• ホーム
  • 働く
  • わざわざお金を払ってまで盗作することなんてありますか?

わざわざお金を払ってまで盗作することなんてありますか?

レス54
(トピ主5
お気に入り94

キャリア・職場

とまどい講師

カルチャースクールで「手紙講座」というプログラムの講師をしている者です。

家族・友人・恩師に手紙を書くのを目標に、書いた手紙を生徒同士で読み合ったり、手紙を作品にみたてて展覧会を開いたり、文章上達だけでなく、自己表現や生徒同士の交流を目的に含めている、ちょっと変わった教室です。ちなみに月謝は5000円。私も講師ながら感銘を受けることも多く、涙が出るようなお手紙を拝読するときもあります。なかなか盛況です。

実は、生徒さんの一人に、「何故、来ているの?」と思えるような70代・男性がおり、その方のことで悩んでいます。

毎回、生徒さんは自分の書いてきた手紙を披露するのですが、その方は、文章を書かれるのも得意ではないようで、これまで自分の作品(手紙)を披露することもなく、欠席しがちでした。月謝がもったいないとは思っていましたが、個人のペースもあるし、困った行動をするわけでもないので、こちらからはお声かけをする程度で、ご自身の判断にお任せしていました。

最近、生徒さんたちの書いた手紙を一つの作品と見立てて、文集のような形でまとめようという話が出てきました。その次の週、突然、男性がとても長いお手紙を完成させて持ってきたのです。ところが、それは手紙ではなく、どこかのパンフレットに書いてありそうな内容をそのまま写したかのようなものでした。また、初回に一度だけ書いていただいた手紙に比べると、文章が上手すぎるのです。盗作・剽窃の可能性があるなと思い「この内容では誰に宛てた手紙か分からないので、文集には載せられません」とお伝えしたところ、とても不満そうでした。

男性は、以来、また書いてくれなくなってしまい、私の言い方がまずかったかなと悩んでいます。また、そもそも月謝を払ってまで盗作・剽窃をする理由が分かりません。どのように対処すればいいかアドバイスいただけないでしょうか。

ユーザーID:5700531463

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数54

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 彼はプロじゃないんだから

    その男性は本当に文章を書くのが苦手だったのではないですか?
    やっとの思いでプロの書いた文章を繋げて組み立てたのかも知れません。
    盗作と言われても・・・彼がそれで対価を得るならそうかも知れませんが、彼の場合明かにそこまで行っていないのですよね。
    彼が払っている月謝はいわば「添削代」なのだと思います。
    書いて来た作品を、もう少し彼の作品らしくなるよう指導してあげる事はできなかったのでしょうか。

    ユーザーID:7137749596

  • 自分の文章がヘタだという事実が充分わかっているから

    それでも、何とか良い顔をしたいから、
    評価されたいから、
    講座についていきたいから、
    文章のヘタさ加減をバカにされたくないから、
    だから盗作・剽窃までして提出するのだと思います。

    月謝を払ってまで通う理由、ですが、
    それは”認知症防止”につきます。

    けれども、どうしようもなく文章がヘタ。

    可哀そうな方ですよね。

    そう思って、許してあげて下さい。

    文集のような形でまとめる、という段階ならば、
    講座の期間はそろそろ終了ということですか?

    今後のその方への対応ですが、
    今迄どおりで宜しいと思います。
    当たり障りなく、ということですね。

    ユーザーID:0473245584

  • 根拠のない決め付けはどうかな?

    現状では疑わしいだけで盗作かどうかは明確になっていません。
    それなのに、その生徒を盗作していることを前提で話をするのはいかがなものかと思います。

    しかも、結果的にはトピ主さんは初回の手紙を見た以降はその人の文章を見たわけではないのですよね?

    それに、講師の割にはお金はしっかり取っておいて何もその方に具体的な指導はしていないのですよね?
    作品が盗作の疑いがあるからといって、ただ切り捨てるというのは講師という立場から言うと違うのではないでしょうか?

    文章がほとんど書けないで辞めずに続けているということは仲間になりたいということでしょう?文集の形にまとめようとする時に作品を出そうとしたということは、自分も仲間に入れて欲しいという意思の表れではないですか?
    そういうのを汲み取って、文集に載せられるように改善させるように誘導するというのが講師の役目なのではないですか?誰に当てた手紙かわからないのであれば、わかるように書き直させたり出来たはずです。

    そういうのを盗作の疑いがあるからといって切るだけというのは、トピ主さんがその方を排除したがっているように見えますね。

    ユーザーID:9437402117

  • 「盗作」なんて大袈裟な。その方はきっと…。

    これはもう、
    「高齢者対応の域」と思います。

    他にも勿論高齢者さんはいらっしゃるのでしょうが、

    その方は、

    「評判のカルチャースクールで何がしかを習っている」自分の事が大事で、

    手紙や文章に興味がないのだと思います。


    「月謝払って盗作」ってオーバーと思います。

    ユーザーID:7419445936

  • まずは盗作・剽窃かどうか検索すべき

    文集としてまとめるとなると、月謝を払っている以上作品を出したいと思うでしょうし、知識がなければ盗作・剽窃の何たるかさえわからないでしょう。

    トピ主さんは『可能性があるな』と思われただけで実際には調べられていないご様子。
    本来なら「文集として出すため皆さんの手紙は盗作・剽窃がないか調べさせていただきます」と公表しておき、その上で生徒さんにその事実があったならば、その通りにお伝えすべきであったと思います。

    今後の対処としては、その生徒さんは以前の状態に戻っただけなので今まで通りでよいと思います。

    ユーザーID:8812042767

  • 子供の宿題

    読んでいて、子供の宿題みたいだなと思いました。夏休みに何か作る宿題が出たけれども、上手に作れないから、市販のものを出品した・・・・みたいな?

    その男性の立場になって考えると、単純に手紙を上手に書けるようになりたい気持ちで入会したのでしょう。

    しかし、文章と言うものは、そう簡単に目に見えるような上達は難しい現実にぶつかり、欠席がちになり、文集に追い詰められ、苦肉の策で盗作まがいのことをしたように想像できます。

    講師と言う立場では、盗作は許されないことだと思います。月謝を払ってまで、なぜ?という疑問しか湧いてこないことでしょう。

    男性のよいところだけを見て、ほめてあげることはできませんか?得意な方だけが習いに来るわけではありません。あきらかに向いていない人も習いに来る権利があります。お金を払っているのですから。

    私自身、絵がうまくなりたくて教室に通っています。正直言って、クラスで一番下手です。見れは、一目瞭然です。私はもちろん、先生も周囲の生徒さんたち全員が知っていることです。でも、先生は「色がいいですね。」とほめてくださいます。ダメな生徒を見捨てず、温かく迎えてあげてほしいです

    ユーザーID:6699432062

  • う〜〜ん

    非常に失礼なレスですが、単なるカルチャースクールの「手紙講座」に趣味で通っている70歳過ぎの高齢者に対し「盗作」と断定し文集に載せないなどと言う事はいかがなものでしょうかね。盗作と判断した根拠を示されたのですか。盗作と断定するからには正しい根拠を示さないと講師として笑われますよ。私も二十年近く某カルチャーに通いかなり著名な、その道で何冊もの著作をされている先生に師事しましたが、その先生ですら「盗作」という言葉はお使いになりませんでしたよ。何故なら出版されている全ての作品及び文章を正しく完全に記憶していないので。「類似」という言葉を使い「先人にこういう作品・文章があるので気を付けましょう」言うだけでしたよ。生徒さんにやる気を出させるのがカルチャーの講師じゃないのですかね。大学や学術の専門勉強会ならともかく。トピずれですみません。

    ユーザーID:8383795763

  • 絶対に盗作なんですか

    もし 盗作じゃなければ本当に失礼すぎですよね。

    むしろ 載せてしまって他の人からの感想を聞いたほうがよかったと
    思います。
    盗作だったら 恥をかくのは本人なので反省にもなると思うんですが。

    盗作と決めつけるのはどうかと・・・

    ユーザーID:6270555291

  • 恐らく…

    出会いが欲しかったのでは?

    主様が悩む必要は有りません。
    参加するも辞めるもその人の判断ですから。

    月謝を返せ!と言ってきてるわけじゃないでしょ?

    もし、両親の呵責が有るのなら、その男性へ連絡して
    ”欠席がちですけど月謝がもったいないですから、退会するなら、手続きをお願いします”

    ただ、気を付けないと思うのは、”連絡が来た、私のコトを気にかけている”と勘違いされてストーカー化する事です。

    出来る事ならカルチャースクールの事務局の男性から連絡してもらった方が良いです。

    ユーザーID:7048351109

  • やりたいことが違う?

    その男性は手紙の書き方を教えてほしかったのでしょうか。 
    あるいは 読みあったりするするのは嫌だとか。
    でも みんなで文集を作るのに自分だけ載せないのは面白くないから 何かを写してきたとか。

    月謝が無駄になるのは本人の責任ですけど 気になるならもう一度 講座の内容を説明されたらどうですか。
    それで納得して続けるというなら 書いたものを指導すればいいし
    書く相手がいないというなら 特例として 作家の手紙(いわゆる 名文 みたいなもの)を書かせて 
    文集に載せたらどうでしょう。

    ユーザーID:2972941103

  • さて

    単純にちやほやされたい、手紙ではなく手紙を書く古風でおくゆかしい女性が目的だが今現在教室に狙っている女性はおらず、獲物待ち・・・など、色々ありますね。
    ただ、盗作は確定したわけではないようですし、もういちど文章を書いてもらえるよう、すばらしい作品だったと褒め称えてみては。
    本当にその方の作品なら、目の前で同じように素晴らしいものができるでしょう。

    ユーザーID:4072522876

  • 言ってしまった言葉は消せない

    人の心は紙ではありません。もうちょっと他の言い方があったのではないですか。

    ユーザーID:2738302584

  • どうして断定したのでしょう?

    言葉を業にしている方なのに、何とも浅はかな事をおっしゃいましたね。
    どうして頭ごなしに盗作と決め付けてしまったのでしょうか。

    もしあなたの指導のおかげで文章力がついた、
    一生懸命書いた入魂の一作だったとしたら、
    あなたはどうお詫びするのでしょう。

    万一盗作だったとしても、
    生徒さんの人格を踏みにじるような言い方ではなく、
    指導的に提案するような伝え方は出来なかったのでしょうか。

    ユーザーID:9747401891

  • 講師って指導するのがお仕事では?

    その方が何故来ているのか?って。
    手紙を書くことが上手くなりたいからに決まってます。
    例え他の受講生のレベルとは格段に劣っていて、トピ主さまから見てスタートラインにも立っていないレベルの方だとしても。

    トピ主さまはそれを指導なさるのがお仕事ですよね。トピ文を読む限りではお月謝だけ払わせて何の指導もしていないように見えますが。

    どのように対処すればいいか→その方のレベルに合わせて何らかの指導をなさってください。それができないのであれば、「あなたを指導する能力が私にはないので」と正直におっしゃってやめていただきましょう。

    意を決してお教室に臨むも、他の方のレベルが高すぎて途方に暮れてらっしゃるその生徒さんの姿が思い浮かび、お気の毒でなりません。

    ユーザーID:3728933900

  • おかしな断り方ですね

     「誰に宛てた手紙かわからない」と文集に載せられないという理由が全く意味不明です。が、それは講師のポリシーとして置いておきましょう。

     トピ主さまは盗作だと思っている(そうとう偏見入っていますが)から載せたくないのですね。案外、怪しい人はちゃんと自作、まさかという人が盗作しているものですよ。
     最低限のリスク管理としては、文集に掲載予定の生徒さん全員に、「確かに自作未発表である」旨の一筆をもらうことです。文章を公表することに対する責任を、講師としてきちんと説明してください。

    ユーザーID:3834550385

  • ちょっとわかるかも

    気持ちはわからないですけど……


    一頃盗作じゃないけどオリジナルでないブログってありました。
    ミュージシャンのファンブログなんですが、
    普通はライブの感想やCDの感想を中心に書くんですが、
    そのミュージシャンの歌の歌詞を全部書き写してる人、
    よく見かけました。

    著作権問題も一応ありますが、
    歌詞を全部写して「この曲好きなんです〜」と一言添えただけ、
    という記事を見かけるたびに何で書くのか意味不明でした。
    ファンならタイトルだけ書いてくれればわかるし、
    その方が書くの楽だと思います。

    ただはっきりしてるのはそういうタイプは文章書くのが苦手らしいです。
    それなら何故ブログやるのかが今もわかりません。

    ホント、何でなんでしょうね。
    そして苦手な人程長い文章書かなきゃ!と思うので、
    3行の手紙みたいな講義されてはいかがでしょう?


    文集に関してはそのままでいいと思います。
    盗作したとして1番それが気になるのはした本人だし、
    しても気にならない人ならそういう人ですから放置。

    ユーザーID:3769488899

  • 何の証拠もなく盗作と決めつけるのはどうかと思いますが

    人を中傷誹謗するならば、ちゃんと調べて根拠を明確にしてください。

    私は自分の興味のあることについては大変文章が上手くイキイキと書けるが
    自分の興味のない事はグダグダの文しか書けない子供でした。

    あなたのようにいつもの文章と違うからと
    親に書いてもらったと決めつける先生などに大変不快な思いをしました。

    その方の作品をどのように直せばいいか指導することもなく切り捨てて、
    本当にその作品がその人のオリジナルだった場合にどれ程嫌な思いをするか
    考えなかったのでしょうか。

    文章に携わる人はその影響力を知っていて慎重に言葉を発する人が多いですが、
    ここまで言葉に鈍感な人が講師をしているのが残念でなりません。

    ユーザーID:6863984773

  • ありがとうございます(1)

    レスポンスありがとうございます。トピ主です。小町の皆様のご意見、本当に、参考になりました。それだけにもっとやりようがあったのではないか…という後悔が押し寄せてきます。

    まず、私が男性の作品を盗作・剽窃と決めつけているというご指摘ですが、確かにそういうところはあったと思います。ただ、こればかりは本当に経験上ということしかできないのですが、すべてご自身で書かれたものではないと思います。手紙とは言い難い形式で、とある寺院の由来書・観光案内のようなものでした。また、仮に、ご自身で書かれたものであったとしても、手紙を綴った文集に載せるには違和感がありました。

    自己弁護にしかなりませんが、精読・指導もせずに突き返したわけではありません。1資料的価値があり興味深い内容だった。2しかし、資料集として受け止められてしまう可能性があるので、誰かに宛ててこの文章を送るという形に直し、ご自身の視点や経験を取り入れて書き直してほしい。どうしても載せたいならば、出典を明記してほしい。と申しあげました。

    ただ、その方のお年や心情を考えれば、そのまま載せてしまうという選択肢もあったかもしれません。

    ユーザーID:5700531463

  • かわいそう

    本当に盗作なんですか? 調べた上で確定ですか?あなたが勝手にそのように感じただけですか? 盗作だったとして他に言い方はなかったですか? それをヘルプするのが5000円も頂いているインストラクターの仕事だとばかり思っていました。

    70代・・・想像してしまいました。自分の父親がどんな理由(手紙が上手になりたいのか、他人と交流したいのか、出会いが欲しいのか)であれそのような場所にいって慣れない中で手紙をかいたのをそのような言い方で却下される姿・・・悲しいです。 

    手紙を書く様に思いやりをもった言葉をかけてあげたほうが良かったのではないでしょうか? きっとトピ主さんが手紙をかいたら盗作を断定するような事は書かないのではないですか?

    ユーザーID:0298833077

  • 盗作ですか?

    講師業なので言葉は気を付けたほうがいいと思います。ご本人にはまさか言ってないと思いますが、『盗作』だなんて。

    不適切だと思うなら添削すればよかっただけのことでしょう?

    それがあなたの役割かと思いますが。

    大体、文集にまとめる内容に本当のプライベートな手紙を全くありのままに書く人の方が少ないと思います。

    ユーザーID:5475899622

  • それは先生だから

    トピ主さんの仰ることは分かります。
    長年、先生と言われるプロだからこそ見抜けたんですよね、きっと。
    そうじゃないなら、マニアだよ。

    賞を取る作家も皆様、とても真似できない程の文章力がおありだが、
    特徴がある。
    私と特徴が似ている田中康夫先生は(申し訳ありません)「です、ます」調と「だ」調を同じ文脈に組み入れる。
    これで文章に抑揚をつける。
    プロはプロで、下手は下手で何かしらあるのに、急には行政が書く文章は書けない。
    盗作だと疑われる要因だ。
    その高齢者も下手でもいいから、見栄や目立ちなんて思わなきゃ良かったのにと思う。
    作文を親に書いて貰う子どもはアイデアがないからだろうが、
    成人は褒めて欲しい、目立ちたいからだろう。

    トピ主さんは講師とはいえ先生なのだから、対応は間違っていなかったと思う。
    学生なら問答無用で突き返される。

    カルチャースクールで習う立場の生徒が普段の素行も不明確なのに、不貞腐れるなんて。
    それこそ辞めて頂いていいんじゃないの?

    ユーザーID:7851616365

  • そこは指導のしどころでしょうに

    「手紙講座」なんですよね。
    わざわざお金を払って講座を受けるのは、
    文章に苦手意識があるからでしょう。
    それを「お金を払ってまで盗作」というのは
    ひねくれた見方だと思います。

    苦手だから講座を受けたけれど、やはり上達できずに、
    卒業制作?も自力では仕上げられなかったのでしょう。
    それでも「提出しなければ」と必死に書いてきたんだと思いますよ。
    その時に手元の何かを参考にして書いたのでしょうね。

    カルチャースクールなら、厳しく指導するより
    楽しく優しく対応してあげて欲しいです。
    手紙講座の最後に手紙を書けないでいる生徒がいたら、
    「載せられません」ではなく
    「ココをこうしたら手紙の形式になりますよ」であって欲しいです。
    そうでないと怖くて高齢者に講座の受講を勧められません。

    ユーザーID:7515300576

  • 違和感

    追加読んだけど。

    指導したって言ってるけど結局その1回ですか?それって指導になってますか?

    できないのは仕方ない。強制的に来てほしいと言えないのはわかっています。
    けどしつこくない程度に誘うとか声をかけるとか励ますとかもしてないんですよね。それって仕事してるって言えるんですか?

    迷惑かけてこないからいいって冷たいですね。

    タイトルが「盗作」ですか。その方にまさかストレートに盗作したのかって聞いてませんよね?かなりショック受けてますよ。

    何で教室に通うのか。往復したら体力向上にいいとか、人の中にいる時間を作ると脳が活性化されるとか。ただ家の中にいるより絶対いいですよね。
    孤独もまぎれるかもしれません。

    その方が教室に入った理由はわからないけど、絶対ここから書いたんだろうとかの証拠があるわけでもなく、理不尽な理由で掲載しなかった。

    思いやりがなさすぎじゃないですか?もっとほかの方法があったと思います。

    ユーザーID:4317475263

  • 背景もありますし…

    彼についての想像ですが。
    ・プライドが高いので、文章を書くような知的な集まりに参加したかった。
    ・とはいえ、エッセイや創作など、創造性が要求されるところは無理だと思った。
    ・本来なら郷土史などの集まりに行ったほうがよかったかもしれないが、自分より若い男性講師にお説教をされるのは嫌だった。若い女性教師なら、自分をたててやさしく教えてもらえると期待した。
    …こんな感じだったのでは?

    ・しかしやってみたら、手紙位なら自分も書けると思ったが、特に用件もないのに書くなど経験したことがなく、ましてや心情を込めて伝えるなど、実は最も苦手とすることだった。
    ・「それに、誰にあてて書くのか。その相手がいるくらいなら、俺は手紙なんぞ書いていないで会いに行くよ。昔の友人は連絡が途絶えたり、亡くなったりで、寂しいからここで時間を過ごしているんじゃないか」
    …仕方がないので、好きな分野の資料をまとめてみた。

    「歴史にお詳しいんですね。この内容のことを年下の友人、たとえば私にあてて伝える形式にしてみませんか。そうですね、書き出しは…」と指導してあげたら良かったかもしれません。

    ユーザーID:6761465603

  • そんなに目くじらを立てなくても

    文章を習うなら、初心者は模倣からではないですか。
    誰かの、文章を真似て書いてみる。

    手紙のお手本はなかなか無いので
    目に付いた文章が、たまたまパンフレットしかなかったので
    その生徒さんは、パンフレットに書いてある文章を書いて提出した。

    主さんは、講師=先生ですから、これは手紙ではないので
    例えば、奥様に対して、旅先から手紙を書くつもりで
    このパンフレットを元に書いてみましょうとか
    指導の方法があると思います。

    盗作だからと、全員が掲載されるはずの文集に載せないのは
    講師である主さんの指導不足を見せているようなものです。

    高齢になれば、誰かに手紙を書くというのもですが
    長い文章を構成して書くのは難しいと思います。

    それでも、その生徒さんは教室に続けて来られるのですから
    高齢者に対する指導方法を考えていくべきですね。

    今回の事は、そのまま放置してしまったと言う所が
    主さんの勉強不足だったと言うしか無いと思います。

    高齢の生徒さんには、ヒントを多めに伝えて差し上げるなど
    工夫をされたら良かったと思います。

    ユーザーID:0614947988

  • うまいこと褒めつつ

    プライドを傷つけられたくないからそうされたのでは?
    先生にうまいこと褒められつつ、いいアドバイスをもらえたら、その人も自信を持ってくれると思います。

    ユーザーID:1162647145

  • 「自分の」文章がかけない人なんですよ

    「自分の」文章が書けない、そういう方、結構いらっしゃいます。
    自分の感情、体験などを書けといわれても、何を書いたらいいのか分からない。自分には何も特筆すべきこともないと思っている。
    年配の方のほうが、そういう「自分語り」ができないという方が多いような気もします。
    ビジネス文書は書けるんです。例文もあるし、慣れてるから。
    今回の「引用」もその感覚なのでしょう。

    講師をされていらっしゃるのに、そういう方をご存じないのでしょうか?

    分かりやすい例を出せば、小説の書き方を知らないから小説の書き方講座に入ったのに、いきなり「宿題で短い小説書いて来い」と言われてるようなものなんですよ。

    トピ主さんは「書いてこい」ばかり言うのではなく、「どんな風に書けばいいのか」「特筆すべきことでなくて良い、ただ、道端に猫が寝ていて気持ち良さそうだったとか、些細なことから書けばいい」などと指導すべきだったのではないですか?

    明らかに、トピ主さんの指導力不足だと思います

    ユーザーID:0535903155

  • ありがとうございます(2)

    レスありがとうございます。少しばかり反論をさせてください。

    頂くレスの多くは「本当に盗作なのか」というご批判が支配的で、私がご相談したい今後どのようにすればいいかということになかなか議論が及ばないのを歯がゆく思いました。しかし、「根拠もないのに盗作と決めつける」というご批判はもっともだと思いましたので、ここ数日、男性が持ってきた寺院に関連するパンフレットを取り寄せたり、資料を集めました。その結果、パンフレットの内容を9割がた書き写したものだということが分かりました。

    また、レスの中に年配の男性に「盗作・剽窃」という表現を用いるのを「大げさ」という方もいらっしゃいましたが、私ももちろんその意図は分かるのですが、よくよく考えてみると、文集に載せないという判断をすることも講師のスキルとして求められていることではないかと思い返しました。仮にトラブルになるとしたら、そのパンフレットを刊行している寺院が私どもの文集を目にする時でしょうが、多分、部数の僅少な文集でそのようなことはめったにないでしょうし、先方も見逃してくださる可能性が高いでしょう。

    続きます。

    ユーザーID:5700531463

  • ありがとうございます(3)

    しかし、私がわざわざ原典にあたらなくても本人が書いたものではないと分かったように、男性のオリジナルな作品ではないというのは、読む人が読めば分かりますし、有名な寺院ですから気が付く人も多いでしょう。それを「年配の方だから可哀想」だけで載せるのは、違うように思うのです。スクールの信用問題にも関わりますし、結果的に、回りまわって男性が傷つく(あるいは、恥をかく)ことだってあると思います。

    ただ、小町の皆様のご意見を拝聴して気が付かされたのは、やはり、お声かけや文章指導だけという私のこれまでのやり方は不十分であり、じっくり時間をとって男性と対話する必要があったのだということです。カルチャースクールの講師といえども教える側の人間としての自覚を持ち、相手の内省にまで踏み込んで対峙するという理解で良いでしょうか?

    私がうまく踏み込めず、及び腰な対応をしてしまった原因を考えてみますと、男性が私より40歳以上も年上であること、また、プライドも高そうで私のような若造の言葉で余計に不快にしてしまうかもしれないという不安からでした。でも、アドバイス通り男性とお話ししてみようと思います。

    ユーザーID:5700531463

  • トピ主さん、変わってますね・・・

    そもそも「手紙の書き方教室」に、人が集まることがびっくりです。高齢の方が多いんじゃないでしょうか。

    みんな手紙を書きたいという欲求はあるのですね。それと、会の雰囲気が楽しいから続くという感じなのでしょうか。

    その方だって、手紙を書きたいという気持ちはあるのでしょう。でも、本当にどう書いていいのかわからない。でも逃げられない宿題が出てしまった。困って、何かを持っていっただけでしょう。それを「お金を払って盗作」という発想になるトピ主さんに、びっくりです。

    「手紙の書き方」なんだから、手紙を書かせることがあなたの仕事じゃないんですか。

    集まっている方は、手紙の書き方というより、自分の手紙を発表したい方が多いようですね。だから感覚がマヒしちゃったんだじゃないでしょうか。普通「手紙の書き方講座」と聞けば、どんなふうに書くのか教えてもらえると思いますよ。ところが入ってみたら、書いた手紙の披露大会になっている。
    その方は、「看板に偽りあり」と不満に思っているかもしれませんね。

    ユーザーID:3277686123

レス求!トピ一覧