を開業し、若いお嫁さんを貰ってお子さんにも恵まれ医院も盛業で不自由ない生活ですし、もう一人(女性)は70歳で「もう引退したい」と言いながら、内科の勤務医として働いています。
     保険診療という枠組みの中で診療報酬という定額の仕事をしている限りは、医師の収入は一通り仕事ができるようになれば大差ありません。
     40歳位で医師になられる方に心配な点が体力、記憶力以外にあるとしたら、若い人より「早く一人前にならねば」と思うあまり、その科の医師として「なんとなく真似事ができる」レベルでさっさと辞めてしまう人がいるので、「この人もそうではないか」という目で見られてしまう所でしょうか。教える側、雇う側としては正直、困りものです。
     ご存知でしょうが、どんなに勉強熱心な人でも、40歳位の医学生で国家試験一発合格は難しいです。友人がいなくて孤立している人程不合格だったように思います。また、開業して失敗した人も偏屈な人が多いように思います。人間相手の仕事ですので。

    ユーザーID:2918413935

  • 不謹慎だとは思いますが

    1.
     基本的には差別というより区別があります。30代後半だと体力面で明らかにキツいですし、ストレートで来た研修医より癖がある人が多い、下手すると指導医が自分より年下です。やり辛いと思います。
     内科は、外科ほど独り立ちに年数がかかりませんが、各種内視鏡検査やカテーテル治療などは、若い方がチャンスがある気がします。

    2.
     経験年数もですが、勤務先の影響が大きいです。都市部より地方病院の方が高収入、また、当直をこなして時間外勤務で収入が増えるので、収入だけ重視するならそういう病院で働けば収入を増やせます。

     高校の同級生、兄弟親戚など、年が近くて既に医師になっている人に相談できるならリスクを回避しやすいですが、「とにかくお金を稼ぎたい」のか「診療能力も上げたい」のか、両方手に入れたいなら若い方と同じ年数と努力が必要だと思います。

    ユーザーID:0329395534

  • キャリア・職場ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧