英語ができるって、どのくらいのレベルをいうと思いますか

レス107
お気に入り93

kojima

学ぶ

タイトルのとおりです。

私の周りには英語を全くしゃべらない人から完全なバイリンガル、大人になって英語をマスターして海外で学位を取った人など、様々です。

人に英語ができますか?と聞かれて、「一応できます」と答えられるのはどのくらいのレベルだと思いますか?

私の感覚では、「英字の新聞がほぼ読めて、内容を要約して書けて、ネイティブとグループ会話をしてだいたいついていけるくらい」

です。人により感覚はさまざまだと思いますが、特別な理由でなく、日本人一般として考えたらどんなレベルなのかなーと思ってトピを立てました。

ちなみに私、TOEIC850。上記のレベルにはまだ遠いです。日常生活や一対一の会話には苦労しませんが。

ユーザーID:4596424487

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数107

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 電話

    英語圏のカスタマーサービスに電話して、自分の言い分通して、期待以上の成果を勝ち取る事ができる、
    または
    怒ってる顧客からの電話を受け、会話の最後には相手の怒りがおさまって笑顔の声で電話を終了させられる。
    相手はきれいな英語を話すネイティブとは限らないし、表情やジェスチャーに頼れない電話の会話ができてからかな、英語ができるっていうのは。
    新聞は語彙と文法力があれば読めますから。

    ユーザーID:1268987593

  • もっと低レベル

    「一応」できると答えるレベルは、1対1でどうにかこうにか意思疎通ができるレベルだと思います。なぜなら、これ以下の能力で「少しはできる」などと言おうものなら英語話者の前に引っ張り出されて手も足も出ないけど、上記のレベルならなんとかやりすごせるからです。

    身ぶりのきかない電話やグループ会話で困らないなら「たいてい困らないレベル」。でも「何があってもドーンと来い」レベルとの区別が私にはつきません。

    ユーザーID:6819877695

  • リアルとバーチャルでは違います

    リアルで人に聞かれた場合:
    うっかり軽い気持ちで「できる」と答えてしまうと
    できない人からは嫉妬の的になってめんどくさいし、
    できると自負している人からは対抗心むき出しの態度を取られて
    「じゃあちょっと話してみてよ」と、つっかかられる恐れがあるので、自分だったら、
    母語つまり日本語と同じくらい無意識に使いこなせるようなレベルじゃないと
    怖くてとても「できる」とは人前で言えないですね。臆病な小心者です。

    小町のような匿名の掲示板:
    「できる」と自己申告しても、誰からもレベルチェックされる心配がないので、
    「バイリンガル」「ネイティブ並」「発音は完璧」など言いたい放題だと思います。
    永住、国際結婚、駐在、帯同(配偶者や子女)、留学、ワーホリといった外形的事実のみを
    拠所にして、ドメスティックな同胞より少しでも英語に近い生活を送ったことがあれば、
    レベルに関係なく、「できる」と言っている人もいると思います。
    証拠がないので断言はできませんが。

    ユーザーID:0748408644

  • 発音が重要

    TOEICは受けたことがないですが、TOEFL630。
    海外で学位を取得しましたが、話すのも聞くのも苦手です。
    発音が自分では流暢にしゃべっているつもりでも、
    やっぱり外国人ってわかるので、聞かれたらできないって言っています。
    私にとって、英語ができる人っていうのは、発音がきれいな人かな。
    関根まりはすごいと思う。彼女くらいだと、デキルって言っても恥ずかしくないかな。

    ユーザーID:7675835969

  • 母国語と同じレベルで用を足せる人

    だと思います。

    なので、もし日本語を母国語としていて、日本語の新聞を読んでも理解できない、グループディスカッションでちっとも発言できない、ようなら英語でもできなくて当たり前なんです。

    自分が母国語でできていることを、英語でもほぼ同等にこなせるならそれは「英語ができる」に該当するんだと思います。

    たとえば、自称英語ができる人が、英字新聞はそこそこ読めても自分がやっている仕事関連の単語が何一つでない人なんかは実践力がないと思えますし、逆に政治や経済を英語で読めなくても自分の仕事や技術についてはほぼ誤解なくコミュニケーションができる人は一般には英語力がある、といえると思います。

    私は産業翻訳者でこれまでたくさんの社会人に英語を教えた経験からそう思います。

    英語でお金をもらうのであれば、英語力がある、はスタート地点に過ぎませんが。

    ユーザーID:4036653886

  • 「一応」できます

    「一応」は謙遜も含んで、というニュアンスかと思います。
    私の中ではトピ主さんの意見とほぼ同じですが、新聞と内容の要約の部分は無くても、「一応できます」と言っても良いかな、と思います。

    個人的な事ですが、「主人の海外駐在についていった組」なのですが、夫婦とも事前に国内で1年間の英語研修を受けたにもかかわらず現地では大苦戦。1年後には苦労しないようになりましたが。
    上の子供は連れて行った時7歳、半年で話せるようになっていましたが、「日本語を英語に変換している」と言っています。
    下の子はアメリカで出産、日本語も英語も苦労していませんし、両方の言語で考え、話せるそうです。
    さて、誰がいま一番上手いのか、と帰国してから試しに英検受験したところ、私と上の子は合格、主人と下の子は不合格でした。
    「英語が出来る」って、何なんでしょうね。
    すみません、蛇足でした。

    ユーザーID:8628734671

  • 日常会話ができるレベル。

    <日常生活や一対一の会話には苦労しません
    だったら十分英語ができるレベルと言えます。

    「英語」の部分を「日本語」に置き換えてみれば簡単にわかります。
    <「日本語の新聞がほぼ読めて、内容を要約して書けて、日本人とグループ会話をしてだいたいついていけるくらい」
    日本語の新聞を読んで内容を要約して書けない日本人は少なからずいます。
    でもその人たちは日本語のできる日本人です。

    グループ会話についていけない(いかない?)日本人も少なからずいますが、
    やはり日本語のできる日本人です。

    と考えれば日常会話で十分です。
    新聞て格調高く見せようとしてわざと難しい単語や表現を使うことがありますからね。
    そんなのわからなくたって全然問題ありません。

    グループ会話だってわからなきゃ聞き返せばいいし、興味なければ黙っていればいい。
    そこに英語だろうと日本語だろうと差はありません。

    私はTOEIC790点ですが、堂々と英語できます!と言ってますよ。

    ユーザーID:9219155638

  • トピ主さんはもうすでにそのレベルに達しています

    日常生活では友人と話したり、本を読んだり、テレビやDVDを見たりしますね。
    お子さんがいれば、学校の先生と面談することもあるでしょうし、
    幼稚/保育園ならママ友とのしがらみも避けて通れないでしょう。
    トピ主さんは、これらごく普通の日常生活に英語で苦労しないとのことなので、
    もう立派に堂々と胸を張って英語ができると言い切っていいレベルだと思います。

    ユーザーID:4176020178

  • 英語圏で普通に生活できる程度

    英語のまったくできない私の感覚では、流暢であれ片言であれ1人で英語圏の国に滞在するのに不安が無い状態が英語ができるだと思ってます。

    わからない言い回しや聞き取れない言葉があっても英語で「今のどういう意味?」「ごめん聞き取れなかった、もう一回お願い」など対応できて、つまづきながらでも意思疎通できて英語圏で生活できれば「英語ができる」だと思います。

    実際、日本に住む外国の人もそういう、たどたどしい片言の日本語だけどちゃんと生活できてて、自分は日本語話せますって言ってる人多いですし。

    英語教師でも会話が通じない人たちを何人か見てきたので、テストの点が高ければ良いとは思っていません。
    TOEICが何点と聞いても「ふ〜ん。で、話せるの?」と思います。

    ユーザーID:3979698120

  • きっと

    夢の中でも英語だったら!
    じゃないかな?

    ユーザーID:1557394353

  • 日常会話ができる

    私は全く英語が話せません。
    中学〜大学の授業は何だったんだというくらい分かっていません。

    その低レベルの私から見ると、日常会話ができれば「できる」と感じます。
    海外旅行で現地の方ときちんとコミュニケーションが取れたり、
    日本にいてもちょっとした英文が理解できたり。

    トピ主さんの感覚は、私にとっては「超できる人!」です(笑)
    でもアメリカに住んでいた友人は「私なんか全然できない」と言います。
    やはりその人のレベルによって全然違う感覚ですよね。
    「できる」という表現には幅がありすぎるので・・・。

    ユーザーID:4444823951

  • わたしはできません!

    英語すこしだけしか話せません。
    テレビもラジオも理解できません。
    外国でなにか注文する時夫が嘲笑します。

    それでも趣味で家で英語の文法だけ教えています。
    おこづかいぐらいしか稼げませんが満足してます。
    生徒?15人から22人。

    ユーザーID:2230575217

  • 公言できるレベルであれば・・・

    Tanakaさま

    >英語圏のカスタマーサービスに電話して、自分の言い分通して、期待以上の成果を勝ち取る事ができる、または
    >怒ってる顧客からの電話を受け、会話の最後には相手の怒りがおさまって笑顔の声で電話を終了させられる。

    要は電話でのコミュニケーションができること、とおっしゃりたいのでしょうが、この例って言語能力に関係なくないですか?

    自分の言い分を通すことができない弱気なネイティブだって多数存在しますし、成果を得られるかどうかなんて英語力ではなく交渉能力でしょう。

    受ける方だってテレオペとしての経験やそれなりのコミュニケーション能力がなけりゃ、ネイティブであっても怒れる顧客の電話を笑顔で終わらせることなんてできないと思います。

    ちなみに自分は「英語ができる」なんて言うと「今何て言ってたの?」とか「これ英語でなんて言うの?」とか聞かれるので、挨拶程度だよ、としか言いません。実際はグループで何とか会話についていける程度です。電話も相手が早口になるとわからなくなります。

    なので、それ以上が「できる」と公言できるレベルだと思います。

    ユーザーID:2751454772

  • そこまで高度でなくても

    読み、書き、会話がそこそこできれば英語ができると言ってもいいのではないかと思いました。

    たとえば会話なら英語のネイティブに混ざって普通に話せるレベル。英語本を読んだり、映画は字幕なしで楽しめるレベル。SNSで普通に英語で書いたり、チャットしたりできるレベル。

    発音を重要にされてる方がいますが、私は発音はそこまで重視しないです。相手に通じないレベルなら論外ですけど。アメリカに住んでますが、いろんな国の人と話す機会が多く、外国人はとくに強いアクセントがあったりします。それでも普通に通じて会話できてる人は英語ができないとは思ったことないです。アメリカ人にだって出身地によってはアクセントあるし、イギリス英語とも違うし、日本人の話す英語に日本人の訛りが入ってもいいのではないかと思います。

    ユーザーID:1425412211

  • 英語が出来る人

    トピさんの英語の出来る人のイメージは、アメリカの勉強のできる大学生、です。私のイメージは、英文が完璧に書け、タイムマガジンもパッと読めて『単語とか引っ掛からず、気分転換に読める」アメリカの上位大学卒くらいの単語量がある人。日本人でしたら、もちろん日本語も完璧でしょう。けっこうそういう人、居るとも思います。本人は謙遜なさるでしょうけど。

    ユーザーID:2983701826

  • 人によって違いそうですね。

     私は、英語圏で一人で生活できるレベルかな、と思います。病院行ったり、電話引いたり、学校関係職場関係をこなせるくらい?
    個人的には、電話に困らなくなった(どんな相手がどんな用件でかけてきても困らず対応できる)ころに「私、英語できるようになったかな」
    と思いました。なまりはありますし、簡単な単語が通じなくてびっくりすることもたまにあるんですが、まあ、「できる」って言っちゃいますね。

    ユーザーID:5890532781

  • ケンカが出来るレベル

    英語に限りませんが
    その言語で「ケンカが出来る」のが目安だと思います。

    ケンカをするのに必要な条件は
    相手の言葉を日本語に置き換えることなくインプットし、その言葉に直接反応できる
    自分の感情を日本語から置き換えることなく、直接その国の言葉でアウトプット

    相手の言葉を理解しようと必死に聞き取りながら日本語に置き換えたり、言いたい事を考えながら言っているうちは
    どうしても時間的にワンクッション出来てしまい、ケンカになりません。

    学術的な単語を知っているかとか、新聞が読めるかとか、語彙が多いとかはあまり関係ないと思います。

    私は、英語ができるとは即ち、「英語をコミュニケーションのツールとして操れる(幼児でも可能)」ということであり
    「英語という学問を修得した(教育を受けた)」というのとはまた少し違うと思います。

    ユーザーID:3158064615

  • だいぶ前の話だけど

    (独)国際協力機構(JICA)のコンサルタント条件として、次のような評価規定があった。(10年以上前で、今はどうなっているか分からない)
    ・評価A=JICA専門家語学検定1級、英検1級、TOEIC:990-875, TOEFL:677-600

    ・評価B=JICA検定2級、英検準1級、TOEIC:874-700, TOEFL:599-540
    ・評価C=英検2級、TOEIC:699-440, TOEFL:539-450

    現在のJICAのコンサル公募を見た場合には職種や仕事の難易に応じて「TOEIC860 以上」とか「TOEIC730 以上」とか書かれている。もちろん点数が低くても十分に仕事をこなしている人もいる。
    だいぶ前に三井物産研修センターが出した「三井物産の通じる英語、トラの巻」という本の中には次のように書かれている。

    「一人前の海外駐在員としてやっていける英語の実力がついた、と診断されるランクに達するまで、(入社後)普通3〜4年かかるようである。これは、英検でいえば、一級の少し下程度の実力である」()は小生が挿入

    あくまでも参考としてみてください。

    ユーザーID:4409245800

  • そうは言っても

    いつまでも「英語できません」「出来るとは言えません」
    なんて言っていたら仕事のチャンス逃しますよ。

    最低限の意思の交換が出来れば「英語できる」と言います、私は。

    日本人は、英語だけにはやたらとネイティブ並のスキルを求めすぎ。

    あなたの友人がロシア語やインドネシア語やタイ語で
    現地の人に道を聞いたり電話予約をしている様子を想像してください。
    それだけで「あ、この人ここの言葉が出来る人なんだ」って思いませんか?

    ユーザーID:7410530774

  • 属する社会による。

    >人に英語ができますか?と聞かれて、「一応できます」と答えられるのはどのくらいのレベルだと思いますか?
    >私の感覚では、「英字の新聞がほぼ読めて、内容を要約して書けて、ネイティブとグループ会話をしてだいたいついていけるくらい

    ’一応できます’と答える相手によります。

    なぜなら 英語ネイティブの人でも 新聞の内容を的確に要約し、特定のトピックにそってディスカッション出来る、、というのは
    ある程度 学歴のある人達です。しかも 英語圏では 高校のドロップアウトが日本の高校生よりもはるかに多い。
    その中で、母国語として英語を話すには困らない英語ネイティブでも 上記の条件を満たす人は限りある人達です。

    それを 日本語で日本人では?と置き換えてみれば 全ての日本人が新聞を要約し グループディスカッションをソツなくこなす人達は
    やはり学歴ある日本人じゃないですか?または よほど独学で教養ある人か。(どちらにしても少数派ですよね。)

    それが アナタのまわりでは ’一応できます’ということであるのなら
    そうなのでしょう。

    ユーザーID:2794242855

  • はっきりこうとは言えませんが

    海外にいって、目からうろこだったのが・・・
    半年くらいでもそこで暮らしていると、
    語彙力や文法の知識が乏しくても、
    日常会話はなんなくできるようになるということです。
    場なれしてくるというか、物怖じしなくなるし、
    聴きとるポイントや、伝えるときのコツがつかめてくるのかな、
    という印象です。
    失礼ながら、日本の学校であれば、試験の点数は
    平均以下じゃないかな、という人が、
    日常生活には困らない会話力があったりします。
    私の年代では、試験はかなりできても、
    日常会話はさっぱりわからない、という人が多いので、
    びっくりしました。

    ユーザーID:6681133854

  • そうですね

    読む、書く、聞く、話すの力がほぼバランスが取れている状態で
    英語圏の義務教育修了するかしないかぐらいのレベルでしょうか。
    ですから、トピ主さんのおっしゃる新聞が読めて理解出来るはいい目安だと思います。
    ただし、語学は総合力なので新聞は読めるけど聞き取れない、話せない、書けない等は例外だと思います。

    ユーザーID:5691054045

  • ナンデモナイことが実は…

    何と表現したらいいのか、普通にというか、自然にというか、つまり、“英語を使うんだぁ”
    という感覚のようなちょっとした緊張感みたいなものを感じないで、肩の力を抜いて
    会話ができるようなレベルあたりのことでしょうか。
    かくいうわたしも英語で話すときはいつも身構えてしまいます。

    レセプションやパーティによく顔を出しますが、会話の方に全神経を集中させてしまうので、
    食事を楽しめないで困っています。
    立食なら、話しているうちに人気メニュー(久兵衛の握りやスイーツ)はなくなってしまうし、
    着席なら、たった今名刺交換したばかりの両隣の相手が退屈しないような話題をあれこれ考えて、
    笑顔を絶やさず英語で話そうとすると、せっかくのコース料理をゆっくり味わうことができません。

    サッカーやラグビーもよく見に行きますが、試合の展開やプレイヤーの近況、監督の去就など
    日本語なら気楽に話せる内容でも英語だといちいち頭の中で文を組み立てなければならず、
    リラックスしてゲームを楽しめません。

    こういったナンデモナイことをナンデモナイように英語でできるようにわたしはなりたい。

    ユーザーID:0141849479

  • 「ナガラ」ができれば

    中級
    わたしはよくラジオ(日本語)を聴きながら料理をします。
    英語のラジオを聴きながら(もちろん理解して)しかも美味しい料理が作られれば、
    英語中級レベル認定

    上級
    わたしはたまにラジオを聴きながら新聞を読みます。
    英語のラジオを聴きながら英字新聞を読んで、両方の内容を理解できれば、
    英語上級レベル認定

    達人
    テレビを見ているときに電話がかかってくることがあります。
    海外ドラマ(字幕・吹替なし)を見ながら(もちろん筋を理解して)
    電話の相手と会話ができれば、
    英語達人レベル認定
    (聞くだけじゃなくて、自分もしゃべらないといけないので)

    ユーザーID:5346762199

  • レスします

    先ず、成人に為るまで日本で生活をしていた方々。 

    管見では、英語が出来る日本人に逢った事は御座いません。 巷で出来ると言われている人々でも、発音(母音)の基本が出鱈目ですし、書かせたら目も当てられません。 文語も酷いですが、口語の文法はもっと酷いものです。 一般の日本人には分からないだけです。  

    では、英語圏内の一般人を対象とした場合。 当然、日常的英語力はあって当然。 然し、英語が出来る人、となるとそうは居ません。 特に最近は正しい英語を話す人が減っていると、社会的にも問題になっております。  

    北米の場合、例えば黒人英語は又一種独特ですので、これを所謂伝統的な英語の範疇で捉えるには問題があります。 あれはあれで立派な英語である、と何時も思わされております。 私自身も黒人英語は好きですし、民族言語としては見事な達成振りと感心させられます。 黒人英語を聞くと心が和みます。 嗚呼、アメリカにいるなー、と感慨深いものがあります。 

    私見では、聖書の英語が一応全うな英語と心得ております。 特に、新でなく旧(KJ版)の方に愛着を感じます。  

    ユーザーID:4076901444

  • 実用的な英語力の自信

    留学したりバイリンガルであったりで日常英会話が堪能な人も、文法には強く劣等感をもっている人は多いと感じます。
    留学経験のある同僚が、海外経験が少なくても英文科をでている私に文法の添削を依頼してきたことがあります。

    「英語ができますか?」と聞かれてどう答えるかは、本人が決めることで、はっきりとした基準はなくていいんじゃないでしょうか。
    誰かは「テディって、たいしたことないのに」と思うかもしれないと思いつつ、私は「できますよ」と答えるようにしています。
    かっこ悪いので「【一応】できます」とは答えません。
    外国人に"Can you speak English?"と聞かれて"Yes, a little. "と答える日本人って多いですよね。

    TOEIC850だったら外資系の就職も望めるくらいですよね。
    それだけのTOEICをとるには努力されていると思うけど、未だ自信が持てないトピ主、ちょっと憐れです。
    コミュニケーションツールですから、敢えて言うなら『実際に使える自信』があるかないか、なのかもしれません。

    ユーザーID:6953319527

  • 続きです

    要するに、
    英語ができるかどうかと聞いてきた人が、
    なにを求めているかによってだと思います。
    例えば、海外旅行などの話をしているときなら、
    旅行で不自由しないレベルとか、
    仕事関係なら、それに必要なスキルがあるかどうかとか。
    英語のレベルといっても、
    文章の読み書きや会話力など、得意不得意がありますよね。
    文章力があったり、リスニングのテストがかなり高得点でも、
    実際の生身の人間との会話となると苦手、ということもありますし。

    ユーザーID:6681133854

  • トピ主です1

    わー、たくさんレスをありがとうございます。

    予想通り、人によりレベル設定は様々ですね。私が思うより、高いレベルを想定されてる方が多いかな。「日常生活が送れるなら英語ができる」と書かれていた方がいますが、この日常生活のありようが、人それぞれですよねえ。

     私は主人の留学についてって、2年間イギリス生活を送り、ほかの国の駐在の時には子どもをアメリカンスクールに通わせました。子どもの担任とはディスカッションできるし、病院にも行くし、大家さんと交渉もします。が!ドラマや映画を見てもセリフの理解度はたぶん半分くらい。でも、画像があるのでストーリーは理解できます。友人と会話を楽しめるけど、みんながてんでにぺちゃくちゃ話し始めるとついていけません。学校関係も、親の会などで皆が議論を戦わせ始めると、意見をなかなか切り出せません。でも、「日常生活に生活に支障をきたしている」とは感じませんでした。実は、支障があったのか・・・。

    続きます。

    ユーザーID:4596424487

  • トピ主です2

     新聞の要約などより、仕事に使える方が英語ができると言える、との意見もありましたね。それには同意します。青年海外協力隊員の方など見ていると、現地語の語学力が相当乏しくても仕事をこなせていたりしますね。「駐在員としてやっていける実力は英検1級の少し下」というのは実感としてあたっている気がします。アカデミックな仕事や、普通より高度な交渉力を要する仕事は別として、1級は必要ないけど、準1級では足りないなあと思うからです。

     余談ですが、私は英検でいうと2級よりちょっと上くらいのフランス語を話します。英語より断然レベルが低いのに、なぜかフランス語は(もし人に聞かれたら)「一応できます」と言っても良いような気がします。この心理はなんなんでしょうか。なぜか英語は相当できないと、できると言ってはいけない気がしませんか?

    空手ができる、ピアノができる、手品が出来る、料理ができる、落語ができる。どれもプロ並みでなくても「できる」という人が多いように思います。なぜ英語に限ってはプロ並み(つまりネイティブ並)でないと出来るといわない人が多いのでしょうね。引き続きご意見ください。

    ユーザーID:4596424487

  • 相手を選ばない

    例えば、「インド英語は訛りが強いからわからない」とかの言い訳をしてるようじゃ
    まだまだそのレベルには達していないですね。
    いろんな国の英語がわかるようになってはじめて英語ができると言えると思います。
    でも、日本の学校の英語の先生が話すカタカナ発音の英語は聞き取れなくてもいいです。
    世界中の英語話者が聞き取れないですから。

    ユーザーID:2228671782

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧