心や体の悩み

MRIの恐怖を睡眠薬などで乗り越えた方へ

レス27
お気に入り81

きじまる

健康

閉所恐怖症のため、MRI検査を薬による睡眠中に受けた方に、その感想をお聞きしたいです。
今後投薬をして検査する可能性があり、不安です。
その不安とは、途中で効果が切れたり、効きが甘いのにMRIに入れられたりしてパニックを起こさないかという不安です。私の場合、薬が睡眠薬なのか安定剤か、注射か経口薬かも知らされていないのですが、経験した皆さんはどのような薬で効き目がどうだったか、恐怖はなかったかをぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

以下が背景です。
50代、髄膜腫という良性腫瘍が頭の中にあり、再来週摘出手術をする予定です。
その手術前検査のため今日、人生3回めの頭部MRIを受けましたが、あまりの恐怖で機械に入って数秒で出してもらい止めました。
今まで3回は全部違う病院でした。
1回めは何だかよくわからないうちに少しの不安とともに完了、2回めは既に少々恐怖を自覚しながら受けたのですが、技師の言動が乱暴で怖かったため恐怖が何倍にも膨れ上がりましたが、何とか完了。それで私は満員電車が事故で線路上に停車した時に軽いパニック状態になったことや、映画館が苦手なことを思い出し、初めて自分が閉所恐怖症だと知りました。
そして今日この有り様です。今日の技師からは手術のために再度検査の可能性があります、その時は投薬などをします、とだけ言われました。
母もMRIが同じ理由で苦手で、先日セルシン(経口)を処方されましたが全く効かず、途中で逃げてしまいました。
母の話を聞いて、途中で目が覚めてMRIにいることがわかったら自分が何をするかわからないので(暴れそう!)、それがさらに強い恐怖です…。

もう手術も決まっているし病院も変える時間的余裕もないので、このままこの病院で手術まで突き進むしかない状況です。

ユーザーID:3494833132

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数27

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あれは日本一短いトンネルですよ

    関越トンネルは11キロもありますけれどね、入口が開いているなら出口も開いていますから、入ったら出てきますよ。

    それに比べたら
    MRIのトンネルはあなたの身長より短いのです。
    無痛です。
    最近のMRIは、よりワイドになり、音も静かになりましたから大丈夫です。

    人生には苦手でもしなければならないことが時々あります。
    物事を小さな心臓で大きく空想しないで賢い頭で科学的に考える習慣をつけましょう。

    耳栓持っていきましょう。
    マスカラでお洒落要りませんよ。
    心のなかで好きな歌でも歌っていましょう。
    あっという間に終わりますから。

    ユーザーID:2910603453

  • 足から入る、会話ができるタイプのMRI

    いろんなタイプのMRIがあるみたいですよ、私も苦手でした。頑張ってください。

    ユーザーID:3404640645

  • MRIに

    入る直前に(検査技師さんに頭を固定して貰ってる時位)目をつぶってしまえば大丈夫ですよ。


    機械に入ってから一切目を開けなければ狭い所にいるのがわかりません。

    私も何度かやってますが、この方法なら閉所感を感じる事なく検査を終えれています。


    お薬を飲まなくても大丈夫です。


    頑張って。

    ユーザーID:1345983822

  • 安定剤を使用しました

    頭部のMRIは怖いですよね〜!

    最近腹部と頭部のMRIを受けました。
    私は担当医師に以前(10年前)に頭部MRIを受けた際に恐怖を感じたことを伝え今回は安定剤を処方してもらい受けました。技師のみなさんにも安定剤を服用したがまだ恐怖を感じることを伝えたり過去の経験を説明すると、「機械はだいぶ薄くなったんですよ」と機械自体を見せてくれたり「足下が見える鏡を付けられますよ」と選択肢を与えてもらえました。

    結果、無事検査を受けられました。以前より検査時間も短く感じました。機械に入ってすぐに目を下に向けると機械の外の明かりが見えたので安心できました。感じている不安にきちんと対応してくれた技師の皆さんには感謝しています。

    きじまるさんは何が不安に感じているかを伝え、医師と技師にきちんと説明をしていただいた方が楽ではないですか?例えば「投薬と睡眠薬ですか?安定剤ですか?」とはっきりさせたり。もしかしたら造影剤かもしれませんよね。過去の検査で感じた不安感も説明するとよいとも思います。医師や技師には対応策があるはずです。

    ユーザーID:2652886079

  • 自己暗示

    MRI ってそれほど閉所でもないじゃないですか。それに目をつぶってるし。

    それでも駄目なら麻酔してもらうしかないでしょう。

    ユーザーID:3254272556

  • 睡眠中に受けました。

    はじめまして。
    私は緊張すると不随意運動が出てしまうことがありますので、下肢全体のMRIを撮りました。
    セパゾンと言うお薬を検査の30分位前に飲んで、検査中は目をつぶっていたら、寝ている間に終わっていました。

    ユーザーID:5041140345

  • 安定剤でしたが、効果抜群でした!

    きじまる様の不安がよくわかります。

    今迄数回、別個の病院でMRI検査を受け、
    それはそれは恐怖でした。
    とてつもなく長い時間に感じられました。

    つい最近もMRI検査を受けることになり、
    何とか頑張るしかない、と自分に言い聞かせましたが、
    どうにも耐えられなくなり、
    検査が始まる前に「出してくれ〜い!」と要求しました。
    「とても耐えられないので、止める」と言いました。
    すると技師の方が「では安定剤を注射しましょう」とおっしゃいました。
    「え? そんな方法があったんかい」と、ビックリしました。
    今迄どこの病院でもそんな事を言われた事がありませんでしたので。

    「それ、本当に効果があるんですか?」としつこく確認すると、
    「今迄何人もの人が安定剤打ちましたけど、皆さん大丈夫でしたよ」

    というわけで、安定剤を注射して臨みましたが、
    いやあ、楽なの何のって。
    うつらうつらしている間に済んでしまいました。
    途中で覚めるなんて事もありませんでした。

    私には安定剤の注射は、効果抜群でした。

    ユーザーID:0651069014

  • 恐怖症の治療をしては?

    精神病ですので、精神科医へ通って治療してはいかがでしょうか。

    私の周りにも恐怖症の方、たくさんいます。驚くほど多いです。
    高所恐怖症、閉所恐怖症、先端恐怖症・・・聞いた事も無い恐怖症を名乗る方もいます。
    ちゃんと診断してもらった結果なのか、かまってほしくて大げさに言ってるだけなのかわかりません。

    私も、高いところや狭いところ怖いですが、誰でも感じる程度だと思うし恐怖症とは思っていません。
    本当に高所恐怖症の方だと、1mくらいの高さでも、足が震えて動けなくなるそうですね。

    ユーザーID:5716200034

  • 確かに狭いところですが。

    針が出てくるわけでもないし 鬼もいませんよ。

    それよりも 頭の中をちゃんと調べないで手術する方が怖くないですか?
    (まぁ MRIなんて昔はなかったものですが 今の手術技術自体 昔はなかったものかも知れないので)

    狭くても死にません。
    あんな頑丈な箱に入ってるんだから 万が一にもつぶれることもないです。
    技師さんが怖くても あの方達はブスッと刺してくる訳じゃありませんから。
    乱暴で怖いって・・・毎日何人も相手にするんですから ぶっきらぼうになっちゃうこともあるでしょう。 

    私も先日受けてきました。
    3度目ですが 昔より時間は短いし 中は明るくなってるし よかったですよ。

    ゆっくり呼吸をして 何か楽しいことでも考えませんか?
    薬が効かないかも なんて考えたら 本当に効かなくなっても困るから 
    今広い原っぱにいて 花が咲いてるな〜とか。
    (あの音の中ではなかなか難しいでしょうけどね)
    怖いように勝手に想像しないで いいことだけ 楽しいことだけ考えてみましょうよ。

    がんばって〜〜!

    ユーザーID:8268324040

  • 私も出来ませんでした

    はじめまして
    私も閉所恐怖症なのですが、初めてMRIを受けた時、部屋に入る前の注意書き(受けられない人)のところに「閉所恐怖症の方」という記述を見て不安になり、案の定、始まってすぐに不安になり中止となりました。
    私の場合はセルシンの筋肉注射を打ってもらうと大丈夫でした。眠気が来て朦朧となり、不安感がなくなりました。それでももし怖くなってきたらボタンを押せばMRIから出してもらえるので、いざとなれば押せばいいと思うようにしています。
    それにしても、技師の方の言動が乱暴というのは不安を増幅させますよね・・・私の場合、ついていてくれた看護師さんが私の不安を察してくださりずっと手を握ってくれたのが嬉しくて、がんばろうという気持ちになりました。
    病気の克服のためにつらい治療だとは思いますが、元気になれる事を目標にがんばって下さい。応援しています。

    ユーザーID:6961173292

  • いちばん効いたのは、タオル。

    ★首に疾患があり、年2回受けています。
    手術より怖い思いをしました。
    時間がかかるのでよけいに恐怖がまします。
    (パニックになります)

    精神安定剤を頂いたりしましたが、遠方の病院に独りで通うため、
    あまり薬に頼ることができず、対策を練りました。

    まず、受ける前に看護師さんに
    状況をお話して、耳栓をもらいます。

    そして持参した濃い色のタオルを
    あのトンネルに入る前に顔にしっかりかけます。
    (アイマスクでもいいと思います。アイマスク+タオルでも)
    つまり、絶対にトンネル内を見ません。

    友人は、もっと重症で
    検査室に入る前から目隠しし、手を引いてもらって
    検査機械まで進むそうです。
    ワケを話しておけば理解してもらえます。

    それから、耳栓をしても音は響きますから、
    楽しいイメージを心に描くように努力します。

    がんばってください。

    ユーザーID:9190267938

  • 閉所恐怖症は、病気なのです。

    したがって、「気の持ちよう」とか、「耳栓する」とか、「目を閉じる」とか、
    「他の楽しい事を考える」とか、「心の中で歌を歌う」とか、
    全然意味が無いのです。
    そういうレベルの問題ではないのです。
    これを根本的に治すには、治療を受けるしかない「病気」なのです。

    日本人の1割程度の人達が罹患している、といわれています。
    MRIを体験して、初めて自分が閉所恐怖症であることを認識した、
    という人は随分多いのです。
    それなので、機械にもいろいろ改良がなされるようになったそうですが、
    高価な為、ガガン! ゴゴーッ! ドーン! という大きな音のする、
    昔ながらの狭い機械に入らざるを得ない場合も多いです。

    きじまる様にとってどんなに辛い事なのか、
    この病気じゃない人には理解できないんだなあ、と、他の方々のレスを読んで知りました。

    きじまる様、
    ご自分が閉所恐怖症であり、現在どんなに不安に思っているか、
    医師にしつこいくらいに訴えて下さい。
    映画館も苦手、というのは相当だと思います。

    2度目失礼致しました。

    ユーザーID:0651069014

  • 閉所恐怖症です

    突発性難聴になり、治療の為高圧酸素の機械に入り、閉所恐怖症になりました(数分でダメでした)
    暫くはエレベーターにも乗れず(今でも乗れないタイプもあります)車の洗車機は乗ったままでは無理なので、急いでおります
    こんな私ですが、昨年の秋にバセドウ病の眼症検査の為、MRIを受けることが出来ました
    今でも満員電車も怖いですが、MRIを受けることが出来たことは少し自信につながりました。

    私が試したこと
    1、好きなアロマの香りかぐ
    2、目のため口を動かすことも出来なかったのですが(もちろん頭固定の目隠しです)大好きな歌のメドレーを作りを頭の中で歌いました
    MRIの時間は15分位でしょうか、イントロから頭の中でずっと歌って、4曲目位で終わりました。レパートリーを後数曲用意していたので、思ったより早く終わったと思いました
    早く歌を歌わないように、指でリズムを刻んで歌いました、緊張で歌詞が飛ばないように、病院に向かう途中もずっと歌いました
    (検査中は目のためハミングも禁止されたので頭の中ですが)

    本当に怖いですよね、分かります。
    どうか15分乗り切ってください

    ユーザーID:6896565047

  • 大丈夫でした

    MRIって嫌ですよね…。

    私は初めてのMRI中にパニックになり、途中で逃げ出してしまった事があり
    それをきっかけにきじまるさんと同様の物が苦手になってしまって
    心療内科を受診し頓服として安定剤を処方してもらいました。

    その後も何度かMRIを受けましたがその薬を飲んで何とか乗り切ってます。
    精神的な部分が大きいので「この薬、絶対効く!」って思い込むようにして。

    それと、MRIの時ではありませんがある検査中に鎮痛剤を投与されたことがあります。
    こちらはあっという間に効き目が出て、すぐに意識が朦朧となりました。

    また、私の場合は技師さんに必ず「ものすごく苦手です」と伝えることにしています。
    相手が自分の状態を知っていてくれてると思うだけでも気持ちが落ち着くんです。
    それと「どうしてもダメな時はすぐに出してください」ともお願います。
    絶対にやらなきゃいけないと自分にプレッシャーをかけすぎるとさらに怖くなってしまうので。

    今後手術も控えてるとの事で、たくさんの不安を抱えて大変だと思います。
    どうか全てが上手くいきますように。

    ユーザーID:0828877894

  • MRI.MRA検査回数20回以上

    検査室の中は明るいですよね。
    頭の固定、脚の固定(たまあります)は大丈夫ですか?
    カプセルの中に入っていくのが怖い・・アイマスクはどうでしょう。
    音がうるさすぎる・・ヘッドホンは如何ですか?これは病院によってはあります。
    時間も昔は20分以上かかっていましたが、今は10から15分です。
    私は、そういう経験がないので、眠ってしまったことがあります。
    それでも駄目なら、他の方の言う通り薬の力に頼るしかないと思います。
    只、トピ主にとっては重要な手術の前の大事な検査です。
    そこを認識して、判断すべきかと思います。
    つまり、嫌だと駄々をこねている場合じゃないと思いますが。
    技師の言葉が乱暴(トピ主が中々検査台に上がらなかったとかでなければ)であったのなら、クレームを入れてもいいと思います。

    ユーザーID:4302457280

  • いざとなりゃ寝かせてできると思うんだけどなあ

    大人の話は別件だと思ってレスしなかったのですが、なかなか大変そうなので…。

    ウチの息子は0歳の時からMRIを受けてます。
    小4の今は年2ペースになりましたが、以前はもっと頻繁でした。
    乳幼児はどうしたって動いてしまうので、
    「トリクロリールシロップ」という経口の鎮静剤でしっかり眠らせて抱えて入室し、
    大人が台上でポジショニングして受けさせます。
    このトリクロが劇マズなのでウチの子は大嫌いで、
    3歳過ぎに「僕トリクロ要らない!」と言い張って素で撮って貰うようになってました。
    が、今年に入っての撮影時、技師さんから「眠らせないで大丈夫ですか?」とのご下問が。
    現在152cm40kgの息子に。
    私ビックリして「こんなにデカくなっても眠らせることがあるんですか」と聞き返したら、
    「ん?動くならやりますよ」と普通〜に言われました。

    150超ならもう成人女性に近い体格。
    ということは、成人女性も必要ならキッチリ眠らせて貰えるはず。薬剤は違うかなと思いますが。
    だから「しっかり寝かせてから機械に載せて貰えないか」と聞いてみてもいいと思いますが。

    ユーザーID:3513240335

  • より

    オープン型のMRIというのも置いてある病院がありますよ。
    ネットで検索すれば案外出てきます。
    主治医に事情を説明して、紹介状を書いてもらいそこで受けてきたらどうでしょう?

    ユーザーID:3435292459

  • MRIも人のつくったものだし自分が作ったと思うとか

    今度、ためしに健診のオプションにいれてみたけど
    昔交通事故していたし。なんかバランス悪いんで。
    ああそう言われると、こちらがこわくなるなぁー。
    でもみつかってよかったですね。
    知人は、動物をあげてみてと言われて、猫も像も亀も言えなかったが手術したら
    すらすらと出るようになったとか。
    その方は70過ぎです。
    きじまるさんはもっと若いですし。
    妄想だけど。
    ホラー映画でこわいときは
    いざ私がこの映画とるなら、と考えると少し大丈夫です。
    歌を歌うも
    いいですよね。
    たまにふとんかぶって歌ってみるとかどうですか?
    お風呂でまっくらでとかやってみるとか。練習?

    ちなみにピアノでグールドっていうアーティストがいるんですけど
    知ってたら失礼なんだけど、
    バッハの
    G線上のアリアを繰り返し聞くと落ち着きます。
    オーケストラでないやつですよ。
    たまに鼻歌うたってるのがきこえるんですよ。

    ユーザーID:2596555757

  • これは話のネタに・・・と思って

    脳のMRIを6年くらい前にしました。

    今はもっと進歩しているんでしょうね。

    直前に、地震があったので、「途中で地震があったら、怖い」と先生に言うと、「ある意味安全かもしれませんよ」と言われ、少し安心して受けました。

    最初は、音がものすごいし、怖かったので目をつぶっていましたが、

    この経験はもう2度としないかもしれない。しっかり見ておかなければ、損!

    と思って、目をあけたら、明るかったので、こんなもんか・・・と。

    造影剤を打つので途中で出されて、気が付かないうちに、打っていて。
    これは、痛みがない注射針なのか・・・とか思い、

    合計25分くらいいましたかね・・・

    そんなに深く入りませんよね。頭の部分だけだったような。

    睡眠薬を打ってもらえるんですか・・・知らなかった。

    ユーザーID:2759928173

  • わかるわー

    私も腰を見て貰うため、
    初めて入りました。
    もうびっくりしてすぐ、出して貰いました。しかも、自分が動くからよけいパニックで少し落ち着かせて貰ってから頑張りました。途中でボタンを押したい時が何回も有りました。一所懸命違う事考えたり歌を歌ったり音がうるさいからよけいドキドキでした。

    二回目は違う病院で音も静かで顔を出してくれたのでスムーズにできました。でも、我慢もありました。

    パニックの人は無理しないで鎮静剤で終わらしてもらってください…
    目が覚めれば終わってます。しかも頭は固定されるのですか?よけいパニックになりますよね…

    若いときは楽しかった思いが今では恐怖になるんですよね…
    もちろん、自分が病気になればそれなりに精神的にも変わってきますから安心してチャレンジしてみてわ。
    病院も変えれないのであれば今の主治医と相談なされてください…ファイト!!

    それと、これからのために狭いとこで寝てみるのも良いかも…段ボールで自家製MRIとかね…

    ユーザーID:3329903305

  • 皆さん 本当にどうもありがとう。

    トピ主です。
    やっとここに戻ってきました。書き込んでくださった皆さんも、もうここは見ないかもしれませんが、温かいレスがいっぱいあり、お礼を書かずにいられません。

    閉所恐怖症さんがおっしゃる通り、これは病気なのでしょう。歌や花畑などの対策は、2回めまでのMRIの中で私もやりましたがまったく効果なし。本当にそんなレベルの問題では無いのです。死なないことや検査の重要性もわかっています、でも全身毛穴が開き汗が滲み目は涙でいっぱいです。体が言うことを聞かないのです。同じ病気の人のみが分かり合えるのでしょうね。お言葉に救われました。

    結局術前のMRIは1時間超え、手術後もう一度受けました。血管造影のためです。安定剤(点滴)もすぐに切れ目が覚めました。術前のMRIは検査技師の方が1時間手を握り続けてくれて、耐えることができました。心から感謝です。でももう2度と受けたくない気持ちです。

    手術は成功し、1ヶ月で仕事に復帰し元気です。回答には目が覚めなかった安定剤や鎮痛剤の体験もいただきました。今後もしまた受けることがあれば、病院に言ってみようと思います。ありがとうございます。

    ユーザーID:3494833132

  • 閉所恐怖症ですが大丈夫でした。

    ダイビングで閉所恐怖症になりました。

    確かにMRAで頭の部分だけ見ると閉所って感じですが、普通にトンネルってかんじでしたよ。
    公園とかにトンネルとかないですか?

    閉所恐怖症の人は事前に告知してくださいと言われました。なので告知したのですが、告知だけで薬とかもらえませんでしたね。
    どんなに怖いかと思ったのですが、これは閉所ではなくて大きな音恐怖症の人が嫌になるタイプだと思いました。

    中は明るめ。別に息ができないほど狭くない。ただしうるさい。キーンガガガピーって感じです。

    でもそのうち眠ってしまいました。
    終わって起こされたときは少し不満でした(いいところで起こされた)

    ユーザーID:1685733248

  • 私も、

    一度やったら
    私って閉所恐怖症だったんだとわかりました
    2分ほどで、
    だしてー!!と騒ぎました

    2回目以降は
    すごい怖いんです!!
    と先に言っておけば、いろいろ声をかけてくれたり
    好きな音楽をかけてくれたり結構親切にしてもらえます

    ユーザーID:1823966130

  • MRIが苦手な方へ

    私は、New Code NLP(神経言語プログラミング)という心理手法を主に使って心理カウンセリングをやっています。この手法は、1975年にアメリカで始まった新しいやり方で、日本では、この手法でのカンセリングをする人は、少ないと思います。 さて、この手法は、閉所恐怖症などの症状を、短時間で緩和できます。実際に、閉所が苦手で何時でも脱出出来る様に各駅電車しか乗れなかったクライアントさんが、1回のNew Code NLPのWorkというエクササイズをして、電車に乗れ、飛行機で海外出張も出来る様になったケースがあります。
     あの狭いMRIに入って気持ち良い人は居ません。 我慢できない人は、一度、NLP手法を使ってのカウンセリングを受けてはどうかなと思います。

    ユーザーID:7903077263

  • 本日受けました

    初めてMRI受けてきました。一回目、パニクってしまい、非常ボタン押してしまいました。汗がでて、心臓がバクバクしてました。
    それでタオルを顔にかけてもらい、美容院のシャンプーだと思うようにしました。
    それで落ち着くことができ、2回目で終了することができました。
    タオルがいいですよ。アイマスクをすすめられましたが、やはり目に圧迫感があるので軽いもので光は少し入ってくるけど、まわりが見えないくらいがいいです。

    今日の体験で自分が閉所恐怖症だとはじめて知りました。

    ユーザーID:7589398116

  • わかりますよ、トピ主さん

    私も閉所恐怖症です。
    スーパーで働いたとき、小さめの倉庫から商品を補充してくるとき、
    ものすごく恐怖を感じました。
    中は明るくドアは中から押せば空く大きな取っ手がついてましたが、胸がどきどきして
    絶対に閉めないで開けっ放しにして素早く出し入れしました。
    でも耐えられず3日でやめました。

    MRIは2回体験しています。
    一度目はすごく怖くて「閉所恐怖症です」と言ったらにこにこして「よくいます。
    怖かったらすぐやめますから」と励ましてくれたので、心強かったです。
    体がすぽっと入るタイプでしたが足から先は見えていて思ったほどトンネル感がなかったこと。
    ヘッドフォンでBGMが流れていて気を紛らわせたこと、目をつぶっていたので克服できました。
    これは自信がつきました。

    二度目はオープンスライス型というすごく薄いタイプだったのでこれなら大丈夫と思いました。
    ただBGMはなく音がよく聞こえました。前回の長いタイプでこれだと無理だったと思います。
    検査時間が長いのですね。恐怖よくわかりますよ。
    いろんな病院に電話して型や不安対策をしてくれる所を選ぶといいですよ。

    ユーザーID:5544744890

  • 今日のお話

    トピ主様、そして同恐怖症の皆様お気持ちお察し致します、私も極度の恐怖症の一人です、以前心筋梗塞で入院する際にMRIに入る事になりました、一回目はどうきが激しくなり失敗、二回目は担当医師に眠剤投与をお願いしてすんなり成功しました、おススメです、そして今日CTスキャンの検査がありました、事前に医師から聞いたところMRI程の巨大な圧迫感はなく、大きめの浮き輪位の機械に10分入る検査だと聞きました、10分?大きめの浮き輪に10分か、そのまま承諾しました造影剤が注射されその浮き輪が動きだし足元から胸部で止まりました、又どうきが始まり汗が噴き出ました・・・長い10分間でした、終わりに 閉所恐怖症の皆様へ検査の際は医師に相談し眠剤をお勧め致します。

    ユーザーID:6250918018

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧