女ってやっぱり男次第?

レス81
(トピ主1
お気に入り194

生活・身近な話題

anokoro

レス

レス数81

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 切ない…若手の反面教師、でしょうか

    まだヒヨっこの主婦ですが、すでに学生時代の男友達の仕事人生は色々で、
    過去の恋愛の正誤を考えてしまう事は否定できません。

    でも、主人を選んだことは、この先も後悔しないと言い切れます。
    何で世の中、相手に幸せにしてほしいと考える人ばかりなのでしょう?
    私は相手を幸せにしてあげたいと思う事のほうが強いです。
    というのも、自分が幸せでないと相手を幸せにできないと気付いているからですが。

    もっと生活を豊かにしたいと思って、自分も動いて努力しています。
    結婚相手によって半分決められるというのは、確かにそうかもしれませんが、
    ならば残りの半分は自分で変えられるとも言えます。

    夫婦仲がよろしくなかった原因が何かわかりませんが、
    でも、10年も別居だった事実だけで離婚できたはずです。
    幸せになれる選択もあったのではと思います。
    お子さんの事、生活の事、事情は色々だと思いますが、
    トピ主さんが辛い一方で、ご主人も辛かったはずです。

    看取った事にきっと感謝されているでしょうし
    遺族年金は最後の愛でしょうね。
    ぜひ今後の幸せを探してくださいませ。

    ユーザーID:3386818183

  • 結婚相手は自分の鏡でもあるのでは?

    私はトピ主さんに比べればまだ若いですが(30代)夫と結婚して16年経ちます。

    私は結婚した当初は「頼りない人だな」とか「自分の理想とは違う…」と思っていました。まぁもともと男性に幸せにしてもらおうなんて考えを持っていませんでしたが、物足りなさを感じたりもしました(デキ婚ではありませんが勢いと自分のおかれた状況の事情により結婚…)。

    しかし今私と夫は、お互いを共に激励しあい、努力し高めあう存在です。
    そんな今私が思う事は、結婚当時の私と旦那はきっと、同レベルだったんだな〜と。
    「頼りない」「理想と違う」…それは自分自身にも言える事でした。

    寄りかかる・諦めるのではなく、支えあうその為に、私が夫に出来る事は何か…常にそう思って生きてきました。

    トピ主さんはご苦労されたようですが、苦労の中から得たものは多いはずです。苦労せず生きてきた人には味わえない経験があったはずです。それらは決して無駄ではないと思います。

    今穏やかに生きていられる事に感謝し、今後のご自身の時間をどうか大切になさって下さい。

    ユーザーID:5377062555

  • 合わせ鏡

    夫婦は合わせ鏡と言います。
    同じ格の人同士が結婚するんだそうです、だとするとあまり夫の悪口いえませんね。

    ユーザーID:9722022242

  • そう思います、姓が変わるから

    男は仕事で決まる、女は男で決まる

    んだそうです
    姓が変わる日本だからこその言葉かもしれません

    男性とお互い様、同等ではないと思いますね

    夫自身が良い人でも義理親族に巻き込まれたりは、嫁側親戚に問題があって夫が奔走する以上に、女性に直接降り懸かります。

    夫に、君にないのは体力だけと言われます。
    男性並に働きたいけど、女性で男性並の体力の持ち主は稀ですよね。やる気はあるけど身体が持たない。女性独特の分野に秀でているわけではないので…結局男性に依存しますね。妻として頑張ります。

    ユーザーID:4354968754

  • 実体験から、その通りだと思います

    バツ1女性です。今は再婚しています。

    最初の結婚では前夫の稼ぎが少なく、私も働き詰めでギリギリの生活を維持していました。
    贅沢はせず慎ましく暮らせばいいというのが、元夫の口癖でした。
    お洒落も我慢し、いつも同じような安物の服を着ていました。
    買い物もスーパーの特売を何軒も回り、とにかく安いものばかり買っていました。
    私が病気になり、仕事を辞めざるを得なくなった時、元夫はお金の心配ばかりしていました。

    結婚当初は良かったのですが、だんだん何のために結婚したのかわからなくなっていました。
    結局元夫の浮気で離婚しました。


    その後縁があって、大手企業正社員の現夫と再婚しました。
    付き合っていた時から、元夫とはランクの違う素敵なお店で外食。
    以前の生活では旅行すら贅沢だったのに、温泉旅行に連れてってくれたり、高価なアクセサリーをプレゼントしてくれたりしました。

    付き合う男性のレベルが違えば、付き合い方も行く場所も、こうも違うのかと驚きました。

    今ではお金の心配をすることもなく、スーパーをはしごすることもなくなりました。
    やはりパートナーによって、全然違うんだなと日々感じています。

    ユーザーID:1377977171

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • みなさま、ありがとうございます。

    夫婦って合わせ鏡とよく言われますね。
    でも認めたくなかった。

    身近な人は思っていても
    口に出してまで言いません。

    私は私の視点から自分がどれだけ主人に
    苦労させられたかだけを考えていました。

    でもみなさんの率直な意見を読み、
    私と主人は似たもの同士だったんだと
    あらためて気づきました。
    いや、認めました。

    母は穏やかで、
    どんな時も安心感のある人でした。

    母が亡くなった歳近くになって思う事は
    私には母のようなどんな時にも動じず周りに
    安心感を与えられる懐の深さはありません。

    だからこそ穏やかで心の広い(子供ながらに
    いつもそう思ってました)父親に巡り合えたのでしょう。

    そんな両親に育てられながら、私は一体何を
    していたのか・・・

    主人と私は似たもの同士。
    そう思い、そう認め、
    今後の人生を歩いていこうと思います。
    そのことに気づかせて頂いた事に深く感謝致します。

    あえてお名前はだしませんが何人かの
    方々には涙がでる程の励ましのお言葉を頂き、
    本当にありがたく力強く思います。

    ユーザーID:6684447468

  • 性別は関係ない

    人生はパートナー次第で明暗別れると言っても過言ではない、ってことですよ。

    ユーザーID:0499129296

  • トピ主さんが私の母だったら

    都合の良い事言ってるな〜と思います(笑)

    うちは父が暴力男。母は耐える女でした。

    うちの母も父のことはアテにせず…
    でもアテにしないほうが母は楽だったんですよね。
    父にあれこれ言って、ちゃんとした夫・父にするほうが大変。
    私さえ耐えていれば…といって、子供にも耐えさせる(笑)

    まぁ母本人は、頑張って夫に抵抗し、アテになるよう努力したつもりでしょうけど、
    私から見たら、むしろ母が助長して父がますます暴君になってるように見えました。

    結局、私が父の暴力を止め、妹が上手く父を転がしてくれました。
    母は男を見る目もなかったけど、男をダメにする女。
    おかげで子供は苦労しました。

    私は父と正反対の男性と結婚。
    でも無意識に母の真似してたらしく、結婚後に夫が豹変!夫が父に似てきました。。
    慌てて私の言動を変えたら、優しい夫に戻りました。
    改めて、母のやり方は駄目だと確信しました。

    トピ主さんのお子さんも、案外同じように考えてるかもしれませんよ。言わないだけで。

    ユーザーID:8556743012

  • 匿名様に激しく同意

    誰だって優しく愛情深い人と穏やかな生活を送りたいですよ。男女問わず。

    ですが、世の中結婚に漕ぎ着けるまで完璧に猫を被る人もいるのです。

    見る目がない?いえいえ、これを読んでるあなただってきっと見抜けないですよ。

    条件が完璧でも、どんなに長く付き合おうともわからないこともあるのです。

    離婚?最初はささいなことから始まります。
    いきなり離婚を考える人は少ないでしょう。
    すりあわせて何とかやって行こうと思ううちに時間が過ぎることもあります。

    結局、何年経とうがいい人と結婚出来たと思う人はギャンブルに勝ったのだと私は思います。

    ユーザーID:8386178524

  • はい、そうですね。

    でも、男も女至大ですから。

    どっちもどっちです。
    50代以降で、そんな風に思うのは淋しいな〜と思います。
    でも、トピさん立派です。

    私は結婚して30年以上になりますが、夫と結婚して良かったと思って居ます。
    若い頃から、人を見る目には長けていました。

    あとは、運と縁ですね。
    これからの人生楽しんで下さい。

    ユーザーID:7426887854

  • 皆様のレス

    うなずきながら拝読し、自身を振り返っております。心身ともに羨ましいくらい強靭な配偶者と暮らしています。そのようには生きられない自分ですが、少しでも強くありたい、悔いのない自分でありたいと思います。
    色々な器官がよわく、細胞レベルで何かが違うと感じることも多いですが
    意志力、精神力の問題でしょうか。

    ユーザーID:7526703646

  • 実は。

    これが、ご主人が病気になって直ぐにたてられたトピならば、小町での回答はこぞって「看取る必要なし」「離婚すべし」となった事でしょうね。
    でも主さんは、人としてご主人を看取られた。
    凄く立派な事だと思います。愛する人の看病は、誰にもできますが、愛情の無くなったご主人の看病は、そこに覚悟と意思がないとできません。
    もしかしたら、愛情のある看病よりも気高い行為かもしれません。
    お二人は今生で魂を磨く修行する為に、結ばれたのかもしれませんね。

    夫婦は合わせ鏡。確かにそうでしょう。主さんにも到らないところがあって、ご主人にも到らないところがあった。
    お互い様の人生だったのですね。

    実は私も、単身赴任のまま、夫が帰って来ず、6年がたちました。

    皆さんのコメントを読んで、まるで自分に貰ったメッセージのように感じています。

    主さん
    幸せは、誰かにわけてもらうものではなく、自分がそう感じる事ですよ。
    がんばりましょうね。

    ユーザーID:3631057737

  • 出遅れましたが…

    皆様のレスは頷ける部分もありますが、結局は相性もありますよ
    合わせ鏡になる鏡が丸と四角ではダメなようなもの 相手を代えたら変われるときもありますからね

    私自身は四十代で再婚しましたが、今の旦那といて、逆に前の旦那とは相性も悪く、私も至らない人間だったと改めて気づきました 今の旦那も同じように思ったようです

    うちの父と母は喧嘩ばかりでしたが、父の言い分も母の言い分も間違えているわけではなかったです それなのに別れないから最悪です

    合わせ鏡で努力しても、お互いに不幸になることはありますから、とぴさまも別に自分を責める必要などありませんよ 充分、努力されたと思います
    すべてが合わせ鏡説が合っているとは思わないし、DV旦那をもった場合、合わせ鏡は通用しないのではないでしょうか?

    今まで頑張ってきたトピ主さま、ご苦労が多かったでしょうが、まだまだ五十代後半ですから、これからまだ一花咲かせる気持ちで楽しんでください 老け込むには早すぎますよ 人生は亡くなる寸前まで何が起こるかわかりませんからね

    ユーザーID:3713200702

  • 自分次第でしょう。

    私は人生の選択肢を増やす為に、高校時代に資格の取れる大学学部を
    進路で考えました。
    卒後、資格職で就職しましたが、資格のない女性たちは、お茶くみ事務と言う言葉のある時代でした。
    23歳になれば肩たたきされ慌て結婚相手を探す選択しかない事は高校の頃に
    予想出来ました。それと
    近所の知識のないお婆さん方は早く結婚し子供を2人という人生選択しか
    なく漏れてしまえば何も残っていない為に離婚すらも出来なく、貧しくなろうが
    暴力を振るわれようが、惨めな服を着ようが現状維持するしか方法のない
    人生は哀れだと感じていました。

    資格職があった為に結婚に対し
    焦る事もなく職場にも必要人材として居心地も良く過ごせたのは、
    高校時代に、しっかりと人生設計をしていたからです。
     
    結婚も途中で何かあっても自分が働けば何とでもなると
    自信がありましたので納得出来る相手を選べました。
    専業主婦で夫は出世してくれましたので満足しています。
    自分がしっかりしていれば相手もしっかりした人を選ぶ事が出来ます。
    金持ちと結婚なんて事を言っているようでは
    幸せには辿りつけないと思います。

    ユーザーID:2945081177

  • それが本当かどーか

    まだ50代ですし、新しい恋人を見つけて確認してみたらどうですか?

    病気の家族を見捨てて他人になることもできたでしょうに、しなかった。

    ご自分で選んだのだから、誇りに思ってほしいと思います。

    お子さんも立派に巣立たせ、すごいじゃないですか…

    強いと思います。

    長生きしてください。

    ユーザーID:0680273436

  • 人間関係すべての言えること。

    親子、夫婦、みんなそうですけど、特に配偶者によって変わってくる、という感じですね。
    まあまあの配偶者と結婚してれば、まあまあ幸せ、とんでもない人とはとんでもない人生、
    それも、若いじきなら、切り替えもママ簡単に。

    一番いいのは、若い時に、まあまあの人と結婚する、時代が変わってもこうなんじゃないかな。

    ようはとんでもないのに当たってしまったら、子供が出来る前に、とっとと離婚する。

    周りを見ると、男女ともに、幸せにやってる夫婦は、子供の頃に習った事を守ってる人達、

    主様は良くやってきました.是からの人生は楽しくやってくださいね、笑ってると
    運が来るよね。きっと。

    ユーザーID:3665719092

  • 大変でしたねぇ。

    こういうトピックスが立つと、
    へそ曲がりで皮肉屋の僕は必ず嫌味なレスつけるんですけど、
    今回は素直にお疲れさまでしたと申し上げます。

    というのも僕の親父ももうほんとうにどうしようもないバカ男で、
    お袋の苦労を目の当たりにしてきたからです。
    あ、まだ生きてますけど。

    うちのお袋の心の中はわかりません。
    あんな駄目なバカ男さっさと見限ってしまえばよかったのにと心のそこから思いますが、
    当人は淡々とニコニコとそばにいて面倒を何くれとなく見ています。

    ユーザーID:2868587696

  • 50代後半は、まだこれからですよ

    色々ご苦労なさったんですね。

    多分、頑張りやさんで他人からは愚痴を聞かされることはあっても
    自分では弱音が吐けないタイプの方なんでしょう。

    でも、まだ人生投げるのは早いですよ。

    どんな人にでも多少の紆余曲折はあるし、
    理性のある人は自分の苦労話などは簡単には人にはしません。
    貴方の隣にいる人が、実はどんな苦労を背負っているかなんて
    他人には簡単には分からないものなんです。

    それより、まだそのお年で老後の生活まっしぐらというのは
    勿体無いですよ。
    自由な時間があるのだったら、世界中を旅行したり
    新しい外国語の勉強をしたり、やってみたかったフラダンスのサークルに入るなど
    新しい出会いや経験の場がたくさんあるではないですか。

    貴方がもっともっと楽しく、幸せな生活を手に入れるのは
    とても簡単なことだと思いますよ。

    人間って、何があるか死ぬまで分からないし
    前半や中盤でちょっと位もたもたしても、まだまだ取り返せるとは思いませんか?

    ユーザーID:7539782178

  • 逆もまた真なり

    世の中には「俺は女を見る目が無かったな。別の女と結婚していたら俺の人生も違っていたかも」と考える男性も多いと思います。

    ユーザーID:3030567584

  • 横ですみません、とまさんへ

    とまさんのレスを読んで、うちの息子も大人になったら、そういう風に思ってくれるのかなあ、そうだったらいいなあ、と二十年後に想いを馳せてしまいました。
    まだお若いでしょうに、しっかりされているのですね。きっととまさんのお母さまは、とまさんやご兄弟のために頑張ってこられたのでしょう。頭が下がります。
    とまさんのような息子がいたら、母冥利につきるというものです。 お母さまに親孝行して差し上げてくださいね。

    トピ主さんにも頭が下がります。 こういうこと言うと不謹慎ですが、ある意味、もうご主人の世話しなくていい、っていうのはラッキーじゃないですか? 離婚やなんだと面倒なことせずにそれが実現したのですから。私もそれが理想です。
    典型的髪結亭主のハズレ夫をひいた自分が悪いんですが、子供が独立したら、自分の退職金もって出て、一人になりたいです。

    トピ主さんのこれからに幸多きようお祈りしています。

    ユーザーID:8160741484

  • 97歳の幸福論がオススメ

    もし私がトピ主さんの友達で、トピ主さんからトピ内容の相談を受けたら笹本恒子さん著、97歳の幸福論 と言う本をプレゼントすると思います。トピ主さんはまだまだ十分お若いです。2013年の日本人女性の平均寿命は87歳ですが、90代、100代は普通になると思います。100歳で端切れコラージュの展覧会を開いた女性や、100歳になっても聖路加病院で医師として働いている男性など、人生は長くなったんだな〜と思います。親戚で102歳の大叔母さんがいるのですが、95歳までパッチワークを作っていたそうです。後、近所で100歳のおじいさんがいるのですが、95歳までひとりで税務署へ行って確定申告をしていたそうです(今現在は家族に止められて行けないそうですが)。トピ主さんはまだまだ十分若く、やりたい事や興味があるものを自分のものにする時間やエネルギーはまだまだ沢山残っていると思います。私の祖母は祖父がもっと早く死んでくれたら(祖父は93歳まで生きた)今の自分の健康状態はもっと良かっただろうと言っていて、トピ主さんの旦那さんは言い方は悪いのですがかなり早めに亡くなって奥さん孝行をしてくれた、と思った方がいいかも。

    ユーザーID:8772310357

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧