最近の米国ドラマを見ていて…

レス17
(トピ主2
お気に入り35

生活・身近な話題

ファラ

主に日本語吹替え版を見ているのですが、台詞が早口すぎて時々理解が追いつきません。
日本のドラマより展開が早いことが多いので、台詞ひとつ聞き逃しただけで意味が分からなくなることもあります。
それでふと思ったのですが、同じ意味を伝える口語体の場合、日本語より米語の方が短いセンテンスで済むのでしょうか?
それともオリジナルの台詞が早口なのでしょうか?
あるいは、ドラマ以外でも米国人の会話がどんどん早口になっているのでしょうか?

米国の日本語吹替えドラマは、昔からいろいろ見ています。
「奥様は魔女」に始まり、「バイオニックジェミー」「チャーリーズエンジェル」「ツインピークス」等々、どの日本語版も最近のように早口ではなく、理解が追いつかないようなことはありませんでした。

ユーザーID:2991948974

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかる、わかる!

    字幕だと目と頭が追いつかないし、セリフの意味に悩んでいると、話がどんどん進んでわからなくなるし。
    字幕で観るとわかるけど、英語と比べたら、めちゃくちゃセリフが省略されてるんですよね。

    全部見終わったら、事件は解決したのに、え?なんで?なんで?って状態。
    小一時間ストーリーを反芻しますもん。

    原語に比べて、圧倒的に日本語訳は省略されてるのは、役者の口数や字幕数の問題でしょうけど。
    昔のドラマや映画でも、意味が通じないことはたまにありましたよ。

    ユーザーID:8429321574

  • 早口

    喋るスピード自体が早いです、
    日本人が想像するスピードの大体2倍です。

    留学して基礎的な英語は出来るのに聞き取れない、
    というのはよくある話です。

    ユーザーID:3685454500

  • 同じです

    同じ番組を見ていても、子供たちは普通に理解していますので、私は多分「老化」が原因ではないか、と自己分析しています。
    悲しい事ですが、主人に言わせると「聞き間違いが増えた」「同じ事を何度も言う」「同じ事を何度も言わせる」事が、近年増えてきている、との事です。
    聞いた言葉をすぐに脳が理解できなくなってきているような気がして悲しいです。
    で、最近は字幕版を見ています。
    私にとっては文字を追っている方がわかりやすいです。

    若返りたい!

    ユーザーID:4092599887

  • 異文化を説明する時は、どうしても文字数は増える

    ドラマはセリフをそのまま英語→日本語に換えればいいと言う訳ではなく、文化や習慣の違いも考慮し、ストーリーも加味した上で、分かりやすい日本語のセリフに訳しています。

    つまり、文字数は増える傾向になります。

    一つの単語を取っても、英語で使われてる意味と、単純に日本語訳にした時の意味とは違うケースも多いですからね。

    ユーザーID:3716368066

  • テレビ内蔵スピーカーの性能が原因

    「台詞が早口すぎて時々理解が追いつきません」と言うより「聞き取りにくい」のだと思います。

    >米国の日本語吹替えドラマは、昔からいろいろ見ています
    私も見ていたので、多分同年代でしょう。

    聞き取りにくい原因はいくつか考えられます。
     1.お気づきのように声優が早口、言葉が明瞭でない
     2.年齢的な聞こえの劣化
     3.テレビ内蔵スピーカーの性能的なもの

    私は3のテレビ内蔵スピーカーの性能が原因してる可能性があると思います。
    薄型テレビになってから、スピーカーが視聴者の方向を向いていない。
    そして人の声を伝える音質が弱体化してる。

    我が家はテレビの音声を別売のスピーカーに繋いでます。ヤマハ パワードスピーカー NX-50です。
    イヤフォン端子に繋ぐとテレビの電源に連動してスイッチがON/OFFします。
    一万円近くしますが、もうこれは必需品です。声がよく聞こえますよ。

    ユーザーID:6505826126

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 字幕を

    同じ時間内に伝えられる情報量は英会話の方が多いと思います。

    英語音声にして、字幕にしていつも観ていますけど、結構飛躍気味の意訳が少なからずありますよ。口の開きの長さに合わせると、ああなるのかしら。英語の情報量を収めきれないのかも。

    トピ主さんも、日本語音声で、字幕を出して観てくださいね。リモコンに「字幕ボタン」がもしないようなら、テレビの取り扱い説明書に出し方が載っていますよ。

    ユーザーID:1729784333

  • きらきら星を歌ってください。

    タイトルの通りです。

    日本語は発音の性質上、母音と子音を一つの音でしか発することができません。
    英語には子音があります。

    きらきら星の歌詞を見てみると一目瞭然です。

    「ド」という音階に対し、日本語で発することができるのは「き」の一文字だけです。
    対して、英語は「ド」に対して「Twinkle」の一語が発せられます。
    理解できますか?

    最近のドラマがど〜こ〜ではなく、元々の言語の成り立ちが違うのです。
    まぁ、米国ドラマは展開が早いのがウリでもあるので、セリフが早いというのは確かだと思いますが、一文聞き逃しただけで解らなくなるというのは、主様もお歳を召されたからではないかと推測しますが、いかがですか?

    ユーザーID:1889734867

  • 日本も同じでしょうけど

    私は個人では吹き替えではあまり観ないんですけど、
    仕事上、どうしても吹き替えで海外のドラマを観ないといけないんです。。。

    海外ドラマの場合、吹き替えにするときに
    日本語として不自然じゃないように、セリフが増えたり
    日本の視聴者のために「説明」的な部分を加えたりします。

    字幕で観ると判るんですが
    実際に聞く英語にはない字幕もでるようになっていますよ。

    日本にはない組織も多いので
    「子どもの弁護をするボランティアの弁護士事務所!」と長く言わないといけないとかね。。。
    これは英語ですと、一言ですから。

    あとは、作品も多セリフ・早展開で時代を変えた「ER」
    さらに「24」以降、テンポの速いセリフと展開が当たり前になってきて
    さらに早口になっているとも思います。

    アメリカだけじゃなく最近はBBCの制作ドラマも早口ですよね
    カンバーバッチの「シャーロック」なんてすごい早口で吹き替えも大変だと思います。

    ユーザーID:5450797820

  • ジャンルにもよりますが

    ジャンルにもよりますが、犯罪モノや医療モノ、
    最近はテロを題材にしたのもあり、このジャンルは
    専門用語が多いので、聞き逃すとわからなくなりますね。
    このジャンルの特徴は展開が早いですからね。

    私も海外ドラマは大好きなので良く見ます。
    早口だという印象はあまりないですね。
    時に吹替えや字幕よりもネイティブの台詞の方が
    ニュアンスが理解できる時もあります。
    聞き取りにくいのは、物語が身に入らない、
    自分にとっては面白くない作品なんじゃないでしょうか?

    評判が良いからと見始めたけれど、なんだか話が入ってこなくて、
    結局自分には面白くないのだと思った作品もあります。

    あとは、主さんの過去の海外ドラマ作品から計るに、失礼ですが、
    年齢的に聞き取りにくくなってきたのではないでしょうか。

    でも、英語の方が日本語より早いのは当たり前というか、
    あれだけ舌と唇を使ってよくしゃべれるなぁとは思いますが。

    ユーザーID:5260551008

  • ちなみに

    特にそれを感じるのは、「グッドワイフ」や「プリティリトルライアーズ」でしょうか。
    前者は裁判シーンも多いので瞬時に理解しにくいのかとも思うのですが…(そう自分に言い訳しているのですが)
    後者に至っては、結構お手上げなことも多いです。まずシーンの切替が多いし(米国ドラマの特徴でもありますね)、登場人物がまた多い、台詞に人名が出てくることも多い。
    ○○って誰だっけ?と考えているうちに、ストーリーがどんどん進んで分からなくなってしまいます。(苦笑)
    録画して何度も一時停止したり時々戻ったりしながら視聴して、なんとか理解している有様です。

    ユーザーID:2991948974

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です

    コメントありがとうございます。
    加齢による聴力と理解力の衰えについては、残念ながらまったくその通りだと自覚しています。(笑)

    ただ同じ海外ドラマでも、英国ドラマなら問題なくスムーズに理解できるのです。
    声優さんは米国ドラマと同じ方だったりします。

    また米国でも古いドラマ、たとえば最近「刑事コロンボ」の完全版を断続的に放映していますが、これらも問題なく視聴できます。
    小学生時代に見て以来で内容はほとんど覚えておらず、2回目だからという訳でもなさそうです。

    それから今ふと思いましたが、最近の米国ドラマでも第1シーズンは割と問題ないような気がします。
    登場人物がまだ少ないからでしょうか?
    「アンダー・ザ・ドーム」は、今のところスムーズに視聴できています。
    しかしこれも第2シーズン放映がもう決まっているようですから、今後どんどん悩まされることになりそうです…とほほ

    ユーザーID:2991948974

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私だけじゃなかったのね

    私も海外ドラマ好きで長年見てきたのですが、最近特にそう! 
    なんだかわけわからなくて、「えっ、理解できない。。。」とちょっと焦っていたところです。

    お仲間と理由がわかってホッとしました。

    ユーザーID:9168034956

  • それは私も感じます

    幼稚園児だったころから「宇宙家族ロビンソン」「奥様は魔女」などを楽しみ、現在に至ります。あの頃はもちろん吹き替えで見ていて、20年ほど前に「奥様は魔女」を英語の音声で見ましたが、俳優たちの会話はゆったりとしたものでした。

    確かに映画やドラマの会話のスピードが速くなってきていると感じています。やっぱり老化したのかなぁ〜。現地の日常会話もそうなのでしょうか。「The O.C」 あたりから、英語字幕で英語音声で見たり聞いたりしても、なかなかついていくことができません。日本語字幕と音声よりも、やはり英語のほうがリアルに楽しめます。米国ドラマは、老年になっても英語音声で楽しみたいです。

    ユーザーID:6463215785

  • たぶん

    理由は二つあると思います。

    まず、ドラマ自体が昔より全体的に早口になっていると思います。これは米国だけでなく日本でも同じだと思います。ドラマだけでなく実生活でもそうなのでしょう。現代はやらなければいけないことがいろいろと増えて昔より話す内容も増えているので、必然的に早口になってきているのだと思います。

    それから、老化でしょうね。私は53歳ですが、トピ主さんも同じくらいですか?もう少し若い方でしょうか?老眼などは始まっていませんか?それと同じで耳も老化が始まり、脳も老化していくのだと思いますよ。段々と聞こえにくくなり、理解力も落ちてくるのでしょう。

    私は普段は字幕で見ています。字幕だと意味が一瞬で理解できるので楽です。吹き替え版の場合は早見モード(1.5倍速または1.3倍速)で見ています。字幕版でも早見で見ることもありますが、そうすると英語で何を言っているか聞き取りにくくなるので普段は普通のスピードで見ています。次の展開が読みにくい時や内容に集中したい時にも早見モードはちょっと難しいです。

    ユーザーID:2749384551

  • わかります~

    私は吹き替え版は見ないんですけど、
    昔のドラマよりも今の方が早口だと思います。
    と言うか、場面の切替と展開が早くなっているからに尽きます。
    ただ、私がアメリカのドラマを見ていた時、
    もう亡くなった祖母が一緒に見ていて、
    「あちらの(アメリカの)人は早口やなあ〜」
    と呟いていた事を思い出しました。
    私にとっては早口ではなかったのですが。
    だから、年が行けば早口に聞こえるのかもしれませんね。

    最近はDVDで見る事にしています。
    特に一話で話が終わる犯罪もの、医療ものは専門用語も多いです。
    DVDで英語で一度見て、吹き替えと字幕でもう一度見ますね(笑。
    そしたら、言っている事がすこーし違うので。
    たまに、え?となる程違う事があります。
    DVDはその時に字幕を切り替えられるので、一つの楽しみにしています。

    ただトピからずれますが、吹き替え版はどうしてもだめ。
    同じドラマを見ている友達があるキャラクターが軽い、
    なんて評をいつもして、かなり不思議でした。
    そしたら、確かに吹き替え版では軽いんですよ。
    本人の声はハスキーな低音なのに、吹き替えは印象が違ったものでした。
    あれじゃーなーと、残念。

    ユーザーID:0478453436

  • 「同時代」さんのご感想に賛成です

    特に3の「テレビ内蔵のスピーカー」に起因しているのではないか、というご指摘、ご尤もだと思います。
    液晶テレビが開発され、「より薄く」が好評価の基準のようになってしまい内蔵スピーカーの音声出力の性能が犠牲になったのではないかと勘ぐっております。
    スピーカーは茶碗型、皿のような平型がありますが茶碗型がすっかり無くなってしまったようですね。

    私は最近テレビでは洋画を視聴しておりませんが音声が聴き取りにくい場合、次のようにしております。

    メーカー、機種により異なる場合があるかもしれませんが、我が家のS社製ではリモコン上の「オプション」を開き、「音声」欄をクリック、「高音」、「低音」の度合いを調整、「サラウンド」欄は「切」にして対応しております。

    いちど試してみてはいかがですか。

    ユーザーID:8597487766

  • 当然でしょう

     アメリカの人はもともと早口です。 そこへ同じ意味でも、明らかに英単語の音節は短いです。 英語の歌の歌詞を、日本語にしたら、曲の中で意味が伝わりきれません。

     テンポの良いドラマでは、会話もポンポンはずみます。 それを日本語訳にすると、もっと早口にしなければならないのは当然でしょう。

    ユーザーID:2319752226

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧