油絵の上達方法

レス20
(トピ主1
お気に入り16

趣味・教育・教養

まき

中学1年の娘の習っている油絵の事でお教え下さい。
絵を描くのが趣味で油絵を習っております。
その教室は複数の先生が担当しております。

本人としては、上達したくてもっと陰影のある絵を描きたいと思い先生に質問するのですが、聞いた事への答えは無く他の話をして去って行くそうです。

他の先生に質問してもお答えいただけず、基礎を教えてほしいと言っても「好きに描きなさい」と言うだけだそうです。

他にも何個か質問をすると絵に手を加えられ(質問とは関係無い事で)違う話だけするとの事で、悩んでおります。

教室は、学校内に有り変更する事は出来ません(詳細を書く身元が割れますので控えさせていただきます)。
在学中は通わなくてはならず、その中で毎回聞きたい事に答えていただけないという事がわかりましたので、なんとか自力で上達したいと考えているようですが、ネット等調べてもわからず、昨日大泣きして私に助けを求めて来ました。

何か力になってあげたいとも思うのですが、私は絵に関してはまったくわかりません。

娘の絵上達には、何をしたら宜しいのかお教えいただけないでしょうか?
皆様のお力をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

ユーザーID:5764303291

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • デッサンとスケッチ

    陰影のある絵を描きたいなら、油絵の具ではなくコンテでデッサンをひたすら描いたら?
    決まった時間に風景スケッチに行ったり。
    陰影のあるモノや風景を見て、ひたすら描けばいいと思います。

    空想のイメージを陰影つけて描くには、難しいでしょうが、絵が好きならスケッチやデッサンをしながら陰の法則性を脳に染み付ければよいと思います。

    手法が気になるなら、図書館で美術書を読むか、DSお絵かき教室などのソフトも実践的です。

    ユーザーID:5467072233

  • 陰影のある絵・・・

    そもそも習っているのは油絵だけですか?
    物の見方としてデッサンの方も力を入れたらと思いますがどうでしょうか。

    ユーザーID:6294932994

  • 絵の基礎

    美術高校〜美術大学卒業です。

    絵の基礎は鉛筆デッサンです。
    いきなり油彩では基礎はできません。

    ただ単に油彩を楽しみたいのなら、基礎にこだわる必要はありません。
    そちらの先生達のおっしゃるように「好きに描けばいい」と思います。

    もし本気で絵に取り組みたい、または将来美大を受験したいのであれば
    鉛筆デッサンを教えてくれるところを探してください。
    高校生になれば予備校があります。

    僕は中学で美術高校を受験しましたが、独学でした。
    石膏で出来た立方体や球、石膏像等を買ってきて、それを見ながら描きます。

    目的によって習う相手も勉強する内容も変わると思います。

    ユーザーID:1672779245

  • いい絵をたくさん見る

    美大受験を考えているのでしょうか。
    上達といっても到達点をどこに持って行くかが問題です。

    独自な発想から創る、自分だけの絵を目標としているなら、「自由に描きなさい」という言葉が出てくるかもしれませんね。
    それでも、本当はデッサンの基礎から学ぶのが近道です。

    お嬢さんの学びたいという気持ちを受け止めてくれない指導者に問題があると思いますが、並行して他でも習えないのでしょうか。

    でも独学でもいいと思いますけどね。基本的には一人でやるものですよ。

    こういう絵を描きたいというお手本となる作品はありますか?
    どこにどんな色の陰影がついているかよく観察して、模写するといいですよ。

    油彩の技術は教則本など見るのもいいですが、
    熱意があればギャラリーなどで作家さん本人と話す機会を持つのもいいですね。
    技法や道具など、参考になる話が聞けるかも。

    指導者とウマが合わずに絵が嫌いになったらもったいないです。
    お母さんも一緒に美術館やギャラリーで本物を見たり、画集を見たり、いい作品をたくさん見て、楽しめるといいですね。

    ユーザーID:1416059613

  • どういう絵を描きたいのかしら?

    私も絵が趣味です。

    複数の先生が質問に答えてくれないとのことで、質問がわかりにくいのかもしれません。どういう絵を描きたくて描き方を教えてほしいのか、具体的にこの画家の描き方、この絵の感じと名前を出せば、先生に伝わりやすいと思います。陰影のある絵ですね・・・古典の描き方?と、想像しますが。

    中学一年生ですね。自由に描いていていいと思います。その教室は美術学校受験のものなのかクラブ活動みたいなのかわかりませんが、趣味なら好きなように制作するのが楽しいでしょう〜

    いろいろな画家、絵の先生の会ってきました。フランスのエコール・デ・ボザールを卒業した人が近所にいて、教室に通いました。ドラクロワとかレンブラントの描き方を教えてくれるので私は合わなくてそこはすぐにやめました。自分の描き方を教える人、その人に合う描き方を提案してくれる人、いろいろいます。

    ユーザーID:3877958453

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 方向性が違う

    お子さんとお子さんの通っている絵画教室の方向性が違うのだと思います。

    「楽しく絵を描きましょう」が目標の教室ではお子さんの望んでるようなことは教えてくれないのかもしれません。

    美大受験コースがあるような絵画教室に行きましょう。

    今の教室に通わなければならないのならもう少し具体的に
    「○○(作家名)のような表現がしたい」とか
    好きな絵の写真でも画集でも見せながらこのように描きたいと
    伝えられるようにしたら先生側からもわかりやすいかもしれません。

    お母様としてはジャンルにとらわれずにいいもの(絵画でも彫刻でも)
    をたくさん見せてあげて下さい。

    お住まいの地域がわかりませんが美術館や博物館はお近くにありませんか?
    デパートの美術画廊でもいいのでプロの作家の描く作品をたくさん見せてあげて下さい。
    日本人作家だけでなく外国の美術館展などにも足を運んで下さい。

    全く独学で上達は難しいかもしれませんが気に入った作家の絵を模写するのもいい勉強になります。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:0767377420

  • 写実的な絵を描きたいという事?

    写実的な絵がお好みなのであればデッサン力が必要なのでまずは鉛筆やコンテや木炭でデッサンの練習をしたら良いと思います。
    デッサンのやり方や、写実的な油絵のかき方は、本屋さんや画材屋さんに技法書がたくさんありますのでそれの中からお好みのを見つけたら良いと思いますよ。本屋さんはなるべく大きい所の方が色々あっていいです。

    ユーザーID:4756868867

  • 模写をさせてみたら?

    お嬢さんが「大好き」と思う絵を、画集か何かで探して、それをきっちり模写させるのです。模写のやり方はご自分で調べてください。

    ただし、習いに行ってるとのことですから、そこでは先生の教えを守って、家で独自にやらせます。

    しかし、その前に。

    絵の教室の先生が教えてくださっていることは、感性とか、自分の気持ちを外に出すと言うような表現力を高めようとなさっているのだと思います。それはそれでとても大切な経験です。ですから、先生のなさることを否定するのではなく、それはそれとして受け止められるように向けてあげることが大切です。

    一方、子供はある程度の段階で自分の思う「良い絵」のような絵が描ける様になりたいと思うものです。

    具体的なテクニックは置いておくとしても、画集の絵を模写することで、色の変化で表現できることを、ある程度なぞることができると思います。良い画集なら筆の動きや色の重ね方なども分かるので、そういう細かい所にも気をつけて模写をやらせてみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:1212482679

  • デッサン

    油絵だけ描いていても、画力はなかなか上達しません。
    同時にデッサン(素描)と水彩を習ってテクニックを学ぶ必要があります。
    お嬢さんにそれだけ向上心があるのなら、ちょっとしんどいかもしれませんが絵画予備校に行く方がいいと思います。テクニックを重点的に教えてくれます。
    カルチャーセンターのような所は、アマチュア画家が絵だけでは食べていけないので小銭稼ぎでやっている所が多いです。
    自由に好きな物が描けるので楽しいかもしれませんが画力の上達は遅いです。

    ユーザーID:6284653392

  • 見栄えだけでよいなら

    まずは娘さんの目指すところはなんでしょう?
    自分の思うような好きな絵を描くこと。
    友達や周囲の人(芸術家除く)から褒められるような絵を描くこと。

    前者については何もいえないけど、後者なら簡単です。
    陰影のある絵と書いてあるので写生など見たものを忠実に描くことに
    ついてのコツは上手い人の絵を真似ることです。画集など参考にするのが
    近道です。(デッサンがある程度上手いが前提です)

    皆さん写生を見たまんま描けばいいとお思いでしょうがそれは非常に
    困難なことです。人は機械ではないので精密に模写再現することは不可能に
    近いです。無意識のうちにデフォルメ・簡略化され描かれます。

    このデフォルメの仕方で上手く見えるか否かが決まります。
    絵の題材が決まったらそれに近いテーマの作品を多く見ることをおすすめします。
    陰影のつけかた、構図、色使い、かっこよく描くコツを見つけられるでしょう。

    私は美術の成績は常に5(自慢)ですが、美術の先生からは上手いけど胡散臭い絵だと
    言われます。そもそも美術は好きじゃない私でも一定評価をもらえる絵は描ける
    ので安心してください

    ユーザーID:8805535620

  • 「学ぶ」とはー1/2

    > 上達したくてもっと陰影のある絵を描きたい

    これがよく解らない。
    自分(トピ主娘)は絵が下手だト、それは陰影が乏しいからだト、なので陰影(のある絵)の描き方を先生に質問したト、しかしきちんと答えてはくれなかったト、そう言うことでしょうか。

    として。まずはその下手の原因が的を射ているのかが問題でしょう。
    先生の受け答えからは、その推定が大外れのように思えます。
    「他の話」とは、下手の本当の原因の指摘とか、ヒントなのではないですか?
    「基礎を教えてほしい」って、その教室は基礎を教えるところではないのですか?趣味として習いにいくところで、基礎は教えませんって、あり得ないと思うんですがねえ。つまり、教えている基礎を無視して陰影がドーたらなどと言うモンで「好きに描きなさい」なんじゃないですか?
    「他にも何個か質問」も、基礎そっちのけの思い込み、見当違いなので、そんなことよりもまずはここからだよの意味で「(質問とは関係無い事で)違う話」をするのだと思います。その際「絵に手を加えられ」るんですよね。それが話しの具体的な内容であり、上達への実地指導になっている筈です。

    ユーザーID:8751256299

  • 「学ぶ」とはー2/2

    「絵に関してはまったくわかりません」とのことですが、例えば書道、音楽(歌唱でも楽器でも)、華道、舞踊、文芸(詩歌、小説他)、何にせよ“素材”を用いてナニカを“表現”する活動をしたことはないのですか?
    そのとき、学ぶこと、習得するとはどういうことでしたか?「上達」とはなにか、どんな概念で捉えられていましたか?

    筆記用具を持てば字は書ける、声が出せれば歌える、見よう見まねで楽器は鳴る、花を瓶にでも挿せば“花を活け”たことにはなる、クルリと回れば踊りに見えなくも無い・・・
    そんなレベルと、ナニカを“表現”できることと、どれほどの隔たりがあるのか、更に、表現したいことが表現できるようになるまではどのくらいか、そもそもできるようになれるのか、絵画だって学ぶことにおける基本構造は同じです。
    (実は、学問、研究にせよ仕事にせよ、この基本構造はほぼ同じなのです)

    先生の話しを正面から受け止めて、加筆部分と合わせて考えれば何を伝えたいのかが解る筈です。
    中一娘はともかく、トピ主は解らなければなりません。解らなければ一緒に学びましょう。上述した通り、絵画でなくてもいいのですよ。

    ユーザーID:8751256299

  • それはデッサンです

    泣いちゃったんですね。可哀想に……。お嬢さんは感受性が豊かなんですね。
    他の方も言っておられるように、まずデッサンです。デッサン力は理系でも美術系でも将来どの道に進んでも「あってよかった」と思う能力ですので、美術の科目のある予備校などに行けばいいのではないでしょうか。
    ちょうど主さまのお嬢さんと同じ年の頃、スーパーモデルブームというのがあり、大はまりして海外のファッション誌を買い集めました。集めただけでは気が済まず、カッコいいファッションフォトを鉛筆で模写したり、似顔絵を描いたり、モデルの顔をデフォルメして漫画を描いたりしてました。今思えば、この経験を通じて構図やデッサンの勉強ができたと思います。
    いい絵をたくさん見るという意見もありましたが、まったくその通りです。いい絵に限らず、カッコいい写真やスゴイCG、面白い映画を親子でたくさん見てください。見て感動したことを自分なりに紙やキャンバスの上に表現するのが「絵」だと思います。
    将来が楽しみですね。

    ユーザーID:9082970552

  • トピ主です 沢山のお答えをありがとうございます

    まず、質問にある基礎から始めないのか?については油絵から始まりました。
    私もデッサンから始めるものと思いましたが、そうではありませんでした。

    デッサンに関しては、一時勉強をしていました。
    美術高校入試を担当していた先生から教えていただいていたので、それなりのレベルではあると教室の先生からも判断されたようです。

    教室に先生が複数いる事により、先生が修正した部分に関しても「違う」と言われたり、他の先生が修正した事実を伝えると「好きにすれば」と言われたそうです(同教室の生徒さんに確認済み)。

    その修正部分に関しては不乱軒さんの書いている、事には当てはまりません。
    詳細を省かせていただきますが、教室生徒の絵を見る機会に専門分野の知り合いにも見てもらい、先生が描きたい部分を描いているという感が否めません。

    各先生の考える事が違うのは、仕方が無いと思うのですが、毎回の対応に?がついてしまいます。
    なので、娘の希望している陰影の有る絵の描き方について質問させていただきました。

    私が見てわかるのは色の深みが無いという事です。
    字数が限られますので、続きます。

    ユーザーID:5764303291

  • レス読みました

    受験絵画と趣味のお絵描き教室の絵画は違いますから、そこが食い違っているのではないでしょうか。趣味のお絵描き教室であれば油絵でもまずはデッサンから、それができないうちはやらせない、という様な事は無くいきなり油絵から始めるのもよくある事です。そして、「本人がいいならいい、好きにすれば良い」という世界です。

    お嬢さんがやりたいのは、例え受験するのではなくても、いわゆる受験絵画のような物が描きたいように思えます。それでしたらそういう人がいく為のところに通信で学ぶとか高校生になったらいくと貸してもいいかもしれませんね。

    色の深み……ほんの少しの反対色を混ぜてみるとか。深みが濁りにならないように隣り合う色を気をつけつつ。

    ユーザーID:4756868867

  • やっぱり基礎は

    友人の通っていた所が好きに楽しく!という感じでした。
    でも、初心者がそれではいくら描いてもうまくならない。
    少しも上達しなければ楽しくない。家で一人でやっても同じ。
    だから初心者はしばらくたつとどんどんやめていったそうです。

    バレエでもたいして教えてもらえず、うまくなってないのに、やたら豪華衣装で発表会とか、聞きますね。

    予備校みたいなところは、受験しない人は受け入れてくれるんでしょうか。
    OKだとしても、費用がかかりすぎて実際無理でしょう。


    子供の小学校の先生が「学ぶはまね(真似)ぶ」何でも初めは真似をするところから始まるとおっしゃってました。
    昔の作家さんは師の文章を写してまず学んだそうです。
    書道で自由な書体をと言われても、まず止めやはねの基本がわからなくては自由に書きようがないですよね。

    やはりオリジナリティだの表現だのは、基礎学んだ上での話だと思います。
    スポーツもそうですが、初心者にはある程度の段階までコツを教えてくれる師が必要ですよね。


    趣味だけど本格的に教えてくれる先生って少ないんですね。

    ユーザーID:8788082661

  • 自由に

    二科展作家で市展の審査員です。

    『子供のうちは自由に描く』これは鉄則だと思います。
    小学生の時、人は素晴らしい作品を生み出します。
    中学1年くらいまでは自由で芸術的な絵を描きます。
    自由に描きなさい、というのは、そのことだと思います。

    絵の鉄則を述べておきます。

    ○何を描きたいか、何に感動したかを明確にし描くこと。

    ○色を混ぜずに『置いて』いく。

    ○乾いてから次の色を置く。

    ○色は変える度にボロ布かティッシュで筆の絵の具を拭き取り、筆洗液ですすぐ。すすいでから再度布で水気を拭き取り、次の色の絵の具を重ねて置く。

    ○乾いてからの作業になるの1枚描くのに2、3ヶ月はかかる。
    同時進行で何枚か描いてもいい。

    ○仕上がりは焦らない。

    ○綺麗な色を使う(混ぜて色を使っても可)

    ○ルフランやウィンザーニュートン等、発色のいい絵の具をポイントに使用すると仕上がりが綺麗。


    キャンバスの上では絶対に色を混ぜない。
    色を作る時はパレットの上、を励行すれば彩度の高い綺麗な仕上がりになります。

    ユーザーID:7240627123

  • 二度目です

    せっかく一度目書きましたが、スルーされてしまったようですね。
    基礎のやり方を書いたのですが。



    >デッサンに関しては、一時勉強をしていました。

    一時勉強しただけでは、身に付きません。
    ある意味一生続けないといけないくらいです。
    プロスポーツ選手だって、毎日ランニングから始まるでしょう?



    >娘の希望している陰影の有る絵の描き方

    何度も申し上げている通り、デッサンをしなければ出来ません。
    光の角度、強さ、ハイライト、モノの陰、落ちている影、照り返し、反射、モノの質感……
    それら全てはデッサンでしか体得出来ません。

    何枚か描けば終わりというものでもありません。
    本気なら毎日1枚を1年間続けてください。
    段々とモノが見えるようになります。


    一つ、やり方をお伝えします。
    グレーの色紙と白いパステルを買って来て、デッサンします。
    そうすると、今まで白い紙に鉛筆で「影」を描いていたのが、
    「光」を意識して描くようになります。
    絵とは光を描くのだ、という事が分かります。

    ユーザーID:1672779245

  • 都会?

    かなり特殊な状況のようですが、都会の私立中ですか?
    あ、まさか外国じゃないでしょうね。外国だと全然分かりませんよ。

    日本の都会なら、予備校美研等に中学コースあると思いますよ。
    ウチは首都圏じゃないけどあるもん。中学ならそんなに高くない、と思います。
    ウチの中一娘、去年夏講に行って、今度春講に行きます。下手だけど。
    美術部だから少しは上手くなりたいってさ。

    ウチはヘタレなので長期休暇だけの講習ですが、
    学期中のちゃんとしたコースも、娘みたいな「受験用じゃないけど上手になりたい」という子も受け入れてくれます。
    2コースあって、1コースは美高受験用のデッサンばっかりのブリバリ。
    もう1コースはデッサン主体だけど、クラフトとか水彩とか色々する(楽しい)受験じゃないコース。
    でも、美高受験しなくてもブリバリコース受け入れ可です。最初から美大受験照準の子もいるもんね。

    他レスにあるように、そういう所でガリゴリデッサンやったらどうでしょ。
    色に関しても、夏講でテキスト貰ったのが、なんかすっごい理論派で面白かったです。
    読む人が読んだら随分役に立つんだろうなーと。

    ユーザーID:9648050263

  • 自力でやるしかない

    音楽や絵は人に聞いても無駄。
    上達のコツなどない。
    大泣きしてでも毎日5時間ぐらい書くしかない。
    それができないのなら向いてないってことです。

    陰影のある絵なら陰影をつければいいだけ。
    絵が好きなら何時間でも書ける。
    照っとり早く上達したいなど
    先生に質問したら解決するとでも?
    絵をナメてます。

    もっともっと苦しんでひたすらカンバスに
    向かいなさいとしか言えません。

    ユーザーID:5629733460

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧