• ホーム
  • ひと
  • 「誰のおかげで食べさせてもらってるんだ」

「誰のおかげで食べさせてもらってるんだ」

レス76
(トピ主1
お気に入り78

家族・友人・人間関係

ふりか

タイトルのセリフを、父親が高校生の娘に言うのはありでしょうか。
今振り返ってみて、今の現代日本では、せめて高校を卒業するまでは
金銭的にも親が責任を持つのは当たり前だと思うのです。
それが出来ないなら、子供を産まなければいいだけで。
そう反論すると、戦後生まれ、中卒の父は
「俺はいつも腹をすかせていた。お腹いっぱい食べられるだけでありがたく思え。」と。
時代の違いとはいえ、何だか釈然としません。

ちなみに、父は娘には全く興味がなく、、今住んでいる住所、電話番号も
知りません。(教えても覚えていませんので)1年に1度話すかどうかです。

ユーザーID:8044672331

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これだけ単発の情報だと

    なんとも…

    もしかして父親がそういわざるをえない出来事が前後にあったのでは?


    トピ主が娘さんの立場で、自分の父親から言われたということでしょうか?
    (現在進行形ではなく過去の出来事?)
    で、現在はほぼ疎遠。
    過ぎたことを蒸し返すようななにかがあったのでしょうか?

    ユーザーID:7928505562

  • そう言う態度だから怒鳴りたくもなってくる

    貴方は御本人の、かつて高校生だった娘さんですね?

    >せめて高校を卒業するまでは金銭的にも親が責任を持つのは当たり前だと思うのです。

    ぬけぬけと・・・まあ、甘やかされて育ってますね。
    こんなことうちの娘が言ったら、ソク学費の借用書書かせますよ。

    貴方は何不自由なく育ちました。それを感謝もせずに父親をバカにしてる。
    その態度をまず直して下さい。

    永遠に父親をバカにするつもりなら一生それでも構いませんが、バカの親が稼いだ遺産は放棄して下さい。
    そのくらいの覚悟でどうぞ。

    ユーザーID:0721055693

  • 分かりきったことを言うのは無粋

    親のおかげで毎日食べられ、学校に行かせてもらっている。
    高校生にもなれば、そんなこと分かりきっています。
    それをあえてわざわざ声高に言うのは、無粋というものです。

    それに、その理屈で娘さんをねじふせるつもりなら、
    娘さんが自立した瞬間、親は用無しです。
    実際そのつもりならそれでも良いのですが、そううまくいかないのでは。

    言いたきゃ言えばいいけど、後々のことを考えると、賢明じゃないという感じです。

    ユーザーID:4161193151

  • 1年に1度はなすかどうか

    の相手に、
    「誰のおかげでたべさせてもらってるんだ」と言われるような言動をする娘ってどうなんでしょう。

    親が子供を食べさせるのは当たり前。
    でも、子供が親に感謝する気持ちを持たないのはどうでしょうか。

    高校生にもなった娘が、親に感謝する気持ちを持てないなんて
    それまでの躾の問題だと思いますが。

    質問は、父親が高校生の娘に言うのがありかどうかですが、
    高校生の娘が、父親にそんなことを言わせるのが「なし」ですね。

    ユーザーID:5579453533

  • 義務教育は中学まで

    「誰の金で養ってもらってるんだ」

    この台詞って、感謝や親(自分)を敬う気持ちがない家族に対して出てくる言葉ですよ。
    まず、わが身を振り返って、育ててくれたことを感謝したらいかがですか?

    >今振り返ってみて、今の現代日本では、せめて高校を卒業するまでは
    >金銭的にも親が責任を持つのは当たり前だと思うのです。

    親に責任があったって、子に感謝や敬いの気持ちがなければ高校の学費を出す義務はないんですよ。
    トピ主のように甘えることばかり、親の脛かじりながら感謝すらしない反抗的な子供に、親だからって無条件でお金出せますか?
    出す親もいますが、そういう人は典型的な「ダメ親」と呼ばれてますよね。

    高圧的な親が不満なら中卒で就職して夜間学校なり通信教育なりで勉強すればいいだけのこと。それをしないで「高校までは親が養うのは当たり前」と言うのはただの甘えだと思います。

    ユーザーID:7283002843

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • アリだと思います

    言われるのがイヤならとにかく早く自立すればいいだけのこと。
    自立して初めて、親が当然のようにやってくれていたことを自力で賄うことの厳しさを知って
    初めて親の有難みを知ったり尊敬につながると思います。

    最近の親は過保護で子を守り優遇しすぎで、自立への気付きやきっかけを与えていないと思います。

    『大学の学費で何百万払ってると思ってるんだ』しょっちゅう言ってプレッシャーを掛け続けています。

    ユーザーID:1282819365

  • 当たり前の事でも感謝は必要

    その発言の前の会話がわからないので
    良いとも悪いとも言えませんが
    食べ物を粗末にするような事をしたり
    親をバカにするような発言があれば
    言われて当然の事だと思います

    親が生活の面倒を見るのは当たりかもしれないけど
    それに感謝できないで偉そうな態度をとる子供なら
    そう言われても仕方ないでしょうね

    >「俺はいつも腹をすかせていた。お腹いっぱい食べられるだけでありがたく思え。」
    これは時代の違いの問題ではありませんよ
    お父さんは自分の経験を踏まえて言っているだけで
    生死にかかわるくらい
    まともに食事をできない人間は現代にも大勢います
    そんな生活ではなくまともに食べられる環境である事は幸せな事ですよ

    トピ主さんは当たり前の事には感謝する必要はないという
    考えの人なのですか?
    何かにお金を払ってやってもらったら
    お金を払っているんだから、と感謝もお礼も言わない人
    なのでしょうか
    そうだとしたら人として問題ありですよ

    ユーザーID:8893804731

  • いやいや

    「当たり前だ」と思い感謝もしないのはどうかと思います。

    その発言自体は褒められたものでもないし、言うべきではないと思いますが、私は子供のころから母に「お父さんのおかげで生活できるんだからね。感謝しなきゃだめだよ」と教えられてきました。
    子供産んだって育てない人もいる、義務教育は中学校までですから、そこで放り出すこともできなくはないです。
    高校に入ったら、お金のことも少しは気にして、働いてくれている人、自分の親に感謝はすべきだと思います。
    「生んだのだから当たり前だろ!」という気持ちにはなれませんし、自分の子供にそのようなことは言わせません。

    ユーザーID:2647582026

  • レス

    「当たり前」とか言われたり、態度に出されて嬉しい親いますかね?
    親も子供もただの人間。

    「娘・息子(子供)だから当然!」と自分も甘えた考えがあるから感謝も出来ないのでは?

    ユーザーID:7057034805

  • そう言うしか威厳を示せないから。

    コンプレックスを隠しながらも、人と比べて不満を抱えているので、
    家族が思い通りにならないと、そのように吐くしかないのです。

    戦後生まれ(昭和20年代)は中卒はかなりマイナーです。
    自分のひもじさと今とをくらべてもしょうがないのにね。

    子どもを持つのは親の勝手です。
    子どもに当たるのは理不尽。
    でも、まだ、子を持って一人前という価値観が幅を利かせた時代でもあります。
    父親の哀れも感じます。

    トピ主さんは、その成長した娘さんですか?
    私の夫も、結婚した娘の住所等、必要に迫られるまで知りませんでしたよ。
    妻に丸投げ、ですから。
    団塊世代とはそういう人たちなのかもしれません。

    ユーザーID:1006136632

  • 娘を持つ父親です。

    私の場合は生まれたのがもはや戦後ではないといわれた時期でしたので、
    民主主義教育とか戦前教育の否定とか、
    とにかくトピックスにあるような父親像は否定されてきました。
    ただ、僕らの父親は戦前戦中の生まれです。
    ですので、主様のおっしゃることもお父様のおっしゃることもよくわかります。

    一つ引っかかるのは、親は。。。。。当たり前というのは当たっていません。
    道徳的にそうあるべきだという程度のことで、
    現実に育児放棄や子供を置いて蒸発なんていう親が現に存在し、
    しかもそういう親が刑務所に入れられるということが無い以上、
    これは当たり前のことなんかではなく、
    そうしてくれた親がありがたいと思うべきです。
    ホームレス中学生って知ってますよね。
    また桂雀々という落語家もお母さんが蒸発。
    お父さんは夜逃げ。
    中学生の彼一人家に取り残されて、
    借金取りに脅かされたなんて経験があるそうです。

    トピにあるお父様はたぶん実父様のことと推察しますが、
    もし主様に心の余裕が生まれたら、
    一度わだかまりを解いて整理なさってみてはいかがと思います。

    ユーザーID:7928416127

  • どちらもなし

    父親が娘に「誰のおかげで・・・」を口にするのははしたないと思います。
    間違いではないけど、そんな言葉を口にするようでは人間的な格が下がってしまうとでも言いましょうか。

    一方娘が親に向かって「高校を卒業するまで・・・」と言うのはおこがましいですね。
    やっぱり間違いではないけど、親の庇護下で生きてる人間が親に向かって言う言葉ではありません。

    正しいか間違ってるかが問題ではないのです。
    それを言うのがふさわしい場であるか、ふさわしい場合であるか、自分がふさわしい人間であるかをわきまえた方が良いということなのです。

    ユーザーID:5049742009

  • 釈然としないのは、トピ文自体。昔の話か今の話かよくわからん。

    >タイトルのセリフを、父親が高校生の娘に言うのはありでしょうか。

    ありだと思います。

    >今振り返ってみて、

    ん、昔の話ですか?

    >今の現代日本では、

    やはり今?

    >せめて高校を卒業するまでは金銭的にも親が責任を持つのは当たり前だと思うのです。

    同意しますが、責任を持ってくれることに娘は感謝の念を持たないのかな。
    それとも当然の権利とでも言いたいの?

    >それが出来ないなら、子供を産まなければいいだけで。

    産んで貰ったことは感謝しないの?

    >そう反論すると、

    やはり現在の話なの?

    >戦後生まれ、中卒の父は 〜
    >時代の違いとはいえ、何だか釈然としません。

    時代は違っても、お腹いっぱい食べさせてくれることへは、少しは感謝
    しませんか?

    >ちなみに、父は娘には全く興味がなく、

    ん?本当?貴方の思い込みじゃないかな?

    >今住んでいる住所、電話番号も知りません。
    >(教えても覚えていませんので)1年に1度話すかどうかです。

    じゃ、最初の口論は昔の話?

    トピ主さんは、昔の高校生ですか?

    ユーザーID:0504799563

  • 当たり前?

    世の中に当たり前なんてないよ。
    多数派とかがあるだけ。

    今は朝太陽が東から昇るのが当たり前でも今後はわからないしね。
    今のところ元気な人に今まで通り明日が来るのかどうかも決まってはいない。

    >タイトルのセリフを、父親が高校生の娘に言うのはありでしょうか。
    ありなしって事は無いのでありはあり。
    もちろんそれを言う事による主さん(娘)からの心象悪化等の結果は言った本人が負うだけ。

    言論の自由は何言っても良いって事だけでは無く、言った責任、生ずる事も含めてお前の責任と言う事での自由なので。
    ある意味怖い事です。

    なのでこういう立場ならこう言うべきとか、マナーとか、モンペだとかはすべて言う側の自己責任での権利問題なので言われる側からするなと言うのは無理です。
    今回のセリフはいわゆる言っちゃいけない事とよく言われるものではありますが、あくまでも貴女が思う父親像の正解に則していないと言うだけで、貴女が気にしないなら問題にもならない事でもある。

    だって貴女だって仮に「世の中の多くの子供は親に口答えしない」とか言われても、黙って良いなりになるのも無理でしょ?

    ユーザーID:1435770113

  • ほとんど言わない

    ほとんどの親子では、その言葉は出ないんじゃないでしょうか?
    トピ主さんはどういう態度をとった時、そのセリフを言われたんですか?

    トピ主さんの態度によっては「あり」になるかもしれませんし。

    ユーザーID:5139088868

  • 反論するとき

    俺は女房と喧嘩して反論してくると「誰のお陰で食べさせてもらってるのだ!?」と大声を出す。
    食って掛かってくると暴言を吐いてしまう癖が出る。
    生意気なことを言って反論してくるとつい子の言葉が出てしまうのだ。
    因みに、子供には一度も言ったことはありません。
    子供に言ったらお仕舞いです。

    ユーザーID:2617365482

  • ありかなしかと言われれば

    個人的にはなしと思いますが、そういう親もいるでしょうね。
    親になってみて思いますがそう言いたい気持ちもわからないではないですもん。
    でも言わないのが人の道?というか…

    案外感謝の気持ちを子供側から口だけでも言ってみるといわなくなるかも?

    「産んでと頼んだ訳じゃない!」
    という子ども側の気持ちも分かりますが、大変なご苦労も実際あったのでは。
    ですから、そこは、そうね、と割り切って聞き、とっとと自活する力をつけて出て行かれては。その方が真正面から向かって正論投げかけるよりストレスがないような気がします。

    そういうことを口に出す方は一生そのままですから。人間性です。あきらめてください。

    ユーザーID:6339760004

  • こればっかりは、その人次第です

    皆、生まれも育ちも世代も違えば、価値観も性格も違います。
    貧しくて中卒で苦労してきた人と、そうじゃない人、違って当然ですよね。


    そのセリフがアリかナシか・・・私なら「ナシ」です。

    私の父は70代(私は30代、弟もいます)。
    父は大学院卒、その後、ヨーロッパの大学に留学、一部上場企業に入り、定年まで勤めました。仕事も欧米駐在が20年くらい。

    私も一緒に欧米で暮らしました。贅沢させてもらったし、大学も当然行かせてもらいました。

    大卒の親なので、大学までの学費を払うのは産む前から計画に入ってましたし、大学に行かないというのは前提にありません。
    弟と年子で、私立大学に入ったので、1年間の授業料だけで350万円でした。父も大変だったと思います。


    でも、「誰のおかげでたべさせてもらってるんだ」というセリフを言う人ではなかったです・・

    こればっかりは、環境や、それに伴って出来上がった価値観・人格次第でしょう。

    ユーザーID:5521022084

  • どっちもどっちかな。

    高校は義務教育ではないですよ。
    親がお金を出す義務は中学までです。

    ですが、ほとんどの人は高校には行きますし大学も出る人が多い時代になりました。
    ですからトピ主さんの言う事も一理はあります。
    だからと言ってお金を出すのが当たり前とか言われたらそれは違うとなります。
    感謝の気持ちはないのですか?

    中卒と親をバカにした書き方をしているしそういう気持ちはないのかな?

    どうしてそういうセリフを言われたのか背景がわからないけど少なくとも食べさせてもらって学費を出して貰う事が当たり前の事ではないですよ。
    それさえしてくれない親も存在します。
    トピ主さんの親はなんだかんだ言ってもお金を出してくれているのだし文句を言うのは間違っています。
    偉そうな事は親に扶養される状態を脱出してから言うべきです。

    たぶんお父さんは貧乏な家庭で育ったのでしょう。
    ご飯も満足に食べられないような。
    義務教育を終えて働いたのでしょう?
    それでもトピ主さんには中卒だと蔑まれてお金がないなら産むなとか言われたらそういうセリフを言われても仕方ないと思いますよ。

    ユーザーID:8293238148

  • うちもそうでした

    私の父もそうでしたので、言われた側の気持ちはわかります。

    ありかなしかと言えば、状況による、だと思います。子供の側が明らかに悪く、それなのに反抗的な態度をとっていたなら、戒めのために言うのはありだろうろ思います。
    ただ、そんなに悪いとも言えない状況で黙らせるために言う、威圧のために使うのであればなしだと思います。

    それを言われて、内心「産んでくれなんて言ってないよ」という反発心を抱えながら大人になった私が思うのは、父であっても未熟な人間だったのだ、と。
    子供には親が絶対的な存在です。良いことも悪いことも親の影響下で育ちます。親は大人であるのだから、親なら完璧な対応をするべきだという気持ちもありました。
    が、自分も大人になって思うのは、親だって一人の人間でしかなく、おそらくそのまた親の影響もあって今の親の性格になったのだろうということです。

    そしてまた思います。親がその親の影響下で育って未熟な人間のままでいることを恨むより、自分はそんな親の影響下から抜け出して、もっとマシな人間になろう、と。
    過ぎたことを恨むより、これからのことに目を向けた方がいいですよ。

    ユーザーID:8466954223

  • 生まなきゃいい、、そういうことではない

    時代背景が全く違うのです。
    お父さんの時代は、食べるものが無かった。自分は我慢してでも子供には何とかして食べさせる、基礎教育もそんなに受けていないし、 子育てなんてものではなかったそんな時代です。
    その、「誰のおかげで・・・」は、俺が食わせているというニュアンスではなく、お父さんを育てた父母(あなたの祖父)が食うものも食わず、子供に食べさせていたんだ、ということ、即ち訳せば、「愛する子供のために一生懸命育てているのにどう思っているんだ」、という経験からのものと、「社会でしっかり働かないとご飯は食べれないのが社会のルールなんだぞ、だからしっかりしろよな」の指導の二つが入っているのだと思います。
    今の自分の主観でお父さんの言葉をそのまま取るのではなく、言葉の背景を理解してあげてください。

    ユーザーID:2295919848

  • あなたは恵まれていた

    そう お父さんが必死で働いてきたお金で
    安定した生活を送ってきたからかな
    本当に大変なんですよ
    お金がなくて働かなければいけなかったことがないのでしょう
    高校卒業まで親の責任という考え方もおかしい
    中学卒業したら働いてもよかったんですよ
    できないなら子供を産まなきゃいいという考え方
    なんという罰当たりでしょう
    あなたはせっかく生まれてきた自分を自分で侮辱している
    そして必死に家庭を守ってくれている父親に対しても感謝がない
    全く家にお金を入れない人もいて
    学校に行かれない子もいる
    家の手伝いで疲れている子だっています
    お父さんにその言葉を言わせたあなたがそこにいるんです
    もうすこし学歴社会の中で必死で働いている親の背中を理解する
    そんな気持ちを持ってもよいのではないでしょうか

    ユーザーID:9400404592

  • あり。

     中学校まででしょう。まったく興味がないと言ったって、お金は出してもらっているのですか?

    ユーザーID:8376442068

  • 言われる事してるのでは?

    30代、私も中卒ですがなにか?

    高校まで食わせてもらって当たり前。
    確かに子供が自立するまで面倒を見るのは親の役目でしょう。
    でも、親の収入で生活しているなら、親に感謝するのも当たり前の事ではないですか?

    なぜそう言われたのでしょうか。
    私も中学の頃に言われた事があります。
    今考ると、言われて当然の事をしてました。

    自分が働き始めて父の言葉の意味がわかりました。
    親は親である前に一人の人間です。
    お父さんにも何か足りないものがあったのかもしれませんが、
    高校まで金を出すのが当たり前、それが嫌なら作るな。
    そういう考えのトピ主も、足りないものが会ったのではと思ってしまいます。

    ユーザーID:3962196638

  • 相手を変えるのではなく、扱い方を模索する

    二次大戦で敗戦するまでの大日本帝国憲法時代の考え方ですね。

    士農工商の身分制度、家長制度。
    誰かを頂点としたピラミッド構造の統治国家。
    帝国主義社会です。

    旧憲法の時代では、
    国の為に命を犠牲とする事を美徳としたり、
    意思表示や個性も抑圧され、
    長男以外は戸籍も無く、
    富国強兵を唄う国家にとって戦力にならない女性に、
    人権はほぼありませんでした。

    そんな男尊女卑は家庭内でも顕著にみられ、
    主人が泣いて逃げ惑う女房子供を殴り倒し、
    「誰のおかげで!」罵倒するのは日常だった様です。
    主人と一緒に座敷で食事を摂る事も許されず、
    女性は凍てつく土間で食していたそう。

    そんなに昔の事じゃありません。
    お父さんの両親は旧制度の教育を色濃く受けた人でしょう。
    その子供ですからね。

    現在の日本国憲法は、
    国民は皆平等であるべきという民主主義社会です。
    時代が違うと言っても、意識は中々抜けないでしょうね。

    色々本も出てますので、
    そういう人の心理もある程度理解すると、
    扱い方のヒントが得られるかも知れないです。

    ユーザーID:8571302867

  • 駄目だよ

    親が子を育てる義務が課せられるのは世間一般的にみての話ですよ。
    法律でそう決まっているから、悪知恵が働く人がそれを逆手にとってそのように言っているだけです。
    あなたの主張はただの猿真似。取るに足らない屁理屈です。

    トピ主さんは高校生ということですから、もう15年ぐらいは親の庇護を受けてこれまで生きて来られたのですよね。
    あなたが生まれた時、泣いているのはあなた一人で、他の人たちからは笑みがこぼれていたはずです。涙は出ていても、それは嬉し涙だったはずです。

    あなたのお父さんは、これまで頑張って働いてあなたを育てて来られた
    それはまぎれもない事実です
    あなたのお父様は、おぎゃあと泣いてミルクを欲しがったり、よちよち歩きで抱っこをせがむ幼気なあなたのリクエストに応えてくれたのではありませんか?

    一体どういう経緯であなたのお父様があなたにトピタイトルの文言を言ったのかはわかりませんが、子が親に「産まなきゃいいじゃん」なんて言ってはいけませんよ。
    その点に関しては感謝するしかありません
    逆に言えば、それ以外のことではあなたは自由です
    育ててもらっていることに感謝しつつ、自由にすればよろしい

    ユーザーID:0332966298

  • 私には子供がまだいないけど

    いろんな覚悟はしていますが、当たり前のことを当たり前に苦労せず出来るという人はどれだけいるのでしょう。
    子に食べさせ、教育を受けさせるのは親の義務とは言え、楽して出来るわけではありませんよね。
    私も親には大学まで出してもらい、その頃は進学するのは当たり前だと思っていましたが、社会に出て働くようになってから、結婚して家計を預かるようになってから、だんだんと、この中から子供を育てるお金を捻出し、将来を見守って行くのは大変だっただろうなと思うようになりました。

    もっとも、お金を出したら親が偉いかと言えばそんなことはないでしょうし、お金と愛情が比例しないケースも多々あるとは思うので、「誰のおかげで〜」という発言がいつも正しいとは思いません。
    親が子を思う、子が親を敬う、これがなければ、どのようなセリフも意味がないのかなぁと思います。

    ユーザーID:7384679681

  • お父さんの言い方も悪い。でも、

    高校生の娘にも問題がある。
    と思います。

    私もかつて高校生で生意気な事を考えていました。
    でも親になれば、子供を学校へ行かせることの大変さが分かります。
    生まなきゃ良い、私もそう考えていました。
    でも生まれてこなきゃ、こんな討論さえ出来なかったのです。

    お父様の言い方は悪し、場合によっては「毒親」だと言う人もいるでしょう。
    でも、自分も子供だったからわかるのは、
    やっぱり「考えが甘い」と言う事です。

    お父様の年齢になって、その意味を良く考えればいいと思います。
    また、その年齢になっても「親が責任を取るのは当たり前」
    と考えるのであれば、貴方自身はお子さんを自立心なく育てていると言う事では。

    自分が働いて、誰かを20歳まで扶養してごらんなさい。
    生意気な口を利かれれば、文句の一つでも言いたくなりますよ。
    親だって人間だもん。
    昔と今を比べたら、今の人は反発してしまう気持ちはわかります。
    その時代に生きていないのだから仕方ない。
    でもそう言う親の気持ちは、いつの時代でも同じだと感じます。

    ユーザーID:6811117022

  • 状況による

    うちの事かと思いました

    感謝があまりにもなく物を粗末にするようなら有りかな

    私の父は子供を押さえ付ける為に使ってました

    私の志望校と父の希望が一致しなくて私の希望を通そうとすると、誰のおかげで飯が食えると思ってんだ!と激怒のような感じです
    気にくわない事があるとその台詞でしたね

    この使い方は良くないと思います

    今の時代、この台詞で子供を服従させるのは虐待と言われるみたいです
    夫婦間、夫希望で専業主婦になり、ちょっと意見すると、誰のおかげで〜!言われると辛いですよね
    これが親子だと自立できる年齢まで従うしかないのです

    父も子供に興味がありません
    私の誕生日も年齢も言えません

    ユーザーID:2679645450

  • 申し訳ありませんが当たり前だと思います

    親には子供を教育する義務があります。その中で公序良俗に反しない限り親には自由裁量権があると思います。

    高校生ならば親の義務教育は既に法的には終了しています。親が中卒なのに高校に進学させてもらえれば有難いにはなりませんか?

    よく子供は親を選べないと言いますが、親だって子供は選べません。選べるのは産むか産まないかだけです。

    二十歳になるまでか、独立して生計を立てるまでは親の意向を汲む必要はあると思います。

    ありがとうと言う言葉は、あり得ないことをしてもらうからと言う意味です。

    お父様が戦後生まれと言う事は私と同年齢でしょうね。

    私の父は戦後直ぐに結核になりました。だから当時の死病ということで親から見放されました。父は男三人女一人の長男でしたから。

    他の兄弟が大学に進学させてもらえたのに父は一番優秀だったのに進学どころか弟達の為に働けと言われ、健康診断の身代りを立てて就職し、自分の手術費を稼ぎましたよ。

    当時の子供達は子供として扱われ無かった。

    私は父に感謝しますが、あなたはしませんか? 私達と育った時代とまるで違うのに?

    ユーザーID:8186266190

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧