実質賃金の意味を教えて

レス8
お気に入り6

くう

話題

『実質賃金』という言葉が最近新聞に出ますが、どんな意味の言葉でしょうか?

ユーザーID:1295152649

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うまく伝わるか?

    お小遣いで説明します。極端にしました。

    毎月1万円の小遣いで昼食500円20食食べいた方がいました。

    お小遣いがアップし、毎月2万円になったとします。

    お小遣い(名目賃金)は貨幣として2万円に上がりました。名目100%アップ。


    しかし今まで500円だった昼食が2000円に値上げされました。

    買える数はお小遣い2万円では10食分になり、昼食(実質)から見ると半分の数しか買えないので、お小遣いの価値は半分になったことになります。

    昼食が20食食べれた以前より、10食しか食べられないので物から見たお小遣いは(実質賃金)100%ダウン。

    物やサービスから見たものが実質賃金になります。

    単純に賃金が上がっても、物価や税金がそれ以上に上がれば買える数が減り、生活が苦しくなる。
    結果的に実質的な賃金が下がることを実質賃金が下がると言います。

    つまり物価が賃金上昇より先に上がれば実質賃金は下がるのです。

    本来は賃金上昇が先になければいけないのです。だから政府が声高に賃金上昇を騒いでいるのです。

    すみません、うまく説明できていませんね。伝わらなかったら許して下さい。

    ユーザーID:4475541287

  • 実質賃金とは

    実質賃金とはですね、あなたが企業などからもらう賃金(名目賃金)を消費者物価指数で計算したのちの値です。

    例をあげると、名目賃金のみで見た場合、あなたへの支給額が前年同月10万から20万になった場合、差は2倍ですね。
    ただし、その時に物価が10万賃金の時に比べて2倍になっている場合、実質賃金は変動なしとみなされるわけです。

    給料増えた様に見えて物価が上がってるのでプラスマイナス無いじゃないか〜って事です。

    ユーザーID:6815720756

  • レスします

    物価変動を考慮した賃金のことです。今年2%賃金が上がっても物価が2%上がっていれば変動がないのと同じです。2%賃金が上がるのを名目と言います。

    ユーザーID:1654561304

  • 大幅な賃上げはむずかしい

    消費税の問題を中小企業の賃金の観点で研究している
    北見式賃金研究所の北見昌朗氏は、実質賃金を考える上で
    1消費税率アップ、2モノのインフレ、3社会保険料のアップ、4電力代アップ
    という4つがポイントになると指摘しています。
    だから税率アップ分の3%のベアだけでは足りないのだそうです。
    そのような大幅な賃上げは現実的に困難だから、労働者のほとんどの『実質賃金』が下がると予測しています。

    ユーザーID:6453696472

  • 賃金を貨幣額ではなく購買力で評価します。

    賃金が2倍になっても、消費者物価が2倍になれば、購買力は変化しません。

    消費者物価の上昇割合を上回る賃金の上昇があれば購買力は向上します。

    物価の上昇が賃金の上昇割合を上回れば、購買力が低下し、実質賃金も下がります。

    ユーザーID:2096096028

  • 初めて聞きました。


    一つ勉強になりました。
    ありがとうございます

    実質賃金→可処分所得(所得税・社会保険料・住民税を差し引いた金額)のことでしょうか?

    可処分所得を時給に換算した時の自己価値能力とか?。

    想像で答えました。

    ユーザーID:3290320761

  • 超格差社会の到来

    『超格差社会』の到来。それが消費税率アップ後の日本の姿だと、北見式賃金研究所の北見昌朗氏はいう。
    公務員と民間、大手と中小、正社員と非正社員、都会と地方というアンバランスな構造がさらに悪化するだろう。

    ユーザーID:0156435051

  • ああ

    超格差社会、下の方ならより嫌ですね〜

    でもそんなマスコミや先生方に最近よりビビらされてる日本の実情って世界の主要な先進国で見たら全然ましな方ですよね。

    失業率も格差も小さいです。


    話は変わりますが、
    格差を大人がシステム的に解決しすぎる弊害が、
    若い世代の競争力の低下の一要因につながってる気がします。
    子供たちが指摘と虐め、競争といがみ合いの違いを認識したうえで成長してくれるなら良いのですけど。

    なんか口ばっかり達者で、
    それってする意味あります?、権利的に、義務的に、皆で仲良くできれば他はどうでも、嫌なんで止めます、法律的には、皆もそうですけど・・・

    何か変な価値観だけ押し付けた形になってやしませんかね。
    色々経験させたうえでの仲良くしたほうが良いでしょ?では無くて、最初から子供たちに答えを求め過ぎと言うか、とにかく仲良くってだけで。
    喧嘩も喧嘩自体いけない、しなけりゃしないだけ良いって感じだしなぁ。
    そりゃそうなんだけど、大人になってからした事ない人がすると事件になるんだよね
    難しい。
    すみません全然横道でした。

    ユーザーID:6815720756

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧