妊娠・出産・育児

好き嫌いの激しすぎる3歳息子。食べるようになりますか?(泣

レス17
お気に入り58

まな

子供

3歳息子。体重15.5kg、身長100cm、知能的には年齢標準以上の発達をしているから危機的状況ではないので様子を見るしかないとかかりつけ医には言われます。
しかし食べられないものばかり増えていき、何を作ればいいのかわかりません!

今食べるもの
・白米(炊き込み、ふりかけ、おじや等調理したもの全てダメ)
・梅干し(家で漬けているもののみ。スーパーのをこっそり出しても残す)
・ラーメン(ただし某超有名店2店舗のもののみ、しかも麺のみ大盛りを完食。具は残す。その他のお店のものも一口食べただけで残す。)
・ロールパン
・ホットケーキ
・私の作るきゅうりとチーズのサンドイッチ。しかしマヨネーズの量など少し加減が違うだけで残してしまう。
・餃子の皮のみ。中身残す。
・ハンバーグを以前は食べていたが、昨年秋あたりから「たまねぎがいや」とダメに。
・レタス(調理は不可。マヨネーズかピエトロドレッシング限定でのみ食べる。)
・ブロッコリー
・ネギ(調理不可、そのまま食べる)
・気が向いたときにとても新鮮な魚をオリーブオイルで焼いたものを食べる。ちょっとでも臭みがあると受け付けない。
・キウイ
・いちご
・りんご
・芋満月

他は一切受け付けません。

残すときは「お腹一杯になっちゃった…」と角が立たないように言いますが、明らかに一杯ではありません。食べられる物が出なければ2日でも3日でも空腹のまま過ごします。

息子は料理大好きで、家でも色んなお料理の手伝いをしてくれます。
また家庭菜園もあり、さまざまな食材を自分で育てて採っています。

ここ半年くらい肉を食べていないのも気になります。
お肉は何からできてるの?と聞かれ、動物さんよ、動物さんに感謝して食べようね、というような話をしたあたりから肉を食べなくなった気もします。

ユーザーID:3687901205

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 口内感覚の過敏?

    うちの息子の小さい時の状況に似ているかもしれません。
    息子は口腔内の感覚が過敏だったようで、味が濃いもの(酸味、スパイス)や色々な食感が混じったものが苦手でした。
    3才頃の食事はハンバーグが苦手で、異なる食材のツブツブ感が口の中で混ざるのを嫌がるようでした。
    もしかすると主さんのお子様がラーメンの具を残すことや、餃子の中身を嫌うのはそういう事かもしれません。

    うちの息子の幼い頃の食事は、肉や魚は塩味でこんがり焼いただけ(特に豚しゃぶ薄切りが好き)、ブロッコリー茹でただけ、冷や奴(具も調味もなし)とか、単品素材そのものが多かったです。
    徐々に口内過敏も取れて行き、4、5才から色々な食べ物が食べられるようになりました。

    現在、7才で120cm、17kgのガリガリ体型ですが元気です。
    主さんの息子様は現在100cmで15kgですので、同じ身長のころ13kgだったうちの息子に比べると体格的には余程しっかりしているし、結構色々な種類が食べられているので、それほど心配はないように思われるのですが。

    ユーザーID:1904379166

  • わかります

    うちの息子はトピ主さんのメニューから野菜と果物を抜いたもので3歳から15年位過ごしていました。今は自分で作るし可なりの物が食べれます。原因は不明です。お医者様はおお事にしないでゆっくり待つようにといい、ずっとビタミン剤を飲んでいました。やはり体は親が期待するほど大きくは成りませんでした。それでも病気もせずにスポーツもしていました。心配していた知能ですが、人並み以上だとおもいます。なまじ頭が良いので色々思うところが有るのかも。親は決して怠けて放置していたわけでは有りません。お宅はまだ3歳ですからお医者様と相談しながら様子を見て置かれたら?いつかきっと食べるようになるでしょう。とは言っても心配なお気持ちは充分わかります。

    ユーザーID:9974283743

  • ご心配ですね

    お肉が食べられないのは心配ですね。

    うちの子供も小さい頃は限定の魚しか食べませんでした。
    保育園に行き始め、周りのお友達に合わせ果物も食べるようになりましたが、
    保育園のお友達が魚の骨が喉に刺さったのをきっかけに魚も一切ダメになりました。
    が、代わるように豚肉は食べるようになりました。(←保育園の影響)
    野菜も一切ダメでしたが、野菜ジュースだけは飲んだので、何もしないよりはマシ
    と野菜ジュースを毎日飲ませました。

    小学校高学年の今、好き嫌いは激しいですが、少しづつ食べられるものが増えました。
    生野菜は相変わらず食べませんが、温野菜かスープ系にすれば食べます。
    そして何故か牛乳のみは飲みませんが、青汁を混ぜると飲みます。

    給食は半分も食べれませんが、例えばお友達の家で夕飯をご馳走になる時は
    「お皿に取り分けられた料理は大嫌いでも残さず食べる」が出来ます。

    成長に問題がないようであれば、保育園に預ける等みんなで同じ料理(給食)を
    食べる、ってどうでしょう?
    うちは予想外に保育園のおかげで食べられる食材が増えましたから。

    ユーザーID:0527943769

  • もう少し様子みても…

    赤ちゃんのころは、なんでも食べていたのに、2,3歳のころになって
    味覚が発達してくると、食べられないものが増えるというのは
    よく聞く話です。

    そこから、また徐々に食べられるものが増えてくるんだと思います。

    もう少し様子をみてもいいのでは?

    もし、動物の話をしてからお肉を食べられなくなったのなら、
    お豆腐をすすめてみたらいかがですか?
    お豆腐を食べると、それが体の中で筋肉を作ってくれるとか
    なぜ食べないといけないのか、理由がわかれば食べるとかないでしょうか。

    ユーザーID:6953875445

  • 娘がそうでした

    とにかく、炭水化物が大好きで、白米(炊き込み、ふりかけ、チャーハンなど嫌い)、パン(バターなど付けずそのまま)、ラーメン、そうめん、うどん、スパゲティもミートソースなし。とこんな感じでした。海苔は好きで食べていましたが、最初の野菜はレタスだったかな?
    果物はリンゴだけ食べていました。あと豆腐も好きでしたね。とにかく、白い食べ物ばかりでした。
    その後、鶏肉を食べるようになり、ミネストローネスープのようにお豆のスープを好むようになりました。これにはびっくりでした。でも、お豆はタンパク質なのでお肉の代わりにもなるし、良かったと思っています。この頃(年は10歳)くらいから少しずつ色々なものを食べてくれるようになったと思います。でも、まだまだ他の子に比べると好き嫌いが激しいです。でも、昔に比べれば随分と食べてくれるようになったと思います。

    トピ主さんのお子さんもまだ3歳との事。様子をうかがいながら少しずつ色々な食べ物を紹介していけば良いと思います。無理強いは良くないと思います。
    今でも、随分と色々なものを食べていると見受けますよ。
    良い子ですね。

    ユーザーID:4184255519

  • 食べてるよ

    うちの息子は、コメとヨーグルト、カレーくらいしか食べませんでした。
    幼稚園に行くようになってから友達のまねで色々食べるようになりましたが、量は食べませんでした。
    食べるようになったのは、中学生になってからですが、背も高いし、問題なしです。

    ユーザーID:5894811650

  • 無理強いしない、でも食べよう

     数年前に掲示板で、3、4歳くらいの男の子が、とにかく白いもの(白米、豆腐、チーズ、大根)しか食べない、高野山の断食修行僧並みに食べない、でも元気という話がありました。
     その後、なんかのスイッチが入った様に食べれるものが増えて来たそうです。
     無理強いすると、「食べない」と何度も脳に刷り込まれるので、あっさり下げてしまうのが、双方ストレスが無いかもしれません。ただし、一口は食べる、このルールはどうでしょうか。
     お肉も、一口食べておしまいです。
     動物さんも、食べてくれて、息子君がいっぱいはや〜く走れる様にって思っているよ、と。
     だって、息子さんが食べなくても、その動物さんは生き返りません。捨てる方がずっと無駄です。でも、食べなくても、他のもので補っても良いと思います。
     作って残されるとがっくりするので、半年と期限を切って、食べなさそうと思う物は、息子さんには一口だけ用意するのは駄目でしょうか?
     口触りで好き嫌いを言うのが、3歳前で、味で好き嫌いを言い始めるのが3歳後、と聞いた覚えがあります。
     お互いに、気長に、ゆったりと食べ薦めて下さい。
     

    ユーザーID:2775807345

  • 大丈夫ですよ

    「危機的状況ではないものの・・・」と大変心配でいらっしゃることかと思いますが、3歳で100cm15キロ以上あるんですもの。栄養は十分いきわたっているのでしょう。年齢の平均からすれば大きいほうですよね。

    なので、今は食べたいものを食べさせたらいいと思います。
    単に偏食の心配なので大丈夫ですよ。

    うちの子は、同じように偏食で少食で病院に行きましたが、5才ですが100cmなく体重は14キロまだいきません。いつも3才くらいに間違われます。
    低身長外来に行き検査をしてもらうほど心配です。3歳の頃は86cmくらいだったです。

    うちのように成長が平均より-2SDをはるかに下回る子供の親からみれば、「な〜んだ、食べなくてもきっと栄養が取れているんだな。4歳までに100cmあれば十分なところ3才でこんなに大きいのだから・・・」と心配が大げさに思えるほどです。

    成長曲線をつけていらっしゃると思うので、食べなくても成長曲線が順調であれば特に心配ないと思います。羨ましいです。

    ユーザーID:6576708718

  • …しなければならない、は止めましょう

    食べない事に悩んでいますが、それがいけない事だと思っているから悩みになるんです。

    子供は自分の身体に合わないものを本能的に知っていると思えばどうですか?
    食べれるものは全て、その子の為になるものだとしたら?

    >残すときは「お腹一杯になっちゃった…」と角が立たないように言いますが、明らかに一杯ではありません。
    私はこの事の方が気になります。
    小さいお子さんが親を気遣ってこんな言い方をする。
    それをさせているのは親である主さんだなんて、悲しいと思いますよ。

    お子さんが喜んで食べるものをあげたらいい。
    それで身体を壊す事はないでしょう。
    無駄な知識で親子関係をおかしくしないように。

    ユーザーID:3005609291

  • 賢いお子さんですね

    三歳で「お肉は何からできてるの?」とは、賢いお子さんですね。

    うちは酪農家なのでうちの子供は牛を毎日見て育ってますが、牛肉大好きです(笑)繊細さの欠片もない…。子牛が引き取られていくときも「バイバ〜イ。いい肉になれよ〜。ママ、なるべく高く売れるといいね!」って見送ってます。

    ごめんなさい、横でした。

    賢いお子さんだと思うので、分子レベルまで話を拡げてみたらどうでしょう?我々人間の体も動植物も、小さく小さくしていけば同じ分子の集合体。いって見れば宇宙全てともと同じものとも言える。
    分子を形を変えながらやりとりしてるだけ。食べたものがそのまま消えてなくなるわけじゃないというのはわかりますよね、形を変えているだけ。

    もっと怖くなっちゃうか…。

    ユーザーID:4405904149

  • 天才肌?

    体格、小さくもないし。
    お母さん大変でしょうけど、食に興味はあるし、いい子ですねえ。
    3才でお手伝いできるなんてすごいことです。
    こだわりが強いのは、賢すぎるからでは?
    よく、独特の知性のお子さんで相談トピ立ちますけど、
    いきなりそんな子は産まれません。

    落ち着いて、親戚を見渡すと、いい前例がいたりします。
    素敵な、お子さんで、個性的で、お母さんは大変ですが、うらやましいです。
    無理に、食べることを強制しないで様子を見てあげてもいいんじゃないでしょうか。
    将来、すごい料理人になるかも。

    ユーザーID:4626557429

  • 大丈夫ですよ

    うちの子供も小さいときは好き嫌いが激しく、好き嫌いがほとんどなかった私とは正反対だったので困りました。

    おにぎりだけでもちゃんと食べているなら問題ないと思います。
    年齢をかさねるごとに、味の許容範囲が大きくなるはずです。

    それより、賢い思いやりのあるお子さんで、トピ主さんがとても大事にしてらっしゃるのはわかりますが、

    >残すときは「お腹一杯になっちゃった…」と角が立たないように言います
    >お肉は何からできてるの?と聞かれ、動物さんよ、動物さんに感謝して食べようね、というような話をしたあたりから肉を食べなくなった気もします

    と、先回りして考えてしまうのはどうかと思います。

    家庭菜園もされていて、食育にも熱心なのでしょうが、例えば有名なファストフード店など楽しい雰囲気の中で子供が子供のままはしゃげる場所もいいかもしれません。
    とにかく、食べることが楽しいと思えることが大事だと思います。

    まず、ハンバーグを玉ねぎなしで作ってみては?

    ユーザーID:5203791457

  • 心配いりません

    わたしも子供の頃、好き嫌いの多い子でした。
    高校卒業くらいまでは、人並みに食べることができませんでした。
    小柄で細かったですが、体は丈夫で大きな大きな病気にはかかったこともありません。

    食べなくて困った一番のことは学校給食です。
    先生によっては完食するまで許さないという指導方針のことがあり、いまだに暗い思い出ですが中学校以降はお弁当になり、一気に明るい学校生活になりました。

    この頃のクラスメイトと今でもつきあいがありますが、当時の話になると毎日卵焼きときゅうりだけのお弁当だったのをはっきり憶えているそうです。

    高校を卒業した頃からなんとなく食べられる物がふえてきて、いまでも若干偏食はありますが社会生活・家庭生活で困ることは全くありません。

    最近読んだ本で、なるほどと思ったのがあるので紹介します。
    (なぜ、子どもはピーマンが嫌いなのか?)
    (子どもが野菜嫌いで何が悪い!)

    気が楽になるかもしれません。

    ユーザーID:0175834916

  • そんなに食べないで〜(悲鳴)っていう日がくる

    我が家には体育会系男子高校生がいます。

    この息子も小さい頃、特に幼稚園に入る前は
    トピ主さんの息子さんの様に好き嫌いが多い子でした。
    食も細くて心配したものでした。

    隣に住むおばあちゃん(他人)と外で世間話をしているときに
    うちの息子が好き嫌いが多いし食も細くて心配、なんてことを
    言ったんですね。
    そしたらおばあちゃんが
    「男の子なんてそのうちそんなに食べないで!って親が困るほど
    食べるようになるから心配しなくていいんだよ」って言ってくれました。

    ものすごく気持ちが楽になったの覚えてます。

    幼稚園に入ったらお友達の影響で食べられるものが少しずつ増えて、
    小学校に入ったら給食でまた食べられるものが増えて、
    お友達の家に泊まりに行ったりするとこれまた
    おいしい料理を覚えてきて。

    今じゃあおばあちゃんの言った通りです。
    一升炊きの炊飯器のご飯はあっという間になくなるし
    から揚げはキロ単位で作りますし
    焼き肉なんか何キロ食べてるんだろう(怖)

    ちび太の母さんがおっしゃるように小さい頃は
    味や食感などに敏感らしいです。

    あまり気にしないで楽しく食事できたらいいですね。

    ユーザーID:7508340124

  • ありがとうございました

    みなさまの実体験とても参考になりました。

    米とパンと麺だけはしっかり食べるのでやせていないんですよね。
    見かけは健康そのものなので身近なママ友に相談してもいまひとつ深刻さは伝わらない。でも親の私は栄養が偏りすぎと分かっているので心配で。

    毎日毎日、何を作っても残される日々。
    料理がヘタかしらと料理教室に行ったり、食育を取り入れたり、ありとあらゆることをしているのに何がダメなのか。すごく不安でした。
    相談するとよく言われるのは、食育が足りないんじゃない?雰囲気づくりしてる?ということ。
    息子を思ってのアドバイスなのに、母の私が何もしてないのではと疑われ責められているように感じてつらかったです。

    そんな中で経験者ならではの温かいアドバイスをいただき、じんときました。
    親はほおっておいたわけでは決してないというお言葉がありましたが、今の状況を実に良くわかってくださっていて、大変心強かったです。

    しばらく様子をみて、残すことをダメとせず、タマネギなしのハンバーグなど、少しでも息子の抵抗が少なそうなメニューもチャレンジしてみます。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:3687901205

  • 嗅覚、味覚が敏感?プラス 少食

     娘が幼い頃に似ています。

     白米が大好きで、一口食べただけでお米を変えたことがわかる子でした。

     おかず無しで、炊きたて白米を喜んで食べました。

     ブロッコリーも味付け不要。

     トマトは旬の物だけ。

     ジュースは果汁100%のみ。

     哺乳瓶のゴムの味がダメ(話すようになってわかった)

     市販のベビーフードも、レトルト食品もダメ(容器と油の匂い)

      祖母が作る和食は、パクパク食べました。薄味、インスタント調味料ゼロ。

     少食で、一人前のラーメンが食べられるようになったのは中学生です。

     部活と塾で食べなければ体力が持たなくなった頃に、雑食系に。気にしてられなくなったとの本人談です。

      レトルトのカレーや、冷凍チャーハンは残念ながら今でも食べられません。匂いと油で胸焼けを起こすそうです。

     お肉に関しては、私にも覚えがあり「生き物を殺して食べている」気持ち悪さが
     原因です。リアルに母の言葉を受け取りました。

     感覚の問題かもしれません。今は、焼肉大好きなおばさんになっています。

    ユーザーID:2015462881

  • 偏食は問題ない

    偏食というのはたいていの場合、子供の成長にとって全く問題ありません。
    元気に育っているなら栄養が足りている証拠。
    食べたいものを、食べたいだけ、楽しく食べることが大切。
    食べ物が溢れている日本ならではの悩みです。
    食事のことはもっと気楽に考えて、息子さんを解放してあげてください。

    ユーザーID:4647766526

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧