30歳漫画家志望のフリーター

レス99
(トピ主3
お気に入り172

男性から発信するトピ

亜蘭・墨氏

もうすぐ30歳になる漫画家志望のフリーターです。

16歳の高校生のころから漫画家を目指し、今日にいたるまで15年ほど漫画原稿の投稿や持込みを継続して行っていますが、連載はもちろん読み切り掲載デビューにも届きません。

「最低限20代のうちにデビューを!」という目標を設定してここ数年取り組んでいましたが、いよいよタイムリミットが迫り、気持ちが折れそうです。

諦めようにももう現時点で主な職歴はないので、そういう意味でも終わりに近い状態だとは思います。

10年以上描き続けて結果が出ないのだからセンスは無いんでしょう。まだまだ努力も足りないんだと思います。持ち込み先でも辛辣なお言葉も沢山頂きました。

一昨年あたりまでは「それでも諦めない!自分を信じて描き続けよう!」という気持ちが勝っていたのですが、去年あたりから「自分は選択肢を誤ったのかもしれない。20代前半のうちに諦めて就職する道がベストだったのかも」という気持ちの方が上回り、寝床に入っても自分の現状と将来の不安がぐるぐると頭の中を駆け回り、眠れない日々が続きます。

漫画家に限らずエンタテインメントの世界(作家・役者・歌手・ミュージシャン等)ではわりとよくあるパターンだとは思いますが、30歳を過ぎてもまだいわゆる「志望者」の方はどのようにモチベーションを維持しているのでしょうか?皆さんの意見を聞かせてください。

※ちなみに最終学歴は専門卒です。飲食系のアルバイトを継続して行っています。都内で1人暮らしです。さらについでに言えば、未だ女性と交際した経験がありません。昨今晩婚化・未婚化が叫ばれていますが、自分の周りに限っては多くの人が結婚し、子を産み育て大人になっている様を眺めては「凄いなぁ・・・」と純粋に感心している毎日です。

ユーザーID:1840019283

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数99

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 仕事をしながら描けばいいじゃない?

    アシスタントをしながら描くというテもあるし。
    そして、納得するまでやればいいのでは?

    ユーザーID:0888435623

  • 方向を少し変えてみたら?

    漫画家志望って事は絵コンテ掛けるでしょ?

    ゲーム業界やパチンコ、パチスロ業界へ就職してみれば?
    で、夜は今まで通りに漫画をガリガリ描くのはどうですか?

    チョット違うけど”島耕作”シリーズの作者は結構遅咲きだったかと思いますが。
    まぁ、奥様が”東京ラブストーリー”の作者だったって言うのもありますが…。

    ユーザーID:0711442158

  • レスします

    トピ主さんはいろいろ悩みつつもモチベーションの保ち方を質問されているという事は、まだ漫画の投稿などを続けるつもりなんですね。

    トピ主さんはアシスタントはしたことがありますか?
    臨時や在宅ではなく、ちゃんと1から教えてくれるところでです。
    もしまだなら是非やってみてください。
    そうしたらご自分の実力もわかるし、同じような仲間がいて切磋琢磨できると思います。

    投稿や持込をしても結果に繋がらないのは、おそらく絵がプロとは大きな差があるからだと思いますので、そこをまず埋めるために本気でのアシスタントをおススメします。

    30代前半まではまだきっと大丈夫ですよ、ニートでもなくちゃんと漫画家志望としてやってきたんですから。
    もし諦めて就職活動する場合も、漫画家を目指して頑張っていたことを伝えればいいと思います。

    ユーザーID:5378856621

  • 一つの例え

    還暦過ぎから小説を書き始めたものです。4年くらいかかってようやく出版界のこともうっすらと分かってきました。

    小説の場合、プロ野球に例えれば分かりやすと思います。

    毎日試合に出れるレギラーが、小説だけで食べていける作家の数と同じです。

    DHも入れて10人×12球団=120人

    準レギュラークラスとして、ベンチ入りできる選手数30人くらいだとしますと、30人×12球団=360人

    プロでも二軍選手は500〜1000人ぐらいいるのでしょうか。

    その他に野球をやっている人は、社会人から、大学、高校球児まで合わせると、数万人はいると思います。

    小説や漫画を目指す人も同じだと思います。

    自分がどの位置にいるのかは、15年も描いていると自分の実力は分かる思います。

    それが一つの判断材料だと思います。

    ユーザーID:0977694412

  • がんばって!

    ずっとマンガ業界で作家として40年以上生きてきました。他の職業についたことはありません、したがって知り合いのほとんどが編集者、プロのイラストレイター及び漫画家たちです。
    私の経験から言いますとあなたに色々と意見をしてきた編集者、あるいは担当者の言うことは“絶対”ではありません。

    今までどれだけの新人を潰してきた編集者の多いことか。彼らに作品を見る目があるとは到底思いません、参考になる程度ですよ。

    30歳は区切りでしょうが遅咲きという意味では40歳を越しても可能性はあります、要は“描き続ける”ことです。

    アルバイトをしながらでも描き続けてください、プロになれなくて“自分には才能がなかった)とぼやく人たちに共通するのは”プロになるほどの量を描かなかった“につきます、これは本当です。
    今まで数多くのアシスタントを雇ってきましたし、その顛末も見てきました。美術学校の生徒たちに問われて色々示唆してきましたが・・“描き続ける”ことを実践した人たちだけがプロになりました。
    多読と映画DVD鑑賞(イラストレイターではなく漫画家になるにはこれは必要)も忘れずに!道は開けます。

    ユーザーID:7813170667

  • 担当もついていないなら

    即、ちゃんとした仕事を探しましょう。夢がかなう人は稀です。かなっても続かない人も多いです。私がそうです。大手でプロデビューまではこぎつけたけど、編集会議でネームが通らず、続きませんでした。

    でも描くことが好きなら、やめなくてもいいし、やめられないはずです。その先にプロの道が通じていることもありますよ。30過ぎてデビューした知人もいました。私よりは続いたけど、今はもう見かけないのでやはり厳しかったのでしょう。
    つまりセオリーはないので、トピ主さんの将来は誰にもわからない、でもそれだけやって来て担当すらついていないなら、相当センスは無い可能性が高いということ。

    正社員の職歴はなくても真面目に働いてきたトピ主さんなら、きっといい仕事場に出会えます。もう30と思うでしょうが、悲観するには早いですよ。

    ユーザーID:9955494669

  • 同人活動のすすめ

    投稿だけだと
    自分の個性より、なんていうか

    デビュー出来る作品を目指してしまって

    迷路に入りませんか?

    私はマンガを志望しながら
    家庭の経済事情のために働きながら投稿。

    その後アニメ関係の仕事をしました。

    今は全く別の仕事をしていますが

    私の間違いは投稿だけしていたことだと
    つくづく思うのです。

    好きなもの描いて、発表する
    その喜びはマンガ研究会の部活でしか
    味わえなかった…
    狭い世界でしたが、笑って貰えて嬉しかった…!

    今の時代、ネットでも発表出来ます。

    好きなように描いてみては?

    ユーザーID:6589528188

  • エッセイマンガブログは?

    エッセイマンガブログをされてはいかがでしょうか。
    ブログって訪問者数にもよりますが、商業誌のマンガ家に匹敵するほど収入を得られると知って衝撃を受けました。
    出版社を通さずに、また同人誌のように在庫リスクを抱える事無く広告で収入が得られると。
    人気が出て出版社から声が掛かればさらにプラスになります。

    飲食系のアルバイトをされているならそれ系のネタがたくさんあるでしょう。
    (実際にあった事をそのまま描くとマズイ場合もあるかもしれませんのでよく練って下さい)
    飲食バイト日記マンガブログ、いかがですか?

    ユーザーID:9901661833

  • 仕事しながらでも漫画は描けますよー。

    まずは就職して安定してから描けばいいと思います。
    今は30代でも40近くなってもデビューする人がいるし、
    社会経験を積むことは漫画にも活かせると思います。
    まだ取り戻せますよ!

    ユーザーID:5344390943

  • あなた自身の気持ちは?

    漫画に限らず、小説でも何でもものを書く(描く)事を職業にする
    ような人たちは描かずには居られない、作品を生み出さずにはいられない
    情熱が不可欠だと思います。

    あなたは漫画家という肩書きが欲しくて、あるいは行きがかり上意地で漫画を描いているのですか?
    描きたくて描きたくてたまらない、作品を描かずに居られない気持ちはまだありますか?
    こんな作品を書きたい、あんな作品を描きたい、まだまだ描きたいんだという思いはありますか?

    それが無いならきっぱり辞めた方が良いですね。
    同人誌などの活動はされていますか?
    同人の世界で売れっ子作家になれば、あるいは30過ぎでも商業誌掲載などの声もかかることもあると思いますが。

    トピ主の場合は、そろそろ本気で食べて行くための仕事を考える時期だと思います。
    きちんと生計を立ててそのかたわらで趣味で描いていくのが一番かと。

    現状では結婚はないでしょうね。
    モデル並みのイケメンであるとか、実家がお金持ちで大きな財力をお持ちであるとか、特別なものがない限り、30近くまでバイトしか経験のないフリーターと真剣に将来を考える女性は居ないと思います。

    ユーザーID:6167536728

  • 気づいた時が辞めどき

    フリーターで衣食住を自分の力でまかなった上で
    漫画家になるための努力をする時間もあったのだから
    漫画家になるために使っていた時間と手間を仕事に向ければ
    あなた、有能だと思います。店長とかなれますよ。

    ええとしして夢を追ってる人間はモチベーション維持ってよりは、
    親が保護してるとか、女性に養ってもらってるとか、
    何々を目指していますっていう建て前に夢を使ってるだけです。

    ユーザーID:5857203572

  • アシスタントは?

    フリーターというのは普通の仕事ですか。
    漫画家のアシスタントはやらないのですか。

    自分だけで描いているより「この人だ」と思える人の下で働くと
    とにかく勉強になりますよ。

    アシスタントの能力が上がれば、お金もたくさんもらえますし
    生活はもしかすると今より楽になるかもしれません。

    15年という年月より、何作くらい描いて、どんな雑誌に持ち込んだかが問題だと思います。
    絵がだめなのか、話がだめなのか、そのへんのアドバイスは
    もらってますか。

    自分に足りない物が何かをちゃんと聞いて、それを改善するように
    考えていますか。
    自分に合う雑誌を探していますか。

    私の場合は長くアシスタントをしてぬるま湯につかってましが
    先生のコネで、ある雑誌に描くことになりました。
    30代後半のことです。

    誰もが認めるような才能がない場合は、
    周りに漫画関係の人がたくさんいるところで働く方が
    いいと思います。
    そこで努力して、出版社の人と懇意になっていけば
    もしかしたら1本くらい載せてあげようってことになるかもしれません。
    (雑誌によるのですが)

    1本でも載れば、あとはひたすら頭を使って、努力です。

    ユーザーID:6030919109

  • 今が一番若い

    どこかで線引きして投稿する時期じゃないのかな。
    プロ棋士になるまでのように。
    関係ないかもしれないけれど
    私の姪も、音楽で食べることは断念したよ。
    26歳。その歳で彼女の母は彼女を産んでたから
    潮時かな。

    仮にプロデビューは難しいとしてもさ
    趣味で漫画描き続けばいいじゃん。
    ばっさり捨てることないよ。
    最近ではネット上にアップしていたりするし。
    収入にはつながらないかもしれないけれど
    「面白い」のを定期的に描くひとなら
    あなたを理解してくれる仲間は得られる
    かも、しれない。

    ごめんねモチベーションの維持法じゃなくて。
    でも見極めも長い人生大切だよ。
    人生の主人公は自分なんだからさ、
    人を面白がらせる前に
    ある程度、面白い経験をつまないとね。

    描きたいものができるまで
    描かないのも一つの手だよ。

    ユーザーID:4996728226

  • アシスタント経験は?

    女性経験とかどうでもいいのでアシスタント経験とかを書いてくださいね
    15年も続けていれば持ち込んだ編集部からアシスタントの話ともあると思いますし、アシスタントをやっていれば同様の境遇の人との交遊関係も広がりますよね
    ここで聞くより同様の境遇の人やその周りの人の話を聞いた方がよいと思います

    ユーザーID:5226135028

  • 早くあきらめた方が

    私は漫画家です。連載があり、単行本も出しています。

    もう長いこと描き続けていて持ち込みもなさっているとのこと。10年以上その状態ならはっきり言ってもう見込みはないと思います。見込みがあれば早い段階から編集さんの担当がつき、指導の上、デビューまで導いてもらえているはずです。

    この世界は才能と運がなければやって行けません。どんなに努力しても時間をかけても、才能も運もない人はモノになりません。才能と運があればポンポンポンと行くものでもあります。

    どうしても漫画を続けたいなら就職でもパートでも他の収入源を確保し、同人誌やwebでの公開にしたらいかがですか。もしかしたらそれで作品に目を止めてくれる編集者がいないとも限りません。

    ユーザーID:6904985361

  • 主様の場合は

    とにかく就職お勧めします、無理なら今働いてる所で盤石な地位を作る。
    別にね漫画諦めろなんて言ってませんよ。
    編集者の知人いますが漫画だけで食える漫画家一握りで会社員してる人も多いって。
    就職なりなんなりしてその上で漫画描けばいいんですよ

    ユーザーID:4280041315

  • アシスタント

    雑誌に、アシスタントの募集などたまに目にしますが、そういう話は編集の方からなかったですか?
    それなりの画力があれば、アシスタントから始めて漫画で食べていく事を経験してみたら?と思います。

    アシスタントでも、相当大変そうですけどね。

    ユーザーID:4522454267

  • 「人並みの幸せ」を期待するな〜!

    そこまで引っ張ったんなら続けなさいよ。

    別に結婚しなくてもいいじゃない。一生独身で何が悪いの?
    トピ主は男性でしょう。出産年齢で悩む事も無いし、これ幸いと開き直って邁進したら?

    今まで女性と交際経験が無いなら、それをネタにする位やってみせなさいよ。
    儲けもんでしょ。今の時代、共感してくれる人も多い筈。笑いも取れるよ!

    但し、やるならとことん!です。
    今まで芽が出なかったのなら、遣り方を見直す。他人のアドバイスを聞く。
    デッサンを今までの倍描く。日本でウケないなら外国人向けに描くとか。
    インターネットがあるんだから方法はいくらでもあるでしょ。
    食い扶持のためにアルバイトは続けなさいよ。

    将来の不安なんて努力で吹き飛ばせ!!


    出来ないならすぐ辞めなさい!
    道具をすべて処分して、今後一生描かないこと。
    就職目指して今度は努力しなさい。


    周りなんて気にすんな!

    ユーザーID:8801536216

  • 全部やったら良いよ。

    これからバイトしながら就活をして、

    漫画もコツコツと投稿すれば良いんじゃないでしょうか?

    そうしながらゆっくり恋愛などもしてみれば良いのでは無いでしょうか?

    恋愛や就職したら世界が広がって色んな人を見、色んな情報を聞き、
    深い漫画が描けるようになるかもしれません。

    きっとそうそう上手くは行きません。
    でもソレが人生。 けっこう楽しいですよ。

    私の好きな水木しげる先生は若い時代を戦争行って片腕失くしても漫画家になられた。

    数年前に、90歳代で漫画家になられた方も居ましたね。

    スポーツ選手やアスリートと違って作家は諦めなければ年齢はいくつになっても夢見る事は出来るものと思います。

    一番早いのは漫画家先生のアシスタントになる事です。

    私(女性)は親兄弟家族が漫画家は許さず、高卒後に就職、30歳で親の言いなりで結婚、
    子供に恵まれず36歳で離婚。
    その後からフルタイムで働きながら夢だった漫画投稿をして38歳でプロデビューしました。
    フル勤務だと15ページの漫画描くのに2ヶ月以上かかりましたが
    年に3本くらいは出来ましたよ。

    ユーザーID:2139826237

  • 漫画の道を捨てられますか?

    漫画を描く以外の生き方ができますか?
    それができてればとっくにそうしてたでしょう。

    ご友人たちは、会社に勤め、家族を持つという積み木を積んできた
    トピ主様は、漫画を描くという積み木を積んできた

    まわりの人たちと同じ生き方をする必要はないし、何を選択しても、制約や不安やストレスはあります。
    そのまわりの人たちだって、保証のある人生ではないです。
    この先何があるか、誰にもわからないですし。


    そう考えたとき、私は、進む方を選びました。
    というより、それ以外の生き方はできないと悟りました。
    恋人と付き合うことよりも、結婚することよりも、自分が選んだ道を進むことが私にとって幸せだと気付きました。
    不安なときは、70代で芥川賞を受賞された黒田夏子さんや、岡本太郎さんの生き方を思い出して勇気をもらいます。

    トピ主様にとって納得のいく生き方はどんな生き方ですか?

    トピ文を拝見して、大変しっかりした分かり易い文だと思いました。
    あなたの才能と世の中の需要との落とし所が早く見つかることをお祈りしています。

    ユーザーID:7401259585

  • 難しいですよね

    30代半ばの、食えてはいる程度の漫画家です。
    似た様な事は散々考えてますが
    共感レスでもないので、嫌なら読み飛ばして下さい。

    厳しい世界ですよ、と言いたい訳じゃ無いですが
    「自分に合った目指し方、生き残り方」は
    ずっと考え続けないといけないと思います。

    私の場合だと
    上手い子と同じ目指し方(漫画に集中するやり方)をしたら、
    経済的に困窮する=描く時間も気力も減って行くだろうし
    ネタの引き出しも増えない
    と考えて、会社員しつつ目指すと言うやり方を選択しました。

    中1から描いてましたが、初掲載は23才で
    当時の若年誌ではやや遅い方だったと思います。

    漫画専業になってからも
    「自分なりの」というのはよく考えます。
    上手い人は星の数程居ますので、
    上手さじゃない部分でどうやって勝負する?とか。

    どう目指すのが良いのかは人それぞれで違いますし
    このやり方が正解、と言うのは全くない世界ですが

    ただ、トピ主さんの今の目指し方が本当にベターか?は
    見直されてみては、と思いました。
    努力やモチベーションで解決するとはあまり思えないので
    環境や気分を変えた方が良いのかな?と。

    ユーザーID:9779401555

  • 知人のマンガ家の場合…

    知人の漫画家さんに聞いたお話です。
    中高生の頃に、投稿して編集部から声をかけられ、夏休み等に漫画家の先生のお宅でお手伝いをしたり、アドバイスを受けて作品を書いて投稿して連載が決定し、現在に至ります。
    経歴としては有名私学を卒業し、大変難しい企業に採用され就職、お仕事の経験があるそうです。
    地方に出掛けた時にお話しした方の知人が車関係のマンガを書いているとかで「今は「そこまでこだわる?!」と言うくらいの内容で、掘り下げて掘り下げて細部に渡って勉強しないと作品としては認めてもらえない」と言っていた…とおっしゃっていました。
    主様がどのような作品を書いておられるのか?解りませんし…
    そりあえず「志望者」ではないので、これ以上のことは申せませんが…
    トピの本題からは外れますが、ご参考にして頂けましたら幸いです。
    ちなみに私は趣味の域ですがキルトや布小物を作っています。
    たまに雑誌に作品を送り、掲載していただく事もあります。
    夢はオリジナルを発表する事で、ただ今研究中です。

    ユーザーID:6604621867

  • 1年

    漫画を描くのに、年齢は関係ありません。とはいうものの、トピ主様は14年近くも投稿を続けていてなんの成績も残せなかったのですよね?
    担当さんはつきましたか? アシスタントに行けとは言われませんでしたか? それだけ長く投稿者をやっているなら、チーフアシクラスの画力があってもおかしくないですよね。
    週刊連載の仕事場では、編集さんが絵の上手なチーフアシに声をかけ、出来レースで賞を取らせてデビューさせ、即戦力にすることがあります。チャンスはゴロゴロしているんです。
    アシ経験がないのなら、週刊少年誌のアシスタントに応募して、そこで技術を磨き、担当さんについてもらったらどうでしょうか。それで1年以内にデビューできないようならきっぱり諦めて、職業訓練に向かう。
    担当さんに見てもらって、アシスタントにもなれないような実力なら、今すぐにでも手に職をつけることを考えた方がいいです。
    ここまで来たのならとりあえず女性とのお付き合いの事は置いといて、自分の夢を叶える方を最優先したほうがいい気がします、

    ユーザーID:9052038255

  • うーん

    学生時代、いわゆる漫研に所属していました。自分の世代の部員の中でプロデビューしたのが3人います。あれから20年近く経ちますが、今も漫画家を続けられているのは1人だけです。

    従姉弟に漫画家が1人いますが、ここ5年くらいはまともな連載は無く、漫画家とも言えなくなってきています。

    知人の息子さんは作品がアニメ化になるくらいの人気漫画家でしたが、それ以降の作品がヒットせず、今も連載はありますが先行き不安な状態です。

    トピ主さんが目指しているのはそういう世界です。プロデビューはあくまでスタート地点にたっただけ。そこから先が本当の勝負です。成功できるのはほんの一握りだけです。
    多くの人間が夢を抱いて挑戦しますが、その殆どが途中で自分の才能に見切りを付けて断念していきます。

    気の滅入る話をしましたが、そのくらい過酷な世界だということです。心が折れた人間が通用する世界ではありません。
    トピ主さんの選択肢は大きく2つ。ただひたすら目標のために邁進するか、別の道を探るかです。
    トピ主さんの人生です。トピ主さんが納得できる選択をしたらいいです。他の意見なんて関係ないんですよ。

    ユーザーID:5835806854

  • 厳しいこと言わせてもらいますね

    ごめんなさいね。厳しいこと言わせてもらいます。

    トピ主さんは新人賞をとったりと、デビューもまだなのですよね?
    モチベーション云々の前に…。

    デビューがゴールになっていませんか?

    漫画家などエンターテイメントに関する仕事の場合は、デビューがゴールではない
    ですよね。
    コンスタンスに、一定水準の作品を生み出す力がないとやっていけない仕事ですよね。
    実際、連載を持つ漫画家だって作品が生みだせなかったらそれで終わりです。

    漫画を描き続けたいなら定職に就きましょう。
    今バイトをしている飲食店などで、正社員になる声かかりませんか?
    漫画を描く時間は減るかもしれませんが、それくらいになっても描き続けずにいられない
    ような人が漫画家になれるのではないかと思います。

    何度も言いますが、デビューがゴールではないです。

    自分の才能にはもうお気づきですよね?

    ユーザーID:9469551331

  • 描き続けられることこそ才能

    漫画家に限りませんが、自分の中におさえられないイマジネーションがあり、アイデアが枯渇することなく、描き続けられることこそ才能だと思います。

    今や人生80年、50歳ぐらいから芽が出る人もいます。

    ただ、ネットに自分の作品を自由に発表できる現代、時代はクリエイターに厳しいものになってきています。

    生活は生活として割り切り、お金を得る手段は見つけた方がいいです。

    その方が精神的に安定して、良い作品が書けるとは思いませんか?

    ユーザーID:5488889228

  • とりあえず就職

    まだ30歳なら、とりあえず先に正社員で就職しましょう。就職できてから、結婚や子育てがすごいと思いましょう。

    ああ、わかりました。順番づけがおかしいんですね。
    普通の人なら、「出会い→告白→恋愛おつきあい→プロポーズ→結婚→出産→子育て」と一般の順番をたどるのに、あなたは「出会いもなくいきなり結婚、子育て」になっちゃうのではないでしょうか。それを、編集者の方が指摘する。

    ところで、作家のアシスタントをしたりコミケに出したりされていないのでしょうか??

    ユーザーID:6661887373

  • あれもこれもは無理だけど全部諦める必要もないしね。頑張れ!

    >飲食系のアルバイトを継続>都内で1人暮らし
    親に頼らず自立して漫画家を目指してる、すごいことですよ!デビューできないかもしれないけど描くのは辞めることなく続けていてもいいのでは?趣味の延長になってしまっても好きなことでしょう?プロになれない人の方が多い世界ですよね。
    大学を出ても就職せずに学生時代からのアルバイトをそのまま続けていて親の家に住んでお金をいれずに生活している人もいますよね。
    今迄の道が間違っていたということはありません。打ち込めるもの、情熱を傾けるものがあるのはそれだけで素晴らしいことなんです。
    絵やお話の構成が上手いのなら広告会社や印刷会社にお勤めというのはできませんか?中途でも採用しているようですよ。(地方の話ですが)激務でお仕事しながら作品を描くのが無理となったらそこで一旦休止してみてもいいかもしれません。
    女性とのお付き合いもその内にできるかもしれないですよ。今の生活では出会いも限られてきますよね。今年は違う分野に踏み出す年にしてみてはどうですか。30歳は男女共どんな仕事環境の人でも自分を見直す時期なんです。
    大丈夫だよ〜!あなたまだ若いから。

    ユーザーID:3047489957

  • 30代半ばでデビューしました

    トピ主さんは何度も投稿、持ち込みしても箸にも棒にも引っかからないの?先方のアドヴァイスはちゃんと作品に反映させてますか?持ち込み先の読者ターゲットや方向性は、自分の作品と合ってますか?
    それと、出版社にアシスタントの仕事を紹介してもらえないか相談できませんか?いろんなテクニックや作法を学べますし、画力は描けば描くほど上達するものです。当たり前ですがコレ絶対です。画力が上がれば極端な話、なんでもない話に説得力を持たせる事も可能です。マンガは絵ですよ。

    今は大御所中の大御所、あの竜の玉で名を馳せたT山先生は、デビューするまでにダメ出しされまくって、原稿を2000枚描かされたそうですよ。幸いな事に漫画家に年齢制限はありません。がんばれ!

    ユーザーID:1773506836

  • 私も目指して挫折した

    目指したのは小説ですが、その前に就職しました。
    二足の草鞋がよかったのか悪かったのかわかりませんが、早々と挫折してサラリーマン一筋で成功組に入るでしょう。退職後に、あらためて書きはじめました。

    小説書いている人で、二足の草鞋は多いですよ。

    トピ主さんも、そうすればよかったのに。

    ユーザーID:0291513689

レス求!トピ一覧