自営業の方、老後の生活は?

レス13
お気に入り57

ぶん

話題

自営業の夫を持つ、ぶんと言います。

夫(55歳、自営業)、私(45歳、専業主婦)子供(小4、小3)の4人家族です。
先日夫と「老後」について話す機会がありました。
夫は、「あと10年はフルタイムで働くが、10年後には世間でいう定年の年になるのでアルバイト程度の勤務時間にするつもりだ。10年後には子供も大学に入学するし、家のローンも終わるから」と言います。

自営業のほうは、従業員に任せれば収入は減りますが、私たちが生活するには十分な収入が見込めますので、異存はありません。
夫婦で趣味や旅行を楽しんで、いわゆる「老後」を楽しもうと思っております。
ただ、10年後私は55歳。老後というには若すぎるような気もしますが。

そこで、自営業の方、自営業の奥様、老後の計画はどうされていますか?
私の周りには夫のようなタイプは少数で、自営業だと70歳を過ぎてもバリバリと働いておられる方も多いです。
参考までに教えていただけると嬉しいです。

ユーザーID:8084796123

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あなたは老後と思わず日々の生活を楽しんだら?

    おっしゃられているように、あなたは、
    まだまだ若いです。

    ユーザーID:3926484275

  • それでも良いのでは?

    ご主人65歳で一応引退とはいえ、全く家業を閉めてしまうわけではないでしょう。
    従業員にまかせられるとはいえ、勤めに出るのと違って自営業があるならそうそう遊んでばかりいられませんよ。

    子供たちも大学生ではまだ一人前とは言えないし、親が年取って手助けが必要になるかもしれない。
    女性は更年期に当たるし、トピ主さんだって悠々自適な老後というほど優雅な生活はまだできないでしょう。

    その計画でも良いと思いますが、本当の老後はもう少し先の話になるでしょう。

    ちなみに我が家も、夫の定年?後は家業を縮小する予定です。
    でも本当にすっぱりやめてしまうのはしばらく先になるでしょう。
    それまではトピ主さん宅と同様、アルバイト程度です。

    私は今義理親、実親、両方の世話をしていますが、介護レベルではないので少しだけほかの仕事と、家業の手伝いをしています。
    頼まれボランティアもしていますから、現役バリバリに仕事はしてなくてもそんなに暇じゃないですよ。

    ユーザーID:8357647531

  • それぞれです

    自営業をしています。
    私は、働ける裡は働きます。
    なぜなら、自分の会社だからです。

    そこそこ大きい会社ならまだしも
    少人数で主が、好き勝手していたら従業員どう思いますか?
    引退して会社を引退したのなら良いですが、
    お金を懐に入れ、状況が主扱いされているなら不満でしょうね。

    私は、そう感じますのでフルで働きますが。

    あとは、ご主人が従業員と会社をどの様に導くかですよ。

    ユーザーID:1157488501

  • 難しいです

    従業員に任せて今の状況を維持出来る保障はあるのでしょうか?
    死ぬまで働くのが自営業だと思ってますが。

    ユーザーID:0381787404

  • 甘いですよ・・

    「10年後には子供も大学に入学するし、家のローンも終わるから」では無く

    「10年後には、子供も大学を卒業するし」でしたらいいでしょうが・・
    何だか甘い考えだと思いますよ。

    今現在家のローン抱えていると言う事は、そんなに高収入でもないのではないですか。
    子供二人私立の理系や音楽系に出すとしたら、いくらかかるか考えた事ありますか・・
    そして、自宅外でしたら仕送りがいくらかかるか・・

    ネットでも出ています、ライフシュミレーション、キャッシュフローを作られれば、
    おおよその見当はつくと思います。

    それと、家はローン終わるころには、あちこちリフォームをする必要がありますよ。
    私の周りでは、リフォームに金賭けるなら新築と言う方が多いです。
    斯くいう我が家も、建て替えました。

    もう少し地に足を付け、考えられた方が良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:2736337557

  • 死ぬまで働くのが自営業

    自営が国保・国民年金たる理由ですよね。

    定年がないから。

    うちの夫は死ぬまで働くつもりですね。アルバイト程度になろうと。
    同業さんは皆さん、ほんと、死ぬまで働いてますね。

    わたしも個人事業主。できる限りするつもりです。
    別に旅行とか、仕事をやめなくとも休暇でいいじゃないですか。

    ユーザーID:8221984375

  • 70歳まではやります

    独立起業して小さな会社をやっています。特殊な分野なので、先々どうするのかまだ決め兼ねていますが、なかなか引き継いでもらえる人が見付かりそうにないので、70歳くらいまではやろうと考えています。

    元々は大手でやっていた仕事を独立起業で自分の会社で始めたのですが、息子が引き継ぐことに興味を持っています。いきなり小さな会社では見識が狭くなるので、自分もそうだったように継ぎたいなら大手に入って勉強するように言っています。

    海外との仕事なので、フルタイムかというとそうではなく、相手の時間に合わせると土曜(朝)も仕事です。なので、今でも勤務時間を短くしようと思えば短く出来、先々、勤務時間を短くしようとは思いません。

    ただ、もし、息子に引き継いだら、きっぱり引こうかなと思います。

    年間数回海外に出張します。今は孫の世話で忙しい妻ですが、一段落したら一緒に連れて行こうと考えています。妻も役員なので出張は経費。一線を引いてしまったら行けなくなります。

    ユーザーID:3565192033

  • 早期リタイヤする

    自営業というか、小さな会社経営してます。
    55歳から60歳の間に会社たたんで引退します。従業員2名で1名は私たちより若いので、会社にある機械と仕事を退職金に上乗せして渡して「自分でやるか、うちの得意先に紹介するかどうするか」を決めてもらおうと思ってます。
    製造業なのですが、夫は得意先などとの折衝がしたくないので、仕事を縮小してやるとかそういう選択肢はなく、完全に引退するつもりです。趣味のものづくりの道具もガレージ建てちゃってそろえているし、不動産収入もあります。景気のいい時に貯金をしたので41歳の今でも、もう働かなくてもいいくらいの貯金もあるし、子供もいないので気楽なもんです。これからあと15年も働いたらまだまだお金がたまるので、もうしばらくしたら自分達の給料を絞って従業員やパートさんにも退職金が払えるよう会社の内部留保を増やそうと思ってます。


    老後より、死んだ後どこにお金と土地を寄付するかに悩んでます。

    ユーザーID:0085061177

  • まさに

    さっき考えていました。

    主人はいま60代前半。自営業。本人いわくあと10年は働くと言っています。つまり、70代までです。体が丈夫ならいけると思う仕事です。私は年が離れているので、時間差、年齢差でまだまだ働けると思います。できる限り働きたいです。

    トピ主さま達ご夫婦に十分な年金や貯蓄があれば、早めのリタイアもよろしいかと思います。二人で最低24万必要で、国民年金なら二人で12万。基金にたくさん入っていたなら、また個人年金を積んでいたなら、そして医療費や葬儀代などがあれば、旅行に行って楽しめるかと思います。厚生年金に勝るものはないとは思いますが、それを上回る貯蓄が大切だと思います。

    老後は健康で順調ではいられないという危機感ばかりが頭から離れない自営業の妻です。よけいな話でしたらすみません。

    ユーザーID:1881672603

  • 共済はかけていないの?

    中小規模の経営者の為に「小規模企業共済」と言うものがありますよね。

    毎月掛け金を払い、その掛け金は運用され20〜30年後に「退職金」代わりに受け取る制度。

    自営業をされているなら、知っている制度だと思いますが、それには加入されていなかったのでしょうか?
    毎月0.1〜7万円まで掛けれて、掛け金は全額所得控除できます。

    ユーザーID:5512276430

  • 匿名様まで拝見しました

    皆さん、ご意見ありがとうございます。
    おひとりおひとり、なるほどなと思いながら拝見させていただいております。

    我が家の状況ですが、子供の大学入学時にはそれぞれ1000万の積み立てをしております。子供が私立の医学部などに行けば足りないでしょうが、その時はきっと夫の引退を先延ばしにします(笑)

    家のローンは税金の控除等考えてローンを組んでおりますが、いざとなれば一括で払えるだけの預貯金はあります。

    夫の事業につきましては、夫が一線を退くと、それなりの人材を雇わねばなりません。もちろん、今までのお得意さんが減ることは承知しておりますが、夫は65歳でセミリタイアして趣味の旅行などを楽しみたいと言っております。
    子供のどちらかが将来、引き継ぐ、引き継がないと決まるまでは細々と続けておきたいと思っているようです。引き継ぐ気がないなら事業はたたむつもりです。

    死ぬまで現役でいたい、とおっしゃる方もいらっしゃいますし、素晴らしいとは思いますが、今まで真面目に働いてくれた夫の意思を尊重して10年後のセミリタイアについて、私もいろいろと考え、準備が必要だと考えております。

    ユーザーID:8084796123

  • 体と頭が動く限り、働き続けます

    それが自営の醍醐味ですから。

    >従業員に任せれば収入は減りますが、私たちが生活するには十分な収入が見込めますので、

    って、アルバイト程度の勤務時間でも、役員としてガッツリ報酬だけはもってくシステムにしちゃうと、従業員のモチベーションは下がりませんか。
    最悪、ノウハウと顧客持ってかれて、独立されちゃったりして。

    ユーザーID:9967868053

  • パチンコ好きさんまで拝見しました

    皆さんのご意見、なるほどなあと思いつつ、考えることも多いです。
    まだ10年ありますので、細かいところまで決まっているわけではないですが、あくまで「セミリタイア」で完全リタイアする気はないようです。

    夫の考えとしては現在は月曜〜土曜まで一日10時間ほど働いているが、できれば半分くらいにしたい。長期休暇は正月と盆休みだけだったが、春や秋にも1週間〜の休暇を取り旅行にでも行きたい。
    その後は健康なら75歳くらいまでは何らかの形で働いていたい、ということです。
    私自身は主婦ですので、夫がセミリタイアしようとリタイアしようと家事からは逃げられません(笑)

    今は10名ほど従業員がおりますが、今まで通りの給与とボーナスは確保しなければいけないでしょうし、減るのは「夫の取り分」のみです。従業員が養えないなら人数は減らさなくてはいけませんね。

    夫がこういうことを言い出したのは、最近疲れがとれない(土曜日も仕事ですし)、義父も65歳でセミリタイア、75で完全リタイアして楽しく暮らしているのを見ているからだと思います。

    ユーザーID:8084796123

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧