貧乏人のブランド志向

レス199
(トピ主1
お気に入り415

生活・身近な話題

むらにし

レス

レス数199

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そういう

    発想、着眼点、それこそいびつです。他人が幾ら稼いで何を持とうがどうでもいいこと。稼ぎが増えた私、持たなくてもよくなった私、それが何だというのでしょうか。

    ユーザーID:0262634651

  • 多分、こういうことだと思う

    転勤族です。
    地方に住んでた時は早く東京に戻って最新オシャレスポットに行きたいと思っていましたが
    東京に戻ったらそんなことはどうでもよくなり興味もなくなった。

    ブランド物を買おうと思ったら、今日すぐ買える人は喉から手が出るほど欲しいとは思わないでしょうが
    いつでも買えるわけでもない人は無理してでも欲しくなるのでしょう。
    ブランド物に限らず自分に今無い物を欲しがるのは、人間としてよくあることではないでしょうか。

    ユーザーID:1879116392

  • わかります


    私も、お金に余裕のない頃の方が明らかにブランドとわかるものを背伸びして身につけていました。

    今現在、ブランド物を買おうと思えばすぐ買える年収になりましたが、今の方がブランドに興味がなく、ブランド関係なく、気に入ったものや上質な物を求めるようになりました。

    人って不思議で面白いですね


    しかし、主さん、タイトルが意地悪いですね…
    心からお金持ちになりましょうよ

    ユーザーID:3208434042

  • 若者の向上心じゃないのかなぁ。

    私も若い頃は、頑張ってブランド物を買ってました。
    生活を良くするより、ずっと何かに憧れていたい感じ。部屋も狭くて金欠だった。

    でも大人になって収入や仕事を重視していくと、本物の富裕層に出会っちゃったりします。これが辛い。
    今は海外なんですが、ブランド物の紙袋を下げて買い物するのが恥ずかしいことなんて知らなかったわ。
    城みたいな豪邸まで届けてくれるらしいから、大きな紙袋を持って歩かないらしいの。
    紙袋も記念に保存していた若いころの私って・・・あー涙が出ちゃう。

    ユーザーID:1356082917

  • 少数派

    ずいぶん曲がった性格ですね?笑えますよ。

    ユーザーID:4162843827

  • なんか失礼な言い方ですね

    自分がそうだからと言って他人も同じではないと思います。

    好きな人はそれを持てばいいんじゃないですか?

    ワンルームに住んでいても
    その人は住居に価値観を見出さないだけ

    部屋をモデルルームのようにしたい人も居れば
    美味しいものを食べる事が最大の幸せの人も居れば
    旅行が一番の人もいる
    ボランティアや
    寄付に自分の価値観を見出す人もいる

    ブランド物が好きな人がいたって不思議ではありませんね。

    私は大してお金もないし
    ブランド物の価値も分からないので
    そんなに欲しいとも思いませんが
    でも、持っていたら、それなりに嬉しいと感じます。

    トピ主さんとは同じようには思えません

    ユーザーID:4095075124

  • 昔の自分を振り返ればいいだけ

    御自分の昔の気持ちを思い返せばすむことなのに、どうしてここでことさら聞くのかよくわかりません。

    「いま年収一千万あるから心に余裕ができてブランドものを買いたくない」ということなんでしょう?

    私はブランド品も買いますが、今も昔もブランドを見るのではなく「ほしい」と思うものを買います。だからあんまり関係ないかなあ。

    人それぞれじゃないのかしら。たとえば祖母はエルメスのかばんなどが大好きでしたし旅行にいくたび私たちにも買ってきてくれました。

    でも母(上記のブランド好きの母の娘)は、まったく興味なし。私たち娘が「おかあさん、ちょっといいもの持ったほうがいいわよ」とプレゼントするものは喜んで持ちますがそれが1000円のバッグだろうがなんだろうが気にしません。

    お金は祖母のほうが母よりあると思います。

    でも、あまり意味がないのではないですか?あなたの以前の気持ちを思い返してみるのが一番いいと思います。

    そして、たかが一千万の収入を得たぐらいで「貧乏人」をバカにするあなたの今の卑しさも含めて考えるべきかと存じます。多くの人からみればあなたの年収でも貧乏です。

    ユーザーID:3117271743

  • おかしいですよね

    私も主さんに同意です。

    まぁ本人の勝手だとは思いますが‥。
    主婦でもアパート住まいで節約して、旦那さんやお子さんの食費を切り詰めてまでもブランド品を持ちたがる人がいます。
    手入れ不足のガサガサ肌にボサボサ髪で持ってもかえって悲壮感が漂うだけだと思いますが‥。

    ユーザーID:5178576666

  • 人それぞれ

    >ワンルームのアパートに住んでいながら、ブランド物のバッグや時計、服などを身につけるのって。
    人それぞれ、費やす物が違います。食べ物だったり、旅行、車だったり。

    欲しい人は欲しいから買います。興味ない人は買いません。車だってそうでしょ?
    欲しいものがあるから、稼ぐ人もいます。


    ようは、人が何を買おうが、いちいち気にしないということです。

    ユーザーID:1801136013

  • パターンなんですよね

    自信がない人はブランドで飾り立て、自分を上に見せようとするんでしょうね。
    平成も26年になった今ごろそんなわかりきったことを何故お聞きになるのかしら?
    年収1000位ではまだまだ、と思ってしまうような環境にいなくて良かったね。
    同じブランドでも、よりレアな物、高いもの、と駆り立てられるお気の毒な方はたくさんいます。ベンツでもそれぞれ、人気のタワマンなら上層階じゃなきゃ、とかね。

    中村うさぎみたいに開き直り、わかっているのにやめられない自分をさらけ出し、分析している本もありますよ。

    ユーザーID:6847611782

  • どうでも良いし。

     そんな人達が、無駄に消費してくれるから主様の収入があるんですよ。

    ユーザーID:8981722726

  • 部屋が狭いから保持できるモノが少ない

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピール
    ブランド物を持つ第一の理由がこれではないような気がします。
    「みっともない思いをしたくない」「失敗できない」を満たす、
    よりコストパフォーマンスの高い方法の一つとは思いますが。

    トピ主さんの年収1000万は、平均からすると可処分所得が
    高めなので、コストパフォーマンスの高さ以外を追及する
    余裕があるのでしょう。

    ユーザーID:2981904525

  • そうですね…

    そういう人いますね… 無理してるな!!と思いますね。家のローンも後20年有るのに車もまたローン5年も有るのに家事が苦手とか言って外食が多い友人いますね。友人の旦那さん後8年で定年なのにずいぶん自慢が多いです。退職金当てにしていると言ってました。うちは家のローンは後6年で終わりなので質素にしてます。

    ユーザーID:3659956735

  • たぶん逆

    貧乏人でも頑張れば手が届く贅沢が
    ブランド品なんじゃないですか?

    収入が上がれば贅沢品では無くなるから、
    宝石や旅行など別のステージに移行するか、
    バッグや時計の一点豪華では無く全体的なランクを上げるか、
    質素な生活こそがステータスみたいになるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3278817991

  • お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観?

    そうですか?お金に余裕があるとアピールする為ではなく、好きだから持つのではありませんか?それはお金があってもなくても同じではありませんか?強いてトピ主さんに同意するとしたら『憧れ』の表れでしょうか。そうだとしても良いではありませんか。それが日々の励みになるのなら。

    ユーザーID:6566754691

  • ほっとけばいいのに

    随分と了見の狭い発言で。お金をどこにかけようと、自分達で稼いだお金で、誰かに迷惑掛けていないなら別にとやかく言われる筋合いは無いと思います。私はもともとブランドには疎いので、人が持っている物が高いのか安いのかなんてあまり分かりませんが、例えば、賃貸アパートの人がベンツに乗っていようが車が好きなんだな 位にしか思いません。あなたから見て歪であっても当人はそれで張り合いができ、満たされているならいいのでは。所得はよくなった代わりに 意地悪になってないですか?

    ユーザーID:3962301889

  • 人それぞれだよね

    私も年収が上がるにつけてブランド思考が下がって来ました。昔は自分を上に見せたくてブランド物を身につけていた様に思えます。内面が向上するにつけ自身に自信が着くにつれてさり気なくブランド品を使いこなせているから悪目立ちしなくなった様に思えます。
    ブランドに拘らずに着たい物着けたい物を上手に使いポイントとしてブランド品をさり気なく使用出来ているのでしょう。
    私は40代半ばになり内面が面に出やすい年代になって来たのかも知れません。
    つまり若かったり成長しない人はブランド品が悪目立ちし易いのでしょうね。

    ユーザーID:1357902158

  • 美しい物を身に付けたいだけ

    トピ主さんがお金がない頃に、自分の余裕を誇示するために
    ブランド物を買っていたからといって、皆がそうではないと思いますよ。
    トピ主さんが見栄っ張りだというだけです。
    自分がそうだからと他人も同じだと考えるのは思い込みが強いですね。

    私はプランド物って、美しいので好きですね。
    私はジュエリーが好きですが、ブランド物のジュエリーは、
    素材も細工もデザインも本当に素敵だと思いますよ。

    ユーザーID:0551600050

  • 答えは自分の中に

    あなたも貧乏な頃は、ブランド物に興味があったんでしょ?
    なら、昔の自分を思い出してみたら?

    また、ワンルーム住まいだから貧乏とは限りませんよ。

    ユーザーID:8231728596

  • そのような人

    結構いますね。
    見栄を張りたいのかな?と思います。
    近所のアパートに住んでる人も、高級外車に乗ってますよ。家を諦めたから高級車に乗るそうです。
    服やかばんもそのブランドがはっきり分かる物を持ちたがりますよね。
    私も若いころはブランドの鞄、大好きでしたが歳を取るとブランド物は興味はなくなりました。

    ユーザーID:3266692556

  • カラスの勝手でしょ〜!

    ブランド品を持つから貧乏人と決めつけるのは乱暴だね。デザインもロゴも人目で○○ブランドと判る品が好きか嫌いかの好みの問題でしょ。大きなお屋敷に住みローン抱えている人もいれば小さいアパートに住んで貯蓄たっぷりしている人もいるわさ。自分の甲斐性で欲しいものを買っているのを他人がとやかく言う事は大いなるお節介!ちなみに私は人と同じものを持ちたくないからブランド品は敢えて選ばず。

    ユーザーID:8337433672

  • 憧れ

    貧乏だけどさ、ブランド物というものの存在を知って以来どうしても憧れるの。
    うまく言えないけれど、それを持つことによって自分もちょっと違う世界に入れたような気になるのね。
    格好良いしさ。
    そりゃあ元々は、それを持てる者だけに許されたのでしょうし、分不相応だと言われるのもわかるけれど
    今の世の中、貧乏人でも一つぐらい持っていたって良いでしょ?
    それで気分よく幸せに暮らせるんだから。
    けど、私はいわゆるロゴマークを全面にあしらったものは嫌い。
    なんだか高そうだと思ったらやっぱり…っていうものが良いわね。

    ユーザーID:5693864634

  • え〜と・・・

    「同じようにお感じの方」ではないですが。
    トピのタイトルはちょっと酷いかと。
    だって、貧乏だからって必ずしもブランド好きとは限らないしお金はあっても興味ない人もいる。
    ブランドって一口でいってもピンキリですし。
    ワンルームのアパートで貧乏?
    そりゃあ家族4人とかでワンルーム住まいならそう思われるかもしれませんが、社会に出で数年とかでワンルームに住む女の子がヴィトンのバッグ持っててもそう思うの?
    ほんとに収入が少なくて公共料金も払えそうにない人が優先してブランド物買ってたら引きますけど、そんな人って僅かですよね。
    ブランド物って、品質も良いですよね。
    ちょっとトピ主さん、考え方ひねくれてるなあ。
    ブランドに興味なくなったのは、歳のせいもありません?
    私がそうだから・・・ずっと貧乏でも金持ちでもないと思うけど、若い頃はでかでかとしたロゴのある物持って嬉しかった・・・と言っても、ひけらかすというより自己満足の世界でした。
    ちょっと歳を取り年収もアップしましたが、前ほど興味はないかな。
    でもデザインが気に入っていい品質の物は欲しいですね。

    ユーザーID:8369089988

  • ブランド志向ねぇ〜

    スキだから買ってる。ただそれだけよ。

    アナタが見栄を張るためだけにブランドを買った人間なだけで、他人を同じと判断するなどと視野の狭い話だね。

    私の場合、年収600万程の時はそこそこに買い(とは言っても年収の半分以上は装飾品)年収2500万の時はそれこそ躊躇なく買いましたよ。

    時計鞄などは一生使えるので満足しています。

    家を建て犬を飼い買い物癖もかなり収まりましたが、それでも見るのも購入するのも大好きです。

    若い子がお金貯めて欲しいものを買うと言う話をしている表情も好きです。欲しいものを努力したり、自分で働いて買うことがいびつとは思いません。

    何故、批判非難したいの?

    そういえば20代ワンルームでシャネル愛用でした。

    今も1LDKになるのかなぁ〜2階建てですが・・・

    犬のウンチバック等も手持ちの使わないブランド鞄です。

    近所の男性にブランド批判非難されたことありますが(嫌な女扱い)こちらこそアンタなど興味もないわ!といっときましたよ。
    好きなので批判したようです。

    ユーザーID:8644897021

  • わたしの考えですが。

    こんにちは。
    わたしは、ヴィトンやシャネル等のハイブランドには全く興味がありませんし、ハマッたこともありませんが、好きな洋服のメーカーは決めています。

    これも『ブランド』の一つですが、そのブランドの世界観が好きなのと、商品への信頼のために、安くないお金を出して気に入って買っています。
    ブランドの世界観を気に入るということは、それを身につけたわたしのキャラクターは、こうですよ…と自身で演出することに繋がります。

    それから、我が家は中流ですが、洋服ほどの拘りを全ての分野において持っているわけではないので、自分の興味がない分野においては全く無頓着です。

    要はブランド好きさんにも同じことが言えるのかと。
    端から見れば『無理している』ようにみえても、無頓着なあまりに、本人にとっては苦にならない。

    …まぁ無理していたとしても、それはそのブランドに相応しい人間になりたい・そういうイメージでありたい、という向上心にも置き換えられますよね。
    ブランドを買うために働く・節約する、わたしは良いことだと思います。

    家が貧乏なんだから貧乏人らしくボロでも着とけ…なんていうのは考えが貧相ですからね。

    ユーザーID:7600344058

  • 中身がないから外を飾る

    ということなんじゃないですか?

    充足感から欲がなくなったのかもしれませんし。

    あと、年齢もあるかも。

    ユーザーID:0604275394

  • トピ主旨が意味不明

    >どうしてそうなるのか疑問

    なんで?

    >自分もお金がないころはブランド物に興味がありました

    なんだから、自分を振り返ればどうしてそうなるかはわかることでは?
    どうして疑問なのか疑問です。
    何が聞きたいトピなんでしょうか。

    ユーザーID:7814818750

  • 同意

    何でも買えるようになると、何も買わなくなった。

    ユーザーID:3841007550

  • ブランド品を持つ理由

    一見してわかるブランド品を持つ理由は、必ずしも「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピールではないですよ。
    純粋に可愛くて、大好きな気持ちをくすぐられるからです。すきなものの一つがブランド品なだけでは?
    シャネルのマトラッセ、エルメスのカラフルなバーキン、ケリー、ハイブランドのワンピに靴。
    優美な曲線の車。大好き、可愛い、ワクワクすると思うから買います。
    年収とブランド好きに相関関係はないと思います。
    まるで貧乏だとブランド品を買ってはいけないみたい。何だか失礼では?

    ユーザーID:7421701191

  • いびつでも

    そこに価値をおくなら、それでいいのでは。

    若いひとがアイドルのCDを何枚も買うほうが
    おばちゃんには、不思議なんです。

    借金、泥棒でなく、自分で稼いだお金で
    かうなら好きにしたらいいです。

    ユーザーID:3087874051

  • どうしても

    お金のない人は、「どうしても」ブランド物が欲しい
    のではないでしょうか。
    ないものねだり。哀れだなあと感じることもありますが
    仕方のないことだと思います。
    そういう人に持たれるブランド品も、不運というか・・・。

    ユーザーID:4634658167

  • 荒れそうな気配・・(ざわざわ

    私は根っからブランド物かどうかで物を買ったりしてこなかったので、ブランド思考の方の考えはあまり理解はできませんがレスします。

    年収とブランド思考かどうかは別問題な気がします。

    貧乏だけどブランド思考、金持ちだけどブランド思考、普通だけどブランド思考な方も少なからずいることでしょう。

    日本人は世界的にみれば、全体的にかなりブランド思考な傾向はありますよね。

    バーキンのバッグとかの話は有名ですし。

    見栄を張りたいとか、流行りに乗り遅れたくないとか、いい物を持ちたいとか、憧れだとか、ブランド思考になる要因はたくさんあると思います。

    主様にとって、ブランド物を持つことへの意義が
    >自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある
    という認識なのであれば、平均以上の年収を得た今、ブランド物でそれを示す必要性がなくなったからですよね。

    元々主様は、ブランド物にそれ以外の価値を見いだせていないのでしょう。

    ブランド物を持つのは確かに良い面もあります。それに見合う人間になりたいと向上心も生まれますし。

    しかし、ブランド物を自己顕示欲の象徴としてしか見れないのは少し悲しいですね。

    ユーザーID:3911883381

  • 子供もそう

    貧乏モノの子沢山とはよく言いますが、お金がなさそうなのに子供の人数だけは多い家庭ってありますよね。
    あと3LDKなのに、子供が2人いる家庭の部屋割りが気になります。

    ユーザーID:9309381352

  • そういう傾向があるとは知りませんでした

    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観

    私の周囲では、お金持ちだろうと貧乏だろうと一目でそうとわかるブランド物を持っている人がいないので、そんな傾向があるなんて思わないんですけど。

    それに、アルバイトしてほしいものを買うって、別に普通だと思うしいいのじゃないのかなぁ・・・

    むしろ、トピ主さんは今でもブランド物を買うか買わないかということにこだわりを持たれているような気がします。
    こだわりがあるから買って誇示したり、買わないことを誇示したりすることになるのでは。

    トピを読んで、こだわり行動の表現型が変化しても、基底にあるこだわりが変化するわけではないのかな、と思いました。

    ユーザーID:7709272587

  • 足りない何かを埋めるため

    中身が空っぽな若い頃は、何かでそれを埋めようとしてブランド物に走っていたような気がします。

    色んな経験をした今(40代)は、出来るだけ不要なものをそぎ落としたシンプルなものを好みます。経済的に余裕ができ、ある程度のものは躊躇わず買えるようになったのですが、持つ物にこだわりが無くなってきました。

    自分に自信が付くと、ブランドの力を借りる必要がなくなるのかな。

    ユーザーID:4958828555

  • その人の趣味でしょう

    貧乏人がブランドものを好きになるのって
    いけないことなんでしょうか?
    節約して、やっとお気に入りの物が買えた。嬉しい。
    そう思っちゃいけない?そういう生活しちゃいけない?
    あなたに何か迷惑かけた?

    そういう考え方って、意地悪だと思います。
    年収一千万って、そんなに自慢できることなんでしょうか。

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピールだと

    そんなのあなた個人の考え方なだけでしょう。
    やな感じ。

    ユーザーID:3115381201

  • トピ主さんの考え方はかなり少数派

    これはトピ主さんの経験ゆえのご意見だと思うのですが
    一般的に多数派の考え方じゃないと思いますよ。

    トピ主さんの周囲にはそういう方が多いですか?
    私の周囲にはいないです。

    貧乏学生時代にブランド持ってる人も、ブランド欲しいと言ってる人も
    いませんでしたね。

    貧乏でブランド志向の方もいるでしょうし
    お金持ちでブランド志向の方もいる。
    貧乏でそれ相応の服しか着ない方もいるし
    お金持ちでも質素な方もいますよね。

    私は今も昔もブランド志向はありません。
    でも式やお出かけ用に、1つ2つは持っていると便利です。
    年をとると、美貌や若さという武器では輝けませんので
    ハイブランドのものを1つ2つファッションに入れると
    やはり全体の雰囲気が格上げされる感じがします。

    ユーザーID:1413135219

  • アピールではないかな。

    人それぞれですが、ブランドを持つ理由がお金に余裕があるアピールでは無いと思います。
    高いお金を払っても欲しいと思える素晴らしいデザインだから無理して買うのではないでしょうか?
    流行りに関係なく長い期間使えるのも魅力。

    お金が無いからといって、身分相応のものばかりだと見た目も気持ちも落ちてしまう。

    ユーザーID:3728361811

  • 上から目線の余計なお世話だと思いますが

    人がどんな収入でブランドを持つ事なんて、あなたには関係ない事と思いますけど。

    >かく言う自分もお金がないころはブランド物に興味がありましたが、年収が増えるに従って徐々に興味がなくなりました。年収が1000万になった今、ブランドという理由で物を買うことは一切ありません。

    それは、お金がない時はたまたまブランド物が好きであり、1000万になって好きなものの趣味が変わっただけなのでは。

    自分が収入が上がって、貧乏人がブランド物を持ちたがることがいびつだとおっしゃってますが、あなたに危害や損害を与えたわけでもないし、上から目線の余計なお世話ですよ。

    人が自分の好きなものを持つ事は自由です。


    あなたは、ブランドものに縛られなくなり、自分の個性を基準にして生きている自分というものを自慢しているだけです。

    ユーザーID:6612678311

  • いびつな人ばかりとは限らない。

    主様が言うように確かに見栄の為に持つ人も居るでしょうが、単純にそのブランドが好きで欲しくて節約や努力をして買っている人も居ると思いますよ。


    分不相応な人達が皆、いびつだとひとくくりにするのはそれこそまだ貴女がいびつな思考と価値観を持っているからなのでは?

    ユーザーID:7362925184

  • 私の姉も同じ考えでした

    昔の姉は「ブランド品は男が買うものよ、自分で買うものではない」と言いながら、いくつかバッグを買っていました。今はブランド品のバッグを持って歩く姿を見たことないです。
    事業が成功して収入が増えてからは「何時でも買えるから、最近は欲しくない」と申していました。
    トピ主さんは姉と同じだ、と思いレスしました。
    ブランド品がほしい気持ちが失せて、自分の考えで、良い物がほしいと思ってるようです。

    ユーザーID:1620273408

  • いいんじゃないの?

     本当に貧乏だったらブランド商品なんて買えないと思います。
    お金を使う所、我慢する所が違うだけなんじゃないかなぁ

    1人で住むのであればワンルームで十分な人は沢山いますし仮住まいに大金出す人も少ないでしょう。
    ブランドなら修理すればずっと使えますから大きな家を買った後も使えますが賃貸にお金使っても後に何も残りませんからね

    ブランド商品を買うためにアルバイトする人は別格ですね
    私は趣味にお金を使う人と同類に見ています。
    デザインや好みでなく「このブランドの商品が欲しい」とお金を使っているから

    人に対して
    「え〜 ブランド物のバッグの1つも持ってないの!?」
    なんて自分の好みを押し付けない限り良いと思いますけど?

    ユーザーID:4850187587

  • 興味ないです

    アパート住まいで軽自動車にしか乗れない貧乏ですが、
    ブランド物には興味ないです。
    独身時代になんとなく買ったヴィトンのカバンを
    ひとつ持っていますが、結婚後に買った洋服には
    釣り合わず、タンスの肥やしになってます(泣)

    もしかしたら、トピ主さんのように
    年収一千万円を越したら
    興味を持つようになるかもしれませんけど、
    今は全くないですよ。

    トピ主さんの主張は
    偏見だと思います。

    ユーザーID:4675837118

  • 私も疑問に思ってました。

    サービス業に携わっていますが、着古して色褪せた安ものの服を着ているのに、財布はブランド物という方が時々いらっしゃいます。
    ブランド物の財布を買うくらいなら、安ものの服でも、綺麗なものを着たいと思うのですが。

    ユーザーID:1602517501

  • 関係ないよ

    テレビでやってました。食費を節約してバッグを買う。せまい部屋中ブランド物だらけ。本人はおかしな食事でもけろっとしてる。

    お金があっても主さんみたいに興味がない人もいるし、たくさん買うひともいる。
    お金がなくてもなんとかやりくりして買う人もいる。

    価値観がちがう。年収が1000万?だから?って思います。それと同じです。

    ユーザーID:9276127818

  • ブランドだから欲しいの?

    良い物(気に入った物)を大事に長く使う性質なので、その発想はありませんでした。

    なので丈夫でメンテナンスして貰えるブランドは好きです。
    ブランド品で無くても、質の良い物は好きです。
    ブランド品でも壊れやすい物(特にバッグ類)は頂き物は使いますが
    自分では購入しません。

    周りの親しい友人も裕福だったり、そうでなかったりしますが
    お金が無い人ほどっていうケースは当てはまりませんでした。

    トピ主はそうだったかもしれませんが、皆が皆そうでは無いと思いますよ?

    ユーザーID:5846727434

  • 批判されちゃうよ

    そう思う。

    昔からいうのが、
    ブランド物は鎧。
    自分に自信のない人がブランドの力を借りるってやつね。

    幼稚園バッグやランドセルみたいに「皆お揃い」に見えてしまうのがカッコ悪いよね。
    石を投げればヴィトンやコーチ、グッチに当たる。
    ジャージにキャラクターのスリッパ履きのヤンキーみたいな女の子でさえ下げている。
    ブランドが持つ品格が薄れてきたよね。
    だけど、そんな物のために頑張ってんだね。
    スーパーコピーだっけ?そんなのも流出しているから価値が下がるよ。
    何だかなぁ。

    ブランド物しか「証」がないものね。
    ブランド物で満たされる。消費が経済を助ける。
    丸く収まっているから結果オーライか?

    私が購入して配るんじゃないから、まぁいいか。

    ユーザーID:3457749820

  • 身につけるもので少しでも・・・

    私も昔から同じことを思っていました。

    でも、お金がなかったり、自分に自信がないときって、服や持ち物、他人から評価の高いブランドで自分自身の「商品価値」が上げたい、上がる・・・ような錯覚を起こすんですよね。

    人から見下されたくない、少しでも品よく良く見られたいという願望なんだろうな〜と思います。

    ユーザーID:0234245010

  • 「いびつ」の正体

    私自身はブランド品には全く関心がありません。独身時代の妻はブランド品を持っていたようです。まさに、トピ主さんが指摘するようなOLだったのですが、単に、みんなが持っているから自分も持ってみたい、というくらいの気持ちだったそうです。もちろん裕福アピールではなかったでしょう。ただ、日本人特有の周りに合わせるということだったのでしょう。
    もちろん、ブランド品を持つことで人間としての格が上がったように思う、という気持ちの人もいるでしょう。トピ主さんがお金がなかった頃にブランド品を持ちたいと思ったのも、そういう気持ちだったのですよね?
    でも、今はブランド品に頼らなくても、自分自身の力で人間としての格を上げた、だから自分はもうブランド品はいらない。
    そして、お金もないのにブランド品を持ちたがる人をちょっと下に見たくなったということなのでしょうか。
    トピ主さんの言う「いびつ」とは、おそらく階級というもののない日本で、どうやって人と差をつけるかという意識のいびつさだろうと思います。
    そういう意味では、トピ主さんはブランド品からは自由になっても、そういう意識からはまだ自由にはなっていませんよね。

    ユーザーID:5218632657

  • 自分に何一つ誇れるものがないから

    学歴、職歴、趣味や極めたこと・・・そういった心の財産がないからだと思います。

    ブランド物は、一目で周囲にわかりますからね。

    ユーザーID:2828853418

  • ああああ、今ならわかる

    なんかわかります。

    お金がないから、そういうブランド物に興味がいくんです。
    あれもこれも欲しい、欲しい。
    物欲ですね。

    貧乏だけど、それをもっているときには、そういうお金が
    ある人の仲間になったような。憧れのような。
    (でもがんばる要素になるので悪いことではないと思う)

    お金に不自由しなくなると、そういうものはどうでもよく
    なりますが、貧乏時代にはそういう気持ちはわからないのです。

    何事もその立場にたってみて初めてわかることって多いのでは
    ないでしょうかね。

    まあ、えらそうに言ってても、いまだに若いときよりも少しだけお金が
    自由になるようになった中年の庶民なんですけどね。

    ブランド物はほとんど持たなくなりました。

    ああ、きっと若いころは、がんばってブランド物をもっていても
    そんなふうにがんばっているイタイ人に見えていたんだろうなって
    思います。

    これ見よがしのロゴのあるブランド物ってほんとに恥ずかしいので、
    今は、できるだけ普通の質のよいものを持つようにしています。

    ユーザーID:5680326097

  • 人の嗜好には立ち入らない

    貧乏人がブランド志向であるより、他人の嗜好にあれこれ言う方が品がないと思います。

    あなたのおっしゃる貧乏人が、ワンルームに住んででバイトしてブランド品を買うことが、
    あなたに迷惑をかけているのなら別ですが。

    他人の価値観に対して自分だけの観点からとやかく言うのは、失礼だと思いますよ。

    ユーザーID:7946852532

  • 自分でもお分かりですよね

    同じ感覚をお持ちの方を募っていらっしゃる所で恐縮ですが、反論であることを予めお詫びしておきます。

    きっと貴方が仰っている「ブランド」とは、貴方の中のランク付けの一部にしか過ぎないんですよ。
    ご自身で通ってこられた道ですからきっとわかってらっしゃると思いますが、そのランク付けがたまたま「製造者名」■「ブランド」と思われてませんか。

    私もすこぶる貧乏ですが、少しでも良いものを持ちたいと思っていますよ。
    それをブランド云々と言われるのは些か不本意ですが。
    こういう表現、大嫌いです。

    個人的には「年収1000万」の括りも、私にとっては上と同じ価値観の括りでしかありませんね。
    まぁ、私は年収1000万もありませんが。

    最後にもう一つ。
    製造者名やブランド名の見えない、貴方のお勧めの「モノ」、教えて頂けませんか。
    私も1000万位頂けるようになったら是非真似したいので。

    ユーザーID:6076724291

  • でも豪邸は買えませんから、、、

    友達がトピさまと同じことを言っていました。

    友達はかなりおぼっちゃまで、豪邸に住んでいます。 彼女のアパートに行ったら、狭いのにブランド物がいっぱいあって「見栄っ張り」で「バランス悪すぎ」と思ったそうです。「あんなボロい狭い部屋に住んでいて、ブランド物なんて持っても意味ないのに」って言ってました。

    でも、節約して豪邸を買えるならそれもいいけど、服やバッグを節約したって、あなたの家のような豪邸は買えませんから。 ちょっと贅沢して服くらい買ったって、そんなに軽蔑しなくてもいいのに、、、。そう言ったら、友達は、少し納得していました。 でも貧乏なら質素倹約が大事ですね。

    トピさま自身もそういう時期があったのに、そうなる心理がわかりませんか? 誰か作家が「寂しいから」って言っていました。 ブランド物を持つと一瞬でも「寂しくない」そうです。

    ユーザーID:0027758864

  • 販売戦略なのでは

    ブランド品も「持っていればステータス」という販売戦略なんじゃないですか。

    ただ、一口にブランド品と言っても中には値段なりの質のものもあるので、単に見栄ではなくて、質を買う人もいると思います。そういう人は年収400万であろうが、1,000万であろうが買うでしょう。

    今でこそ、あなたよりもらっていますが、もっと年収が少ない時から戦車のように頑丈な、それなりにするクルマに乗っています。正面衝突されたことがあったのですが、衝突して来た日本車は半壊(廃車必至)でしたが、衝撃を受け止めた「戦車」は、ボンネットは曲がりましたが、乗っていた人は無傷でした。値段なりの質はあるんだなと思って乗り続けています。

    余計ですが「貧乏人」という表現はどうなんでしょうか。

    ユーザーID:0803578686

  • ちょっと考えたらわかりませんか?

    例えば、

    家を買うのは手が届かない人は、
    自家用車が高級志向になると聞きます。

    お金がないから、
    せめて「手が届く範囲の」高級品を手に入れるんですよ。


    そういう人対象にみんな、
    ビジネスするんです。

    ユーザーID:8453721367

  • 分かりませんよ

    ワンルームに住んでいる=貧乏と言う事でしょうか?
    確かにブランド物を買う為にアルバイトをしている人はいるかもしれません。
    だからと言ってワンルームに住んでいるから貧乏と言う事ではないでしょうし、あなたが思われている方はもしかしたら貧乏ではないかもしれませんよ。
    あと、そのブランド物や洋服はお付き合いしている方に貰ったと言う事だってありえますし何でも決めつけるのは良くないですよ。

    ユーザーID:9246114072

  • レスします

    金持ちだからブランドもん??

    買えるかもらえる立場にあるならいいじゃん!!

    大きなお世話だよ!!

    何に価値観を持つかは個人の自由。

    家を買わずに車に金を掛ける人もいる。

    借家だろうが、ワンルームだろうが、
    資産を持っている可能性もある。


    金を持っていても、そんな心じゃねぇ〜

    ユーザーID:0056043007

  • そうかしら

    トピ主様は『一目でそうとわかるブランド物』に興味がないだけで、
    見る人が見ればちゃんとわかる品物とか、
    小さい工房が丁寧に作るものすごく上質の品物をお持ちでしょ?

    私の趣味じゃないな、って心の中でそっと思っていてください。

    ユーザーID:2112279426

  • 私自身は……

    『一目でそうとわかるブランド物』が趣味じゃないので
    興味も無いですし、興味を持つ人の心理はわかりません。
    無理して手に入れた自分の持ち物に食われちゃってる雰囲気の人を
    いびつとまでは思いませんが、恰好良くはないなと思っています。
    けれど、「そのくらいの欲があった方がいいのかなー」とも思いますよ。
    欲の為でも頑張れるなら良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:8049694367

  • 自己満足で安心なんでしょう。

    せめて町に出た時はブランド品で身を包みお金持ちの気分になってみたいんでしょうね。

    人間調査でもしない限り貧乏か金持ちかなんて解りませんから。

    ブランド品は自己満足の一つ、他人より見栄えよく見えると思うから なけなしの金を使って買うんでしょうね。

    豊かになると偽の見栄えは必要なくなるから、心に余裕が出来るから馬鹿らしくなるんだと思います。

    親はユニクロを着て、子供にブランド品を着せても何にもならないのと同じです。
    ブランド品を着るよりセンスのある洋服のほうが子供も可愛く見えると思いますが。

    見る人が見ない限り、洋服のブランドは解りません。
    鞄位ならわかりますが。

    皆大事なお金の使い方間違っているんですね。

    ユーザーID:1563368819

  • 惚れこむ

     トピ主さんの言われている事、わかります。

    ただ本当に好きなら別にいいと思う。収入が少なくとも多くとも。
    見栄だけで買う人ってそんなにいるのでしょうか?
    人それぞれで迷惑かけているわけでもないし、好きにすればいいと思う。


    収入が多くなってブランドものに興味がなくなったというのは、自分が今までに本当に惚れこむ商品に出会っていないからではないですか?

    本当に惚れたら収入うんぬん関係なく近くに持ちたいし使いたいと思いますよ。
    あるブランド一つ、私がそうです。

    ユーザーID:5494043762

  • 見栄で自己満足

    トピ主さんは、高給取りになったが生活は変えない、ブランドには興味がなくなった、だから買わない・・それもいいと思います。
    世の中、人より良いものを! 人が羨むものを!と思うのは当然です。 本当の貧乏は「食うものがない」「物が買えない」「税金、医療費が払えない」など本当に明日の衣食住が苦しい人と思います。昔も今も、金持ちがダンスをして、ボウリングをして、ゴルフをして、外車を乗り回し、指輪はダイヤで、酒は高給ワイン、さらにバックや時計・・・言い出したら切りがありません。少し収入が増えて貧乏を抜けると「少しやりくり」が出来るようになると、何か金持ちのやっている事をしたくなります。実際はぎりぎりなのに「やりくり」で真似をして見栄を張っているだけ。昨日の自分とはもう違うんだ! 。価値観は「見た目の満足感」と思いますよ。

    ユーザーID:8474729679

  • お金のあるなしは関係ないでしょう

    お金のあるなしは、全く関係ないと思います。
    どんなにお金持ちでも興味なければいらないし、貧乏でも(といっても食うのも困る程ではないし)好きで頑張って買う人もいれば、やはり興味のない人もいる。


    住居(月々の支払い)には、お金掛けたくないけど、趣味(ブランド、車など)にお金を掛けたいだけ。単なる物欲です。

    どこにお金を掛けるかは人それぞれ。

    お金がない方がブランド志向とは思いません。趣味がブランド志向なだけです。そして、趣味は変わることもあります。

    ユーザーID:6038945015

  • ブランド云々と言ってる時点で金持ちではない

    日本は「成金」の方が本来の「お金持ち」よりも多いと思うので、「ブランド」=「お金持ち」と言う考え方をする人が多いのでしょう。 

    本当のお金持ちは老舗でオーダーメード、特注するだろうから、はたから見てもどこのブランドか分かりにくいだろうな・・・ 「ブランド」だから買うのではなく「品質の良さ」にお金を出すのが本当の金持ちだと私は思っていますが。

    最近のブランドが本当に高品質かどうかは疑問もあるので、「ブランド」が高級品と言うのは間違った考えですよね。 きっと「庶民の憧れるブランド」と「富裕層が考えるブランド」、ぜんぜん違うと思いますよ・・・ 

    ユーザーID:9624300856

  • それはきっと・・・

    自分に自信がないからだと思います。

    ユーザーID:3851343271

  • カラスの勝手でしょ

    他人が何を購入して、何を所持していようが、人様の勝手だ。

    いちいち他人の所有物に、どうこう意見する貴様の価値観にあわせて誰も生活していない。

    ユーザーID:0225689559

  • よくわかりませんが

     貧乏人でもブランド物にあこがれ、持ちたいと思う気持ちは誰にも止められません。 それで気持ちが満足するなら、借家暮らしでもブランドを持つ意味はあるのかも知れない、と思います。

     しかし、昔は誰もが持っていたわかりやすいブランドは、私の住む地域では最近あまり見かけなくなりましたね。 よく見るとお金がかかっている、というのが、江戸の昔からの粋な文化でしたが、持てる人はそんなおしゃれを楽しんでいるように見えます。

     ところで昨年、私立学校の保護者会の帰りと思しきママさん集団が、十数名、電車に乗って来たところに出くわしました。 見事全員、エルメスのケリーバック(色はそれぞれ)を持っていたのにはびっくりしました。 

     それまた借家一間暮らしのプランド品持ちと同様、よくわからない状況です。

    ユーザーID:7758526012

  • なんか分かります

    自分の周りでは高級ブランド好き=貧乏な人が殆どでした
    モード系、青文字系の、ヴィヴィアンとかゴルチェとかクセのあるブランドが好きな子は、見栄というより単にオシャレが好きな人たちでしたが、
    エルメスやシャネルやヴィトンなど、誰もが知ってる高級ブランド、
    それもひと目でブランドが分かるロゴがでかでかと入ったものを身につけている人は、実際は大抵ジリ貧でした。
    自分の知る限りではその方達は元々貧乏な家に育っており、強烈な貧乏コンプレックスがあるように感じました。
    それを覆い隠すために高級ブランドで身を固め、黒塗りの外車やスポーツカーを乗り回し、身の長けに合っていないので、結局貧乏が続くという悪循環。

    一方お家柄を聞けば誰もがのけぞるようなお嬢様の知り合いは、いつもジーパンにTシャツ、車なし、ブランド品も持っている所を見たことがありません。
    生まれた時から豊かだと、金持ちアピールをする必要がないんだと思います。

    もちろん貧乏な人が全員ブランド好きの見栄っ張りということは全くありませんが。

    ユーザーID:7812659111

  • 分かる

    うちが貧乏だった時、
    なぜか母は7万するヴィトンの財布を欲しがり、買いました。

    今はそこまでお金に困っていません。
    母は運動が趣味になり、安いジョギングウェアを揃えるのにハマっています。
    ブランドものには見向きもしません。

    なんなんでしょうね(笑)
    貧乏だと、ブランドものが心の糧になるのかなあって思ってます。
    「ここだけは良いものを持ってるんだ」という、自信につながるというか…安心感でしょうか。

    ユーザーID:9062782137

  • 自分に自信がないから

    私がよくわからないのが、同じ会社にいるサラリーマン。私とそれほど給料がかわらないけど、やたらとお金をかけて見栄ばっかりはっている。給料が同じだからすごい!とも思わないし、逆に背伸びしすぎで滑稽にみえてしまいます。お金がないとき、収入がない時ほど分かりやすいいかにも!ってかんじのブランドのバッグをもってしまうのは、やっぱり自分に自信がないからじゃないでしょうか。あとブランドを買いにいく時間があるほど暇だとか。本当におしゃれで、そのブランド以外、良い品物が無いからこだわりをもってその品を購入しているという人以外はみんなそんなかんじじゃないでしょうか。ある程度社会的な地位が上がってきて、子供もいたりすると、もうブランド云々という話ではなくなりますよ。仕事も忙しいし買い物もいく暇がないからね。

    ユーザーID:9076171302

  • 身に付けるものには快適さを求め、豪邸には関心がないんです

    >なぜなんでしょう。
    お答えします。

    >ワンルームのアパートに住んでいながら、ブランド物のバッグや時計、服などを身につけるのって。
    ワンルームではないですが、築30年の住まいに快適に住んでいます。
    おそらく、むらにしさんの感覚ではみすぼらしい住まいと感じられるでしょう。
    住まいを豪華にすることに関心がありません。
    今は家族が数人いて一人は音大生なので音を出しますから集合住宅には住めないのですが、何十年かして一人になったらワンルームに住み替えるでしょう。
    コンパクトに暮らすのが好きだし、住まいを質素にするのが快適なたちです。

    >一目でそうとわかるブランド物を持つのって、「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピールだと思うんですが、
    15年ほどイギリス製の某有名ブランドで全身統一しています。
    理由はお金余裕アピールではありません。
    安価なモノを短いサイクルで廃棄して新調するのが辛いのです。
    トップスとボトムが別々のメーカーというのも、バラバラ感を感じて落ち着かなく不快に感じるのです。
    着心地がよくデザインも好きで身に付けると快適だからです。

    ユーザーID:1991474407

  • 身に付けるものには快適さを求めますが豪邸には関心がないんです

    >実際はブランド物を買うためにアルバイトをしたりしている人も多いと思います。
    働いていますが、ブランドの為『だけ』じゃないです。
    自分と家族の生活の為。社会で役に立っていると感じられることが快適だから。

    >ブランドという理由で物を買うことは一切ありません。
    私もそうですよ。そのメーカーの製品が品質よく、デザインがすきで、何より自分に似合うから身につけて快適だからです。
    むらにしさんは、ブランドを身に付けている人は皆が製品を気に入って愛用しているのじゃなく、『ブランドという理由で買っている』と感じるのは何故ですか?

    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観って、自分も含めていびつだと思うし、どうしてそうなるのか疑問です。
    私は年収1000万はありませんし、生涯1000万になることもないでしょう。
    もしもリアルでお知り合いになったら、私のような人間は、むらにしさんにはいびつな貧乏人と認定されるのですね。
    好きで快適なものを身につけているだけなのに。

    残念です。悲しいですね。

    ユーザーID:1991474407

  • 日本ブランドで、いいバッグないですか?

    ワンベッドルームのアパートに住んでいて、ベンツやBMWなどを買うのに似てますね。車よりは、安いですから、自分へのご褒美や、誰かからのプレゼントなのかも。

    コーチはアメリカのブランド。私が18歳ぐらいのころ、30年前には、日本では知っている人はいませんでした。

    日本のブランドを海外と提携してでも、世界へ売ってほしいです。

    政府からクールジャパンとして援助を受けるなどして。日本人としてヨーロッパやアメリカのブランドのロゴの入ったバッグなんて、宣伝したくないです。

    物は、価値を失っていきますし、流行り廃りもあるので、バッグに投資するよりも、他にいい投資がありますから、あまり興味がないというのもあります。

    丈夫で、手入れがしやすく、長持ちし、機能が優れていて、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすく、手ごろな値段のバッグが一番です。

    ユーザーID:6906395570

  • 貧乏だからこそ

    財布や時計くらいは良いものを持ちたい。という気持ち、忘れてしまいましたか?節約しなくてはいけないので、服も家具も、食品も安物ばかりをいつも妥協していますが、たまの誕生日やクリスマスくらいは良いものをプレゼントしあってもバチは当たらないでしょ。やはり値段相応品質も違います。
    お金がある人は何もかも良いものを選ぶことができます。しかも何時でも買えるので、焦って買う必要もない。
    無理のない程度の一点豪華は見逃してあげてください。

    ユーザーID:0961304838

  • 逆にお金がないから

    なけなしのお金だからこそ、ブランドという、価値が確立されたものにお金をかけたがるんじゃないですか?

    はいて捨てるほどお金があるなら、ブランドかどうか気にせずお金を使うと思います。

    ユーザーID:3571652621

  • 小数派でしょ

    だからそんな偏見をもってるのだと思いますよ。

    もう少し視野を広げた思考をもった方がいいと思います。

    ユーザーID:3437705193

  • 視野狭

    どうしてそんな考えになるかなー
    しかも、貧乏人て・・その言い方・・


    あなたはエスパー?
    どうやって他人様を貧乏人扱い出来るのかしら?
    ただ欲しいからもっているだけですよね?
    許せませんか?違和感ありますか?私はあなたに違和感をもちますね。

    ユーザーID:5678445730

  • え?そうなの?

    可愛かったり、丈夫だったりして、単にデザインや素材が好きだから買ってるだけなんですけど・・。

    金持ちって言われると、凄い金持ちじゃないけど、普通に買えるから買ってるだけで、何も意識して買ってないんだけど・・・。

    マイホームのローンも返したし、車は現金一括だし、大金持ちでなくても貧乏でもなくて。

    普通に買えるから買ってるだけって人、一杯いると思うんだけど。

    そりゃ凄いボロボロの家に、ピカピカの外車がガレージはみ出して入ってるの見たら違和感ありますけどね。

    別に、家諦めたから車ってのも、人の勝手で良いのでは?

    ユーザーID:1026240147

  • トピ主さんは見栄で買っていたのかもしれませんが

    今はブランド品だってファストファッションだって
    好きなものを好きに身につける人がほとんどだと思いますよ。
    ブランド品に目くじら立てる人って意味不明です(笑)。
    他人の持ち物に口出す方がよほど下品だと思いますね。

    ユーザーID:9428188165

  • 私が思う理由

    多分お金がない人は本当にいいものを知らない。
    だからブランドがあれば単純にいいもだと思ってしまう。

    お金がないから買い物で失敗できない。
    だから安全パイとしてブランドを選んでいるのでは?

    ユーザーID:6504557503

  • 逆。カネで感性が鈍るだけ

    逆ですよ、逆。

    まだリッチでなかったころは「よいもの」に対する素直な憧れや、モノに対する敬意があったのに、カネで何でも手に入ると思うようになった人は、そういう感性や敬意が鈍ることがある、ってことです。

    そして「貧乏人」を見下すようになったりするんですね。情けない。

    私は昔よりは経済的な余裕もありますが、今でも、職人さんが素材を吟味して丁寧に仕立て上げたものは好きですし、大切にしてますよ。

    ユーザーID:2889227747

  • 広い家に興味はない

    人の価値観はそれぞれなので、なんとも言えないですね。

    >なぜなんでしょう。ワンルームのアパートに住んでいながら、
    >ブランド物のバッグや時計、服などを身につけるのって。

    トピ主さんは、「ブランド物より広い家が先でしょう」と思っているということですよね?

    私は広い家やマイホームにまったく興味がありません。
    マイホームだと1階か2階(低層階)になってしまいますし、飽きてきて住み替えも難しい、広いと掃除がめんどくさいし、家事代行の人も長い時間お願いしないといけない・・・
    さすがに「アパート」ではないですが、トピ主さんから見たら「どうしてこんな家にいる人がブランド物なんて」になるような狭さかも知れません(例えです。私はブランド物あんまり持ちませんが)。

    とまぁ、こんな感じで、価値観は人それぞれなのではないでしょうか。

    「ブランド物<広い家」というのはトピ主さんの価値観でしかないということです。

    ユーザーID:1699376113

  • それぞれ

    お金をかけたいところは人それぞれじゃないですか。
    見栄をはるためだけにブランドを身に付けているとは限らないです。
    私は、好きだから、他は節約して、買ってるんだなあとしか思いませんよ。

    ユーザーID:3414723633

  • 何にどれだけお金を使うかは人それぞれ

    収入や資産が幾ら有ろうと無かろうと、何に幾ら費やそうと費やさなかろうと、人の価値観は人それぞれではないでしょうか?
    十人十色、人生色々、お金の使い方も人それぞれ、他人がとやかく評することこそ下品極まりないです。
    不動産にお金をかけずに、動産を持つのも自由では?

    ブランドも自慢するために持っているのではなく、丈夫だから、良質だから、という理由で持っているのではないでしょうか?

    ユーザーID:7495641330

  • 余計なお世話

    誰が何を持ってもよいではないではないですか。

    あなたの年収なんてどうでもよいし。

    他人に迷惑かからなければ住居費を節約してのブランドのどこが悪いのですか。

    ユーザーID:3229344479

  • もう歳を取ったというだけではないですか?

    やはり歳を取ると何につけてもやる気が起きないですから。私も含めて。
    寒さも感じる年ごろになると、美しさより機能的(暖かいかどうか)な服を
    追ったり。

    それとお金を持ったからハイブランドに興味がなくなるんでなく、マイブー
    ムが去った時期がたまたまお金を持つ時期だったというわけではないですか?
    ハイブランドを持ちたい時期がお金を多く持つ時期ではなかったというだけ
    かと思いますが。

    高級車で車庫入れする家がボロボロな場合も同じような印象を持たれます?
    高級車にお金をつぎ込むから、家にお金が回せないと見るか、お金が十分
    にあうけど、車だけは興味がある家かなんて、誰にも分からないし判断
    できませんよね。

    ユーザーID:6320189595

  • ブランドは ブランドなれど さりなれど

    ブランド品を購入する理由はいくつかあると思いますが
    1.品質への信頼
    2.消去法でブランド品になった。
    3.ステータスシンボル、見栄として
    などが考えられるところですが
    トピ主の場合はかつて3.の動機で購入されてたんでしょうね。
    だって「年収が1000万になった今」というブランドを手中にした今
    ブランド品を必要としなくなったのですから。

    その今もブランド品云々と仰られるのは、ブランド品を持つことに不要といった今もブランド品に拘泥している証拠です。
    それでいて「貧乏人のブランド志向 」との発言は
    どんぐりの背比べ、五十歩百歩、目くそ鼻くそを笑う、といった諺に中ります。

    ユーザーID:0679288896

  • 自分に自信がないから

    私はブランド志向ではありませんでしたが、若くお金の余裕がなかった頃の方が身なりに気を使ってました。何の地位もなく、身なりもみすぼらしいと誰にも気に留めてもらえないような強迫観念があったように思います。中年になり、自分なりの生活基盤ができてからはそういった見栄をはることもなくなりました。ブランド物が大好きで持ちたくて持っている人もたくさんいらっしゃると思いますが、私のように自信のなさを隠すために無理して持ってる人もいるんじゃないかと思います。

    ユーザーID:1029961273

  • アピールって訳じゃない。

    人それぞれでしょ。

    お金が無いとブランド物買ってはいけないんですか?

    お金が無くても、どうしても欲しくて買う人だっているんです。

    ユーザーID:6030250897

  • 二度目ですけれど

    自分の収入内で生活に支障が無いくらいのブランド買いならその人の自由じゃないかな?
    生活保護受けていて子供の払いもしないでブランド買い漁るとか貸金業にお金を借りてまで買うのなら眉を眇めるけど、結局自分は他人なんだから傍観者になるしかないし。
    本物のブランド物は高い分縫製がしっかりしていて何年経っても型くずれしないし飽きが来ないデザインだから安物を沢山買うよりお得だとは思うけど。

    ユーザーID:1357902158

  • トピ主です

    皆さんのコメント、ありがとうございました。新年早々多くの方に不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。結局のところ私自身が今も見栄っ張りで、逆にブランド物に興味がなくなったのは収入が増えたからと言いたかったのかもしれませんね。トピを立てた時は、新年のセールを見て感じたままを書いたつもりだったのですが、無意識に私の人間性が反映されていたということでしょう。自分の人間としての未熟さ、視野の狭さ、嫌らしさを知りました。これから人間としてどのように成長して行くかが課題ですね。こういうのって、生まれつきの性質なんでしょうか。少しでもマシな人間になれるように努力しようと思います。

    ユーザーID:1418131537

  • 貧乏なのにブランド持つ人の話でしょ?

    たしかに高給取りでお金持ちの人がブランドをさらりと持ってるなら品もあり違和感はないかな。

    お嬢様なわけでもなく安い服着ていつも「お金ない」が口癖のような人が頑張ってブランド買ってるのを見ると見栄ハリだなーと思う事もあるよね。古着で買ったりね。

    特にお金持ちでなくて自分に自信がない人はブランドで固めるって言いますよね。

    実際高給取りの人もいるけどトピ文のような人もいることはいるよね。

    ユーザーID:3420417212

  • 何もないからこそ

    地位も名声も財産もないからこそ、ブランドに憧れ、それを手にすることで、自分の価値を上げたいと本能的に思うからではないでしょうか?
    私の知り合いにもいますよ。
    お金がないのにブランド物や宝飾品を好み、親に買ってもらっているのに、自分で買ったかのような素振りを見せて、「みんなは買えないの〜?私は欲しいものは何でも買えちゃうの(ハート)」って言うんです(笑)
    でも、みんな、親の七光りで働いていることも、親に帰省しているのも知っています。
    まぁ、大人なのでわざわざ本人に指摘はしませんが、影で笑われていますね。
    ブランド物を持つのは一種のステータスと感じている人もいるので、そういう人は、お金がなくてもブランド物を持ちたがるんじゃないでしょうか?
    まぁ、ブランド物は物持ちが良いなどの理由で好きな人もいますので、ブランド物好き=上記の人たち。とはならないのは確かです。

    ユーザーID:7237662872

  • いつでも買えるという余裕

    ワンルームのアパートに住んでいながらブランド物を買うことが「お金に余裕がある」アピールだとは全く思いません。

    ブランドバッグなどは頑張れば手が届くから欲しくなるのです。それを自分の稼ぎで買うことに達成感やちょっとした贅沢感があるからです。「あこがれ」なんですよ。ブランドバッグは丈夫で長持ちだから、というのもあります。

    収入が増えるとブランド物に興味が無くなるのは、買おうと思えばいつでも手に入るという余裕ができるからだと思います。そうなるとブランドかどうかより、自分の好みであるか、が物を買う時の優先事項になります。
    私も収入が増えるにつれて物欲は減りましたが、時々、欲しいと思った大物を現金買いします。ローンなどを組まずにすぐに手に入れられる余裕があってこその買い方ですね(家までは買えませんけど)。

    去年、外車(高級外車ではないです)を現金買いしましたが、達成感とか贅沢感は無いけど、欲しいものを躊躇することなくぱっと買えるだけの収入を得られるようになったんだなぁ、若い時には自分がそうなるなんて思っていなかったなぁ、くじけずに頑張ってよかったなぁ、としみじみと思いました。

    ユーザーID:8289967231

  • まあねえ

    私、パリの高級住宅街に現地人と結婚して住んでる友人がいます。
    遊びに行ったときに、ヨーロッパの王様に嫁いだハリウッド女優さんの名前を付けたバッグで有名なブランドのお店に、観光客が少ないからって連れて行ってもらいました。
    そしたら、60代くらいの一目でお金持ちオーラがでている上品なマダムが入って来ました。
    そのマダムが来たら、お店の奥からシャンパンが運ばれてきて、くいっと飲んで少し話をして出ていったんです。
    私、フランス語できたんでその人が滞在していたその15分程度で指をさしたワンピースの色違いを自宅に届けるように手配したのがわかりました。
    お金のやり取り、サイズの指定は無し。
    もうその人のサイズも自宅も全部わかっているんでしょうね。

    本当の金持ちってこうなんだなあ、と完全に委縮して何も買わずにでてきましたよ。
    私には水も出なかったし(笑)

    トピ主さんが言いたい事って、衣食住足りて、礼節を知るってことですかね。

    ユーザーID:2251686112

  • 自分に自信がないからかな…

    私は自分に自信がないから、身につけるもので格好つけたいと思っています(泣)
    自分に自信もてたら、いわゆるブランド品に頼らなくなるかな…

    ユーザーID:0369653686

  • そうなの?

    トピ主さんの考えってバブルのころで止まってませんか?
    六本木のワンルームに住んで高級外車乗り回していた人の話を聞いたの思い出しました。
    そのころのまま頭ガチガチに固まってませんか?
    今の若い人たちはファストファッションが主流だし、ブランドで人気がある物も
    お手頃プライスのものですよ?
    ってことは30代以上の人のことですか?
    その年代でワンルームに住んで
    ブランドをアルバイトまでして無理して買ってる人なんてそんなにいます?
    というか本職以外にアルバイトしてる人がいるってこと?

    もしかして昔嫌いだった人のこと思い出してトピ立てたのかなって思いました。
    それか、そういう人が今も周りに本当にいるのなら、あまりかかわらないほうがよくないですか?
    そろそろまともな降雨優関係を大切になさったほうがいいかと。
    学生さんや社会人になりたての若い人以外で
    私の周りにはワンルームに住んでいる30代以上の知人友人がいないので
    とても不思議で不自然に思いました。

    ユーザーID:5904513491

  • マーケティングの勝利

    「ブランド」追いをしている人を見るとタイトルのように思います。
    わたしも40代半ばを過ぎて、ようやく広告やマーケティングに踊らされなくなったなと思います。

    ユーザーID:5344282374

  • そうなんですか?

    私貧乏ですが全くブランド品に興味ありませんが、なにか

    ユーザーID:1012193304

  • 滑稽な文化

    大抵は皆が持ってるから持ってないと恥ずかしい
    そんな感覚じゃないのでしょうか
    雑誌などでも皆もってる的な記載多いし

    10万のバッグって買えなくはない金額
    だから無理して買うのでは

    正直安っぽい2、3000円程度の靴に
    スーパーの値引き品書いながらバッグは
    ヨレヨレのブランドバッグみにつけてる姿は滑稽だなと
    連れや子供の服で なんとなく
    購入価格帯や車でわかるのになーと

    まぁ自己満足の世界だから言わないけど
    安いバッグでも服装に合わせるのが一番素敵だと思う

    一番唖然としたのは
    バーベキューにブランドバッグヒールできた女性
    なんだかなぁと

    ユーザーID:5287808176

  • 多いかな?

    ブランド物を買うためにバイトしている人なんて、私の周りにはいませんが・・。

    あなたの周りだから、類友なだけでは?

    ユーザーID:5410369563

  • ブランドオンリー趣味ではありませんが

    ブランドものは長持ちして、デザインも古臭くならないものが多いので好きです。
    ブランドでもノーブランドでも、ご本人が好きなものを持てば良いのではないでしょうか。

    訳あって、今はアパートに仮住まいしていますが、持ち家が二軒あります。
    アパート住まいだからといって、貧乏だとは限りません。アパートのご近所さんにも、豪華な身なりの方がいらっしゃいます。大きな家を老齢のため維持できないため、あえてアパートに住んでいるリッチな方もいらっしゃいます。

    まあ、人それぞれですよ。

    ユーザーID:3623344569

  • 好みのブランドがありました

    過去に
    好みのブランドがありました
    雑誌を見ても楽しくて、自分のご褒美に買っていました


    いまはノーブランドですが、ガンガン働いている時は数はいらないから一つでも気に入った良いものを欲しかったのです


    見栄ではなく
    自分にもっと頑張ろう、と奮い立たせる気持ちと自分に対するご褒美でした。


    いまは好みが変わったので、結婚して年収うん千万ですが買わなくなりましたね。
    欲しい人が買えばいいだけなので、私は人の好みも気になりません

    ユーザーID:2416276462

  • いろんな人がいますよ

    私は貧乏だったころも、ある程度お金を持っている今も、ブランド物は大好きですよ。
    そしておそらく、お金がないなのにブランド物を身に着けていると、ブランド物が目立つので、主さんの言うように、「貧乏人のブランド志向」に見えるんじゃないですか?
    それに年齢も関係あるのかなぁと思います。
    私はおばさんになったら、ブランド物というより、宝石のほうに興味が移りそうです。

    ユーザーID:2709326738

  • 人は頑張れば手に入るものに憧れる

    トピ主は頑張らなくても全部手に入るようになったから、どうでもよくなったんでしょう。実際昔は憧れていたようだし
    いいなーほしいなーと憧れて、お金を貯めて手に入れる。見て見て、これ買ったのよー持ってるのよーと言える。持ってる自分を誇らしく感じる
    そういう物は、貧乏な人は服だったり鞄だったり、財布だったりするのだと思います。
    パーセンテージで考えるとわかりやすいかも。
    トピ主にとっては持ち金の1%の商品でも、庶民にとっては持ち金の70%のもの。
    だから手に入れたら嬉しいのです。

    ユーザーID:2438433551

  • その考え、古いですよ。

    当方、いたって平均的な収入の家庭です。
    20代の昔も、40代の今もブランド志向です。
    30代の頃、一旦、ブランド離れしましたが、30代後半くらいから結局戻ってきてしまいました。

    本題の質問に答えると、別に大金持ちでなくても買えますよね。だから、買います。
    20代のときは少し「憧れ」もあったと思います。

    今は洋食器、和食器に凝ってますが、やはり使い勝手やら微妙なデザインが他のものとは違うので、魅力を感じます。

    タイトルの「貧乏人のブランド志向」ですが、今でもそんな風に考える人がいるのですね。
    趣味の範囲くらいに考えればいいと思いますよ。

    ユーザーID:0807885659

  • 年配の方に多いですよね。

    アラフィフ以上の方でそういう傾向の方は多いと思います。
    アラフォー以下だとインテリアや有機野菜などに興味があり、車は持たない、洋服はユニクロなんて人達も多いですけどね。

    装飾やブランド物の販売員や美容部員はそういう傾向多かったですね。
    昔、デパートでバイヤーをしていたのですが、当時アラサーだった現アラフィフさん達は、ブランド物のバックを買い漁りに海外へ行き、車を乗り回し、ジュエリーや化粧品にお金をかけ、インテリアなんて誰も口にしませんでしたね。おもしろい事に、バックにはお金をかけるのですが、靴や洋服は意外に適当でした。
    もちろん英会話などの学校に通う人も皆無。
    間違ったダイエットに夢中になり、食事はパスタやパン、そんな人達が多かったです。

    今は体重より筋力アップ、食事は大事、インテリアもおしゃれ、洋服はファストファッション、そんな時代になりましたね。
    ただ、アラフィフパートさんたちのブランド物はすごいですね。

    時代が変わったのに取り残されている人がいるだけの話だと思いますがね。

    ユーザーID:4572916866

  • 答えは簡単

    簡単に買える物なんて、誰だって興味ないでしょ。

    お金持ち(なのか?)なトピ主には、簡単に買える無価値な物だけど、
    貧乏人(見下した失礼な発言ですね)には、ブランド物は簡単に買えないってだけ。

    ただ、貧乏人のくせにブランド買って見栄っ張りとか批判する人は、根っからの貧乏人根性だと思うわ。
    アパート住まいはヴィトン持つな? ベンツ乗るな?
    他人のささやかな喜びを嘲笑う人は、心が貧乏なんです。(古臭いセリフ)

    ユーザーID:0064578188

  • 似合っていればいい

    それは、その物を持つ動機次第かと思います。
    人に何かをアピールするために大して実際好きでもないのに買うのは愚でしょう。でも自分の価値観をみきわめていくのにそのプロセスは必要と思います。通る道でしょうね。私も随分、シンプルモダンな上質なもののインテリアに凝っていたことがあります。よく考えたら元々チープなものの方が好きなんですよ。
    トピ主さんはまだ道半ば。いずれ他人が何を所持していようがさほど気にならなくなると思いますよ。

    ところで、ご近所にシャネルを着ておられる方がいます。ほかのブランドは見たことがありません。颯爽としてエレガントでその方によく似合っています。ただ、家はたいそう古く(由緒ある邸宅という感じでもなく)ギャップを感じていました。
    なんと、この辺りの地主の一族だそうです。すきなものだけをすきなように買える方は、周りからどう思われるかなどとおよそ気にならないのでしょう。
    ちなみに、確かに古いですが、自分がそのお宅に住むとしても全く恥ずかしくもないですし気になりません。

    ユーザーID:6269960832

  • まあ、いいんじゃない

    ブランドといっても、安価な価格帯のブランドもあるので、気に入った物が、ブランドだった、ということも、実際にあると思いますよ。
    ノーブランドのバッグでいいわ、と思って使っていたら、実はハイブランドのデザインのコピー品だった、ということも、
    よくありますしね。

    材質に違いがある、ということもあります。
    高級車は要らない、車は動けばなんでもいい、と大衆車に乗ったとしても、
    高級車の内装に使われている材質は良いのと同じ。ただ、それが価格と見合っているか、というのはまた別な話ですが。

    ハイブランドが生まれた欧州は、日本とは全然違う階級社会で、もっとはっきり階級が分かれているため、ハイブランドは上流階級しか持たないし、上流以外は持ちたいと思わない、ぐらい分かれているそうですが、日本の場合は、服装に階級差がない珍しいパターンだそうです。
    中流でも買えるお金があるなら、じゃんじゃん買っていますよね。
    アピールの人もいれば、デザインや色味、材質が気に入るとか、あるんでしょうね。
    ブランドを買いまくるっているのはアメリカ人と日本人、今は中国人も凄いようです。

    ユーザーID:2196422795

  • ご自分に聞いてみたら

    どうしてそうなるのでしょう?と質問してるトピ主が経験者なら、こんなとこで意地悪な性格丸出しのトピなんかたてなくても、答えはでているのでは。

    賢そうにみえて、良く良く読むと、なんて失礼なトピ。

    ユーザーID:3022022161

  • 他人の金や家や持ち物に興味津々なんですねー

    人様の経済状態や、ブランド品の有無、住宅がそんなに気になるんですね。
    ママ友の持ち物もチェックして話題にしてるんだ−。

    ブランド品を持つ理由なんて、色々でしょう。その人に何かの喜びをもたらすものであれば何であれ、良いではないですか。
    ただ、浪費しててそのツケを人に回してるなら論外ですが。

    ユーザーID:1921297838

  • 人による

    お金持ちを羨ましがったり、嫉妬していたりしていれば欲しがるのではないでしょうか
    自称お金持ちに見せるために、つまりハイブランドで固めていれば
    見た目だけでそれなりの信用が得られるようにね
    トピ主は、世間から信用される人を目指していたがために初めはブランで固めて
    次第にブランドがなくても信用が出来てきたために必要なくなった
    そうでなくてブランドが好きな人は、本当に好きなんですよ

    詐欺師はそういった人の心理を利用して信用されやすい格好をします

    トピ主は多少くたびれた服を着ていても世間から成功者として見られているから
    ブランドで固めなくても平気になったんですよ
    私も安いバッグからブランド財布取り出しただけで、馬鹿にしたような目から
    嫉妬と羨ましいが一緒になった目を見ると
    「あーこの人は騙され易い人だなー」と思っています
    たかが財布なんですよ、たかが財布でここまで人の目つきが変わるなんて
    本当に世間の人はブランド信仰が厚いんだなと思いましたよ

    ユーザーID:4212764945

  • 私は逆の考えです。

    年収2000万越えですが、ブランドバッグは一番高いもので15万円です。アルバイトの友人で、ステキなブランドバッグを幾つも持ってる方がいますが、他を節約してでもブランド品を買いたいと思える性格が羨ましいし、かわいいと思います。

    逆に、お金持ちで豪邸に住んでいるのに、身なりを気にせず(上品で地味とかでは無く)安っぽい物ばかりの方を見ると、アンバランスに感じます。

    年収1000万なら、ブランド品持ってても持ってなくても違和感ない中間層だと思うのですが、他人がそこまで気になるなんて、逆に不思議です。

    ユーザーID:0999081411

  • 趣味の問題でしょ

    ワンルームでブランド物、高級車って、私の従兄弟みたいです。
    親が富裕者層なので、何も思ってないんじゃないかな。
    ワンルームなのは激務で帰らないかららしいですし。

    お金持ちがブランド物を持たないってホントかなぁ?我が家もそうですが、私の周りの友人知人たちは皆いい物お持ちです。
    車は安全のために高級ブランド車ですし、バックなどはTPOに合わせて自分の好きなブランドを持っています。

    服はいわゆる改まった外出着は一通り高級ブランドで揃えています。ちょっと仕立ての悪い服は恥ずかしいので。
    普段のお洋服は夫も私もユニクロも愛用していますし、質素です。

    ある程度金銭面で余裕を持てるようになればブランド物に固執することはないでしょうが、
    品質を追い求めると気付けばブランド物ばかりになってしまっているのが富裕者という気がします。

    大変失礼ですが、トピ主さんの年収はそんなに高くないですよね。
    貧乏人と人を揶揄するのは恥ずかしくないですか?ドングリの背比べっぽいな。

    ユーザーID:7337643435

  • 好きなものが一番。

    自分の収入に合わせて、何を選んで買うかは今の世の中個人の自由ですよね?どこに自分の重心を置くかは自分次第。要は自分が心地よく暮らせていればOKかと。
    もし、生活保護を受けていてブランド品を買いあさっているのなら問題ですが、ワンルームで生活している人がどうしても好きでブランド物を買い集めているのは、「そのブランドが本当に好きなのね〜」ぐらいに思うぐらいです。

    そう思っている自分は、質が良くて価格が妥当ならブランド・ノーブランド問わず購入します。ロエベのカバンのフォルムに惹かれましたが値段がウン十万…には納得できないタイプです。(笑)だったら質のよい本革で、希望の形でオーダー。服も質と値段の妥当性が購入動機です。普段着はユニクロ&無印を自分風に着こなします。住居は、狭くても気に入ればOK。模様替えが好きで、どこに住んでも友達によく「何だか居心地いいね」と言われます。広い家にも住みましたが、小さいほうが工夫が随所に活かされる感じがしてます。

    別の国や某セレブなどの価値観と比較する例がありますが、そろそろ日本もそれぞれの価値観を大事にできるようになるといいのにな…と思っている欧州在住です。

    ユーザーID:3937510824

  • 「アパートで高級外車」と同じでは?

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピール
    ええ〜、たかがブランドバッグ(十数万円〜100万円台)ごときで
    「アピール」になると思っている人っているの〜?
    セスナやクルーザーを持っているならともかく…。

    これって「アパートなのに高級外車」と同じ思考だと思うけどな。
    要するに「その車(ブランド)が好き」。
    それの何がいびつなのかな?
    好きなもののために頑張って働くのっていびつなの???変な人。

    ユーザーID:2885772513

  • 若い時は特にそうですよね。

    私も若い時はブランドバッグが欲しくてたまりませんでした。
    新入社員の時、同期男性が日本車でしたが高級車のローンを組んでました。(新入社員でも公務員だから借りやすかったのかも)

    同僚なので給料同じだしで「何でそんな高い車買うの?」と聞いたら『じゃ何でブランドバッグ欲しがるの?持ってるの?』と聞かれてそっか、私と一緒だと納得しました。

    お互い若かったなと思います。

    転職して今は当時の5倍収入ありますが、全然欲しくないです。

    逆に年齢が上がってもブランド物を持ってる人って、本当に そのブランドが好きなのか、本物のお金持ちかだと思います。

    ユーザーID:4113187506

  • 長持ちに期待

    流行関係なく長く使えるもの
    をチョイスしただけかもしれませんよ?
    メンテもあるし。

    って、人の所得と住まい、持ち物を値踏みしていると
    誰も近寄らなくなりますよ。
    そして 主様こそ その収入環境でよく人の査定が出来るわよね
    というブーメランがヒットすると思います。

    ユーザーID:8731222625

  • それなりに小金を持っている人がブランド志向な気が

    地方都市から出てきて長年一人暮らしをしているOLです。
    頑張れば買えないこともないけど、頑張らないと買えないので
    ブランド物は持ったことがありません。衣服にお金はかけられません。

    そんな私の目から見ると、ブランドバッグをたくさん持っている人は
    お金持ちとまではいかなくても、それなりの小金持ちな感じの人が
    多いですよ。けして貧乏人ではないと思います。

    私の周りでブランド物を持っている人は、OLでも親と同居していて
    割と待遇のいい仕事をしていて、親もそれなりにお金を持っていて
    子どもの結婚などには惜しみなく援助をしている家庭の人でしたね。
    まともに仕事をせず、親に養ってもらっている人もいました。
    そういう人は、持っているバッグが全部ハイブランドでしたね。
    たぶん生活費、結婚費用などは親に援助してもらうから
    給料は全額自分の好きなように使っているのでしょう。
    こういう人は貧乏人とは言わないと思います。

    しかし、私は富裕層でもないのにブランド物を持っている人を
    いいとは思わないので、トピ主さんのように高年収の人が
    こういう意見を持っているのには、賛成したい気持ちが強いです。

    ユーザーID:1093090142

  • きっとその人にとって・・

    価値観の相違だと思います

    ベンツに乗っていても
    安いアパート・食事はカップ麺
    そんな人知っています
    でも「貯金」はあります

    お金に余裕がある・なしの基準では
    ないような気がします

    「その人」は本当にお金がなく
    貧乏なのですか?

    ユーザーID:0134521211

  • 家賃を節約

    家賃を節約してブランド物の購入に充てているのでは?

    話はそれますが古いアパートに高そうな車が停まっているのも同じ理由だと思います。

    ユーザーID:4799014614

  • 少ないからこそ残るものを

    収入が少ないからこそ形に残るものを欲するのではないでしょうか。
    自由になるお金が少ないと飲食にお金をかけたり1泊何十万の部屋には泊まったりできないですがブランドバッグ程度なら少し貯めるだけで買えると思うので。
    私事ですが、今はお金には不自由していないのでブランド品にはほとんど興味ないですが、もし金銭的に困るようになったならば外食や旅行をあきらめる代わりにバッグや靴、衣類など形に残るものにお金をかけますよ。

    ユーザーID:0536320640

  • 他人のことはわからんが、自分のことで。

    そういえば!私はそうでしたよ。

    もちろんお金なさ過ぎて、いわゆるわかりやすいブランド物って持っていなかった
    のですが、持ちたいなーなんて思ってました。

    ただその時も流行りとかがあって、何人かが同じブランドのまったく同じ型のバッグ
    やら財布やらを「職場の指定か?」っていうくらいかぶって持っていて、それなら
    私はいいかな・・・って思ったのをおぼえています。

    学生でもそんな感じで持つ方ってけっこういらっしゃって、私はそんなに高級品を
    買い換えられませんから、高級で長持ちなんて何年も持ってると「あ、それ5年くらい
    前流行ったよね!私も持ってたよー」とか言われるの私は苦手で。

    今はブランド物を日常使いできるくらいの生活になりましたが「ブランド」という理由
    では欲しくなくなりました。これ、私にとってはおしゃれな外車も同じです。
    あんなに乗りたかったのにな。今なら乗れるのに興味なし。

    ただ、ものすごく高いブランド品を「親からのお下がりよ」なんてさらっと使っている
    方は羨ましいです。
    ブランド品が羨ましいんじゃなくて、なんていうかな、難しいけど。

    ユーザーID:5504968191

  • 『なんでそこにお金かけるの〜!』という

    成金な人に多いですね

    『なんでそこにお金かけるの〜!』という
    どうでも良い、突っ込み。

    じゃぁなんで広いとか新しいって言うだけで住む部屋を選べるの?

    人によってどこにお金をかけたいかは違うんですよ。
    トピを開いて一つ勉強になりましたね。

    ユーザーID:9952166349

  • 意地悪ねえ・・・

    ここで、意地悪なトピをたてなくてはいられないほど、今のあなたは
    満たされない生活をしているのね、と思いました。


    トピ文を読む限りは視野が狭くて、とても意地悪。


    私は革製品が好きなので、上質なもののお手入れが楽しみです。
    エルメスのボックスカーフ、BREEのヌメ革、ゲンテンの革、それぞれに
    良いな、と楽しんでいます。
    シャネルのバッグの被せがぴたりと来る所、ロエベの程よい大きさ・・。


    誰だって、買えるのだったら楽しんだら良いではないですか。


    ここで「貧乏人」なんて言うの、精神を病んでいるのかな、と心配です。
    早く、ゆったりとしたお気持ちで幸せになれますように。


    何かひとつ、触って気持ちの良い上質なバッグかポーチでも買って
    老舗ブランドのハッピーオーラに触れてみたら?


    お大事にね。

    ユーザーID:8244772060

  • 自分を補うため もあるかも

    お金に余裕があるアピールではなく、
    自分に足らないものを補う意味で、ブランド物を
    所持するのではないでしょうか。

    コンプレックスを埋める為だったり、
    魅力を補うためだったり、etc。

    お金に余裕アピールも含まれるかも。

    自分に自信があれば、高品質・高価格のもので
    自分を補わなくても、大丈夫なので、
    年収が上がったり、自分が満たされているという
    確信が持てれば、おのずとブランド品には
    手を伸ばさないかと思います。


    あとは、ある程度ブランド品や遊びをしつくした感を
    持ったあとは、興味がなくなる、というケースもありますね、

    それと、仲間が持っているから、とかかな。


    広告宣伝媒体に踊らされて?もあるかも。

    限定!とか、日本先行とか、ね。


    大事に使うのなら、低所得の人でも所得の高い人でも買うのは
    構わないと思いますよ〜

    ユーザーID:1011823149

  • 事情が変わった

    ワンルームでブランド品ばかり持つ人間です。

    恵まれた家に生まれ、贅沢をして育ち、収入の高い、32歳まで安定した職についていました。
    ブランド物が好きなのではなく、程度の差はあれブランド品しか買ったことがなかったです。
    (好みは変わらないし、縫製も素材もいいので使い続けています。10個のブランドバックを10年愛用すると、1つを1年使うより劣化もせず、きれいなままです。)

    一昨年、起業に挑戦しまして、衣食住のお金を1/3くらいセーブして生活しています。いい大人ですから親の生活費援助はもらいません。服やバッグ・アクセサリー、去年は全く買っていません。ワンルームで生活しています。

    ユーザーID:0467704317

  • 年齢と年収の問題じゃ?

    人間、だいたいが若い頃の方がお金がない。
    でもおしゃれはしたい。

    年取ると、お金はあるけど、おしゃれしても
    そんなに楽しくない…

    そういう年齢と年収の問題もあるんじゃないですかね。

    ユーザーID:1983612692

  • 一概には言えない

    貧乏人がではなくて、おしゃれじゃない人なのかなと思いました。
    ここに書き込んでいる方は、質の良さがわかっていて選択された方が多いようですが、当方田舎なので、わかりやすいモノグラムのバッグぶら下げてる人で服装のバランスが変な人が結構います。
    一点豪華主義、自分へのご褒美。
    よくわかりますけど、ブランドバッグを持つなら高い服を身につけろというのではなくて、全体のバランスや色味に気を配るくらいしないとかっこ悪いと思う。
    でも頑張っててに入れたブランド物に頼りすぎてるのか、それさえ持ってたら流行りに乗ってる、自分もオシャレだと安心してるようにも見えます。
    すみません。

    ユーザーID:8674152637

  • 理解しがたい

    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観って、自分も含めていびつだと思うし、どうしてそうなるのか疑問です。

    えっ、でも

    >かく言う自分もお金がないころはブランド物に興味がありましたが、

    ならば、その疑問の答えはトピ主サンの中にあるのではないかな。

    ちなみに私は、極貧の生まれで、20代半ばで普通の貧乏(笑)、30代にはトピ主さんの年収を軽く超えていました。

    で、貧乏だからブランドものが欲しいという気持ちはありませんでした。
    年収が増えるにつれ、それに見合った「いいもの」を買うようになりましたが「ブランド」にはこだわりがありません。
    こだわりがあるのは「品質」ですね、、それとコストパフォーマンスも。


    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観って

    と、お金がない人の価値観を決めつけていますけど、それは単に「お金がなかった頃のトピ主さん、および類似のひと」であって、全て(大多数)ではないと思いますよ。

    ユーザーID:4633351535

  • うーん…

    トピ主さんの言いたい事、何となくわかりますけど…。

    でも、ご自分も同じ気持ちの時もあったんでしょう?

    その時を思い出せませんか?

    多分、こう仰りたいのかな。

    欲しいものにいつでも手が届くようになった今、昔欲しかったブランド物への憧れが無くなり興味も薄れてきました。

    違ってたら、ごめんなさい。

    因みに私もブランド物には興味が無いですが、理由はトピ主さんと正反対です。

    手が届かなさすぎても、そうなりますね。(笑)

    ユーザーID:7091323331

  • みんな色々

    あなたの言いたい通り
    ・自分を大きく見せる、裕福に見せる為

    もありますけど、ざっと思いつくだけでも

    ・そのブランドのファン・趣味
    ・いい物が欲しいが、物を見る目に自信がないのでとりあえずブランド
    ・流行っているから
    ・プレゼントされた
    ・そのブランドで働いている、または芸能人やモデルで広告がわり

    という人もいますよね。また貧乏だろうと金持ちだろうと、買う人は買うので志向だと思います。あなたの場合、収入が増えて志向(価値観)が変わったのではないでしょうか?

    私は若い頃から流行りものが好きなので、流行りのブランドで結構買っていました。今は年をとって収入が増えましたが使えるお金は減ったので(笑)、流行りものは買わず何事も吟味して買うようになったと思います。

    でも特に老舗ブランドには、独特の良さがありますよ。革製品でも色や縫製も全く違う丈夫な物もあるし、靴なんかもしっくりくるし。洋服も糸からして違う物もありますよ。同じ物が安く買えるならそちらで買いたいですが、無いからブランドなのでは?ワンルームにブランドでも自分武装の為だけでは無い場合もあるので、一概にいびつとは思えないですね。

    ユーザーID:0192119691

  • いいんじゃない

    都会に住む人が田舎暮らしに憧れるようなもんじゃないでしょうか。
    いつでも手に入るものには興味が持続しない。

    借金してまでブランドバッグ!っていうなら問題だけど、
    欲しいバッグが仕事へのモチベーションになるならそれでいいんじゃないかな。

    ユーザーID:2824458846

  • 価値観それぞれ

    結局、お金の価値観それぞれという結論になると思うけれど。。
    私もそんなにブランドにお金をかけるタイプではありません。
    いわゆる「ブランド物」は自分でかったことがなく、頂き物ばかりですね。

    もちろん、ブランドショップはマーケティングがうまいので、
    みればほしくなるけど、お金を出してかう、という行動にはなりません。

    そんな普通の家庭の我が家の贅沢は、
    ・ハウスクリーニングサービスで時間を買う
    ・旅や食にお金をかけることで思い出を買う(お金かけたところで正比例しませんが)

    観光地に住んでいるので、
    来客があるときのおもてなしにもお金を惜しません。

    ちなみに、賃貸暮らし・車なしです。
    買おうと思えば買えますが、必要性を感じないのです。

    結局、人それぞれなので、それで人を判断しません。

    ユーザーID:3338862718

  • 落ちぶれたくない

    育児してても落ちぶれたくない人が意味なくブランド物を買い漁ってると思います。
    心の拠り所なんでしょう。だから全体としてはちぐはぐで傍から見れば哀れさえ感じます。

    ユーザーID:4695952445

  • 分かっているくせにぃ〜

    >かく言う自分もお金がないころは・・・

    ご自分の過去を振り返れば、おのずと理由がお分かりでしょう?
    学生のブランド持ち見れば明らかでしょ?
    タイトルもなかなか意地悪で、何故トピをおたてになるのやらという感じです。

    ユーザーID:5372523534

  • キャリー・ブラッドショー

    って知ってます?
    SATC−セッ○ス・アンド・ザ・シティっていうドラマの主人公です。
    ニューヨークを夢見て、家出をして早10年ほど、売れっ子コラムニスト。

    でもコラムだけでは儲からないのに、
    その収入でアメリカ人なら誰でも夢見るニューヨークのupper east side
    のワンルームスタジオに住んでいます。
    ハイクラスファッションを好み、クラブ・バー・レストランなど女友達と遊び歩きます。

    本当にお金が必要になったとき、貯金額がその月の生活費しかなくて、収入源をすべて遊びとファッションに使っていたのが友達に知られ、呆れられてしまうエピソードもあります。

    でも彼女はそれがライフ・スタイルなのです。

    もちろん貯金額ゼロ。

    でも勘違いしないでください。
    キャリーがすきなのはオートクチェール。
    そこらのファースト・ファッションではありません。

    好みは人それぞれです。
    キャリーのように一足20万もする靴を好む人もいれば
    デパートの2万円のヒールをロゴびっしりの3万のバッグでこーでする人もいます。
    また、ブランド問わず、気に入った物を欲しい時に買う人もいるわけです。

    ユーザーID:0315037707

  • 一概に言えない

    食パン1つでも好きなシリーズがあれば、それ一筋な人もいます。
    車でも靴でも。盆暮れGWなどの一番混んでいる時期にわざわざ皆がよく行く定番の海外リゾートへ行く人もいます。
    なけなしのお金だから有意義に使いたい、でもアレコレ冒険している金銭的余裕はない、だから普遍的に良いと言われているモノ(場所含む)に魅かれる。。。そういう人達も多いと思います。
    あと、一度「やっぱり、いいモノは違う」と感じてしまうと、それ一筋とか。
    某ブランド時計は数年に一度オーバーホールに出す必要があるけれど機能性に惚れこんでいる人が多いです。
    メンテナンスやきめ細かいサービスで「持つなら○○」と惚れこんだり。
    私が某ブランドバッグが大好きなのは、10年使ってもヘタレず、台風でも大雪でもガンガン持ち歩けるからです。
    アパート暮らし云々って、、一概に言えないと思います。

    ユーザーID:9824361504

  • 言いたいことはわかるけど

    リアルでは言わない方がいいですよ。
    あなたに見られると貧乏人認定される!と友人知人から避けられます。

    ユーザーID:5041407212

  • そういえば

    ブランドにもよりますが、ロゴ丸出しのヴィトンを持っているのは
    あか抜けないおばさんのイメージがあります。
    フランスでは本当のお金持ちしか持たない高級ブランドですが、
    日本ではブランドをよく知らない人でも、ヴィトン持ってれば間違いないだろという感覚で身につけているのだと思います。

    ユーザーID:7812659111

  • それがブランドってものかなと思ってます

    今は一般大衆の時代であって、ブランドが生き残っていくためには、一部のお金持ちだけをマーケットにするだけではダメですから。

    大衆にそれが「高級」「特別」であることを認知してもらい、あこがれの商品として財布や低価格ラインのカバンなどの商品を購入してもらうことが必要なわけで、
    大衆でも背伸びすれば買える商品を販売する、
    でも陳腐化を避けるため大量生産品でも価格は高く設定する、
    という戦略で利益を上げているわけです。

    私は同じ品質のものでブランドのロゴ有りで高いもの、無しで安いものがあれば後者を買いますけども、前者が欲しい人はブランドの底ざさえに貢献しているといってよいのでは。

    ブランドって本当に不思議なものですよね。
    ある意味、「血」とか「家柄」に似たものを企業体として維持していく必要がある。

    トピ主さんの質問へのお返事ですが、発展途上国の人のブランド志向は、先進国のそれとは比べものにならないほど強いです。消費文化の成熟と共に、企業の販売戦略に乗らない消費者が増えるのは自明かと思います。
    私はそれを特にいびつとは思わないです。

    ユーザーID:7112030610

  • 「ブランド」を買ってるのだから当然

    権威をお金で買う

    そうしたニーズが有る人なのだから当然ですね。

    ヤンキーが派手な格好をするのと本質的に同じです。

    ユーザーID:8368285990

  • ブランドしか買わないけど・・・

    アラフィフ既婚女性ですが、決めた好きなブランドしか買いませんが、ブランドものって、丈夫なので、ずっと長持ちしますよね。

    同じBAGばかりをいつでも持ってればすぐ駄目になりますが、TPOに合わせ大切にいくつかを使えば、ずっと持ちます。もう20−30年くらいもってるものが多いです。壊れないですもの。
    時計も掃除にだして20年以上のものばかり。アクセサリーも、そんなに数いらないでしょう。私はブランド好きなので、そんなに無駄使いとは思いません。

    まあ、ワンルームに住んでも、、そこだけは譲れないのかもしれないし、少しづつSTEP・UPしてくんじゃないのかな。

    色んないき方がありますよ。

    ユーザーID:4693737028

  • 明らかに

    ブランド物とわかるようなロゴ入りのバッグなどは、歳と共に持ちたくなくなりました。
    そういうのって、自己顕示欲のような気もします。
    若いころは憧れみたいなものが勝っているんでしょうね。

    ブランドに限らず、車なんかもそうですよね。
    アパートに住んでいながら、高級車に乗ってる人もいるし、豪邸に住んでいながら、普通のファミリーカーに乗ってる家もあり。

    ユーザーID:7648506937

  • アピールじゃないです。

    貧乏ってわけでもないですが高収入でもない30代です。
    某ブランドの正社員なので、仕事柄自社のバッグを使ってます。
    そして洋服も有る程度良い物を着ないといけません。
    着るように指示されているわけではないですが、周りが皆良質な物を着てるので。
    あとはブランドイメージがありますから安物は身につけられないんです。

    ブランドバッグ持って良い服着てるだけでそう思う人もいるんですね。
    お金ありますアピールなんかちっともしてませんが。
    というか、トピ主さんが少し視野が狭いと思います。

    ユーザーID:0646588374

  • 自信の無さを補うため

    何かの本で読んだのですが、
    自信の無さを補う、という心理があるそうな。

    収入が低いときは、まだ自分に自信がないので、
    ブランド物で自分を支えたいというか、
    自己防衛の鎧が欲しいんだと思います。

    日本人のブランド信仰の高さについても、
    同じ見方を聞きます。
    自信が低い国民性と関係がある、と。

    日本人は、品質というよりタグ(ロゴ)を求める、
    しかも他人が見て分かる物でないとダメ。
    本国では質の良い本革(マーク目立たない)でないと売れないが、
    日本ではマークを派手にプリントすればキャンバス地でも売れる。
    他人に虚勢を張るためのモノ、である証しですね。

    主さんの興味が薄れたのは、
    自信がついて、虚勢をはらなくてもよくなり、
    ニュートラルになったということでしょう。

    ユーザーID:8200704854

  • うん。

    支配欲なのか、ただ価値観を他者と共感したいのか、は解りませんが支配欲の方がいびつ。
    自分の価値観に共感しろ!の方がいびつよ。

    己の価値観がなんぼのもんねん!というトピでしたね。

    収入が上がったからといい傲慢ではいけません。神のごとく他者批判するほどのものではないです。誰もがね。

    ユーザーID:8644897021

  • 日本が豊かだからですよ

    海外経験が多くなればよ〜くわかります。
    学生がバイトをすれば、貧乏人が背伸びをすれば、世界のハイブランドのバッグが買えてしまう国、そうそうありませんよ。
    というより本当に貧しい人が少ないんですよね、この国は。いい国だぁ
    ま、トピ主さんも反省されているように、あまりにも狭い了見でしたね。
    頑張って働いて、節約して、ブランドのバッグが欲しいという気持ちはわかります。
    トピ主さんにとってのブランド品というのは、見栄を張るためだけのもの、貧乏時代の象徴なのですね。だから忌避すべき対象になってしまった。
    もっと純粋な気持ちで使ってみればその素材や作りやデザインに、ブランドをブランドたらしめる理由がわかると思うのですけど。
    今はエルメスが一番好きですが(10個以上あると思います)、20代に夢中だったシャネル、30代で好きになったロエベなどずっとブランドを愛用してますよ。もちろんブランド以外でも気に入れば買いますし。もっと純粋な気持ちでファッションを楽しみましょう。

    ユーザーID:9045559660

  • 単にすきなだけでは?

    自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある

    そんなために買ってる人ばかりではないかと。

    ちなみに別に家に興味はないので、ワンルームでもなんでもいいです(実際は2dkに住んでますが)。
    8時に家を出て23時に退社という生活なので家にほとんどいません。寝るだけ。そのためベッドには多少こだわりました。長期休暇は取れますが旅行にみっちり行くのでやはり家にいません。

    皆があなたと同じ価値観ではありません

    ユーザーID:6115371380

  • 年収は上がっても心は貧しいままのトピ主さん。

    心も豊かになれたら、ブランド品を頑張って買っている人をスルー出来るように
    なるんじゃないかな?心が貧しかったら幸せにはなれないよ。

    ユーザーID:8559734479

  • そこまでトピ主さんを攻める必要はない

    私も20代のころはブランドもの以外のものは全く持たない主義でした。

    今は少しのお金があったら子どもの教育費に使いたいので、
    興味がなくなりました。

    海外在住ですが、周りを見ていて思うことは、
    本当の富裕層はブランドものを身につけることより、
    生活そのものが優雅です。

    ブランドものを身につけている人は例えば車は最高級車、
    家はもちろん大きくお手伝いさん付き、
    そして海外旅行は当たり前でエコノミーなど乗らない方々です。

    日本の若者がシャネルやエルメスを持って電車に乗っているのを見ると、
    おかしくて笑えます。TPOがなってなくて滑稽です。

    通常それらのブランドを持てる人は、電車など乗らないからです。


    だからトピ主さんが何をおっしゃりたいかはわかります。

    ユーザーID:9937719171

  • SATCのキャリー・ブラッドショーさんは

    ドラマの中の登場人物(しかも主人公)ですから、かなり美化されていると思います。実際のライターごときでは、借金か親の資産がないと、彼女の様なライフスタイルは無理かと。あと、実際、ファッションンに散在している人が、いざとなった時にお金が無く、友人に貸してくれと頼んで来たら、私は貸せないかな。。。高価なものが好きなのは自由だけど、自分のケツは自分で拭いてほしいし。

    昔、歌手のあややが歌っていた「夜霧のハウスマヌカン」みたいなことを、トピ主さんは揶揄なさっているんですよね。

    人それぞれの価値観なので、何とも言えませんが、ファッションだと高価だとしても、たかが知れているので、そんなにお金がなくても、周りにそう誤解せさせることを可能ですよね。ただ、その高いお洋服やカバンを持って、何をしているのか?、何処に出かけるのか?、つまり、どんな生活をしているのかの方が、年取ってくると重要になってくる気がします。

    勿論、ブランドもの為にしゃけ弁でも、本人が納得していて、周りにもそれを堂々と言えるのなら、私はかっこいいと思いますよ。ただ、くれぐれも、他人にお金は借りに来ないで下さいね。

    ユーザーID:7336038412

  • トピ文で分かる気がする

    トピ主さんの、性格というか性質というか。

    なんか、お金がないのにブランドを追いかけていたころから、
    仕事で年収が1千万というラインに到達した現在も、
    本質ではあまり変わったようには見えません。

    改行もしないし、自分の意見をひたすら一気に書くだけ書いて、
    最後に同意を確認するだけ。
    相手に分かりやすく読みやすく表現しよう、
    という心遣いが少し欠けているように思います。

    さてブランドですが、私は嫌いじゃありません。
    ロゴが前面に出ているのは苦手だし似合わないので好きじゃないですが、
    素材や縫製、見えないところまできちんと作り込まれているものは、
    名前に関係なく、それなりのお値段がしますよね。

    お金持ちがみな品があるわけじゃないのと同じで、
    貧乏だからってみんなが見栄っ張りなわけじゃないでしょ。

    全身しまむらやユニクロだって、スタイルやセンスがあれば、
    とても素敵な女性に見えます。
    それが努力で身に付いたのか、生まれ持ったものなのかはまた別ですが。

    ユーザーID:0697379357

  • 身分不相応はブランドが泣いている。

    日本人はみんなが持ってるから私も持ちたいって人が多いですね。
    バブルの時代に、パリやイタリアのブランドの本店に、トレーナーにジーンズ姿の日本の小娘達がブランド店へ押し寄せた時には、定員さんは相手にしなかったと聞いたことがあります。売りたくなかったらしいです
    それを持つに相応しい人に持って欲しいと。
    元々それなりのお金持ちの為に作られたのです。
    足の先から爪の先から服装から乗ってる車から全て見るからに裕福な人が持ってこそ。
    昔は家賃や服装や生活全ての物に、お金を惜しげも無くかけられない人がブランド物を買うという発想が無かったのです。
    ブランド物は本物の金持ちが持つ物。
    友人が8万もするブランドの財布を持っていたので「すごいね〜」と言ったら
    これは偽物よ、でも一万円した〜と言うではないですか。
    偽物に一万円も出すんだ・・・そこまでして見栄はって「私ブランドの財布持ってます」って周りの人に思われたいのかなぁ・・・って思いました。
    髪の毛はボサボサ、布のバッグから出るブランドの財布・・・
    その財布が本物でも偽物でも、私は違和感を感じます。

    ユーザーID:8464694190

  • 人によりけり

    私自身はブランド物を特に欲しいと思ったことがありませんが、「金も無いのにブランド物を欲しがる」人がいてもそれを特に咎める気にはなりません。

    お金も無いのにブランドものを持ちたがる理由は人それぞれなんじゃないかな。想像してみるとこんな感じでは?
    「皆が持っているから自分も欲しい」「持っていないと馬鹿にされそうな気がする」「高級そうなものに憧れる」「一点豪華主義で持っているとちょっとリッチな気分になれる」「高いものを持って見栄を張りたい」

    でも本人のお金で買っているなら他人がとやかく言うことでも無いと思います。
    親族や他人に「買って」としつこくねだったり、ローンを組んでまで買ったり払わないといけないお金までケチって買ったり健全な食生活を犠牲にしてまで買ったらどうかと思うけど、そうじゃないなら。
    ただ「自分はこんなもったいないお金の使い方は出来ない」と思うけど。十分に買える経済力があれば買うかもしれないけどなあ。

    トピ主さんが気になるのは「かつての自分」を見る気がするからじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4622612809

  • そういう文化の国だから

    日本全国中流意識、という言葉が、今でも生きてる証拠じゃないでしょうか。
    国外に出ると、いかに日本人がブランド物を持つ人が多いかと実感します。
    この経済停滞の今でもです。その傾向は、中国韓国もありますが、それ以外の国だと、それを持っている人は、まさにそれに見合った収入がある、かつ、そういうのが好きな人だけです。
    私自身は、若いバブルの頃全く無頓着でしたが、周りが(母や姉)が、ある程度の所へ出る時は、礼儀として持っているべきという考えの人で、私にくれたりしたせいで、持っていました。そんな影響で、今もあまりけばけばしいのは嫌ですが、やはり出る所に出るとき用というのは持っています。
    ここ10数年国外に住んでいるので、帰省の時イコール出るとこに出る時になりますか。
    なので、一つ買ったら何年も同じのを使ってますが。笑
    そうなると、シンプルな黒だけで、ちいさなロゴが入ってるだけの物に、結局はなりますね。
    後、自分のセンスに自信がないから、とりあえずこれならTPOに合うだろうというのも、あります。

    ユーザーID:9754074423

  • よく分からないけど

    貧乏人がブランド物を持ちたがるかどうかは分かりませんが、トピ主さんの場合は、たまたまもう十分だって思ったからじゃないですか。何でも体験してみないことには、分からないですから。そもそも洋服とかバッグのブランドって、それほどの価値はないのです。中国でよくできた複製品が作られていますが、所詮その程度のものなのですよ。本来、ブランドというのは、手間隙かけた真似のできないものの代名詞だったはずですが、メーカーも大量生産を始めたり、中国に下請けに出したりして、結局真似が簡単に出来るようになったのです。成田に行くと、摘発された複製品が展示されてますが、あんなものを取り締まるぐらいなら、ブランドにあぐらかいているメーカーを廃業させるべきです。特に欧州人は、安物を高く売るのが上手いので、そんなのを有難がって買う奴はいいカモです。

    ユーザーID:2253576904

  • 価値観なんて人それぞれ。

    何に価値を感じ、幸せを見出すかは人それぞれ違って当たり前です。
    家、車、ファッション、美容・・・お金のかけ方は人それぞれ違います。
    視野は狭いな〜と思いました。

    それにブランド品に興味がなくなったのは年収が増えたからだけではないと思います。
    わたしもそうでした、1番ブランド品に熱中したのは大学生の頃でしたので。
    しかし実際に使ってみて、満足した(若干飽きた)事。
    年齢を重ねて、ブランド品自体を使用する機会が逆に減った事。
    すでにそれなりの数を持っていること。などなどの理由から興味がなくなりました。

    それにブランド品を数多く持ったことで、その質というのも理解でき、
    それ以下の値段で品物としては同等もしくはそれ以上のものがブランドにこだわらなければあるということもわかりましたので。
    しかし、ブランド価格の上乗せ分は、そのブランドが積み上げてきた歴史であり、信頼の証です。
    個人的には納得しているので、本当に欲しい物があるときは今でもたま〜に買いますよ。

    それに人って・・・簡単に手に入れられない物に人は憧れ、価値を見出すものです。
    物に限らずなんでもそうでは?

    ユーザーID:0333566532

  • そこそこ資産あるけど

    意外とお茶漬けが好きな私を、

    貧乏舌と言うのか!

    ユーザーID:0029966370

  • 私は逆でした

    独身の頃はブランド物には目もくれていなかったですね。
    質より量!といった感じでしょうか。
    若かったですしね

    でも結婚し、30代になってからはノンブランドのバッグを持つことに抵抗を感じるようになりました(勿論スーパーなどは除外 エコバッグしかもっていかないです 笑)。
    安いバッグはやっぱり10万超えのバッグとは造りがちがうんです。はい、そういうバッグはやっぱり安っぽいです(当たり前ですが)。
    ブランド、というとなんか嫌味ですが、そういう高級品はやっぱり質もいいです。

    年収ン千万家庭なので貧乏人ではないですがブランドもの(高級品)が大好きです。
    恥ずかしい事ですかね?
    分かりません

    ユーザーID:7058812223

  • トピ主さんは、お金持ちになりたかったのね

    そして、お金持ちになれた。イエーイ!
    お金持ちになりたかったころは、
    「お金持ちに見られたかった」
    から、ブランド物を身につけた。

    で?

    そのブランドの品質の良さは実感できましたか?
    そうでもなかったかな?

    私も、若い頃は、
    サイズが自分に合っているブランドを愛用してました。
    でも、

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピール

    他人に「お金持ちに見られたい」という欲望は、特になかったです。
    他人に値踏みされること自体が嫌なので、
    そういう人とは必要以上に関わりませんでした。
    見ず知らずの人にどう思われようと、別に私にとってはどうでもいいことですし。

    トピ主さんは、他人の目、気になりますか?

    ユーザーID:0565135298

  • トピ主さんも一緒ですよ

    わざわざ「年収が1000万になった今」と書いている気持ちと一緒ですよ。
    トピ主さんにとっては、「年収が1000万」というのがブランドになっただけです。

    こう言えば、ブランドを持ちたくなる意味がよくお分かりになるでしょう。

    ユーザーID:6275825444

  • 良い物を見分けるための指標

    例えば私の冬物のパーカーは20年くらい前に買った物で、色合いは日焼けを
    して酷い物になり果てているが、ポケットの雨蓋を上げると、深みのある元の
    色合いを見ることが出来るし、性能的には何ら不具合は無い。

    縫い目がほつれる事も無く、当時はまだ高価だったゴアテックスのパーカーで
    袖に手を通すときは絶大とは言えないまでも、安心感が得られるのは事実。

    世間の誰もが知っている程の著名なメーカーでは無いが、それなりの品質は
    維持しているので、購入時点での不安は無かった。

    このように私がブランドに期待するのは、長く付き合うことの出来る品質である

    以上参考まで

    ユーザーID:0395221666

  • ほっといて〜

    裕福ではないですが、宝石が好きです。

    お小遣いを貯めて、新品は難しいので少しずつ集めてます。
    宝石に似合う服などは持たないので、完全に自己満足ですが、
    切手コレクションなどと同じような感じなので。

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」って
    >アピールだと思うんです

    この思考が、そもそもいびつですよ。

    私は若いころに一時期、ブランド財布にもはまりましたが、宝石と同じで
    自分が眺めて楽しむためのコレクションでした。
    使わないのはもったいないとは思ってますが、自分のお小遣いでやること、
    放っておいて欲しいです。

    ユーザーID:8586935120

  • その感覚がいびつ

    >「自分はこういうものが持てる人間=お金に余裕がある」ってアピールだと思うんですが

    思いません。
    私はブランド物に興味ありませんが、どんな方がブランド品を身につけていようと、そうは思えません。まずその時点で、あなたの考えに歪みを感じました。
    いいな、と思うから、多少の無理をしてでも買うんじゃないですか。至極単純な話だと思いますが。

    >お金がないほどブランド物を持ちたがる価値観

    そんな価値観あったんですか。
    タイトルも酷いです。「貧乏人」。
    人前で口に出して言えますか。

    ユーザーID:5092741825

  • 金よりも若さ、でした。

    うーん、確かに。
    自分を振り返ってみました。
    バイト代でフェラガモの靴を買ったことを思い出しましたよ笑。赤面。

    金銭的なものというよりも、私の場合は若さだったのかなと思います。
    年を取ると「自分が良いと思うもの」や「趣味趣向」がはっきりしますが、
    バイトしてるような年だった頃は、自分で選べるほど良い物が分からないので、
    とりあえず「世間で良いとされてるブランドもの」に目がいったような気がします。
    ああいうのが正しくて「ちゃんとしてる」って事なんだ!と。
    今は「安くても自分が面白いと思うもの」や「有名無名問わず好みなもの」が
    はっきりしてきたので、ブランドに固執はなくなりました。
    確かにフェラガモの靴は、ヒールでも楽で高いだけのことはありましたけどね。
    思えば全く似合っちゃなかったのですわ。
    確かにあの頃より貯金はありますが、
    今となっては海外旅行に行ってもブランドのお店にははいりません。

    主様も「若さ」と「知識」と「経験」で判断基準が変わったんじゃないですかね。


    でもバイトで靴を買ってた自分も可愛いかったとも思ってます。若かったよ。

    ユーザーID:9936737001

  • 買う理由はひとそれぞれ

    年収が低い頃もブランド物を買ってましたが、
    年収が2000万弱になったいまも、ブランド物買いますよ。
    衝動買いは少なくなったかな。
    自分が買うのは、容姿やスタイルを維持するためです。
    身なりに気を使わない時期があったのですが、
    たるむはふけるわで、このままじゃいけないと思わされました。
    いい物を身につけると、自分自身も高めなきゃって思いません?
    ほどよい緊張感を得るためにも、自分は買ってます。

    ユーザーID:9618900084

  • ブランド価値の危機のはずが...

    専門家でも見分けがつかないブランドものの「スーパーコピー」というのがありますが、見分けがつかない品質で安く売れるわけですから、ブランド物の価値が

    品質

    にではなく、「ブランド価値の維持活動」に多くの費用がかかっているとわかります。
    なのに、多額の費用をかけて広告やイメージ戦略、有名人に持ってもらうことでブランド価値を維持しているのに、「貧相な貧乏人」がブランド物もってたらイメージ低下して困るはずなんです。「貧乏人」を排除するのは簡単で、店員が追い出さなくても商品価格を上げて高い商品を中心にするだけですむはずなのです。

    にも関わらず、大手ブランドは日本では、「貧乏人」にも買える小物の販売に力を入れてます。なぜか?

    それは、我が国では「絶対的ブランド価値」ではなく、「他人との差」が重要で、隣の人がちょっと良い物を持てば横並びで同等以上のものを持ちたがることにより、ちょっと差別化した低価格品を継続的に販売すれば、比較感でのブランド価値を維持したまま商売を続けられるからです。

    これが「絶対的ブランド価値」を重視する欧米には見られない現象です。

    ユーザーID:8368285990

  • 時代

    アラサーです。
    わたしと同年代から下の年齢の人は、ブランド自体持つ人は少ないです。
    経済が右肩上がりの時に育った方々のに、その様な傾向があるんですかね。
    無理して背伸びするのは、悪いことではないとは思います。その見栄のおかげで頑張れた人も多いのではないでしょうか。
    努力して経済力を得て、偏ったブランド思考から抜け出せて良かったですね。
    ぜひ、「貧乏人」とか卑下するような(他人に誤って不快感をあたえる)下品なことをしない、大人になられたら、もっと素敵になりますよ。
    トピックの題も「貧乏だったときはブランド大好きだったのに」とか、誤解の生まれなさそうなものにすればいいのにな。と思いました。

    ユーザーID:3666061894

  • 確かに身の丈に合っていないブランド物は

     分不相応です。
    でも、いいんじゃないですか?ブランド品持ちたいのが「今」なんでしょう。
    若い子に多いですものね。

    私も、歳取れば取る程に、興味は無くなりました。
    バッグで何十万は、勿体ないと思いますもの。
    その分、美味しいもの食べたり、旅行した方が有意義に感じます。

    若いって、背のびしたい年頃なんでしょうね〜。
    息子も、生意気にデザイナーズブランド着てますもの。
    金額聞いて、「ヒョエ〜」です。
    すると息子に、「お母さんだって若い頃、ブランド好きだったでしょう」と。
    「そうだね〜、若い内だけだよね、結婚し子供産まれたら買えなくなるしね」と。
    ローン組んで買ってる訳では無いので、親は黙ってよ〜と。

    ユーザーID:6457645067

  • いやいや


    お金がない程ブランドって…(汗)
    やっぱり余裕を持ってブランドを持つのは、裕福な方ではないでしょうか?

    あとは好みの問題。

    ただ女性はどこかで「ブランドが欲しい」のが本音かもしれませんね。


    バッグ

    お化粧品
    etc…
    ※質が違うだろう

    み〜んなブランド…想像すると幸せ(笑)
    叶わぬ夢だけどっ

    ユーザーID:1229724584

  • 心の支え

    独身時代の私は着物にはまっていました。
    無くても困るものではないし、めったに着る事もないのにお金をつぎ込んで身分不相応の無駄な贅沢だったかもしれません。
    仕事が辛い毎日でしたが、帰って箪笥を開けて美しい色や絹の感触に癒されたり、休日に着る楽しみがあるからそれまで頑張れました。

    ユーザーID:4396994245

  • 分かる気がします

    お金がない時って、ブランド物なんて買えて一個二個なので、
    「ブランドのロゴマークばーん」みたいな
    目立つものじゃないと損のような気がしていました。

    自分に自信がなかったので「鎧」として
    ブランド物でアピールしたかったのかもしれません。

    ここでトピ主さんの批判をされている方は、
    苦労して買ったブランド物を否定されて悲しかったのかもしれませんね。
    そのお気持ちもわかりますが、トピ主さんのお気持ちもわかるのです。

    ユーザーID:6387700607

  • 凄いですね。

    貧乏人と書く所が「すごい」人間性を疑います。
    貴女の文章を読んで「哀れな方」と思いました。

    ユーザーID:6330122113

  • いや、主は素直でいい

    実際そのとおりだと思います。
    今、手にできる最大の贅沢がブランド品ということですね。
    ちょっとお金持ちになってくると、外車、良い家とかね。
    さらにお金持ちになると、プールとか別荘とかね。

    ユーザーID:3536475942

  • いろんな人がいる

    恋人へのプレゼントをブランド物の財布とか、時計にする人っていませんか?
    「頑張った感」を出しやすいのってブランド品じゃないかな。
    そんな品かもしれないし。
    そういう理由でハイブランドを持つ友人がいますけど。
    いいなー。それなら。私もこれ見よがしに持ちたい。

    ちなみに私も貧乏なのに、お高い靴やバッグ、服に目がいきます。
    シンプルで素敵なデザインってやはりブランドものが多いんですよね。
    なのでトピ主の言うところの「貧乏人のくせに」です(笑)
    でもけして「武装」「コンプレックス隠し」ではないですよ。
    素敵なデザインを身につけたいからです。
    映画「プラダを着た悪魔」が好きな人ならこの気持ちわかると思います。

    あと真のお金持ちのハイブランドはロゴなんて入ってなくてもわかります。
    かもしだす雰囲気が尋常じゃないです。
    なので貧乏人が持つわかりやすいロゴなんて、温かく見てやってください。

    ユーザーID:9801959183

  • 貧乏人ですが。。。

    ブランドもの、まったく興味無いです。
    一つも持ってませんよ。

    ひとくくりにしないでほしいです。

    ユーザーID:2136089621

  • お金がどうとかじゃなく

    私は若いころそういうのが欲しかったです。

    年齢とともに収入も自由になるお金も増えた今は、やはり主さんんと一緒で、全く関心無しになっています。

    まあ、価値観は人それぞれだから、他人様を批判する気は全然ないけれど、高価なブランドバッグや財布を持っているにも関わらず、安っぽい恰好をしている人を見ると嫌な気分にはなります。
    TPOってあると思うし、服装に合わせたバッグを持ったほうがいいと思って見てしまいます。

    ユーザーID:7340485651

  • 〆た後ならすみません

    トピ主さんの気持ちわからなくはないです。

    日本は豊かな国だからでしょうね、今や中学生でも一流ブランド品の1個くらい持ってます。
    海外の方のコラムで日本人は高級ブランド品をもっているのにバスや地下鉄で移動し、生活も決して贅沢ではないのに不思議だというのを見たことがあります。
    たぶん海外だと高級ブランド品を常時持っていると盗難や犯罪に巻き込まれる可能性も高いという意味もあると思います。

    買い物の極端な例で言えば、ぼろぼろの賃貸アパートに住んで、ローンでフェラーリなどの高級車を買う人もいますよね。

    人のお金の使い方は色々ですし、何も言えません。
    自分は自分の欲しい物を買い、したいように生きる。
    ある意味日本は自由の国だという事でしょうね。

    ユーザーID:0728818591

  • 思い出と物語

    年収1000万もありませんので”貧乏人”です。
    40歳既婚の会社員女です。
    ブランド?なのかどうかよく分からないんですが色々持っています。
    ・学生時代にヨーロッパに旅行に行き、記念に残るものとしてフェラガモ
    の靴
    ・就職して初めての冬のボーナスでエルメスのバッグ。(布のヤツ)
    ・結婚する時に婚約指輪としてティファニーを主人に買ってもらう。
    ・厄年を迎える際にお守りとしてミキモトのパールを母親に買ってもらう。
    ・病気で一旦退職し、その後再就職。その職場で初のボーナスで記念に残るようにヴィトンのバッグ
    を買ったり買ってもらったりしました。
    どれもそれを見るとその時々のエピソードを思い出します。
    流行があるから、見る人によっては私の持ち物なんて「ちぐはぐ」と思われるかもしれませんが、”貧乏人”にも人生の物語ってのはあるんですよ(笑)

    ブランドに限らず、人から見たら「なに?その流行遅れの毛糸のチョッキ」も実は亡くなったおばあちゃんの手編み、だったりするかもしれません。
    ただの”物”にも思い出・物語があるのかもしれませんよ。

    ユーザーID:6418530224

  • 中国人がまさに

    今、日本や他の諸外国に行って湯水の如くお金を使って
    買い物をしている中国人がまさにこういう思考回路だそうです。
    国に帰って「自分はこれだけの物が買える」ってブランド物を見せるのが
    最高のステイタスなんだそうですよ。
    例え服は安いジャージに数百円のスニーカーだとしても。
    中国に出張中の知人が言ってました。

    ユーザーID:4970412438

  • 私は今でも、ブランド大好き!

    うちは結構資産もあるし、旦那も稼いでくれてるから、貧乏人とは思わないけど、私は前にも増してブランド大好き…。(目がハート!)

    ブランド毎にデザイナーさんの好みと自分の好みで合わせやすいし、品質も安心だし…

    例えばバッグと財布はVittOOで買うと後悔しないし、フレグランス系はなぜかDiOOだと安心する。
    靴はCrOOが絶対歩きやすいし、ちょっとオシャレしないといけない時はこれまたDiOOで買う。
    ジャケットとかマフラー系もついでに一緒に買うと、何と無く統一感が出るし…

    別にブランドを見せるために買う人ばかりじゃないと思うなあ。
    それより、「デザインと品質を売ってる」のが、ブランドだと思うし、一回好みのデザイナーを見つけるとショッピングが楽でいい!

    ユーザーID:0686877986

  • 若かりし頃を思い出しました

    貧乏人のブランド志向、、、学生がバイト代で買ったブランドコピーバッグを持ち歩くという感じですよね?
    パッと見はコピーとは分からないバッグを持っていた友人がいました。
    品質うんぬんより見た目重視で見栄張りですよね。
    そういう人は一目でハイブランドと分かりやすいバッグを好みますね。

    もともとそれほどお金持ちじゃなかった人が大人になってお金を手にした時分かりやすいハイブランドのバッグを持ったりしますよね。憧れだったんでしょう。
    「貧乏人のブランド志向」ではなくて「元貧乏人のブランド志向」かもね。

    ユーザーID:3420417212

  • ブランドに興味のない貧乏人です

    私はトピ主様の考えも正しいと思っています。
    1960年代、1ドル360円で、羽田からアメリカに行く時にドルは都銀の本店でしか両替できなくて、しかもパスポートの後ろに持ち出しドルの金額までスタンプで押されていた上、持ち出し金額が500ドルか700どるか忘れましたがそのくらいで決られていました。
    その当時ヴィトンやエルメスのバックを持った人を東京でも私は見かけませんでした。
    見かける様になったのは25年前のバブルの頃からで、しかも一斉にお腹いっぱいと思うぐらいの人がヴィトンのボストンタイプを持っていました。
    最近ですが、スーパーのレジでヴィトンの10万円もするマルチの財布を持ちながら数千円の買い物の持ち合わせがなく、レジで数点返していた光景を私は見た時に、ヴィトンの財布が泣いているよと心で思ってしまいました。
    確かにブランド物は飽きがこなくて品物としてもいいかもしれませんが、このトピで、企業の築いてきたブランドに対する商品の扱い方を学んでくれたらと思います。
    私の友達もヴィトンの財布のファスナーが壊れて、高島屋で修理代2万円を支払っていました。
    ブランド物でも壊れます。

    ユーザーID:3538458131

  • お金持ちでブランド好きも一杯いますよ。

    トピ主さんの場合、年を取って物欲が無くなった、ブランドの本当の良さがそもそも分からなかった、無意識に自分にはブランド物が似合わないと気付いた、などの理由も考えられますね。
    年収1000万円じゃあ大豪邸には住めませんね。そんな所に住む人は、ちゃんとした物を身に付けています。本当に品質のいい、長く愛用できるものを持ってますよ。
    いい生地のスーツとか気分いいですもん。人生にも張りが出るし、ビジネスにもプラスになります。
    何に重きを置くかは人それぞれ。せっかく貯めたお金も、あの世まで持っていけません。
    ブランド全肯定もブランド全否定も、ブランドを意識しているという点では同じ穴のムジナですよ。

    ユーザーID:3301094216

  • 価値観の違いじゃないかな

    「好きな物にお金をかける」だけのことじゃないでしょうか。
    住まいにはこだわらないけど、車や家電にお金をかける人もいるし、
    身なりは気にしないけど、豪邸に住んでる人もいます。

    そんなに気にするほどでもないと思います。

    ユーザーID:3033405608

  • 貧乏人かどうかはわからないでしょう?

    ワンルームのアパートに住んでいてブランド品を持っていてはいけないんでしょうか?
    住居にはあまりこだわりのない人かもしれませんよ。
    仮に本当にあまり裕福でないとしても、どこにお金をかけるかは人の勝手では。
    それをわざわざトピ立てしてまでとやかく言いたいトピ主さんのほうがいびつに思えます。
    いびつでいるのも、もちろんトピ主さんの勝手ですけれどね。

    トピ主さんが年収が上がるにしたがってブランドに興味がなくなったとおっしゃっているのは、ただ単に年を経て興味がなくなったというだけではないのでしょうかね。
    私も20代の頃はブランド大好きで、一日にエルメスのバーキンを二つ買ったりしていましたが、アラフォーに入った今はあまり興味がなくなりました。
    当時買ったバッグ達は大切に使っていますが、新しくまた買おうとは思いません。
    特殊な職業のため当時の年収は2000万ほど、いまも少し増えたくらいであまり変わりはないですが、子供にあれこれしてやるほうが楽しいと感じるようになりました。

    ユーザーID:7324518637

  • 誰もが自由に買える国がいい

    ブランド品というと、すぐ身分不相応な人は持つな!という非難が出てきたり、日本人以外の庶民は持ってない(私はそんな事ないと思うのですが)
    そういう論争になりがちですね。

    でも私は、身分の高い人しか持てない雰囲気の国よりも、日本のような
    誰もがお金さえ払えば買える国に生まれて良かったなと思いますね。

    貧乏な人も少しはいるかもしれませんが、日本は世界でGDP3位の経済大国
    ですよ〜。世界からみれば日本人はみんな金持ちです。
    ヴィトンのフランスにしても、メルツェデスのドイツにしたって
    日本の方が経済的に豊かだから、庶民でも買えちゃうんです。

    好きで買える人は買ったらいいし、興味がなければ買わなければいい…
    そんな自由な国がいいなぁ…

    ユーザーID:2430960789

  • わかります、類似したテーマの本ありますよ

    私はトピ主さんの言いたいこと、わかります。
    服や持ち物と、それを着て出てくる家との
    落差があるのは、単純にみっともないことだと思います。
    まあ、誰でもどこかしらはみっともないんですけどね。

    それと完全に一致しているわけではないですが、
    類似したテーマの本を読んだことあります。

    地方から出てきて、小さいアパートに住んでいて、
    ブランドの洋服に囲まれて歩く場所もない人たちを
    取材したものです。
    彼らは、単なる見栄っ張りではなく(最初はそうだったのかも)、
    コレクターの域に入っているのですが、
    お金がないのにブランド品を買うという点では一致しています。

    『着倒れ〜〜』というタイトルです。
    これを読んだ感想は、そういう人たちは、ただただブランドやお店に
    「カモにされている」、でした。

    ユーザーID:1614074947

  • 似た者同士

    金持ち貧乏に関わらずブランド好きな人も、
    他人のブランド物にあれこれ言う自称ブランドに興味のない人も、

    みんなブランドに執着している…似た者同士ですね。

    ユーザーID:0881000981

  • もう感覚が麻痺してしまった

    パチンコ景品?ニセモノブランド財布を取り出すジャージ姿のにーちゃんねーちゃんと、
    そのブランド品に相応しい服で全身固めた人
    日本には前者の方が圧倒的に多く、私はたかが40年くらいしか生きていませんが、20年以上そういう状態が続いているため、
    もう感覚が麻痺してしまったようです。トピ主のように何か思う事はありません。

    逆パターン、億万長者が量販店ファッションも、昔のように「お金があるのにケチ!」と罵られる事もなくなりましたし、
    所持品の値段と経済力が比例関係に無い、という現状を認識すれば、そんな感じなんですけど。

    ユーザーID:8536184075

  • 貧乏人というより

    オシャレのセンスが悪い人に限ってやたらブランド物のバッグ等を持ちたがる傾向にあると思います。

    自分のセンスには自信がないけどとりあえずブランドロゴの入ったものを持っていれば安心なのでしょうね。

    ユーザーID:9333976217

  • ブランドの価値

    特に若い奴らや、貧乏人が頑張って買ったって良いんじゃない?

    それが経済を回しているんだから

    ブランドを買いたくて「力が湧けば」そりゃ商品以上の物を手に入れてるよね?

    別にブランドが欲しいというよりも目標が欲しい人が多いんじゃない?

    皆さん、トピ主さんみたいにお金があってもダラダラ生活してるわけじゃないから。

    逆にお金が有っても使わないヤツは資本主義国から出て行ってもらいたいです。

    当然これだけ言うお金持ちのトピ主さんはお城の一つや二つ、クルーザーの一ダースくらい持ってるんでしょ?

    ユーザーID:9408859384

  • ヨコですが

    日本人が憧れるブランドものって、欧米のものが多いですよね。

    アルファベットを羅列しただけのデザインとか、みんな本当に素敵って思ってるの?っていつも不思議に思います。

    1万円の革バッグと○十万円もする欧米のブランドバッグ、タグを外したら、果たしてどれだけの人がその価値の違いについて説明出来るでしょうか?

    日本人は欧米のブランド戦略のいいカモ、失礼、いいお客さんだなぁと。

    ユーザーID:2308104993

  • 実体験より疑問を持たれたのでしょうけど。

    お金のない時ほどブランドに憧れて、いざ収入が増えたらこだわらなくなる。
    自分は高収入ではないですが、そういうイメージは確かにありますが、
    年を重ねてブランドよりも大事な価値観を見出したとか、仕事が充実して満たしてくれるとか、単純に興味が薄れたとか、人それぞれなんだと思います。
    ブランドものはお金持ちの嗜好品という側面があると思うので、逆にお金持ちはもっとこだわれば良いのにとも思います。
    海外の裕福層は最新のコレクションものを身に付けて家はスタイリッシュでみたいなイメージが強いです。
    人それぞれの価値観ですが、自分はそっちの方が理想であると思ってます。ファッションが好きなので…

    ユーザーID:1430640519

  • 住んでいる家は賃貸アパートなのに。

    私の周りにもブランド志向の人がいますが
    転勤族でもないのに家は賃貸アパートだったりして
    お金持ちでもないのに背伸びしてがんばってるなと思います。

    中古で購入しているのでしょうかね?謎です。

    ユーザーID:2156333539

  • なんか、笑える。主さんカッコ悪い。

    ごめんなさい。

    好きなものを好きなだけ買えたらどんなにかいいだろうな〜と常々思ってます。
    好きなブランドのバッグ(バッグ好きなので)を、お値段見なくても、お財布を気にしなくても
    好きな時に買えたら…
    いいよねぇ。
    年収云々の話って好きじゃないけど、年収5000万以上あるけどさ、
    好きなだけとか好きな時にって買えるもんじゃないのよね。
    好きなだけ状態になったら、「ブランドにこだわらないの。」って大威張りで言えるかな、私なら。
    こだわりゃしないけど、ブランドもの、嫌いじゃないし、欲しいと思うものは星の数ほどあるんでねぇ。


    そりゃあさ、身の程というか、生活全体から見て可笑しいほどにバランス悪いブランド好きは
    カッコ悪いと私も思うよ。でも、特に若い人なんかだったら、何処かでかわいいなーって苦笑しつつ認めちゃう。
    そういう人を見下して「ブランドにこだわらないん私ってカッコいいでしょ。」って「私、わかってる人、賢い人」って威張ってるみたいな人ってさ、
    カッコ悪いと思う。

    ユーザーID:8927286162

レス求!トピ一覧