貧乏人のブランド志向

レス199
(トピ主1
お気に入り415

生活・身近な話題

むらにし

レス

レス数199

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 199
次へ 最後尾へ
  • それなりに小金を持っている人がブランド志向な気が

    地方都市から出てきて長年一人暮らしをしているOLです。
    頑張れば買えないこともないけど、頑張らないと買えないので
    ブランド物は持ったことがありません。衣服にお金はかけられません。

    そんな私の目から見ると、ブランドバッグをたくさん持っている人は
    お金持ちとまではいかなくても、それなりの小金持ちな感じの人が
    多いですよ。けして貧乏人ではないと思います。

    私の周りでブランド物を持っている人は、OLでも親と同居していて
    割と待遇のいい仕事をしていて、親もそれなりにお金を持っていて
    子どもの結婚などには惜しみなく援助をしている家庭の人でしたね。
    まともに仕事をせず、親に養ってもらっている人もいました。
    そういう人は、持っているバッグが全部ハイブランドでしたね。
    たぶん生活費、結婚費用などは親に援助してもらうから
    給料は全額自分の好きなように使っているのでしょう。
    こういう人は貧乏人とは言わないと思います。

    しかし、私は富裕層でもないのにブランド物を持っている人を
    いいとは思わないので、トピ主さんのように高年収の人が
    こういう意見を持っているのには、賛成したい気持ちが強いです。

    ユーザーID:1093090142

  • きっとその人にとって・・

    価値観の相違だと思います

    ベンツに乗っていても
    安いアパート・食事はカップ麺
    そんな人知っています
    でも「貯金」はあります

    お金に余裕がある・なしの基準では
    ないような気がします

    「その人」は本当にお金がなく
    貧乏なのですか?

    ユーザーID:0134521211

  • 家賃を節約

    家賃を節約してブランド物の購入に充てているのでは?

    話はそれますが古いアパートに高そうな車が停まっているのも同じ理由だと思います。

    ユーザーID:4799014614

  • 少ないからこそ残るものを

    収入が少ないからこそ形に残るものを欲するのではないでしょうか。
    自由になるお金が少ないと飲食にお金をかけたり1泊何十万の部屋には泊まったりできないですがブランドバッグ程度なら少し貯めるだけで買えると思うので。
    私事ですが、今はお金には不自由していないのでブランド品にはほとんど興味ないですが、もし金銭的に困るようになったならば外食や旅行をあきらめる代わりにバッグや靴、衣類など形に残るものにお金をかけますよ。

    ユーザーID:0536320640

  • 他人のことはわからんが、自分のことで。

    そういえば!私はそうでしたよ。

    もちろんお金なさ過ぎて、いわゆるわかりやすいブランド物って持っていなかった
    のですが、持ちたいなーなんて思ってました。

    ただその時も流行りとかがあって、何人かが同じブランドのまったく同じ型のバッグ
    やら財布やらを「職場の指定か?」っていうくらいかぶって持っていて、それなら
    私はいいかな・・・って思ったのをおぼえています。

    学生でもそんな感じで持つ方ってけっこういらっしゃって、私はそんなに高級品を
    買い換えられませんから、高級で長持ちなんて何年も持ってると「あ、それ5年くらい
    前流行ったよね!私も持ってたよー」とか言われるの私は苦手で。

    今はブランド物を日常使いできるくらいの生活になりましたが「ブランド」という理由
    では欲しくなくなりました。これ、私にとってはおしゃれな外車も同じです。
    あんなに乗りたかったのにな。今なら乗れるのに興味なし。

    ただ、ものすごく高いブランド品を「親からのお下がりよ」なんてさらっと使っている
    方は羨ましいです。
    ブランド品が羨ましいんじゃなくて、なんていうかな、難しいけど。

    ユーザーID:5504968191

  • 『なんでそこにお金かけるの〜!』という

    成金な人に多いですね

    『なんでそこにお金かけるの〜!』という
    どうでも良い、突っ込み。

    じゃぁなんで広いとか新しいって言うだけで住む部屋を選べるの?

    人によってどこにお金をかけたいかは違うんですよ。
    トピを開いて一つ勉強になりましたね。

    ユーザーID:9952166349

  • 意地悪ねえ・・・

    ここで、意地悪なトピをたてなくてはいられないほど、今のあなたは
    満たされない生活をしているのね、と思いました。


    トピ文を読む限りは視野が狭くて、とても意地悪。


    私は革製品が好きなので、上質なもののお手入れが楽しみです。
    エルメスのボックスカーフ、BREEのヌメ革、ゲンテンの革、それぞれに
    良いな、と楽しんでいます。
    シャネルのバッグの被せがぴたりと来る所、ロエベの程よい大きさ・・。


    誰だって、買えるのだったら楽しんだら良いではないですか。


    ここで「貧乏人」なんて言うの、精神を病んでいるのかな、と心配です。
    早く、ゆったりとしたお気持ちで幸せになれますように。


    何かひとつ、触って気持ちの良い上質なバッグかポーチでも買って
    老舗ブランドのハッピーオーラに触れてみたら?


    お大事にね。

    ユーザーID:8244772060

  • 自分を補うため もあるかも

    お金に余裕があるアピールではなく、
    自分に足らないものを補う意味で、ブランド物を
    所持するのではないでしょうか。

    コンプレックスを埋める為だったり、
    魅力を補うためだったり、etc。

    お金に余裕アピールも含まれるかも。

    自分に自信があれば、高品質・高価格のもので
    自分を補わなくても、大丈夫なので、
    年収が上がったり、自分が満たされているという
    確信が持てれば、おのずとブランド品には
    手を伸ばさないかと思います。


    あとは、ある程度ブランド品や遊びをしつくした感を
    持ったあとは、興味がなくなる、というケースもありますね、

    それと、仲間が持っているから、とかかな。


    広告宣伝媒体に踊らされて?もあるかも。

    限定!とか、日本先行とか、ね。


    大事に使うのなら、低所得の人でも所得の高い人でも買うのは
    構わないと思いますよ〜

    ユーザーID:1011823149

  • 事情が変わった

    ワンルームでブランド品ばかり持つ人間です。

    恵まれた家に生まれ、贅沢をして育ち、収入の高い、32歳まで安定した職についていました。
    ブランド物が好きなのではなく、程度の差はあれブランド品しか買ったことがなかったです。
    (好みは変わらないし、縫製も素材もいいので使い続けています。10個のブランドバックを10年愛用すると、1つを1年使うより劣化もせず、きれいなままです。)

    一昨年、起業に挑戦しまして、衣食住のお金を1/3くらいセーブして生活しています。いい大人ですから親の生活費援助はもらいません。服やバッグ・アクセサリー、去年は全く買っていません。ワンルームで生活しています。

    ユーザーID:0467704317

  • 年齢と年収の問題じゃ?

    人間、だいたいが若い頃の方がお金がない。
    でもおしゃれはしたい。

    年取ると、お金はあるけど、おしゃれしても
    そんなに楽しくない…

    そういう年齢と年収の問題もあるんじゃないですかね。

    ユーザーID:1983612692

  • 一概には言えない

    貧乏人がではなくて、おしゃれじゃない人なのかなと思いました。
    ここに書き込んでいる方は、質の良さがわかっていて選択された方が多いようですが、当方田舎なので、わかりやすいモノグラムのバッグぶら下げてる人で服装のバランスが変な人が結構います。
    一点豪華主義、自分へのご褒美。
    よくわかりますけど、ブランドバッグを持つなら高い服を身につけろというのではなくて、全体のバランスや色味に気を配るくらいしないとかっこ悪いと思う。
    でも頑張っててに入れたブランド物に頼りすぎてるのか、それさえ持ってたら流行りに乗ってる、自分もオシャレだと安心してるようにも見えます。
    すみません。

    ユーザーID:8674152637

  • 理解しがたい

    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観って、自分も含めていびつだと思うし、どうしてそうなるのか疑問です。

    えっ、でも

    >かく言う自分もお金がないころはブランド物に興味がありましたが、

    ならば、その疑問の答えはトピ主サンの中にあるのではないかな。

    ちなみに私は、極貧の生まれで、20代半ばで普通の貧乏(笑)、30代にはトピ主さんの年収を軽く超えていました。

    で、貧乏だからブランドものが欲しいという気持ちはありませんでした。
    年収が増えるにつれ、それに見合った「いいもの」を買うようになりましたが「ブランド」にはこだわりがありません。
    こだわりがあるのは「品質」ですね、、それとコストパフォーマンスも。


    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観って

    と、お金がない人の価値観を決めつけていますけど、それは単に「お金がなかった頃のトピ主さん、および類似のひと」であって、全て(大多数)ではないと思いますよ。

    ユーザーID:4633351535

  • うーん…

    トピ主さんの言いたい事、何となくわかりますけど…。

    でも、ご自分も同じ気持ちの時もあったんでしょう?

    その時を思い出せませんか?

    多分、こう仰りたいのかな。

    欲しいものにいつでも手が届くようになった今、昔欲しかったブランド物への憧れが無くなり興味も薄れてきました。

    違ってたら、ごめんなさい。

    因みに私もブランド物には興味が無いですが、理由はトピ主さんと正反対です。

    手が届かなさすぎても、そうなりますね。(笑)

    ユーザーID:7091323331

  • みんな色々

    あなたの言いたい通り
    ・自分を大きく見せる、裕福に見せる為

    もありますけど、ざっと思いつくだけでも

    ・そのブランドのファン・趣味
    ・いい物が欲しいが、物を見る目に自信がないのでとりあえずブランド
    ・流行っているから
    ・プレゼントされた
    ・そのブランドで働いている、または芸能人やモデルで広告がわり

    という人もいますよね。また貧乏だろうと金持ちだろうと、買う人は買うので志向だと思います。あなたの場合、収入が増えて志向(価値観)が変わったのではないでしょうか?

    私は若い頃から流行りものが好きなので、流行りのブランドで結構買っていました。今は年をとって収入が増えましたが使えるお金は減ったので(笑)、流行りものは買わず何事も吟味して買うようになったと思います。

    でも特に老舗ブランドには、独特の良さがありますよ。革製品でも色や縫製も全く違う丈夫な物もあるし、靴なんかもしっくりくるし。洋服も糸からして違う物もありますよ。同じ物が安く買えるならそちらで買いたいですが、無いからブランドなのでは?ワンルームにブランドでも自分武装の為だけでは無い場合もあるので、一概にいびつとは思えないですね。

    ユーザーID:0192119691

  • いいんじゃない

    都会に住む人が田舎暮らしに憧れるようなもんじゃないでしょうか。
    いつでも手に入るものには興味が持続しない。

    借金してまでブランドバッグ!っていうなら問題だけど、
    欲しいバッグが仕事へのモチベーションになるならそれでいいんじゃないかな。

    ユーザーID:2824458846

  • 価値観それぞれ

    結局、お金の価値観それぞれという結論になると思うけれど。。
    私もそんなにブランドにお金をかけるタイプではありません。
    いわゆる「ブランド物」は自分でかったことがなく、頂き物ばかりですね。

    もちろん、ブランドショップはマーケティングがうまいので、
    みればほしくなるけど、お金を出してかう、という行動にはなりません。

    そんな普通の家庭の我が家の贅沢は、
    ・ハウスクリーニングサービスで時間を買う
    ・旅や食にお金をかけることで思い出を買う(お金かけたところで正比例しませんが)

    観光地に住んでいるので、
    来客があるときのおもてなしにもお金を惜しません。

    ちなみに、賃貸暮らし・車なしです。
    買おうと思えば買えますが、必要性を感じないのです。

    結局、人それぞれなので、それで人を判断しません。

    ユーザーID:3338862718

  • 落ちぶれたくない

    育児してても落ちぶれたくない人が意味なくブランド物を買い漁ってると思います。
    心の拠り所なんでしょう。だから全体としてはちぐはぐで傍から見れば哀れさえ感じます。

    ユーザーID:4695952445

  • 分かっているくせにぃ〜

    >かく言う自分もお金がないころは・・・

    ご自分の過去を振り返れば、おのずと理由がお分かりでしょう?
    学生のブランド持ち見れば明らかでしょ?
    タイトルもなかなか意地悪で、何故トピをおたてになるのやらという感じです。

    ユーザーID:5372523534

  • キャリー・ブラッドショー

    って知ってます?
    SATC−セッ○ス・アンド・ザ・シティっていうドラマの主人公です。
    ニューヨークを夢見て、家出をして早10年ほど、売れっ子コラムニスト。

    でもコラムだけでは儲からないのに、
    その収入でアメリカ人なら誰でも夢見るニューヨークのupper east side
    のワンルームスタジオに住んでいます。
    ハイクラスファッションを好み、クラブ・バー・レストランなど女友達と遊び歩きます。

    本当にお金が必要になったとき、貯金額がその月の生活費しかなくて、収入源をすべて遊びとファッションに使っていたのが友達に知られ、呆れられてしまうエピソードもあります。

    でも彼女はそれがライフ・スタイルなのです。

    もちろん貯金額ゼロ。

    でも勘違いしないでください。
    キャリーがすきなのはオートクチェール。
    そこらのファースト・ファッションではありません。

    好みは人それぞれです。
    キャリーのように一足20万もする靴を好む人もいれば
    デパートの2万円のヒールをロゴびっしりの3万のバッグでこーでする人もいます。
    また、ブランド問わず、気に入った物を欲しい時に買う人もいるわけです。

    ユーザーID:0315037707

  • 一概に言えない

    食パン1つでも好きなシリーズがあれば、それ一筋な人もいます。
    車でも靴でも。盆暮れGWなどの一番混んでいる時期にわざわざ皆がよく行く定番の海外リゾートへ行く人もいます。
    なけなしのお金だから有意義に使いたい、でもアレコレ冒険している金銭的余裕はない、だから普遍的に良いと言われているモノ(場所含む)に魅かれる。。。そういう人達も多いと思います。
    あと、一度「やっぱり、いいモノは違う」と感じてしまうと、それ一筋とか。
    某ブランド時計は数年に一度オーバーホールに出す必要があるけれど機能性に惚れこんでいる人が多いです。
    メンテナンスやきめ細かいサービスで「持つなら○○」と惚れこんだり。
    私が某ブランドバッグが大好きなのは、10年使ってもヘタレず、台風でも大雪でもガンガン持ち歩けるからです。
    アパート暮らし云々って、、一概に言えないと思います。

    ユーザーID:9824361504

  • 言いたいことはわかるけど

    リアルでは言わない方がいいですよ。
    あなたに見られると貧乏人認定される!と友人知人から避けられます。

    ユーザーID:5041407212

  • そういえば

    ブランドにもよりますが、ロゴ丸出しのヴィトンを持っているのは
    あか抜けないおばさんのイメージがあります。
    フランスでは本当のお金持ちしか持たない高級ブランドですが、
    日本ではブランドをよく知らない人でも、ヴィトン持ってれば間違いないだろという感覚で身につけているのだと思います。

    ユーザーID:7812659111

  • それがブランドってものかなと思ってます

    今は一般大衆の時代であって、ブランドが生き残っていくためには、一部のお金持ちだけをマーケットにするだけではダメですから。

    大衆にそれが「高級」「特別」であることを認知してもらい、あこがれの商品として財布や低価格ラインのカバンなどの商品を購入してもらうことが必要なわけで、
    大衆でも背伸びすれば買える商品を販売する、
    でも陳腐化を避けるため大量生産品でも価格は高く設定する、
    という戦略で利益を上げているわけです。

    私は同じ品質のものでブランドのロゴ有りで高いもの、無しで安いものがあれば後者を買いますけども、前者が欲しい人はブランドの底ざさえに貢献しているといってよいのでは。

    ブランドって本当に不思議なものですよね。
    ある意味、「血」とか「家柄」に似たものを企業体として維持していく必要がある。

    トピ主さんの質問へのお返事ですが、発展途上国の人のブランド志向は、先進国のそれとは比べものにならないほど強いです。消費文化の成熟と共に、企業の販売戦略に乗らない消費者が増えるのは自明かと思います。
    私はそれを特にいびつとは思わないです。

    ユーザーID:7112030610

  • 「ブランド」を買ってるのだから当然

    権威をお金で買う

    そうしたニーズが有る人なのだから当然ですね。

    ヤンキーが派手な格好をするのと本質的に同じです。

    ユーザーID:8368285990

  • ブランドしか買わないけど・・・

    アラフィフ既婚女性ですが、決めた好きなブランドしか買いませんが、ブランドものって、丈夫なので、ずっと長持ちしますよね。

    同じBAGばかりをいつでも持ってればすぐ駄目になりますが、TPOに合わせ大切にいくつかを使えば、ずっと持ちます。もう20−30年くらいもってるものが多いです。壊れないですもの。
    時計も掃除にだして20年以上のものばかり。アクセサリーも、そんなに数いらないでしょう。私はブランド好きなので、そんなに無駄使いとは思いません。

    まあ、ワンルームに住んでも、、そこだけは譲れないのかもしれないし、少しづつSTEP・UPしてくんじゃないのかな。

    色んないき方がありますよ。

    ユーザーID:4693737028

  • 明らかに

    ブランド物とわかるようなロゴ入りのバッグなどは、歳と共に持ちたくなくなりました。
    そういうのって、自己顕示欲のような気もします。
    若いころは憧れみたいなものが勝っているんでしょうね。

    ブランドに限らず、車なんかもそうですよね。
    アパートに住んでいながら、高級車に乗ってる人もいるし、豪邸に住んでいながら、普通のファミリーカーに乗ってる家もあり。

    ユーザーID:7648506937

  • アピールじゃないです。

    貧乏ってわけでもないですが高収入でもない30代です。
    某ブランドの正社員なので、仕事柄自社のバッグを使ってます。
    そして洋服も有る程度良い物を着ないといけません。
    着るように指示されているわけではないですが、周りが皆良質な物を着てるので。
    あとはブランドイメージがありますから安物は身につけられないんです。

    ブランドバッグ持って良い服着てるだけでそう思う人もいるんですね。
    お金ありますアピールなんかちっともしてませんが。
    というか、トピ主さんが少し視野が狭いと思います。

    ユーザーID:0646588374

  • 自信の無さを補うため

    何かの本で読んだのですが、
    自信の無さを補う、という心理があるそうな。

    収入が低いときは、まだ自分に自信がないので、
    ブランド物で自分を支えたいというか、
    自己防衛の鎧が欲しいんだと思います。

    日本人のブランド信仰の高さについても、
    同じ見方を聞きます。
    自信が低い国民性と関係がある、と。

    日本人は、品質というよりタグ(ロゴ)を求める、
    しかも他人が見て分かる物でないとダメ。
    本国では質の良い本革(マーク目立たない)でないと売れないが、
    日本ではマークを派手にプリントすればキャンバス地でも売れる。
    他人に虚勢を張るためのモノ、である証しですね。

    主さんの興味が薄れたのは、
    自信がついて、虚勢をはらなくてもよくなり、
    ニュートラルになったということでしょう。

    ユーザーID:8200704854

  • うん。

    支配欲なのか、ただ価値観を他者と共感したいのか、は解りませんが支配欲の方がいびつ。
    自分の価値観に共感しろ!の方がいびつよ。

    己の価値観がなんぼのもんねん!というトピでしたね。

    収入が上がったからといい傲慢ではいけません。神のごとく他者批判するほどのものではないです。誰もがね。

    ユーザーID:8644897021

  • 日本が豊かだからですよ

    海外経験が多くなればよ〜くわかります。
    学生がバイトをすれば、貧乏人が背伸びをすれば、世界のハイブランドのバッグが買えてしまう国、そうそうありませんよ。
    というより本当に貧しい人が少ないんですよね、この国は。いい国だぁ
    ま、トピ主さんも反省されているように、あまりにも狭い了見でしたね。
    頑張って働いて、節約して、ブランドのバッグが欲しいという気持ちはわかります。
    トピ主さんにとってのブランド品というのは、見栄を張るためだけのもの、貧乏時代の象徴なのですね。だから忌避すべき対象になってしまった。
    もっと純粋な気持ちで使ってみればその素材や作りやデザインに、ブランドをブランドたらしめる理由がわかると思うのですけど。
    今はエルメスが一番好きですが(10個以上あると思います)、20代に夢中だったシャネル、30代で好きになったロエベなどずっとブランドを愛用してますよ。もちろんブランド以外でも気に入れば買いますし。もっと純粋な気持ちでファッションを楽しみましょう。

    ユーザーID:9045559660

先頭へ 前へ
121150 / 199
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧