• ホーム
  • 話題
  • 相続手続業務報酬 15万円 そんなにするんですか?

相続手続業務報酬 15万円 そんなにするんですか?

レス32
(トピ主11
お気に入り107

生活・身近な話題

もっち

みなさん こんにちは

ある行政書士・税理士のかたに亡くなった夫の残した土地の相続手続きをお願いしました。
そのかたは、お知り合いの司法書士のかたに手続きを依頼しました。

お願いしてから、約1年たって手続きが完了したと、司法書士のかたから連絡があり、登録免許税・証明書代・報酬など会わせて7万円弱の請求があり支払いました。(土地は狭い土地です)

そして先週、行政書士・税理士のかたから電話があり、相続手続業務報酬として15万円の請求書を送ります、と言われました。

実務は司法書士のかたが全て処理し、行政書士のかたはわたしとの連絡役だっただけです。それも数回の。
最初に会って、手続きをお願いしたときに費用について聞きましたが、はっきりと教えてくれませんでした。
わたしは行政書士のかたに仕事をお願いしたのが初めてなのでわからないのですが、これは相場ですか?

ユーザーID:0807447999

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うーん

    そんなもんかなあ。実際に手続きをしなくても、税理士さんは知恵を売るものですからね。税務関係も全部きれいにしてくださったんですよね。
    相続の手続きの業務報酬ってだいたい一律決まってたりしますけど。

    前にいつも確定申告をお願いしている税理士さんに、株式の売買益の申告も一緒にお願いしたら、紙切れ一枚一緒に提出するだけで6万でしたからね。不動産収入とかそのほかもろもろめんどくさい確定申告の手続きが3万円なのに。あたまに来て税理士変えましたが、その年配の税理士の言うことには「それが規定の金額ですから」だそうです。しかも「株でもうけが出てるんだからこのくらいいいでしょ」とまで言われました。

    今若い税理士さんにお願いしてますが「今は特定口座で証券会社から計算書が送られてくるから計算がいらない。項目ひとつ書き込むだけだから確定申告にプラスしてお金もらうことはしない」と言ってくれてます。

    税理士報酬何てそんなもんかもね。

    ユーザーID:6601158861

  • 掛かります

    登録免許税などは実費です。自分でやっても掛かります。

    あとは、どれくらいの金額の相続かなどによりますよ。
    士業は、おおよその報酬額が決まっています。
    ネットで見ても解りますから、調べてみては?
    または、その根拠を教えてくれと言えばいいです。

    でも弁護士に頼むと、もっと掛かりますよ〜。
    行政書士は安いですからね。

    ユーザーID:6920161953

  • これから相続手続き始めます

     かかるんですよね、私もびっくりしました。
     HPを見れば、報酬金が掲載されてます。相続した値段の◎%……とか、我が家は地方ですが400坪の土地と建物が三軒、ざっと計算すると!!。
     報酬が高いので、自分でやる方も増えてきているそうです。相続で家族間で揉めることが無く、役所や法務局に数回通う時間があればできますと法務局の方に聞きました。
     もちろん、相談員さんが居て丁寧に教えて貰えるようです。
     順当に行けば、今後も3回は相続手続きをすることになるでしょう。
    なので、自分でやることにしました。

    ユーザーID:7092581081

  • 行政書士です

    行政書士の15万はともかく、司法書士の7万はむしろ安いと思いました。
    まぁ行政書士単体だと15万は高い気がしますが、税理士としての報酬込みですし、一年かかったならそれなりに手間だったのかも(単に行政書士が司法書士に回すのが遅かった可能性もあり)。

    今は若手でネット見積もりも対応している事務所も多いですし、事前に費用を教えないような不誠実な所は避けるべきと思います。

    ユーザーID:0464387840

  • 情報が少なすぎて

    何とも言えません。

    遺族間で遺産分割協議書等が終了済みで単純に登記を依頼しただけなら高すぎると思います。
    ただ、土地価格で登記費用は変わりますが、登記免許税と報酬を入れると凄く安い気がします。本当に報酬が入っていますか?

    また、依頼してから一年も経って手続完了という事ですが、何かの処理していたのでは無いでしょうか?
    遺産相続の登記なんて、素人でも出来る簡単な内容で、法務局での処理日数にバラつきはありますが幾らなんでも2週間程度で終了です。

    ただ、相続処理で何かの処理(遺産の分割協議書作成等)をしていたとすると安すぎる気もします・・。

    いえる事は、業者に何か頼むときは5万円程度は最低でも必要と考えていた方が良いと言うことです。

    ユーザーID:6436299594

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主です

    早速の返信ありがとうございます。

    税理士報酬の相場検索しました。
    遺産総額の0.5%〜1%だそうです。

    司法書士から受け取った請求書に記載されている登録免許税22000円から、逆算すると土地の課税標準額は550万円。

    1%の報酬と考えても5.5万円でした。

    夫が死亡した当時、私たちは海外に移住していましたので、遺産はこの土地のみです。

    これをふまえ報酬額の交渉をしたいのですが、検索して得た報酬の相場0.5%から1%というのが、信じられる(実効性のある)数値であるのかどうかが不安です。

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • そんなものかな

    まあ、そんなものだと思います。
    大人が3人働いて、実費・税金込で22万円ですから。

    ユーザーID:0337925350

  • 高い

    高いと思いますね。
    税理士としての仕事はないです。相続税はかかりませんから。
    じゃあ、その人は何をしたのでしょうか。司法書士に話を振っただけですね。

    それで15万円は高い。
    どのような業務を行ったのか、業務の内容の報告を求めましょう。
    依頼者にはその権利があります。

    ユーザーID:1663516618

  • 行政書士ですが・・

     妥当な金額でしょう。相続開始時にトピ主は海外に住んでおられたのですね?
    そうすると領事館でのサイン証明が必要になるはずですし、日本の戸籍も揃えなければなりません。郵便でのやりとりとなると何ヶ月もかかるでしょう。
     ちなみに確かに税理士や弁護士報酬はその価値のなん%となってますが、五万円程度の報酬でこんなことを受ける士業はいません。(10万円の訴訟で1万で受託する弁護士はいないでしょう)
    行政書士の報酬は今は自由になっています。まぁ相場としては一時間3500円程度で換算して7万だと二日です。その程度で完了する案件ではないのでは?
    当事務所ならよほどの顧客から紹介されるかしないと受けない案件です。

    ユーザーID:8559277609

  • びっくりな展開です1

    皆様 レスありがとうございます。

    電話で15万円は高いとわたしも思いましたが、それには触れず土地の処分について尋ねました。
    「処分については一銭もいただきません、正直な不動産業者を紹介しますよ。」と税理士のかたはおっしゃいました。

    一番最初に会ったとき(去年の1月)、わたしは土地の相続と処分についてお願いしていました。
    処分が難しい土地であることも説明しました。(公道に接していない土地です)
    「処分について、わたしの力が発揮できますね」とおっしゃいました。

    が電話では処分の難しい土地であることをすっかり忘れている様子。
    再度、説明したところ、「では土地の絵を書いてFAXで送ってください。」とおっしゃるので、
    そうしました。

    土地の処分について、いいアイディアを出してくれて、それで処分できるんだったら15万円の価値があるかもしれないな、と考えました。

    FAX 送ったあと、再度電話がありました。


    続く 

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • びっくりな展開です2

    電話のやりとりです。
    土地の処分について
    税理士:「囲繞地通行権」を主張したらいい。
    わたし:通行券を主張して、どうぞ、と言われてしまったら、次にどうしたらいいでしょう?
    税理士:そこが難しいんだよね。

    その先のアイディアはない様子。

    そんな話しをしているうちに「こういうことを弁護士に頼んだらすごくお金がかかるんだよ」
    「報酬はいらない」と言って電話をきられてしまいました。

    わたしは呆然としました。

    土地の処分について大変困っていることを話し、それで引き受けてもらっていたのに、途中で放り投げてしまったわけですから。

    でも諦めるしかないですね。
    司法書士の手続きした相続の書類、全てを税理士が持っています。
    きちんとわたしに渡してくれるのかどうか心配しています。

    続く

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • びっくりな展開です3

    皆様

    お付き合いくださりありがとうございます。

    この問題の土地ですが、義父が亡くなった時に夫と義兄が相続しました。
    公道に面している土地を義兄が相続し家を建て住んでいます。
    公道から義兄の土地を通り、その奥に相続した問題の土地があります。
    その先は高低差があって、(つもり崖です)相続した土地が低いです。2メートルぐらい嵳があるでしょうか。

    義兄に土地の引き取り(ただでもいいから)をお願いしましたが、固定資産税が高くなるからいらないと言われてしまい本当に本当に困っています。

    この土地を管理する市に寄付を申し出ましたが、いらないと言われています。

    この価値のない土地に固定資産税を払い続けています。
    むなしくなります。

    トピの題とは変わってしまい、愚痴になってしまいました。
    ごめんなさい。

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • そうですね

    まったくのど素人ですが。
    相場は全くわかりませんが。
    費用を最初に教えてくれないのは、問題だと思うんですが。
    こういうのって、重要事項説明とか、なんたらかんたらとかって無いのかな?
    費用を説明しなくても業務をやっていいの?
    それでいいなら、ぼったくり放題になっちゃいますけど。
    司法書士とか、行政書士とかって、そういうの無いのかな?
    最初に費用を説明しないと、違反になるとか。
    どうなんでしょうかね。
    無いのかな。
    暗黙の了解で仕事しちゃってるんですかね。
    というか。
    契約しないで進めるのかな?
    でも、そんなもんなのかな。
    たいした金額じゃないしね。

    ユーザーID:2755139889

  • 再度

    >司法書士の手続きした相続の書類、全てを税理士が持っています。
    >きちんとわたしに渡してくれるのかどうか心配しています。

    司法書士に書類の引き渡しを請求しましょう。
    司法書士は、主さんに直接書類を引き渡す義務があります。

    司法書士は、書類を税理士に渡したとかそういうことで言い逃れはできません。
    税理士は放っておいて司法書士とだけ話をすればいいです。

    ユーザーID:1663516618

  • 義兄の土地の形状によるのだけど

    位置関係や形が分からないのですが、義兄の土地に通行権は持てますから、通路を開設すると申し出てみてください。
    ある程度の高さの塀を設ける形で。
    それは困るからと言うことで、義兄が買うか、もしくは、通路を開設すれば、少しは売りやすくなるかも?

    ユーザーID:2257936167

  • 電話を切られたあと

    みなさん お知恵をありがとうございます。

    相続手続きを始めた時はすでにひとりで日本に帰国していました。

    電話を切られたあと、家に帰って税理士にメールを送りました。
    「相続の書類を送ってください」と書きました。
    ccに司法書士のアドレスも入れました。

    それから1週間過ぎましたがまだ届きません。

    「受取人払いでいいので送ってください」と再度メールしたほうがいいのか、このまま待ったほうがいいのか。

    司法書士にわたしから連絡して、対応してもらえるのでしょうか?

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 話がややこしくなりましたね

    前回、司法書士とだけ交渉するようにアドバイスをしたのに、なぜ税理士に書類の請求をするのでしょうか…。

    これで話がややこしくなりました。

    なぜかというと、税理士にメールを送りそれを司法書士に知らせたことによって、司法書士が税理士に書類を渡し税理士から主さんへ書類を渡すことを、主さんが許可したことになるからです。

    前にも書きましたが、司法書士は直接依頼者である主さんに書類を渡す義務があります。しかし、主さんが税理士を経由して書類を受領することに同意をすれば話は別です。
    司法書士は税理士に書類を渡した時点で任務が終了します。
    後は、税理士と話をするしかなくなります。

    いいかげんな税理士っぽいので、渡してくれるかどうか…。
    15万円払わないと書類渡しません、とか言われそうですね。

    もう一度、司法書士「だけ」に書類の引き渡しを請求したらどうですか。もう手遅れかもしれませんけど。

    ユーザーID:1663516618

  • ふむふむさん ありがとうございます

    ふむふむさんからの最新のレスを読んで、なるほどと思いました。
    電話を切られた時点で書類は税理士が持っていると考えましたが、そうであっても司法書士に返してくれるよう連絡すればよかったんですね。

    ただ、ふむふむさんからの司法書士に連絡を、という助言を貰う前にすでに税理士にメールしてしまっていました。(泣)

    メールしたのは、「自分から報酬はいらない」と言ったこと、「突然電話を切る」という非常識なことをした、という記録を残したかったからです。
    そのメールに書類を送ってください、と書きました。

    怒って電話を切る人が素直に書類を返してくれないことに気がつくべきでした。

    これからどうしよう、、、(泣)

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • お金包んで頭下げてお願いするほうが長い目で見ればお得

    そもそも、相続を放棄すれば何の問題もなかったでしょう。
    下手に相続したから面倒になっているのです。
    私は出身地の田舎でこうした事例をよく聞くことがあるのですが、親の世話は一切しないのに相続放棄はせず、大した価値のない土地であっても分割を求める。その後、処分に困って泣きつきに来るがその地に住んでいる兄弟には相手にされない。
    何故かわかるでしょうか。その兄弟を助けたくないのですよ。
    権利と義務は表裏一体なのに、権利ばかり主張する身内は面倒です。
    今もそう。報酬が多少上乗せされていても、処分や手続きを遠方からお願いするしかないのなら黙って払えばいいのです。その土地、持っていて得する事がありますか?
    欲の皮突っ張らかせて損する典型のような事例です。相手を怒らせて放置されたほうがトピ主さんは辛いでしょう。三十万くらい報酬払うので是が非でも処分してください、と頭下げてお願いするほうが良い。もしくは義兄にお金包んで頭下げて引き取ってもらうほうが良い。
    そういう判断ができないから、いつまでも無用な税金払うのです。
    この先何年生きるか知りませんが、無駄に税金払うより良いでしょう。

    ユーザーID:6485226986

  • つまりは処分できる土地じゃないってこと

    固定資産税がかかる心配をするのなら、なぜ相続したのでしょう?放棄すれはよかったのでは?遺産は土地しかないのでしょう?

    公道に接していない土地は、はっきり言って処分できません。隣接する土地の所有者くらいでしょう。ただ、長男さんも嫌と言っている以上、売れないでしょうね。

    相続したいというから、税理士や行政書士の方に頼んだのでしょう?15万には実費の経費も含まれますから、人に頼めばその位かかるのは普通です。

    処分できない、つまりは買い手なんて現れない土地を処分してくれと言われても、どうすることもできないと思います。

    そもそも、相続放棄をすれば済んだ話だと思います。
    崖地なら、固定資産税もそう大してかからないでしょうから、あきらめるしかないのでは?

    ユーザーID:9661317003

  • 妥当な経費と思いました

    私の父は、資金運用や投資、保険を多岐に行っていました。ほぼ金融趣味の人のように見えました。
    亡くなってから資産整理を始めようとしたのですが証書を見つけた以外に何かありそうでした。
    一つ一つの証書を見ると、すべての解約手続きは、本人でないので素人長男の私には手に負えない煩雑さ。こりゃ無理だなと考え始めた時に信託銀行から提案されたのが遺産処理業務でした。手数料は100万円からです。ビックリです。二ヶ月位ですべての金融資産・相続の処理が終わりましたが、さすがに金融繋がり。この道のプロに任せて正解でした。手数料は遺産から引かれたので、私達の負担はありませんでした。
    これで資産・遺産は単純明快にしておくことを学びました。そして資産運用は最後に大損することも学びました。

    ユーザーID:2413111731

  • 相続放棄についても考えていました

    返信してくださったみなさん、ありがとうございます。

    夫が亡くなったあと、問題の土地についての相続放棄について考えました。
    放棄は遺産の一部の放棄はできず、すべて放棄することになっています。
    「すべて」に海外の資産も含まれるのかどうか調べましたが、結局はっきりとした回答は得られませんでした。
    もし、日本での遺産のみであれば、放棄したかったです。

    (移住先の遺産相続については相続専門の弁護士にお願いして完了しています)

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 参考までに

    私のレスが反映される前に既にメールをしてしまっていたのですね。
    それでは仕方ないですね。
    きつい書き方をしてしまいました。ごめんなさい。

    やはり、司法書士に書類の引き渡しを請求するべきでしょう。
    相続登記完了後に発行される登記識別情報(昔の権利)は、とても重要な書類で、これを引き渡さないのは重大な任務懈怠ですから、引き渡しを請求された司法書士は無視することはできないでしょう。

    税理士の報酬の方は、とりあえず書類の引渡とは分けて考えて、税理士から再度請求が来るようであればどのような業務の対価であるのかを明確にすることを求めるべきでしょう。その上で、費用の妥当性の交渉をするべきかと思います。

    トピ文と主さんのレスから推測すると、税理士は何の業務も行っていないように思いますので、15万円は法外な値段と言えるでしょう。
    余談ですが司法書士の費用は相場より大分安いように思います。

    上記、参考にして下さい。ただし、トピ文とレスからの推測でしかないので、あくまで参考までに。

    ユーザーID:1663516618

  • トピ主夫妻は居住者なのか?

    トピ主は海外在住とのことですから、居住者かどうか、国籍はどうなっているか、日本を離れて何年になるか、などにより適用される法律が変わります。基本的には、税金が一番の問題で、税金を支払う義務がなく、債務もないのであれば、資産の所有権の移転等の手続きをしないということも実際上はよくあります。

    日本に戻るつもりはない、夫親族との付き合いもないというのであれば、正しい方法とはいえないかもしれませんが、そのままにしておくという方法が一番よかったのでは?

    とはいえ、もうすでに所有権移転の手続きをしてしまったので、固定資産税は今後も請求されるでしょう。それは仕方ないと思います。トピ主が固定資産税を支払わなければ、近隣に住む親族に請求がいく可能性はありますね。

    ユーザーID:4996383112

  • 2度目ですが

    土地の処分を何故税理士に頼んだのでしょう。
    普通相続の場合、

    司法書士 → 土地登記
    税理士 → 相続税
    不動産屋 → 土地の処分

    だと思います。
    トピ主さんの場合、あまり意味のない行政書士をつかったり、
    税理士に土地の処分を頼んだり、
    頼む人を間違えている気配がありますね。

    道路に面していない土地の場合、
    建物は立てにくいですが、
    資材置き場として使う人はいますので、
    値段次第では買い手がいると思います。

    主様の場合タダでもいいというのですから、
    たとえば、地元の商工会議所で
    そういう需要がないかどうか聞くのも手です。

    もっとも、お兄さんは自宅裏が廃材置き場になると知れば、
    自分で引き取るかもしれませんね。

    ユーザーID:0337925350

  • そもそも・・・

    ご家族は奥様一人だけだったのですか?お子様もいらっしゃるのかな?

    相続の内容によって集める書類の量も種類も変わってくるし
    その行政書士さんと司法書士さんがどういう分担で仕事をしていたのかもわかりませんが
    総額22万円は内容によっては微妙な値段ですね
    奥様一人お子様一人なんていうのだと高いような気はします。
    どんな書類を何通作成したとかの報告も無いのならあまり良心的とは言えない先生だと思います。

    土地売却の話ですが広さが分からないので何とも言えませんが無道路地でも
    それなりに広さがあって日当たりが良ければ太陽光発電の会社等なら工事の時に近隣の土地を通れる
    条件で買ってくれるかもしれませんよ。

    家を建てるのはまず無理でしょうからね。

    ユーザーID:1679092278

  • レスしてくださったみなさん、ありがとうございます

    「トピ主は頼む人を間違えている」
    そのとおりです。
    司法書士、行政書士、税理士のそれぞれの担当分野をはっきり認識せずに頼んでしまったことが、大きな間違いでした。

    また、いくつか質問をいただいていますが個人の特定をされないため、お答えできないこともあることをお許しください。

    昨日、行政が行っている「無料法律相談」の予約を取り行ってきました。
    担当してくださった弁護士さんからの助言はふむふむさんのおっしゃるとおりでした。

    その助言にしたがって進んでいこうと思います。
    数週間かかると思いますが、結果を報告します。

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 残念ながら、

    相続書類は手に入っていません。

    司法書士の方に、「相続書類を送ってください。もし、税理士に送ってしまわれたなら、受け取ってわたしに送ってください」という内容の通知書を内容証明郵便で送りました。

    その返事は「税理士に通知書が届いたことを話しました。
    税理士から書類を返すのが筋だからこちらから返します、という考えに同意しましたので送ることができません。」でした。

    もちろん、税理士から書類の送付はありません。

    どうしたらいいのでしょう。

    ユーザーID:0807447999

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 困りましたね

    予想される展開のなかで、悪い方に進んでいますね。

    主さんが税理士とccで司法書士に送信したメールの具体的な内容がわからないので、確定的なことは言えません。

    1 メールその他の連絡で、税理士経由での書類の返却を希望するか、同意していない場合
    「トピ主は税理士経由で書類を返却することに同意していないから、司法書士がトピ主に直接書類を返却する義務がある。」という旨を司法書士に主張しましょう。

    2 税理士経由での書類の返却を希望または同意していた場合
    税理士と話をするしかないです(この場合は司法書士には何の責任もありません)。
    税理士は、税理士報酬の支払いとは別の問題として、登記関係書類を主さんに引き渡す義務があります。税理士報酬の支払いを受けていないことを理由として登記関係書類を渡さないことは許されません。

    普通は、そんな嫌がらせしても意味がないのですぐに返却しそうなものですけど、世の中いろんな人がいますからね。

    ユーザーID:1663516618

  • なぜメール? なぜ郵便?

    今の問題は、税理士が書類を持ったままで送り返さないということですね?
    では直談判しに行かないのはなぜ? トピ主さんは日本にいるのですよね?
    あなたの問題は、1つの問題があるとそれを無視して、あっちこっちに声をかけてしまうことです。税理士から司法書士そして行政の無料相談・・・、あちこちに声をかけまくっているのに、肝心の税理士とは電話とメールと郵便。

    義兄さんに頼んで一緒に来てもらって、税理士の事務所に行き、「書類を返してください」と言えばいいのですよ。ないとは言わせませんよ。既に送ったというなら普通郵便で送らないはずですから書留などの証拠があるはず。その書類はアナタのものなのですから、税理士が持ち続けることは不当です。

    ユーザーID:7144055146

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧