子供はいつまで子供なの?

レス46
(トピ主2
お気に入り89

家族・友人・人間関係

こっこ


 現在、50代後半〜70代女性と接する機会の多い仕事をしています。世間話で、家族、特に子供のことがよく話題に出ます。

例えば
「子供のために三食作らないといけなくて・・・時々、夜食まで。めんどくさいわ〜」
「息子が風邪で、病院に連れていかないといけなくて大変だった」
「好き嫌いが多いから大変。気に入らないと食べないし」
「家族が多いから、洗濯が毎日多くて・・・」

こんな感じです。
 内容的に、小さい子や学生がいるのかな?と初めは思うのですが、その他のことから察するに、『子どもたち』はどうやら社会人、それも20代後半以上だったりします。場合によっては結婚して同居していることも。

 自分も学生時代に一度家を出て、戻ってから結婚するまで実家暮らしでしたが、家事は分担だったし、自分のことはもちろん自分でやっていました。
 なので、いい年した息子や娘を大人扱いしないことに、すごく違和感があります。お金を家に入れているかどうかと言う問題よりも、「生活の面倒をみていること」「精神的に一人前とみなしていない」ことに。

 小町でもよく、結婚したいという息子・娘に対して「うちの子はまだ20代前半です!騙されているのでは?」というトピが立ちますし。

 親にとって、いつまでも子供はかわいい子供というのは分かりますが、それはものの例えであって、実際は少なくとも社会人になったら『子供』ではないと思うのですが・・・

 かつては元服する年になったら大人で、例え13,4歳であっても大人扱いされることによって大人になっていったのだと思います。
 現在は、二十歳になったら成人式という区切りがあるものの、学生であれば扱いは子供です。その上晩婚化がすすんでいます。

 そうなると、親にとって、子供にとって、いつ子供は子供じゃなくなるんでしょうか?

ユーザーID:6031249031

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家による

    その家によると思いますが、私が嫁いだ時夫を、姑も大姑もおにいちゃん、と言って身に着けるものなどにうるさくて嫌でした。
    要は、子離れ出来ない親ですね。
    嫁世代の意見が多そうですが。

    ユーザーID:6344311422

  • お腹を痛めて産んだから・・・・

    親が子を思う気持ちは
    幾つになっても変わらないのでは?

    生活をすることや精神的自立という面では
    社会人に成ったらとか
    成人式を過ぎたらとか
    義務教育を終えたらとかの区切りはあるでしょうが


    ただ、親が子を思う気持ちは
    幾つになっても変わらないのだと思います
    たとえ自分が寝たきりの要介護者になったとしても
    認知症になったとしても・・・・

    親にとっていつまでも我子は

    『自分の子供』なんじゃないかなと思います

    この時の子供とは
    世話を焼き庇護するべき者とか
    保護者という意味ではありませんが・・・・

    ユーザーID:8288323627

  • 同感

    いつまでも甘やかすから結婚しない
    結婚できない人が増えてるじゃないの?
    一人前になったら
    さっさと家から追い出すべし

    ユーザーID:7068711022

  • 親が生きている限り、いや、亡くなっても

    子供は親にとっては子供です。


    その方たちは、そういうことによって、実際お子さんに手をかけ気持ち寄り添うことで自分が成り立っているんだと思います。
    20代の子供の病院の付き添いは、実際要りません。自分でできます。
    子供にとって必要な存在でありたい、ということでしょう。
    子供が大人になったことを認めたくない、ということだと思います。

    他人から見たら立派な大人なんですよ。

    親にとって、子供は子供。
    人から見たら、社会的に大人。
    視点が違うだけです。


    私は夫と結婚し、夫が人参が嫌いな事は知っていました。
    義母は知りませんでしたよ。

    自分は人の親になって、自分の親の偉大さを知ることもあります。
    これは、生きている以上、いつでも気が付くことができます。

    社会的に大人であることとと、親にとって子供であることは全く別。

    ユーザーID:0112283730

  • そう思いたい

    親の方が子どもに執着してるんです。

    「自分が世話をしないとダメなの」と思いたい。

    なので答えは「いつまでたっても子ども」だと思います。

    ユーザーID:9615040291

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • やっぱり子供

    私は一人の社会人として、扱っているつもりですが・・・同居でもあり、洗濯に至っては、くびまわりの汚れ作業服がどうしたら、こんなに破けるのか? とか そういった愚痴は、今幸せだからです 人によって違うでしょうが 人は人 自分は自分がいいのでは? ちなみに私も50代ですよ よく聞く話しですが子供はいくつになっても 子供、その心境よくわかります

    ユーザーID:2936041514

  • いつまでも

    姉の旦那が44歳ですが、未だに母親に「タカちゃん」って呼ばれてました。

    ユーザーID:7551555989

  • いつまで経っても子供は子供

    タイトル通りだと思います。

    親にとっては子供がいくつになったかとか、社会人になった、結婚したからなどは関係ないのでしょう。

    理屈ではないのだと思います。


    もうすぐ、桃の節句ですよね。

    結婚して実家と同じ市内に住んでいますが、お節句の数日前になると桃の花と菜の花のアレンジメント、実家の近くにある小さい頃から食べなれた和菓子屋さんの桜餅と雛あられが両親から送られてきます。

    結婚して十数年、毎年忘れずに送ってくれます。
    自分で買うことも、足を運べば同じ物を同じお店で買うことも出来るのに、もういいよと言っても必ず送ってくれます。

    私は40代半ば、両親は70を過ぎました。
    それでも女の子のお節句を忘れずに、私を思ってくれる親の気持ちはただただ、有り難いと思っています。

    ユーザーID:4538318482

  • 大人であり子供なんですよ

    トピ主は一人暮らしをし、同居の時は家事を分担していた自分が正しい大人だと言いたいのですね。


    そして、立派な社会人だったと主張したいのですね。

    しかし、それはトピ主家の価値観であって、他人の家庭の形に当て嵌めて考えるべきではありませんよ。


    人の概念も価値観もそれぞれですし、家庭という枠の中の生活がどうであれ、それをトピ主が非難する理由もないと思いますけど。

    ユーザーID:8035284396

  • いくつになっても…

    同居はしていませんが、うちの実母79歳…50歳の私 子供3人孫もいますが…
    実母は私に、やれ 風邪ひくだの 背中がみえてるとか 怪我するよとか…着物は一回出して空気にあてろ…とか。

    いくつになっても 親は親で子供は子供なんですよ。はい!はい!って聞いてますけどね。

    この年になり 父親は亡くなり 母親だけですから 仲良くランチ行ったり 買い物に行ったりしてますよ。

    一生涯 親にとっては子供なんですね〜。

    ユーザーID:2114483162

  • どんなふうに分担してたのでしょうか?

    たとえば、スーパーの買い出しや食事のしたくは、家族で曜日別に分担していたのでしょうか?洗濯物もそんな感じなのかな?

    そういう日の残業や人つきあい、やりくりはどんなふうにこなしていたのだろうか?

    参考にしてみたいです〜

    ユーザーID:2269662679

  • いつまでも子供です

    防犯ブザー売ってる人から聞いたのですが誘拐事件があるたび防犯ブザーが売れます。
    中には主様の言う50代どころか80代の女性も子連れで買いに来ます。
    中年どころか初老に差し掛かったおじさんおばさん連れて来て「誘拐が心配で」と言ってる。
    誰がこんなおじさんおばさん誘拐するかいな!

    ユーザーID:1201084906

  • これは。。。

    基本的には「いつまでたっても「子供」」ってのが正直な気持ちだと思います。

    ユーザーID:2640589475

  • 親の意識の問題だけじゃないから

    家事についてはその家々の事情があると思います。
    自分のことは自分で、と言っても程度問題。
    一軒の家に住んでいる以上、あまりに家事が個々でなされては不経済だし一概には言えません。
    ある程度の年齢になったら実家から出すべき、と言った方が現実的かも。

    親の意識<社会的な意識 の場合もあります。
    他トピで、会社のお金を使いこんだ40歳独身の娘の不始末に対し、親が会社に詫びに行き、今後の娘の行く末にどう責任を果たすべきかというものがありますが、トピ主さんはどう思いますか。
    40歳にもなる子供の責任を親が持つのか、と否定的ですか。

    残念ながらそう考える人は少数派みたいです。
    大きな原因は、その40歳の娘は独身だからです。
    既婚者であれば、また事情は違ったでしょうに。
    「結婚してこそ一人前」の意識はまだ社会では生きているし、親はそれを無視できないのです。

    もうひとつ言うなら、子供自身の意識も問題です。
    結婚していてさえ親に甘える子供の何と多いことか。

    これは社会全体の問題だと思いますよ。

    ユーザーID:6263921731

  • 子供と子の違い

    子供と子は、その関係性に違いがあります。子供は複数系で、大人との関係を表し、子は単数形で親との関係を表します。

    子供とは、子供から大人へ変化(成長)していく過程で、ある年齢以下を子供、ある年齢以上を大人と分類します。例えば、大人料金と子供料金とか。他には、二十歳になってから、とか。ここには親と子の関係はありません。その一方で、子とは、親があって成り立つものです。その関係を考えるに「十億の人に十億の母あらむも、わが母にまさる母ありなむや」という名言が参考になります。

    これは、明治から昭和にかけて生きた仏教学者(暁烏敏)の言葉です。どんな人間にも、生んでくれる母がいます。その人にとっては誰の母親よりも自分の母が一番でしょう。これは自分にも言えますし、また世界中の誰にも言えることです。母によって命が生まれ、命が繋がっていく事実があります。父母がいたからこそ、私が生まれてここに居るのでしょう。つまり、親が居るから、子の私が居るのであります。親と子の関係は出来てしまったら、一生変わることがありません。しかし、子はいつか親になるのです。自分が、親の立場と子の立場の両方を持つから、やっかいです。

    ユーザーID:6523704192

  • 一生です

    親子ですから一生です。

    その逆で、親が歳をとって子供がお世話しますよね、いつから親なのですか?

    そんなのどうでもいいことですよ。

    ユーザーID:1252267031

  • 区切れるものではないかと思います

    私は18歳で上京しているので身の回りのことは必然的に自身でやるしかなくなりましたが・・。


    親はよく「子供はいくつになっても子供。心配は尽きない。」と言います。

    一番上の姉はもう50歳。末っ子の私は42歳。
    で、その親である母親は76歳です。

    私の意識の中では親子の立場は逆転しておりこちらがお世話をしなければいけない立場だろうと思うのですが、親はそういうものなのではないのでしょうね。

    世話をしたくないのにしなければいけない人もいるかもしれませんが、どんなに年老いても子の世話をすることに生きがいを感じる人も多いのでは?
    大変大変と言いながらも世話をしたい人もいるのかと思います。

    ユーザーID:1808453248

  • 娘16歳がいますが


    最近の子供は、権利ばかり主張して義務を果たさない、と思っているので、
    私は、娘には、日本の法律が20歳で成人=大人と見なしているのだから、それまでは、貴女が何か、問題を起こしたときは、親が責任を取らなければならない
    よって、貴女が何かする場合は、必ず、親の許可が必要

    「私にも好きに生きる権利がある』と言うのは、成人して、経済的にも自立し、すべての行動に置いて、自分で責任を取れるようになった時に、初めて有効である!
    と言っています

    言い替えれば、成人までは、親の扶養下、監督下にある訳で、悪い事をしたら、親が賠償しなければならない 自分で責任取れないうちは、
    生意気言ってもらっては困る 何もかも、親にやってもらっているのに、
    大きな口をきくのは、働いて、自分のお金で生活してからだ!と

    大学生になったら、一人暮らしさせようかと考えています(心配だけど)
    学費と最低限の生活費だけは、払いますが・・・
    (首都圏在住だから,自宅から通えるのですがね)

    私は、大卒をめどに、自立を促します

    夫は、30までは子供だ!とか言ってますが、冗談じゃない

    社会人以降は、手出ししないつもりです

    ユーザーID:1370279195

  • 子供が自立したら存在意義がなくなるから

    近所にいっぱいいます、そんなお婆さん。
    70過ぎても現役主婦。
    お子さん方は30〜40代、男女両方でお仕事はある方が大半ですが
    ずっと家にいるらしき人もいます。

    私は高校生と小学生の母ですが、だんだんお世話を減らし、高校生はほぼノータッチ(相談には乗ります)、私も仕事が忙しいため小学生も簡単な料理が出来、もう子供部屋に入ることもほとんどありません。
    2人とも恐らくは大学から一人暮らしになる予定です。

    そんな近所の人とたまに立ち話すると本当に驚きます。
    母親感覚が止まったままなので。

    お子さん達が家を出て自分の家庭をもつ日はなさそうですが、
    それにしても親も永遠ではないですからいずれ見送る日も来る訳で、その後大丈夫??と思います。

    それでいて、年だから自治会の役員は出来ない、と言い張る。
    お子さんは?「子供にはやらせられない!」とスゴい剣幕。

    いずれ1人とか兄弟姉妹で2人暮らしになるなら、近所付き合いくらいさせといた方がいいような気もしますが、もちろん放っときますとも。

    ほんと、母親って薬にもなれば毒にもなる。
    じいちゃんの存在感のなさも問題ですが・・・。

    ユーザーID:6670108111

  • 私も思います

    私の同僚、40代後半。10代後半と20代前半の息子が二人います。
    息子が病気の度に仕事を休み、病院に連れて行ってます。
    正直、は??って思いますが、彼女にとって病気のかわいそうな子を放っておくことはできない。病気の子に一人で病院に行けなんてひどいということらしいです。
    でもその病気って、微熱がある、少し吐き気がする程度です。
    同僚は、他人の子育てにはすごく厳しいことを言いますが、自分のことは全く見えていないようで、周りの意見など一切聞きません。

    そんな同僚を見てると、私、小学生の子の親ですが、子育てっていつ終わるんだ?っていつも考えてしまいます。私は、自立した子に育てようって心に決めてます。

    ユーザーID:1413656969

  • 欧米ではヒンシュクものです

    欧米でも40近くでママの家に居候しているダメ息子がいますが、完全に社会の敗者です。

    例えば親権争いを親がするのは15歳以下の子の場合で、それ以上は子の意思にまかせます。16歳は分別が付く年齢とみなし、大人扱いです。先日ベルギーでは12歳以下の尊厳死も認められるようになりましたね。基本、親が子を育てるのは高校までで後は家を出ます。
    大学の費用もなるべく子供自ら捻出するし、親が出す場合は゛親から借金している゛感覚です。

    だからとにかくしっかりしています。

    昔、駅前留学をしていた時、同じグループになったおばさんが「娘の夕飯作らなきゃ」と英語で言いながら早めに帰りました。
    外国人の先生が「娘は何歳なの?」と聞くと「22歳」。先生はあっけに取られ「彼女は自分で食事くらいどうにかできないの?大人でしょう?」と突っ込んでましたが、おばさんは「まだ子供だから〜」と言いながら去りました。先生は呆れ返ってました。
    私は当時20歳で一人暮らしだったので、甘えた娘だね、と思いました。
    仰る通り、日本も昔は10代で一人前の扱いをしていたのに、いったいどうしたんでしょうね。

    ユーザーID:2764335817

  • 親にとって、子どもは一生こどもです。

    守るべき存在、慈しむ存在、だから世話を焼きたくなるのでしょう。

    周囲の人の話の一部を全てだと思わないほうが良いです。
    それぞれの家庭のありかたもありますし、
    それで回っているならそれで良しでしょう。
    自分がそうだから、そうだったから、他人もそうすべきと考えるのはどうでしょうね。

    それを言ったら、
    家事育児、自分の身の回りの世話まですべて妻にさせている夫も子どもです。
    でも、その家庭が割り切っているならいいのではと思います。

    愚痴の半分は、頑張る自分を認めてほしいという本音です。

    ユーザーID:1633405198

  • 同じ事を考えていました。

    それが、いつまでたっても子供が自立できない原因なのだと思います。
    何でも親が先回りしてやってしまったら、いつまでたっても自分で考えて行動もできないままかと。
    やってもらって当たり前。感謝もできない人間ができるのかと。
    子供は親に守られているから、責任もないし、何でも自分以外の人のせいにするのでは。

    子供じゃなくなるとき・・世話やきや責任をとる人がいなくなる時、または
    ほぼ自分で考えて行動し、その責任を自分自身でとることが出来るようになったときでしょうか。

    ユーザーID:4396774004

  • 子供はずっと子供です。

    子供=保護して教え導いていく者っていったら年齢の小さい世界中の子供でしょうけど。わが子って言ったら80歳になっても100歳になっても子供であることにかわりありません。

    何歳までわが子の世話を焼かなきゃいけないかってことでしたら一般的な常識としては学生まで。あとは親の好きずきじゃありませんかね。

    ナニナニしてやらなきゃいけないからタイヘン〜、って言ってる人たちはたいてい自分で意識なくても好きでやってるんだと思います。

    ユーザーID:5279104717

  • トピ主さんの価値観は都会でゆとりある生活をしている人のもの。

    トピ主さんの価値観は都会でゆとりある生活をしている人のものです。

    特に独身の1人暮らしというのは見ようによってはとても贅沢な事です。
    そんな気楽な暮らしを許せる家庭ばかりではありません。

    親に学費を出してもらって入学したり就職したりしたら一人暮らしと言うのがそんなに大人ですか。
    一人暮らしなんて贅沢は諦めて結婚前に少しでも奨学金を返済する事を優先している人も居ますよ。
    気楽な一人暮らしをするどころか経済面で親世帯を支えながら、
    青年団や消防団で地域の若い世代としての責任を果たしている人も多いです。

    「息子が風邪で、病院に連れていく」そんなの親でも子供でも家族なら当たり前という地域は幾らでもあります。
    病院までカーブ続きの山道を車で30分。バスは麓の高校の登下校にあわせた1日4本だけ。
    タクシーを頼めば送迎料金だけで\5,000-なんて言う地域もあるんですよ。
    高熱で咳が止まらない人に自分で運転していけと言いますか?

    通勤に時間が掛かれば家族が寝た深夜に洗濯機を回したりする訳に行かないのは当たり前。
    作り置きしてもらっても食べるのは深夜ですから身体が受付けない食べ物もありますよ。

    ユーザーID:6682796543

  • 子供は親が死ぬまで子供です。

    親の愛は海より深いと言います。

    人様から見たら自分の心配をしたほうが良い歳でも、子供を心配する。
    特に母親の愛は強いんでしょうね。
    だからこそ、子供はしっかりと地に足を着け、親に心配を掛けない人生を生きないといけないんだと思います。

    子が親を思うより、親が子を思うほうが強いと思います。
    親になってみて解る感情でしょうね。

    ユーザーID:7202062370

  • 親が死ぬまででしょうね

    完全同居の姑を見てるとタイトルのように思います。

    70代半ばの姑からすると、40代後半の私たち夫婦を「子どもら」と言います。
    自分より年下だからか、60歳を過ぎた人でも「あの子・この子」と言います。
    40代後半の姑の次男(バツイチ)が帰省すると、一緒に買い物に行っては昼食代や購入した次男の家電代を姑が払っているようです。

    私は、今年成人した我が長男(学生)をもう「子ども」とは言いにくくなりました
    人との会話に出すときは「息子が」か「上が」という呼び方になりますね。

    主さんと同じで、私も姑の言い方に違和感があるんですよ。
    テレビに写る20代30代の人を「あの子」と言っていると、何か馬鹿にしているように思えるんです。
    心の中で「立派な大人に対して失礼だよね」と思っています。

    我が子が自立しているかどうかは関係ないのでしょうね。
    うちの姑は、生活費も家事も息子夫婦に依存していても、私たちを「子どもら」と言ってますから。。

    ユーザーID:0856447781

  • あなたも・・・・

    子供いない人には判りません。

    あなたの云っている子供か大人かの判断は、社会の中で人として生きていけるかどうかであり、親から見た基準ではない。

    自分が死ぬまで、自分の子供は子供、自分の命より大事な存在。
    だから、自分の大切な老後資金を惜しげもなく、オレオレ詐欺にあげられるの。

    ユーザーID:1061575379

  • 現代に限った話じゃないです

    父は大正14年生まれ、88歳です。
    「郵便局からお金を振り込んで欲しいんだが、お前出来るか?」と聞いてきたりします。
    私は51歳です。ごく普通に生活してきました。出来ないわけがありません。
    たぶん、父の頭の中では中学生くらいから成長してないんだと思います。
    やれやれ。

    そんな私の子どもたちは、25歳と23歳です。
    生まれたときから20歳で子離れすると決めていて、実際に、もう子どもたちの世話はしていません。

    でもね。

    実際に世話をするかどうかと、子どもと思うかどうかは別問題なんです。
    昔から「親の顔が見たい」とか「子は親の鏡」とか言いますでしょう?
    育てた責任はずっとついて回ります。成人したんだから関係無いとは言えないです。日本では。
    だから、自分が死ぬまで、私の子どもは私の子ども。何かしでかしたら半分は自分の責任だと思ってます。
    自分の遺伝子を持ち、幼少期に深く関わったのですから、当たり前のこととして、そう思ってます。

    自分が死んだあとも生き延びられるように、生活の知恵を授けておくのも親の責任ですから、20歳過ぎても世話を焼いてるような親御さんたちは「無責任」だと思いますね。

    ユーザーID:4258189988

  • それはもう死ぬまでです

    50も半ばの私ですが、いまだに幼稚園児のような扱いを受けることがあります。
    今日は寒いからもっと着た方がいい、雨が降るかもしれないから傘を持って行けなどは序の口ですね。
    親切を通り越してます。そのぐらいの判断は自分でしますし、寒くてもぬれても親を責めることもありません。
    私の子育ても心配でたまらないようです。
    孫と同じレベルで扱われます。
    年の差は変わらないので死ぬまで子供でしょう。

    ユーザーID:5590012569

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧