オペラのプロダクション

レス12
(トピ主3
お気に入り7

趣味・教育・教養

オペラ好き

オペラ初心者です。
以前知り合いにオペラに行くと言った際、「どのプロダクション?」と聞かれました。

そのような質問の場合、どう答えるべきなのでしょうか?

ユーザーID:6234573364

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「どの」が、微妙で曖昧。。。

    >「どのプロダクション?」

    これは、どのオペラを見るの?、という意味なのかな。
    そうだとすると、答えは『椿姫』、『セビリアの理髪師』、
    『ジュリアス・シーザー』、『魔笛』などのオペラのタイトル。

    でも、『どこの プロダクション?』という意味なら、
    パリオペラ座、(ロンドンの)ロイアルオペラ、
    メットオペラ(ニューヨークのメトロポリタン)などで、
    答えとなるのは、オペラ座の名前。

    『誰のプロデュース?』という意味なら、
    普通は、音楽ディレクターである指揮者の名前かな?、
    と思います。

    同じオペラでも、オペラ座、指揮者、ステージプロデューサー
    (舞台の演技、振り付け、構成を担当?)によってまったく
    違った顔を持つオペラになります。
    同じ音楽だし、ストーリーも当然同じなのですが、その
    顔の違いがそれぞれの『プロダクション』によって引き出される、
    オペラの魅力です。
    好きなオペラがあれば、いくつか違ったプロダクションを観て、
    (あるいはDVDで集めて)、見比べる醍醐味もあります。

    想像ですが、お友達は、『どこのプロダクション?』という意味で
    質問なさったのではないでしょうか。

    ユーザーID:8214974317

  • 定かではありませんが、

    R・ワグナー物の場合。 

    彼の紙面上の作曲の段階では「プロダクション」とは為りません。 只の作曲です。 それが舞台上で公演・講行されて初めて「プロダクション」となる、と解釈しております。 其の勧進元が「プロジューサー」。 公演ですので、NY公演(プロダクション)もあれば、バイロイト公演もあります。 それを公表・宣伝するのが「プロモーション」。 

    舞台上の演出・指揮をするのが「デイレクター」。 楽器部の長が「コンダクター」。 (以上英語のみ)

    ワグナー物の出し物では二人の姉妹が演出家として有名でしたが、最近其の一人が引退声明を出し話題になったばかりです。 

    ワグナー祭では其の姉妹が矢面に立ちます。 成功も失敗も其の二人の双肩にかかっていたと言っても過言では御座いません。 指揮者の影は比較的薄かったようです。
     
    然し、オペラ界に於いてあの姉妹の存在は特異であったとも言えます。 昔・昔、ボストン・オペラにも有名を馳せた女性舞台演出家がおりましたが、上のワグナー姉妹ほどではありませんでした。 

    私は「プロダクション」を「出し物」と呼んでおります。 

    ユーザーID:7111559277

  • 楽しんで来て下さい!

    普通の音楽コンサートならアーティストの名前を言ってもらえればすぐわかりますよね?

    でもオペラではアーティスト単体ではなく、指揮者や演出家が主体となった劇団単位で作品を作っています。どこの歌劇場か?、演出がだれか?というのをひっくるめて「どのプロダクション?」と聞かれることがあります。

    そういった場合は
    ○○劇場の(○○座の)××演出(△△指揮)と答えてあげるといいと思います。
    演目も教えてあげると更にいいかもしれません。

    例えば
    スカラ座のハーディング指揮の『ファルスタッフ』です
    とか。

    同じ劇場で同じタイトルであってもプロダクションが変わると違う味になりますのでそういったことを楽しむのも一つの楽しみ方です。
    オペラ楽しんで来て下さい

    ユーザーID:0437192993

  • 知らなかったら知らないと言うしかないけれど・・・

    知らなかったら「知らない。」あるいは「家に帰って見てくる。」と言うしかないのですが、もしかしたら質問した方は通なのではないでしょうか? だったらいろいろ情報をもらわない手はありません。プロダクションによって演出や作品の与えるイメージが全然変わってきますからね。

    大昔にモーツアルトの「コジ・ファン・トゥッテ」の現代版をテレビで見ました。原作では結婚願望の強い姉妹と二人の貴族の婚約者、機転の利く姉妹のお手伝いなどが登場し、婚約者二人が姉妹の気持ちを試すために流れ者に化けて相手を取り換えるのですが、現代版ではお手伝いが大衆食堂の女将、婚約者たちが湾岸戦争に行くと嘘をついて髪をカラフルに染めたパンクに化け、字幕までが現代を反映して正に捧腹絶倒ものでした。「ウェストチェスター(士官学校の所在地)のモーツアルト」という題名でしたがDVDは出てないんでしょうか?

    プロダクションによって原作の時代と背景に忠実なもの、時代や背景をがらっと変えてしかも原作の神髄をかえってよく表現しているものなどいろいろありますから、質問をした方から是非そういう情報を引き出してみてください。きっと何か知っていますよ。

    ユーザーID:5428905940

  • 私も聞くかもしれない

    その質問、私も気づかないうちにしてしまっているかもしれません。
    特にモーツァルトやプッチーニ、ヴェルディの比較的上演機会が多いものなら特に。

    引っ越し公演なら勿論そのホームの「プロダクション」でしょうし、国内の公演でも海外の劇場と共同制作だったり、有名劇場のプロダクションをそのまま使っているものも時々あります。同じ劇場のものでも新演出になると「プロダクション」はかわりますし(そういう場合「◯年の」と公開初日の年で識別されると思います)。

    例えば私はベタですが「魔笛」なら2003年コヴェントガーデンのもの、「椿姫」なら2005年ザルツブルグで初演されたデッカーの「プロダクション」が好きです。デッカーのは心理描写に長けた現代演出で初演当初は驚きましたがMETでも上演されたりと今やかなりポピュラーになってますよね。勿論夜の女王を歌うダムローや10年でここまで変わるかといいたくなるほどかわいかったネトレプコのヴィオレッタも好きですが、歌手やオケとは別に「プロダクション」の合う合わない、好き嫌い、けっこうあります。
    演出が変わるとストーリーの見方が(時に中身まで)変わっておもしろいですよね。

    ユーザーID:6703356457

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ありがとうございます。

    皆様、御丁寧に色々と教えて頂きありがとうございます。

    今回プロダクションという言葉が一般的に何を指すのかが分からず質問させて頂きました。会話をしたアメリカ人の方は、通の通だったと思います。ニース滞在中のことで、その方に「明日オペラを観に行くの」と言った際、「どのプロダクション?」と聞かれたのです。

    この際、ニースのオペラ座に行くことは会話の流れから絶対的だったので、演目だけを言えばいいの?それならどの演目?と聞けばいいのに、
    どうしてわざわざプロダクションという言葉を使うのかしら?と思ったのです。皆さんの御応え大変参考になりましたが、ぱどさんの例示は本当に分かりやすかったです。次回は、劇場、演目、演出、指揮を言えるようにしたいです!

    皆様仰るとおり、プロダクションが違うと、同じ演目でも印象が全然違いますね!以前NYとエクサン・プロヴァンスで観たドン・ジョバンニが全く異なっていてその違いに感動しました。

    重ねての質問になりますが、旬の演出家等の情報はどこから仕入れたらいいのでしょう?初心者とはいえ、数々のオペラを観ていますが、一体誰が有名人なのかまったく分かりません。

    ユーザーID:6234573364

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • オペラ好きさん、まだ変!

    上で「バロック狂」さんがご指摘のように、「どのプロダクション?」と言う日本語自体が通じません。

    英語では何と言われたのでしょうか?  

    「どの?」と来たら、先ず作曲家を指します。 作曲家が分かっていれば、曲名が主題となる筈です。 出し物が分かっていれば指揮者なり演出家なり小屋自体が主体となります。 

    ニースには確か小屋が数個あります。 「どのプロダクション?」と聞かれたご友人の意味が私には今以て理解出来ません。

    同じ小屋で同じ出し物で同じ演出家で同じ指揮者であれば、ほぼ同じ「プロダクション」と理解して差し支えは御座いません。 ですので、ご友人のご発言自体の目的が消えてなくなります。 ニース限定で無ければ、其のご発言には或る程度の意味は付いてまいりますが、此の場合既にニース限定なんですよ、ね!?

    オペラ以前の語学・文法の問題です。  

    ユーザーID:2017622062

  • 演出

    >ニースのオペラ座に行くことは会話の流れから絶対的
    というところからも、演出のことだと思います。
    普通に日本でやるオペラのチラシでも、新演出だと、「New Production」て書いてありますよね。

    私はドイツオペラから入ったせいもありますが、演出はものすごく大きく影響するって思っています。
    友達にオペラにいってみたい、と言われることが時々ありますが、とりあえず最初はオーソドックスな演出(それこそゼフィレッリとか)で、有名な歌手の出ているものに誘います。少し経ってまだ興味が続いてたら、若干変わったやつにも誘います。ちょっと前だとコンヴィチニーとか。
    ちゃんとまじめにチェックしてなくて、いま手元に名前でてこないんですけど、新国立劇場のラインナップだと、ダンボール演出の人は毎度同じっぽくてつまんない、水の人はどれもきれいだけどあまりひねりはない、エスカレーターのひとは私はちょっと面白かったけど、世間の評価は分かれてましたね。事前情報なしで観にいって、こう来るか、っていうのも楽しいですよ。

    ユーザーID:0985168687

  • ありがとうございます(トピ主です)。

    再びレスを頂きありがとうございます。

    竹乃丞さん、英語で「Which production?」とそのまま聞かれたのです。
    Which operaでも、Who is the conductorでも、Who’s directingでもWho’s singingでもなく、Which productionと聞かれたので、プロダクションって何?と疑問に思ったのです。
    mareさんのコメントからも、実は本当に演出家=director?が誰だったのか知りたかったのでしょうか?
    わたしも謎に包まれました。
    (ちなみに、その時は劇場名と演目のみ答えました)

    それにしてもオペラって奥が深いですね!

    ユーザーID:6234573364

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ニース? いいですね!

    ご返事賜りまして恐縮です。 オペラには余り知識が御座いませんので、此処まで首を突っ込んで良いものか、我が身の厚かましさにあっけに取られております。 ご容赦下さい。

    自分も「which production?」と其の段階で聞かれたら返事に困ると思います。 普通、「production」とは製作を意味しますので、どの製作を聞きに行くのか、とは聞かないと思います。 

    Which とは複数の中から選んで其の中の一つを指定する選択語ですので、主さんの場合の彼の意図はどこにあったのか私も知りたいところです。

    ところで、主さんのようにオペラに興味があるのであれば、本番では無く、本番前日当たりの総練習に行かれる事をお奨め致します。 切符もかなり安い筈ですし、本番より(私にとっては)実のあるお芝居が観賞出来るもと信じております。 更に興味があるのであれば、総練習以前のものも是非御照覧あれ。 演出担当も舞台でウロウロしておりますので、その立ち居振る舞いを目で追うのも面白いものです。 台本は必須です。 サインでもせびれば、やってくれる可能性は高いです。 

    ユーザーID:2017622062

  • 「Which production?」という聞き方が一般的

    最初にトピ主さんの書かれた本文、わずか3行でしたが、
    もしかしてこれは英語での会話?、と思っていました。
    やはり、そうだったんですね。

    私は英語圏住まいでずっとオペラを聴いているのですが、
    オペラを含むクラシック音楽関連の全てを手取り足取り
    教えてくれるのが現地人の夫です。
    そして、夫と特定のオペラの話になると、私もよく、
    「Which production?」と聞きます。
    「どこの プロダクション?」、という意味で...。

    一応、夫(英語しか話せません)にも聞いてみました。
    「Which production?」と質問して、期待する答えとしては、
    やはり、「普通なら、オペラ座の名前」、だそうです。
    ただ、質問者がすでにオペラ座名を知っている場合には、
    同じ「Which」の問いかけで、「指揮者やステージ監督の名前」を
    聞いている場合もあり、だそうです。

    ニースにオペラ座がひとつしかないとして、彼がそこでの
    公演の話だと理解していたのなら、ステージ監督は誰?という
    意味だと思います。

    考えてみたら、この種の詳細をたずねる時に、Whoや Whatで
    始める人には会ったことないです。

    ユーザーID:4797871829

  • ありがとうございます(トピ主です)。

    またもや色々と教えて頂きありがとうございます。

    >竹乃丞さん
    総練習って見学できるんですね!まったく存じ上げませんでした。参考になる情報をありがとうございます。是非調べてみたいと思います。なんだか練習を観に行くって行為が通っぽいです!

    >バロック狂さん
    そうです、英語だったんです。英語でオペラの会話をされているバロック狂さんからのお返事、参考になります!!!オペラの会話の場合、WhoやWhatでなく、Which productionという言い方をするんですね。一般的にこれに対する答えはオペラ座の名前、その時点でオペラ座名を知っている場合は指揮者やステージ監督、ですね!疑問が晴れました!

    皆さん、本当にありがとうございました。
    これにてこのトピは閉じさせていただきます。

    ユーザーID:6234573364

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧