貧乏人のブランド志向

レス199
(トピ主1
お気に入り415

生活・身近な話題

むらにし

レス

レス数199

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
151180 / 199
次へ 最後尾へ
  • 単にすきなだけでは?

    自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある

    そんなために買ってる人ばかりではないかと。

    ちなみに別に家に興味はないので、ワンルームでもなんでもいいです(実際は2dkに住んでますが)。
    8時に家を出て23時に退社という生活なので家にほとんどいません。寝るだけ。そのためベッドには多少こだわりました。長期休暇は取れますが旅行にみっちり行くのでやはり家にいません。

    皆があなたと同じ価値観ではありません

    ユーザーID:6115371380

  • 年収は上がっても心は貧しいままのトピ主さん。

    心も豊かになれたら、ブランド品を頑張って買っている人をスルー出来るように
    なるんじゃないかな?心が貧しかったら幸せにはなれないよ。

    ユーザーID:8559734479

  • そこまでトピ主さんを攻める必要はない

    私も20代のころはブランドもの以外のものは全く持たない主義でした。

    今は少しのお金があったら子どもの教育費に使いたいので、
    興味がなくなりました。

    海外在住ですが、周りを見ていて思うことは、
    本当の富裕層はブランドものを身につけることより、
    生活そのものが優雅です。

    ブランドものを身につけている人は例えば車は最高級車、
    家はもちろん大きくお手伝いさん付き、
    そして海外旅行は当たり前でエコノミーなど乗らない方々です。

    日本の若者がシャネルやエルメスを持って電車に乗っているのを見ると、
    おかしくて笑えます。TPOがなってなくて滑稽です。

    通常それらのブランドを持てる人は、電車など乗らないからです。


    だからトピ主さんが何をおっしゃりたいかはわかります。

    ユーザーID:9937719171

  • SATCのキャリー・ブラッドショーさんは

    ドラマの中の登場人物(しかも主人公)ですから、かなり美化されていると思います。実際のライターごときでは、借金か親の資産がないと、彼女の様なライフスタイルは無理かと。あと、実際、ファッションンに散在している人が、いざとなった時にお金が無く、友人に貸してくれと頼んで来たら、私は貸せないかな。。。高価なものが好きなのは自由だけど、自分のケツは自分で拭いてほしいし。

    昔、歌手のあややが歌っていた「夜霧のハウスマヌカン」みたいなことを、トピ主さんは揶揄なさっているんですよね。

    人それぞれの価値観なので、何とも言えませんが、ファッションだと高価だとしても、たかが知れているので、そんなにお金がなくても、周りにそう誤解せさせることを可能ですよね。ただ、その高いお洋服やカバンを持って、何をしているのか?、何処に出かけるのか?、つまり、どんな生活をしているのかの方が、年取ってくると重要になってくる気がします。

    勿論、ブランドもの為にしゃけ弁でも、本人が納得していて、周りにもそれを堂々と言えるのなら、私はかっこいいと思いますよ。ただ、くれぐれも、他人にお金は借りに来ないで下さいね。

    ユーザーID:7336038412

  • トピ文で分かる気がする

    トピ主さんの、性格というか性質というか。

    なんか、お金がないのにブランドを追いかけていたころから、
    仕事で年収が1千万というラインに到達した現在も、
    本質ではあまり変わったようには見えません。

    改行もしないし、自分の意見をひたすら一気に書くだけ書いて、
    最後に同意を確認するだけ。
    相手に分かりやすく読みやすく表現しよう、
    という心遣いが少し欠けているように思います。

    さてブランドですが、私は嫌いじゃありません。
    ロゴが前面に出ているのは苦手だし似合わないので好きじゃないですが、
    素材や縫製、見えないところまできちんと作り込まれているものは、
    名前に関係なく、それなりのお値段がしますよね。

    お金持ちがみな品があるわけじゃないのと同じで、
    貧乏だからってみんなが見栄っ張りなわけじゃないでしょ。

    全身しまむらやユニクロだって、スタイルやセンスがあれば、
    とても素敵な女性に見えます。
    それが努力で身に付いたのか、生まれ持ったものなのかはまた別ですが。

    ユーザーID:0697379357

  • 身分不相応はブランドが泣いている。

    日本人はみんなが持ってるから私も持ちたいって人が多いですね。
    バブルの時代に、パリやイタリアのブランドの本店に、トレーナーにジーンズ姿の日本の小娘達がブランド店へ押し寄せた時には、定員さんは相手にしなかったと聞いたことがあります。売りたくなかったらしいです
    それを持つに相応しい人に持って欲しいと。
    元々それなりのお金持ちの為に作られたのです。
    足の先から爪の先から服装から乗ってる車から全て見るからに裕福な人が持ってこそ。
    昔は家賃や服装や生活全ての物に、お金を惜しげも無くかけられない人がブランド物を買うという発想が無かったのです。
    ブランド物は本物の金持ちが持つ物。
    友人が8万もするブランドの財布を持っていたので「すごいね〜」と言ったら
    これは偽物よ、でも一万円した〜と言うではないですか。
    偽物に一万円も出すんだ・・・そこまでして見栄はって「私ブランドの財布持ってます」って周りの人に思われたいのかなぁ・・・って思いました。
    髪の毛はボサボサ、布のバッグから出るブランドの財布・・・
    その財布が本物でも偽物でも、私は違和感を感じます。

    ユーザーID:8464694190

  • 人によりけり

    私自身はブランド物を特に欲しいと思ったことがありませんが、「金も無いのにブランド物を欲しがる」人がいてもそれを特に咎める気にはなりません。

    お金も無いのにブランドものを持ちたがる理由は人それぞれなんじゃないかな。想像してみるとこんな感じでは?
    「皆が持っているから自分も欲しい」「持っていないと馬鹿にされそうな気がする」「高級そうなものに憧れる」「一点豪華主義で持っているとちょっとリッチな気分になれる」「高いものを持って見栄を張りたい」

    でも本人のお金で買っているなら他人がとやかく言うことでも無いと思います。
    親族や他人に「買って」としつこくねだったり、ローンを組んでまで買ったり払わないといけないお金までケチって買ったり健全な食生活を犠牲にしてまで買ったらどうかと思うけど、そうじゃないなら。
    ただ「自分はこんなもったいないお金の使い方は出来ない」と思うけど。十分に買える経済力があれば買うかもしれないけどなあ。

    トピ主さんが気になるのは「かつての自分」を見る気がするからじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4622612809

  • そういう文化の国だから

    日本全国中流意識、という言葉が、今でも生きてる証拠じゃないでしょうか。
    国外に出ると、いかに日本人がブランド物を持つ人が多いかと実感します。
    この経済停滞の今でもです。その傾向は、中国韓国もありますが、それ以外の国だと、それを持っている人は、まさにそれに見合った収入がある、かつ、そういうのが好きな人だけです。
    私自身は、若いバブルの頃全く無頓着でしたが、周りが(母や姉)が、ある程度の所へ出る時は、礼儀として持っているべきという考えの人で、私にくれたりしたせいで、持っていました。そんな影響で、今もあまりけばけばしいのは嫌ですが、やはり出る所に出るとき用というのは持っています。
    ここ10数年国外に住んでいるので、帰省の時イコール出るとこに出る時になりますか。
    なので、一つ買ったら何年も同じのを使ってますが。笑
    そうなると、シンプルな黒だけで、ちいさなロゴが入ってるだけの物に、結局はなりますね。
    後、自分のセンスに自信がないから、とりあえずこれならTPOに合うだろうというのも、あります。

    ユーザーID:9754074423

  • よく分からないけど

    貧乏人がブランド物を持ちたがるかどうかは分かりませんが、トピ主さんの場合は、たまたまもう十分だって思ったからじゃないですか。何でも体験してみないことには、分からないですから。そもそも洋服とかバッグのブランドって、それほどの価値はないのです。中国でよくできた複製品が作られていますが、所詮その程度のものなのですよ。本来、ブランドというのは、手間隙かけた真似のできないものの代名詞だったはずですが、メーカーも大量生産を始めたり、中国に下請けに出したりして、結局真似が簡単に出来るようになったのです。成田に行くと、摘発された複製品が展示されてますが、あんなものを取り締まるぐらいなら、ブランドにあぐらかいているメーカーを廃業させるべきです。特に欧州人は、安物を高く売るのが上手いので、そんなのを有難がって買う奴はいいカモです。

    ユーザーID:2253576904

  • 価値観なんて人それぞれ。

    何に価値を感じ、幸せを見出すかは人それぞれ違って当たり前です。
    家、車、ファッション、美容・・・お金のかけ方は人それぞれ違います。
    視野は狭いな〜と思いました。

    それにブランド品に興味がなくなったのは年収が増えたからだけではないと思います。
    わたしもそうでした、1番ブランド品に熱中したのは大学生の頃でしたので。
    しかし実際に使ってみて、満足した(若干飽きた)事。
    年齢を重ねて、ブランド品自体を使用する機会が逆に減った事。
    すでにそれなりの数を持っていること。などなどの理由から興味がなくなりました。

    それにブランド品を数多く持ったことで、その質というのも理解でき、
    それ以下の値段で品物としては同等もしくはそれ以上のものがブランドにこだわらなければあるということもわかりましたので。
    しかし、ブランド価格の上乗せ分は、そのブランドが積み上げてきた歴史であり、信頼の証です。
    個人的には納得しているので、本当に欲しい物があるときは今でもたま〜に買いますよ。

    それに人って・・・簡単に手に入れられない物に人は憧れ、価値を見出すものです。
    物に限らずなんでもそうでは?

    ユーザーID:0333566532

  • そこそこ資産あるけど

    意外とお茶漬けが好きな私を、

    貧乏舌と言うのか!

    ユーザーID:0029966370

  • 私は逆でした

    独身の頃はブランド物には目もくれていなかったですね。
    質より量!といった感じでしょうか。
    若かったですしね

    でも結婚し、30代になってからはノンブランドのバッグを持つことに抵抗を感じるようになりました(勿論スーパーなどは除外 エコバッグしかもっていかないです 笑)。
    安いバッグはやっぱり10万超えのバッグとは造りがちがうんです。はい、そういうバッグはやっぱり安っぽいです(当たり前ですが)。
    ブランド、というとなんか嫌味ですが、そういう高級品はやっぱり質もいいです。

    年収ン千万家庭なので貧乏人ではないですがブランドもの(高級品)が大好きです。
    恥ずかしい事ですかね?
    分かりません

    ユーザーID:7058812223

  • トピ主さんは、お金持ちになりたかったのね

    そして、お金持ちになれた。イエーイ!
    お金持ちになりたかったころは、
    「お金持ちに見られたかった」
    から、ブランド物を身につけた。

    で?

    そのブランドの品質の良さは実感できましたか?
    そうでもなかったかな?

    私も、若い頃は、
    サイズが自分に合っているブランドを愛用してました。
    でも、

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピール

    他人に「お金持ちに見られたい」という欲望は、特になかったです。
    他人に値踏みされること自体が嫌なので、
    そういう人とは必要以上に関わりませんでした。
    見ず知らずの人にどう思われようと、別に私にとってはどうでもいいことですし。

    トピ主さんは、他人の目、気になりますか?

    ユーザーID:0565135298

  • トピ主さんも一緒ですよ

    わざわざ「年収が1000万になった今」と書いている気持ちと一緒ですよ。
    トピ主さんにとっては、「年収が1000万」というのがブランドになっただけです。

    こう言えば、ブランドを持ちたくなる意味がよくお分かりになるでしょう。

    ユーザーID:6275825444

  • 良い物を見分けるための指標

    例えば私の冬物のパーカーは20年くらい前に買った物で、色合いは日焼けを
    して酷い物になり果てているが、ポケットの雨蓋を上げると、深みのある元の
    色合いを見ることが出来るし、性能的には何ら不具合は無い。

    縫い目がほつれる事も無く、当時はまだ高価だったゴアテックスのパーカーで
    袖に手を通すときは絶大とは言えないまでも、安心感が得られるのは事実。

    世間の誰もが知っている程の著名なメーカーでは無いが、それなりの品質は
    維持しているので、購入時点での不安は無かった。

    このように私がブランドに期待するのは、長く付き合うことの出来る品質である

    以上参考まで

    ユーザーID:0395221666

  • ほっといて〜

    裕福ではないですが、宝石が好きです。

    お小遣いを貯めて、新品は難しいので少しずつ集めてます。
    宝石に似合う服などは持たないので、完全に自己満足ですが、
    切手コレクションなどと同じような感じなので。

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」って
    >アピールだと思うんです

    この思考が、そもそもいびつですよ。

    私は若いころに一時期、ブランド財布にもはまりましたが、宝石と同じで
    自分が眺めて楽しむためのコレクションでした。
    使わないのはもったいないとは思ってますが、自分のお小遣いでやること、
    放っておいて欲しいです。

    ユーザーID:8586935120

  • その感覚がいびつ

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピールだと思うんですが

    思いません。
    私はブランド物に興味ありませんが、どんな方がブランド品を身につけていようと、そうは思えません。まずその時点で、あなたの考えに歪みを感じました。
    いいな、と思うから、多少の無理をしてでも買うんじゃないですか。至極単純な話だと思いますが。

    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観

    そんな価値観あったんですか。
    タイトルも酷いです。「貧乏人」。
    人前で口に出して言えますか。

    ユーザーID:5092741825

  • 金よりも若さ、でした。

    うーん、確かに。
    自分を振り返ってみました。
    バイト代でフェラガモの靴を買ったことを思い出しましたよ笑。赤面。

    金銭的なものというよりも、私の場合は若さだったのかなと思います。
    年を取ると「自分が良いと思うもの」や「趣味趣向」がはっきりしますが、
    バイトしてるような年だった頃は、自分で選べるほど良い物が分からないので、
    とりあえず「世間で良いとされてるブランドもの」に目がいったような気がします。
    ああいうのが正しくて「ちゃんとしてる」って事なんだ!と。
    今は「安くても自分が面白いと思うもの」や「有名無名問わず好みなもの」が
    はっきりしてきたので、ブランドに固執はなくなりました。
    確かにフェラガモの靴は、ヒールでも楽で高いだけのことはありましたけどね。
    思えば全く似合っちゃなかったのですわ。
    確かにあの頃より貯金はありますが、
    今となっては海外旅行に行ってもブランドのお店にははいりません。

    主様も「若さ」と「知識」と「経験」で判断基準が変わったんじゃないですかね。


    でもバイトで靴を買ってた自分も可愛いかったとも思ってます。若かったよ。

    ユーザーID:9936737001

  • 買う理由はひとそれぞれ

    年収が低い頃もブランド物を買ってましたが、
    年収が2000万弱になったいまも、ブランド物買いますよ。
    衝動買いは少なくなったかな。
    自分が買うのは、容姿やスタイルを維持するためです。
    身なりに気を使わない時期があったのですが、
    たるむはふけるわで、このままじゃいけないと思わされました。
    いい物を身につけると、自分自身も高めなきゃって思いません?
    ほどよい緊張感を得るためにも、自分は買ってます。

    ユーザーID:9618900084

  • ブランド価値の危機のはずが...

    専門家でも見分けがつかないブランドものの「スーパーコピー」というのがありますが、見分けがつかない品質で安く売れるわけですから、ブランド物の価値が

    品質

    にではなく、「ブランド価値の維持活動」に多くの費用がかかっているとわかります。
    なのに、多額の費用をかけて広告やイメージ戦略、有名人に持ってもらうことでブランド価値を維持しているのに、「貧相な貧乏人」がブランド物もってたらイメージ低下して困るはずなんです。「貧乏人」を排除するのは簡単で、店員が追い出さなくても商品価格を上げて高い商品を中心にするだけですむはずなのです。

    にも関わらず、大手ブランドは日本では、「貧乏人」にも買える小物の販売に力を入れてます。なぜか?

    それは、我が国では「絶対的ブランド価値」ではなく、「他人との差」が重要で、隣の人がちょっと良い物を持てば横並びで同等以上のものを持ちたがることにより、ちょっと差別化した低価格品を継続的に販売すれば、比較感でのブランド価値を維持したまま商売を続けられるからです。

    これが「絶対的ブランド価値」を重視する欧米には見られない現象です。

    ユーザーID:8368285990

  • 時代

    アラサーです。
    わたしと同年代から下の年齢の人は、ブランド自体持つ人は少ないです。
    経済が右肩上がりの時に育った方々のに、その様な傾向があるんですかね。
    無理して背伸びするのは、悪いことではないとは思います。その見栄のおかげで頑張れた人も多いのではないでしょうか。
    努力して経済力を得て、偏ったブランド思考から抜け出せて良かったですね。
    ぜひ、「貧乏人」とか卑下するような(他人に誤って不快感をあたえる)下品なことをしない、大人になられたら、もっと素敵になりますよ。
    トピックの題も「貧乏だったときはブランド大好きだったのに」とか、誤解の生まれなさそうなものにすればいいのにな。と思いました。

    ユーザーID:3666061894

  • 確かに身の丈に合っていないブランド物は

     分不相応です。
    でも、いいんじゃないですか?ブランド品持ちたいのが「今」なんでしょう。
    若い子に多いですものね。

    私も、歳取れば取る程に、興味は無くなりました。
    バッグで何十万は、勿体ないと思いますもの。
    その分、美味しいもの食べたり、旅行した方が有意義に感じます。

    若いって、背のびしたい年頃なんでしょうね〜。
    息子も、生意気にデザイナーズブランド着てますもの。
    金額聞いて、「ヒョエ〜」です。
    すると息子に、「お母さんだって若い頃、ブランド好きだったでしょう」と。
    「そうだね〜、若い内だけだよね、結婚し子供産まれたら買えなくなるしね」と。
    ローン組んで買ってる訳では無いので、親は黙ってよ〜と。

    ユーザーID:6457645067

  • いやいや


    お金がない程ブランドって…(汗)
    やっぱり余裕を持ってブランドを持つのは、裕福な方ではないでしょうか?

    あとは好みの問題。

    ただ女性はどこかで「ブランドが欲しい」のが本音かもしれませんね。


    バッグ

    お化粧品
    etc…
    ※質が違うだろう

    み〜んなブランド…想像すると幸せ(笑)
    叶わぬ夢だけどっ

    ユーザーID:1229724584

  • 心の支え

    独身時代の私は着物にはまっていました。
    無くても困るものではないし、めったに着る事もないのにお金をつぎ込んで身分不相応の無駄な贅沢だったかもしれません。
    仕事が辛い毎日でしたが、帰って箪笥を開けて美しい色や絹の感触に癒されたり、休日に着る楽しみがあるからそれまで頑張れました。

    ユーザーID:4396994245

  • 分かる気がします

    お金がない時って、ブランド物なんて買えて一個二個なので、
    「ブランドのロゴマークばーん」みたいな
    目立つものじゃないと損のような気がしていました。

    自分に自信がなかったので「鎧」として
    ブランド物でアピールしたかったのかもしれません。

    ここでトピ主さんの批判をされている方は、
    苦労して買ったブランド物を否定されて悲しかったのかもしれませんね。
    そのお気持ちもわかりますが、トピ主さんのお気持ちもわかるのです。

    ユーザーID:6387700607

  • 凄いですね。

    貧乏人と書く所が「すごい」人間性を疑います。
    貴女の文章を読んで「哀れな方」と思いました。

    ユーザーID:6330122113

  • いや、主は素直でいい

    実際そのとおりだと思います。
    今、手にできる最大の贅沢がブランド品ということですね。
    ちょっとお金持ちになってくると、外車、良い家とかね。
    さらにお金持ちになると、プールとか別荘とかね。

    ユーザーID:3536475942

  • いろんな人がいる

    恋人へのプレゼントをブランド物の財布とか、時計にする人っていませんか?
    「頑張った感」を出しやすいのってブランド品じゃないかな。
    そんな品かもしれないし。
    そういう理由でハイブランドを持つ友人がいますけど。
    いいなー。それなら。私もこれ見よがしに持ちたい。

    ちなみに私も貧乏なのに、お高い靴やバッグ、服に目がいきます。
    シンプルで素敵なデザインってやはりブランドものが多いんですよね。
    なのでトピ主の言うところの「貧乏人のくせに」です(笑)
    でもけして「武装」「コンプレックス隠し」ではないですよ。
    素敵なデザインを身につけたいからです。
    映画「プラダを着た悪魔」が好きな人ならこの気持ちわかると思います。

    あと真のお金持ちのハイブランドはロゴなんて入ってなくてもわかります。
    かもしだす雰囲気が尋常じゃないです。
    なので貧乏人が持つわかりやすいロゴなんて、温かく見てやってください。

    ユーザーID:9801959183

  • 貧乏人ですが。。。

    ブランドもの、まったく興味無いです。
    一つも持ってませんよ。

    ひとくくりにしないでほしいです。

    ユーザーID:2136089621

  • お金がどうとかじゃなく

    私は若いころそういうのが欲しかったです。

    年齢とともに収入も自由になるお金も増えた今は、やはり主さんんと一緒で、全く関心無しになっています。

    まあ、価値観は人それぞれだから、他人様を批判する気は全然ないけれど、高価なブランドバッグや財布を持っているにも関わらず、安っぽい恰好をしている人を見ると嫌な気分にはなります。
    TPOってあると思うし、服装に合わせたバッグを持ったほうがいいと思って見てしまいます。

    ユーザーID:7340485651

先頭へ 前へ
151180 / 199
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧