• ホーム
  • 健康
  • いい歳になってから自己肯定感を高めるには?

いい歳になってから自己肯定感を高めるには?

レス36
(トピ主2
お気に入り235

心や体の悩み

ミント

人生の半分を過ぎた主婦です。
ある程度の年月に渡り、自分自身や周りを見てつくづく実感することがあります。

人生で一番ぐらい大事なことって、何よりまず「自分なら大丈夫」と心から思えていることだ、と。
若い頃は、ハタから見て分かりやすい容姿や、経済状態、ズバ抜けた才能などが羨ましかったですが、今はただただ「自分を肯定していられる、自分を自分が認めていられる人」が一番幸せに違いないと思うのです。

どんな人にも客観的には美点も欠点もありますが、私を始め自分の失敗や欠点ばかりを責めすぎるのが習慣の人たちは、何をしていても余分に苦しんでいる感じ。例え何かをして人にホメられても「そんなことない、全然ダメ」と心の中で否定してしまい、人生の多くのチャンスも棒に振ってしまったり。

十代から知るある友達は、何か目の前にチャンスが来れば常に迷うことなく即「私がやりたい!」と手をあげ、誰かからの嫌な言葉や批判に一瞬は傷ついても数分も経てば必ず「大丈夫、私にはいいところが沢山あるもん」と元気回復できる。「あのコには無理」と言われていた夢もいくつも叶え、今も毎日楽しいそうです。そんな彼女は私の悩みを不思議がり「なんで遠慮するのか分からない」と。

昔、彼女の実家に遊びに行き驚きました。
両親が彼女をいつも愛情たっぷりな言葉と態度で(私には不慣れな光景で目のやり場に困るほど)肯定していて。
私が育った家とは正反対。やはり親からの言葉や態度は影響大ですね。本人の性格もあるにしても。

でも過去をどう言っても仕方ないので、今からでも少しでも自分を肯定できるようになれる方法はあるでしょうか。
色々な本も読んで一時刺激を受けても、心から自己肯定する感覚が持てず、何かまたあれば必要以上に落ち込んで、いろんな事を諦めてしまいます。
良い方法をお聞きできたらと思いお聞きします。

ユーザーID:7261488526

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たぶん、同世代です。

    主様の見解に当てはめると、私は主様の友達派です。
    基本、ポジティブです。

    でも、家庭環境は、私も悪かったですよ。
    ただ、悪かったけれど、悪かったからこそ、なにくそ!負けるもんか!自分の足で立ってやる!と、努力できた部分が大きいです。

    主様は今まで、どんな努力を?
    自分で自分を誉めるチャンスもなかったの?

    なかったなら、これからでも良いじゃない。
    今!気がついたなら、今からでも十分よ!

    何でも良い。
    何か一つで良い。
    よし、ここまで頑張ってみよう!と目標をおいて、頑張ってみて。
    なんなら、家の掃除でも。
    ピカピカにしたら、自分を労おう。
    よくやった!私、偉〜い!
    小さい事だけど、繰り返し繰り返しやってみて。

    ユーザーID:4246732642

  • 私も

    同感です。
    自己肯定感がもっと高かったら・・・と思います。

    親からは否定されて育ちました。
    でも、私もいい歳なので、親のせいにするのは違うと思うのです。

    バイタリティの問題なんでしょうかね。
    淡々と生きています。
    解決にならず、ごめんなさい。
    私も良い方法を知りたいです。

    ユーザーID:3992289159

  • 妻のことですが

    50代、三人の子持ちで孫もいるおっちゃんです。

    妻はなぜかご両親から邪険にされて来たようです。長崎の出身ですが、一年間限定で義父が名古屋で働くことがあったのですが、妻だけが長崎に置いていかれ、下の妹と弟は連れて行ってもらった。小学生の頃のことですが、50代になってもそのことにはこだわっています。寂しかったのでしょう。

    妻はいろいろなことにチャレンジする人です。高卒でしたが、家事育児をしながら放送大学をキッチリ4年で卒業したし、A○Cクッキングで資格を取って自宅で料理・ケーキ教室を開き、年2,3回は海外旅行に行っています。放送大学もA○Cクッキングも海外旅行も自分で稼いだお金です。

    要は気合の問題では?

    ユーザーID:6181521155

  • ものすごく


    よくわかります!!私も心理学を勉強し、今でも色々本を読みますが、まったく同感、自己肯定感こそが幸せの鍵のようです。解決策は私も知りたいです。役に立てずすみません。。。

    私はおそらく自己肯定感の不足のために、努力家になり、アメリカで博士号取得、憧れの仕事につく、などしたのですが、これは基本的な自分への価値感を高めることにはつながらなかったようです。ある程度達成感はあるのですが。トピ主がおっしゃるように、そんなことより、「ただ単に自分の存在を肯定できる」ようになりたいですよねえ!

    親を含む環境と、もともとの性格が影響するようです。また、啓発本って、読んだ後一週間くらいは効果あるかもしれませんが、元に戻りますよね?(それでまた落ち込んだりして。)通常そういうものだそうで、脳のパターンを変えるのは大変なことだそうです。

    心理学の本によると、瞑想とセラピーはしっかりやれば効果があるようです。瞑想は科学的にも効果有りと研究がされているようですが、継続はなかなか難しいです。

    あと、わかめさんの「日常で小さな達成を繰り返して自分をほめる」というのはやってみようと思いました。

    ユーザーID:3874059400

  • 同年代です。

    自分では、自己肯定感があるかないかすら考えた事もありませんが、母や妹から見るとあるらしいです。昔から打たれ強い性格ではあると思います。言われても次こそ見てろと思う性格です。常にやりたい事があり、年々気にしない性格に今でもなっています。『ケセラセラ〜どうにかなるさ〜』で生きています。

    ユーザーID:2011798765

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • パソコンの簡単な資格をとるとか

    二十歳をすぎたらいつまでも生育環境のせいにしていてはいけないし、乗り越えていかなければいけないんだと思います。

    それが何かは判りませんが、今乗り越えられるか乗り越えられないかの差でこの先の人生が決まってしまうような気がします。


    自分からみたときに、自己を肯定する材料が少ないのではないでしょうか?
    自分からみたときに、です。

    他の方と重なりますが、小さな成功体験→自信→意欲→小さな成功体験、このループだと思います。
    肝心の意欲がないといわれてしまいそうですが。

    ユーザーID:0561980607

  • トレーニングして習慣を作る

    例えば自己肯定筋?そういう新しい思考回路を作るような感じで、毎日自分を肯定する、誉める時間を持つようにすることが良いかなと思います。

    湯舟に浸かっている時間、今日も頑張ったね〜とか、今まで本当に頑張ってきたね〜とかしか考えないとか。

    最初は否定と肯定が9対1としても、一個否定したら二回自分を誉める、とかゲーム感覚やキャンペーン期間作るとか楽しくやるのもどうでしょう?ケーキ食べるとかのご褒美用意して。

    割合が0対10を目指さなくても4対6になれば良いので。

    ユーザーID:0449848684

  • とりあえずチャレンジする

    >「自分を肯定していられる、自分を自分が認めていられる人」

    つまり、自分に自信を持っている人のことだと思うのですよ。
    褒められて育つ、と言うのも大切だと思うのですが、それ以前に「何かにチャレンジしてやり遂げること」が重要じゃないかしら。
    だって、何もしないで褒められることって、あまりないじゃない?
    自己肯定の低い人って、育った環境ゆえか何かをやり遂げて達成感を得るという経験に乏しい気がするのです。
    達成した一つ一つの積み重ねが、自分はできるという自信になるし、結果褒められたりすることに繋がっていくのでは?
    別に何でもいいんですよ。
    おっちゃんさんの奥様みたいに、いろいろチャレンジすればいいと思うんです。
    放送大学は誰でも入学できますし、自宅でお教室なら経済的リスクを考えなくていいし。
    自分に出来そうなハードルから、頑張ってみればいいと思うんです。
    本を読んで刺激を受けたら、行動してみる。
    「行動することが生きることである」と宇野千代先生もおっしゃってます。

    ユーザーID:9541814063

  • 駄目な自分をまずは受け入れる

    同年代の男です。
    一番じゃ無きゃ駄目だと褒めてくれない親で、小学生のときは、自分を褒める歌を作って自分で歌ってました。
    現在も、幾ら他人に褒められても満足感は得られないのですが、自己否定感は無いと思います。
    (不安感はあります。でも、諦めたり逃げ出すほどじゃない)

    一番大事なのは、自分を無条件に愛すること。って、これが一番難しいんでしょうけど、とにかく駄目なところも含めて自分を受け入れることが必要と思います。肯定とはつまり、価値や良い悪いの判断ですが、それはかつてのトピ主さんを見ていた親と同じ視点です。受容は愛情の世界です。認めることはできなくても、自分を愛してあげることはできると思うのです。

    駄目な自分をまずは受け入れてやって、駄目じゃなくなるように自分自身と対話しながら責任を持って面倒を見てやる。厳しいだけじゃなくって、たまに甘やかしてやるのもいいし、失敗しても愛嬌だと思う。とにかく、好きな自分をさらに好きになるように、日々工夫して楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1744682918

  • 46年間生きてきましたが

    自己肯定感は今が一番高いと思っております。

    昔と今を比べると、腹が立つことがない。困っている人の為に即座に行動できる。嫌いな人が一人もいない。落ち込む事がない。……そう言った事柄によるかな。隣人も愛しています。(無宗教ですが、瞑想はします)

    最近息子が買った本を読んだのですが、中にあった教えに、同感したのが

    国や時代を越えて価値あるとされるもの、公正さや誠実、勇気など、と、自分の内面が合っているかどうかが大事だということ。起こる事象を環境のせいにするのではなく、常に自分に選択肢があるという事を意識すればいいのだと。

    例えば嫌な場所に誘われたとか、大事な時間を棒にふったとか、周囲の何か介入があったにせよ、自分の内なるものがシャンと確立していればそれに沿って穏やかにお断りすればいいだけの話……

    人に褒められてなぜ、自己否定するのでしょう。あからさまにおべっか言ってるのでなければ間に受けていいと思いますよ。サラリと。

    安らぐか落ち込むが、苛立つか許すか、常に自分自身で選べるのです。

    済んだ心でいれば宇宙が味方をしてくれます。

    ユーザーID:4261688633

  • ゆっくりすすみましょ

    手塚千砂子さんの本を一度読んでみられませんか?

    自己尊重云々について書いておられます。

    ほめ日記を推奨されている方で、少し前に、ほめ日記、はやりましたよね?

    私も、自己肯定感を高めるために、何をしたらよいのか、ってずっと探してきました。でも、今までのところ、カウンセリングを受ける、と、ほめ日記しか方法を見つけられていません。

    ほめ日記をときどきつけていますが、今のところ、ときどき、なので、効果はみえていませんが、もう少し続けてみようと思っています。


    私は親から虐待されて育ち、この年になっても、親を赦せないでいます。
    二流人間のように育てられた過去はなかなか出て行ってくれません。。。

    お互いがんばりましょう

    ユーザーID:3482275749

  • 時間をかけて地道に

    トピ主さんの表現「自分なら大丈夫」とは、
    まさしくそういうことが自己肯定感ですね。ピッタリです。

    私は50代ですが、自己肯定感の低さが長年の悩みです。
    「自分はこれでよい」という安定した感情を味わったことが
    ほとんどなかったかもしれません。悲しいです。

    人間関係は、これまでつまづきばかりでした。
    気の持ちようの本を読んでも、そのとき軽くなるだけで
    なかなか根本的な改善には至りませんでした。

    最近になって、心理やカウンセリングの本を読み、
    「認知のゆがみ」というものがあるのを知りました。
    ゆがみがあるので、根本の時点で偏った思考をしてしまう、というのです。

    改善するには、認知療法といい、
    その方法にのっとったやり方で記録や日記をつけてゆく。
    時間はかかりそうですが、地道にやってみようと思っています。

    …と、素人が本で聞きかじったことを書いて申し訳ありません。

    臨床心理の専門の方なら、もっと正確にレスをくださるかもしれませんね。

    ユーザーID:7579983098

  • 同感です

    本当にそうですね。私は願えば叶うの法則で潜在意識が自己否定をしているのではとの考えにたどり着きもう自分だけでは難しいと思いちょっとお金がかかりますが初めてそういうセラピーを予約しました。今週初めて行ってきます。ちなみにもっとずっと若い頃からこの法則は知っていて自分で実践する簡単な方法は寝る前に、なりたいこうありたい自分の姿を口に出して言うことを繰り返し続ける事だそうですが続けられずやらずに来てしまいました。他力本願ですが行ってきます!

    ユーザーID:9219304974

  • うまく書けませんが。

    トピ主さんは良く言えば、例えば生きることに貪欲な人、常に達成感を得ることに貪欲な人でしょうか。

    例えば、人一倍、出世欲が強くそれが叶えられなかったら劣等感にさいなまれるとか・・・・

    それより、視点を変えてみて、あなたの周りに日常感じられるささやかな発見 喜びはありませんか。

    外に出て見ては?

    世の中楽しい事もありますよ。

    何気ない小さな発見が心に充足感を与えることもあると気づいてほしいですね。

    ユーザーID:3609322797

  • トピ主です

    皆さん、ご意見ありがとうございます。危機感さんまで読ませていただいたところです。
    同じ気持ちをお持ちの方、育った環境に関わらず気力のある方、成功体験(これ大事ですね!)のお話も嬉しかったです。

    私も外では笑顔で、割と早めから自活して働き、人並みの困難も経験し「明るく頑張ってるね」と言われることはあるのですが、何より自分自身が自分にOKを出せず、心の中で責め続けることが悩みなのです。
    褒めてくれた言葉よりも、「もっと楽しい生き方ができたはずなのに」「不器用」などのマイナス点を指摘される言葉のほうに同意し、「本当に私はダメだ」と自分を非難する日常が辛いのです。

    逆に、他の人の長所や可能性を見つけるのは得意で素直に賞賛でき、思い切り自由に活躍する人に憧れはしても、妬む感情はありません。
    結局、どの人も本人が考え、行動している結果でしかないのだし。

    欲しいのは、何かうまく出来なくても、例え人から評価されなくても、例の友達のように「まあいいや、私は充分よくやった。さあ、次は何しようかな」と必ずいつも自分の味方でいられて自分らしさを委縮させずに次に向かえるたくましさです。

    ユーザーID:8935751373

  • 私も全く同じです

    全く同じ事を考えている40代兼業主婦です。
    子供に興味のない両親に育てられ、自己肯定感の低さのため
    自分の思ってる事が言えず、他の人に合わせる癖があります。

    「行動して何か達成してみたら」と他の方が勧めていますが、全く逆です。
    私は一流私立大学院を卒業し、そこそこの専門職について
    給料も平均以上ですが、そんなのは自己肯定感には関係ないのです。
    打ち込んでいる趣味でも、つい辛くなるまで頑張りすぎてしまう。
    表彰されても一瞬嬉しいだけで
    「私ってセンスないな、だめだな」と思ってしまう。

    結局いつも他の誰かの評価や褒め言葉を待ってしまってるんですね。
    自分の自分への評価が低いから、自分の評価をあげるために
    他の人の評価で自分を持ち上げようとしてるんだと思いますが
    これだといつも他の人がいないと自分が肯定されないのです。

    自分で自分を肯定してあげないと一生つらいままです。
    本で見た方法は「自分は何もしなくても、素晴らしい、生きてる価値がある。
    最高に愛してるよ。よく頑張ってるね」と鏡を見て自分に話かけてあげる事だそうです。
    一緒に頑張りましょう。

    ユーザーID:3977190172

  • あなたは素敵な人

    回答になっていないかもしれませんが・・・。
    トピの文章を読んで、まず思ったのは
    トピ主さんはとても知的で自己分析が出来ていて、
    感じがいい人だな〜ということです。

    自己嫌悪は行き過ぎると様々な弊害がありますが
    適度にあることはその人に知性を、奥行きを、魅力を与えると思ってます。

    自分自身について悩む人はステキですよ。
    もっと言えば、自分を信じない部分を持ちながら生きている人って色気を感じます。
    (私だけかな?!)
    こういう風に思う人もいる、と思ってもらえたらうれしいです。

    以上、自己肯定感を持ちすぎる人にばかり囲まれて
    疲労困憊している者からの声です・・・

    ユーザーID:9140339454

  • この年になって

    五十代前半です。

    「ほんとに私って打たれ弱いよなあ〜」といつも思ってますが
    でも、最近、そういう自分の性分ともうまく付き合えるように
    なりましたね。
    失敗したとき、自分で自分を責めても何にもならないし、
    次にどうするかを考えられるようになりました。
    これは、やっぱり年の功だと思います。(エヘン!)

    あと、最近、心に残ったことば。
    「人の価値というのは、結局は他の人に対する態度で決まる」
    カン尚中さんの言葉だったと思います。
    時々忘れそうになるけれど、
    年を取る中で、少しでも自分の価値を高め、自分を認められるようになりたいと思っています。

    ユーザーID:6200221671

  • 二度目のレス、失礼致します。

    え〜!
    もっと楽しい生き方ができたはずなのに。
    不器用。
    …なんて、他人に直で言われるんですか?
    ひどいな〜!
    そんな事言われたら、私もかなり凹みますよ。

    私のレスだけ読むと、私は自信満々人間に読めてしまいそうですが、もちろんただの人間ですので、ネガティブな時もあります。

    たぶんですが…、主様は凹んだ時に一刻も早く立ち直りたい!のでしょうか?
    そのご友人もたぶん、凹む時はドップリ凹むと思いますよ。
    とことん落ちて、また上がる。
    皆、そうなんじゃないかな?と思いましたが、いかがでしょうか?

    ずれたレスだったら、すみません。

    ユーザーID:4246732642

  • ほめ日記

    海外在住60代の女性です。
    50代の時、長年務めてきた教職の仕事を早期退職し、
    若いころからの夢であったこの地で、
    英語の勉強をしたくて、
    夫を日本に残し、トランク一つでやってきました。
    理解ある夫のおかげです。

    1年の約束が、今年でもう7年。
    夫も退職した後は、時々こちらに来ますし、
    私も時々日本に帰ります。

    冬休み日本に帰って本屋さんに立ち寄った時、
    何気に「ほめ日記」という本に出会いました。
    しばし立ち読みし、これはよいことだと早速実行しています。
    何事も3日坊主で終わる私ですが、
    今1ヶ月続いています。
    なんせ自分をほめるのですから、気持ちいいじゃあありませんか。
    例えば、昨日はいつも通っているジムに行きませんでした。
    何となく体がだるかったから。
    この日のほめ日記、
    「ジムを休む賢明な判断ができてよかったね。無理は禁物よ。」
    なんてね。

    こちらの国でも、縁あって教職についています。
    子供たちをほめるのは自然に身に付き、
    私の言葉で、やる気になった子供を見るのは嬉しいことです。
    こんどは、自分に向けてあげましょう。

    ユーザーID:1152352109

  • トピ主です

    きらりさんまで読ませていただき、お一人お一人の人生や考えにここで触れられるありがたさを感じて目頭が熱くなる瞬間もありました。

    幼稚園の頃からの両親の大ゲンカを「私がなんとかしなければ」とわざとふざけてみせたり、「私が悪い子だからごめんなさい」と泣いて中断させたり、転校した先で言葉が違うからといじめられた時の「早く馴染めない自分が悪いんだ」と悩んでもがいた時の心境が大人になっての職場や人間関係の場でも変わらない感じ。
    いくら精一杯やってもやってもまだ足りない気がして自分を不足だと感じてしまう。

    でも、同じ体験をしている人は世の中に山ほどいるけど、こんなことで悩んでなんかいない人も沢山いるはず。
    じゃあ自分もそうすればいいだけだと頭では理解できるのに、感情の深いところから安心して「これでいいのだ」という確信が湧いてこない。

    自分の心が、自分を一番苦しめる敵なのでしょうか。死ぬまで自信が持てず胸がザワザワ不快でも、今までと同じく顔だけでも笑顔で日々のことをこなして生きるのが自分なんだと割り切るしかないかと、ここで相談して割と冷静に思えてきました。

    ユーザーID:8935751373

  • 条件を付けるのをお休みしよう。

    〜だから素晴らしい。
    〜を成し遂げたので素晴らしい。
    条件を付けてジャッジするから苦しみます。
    私も自己肯定感が低いタイプな為、
    充分気持ちが解かります。

    だからこそ伝えたいのです。

    外に自分の評価を委ねない。
    「自分と仲直り」して、まずは、自分を認めましょう。
    劣っている・出来てない・不十分であると思っている。(あくまでも主観)
    その自分を含めて、丸ごとの自分を認めると(許す)と楽になれますよ。

    ユーザーID:5619272115

  • 孔明のように冷静に

    自分に向き合っているようで向き合えていない気がします。

    もともとは自己肯定感が高かったのに
    自分の考えが甘かったようで
    自信をうちのめされることがあったのではないでしょうか。

    思い煩う時間はそんなに要らないので、
    どうすれば同じ失敗をしないのかを考えたほうがいいような気がします。

    ユーザーID:6176284162

  • 世間の物差しでなく自分の物差しで

    ずっと自信が持てなくて、失敗を沢山してきて、
    その中に成功もり、年齢を経たからこそ、
    はじめて自己肯定出来るのではないでしょうか。

    コンプレックスがあるからこそ、
    補おうと努力し、目標を定めるのではないでしょうか。
    それを認め、受け入れる事が出来てはじめて、
    自分としっかり向き合う事が出来るのだと思います。

    実際には、自分のコンプレックスを直視する事が出来ずに、
    年齢を経ても右往左往している人も沢山います。
    見栄を張り虚勢を張って、
    裏では人を妬んだり足を引っ張ったり、
    他人の悪口や愚痴の多い人達です。

    若いうちから自信満々で自己肯定ばかりって、
    お山の大将で世間知らずと紙一重。
    一歩間違えば危うい気がします。

    他人を基準にして焦らず、
    今までの自分があって今現在の自分があるんだとしっかりと受け入れて、
    自分評価が今100点中30点だとしたら、
    「世間評価の平均は50なのに自分はなんてダメなんだ、あの人は90点だ。」
    とは思わずに、
    努力して40点になった時に自分を誇らしく思う事、
    その積み重ねが大切だと思います。

    ユーザーID:2781074533

  • 妬みがないのはステキなこと

    二度目で失礼します。

    追加の二つ目の文読ませていただきました。
    そこまで明確になりたい自分かイメージできているなら、きっとなれますよ。思考は選択の連続。。。考えるということも、考えないということも自分で選べるわけです。ご自身を縛りつける固定観念があるなら手ばなしましょう。変われない、や、難しいではなく、きっと向上するはず。。。今までだって成長しているのですもの。

    【愛とは、怖れを手ばなすこと】
    という本の中にやすらぎを手に入れる為の方法が沢山載っていますので、よかったらお読みになって下さい。

    ユーザーID:4261688633

  • 度々失礼致します。

    主様レス2まで拝見させて頂きました。

    小さい主様が出てきましたね。
    ここで一端、子供の頃の自分(小さい主様)を受け入れてあげましょう。

    ご両親の喧嘩を止めようと必死だった、小さい主様。
    大人になった主様が、よくよく話を聞いてあげましょう。
    どんな気持ちだった?

    辛かったよね。
    悲しかったよね。
    どうにかしたかったんだよね。
    頑張ったんだよね。
    我慢したんだよね。

    たくさんたくさん、声をかけてあげましょう。
    いいこいいこして、ぎゅっとしてあげましょう。
    偉かったね。
    頑張ったね。
    もういいんだよ。

    大人になった自分が、小さい自分を認めて、受け入れてあげましょう。

    ユーザーID:4246732642

  • 満たされない気持ち

    小さい頃に愛され、そのままでいいんだよと認められながら育つことが自己肯定感の基礎になるのでしょうね。
    主様が何か欠けていると感じるのはそこのところかと思います。おつらいですね。
    自分に自信がもてるように何か取り組んでみても満たされるものではないと思います。
    また、自分で自分を認めてあげるというのも少し違うでしょう。
    ご自分の育った環境をよく分析されておられると思います。
    では、どうすればいいか…。どうすることもできないです。
    胸のざわつきという表現もよくわかります、私もその一人ですから。私もずっとそれを見つめながら生きていくことになるでしょう。

    ユーザーID:2243791831

  • トピ主です

    ヨーグルトさんまで読ませていただき、また様々な観点からの励ましや冷静なご意見、そして同じ心境というレスにも、心を打たれました。

    どのくらい前向きになる言葉がけを繰り返せば感情に深く落とし込めるのか未だ分かりませんが、それでもやっていこうと思います。
    と同時に、人間が全員、最高レベル(例の友達のような)の自己評価の高さを持てるわけではないのだという諦めも必要のように思えます。

    ヨーグルトさんのレスの通り、何をどのくらい達成すれば基本的な自己肯定感が備わるというものでもないんですよね。
    せめて、前を向きたいと意識することで、少しでも苦しさが薄まればいいと思うのですが・・。

    それと、この問題は、友人、夫婦、同僚、親子・・あらゆる人間関係にも影響を及ぼすことは体験上よく分かっていて、それも苦労しています。
    必要以上に相手の感情や要求を察知しすぎて疲れてしまったり、同じく自己肯定感の低い(しかも、攻撃的なタイプの)人から弱さを嗅ぎ付けられ?いじめのターゲットにされやすかったり。

    今後、自己肯定感を一瞬で高められるマシーンでも開発されればいいのですが。

    ユーザーID:7261488526

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 己自身が「自らを素晴らしい人」だと評価することです

    生育環境が精神育成に大きく影響すると思いますが、トピ主さんは
    どのようにお考えでしょうか。
    お家の家計の余裕の有無やご兄弟の中での生まれた順序も関係し
    ます。お家の家風や親御さんの躾の影響、自己の性格、性質、親や
    先生の教えの影響もありましょう。

    そうした諸々のことが、トピ主さんの性格、性質、心情をかたち作
    っていると思います。
    自己肯定感を持てないと言うことは、親御さんや先生、友達から積
    極的に認められたり、誉められたりして来なかったからでしょうか。

    自己主張の少ない、或いは出来ない性格だったかも知れません。
    甘えることが下手な子だった可能性もあります。
    第二子や末子は自己主張に長けていますが、長子や中の子は、遠
    慮を求められることが多いかも、集団生活での成功体験、獲得体験
    が少なかったかも知れません。

    今更、周囲から認められ、誉められることがなかったことを嘆いて
    いても仕方がありません。
    トピ主さんができることは、ご自身を自らが認め、誉め、評価する
    こと。そして、ご自身で、自分に“良く遣っている”と語り掛け、評
    価する事です。

    ユーザーID:6070888967

  • もどかしくて

    みなさんおっしゃることは確かにその通りなのですが、決めつける思いのせいで囚われから抜け出せないでいるのがもどかしく、またレスしている次第です。ご自身の固定観念という囚われです。


    今読んでいる本の中にこんな言葉がありました。

    「行動は感情を支配する」

    また、相田みつをさんは詩の中でこうも言ってます。
    「考えてばかりいると日がくれるよ」

    どうか、自分を落ち込ませる思いから離れて下さい。ひとつひとつの行動、また何を考えるかということ、あなたに選択の自由はあるのです。

    ユーザーID:4261688633

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧