• ホーム
  • 話題
  • 空手部、剣道部、柔道部、少林寺拳法部などだった女性の方に質問

空手部、剣道部、柔道部、少林寺拳法部などだった女性の方に質問

レス11
(トピ主3
お気に入り23

生活・身近な話題

らんラン

こんにちは。
お正月に帰省した際、高校の部活動(空手部)のOG会に出席し、当時の練習は大変だったねという話になりました。

朝練、昼練、夕練とあったのですが、特に辛かったのは、それぞれの練習前にあったランニングです。
女子は朝2Km、昼1Km、夕3Kmがノルマで、一年中、空手道着に裸足で走るので、冬は霜柱を踏んだり、時々雪が残っていたりして、常に霜焼け状態でした。

夏は地面からの照り返しが強いし、道着を練習ごとに替えても、夕練の頃には汗だくなって、武道館全体が何とも言えない匂いになってしまったり・・・。
しかも武道館内では制汗剤や消臭スプレーの使用禁止という決まりがあったので、男子部員ゼロだったのに、真夏は凄く汗くさかったですね。
この辺、剣道部の友達とも共通する話題です(笑)

夕練の後は型と組手の稽古・・・と言っても道場が狭かったので一年生の頃は型を少し練習して、ひたすら校庭ランニング。

寒合宿では川に入って突きの稽古を繰り返したり、夏合宿では熱々の砂浜を延々とランニングしたりと、今では考えられないような思い出です。

皆さんの中で、学生時代に空手、剣道、柔道や少林寺など武道関係の部活に入っていた方はいますか。
どのような練習を当時していたか、どんなことが辛かったか教えて頂きたいと思います。

ユーザーID:7008758075

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 剣道部

    小中高と剣道部です。道場にも通ってました。
    ともかく冬の朝練の寒さが厳しかったです。薄着だよ裸足だよー!

    そこそこ成績を残せる強さだったのですが
    道場でG(虫)を踏んでしまったときはやめようかと思いました…
    でも女子部の白袴のかっこ良さは自分でも2割増しだと思います(臭いけど)。

    段持ちですがいまでは先生と手合わせや、
    子供の相手程度でたいしたことはしていません。
    でも雨の日の傘とか、棒状のものを持っていると妙に気が強くなります。

    ユーザーID:6122639723

  • 柔道部でした

    練習はそこまで人数が多くないので、普通に 受身→寝技→乱どり って感じで
    練習してました。
    市内では割と強い学校でしたけど、そこまでキツくなかったです。

    ただ男女混合での部活だったので、梅雨時期の男子のカビの生えた胴着を掴んで
    技をかけたり、カビの生えた胴着で寝技掛けられたりするのはきつかった。
    夏はカビは生えないけどとにかく汗で臭い。
    女子はTシャツ着ているからよほど良いんですけど、男子は襟を持つだけで
    胸らへんがヌルヌルするんですよ、いやぁきつかった。

    隣の剣道部は夏の小手の匂いがやばかったですね。
    手が臭いって言ってかがされたりしました。

    ユーザーID:7227975047

  • トピ主様ほどではないけれど。

    私は、高校時代剣道部でした。
    その当時、インターハイも毎年出場するほどの強豪校です。

    朝練・夕練だけでしたが朝練後の授業中、手が異常にクサかったのを覚えています。
    冬のしもやけ、よく学校の机の脚でふんでカユミをこらえていました。
    部活終了後の雑巾がけでは、バケツの水が凍ってましたっけ・・・。
    休みは元旦のみ。足の裏や手にはでっかいマメができて、常に痛かったです。
    男女一緒の部活ですが、女子の先輩もオッサンのようで、声もガサガサ、すごく
    怖かったです。
    髪もいつもモンチッチでおしゃれも何もあったもんじゃない、恋愛も禁止です。

    何より嫌だったのは、クサイ部室で全員そろってお弁当を食べなければならなかったこと。
    毎日、日誌を書かなくてはならなかったこと。眠かった〜

    今はオバサンになり、その当時先輩だった方とママさんバレーしてますが、
    「もう剣道だけはぜったい嫌だよね〜」って話してます。

    ユーザーID:0967727902

  • 学生時代少林寺してました!

    冬は寒稽古があり市内の一級河川に膝までつかり、気合を入れたり、
    夏の暑中稽古に本山合宿(香川県多度津に少林寺の本山があるんですよ)。なつかしいですね。なんどもやめたかったです…。

    ユーザーID:9913852251

  • 合気道ですがいいですか

    過酷な練習と言えば、我が合気道部名物の『真夏の百回前受け身』ですね。

    毎年、夏合宿の時に、目玉焼きが焼けそうなほど灼熱のアスファルトの上で、前受け身(もしくは、飛び受け身)を百回連続でします。(もちろん裸足)
    一応、女子部員と新入部員は、初日は10回、2日目20回、最終日百回と、少しずつ慣らしていくのですが、
    2年生以上の男子部員と、女子部の主将と副主将は初日から百回、最終日は倍の二百回でした。
    私の上や下の学年には、それぞれ10人以上の女子部員がいたので、主将も副主将も、ふさわしい人がなったのですが、
    私の学年は女子部員が2人しかいなかったので、無理矢理、主将をさせられたので、地獄でした。
    50回くらいまでは意識があるのですが、70回あたりから意識がもうろうとし、頭から落ちているだけの状態になり、90回あたりには死の予感が…(笑)

    しかし、そのおかげで命拾いしたこともあります。
    バイクで高速道路で事故った時に、友人は両足、肋骨2本、鎖骨、頬骨を骨折しましたが、私はかすり傷だけでした。
    地獄の夏合宿、やっててよかった♪

    ユーザーID:3066193878

  • トピ主です

    皆さんありがとうございます。

    いんこさん
    冬の朝練は辛かったですね!常に裸足ですし、道着しか着れないし・・・。
    道場でGを踏むなんて、ぞっとしてしまいますね。

    Gではないのですが、ランニングコースに銀杏の木が何本もあり、秋はギンナンを踏みながら裸足で走るので、足がクサくなります。
    雑巾で足を拭いただけで練習に入るので、道場内が汗と足のクサさで物凄いニオイだったのを思い出します。
    私も白袴は凛々しくて格好良いなぁと感じますよ。
    いんこさんには「これは臭かった」といった思い出はありますか?

    あばらさん
    柔道もかなりクサいですよね。
    しかも男女混合とは!真夏の寝技はキツいですね。

    胴着って洗わないと、すぐにクサくなりますよね。
    夏休みなどに、同じ胴着を朝から夕方まで着ていると汗が染み込んで、夕方には物凄く汗臭かったのを覚えています。
    制汗剤も道場では禁止だったので、みんな滝のような汗をかきながらひたすら練習。女子高生だったのに、全然女らしい生活ではなかったなぁと思います(笑)
    あばらさんには柔道の練習で、これは辛かったというものはありますか?

    ユーザーID:7008758075

  • トピ主です2

    ひかっさん
    休みが元旦のみ!さすがインターハイ常連校ですね。
    女子の先輩も怖かったなぁ。
    大会直前は気合が入っていたから、気の抜けた練習をすると怒られました。
    ひかっさんは高校から剣道を始めたのでしょうか?
    私は運動部に入る事自体が初めてでしたので、体育会系の厳しさに慣れるまで時間がかかりました。
    あと、足の裏が凄く硬く厚くマメだらけになりましたね。

    部室でお弁当というのも凄いですね。
    夏休みは武道館でお昼を食べていましたが、あの汗クサさと疲労の中だと、どんなに美味しい物を食べてもマズくなります(笑)

    真冬の雑巾がけもキツいですね。
    掃除にも厳しく、武道館の入口に靴が散乱していて、罰として一日中裸足ランニングの日もありましたね。

    ペリーさん
    少林寺拳法部とは時々合同練習をしていましたので、親近感があります。
    真冬の川の中はキツかったですね。霜焼けになるし、足の感覚がなくなりましたね。
    私も何度も辞めたかったのですが、中学時代に部活を中途半端に辞めてしまった後悔があり、空手を続けました。
    ペリーさんは辞めたい時、支えになった物・事はありますか?

    ユーザーID:7008758075

  • トピ主です3

    ことみさん
    裸足でアスファルトの上で受身!全身が痛そう&熱そうです。
    しかもことみさんは主将だったのですね。
    初日から100回というのは想像しただけで過酷です。

    「目玉焼きが焼けそうなほど灼熱」という部分は本当に共感できます。
    真夏の裸足ランニングは足の裏から熱気が伝わり、いつも水ぶくれ状態でした。小石やガラスの破片を踏んだりした時は辛かったですね。
    一夏終わる頃には、足の裏が凄く硬くなって、真っ黒になっていました。

    部員が少ないと、どうしても一人当たりの練習量が増えますよね。
    空手部も3学年合わせて、7人程度の部活だったので、常に先輩の目が光っていてサボれませんでした(笑)

    事故で命拾い!本当に合気道をやっていて良かったですね。
    空手のお陰で根性はついたかな・・・と思います。
    仕事などで辛い時は当時の練習を思い出して頑張ったりしています。

    ことみさんの代は女子が二人しかいなかったのですね。
    辞めたいと思う事はありませんでしたか?

    ユーザーID:9915760509

  • 辛かったのは

    基礎練習でしょうか。

    畳の上で腕の力だけで前進とか。(お腹から足は畳につけてワニ状態)
    地味なんですが、往復20本もやると両腕の前腕部が全部擦り傷状態の上、火傷を併発して痛いの痛くないの。

    更にその状態で腕を肩の高さまで挙げて、腕を伸ばしたままリズム良く20分位声だししながらぐっぱぐっぱー(なんていう運動なんでしょうね?)
    これ、かなりキッツイです。

    他にも色々、火傷と擦り傷を併発する基礎練習がありました。

    あ、ちなみに私も受身のお陰で交通事故に会った時に無傷ですみました。
    ボンネットに残った跡が明らかに前回り受身の手の位置だったんです。
    それ以来、出かける時は親に「車壊すなよー」と言われるようになりました(涙)

    ユーザーID:7227975047

  • トピ主です

    あばらさん

    レスありがとうございます。
    聞くだけで痛そう&熱そうな練習ですね。
    柔道などの武道系の部活をやると、根性つきますよね(笑)
    練習そのものよりも、走り込みや基礎練など体力作りのキツさが半端ないですよね。

    私は合宿時の砂浜走り込みが辛かったですね。
    合宿最終日、顧問がヤメと言うまでずっと砂浜をランニング。
    その後、延々と組手を砂浜でやります。終わる頃にはみんなヘトヘト。

    でも、そのお陰であばらさんは事故に遭った時に無傷で済んだのですね。
    受身は何かあったときに役に立ちますね。
    あばらさんは「キツい練習をやっていて良かった!」という思い出はありますか?

    ユーザーID:7008758075

  • 辞めたいと思ったことは100万回あります(笑)

    自分で言うものなんですが、我が合気道部史上最悪のダメ主将でした。

    根性も忍耐力もなく、すぐに泣く、どうしようもない人間でした。
    合気道をよく知りもせず、袴の格好よさに魅かれて入部しました(バカですね)
    入部当初から『明日こそ辞めよう』と毎日思いながら稽古していました。

    私の代にはもう一人女子部員がいたのですが、その子ではなく私が主将になったのは、その子が生徒会会計で、生徒会執行部と部活の主将は兼務できない決まりがあったからです。
    私が途中で主将の責任を投げ出せば、2年生の子が主将に繰り上がる予定でした。
    その子は小学生のころから道場に通っていたので、私よりはるかに適性があったと思います。
    実際、私のダメっぷりは校内でも有名で、今年の女子合気道部の主将は大丈夫かと、他の部の先生方から心配されていたほどです。
    師範もその辺を察してか、『本当にもう駄目だと思ったら言いなさい。交代させる』と言ってくださっていました。

    こんな私がなぜ最後まで続けられたのか、今でも不思議です。
    私にそんな根性があったとは思えないので、師範をはじめ周りの人たちの支えがあったからこそでしょう。

    ユーザーID:3066193878

レス求!トピ一覧