現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

空の巣症候群 携帯からの書き込み

はる
2014年3月14日 8:14

4月から大学生になり寮生活をする娘を持つ、はると申します。
今まで娘は世話がやける早くしっかりしてほしいと思っていましたが、とうとう巣立ちの時を迎えました。
今、娘を応援したいけど引き留めたい…寂しく複雑な気持ちです。
もし同じ経験をされた方がいらっしゃればどのように乗り越えましたか?前向きに考えたいので〜よろしくお願いします。

ユーザーID:1880289170  


お気に入り登録数:58
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
笑って送って 娘のいないところで号泣 笑
コロン
2014年3月14日 12:19

泣くとスッキリしますよ。
娘の前だと重くとられるので旅立った後に。

私は、映画「マンマ・ミーア」の
Slipping Through My Fingers が流れるシーンで
心置きなく号泣しました。

↑とりあえず歌詞でも検索してください。
今の気持ちにぴったりだと思いますよ。

寂しいものは寂しい。抑え込む事はないと思います。
本人に訴えるのはNGですけど・・・・・

スッキリ晴れ晴れ。今まで出来なかった事に挑戦します。

時折娘から来る写真入りのメッセージが微笑ましいです。

ユーザーID:4662501181
わかります
こねこ
2014年3月17日 11:13

私も進学で旅立つ時、母の胸中は寂しかったと思いますが、まったく寂しそうな姿は
見せず、巣立ってくれてよかった〜と言われたのを覚えています。そして、母は専業主婦でしたが、
私の一人暮らし開始と同時にパートに行き始めました。

経済的な面のことではなく、たぶん寂しさを紛らわす目的だったと思います。
当時父は単身赴任でしたし、私が家を出たら一人での夕食が嫌だったのでしょう。
それでその時間帯に働き、仕事終わりには職場の人と外食して帰るなどしていたそうです。

私自身もこの春娘が大学進学ですが、私の意に反し、地元大学自宅通学を選択しました。私はやはり
大学進学で家を出てくれるのが子離れ&子の自立を考えると一番互いにいい方法だと思っていたので、
どうやって娘を一人の大人として扱っていこうかと模索中です。


トピ主さんのお気持ちもわかりますが、これは運命なのかもしれません。親がつい手を貸してあげたくなるタイプには
子供は物理的に離れ、私のようなドライな親は、もう少し娘のそばにいることでもう少し手を掛けねばいけないと
案じされているのかもしれません。

ユーザーID:8776689386
娘だったものです
そら
2014年3月17日 11:16

追い打ちをかけるようですが、

3姉妹ですが、3人とも他県の大学進学で18で家を出て、
そのまま、就職、結婚となり地元に一人も帰りませんでした。

私もまさか、自分が18で家を出たきり、
戻ることがなくなるなんて思ってもいませんでしたし、
母も思ってもいなかったようで、
子育て期間は本当に短かったとぼやきます。

あと数日だと思いますが
一緒に暮らせるのはその時が最後かもしれません。

かみしめて生活してください。

きついようですが、母がよくその覚悟を持っていれば、
もっとかみしめて生活したし、色んなことを教えたと言ってますので。

でも、娘です。
毎日のように携帯の無料通話で長電話してますよ〜♪
これが、息子じゃこうはいかん。

ちなみに私は現在1児の息子の母です。

私はもっと覚悟しなきゃ〜

ユーザーID:1596086702
子を持つ親なら誰でも経験すること
ぽんぽこ
2014年3月17日 13:18

四年前の妻の様子とそっくりですね。

娘の下宿まで荷物を運び込んで、わたしたちだけが帰りました。
車の中でポロポロ涙を流しながら「大丈夫かなあ。まだ18歳
なのに・・・・」と嘆いていた姿を思い出します。

本人が大丈夫と思わなければ親の庇護下から出ていく気には
ならないでしょう。子離れ、親離れの時期は誰にでも来るの
です。

おおむねそのようなことを話した記憶があります。

わが家は子どもが家を出ることで夫婦の仲が以前より良く
なりましたね。旅行や遊びなど一緒に行動することが多く
なったし、話をすることも多くなりました。

子どもは子どもの人生を、親は親の人生を、それぞれ生きて
いく。それでいいのだと思います。

ユーザーID:3304136732
ペット
ハミングバード
2014年3月17日 13:19

お気持ちよく分かります。大なり小なり皆さんそうだと思います。
アメリカ在住の友人の話しですが、大学入学式の後、寮に入りますよね。
彼女のお子さんも勿論でしたが、よその子のお父さんが帰りの運転席で
泣いているのを目撃したそうです。
私も息子が就職で離れていく時、寂寥感におそわれました。
その時、当時飼っていたペットの犬が「僕がいるじゃないの」という
感じで寄りそってくれました。そのペットももう天国に行きました。
その時も寂寥感。人生ってひとつ、ひとつ大事なものを放して寂しさと
戦っていくものなのですね。でも、楽しさを見つけることが大切なのかと
思います。ペットもいいですよ。

ユーザーID:0745465236
お疲れ様でした
mean
2014年3月17日 15:54

寂しいけど、身体は楽になりますよ。

だって母親しなくっていいんだもの。
これからは、自分のために沢山の時間ができたんです。

その時間は頑張ってきた主さんに娘さんがくれたプレゼントです。
有効に使わないともったいないです。
独身の頃にやりたかったことに挑戦してみてもいい。

時間を充実に変えるのは主さんの裁量しだいです。

こちらが元気でいると、子供の方も嬉しいようです。
それと、旅先が1つ増えたと思うのもいいかもです。

ユーザーID:1909501559
占いでスッキリしました
tata
2014年3月17日 20:54

2年前、息子が遠い大学に進学しました。
飛行機を使わないと行けない距離です。

進学が決まってからは、毎日毎日泣いていました。
本人の前でそんな姿を見せてはいけませんから、こそこそと泣くのがとてもつらかったです。

そんな私を吹っ切ってくれたのが占いです。
そもそも占いなどやったことがないのですが、何かにすがりたかったのか、なぜかやってみたのです。
結果「家にいつかない子」と出ました。
そういう運命だったのだ、と思った途端に気持ちがスッキリして乗り切れました。
運命には逆らえません(運命論者みたいなところがあります)

子供を自立させるのが親の務めです。
わかっています。
子供が自立するのはおめでたいことなのです。
わかっています。
でも泣けますよね。
トピ主さんの心情を思うと、私も泣けてきます。

ユーザーID:4256107943
アメリカでは普通です・・・それでも・・・
ももこ
2014年3月17日 22:06

アメリカでは18歳で家をでるのはごくごく普通のことで、出れない子どもは問題がある(大学に入れない、仕事ができない、など)場合が多いです。経済的にどうしても無理という家庭もあるでしょうが、大学に通える子供たちの中では少数派です。

とはいえ、アメリカでもやはり、子供が巣立っていくときには親はつらいようです。エンプティネストシンドロームで検索したらたくさん出てきました〜。

やっぱり忙しくしているのがいいんじゃないでしょうか。でもどなたかもおっしゃってましたが、女の子なのでわりとマメに連絡くれるんじゃないですかね。ネットもあるし。

夫またはシングルなら恋人を探してまた恋愛関係に戻るっていうか、そういうアドバイスもありましたよ。

我が家は子供が大学に進学したら、もう帰る家はない、という状況をこちらから作る予定です。7年先ですが計画開始してます。小さい家に引っ越して、老後生活をスタートさせます。そして今はパートですがわたしもフルタイムで働こうと思っています。元気を出して、気合入れて長生きしましょう〜〜〜。

ユーザーID:8916944884
私もそうなるかと思ったけど・・
LSA
2014年3月18日 6:44

遠く離れた大学に通う子供2人の母親ですが、そらさんの言う通りほぼ毎日のようにメールしあい、週1の電話でしゃべるので寂しくなくて、かえって2人が3ヶ月ごとに帰省するといっぺんに家事が増えるのがしんどくて(地元のお友達が日替わりでうちに来てごはん食べていったりもある)心の中で「早く帰ってくれ〜」と思ってしまってます(苦笑)。

家にずっといると静けさがまさに空の巣なんでしょうけど、私は定時まで働いて夫が帰宅するまで2時間ぐらい好きなことできるし、もう快適で快適で!
年子で受験生活期間が長かったし、夜や週末の塾・習い事の送迎もやってて忙しかったのがうそのようです。

夫とも仲良く、週末は一緒に買い物したり散歩したりして夫婦の時間を楽しんでます。
この春ははじめて2人でお花見に遠出する予定です。

ただ子供たち2人分の仕送りをやりくりするのがすご〜く大変です(涙)。
一人は都内の大学なので家賃や生活費がはんばじゃないし、もう一人はこの秋から語学留学です。
なのでうちの場合は空なのはお財布です。とほほ。

トピ主さまも早く慣れてご自分の時間を楽しんでくださいね。

ユーザーID:3977676434
自分を生きる
愉快
2014年3月18日 10:08

海外勤務で体験したのですが、西洋は18歳過ぎると大学進学の子は奨学金・バイトで、大学を卒業します。異国の友達は、18歳まで所謂゛躾゛をする。それを終えた時点で、自身の今後の生活に向かい熱心に生きる。週末には、子が帰宅し親子関係を保つという習慣。子は、仲間等と共に社会人の道を進むという具合。子育て終了の時点で、老後に向かい更なる飛躍する何か?探しをしたり、趣味に取り組んだり・社会貢献なさっては、如何?日本人のように、「わが子が、孫が・・・」と子離れ・孫離れが出来ない民族も珍しい。何の為の人生なのか?に取り組まず、娘が旅行に誘ってくれたのや、いゃー孫が可愛くて!という知人や友の言葉は、自分を生きてない自己誤魔化しのように、私の眼には映る。視野を広げることで、新たな自分との出会いがきっとあります。幸せな人生を過ごしても、罰は受けない。
日本人は、自身で自身を縛ってるように感じられる。

ユーザーID:3684959953
空の巣症候群
ジュン
2014年8月22日 11:45

とても良くわかります。私も娘が大学生になり一人暮らしを始めました。初めは淋しくて淋しくて娘の子供の時のことを思い出しては泣き、娘が一人暮らしを始めたことを友達と話しては泣いていましいた。
主人は親離れするのは当たり前という考えで、私の気持ちなど全く理解してもらえない状況でした。

私が立ち直れたには、地域ボランティアをしたり一人でいる時間が少なかったのと、私の気持ちをわかって一緒に泣いてくれる友人のおかげだと思っています
泣くことで気持ちの整理が出来たのも良かったと思います。
おかずを作って持って行ったり二度と会えないわけじゃないんですもん、少しずつ距離を置いてみるのもきっといいかもしれませんよ
今では、自宅にいた時には当たり前だった事も一人暮らしを始めて大変さと親のありがたみ知ってか、『ありがとう』と言ってくるようになりまし、ランチに行ったり演奏会や美術館巡りなど友達のような親子になつたきがします。

ユーザーID:2050785695
 


現在位置は
です