不可解な言い回し(駄)

レス67
(トピ主1
お気に入り54

生活・身近な話題

ぽてと

みなさまは不可解な言い回しってありますか?

不可解なんだけど、面と向かって言えない・・・でもこの言い回しは理解できない!!好きじゃない!!

だからここでつぶやかせてもらおうと思います。

「好きくない」好きではないと言いたいのは分かるけど、なんだかいつも引っかかります。
「普通に」10年くらい前はあまり聞かなかったような・・・何かにつけ「普通に〜」とか、げんなり。
「こんにちわ」わざとなのは分かるけど、あえてそう変換することの良さ??が私には理解できないのです。


他にもありますが、とりあえずこれだけ。
実際使っていらしゃる方は、どうして使うのか良かったらお聞かせください。
納得できればモヤモヤが解消できますので。
また、他にこんな言い回しも不可解だ〜と、思っている方もぜひお聞かせください。

ユーザーID:8912595563

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数67

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「好きくない」って方言かと思ってました。

    私は、「延々と」のことらしきところで「永遠と」を
    使っているのを見るとモヤっとします。
    あと、それだけで敬称がついてる「彼氏」にさらに
    敬称をつける「彼氏さん」。
    「夫さん」にまでなると、もうわけがわかりません。

    ユーザーID:5000884212

  • 不可解というほどではありませんが

    「すごい楽しい」、「すごい大きな」、「すごい流行る」は
    「すごく楽しい」、「すごく大きな」、「すごく流行る」が本来は正しい。
    文法的には“すごい”は名詞にしかつかないそうですが、
    上段のような例を話しことばでよく聞きます。

    ユーザーID:5555546008

  • いやじゃないですか

    一々語尾に「じゃないですか」ってつける人いるじゃないですか
    確認が必要なときならわかるけど、なんでもつけるのって変じゃないですか
    それっておかしいよって言ってやりたいけど、逆切れされるのも嫌じゃないですか
    私はあんまり喧嘩するの、すきではないじゃないですか
    なので、我慢してるけど、聞いてるほうはいらいらするじゃないですか
    どうして一々つけるのか理解できないじゃないですか
    あれはやっぱりやめさせたほうがいいじゃないですか?

    ユーザーID:3022580444

  • パッと思いついたものだけ

    ・『全然+肯定』
    甘い物は好き? → 全然好き
    辛いの食べられる? → 全然食べられる

    ・「〜の方が」を『〜のが』と言う
    AよりBのが好き
    そっちのが可愛いよ

    ・ら抜き言葉
    食べれる
    見れる

    ユーザーID:8222774054

  • 「〜ってかたち」が不可解

    ここ2〜3年かな、「〜ってかたち」という言い回しが理解できません。

    「これはもう売り切れっていうかたちですね」…、え? 売り切れってことでしょ?
    「3月18日が締め切りってかたちです」…、締め切りは3月18日なのね?

    どういうことなんでしょう? そのうち駅の構内放送で、「次の急行は1時15分ってかたちです」なんてならなきゃいいけど。

    ユーザーID:9798245364

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 「○○な言い回しが不可解、気に入らない」という人が苦手

    私はトピ主さんにみたいな人が気になります

    流行ってる言葉をとりあげて

    「私は○○っていい方が嫌い」とか。


    正直、あんたの好き嫌いなんかしらんがな!
    ・・・といつも思ってます

    それわざわざ公共の場で、ワタシこれ嫌い!とか言わないといけないことなんですかね?
    世の中自分の嫌いなこともあるわけで
    あなた中心に世界はまわってないんだから
    スルーすりゃいいのに!って思います。

    ええ。言ってることがそのまま私にも当てはまりますから
    私は普段はいいません
    でもトピ主さんさんが聞きたいというので
    レスいたしました

    ユーザーID:1685970578

  • そうねぇ

    私は、「ほっこり」という言葉が、よくわかりません。
    ほんわかしたってことかな、と思っています。
    実社会で使っている人にはあんまり会いませんが、
    通販カタログや雑誌などで見ると、
    出たーっ!ほっこり。」
    と思ってしまいます。

    同じように「まったり」とか「がっつり」とかも
    ここ10〜15年くらいだと思いますが、
    こちらはあんまり嫌な感じはしません。なぜだろう・・・。
    私は「普通に」はけっこう使うかも。

    ツッコミ返すわけではないのですが、
    「モヤモヤ」も二昔前はそんなに言わなかった気がします。

    要するに、新しい言い回しで、
    自分の使いやすい言葉はなじんじゃうけど、
    自分が違和感感じるものには不可解だと思っちゃうんでしょうね。
    その基準がみな違うだけなんですよ。きっと。

    ユーザーID:6174957528

  • 最近、面白いですよ。

    私も、浦島太郎なので、今時の言葉が、時々分からない。(笑)
    でも、不快さは全くありません。

    関西の番組で、タレントさんが、
    【まいうぅ〜】とか? 美味しい!旨い!と意味のようです。(笑)
    でも、本当に凄く美味しそうに食べておられました。

    IKKOさんの、どんだけ〜 も。これは、どれだけ?の意味?なのかな?
    よくまだ分かっておりません。(笑)

    ユーザーID:2478944155

  • 不可解

    「かわゆい」
    「ド近眼」
    「おされ」
    「おじん/おばん」

    40代くらいの人が、多分昔流行ったであろう言葉を
    今も使い続けていることに違和感があります。

    ユーザーID:2820223154

  • 都下

    不可解と言う趣旨とは外れるかもしれませんが、よく使われる「都下」と言う言い方が不愉快です。

    東京都民以外の方にはあまりなじみが無いかもしれませんが、これは「県下」とは違った意味で使われます。東京23区外の多摩地区をさす言葉です。
    もともと明治時代の「府下」から流用された言い方だそうですが、私が子どもの頃には差別語と言う感覚で、使われなくなった言葉です。
    23区が上で多摩地区は下だという意味に取られるからです。

    それが最近また使われだしています。おそらく、何も知らない地方から移住してきた方々が知ったかぶりをして使っているのかと思いますが、昔からの住民には不快な言い回しです。現在50代の私たちの世代が子どもの頃には淘汰された言葉でした。23区外の住人がなぜ自分から使うのか、理解できません。

    なぜNHKのアナウンサーが使わないのか、考えてみてほしいです。

    ユーザーID:7807266277

  • 回りくどい

    最近 めんどくさい 言い回しが増えたなぁ〜、 と思います。 回りくどい言い方をするのを、丁寧な事だと 勘違いしてるのかと 常々、不可解に感じていました。 例えば、 「やめてもらっていいですか?」 「もらって、やって下さいませんか?」 「ご用意させていただいて構いませんか?」等々 言ってる人は、私上品でしょとばかりに満足顔ですが、こんなの二言三言で終わる会話なのに…といつも、イライラします。

    ユーザーID:1130362288

  • 好きくないと同じで

    「違くない」も違和感を覚えます。

    ユーザーID:7677291048

  • こんにちは

    こんにちわ、は姑が使います
    たぶん勘違いしているんだと思います。

    ユーザーID:5087431556

  • 私的には

    間違いじゃないんでしょうけど、「私としては」違和感を覚えます。

    ユーザーID:6329664200

  • お名前「様」

    ポイントカード作成時などに店員さんから
    「こちらにお名前様、ご住所、お電話番号をご記入ください」
    と言われることがたまにあります。

    付けなくてもいいものに「様」をつけるのなら、この法則だと
    なぜ「ご住所様」「電話番号様」とは言わないのかなーと不可解です(笑)

    ユーザーID:1902092300

  • おもたせ

    もう一つ、不可解ないいまわし。

    「おもたせ」と言うのは手土産を受け取った側からの言い方です。
    手土産を持って行く方が「おもたせ」と言うのは変。

    雑誌やネットで「あなたがえらぶ、粋なおもたせ」なんて書かれていると、「私が持って来てあげたんだから、当然食べさせてよね!」と主張しているみたいで意地汚く感じます。

    ユーザーID:7807266277

  • レスありがとうございます

    まとめての御礼で申し訳ありません。

    分かる!それもあるよね〜と頷きながらだったり、たしかにね〜と納得したりして、みなさんのレスを読ませてもらいました。

    私も自分が気付かないだけで100%正しい日本語を、おそらく使えていないことがあるなぁと思いました。

    密かに、あ!しまった!!私、使ってるわ!!とドキリとしたトピもあり、反省することができてありがたかったです。




    そして、匿名さんへ
    タイトルにもありますが、「駄トピ」としての気楽なトピのつもりで世に批判をしたかったわけではありませんのであしからず。

    ユーザーID:8912595563

  • 素泊まり

    これ、始め何だろう?と思いました。
    一泊食事なしということだとは。

    ユーザーID:1785601818

  • ほっこりは

    京都では、ほっこりは使いますよ。特におばあちゃんが使ってました。
    自分が使わないから不可解だと決めつけるのは人間が狭いなあと思います。

    ユーザーID:6959334130

  • 方言なのでケチつける気はありませんが

    北関東のある地方では、“来ない”を“きない”と言うらしいということを聞いて、
    おもしろいと思いました。
    文法の時間にカ変を習った時の生徒の反応を見てみたいです。

    ユーザーID:4332431533

  • 真逆

    最近よく耳にするようになった「真逆」という言葉に違和感を覚えます。
    「正反対」とか「対照的」という意味ですよね?
    なぜこんなに使われるようになったのかしら・・・?

    ちなみに、すっかり市民権を得たと思うのは「いまいち」。わたしが子どもの頃(昭和50年代)は、若者が変だとわかっていてあえて使う「はやり言葉」でした。正しくは「今ひとつ」ですね。

    ユーザーID:6969283580

  • 二度目です

    ずっと 気になっていた言い回し、今 丁度 テレビで言っていました。 (ゲストに対して)「お料理の数々、いただいて下さい。」 いただくは謙譲語、正しくは 「召し上がって下さい」ですよね。 もう一つが、「しびれる」という言い方。 嫌だ、というより、昔は石原裕次郎さん達の時代、不良っぽい人が 「イカス女じゃねぇか、しびれるぜ」なんて言っていて、私にとっては、ちょっとワルなイメージがありました。 この頃はスポーツ中継等でアナウンサーの方が言う様になりましたね、生きている言葉という気がします。

    ユーザーID:1130362288

  • もう慣れちゃいましたが

    「そうですねぇ〜」

    とくにスポーツ選手のインタビューで、どんな質問に対しても
    まずこう言ってから答えているのをよく耳にします。
    外国出身の力士の方が美しい日本語で受け答えしているような気がします。

    ユーザーID:0464040647

  • にくにくしい?

    グルメ番組で、タレントさんが、肉にかぶりついた際に「すごく肉肉しいですね。」と言う人が多数います。言いたい事は解りますが「憎々しい」と重なり、他に言い方は無いのかな?と思います。こんな言葉、昔なかったよな〜?生放送の料理番組で、ゲストの方が「肉肉しくて旨いわー」と発言した直後に、一緒に並んで試食していた小説家の人が「にくにくしいって…ブッ(笑)」と吹いてるのを観て、私も笑ってしまいました。グルメ番組は変な言い回しの宝庫ですね。

    ユーザーID:3983826143

  • 「すきくない」

    小学校の頃流行りました。

    小学校の教科書でありがちな子供の言葉遣いの例として
    好きじゃないの誤用としての「好きくない」を教えられました。

    同級生たちと「そんな子いる〜?」「見たことない」と騒然とし、
    あまりのインパクトに「好きくない」が大流行しました。
    懐かしいですね。

    不可解ではないですが、気になるのは「いぢめる」ですね。
    「ぼの○の」を知っていてわかった上で使用しているならいいのですが、
    周りが遣っているのを見てそれが正しいと思って使用している人が気になります。

    ユーザーID:9667547648

  • あります。

    〜して貰っていいですか?=しなさいでしょ。断れない。
    頼むなら〜して下さいと言ってよ。

    彼氏、彼女、夫にさんが付く。

    おうち、気持ち悪くなって来ます。幼児ではありません。

    後は、はをわに置き換える。

    後は〜く。解らなく、

    〜じゃ無いですか?
    〜では無いですか?でしょ!

    そして全然の後の肯定。
    息子の国語教師によれば間違いでは無いとか。

    ユーザーID:8452816199

  • ちょうど今思ってました

    「お色」ってなんでしょう?百歩譲って相手の服や持ち物の色についてならまだいいんですが、商品の説明をするのに何故「お」をつける必要がある?
    最近の「させていただく」の乱用にも同様のものを感じますが、ちょっとでもぞんざいにすればすぐにクレームがつくけど、とにかくへりくだったりばか丁寧に言っておく分にはどこからも文句は出ないだろうという考えでしょうか。

    匿名さん。
    トピ主さんだって
    「不可解なんだけど、面と向かって言えない・・・でもこの言い回しは理解できない!!好きじゃない!!
    だからここでつぶやかせてもらおうと思います。」
    とおっしゃってますよ。普段は誰にでも言ってるわけじゃないんですよ。「聞かれたから仕方なくレスします」なんて言い訳になりません。そういうのが本当に嫌いならスルーすればいいだけですから。

    ユーザーID:4739435018

  • こんなんで引っかかっていたら大変ですよ。

    言葉は生き物なのです。
    どんどん変わっていって当たり前なのです。
    使っている人もわかっていながらわざとしているんですよ。

    好きじゃないというのは普通の用法で、好きくないというのはふざけた用法です。
    好きか好きじゃないかは人それぞれですから、
    ある人には大好きでもある人には大嫌いということがあります。
    否定されて傷つく人がでないようにわざとこういうおどけた言葉遣いをしているのです。
    演歌は好きじゃないより演歌は好きくないと言うのです。
    弱いものいじめは好きくないなんていってるところに遭遇したことありますか?
    ああ、この人は今おどけているんだなと感じ取ることが必要です。
    中には全般的にこういう言い方しかしない人が居るかもしれませんが。

    ちなみに「ひさかたぶり」とか「総からく」というのは誤用です。
    無知無教養をさらけ出しているようなものですが、
    ちょっとえばっている人がわざわざこれを使います。
    ああ、バカが見え張って自分で転んでるなと思います。

    ユーザーID:1498297509

  • まだある

    普段はスルーしていますが、こういうトピなので。

    我が子の名前を紹介するのに、お名前は〜と言う人。
    我が子の名前を紹介するのに「お」はいりません。

    何にでも「お」や「さん」を付けないで。

    お教室、おカバン、おトイレ。

    ユーザーID:8452816199

  • どゆこと?

    と、某番組で連呼され、だめ押しで画面に文字が出くると、その度に気持ち悪くなります。

    最近は、助詞の使い方が間違っている広告も多くて、気になります。

    塾の広告などでも、間違った日本語が多くて、これでは子供の教育に良くないだろうに・・・・と、心配になります。

    CMが流れるたびに、心の中で正しい日本語に言い換えて、気持ち悪さをリセットしています。

    ユーザーID:0772049197

  • 「て」抜き と「〜住み」と「某レシピサイトの略語」

    1)「て」抜き言葉
    友達がおらず、こまっています。
    友達がいなくて、こまっています。
    友達がいなく、こまっています。

    …手を抜くな!

    2)「〜住み」

    実家住まい 実家に住んでいる 親と同居
    東京在住 東京に暮らしている 東京に住んでいる
    --以下 許せない表現ライン---
    実家住み  東京(地名)住み 

    語幹で変換しようにも変換すらできない! どういう活用形なんだか…。

    「海外」については「海外住み」と書いてあるのを
    目にしたことがない…。

    3)某レシピサイトにある略語(意味不明)
    クリチ リピ オイマヨ 生クリ ホケミ ホムパ

    頭が残念な人?

    「て」抜き、「住み」「クリチ」の表現を使う人は、
    日本で育って、日本で学校教育を受けたにも関わらず、
    日本語ができない、日本語の感覚が身に付いていない
    本や新聞すらマトモに読まない生活をしている
    かわいそうな人だと思ってしまいます。

    それから「言い回し」という言葉も嫌いです。
    「表現」という別の言葉があります。

    ユーザーID:5506789602

  • ふたつ

    『飴ちゃん』

    飴よりもかわいく聞こえるからなの?

    『頑張りたいと思います』
    『たい』が入るのは何故?

    ユーザーID:9637681405

  • 違和感

    私が知らないだけかも知れないので、ご存知の方教えてください。
    「こんな使い方あるんだ〜」と思ったのは、「〜なされてください」という言い方!

    前後の文脈から「〜して下さい」という意味だと分かりますが、初めて見た時は衝撃でした。
    例えば、「トピ主さん、お体 大事になされてください」などです。

    「〜なさってください」と「〜される」という言い方が合体したものでしょうか?
    昔からこんな言い方していましたか? 知らなかった…

    ユーザーID:5043745057

  • いつも思うんだけど

    テレビの字幕が正しく変換されていることに疑問。
    レポーターが「すごいおいしいです」「盛り付けがすごいキレイ」と言っているのに対し
    字幕は「すごくおいしいです」「盛り付けがすごくキレイ」に変換されてます。
    言葉を覚えている途中の子供、日本語を勉強中の外国人が見たら混乱しませんかね?
    だからって間違った言葉のまま変換するのもなんですけど、レポーターに「すごく」って言ってくださいって撮影中に言えない状況なの?それとも言っても聞く耳持たないの?

    街頭インタビューは除いても、撮影するのがわかっている人はそれくらいわからないんですかね。
    正しくない日本語を使うレポーターは、表現も貧困だし、もっといい人いないの?

    ユーザーID:1902092300

  • アメにチャン付けは大阪人の証。

    日本全国アメにチャン付けするのは大阪人のみです。
    誤用ではありません。
    確信犯でチャン付けです。

    まだあります。
    さつま芋はさん付けです。
    お芋さんといいます。

    ってことはケーキはミスケーキ?
    お汁粉とかならお汁粉殿?
    いいえ。これは呼び捨てです。

    ユーザーID:2309597726

  • 変換できないものはダメ

    パソコンなどに打ち込んで変換されない言葉はだいたいダメですね。
    ちがくて、とか?
    ミスチルの歌詞に出て来ますが、変ですよね、あの言葉。

    ちなみに「好きくない」は太平シローさんのギャグですよ。

    ユーザーID:3238833526

  • まぁ・・・

    テレビなどの取材でインタビューされた際に、
    「まぁ今後は、まぁ私なりに、まぁ精一杯〜」と・・・「まぁ」が頻発される時は、ちょっと気になりますね。
    考えている間の「つなぎ」の言葉と理解しています。
    気のせいだとは思うのですが、スポーツ選手に多いような気もします。

    誰かに言いたかったのですが、皆さん立派な方ですし、あげ足取るようで口には出せませんでした。

    バリエーションとしては、「まぁーー」と伸びたり、「ま、」と短かったりもします。

    ユーザーID:4186006645

  • ああ、飴ちゃんね

    大阪のおばちゃんなので普通に言ってますね〜
    すみません、耳を塞いでいて下さい。

    大阪言葉の一種なので。方言なのね〜ぐらいに軽く考えて下さい。
    飴ちゃん、別に可愛いいからなんて関係ないです。

    ユーザーID:8452816199

  • 続きますが、

    〜じゃん、〜もん。

    聞こえ良くないですね。

    ユーザーID:8452816199

  • 自分の親の事を他人に話す時に「お父さん・お母さん」という人達

    数有る不可解な言い回しの中で私にはこれが一番耳障りです。

    もう一度小学校からやり直せと言いたくなります。

    ユーザーID:3444706378

  • サラダさんへ

    名指しですみません。実は、私もサラダさんと同じで「どゆこと?」が苦手です。普段会話で「どーゆうこと?」とは言いますが、某番組「どゆこと?」を大連呼してますよね 。好きな番組内容だけに、ナレーションと字幕のせいで、残念に感じてしまいます。

    あと「あめちゃん」ですが、兵庫の私も使います。可愛いからではないです。昔から周りが言ってるので。「あめちゃん」「あめ」と、ちゃん付けは人それぞれです。おいもさん、おいなりさん(寿司の)等もです。「ごちそう様」も「ごちそうさん」です。染み付いているものなので、直すのは難しいです。

    ユーザーID:3983826143

  • 横レス

    > テレビの字幕が正しく変換されていることに疑問。

    テロップや字幕は『書き言葉』ですので、『話し言葉』をそのまま表示はしません。

    そして根本的に、日本語では『書き言葉』と『話し言葉』では文法体系が若干異なります。
    「『話し言葉』が『書き言葉での文法』から外れている!」のは、実は当たり前のことなのです。


    > 肉々しい

    誰が言い出したのか知りませんが、20年以上前には既にあったギャグでの表現です。
    そこで笑うのは正しい反応です。

    ユーザーID:4274672851

  • いろいろありますが

    「逆に」という言葉です。会話が本当に逆の展開へとつづくのなら、もちろん違和感はありませんが
    同じ内容であるにもかかわらず「逆に」「逆に」を連発されると…。

    実は既に社会人である息子が頻繁に使います。まったく逆になどなっていない、そのしゃべり方はおかしい、と指摘しても
    「何で?みんなつかうよ」と平然としており、直そうという気はない様子。

    こんにちわ、は年代によっては間違いとは知らずに使い続けているのではないでしょうか?
    昔はその表記が標準だったはずです。
    80代の母も手紙に、こんにちわと書いてきます。

    ユーザーID:8506638977

  • 二度目です

    飴ちゃんは関西の人の「雨」と「飴」のイントネーションが一緒なのでついているみたいです。

    あと、どうしても「〜みたく」が我慢できないので出てきました!

    ユーザーID:3238833526

  • 何回もすみません。

    どゆことはイラッとしますね。止めて欲しいです。
    その流れで、そーゆう、こーゆう。

    そういう、こういうですよね。

    それと、そうですねでいいのに、そうですねぇと間延びさせる人。
    そーゆう、こーゆうだけは馬鹿に見えるので止めて欲しい。

    ユーザーID:8452816199

  • ロード様

    ご指摘ありがとうございました。

    しかし私は
    >言葉を覚えている途中の子供、日本語を勉強中の外国人が見たら混乱しませんかね?
    と言っているのです。

    ロード様のような崇高な語学を身に着けていらっしゃる方は、私の発言は「駄」トピにもかかわらず
    首をかしげるものだったようですね。

    ユーザーID:1902092300

  • 横ですが、関西弁の雨と飴

    イントネーション、全然違いますよー!
    関西人ならちゃんと「あめ」単体で聞き分けられます。
    前後に何もヒントがなくても。

    関西人は、人や物への親しみが若干強いんだと思いますよ。
    お芋さん、お粥(かぃ)さん、おみかんさん。
    蜜柑は70代より下の世代ではあまり聞きませんが。
    そのくらいの世代の方は、男女もあまり関係なく男性も普通に飴ちゃんと言います。
    別に誰におもねっているわけでもありませんが、強いて言うなら会話の相手にも親しみを感じているから自然に出てくるものだと思います。

    ユーザーID:3632902760

  • まだ出ていないようなので

    「何気に」が苦手です。
    「何気なく」「何気ない」だろ、といつも心の中でツッコミをいれてます。

    あと横ですが
    飴ちゃんは大阪人なら普通に使います。明治生まれの祖母も使ってました。飴ちゃんなんてかわいいもので、う○こさんなんて言い回しもありますよ(笑)

    ユーザーID:1595946464

  • さつまさんに同意!

    レシピサイトの略語、私もすごくぞわぞわします。特に「クリチ」が生理的にダメです。
    リピ決定!と書いてあるとげんなりします。(ということはげんなりしっ放しです)

    同じように感じていた人がいたと知ってうれしかったです!

    ユーザーID:3757705071

  • 「れ」入れ言葉、「さ」入れ言葉

    「ら」抜きも気になりますが、だいぶ慣れて来ました。
    今私が気になるのは「れ」入れ、「さ」入れです。

    「書けれない」「やらさせて」

    「やらさせて」に関しては、「さ」をとって「やらせて」にしてもいい印象はありません。
    「させて」のほうがまだスマートですね。
    さらにこれを敬語として使っている人もいて驚かされます。

    「本日、私が司会をやらさせていただきます」
    もう突っ込みどころ満載です。

    もう一つ気になるのは「〜してあげて」の使いどころ。
    お料理の先生やパソコンの先生の解説等に多いのですが
    「ここでお砂糖を入れて上げて云々」
    「マウスでここをクリックして上げて云々」
    「これを選択して上げると云々」

    「あげて」って何?

    ユーザーID:3762206065

  • 不可解とは言いませんが気になること

    1 目線

    かなり一般的な用法になってきました。
    口語では特に気に留めませんが
    文語については指摘するようにしています。

    「視線」の意味で使う方と
    「視点」の意味で使う方がいらっしゃるようですね。


    2 中高年男性が使う一人称「僕」

    同僚男性(60代)が御自身のことを「僕」と言うのが気になります。
    日頃から仕事の選り好みをすることが多い方で
    精神年齢と実年齢が合っていない残念な方なのかな、と思うようにしています。


    3 字幕(テロップ)と話し言葉の相違について

    以前、韓国語を勉強していた時に、KBSのWebサイトの
    記事の内容の表記と実際に放送された音声を比較したところ
    アナウンサーの話す箇所については表記と音声に相違はありませんでしたが
    一般人の口語の箇所は、標準語による表記に変更されていました。

    外国語学習者は表記と音声の内容に相違があると戸惑う
    ということは、自身の経験から理解できます。
    それでも
    外国語学習者だけを対象にしていないニュースなどに関しては
    標準語や文法に則った表記が望ましいと考えます。

    ユーザーID:6997060481

  • 〜なります

    「こちら〜になります」

    と、店員さんに言われて、
    ん?
    もとは違うものだったの?と思ったことがあります。

    ユーザーID:5656436408

  • メンドくさい人

    最近何かと「メンドくさい」という人が増えたように思います(しかも面倒ではなくメンド)。
    特に、人に対して「メンドくさい人」という表現を使う人には、
    とても傲慢で排他的な印象を受け、逆にレベルの低さを感じます。

    確かに「この人とかかわると面倒なことになりそうだ」という気持ちはわかるんですが
    私自身がもうこの言葉にうんざりしているので、
    「メンドくさい人」という表現を使う人=自分の価値観以外を認めない人となり
    逆に「メンドくさい人」と思うようになってしまいました。
    けっして口には出しませんが。

    ユーザーID:0603251525

  • 某レシピサイトの件に同意します

    先に挙げて下さったものに加え、もう一つ。
    「うまうま〜」が駄目です。

    ユーザーID:1304383423

  • 「なになに」してございます

    あまり敬語を使うことに慣れていない人が、丁寧に言おうとして陥っているのでしょうか。
    先日、羽田空港国際線の搭乗ゲートで「ただいま、ご搭乗のご案内をいたしてございます」と聞いた時は、そのうちこの言い方も市民権を得てしまうのかと不安になりました。

    ユーザーID:1518526796

  • もう、際限ないですね

    もう、際限ないですね
    ずっと前から気になってたこと、一気に書いちゃいます

    1.ひらば(平場) 
    こうば(小規模工場)とか、砂場、水飲み場、現場とか、土足か地下足袋(差別ではなく)、安全靴でどかどか踏み込む危険で汚れた工事現場、建築現場の足場、石切場、とかを想像する。余り清潔的な感じがしないし、スマートな感じもしないし、建設的でもない。
    2.いきざま(生き様)
    ざま という言い方が、ざま−見ろ を連想させ、余り美しい表現に思えない。厳しい環境で頑張ってきた、という汗の臭いと苦労が漂う。
    3.――かな、と思います。
     「かな」というのは独り言で、改まった場では、
    「―かと思います」「―と思います」―だと思います。
    3.あのですね
    これ方言みたいね
    都内では使わないもん

    以上です

    ユーザーID:5144713948

  • 口癖は耳障りなもの

    言葉は生き物ですし、言わんとすることがちゃんと伝われば「正しい日本語」に固執することはないと思っていますが、気になるものは気になりますよね。特定の人の口癖とか、一度気になるとそれからはもう気になって気になって仕方ありません(笑)。
    私が気になるのは「〜のほう」です。実際に方角を指す時ではなく、バイキングレストランとかで「こちらのほうで、お皿のほう取っていただいて、お箸のほうはあちらのほうにありますので、お料理のほうをお好きなだけ…」とか、スーパーで「新商品のほうをキャンペーンのほうしています」とか、連発されると煩わしく感じます。
    あとは、話し始めの「まぁ」も気になります。これを連発する人は、「自分は自分、他人は他人、と割り切っている人。意見の違う他人を否定はしないが、納得できない意見は絶対に受け入れない人」だそうです。ちなみに私も、つい「まぁ」と言ってしまいます(笑)。それから、言葉ではないのですが、話し始める時や話の合間に「スーッ」と息を吸う音も凄く気になります。これをする人はコミュニケーションが下手なんだとか。確かに納得です。

    ユーザーID:5701470877

  • どこ住み?

    省略はわかるのですが、この「どこ住み?」はどうも苦手です。

    ユーザーID:5851506435

  • 「〜させていただきます」

    特に!
    「(誰誰と)結婚させていただきます」って、誰にへりくだってるの??
    「結婚いたします」じゃダメなの?

    それぞれが相手の親族に言うならまだしも、芸能人が記者会見で言うのがわかりません。

    ひがんでるみたいに聞こえるだろうから、ココでしか言いません。。

    ユーザーID:0465652246

  • 見受けられる。

    目の前で起こっている事に対して、
    「このように見受けられます。」「思われます。」というアナウンサー。
    『見られます』『思います』ではダメなのかしら?

    映画の宣伝で、「今度×××をやらさせていただきます。」
    本当に気持ち悪い言い方ですね。
    この前、『・・らさして頂きます』というタレントもいました。

    ユーザーID:2068700268

  • させていただく

    「させていただく」は本当に気になりますね。「結婚させていただく」もそうですが、たとえば「当店では自家製手打ち蕎麦をご提供させていただいてます」なんてまるで営業許可を出す保健所に対して言ってるようです。「しております」で十分です。こういう人は「よろしくお願いします」も「よろしくお願いさせていただきます」と言うんだろうか?と余計なことを考えてしまいます。。
    誰かの許可が必要だったり、誰かのおかげとかお世話になって初めてできることにはもちろん「させていただく」でいいのですが、自分の意思ですることにいちいち「させていただく」を連発されるとうんざりします。そりゃあ世の中一人で生きてるわけではないので、どんなことだって誰かの世話になってるというへ理屈がつけられないわけではないですが。

    それから「めんどくさい人」がいやだという意見がありましたが、同様に「残念な人」という言い方も大嫌いです。なんて傲慢なんだろうと思います。人を見下した言い方ですよね。言葉遣いの間違いとか文法的にどうとかではないんですが、こういう言葉を使う人のセンスを疑います。

    ユーザーID:4739435018

  • 「よろしくどうぞ」

    別れ際の挨拶の「よろしくどうぞ」に違和感を抱いています。
    「どうぞよろしく」じゃないの?流行りなの?
    仕事関係の中年以降の男性に多いです。

    ユーザーID:8095693901

  • 何でなんだか…

     「負けず嫌い」って「負けない事が嫌い」なんでしょうか!?
     実は初めて聞いた時から,この言葉が気になって仕方がないところです.小学生の頃父にこのように疑問をぶつけたところ「本当は『負け嫌い』だ」と言われ,また,夏目漱石の「坊ちゃん」にも「山嵐も…負け嫌いな大きな声を出す」という記述があるのですが,だとすれば,一体挿入されたが如き「ず」とは何なのか,摩訶不思議という思いです.

    ユーザーID:7860911285

  • こんにち「わ」が、いずれ正書法になる

    「こんにちは」と書くのが、現代の正書法であるのは承知しております。
    しかし、いずれ「こんにちわ」が正書法になるのではと思っています。

    現代仮名遣いは、発音(正確には音韻)通りに書くのを基本原則とします。
    例外として、長母音、四つ仮名、助詞などの表記があります。
    「こんにちわ」と発音するのに「こんにちは」と書くのは、「は」が助詞であるからです。
    もともと「今日は、ご機嫌よろしく」などど続く文章の後半が省略されたものです。

    しかし、「こんにちは」を文章の一部として使う用法が急速に廃れています。
    改まった席では「本日はお日柄もよろしく」のように「本日は」、日常では「今日(きょう)は、何する?」のように「きょうは」を使うことが一般的になっています。
    そして、「こんにちは」は、専ら挨拶言葉(単独の感動詞)として用いられています。

    なお、同じ助詞由来の言葉でも、「いまはの際」は「いまわの際」、「来るは来るは」は「来るわ来るわ」と書くのが正書法となっています。

    ユーザーID:8263587083

  • なるほどですね

    営業マンがよく使う、相手の話しに対する相づちみたいなもの?
    いちいち「なるほどですねぇ〜」を連発。
    お前本当に理解してる?って思います。

    ユーザーID:1220225053

  • 「やられている」

    キャスターとかでも、インタビューなどでとっさに

    「〜をやられてますよね」

    というのが、ものすごく違和感があります。
    〜をやっている、の敬語?のつもりなのでしょうが・・・

    でも、実は文法的には、よく使う「なさってる」「されている」も間違いのようなので
    言葉って本当に難しいです。

    ユーザーID:9957960673

  • いろいろあります。

    すでに出てますが、「逆に」と「〜の方」って
    本当に聞き苦しく耳障りですね。
    「逆に」は、友人がよく使います。
    会話の中で何度も「逆に」が出てきますが
    ちっとも逆になってないので
    聞いていて非常に疲れます。
    「まったく逆になってないよ」と言ってみたい(笑)
    私はたまに会うだけなのでいいですが
    家族は毎日「逆に」を聞いているんですから
    疲れないのだろうか・・・と心配になるほどです。

    「〜の方」っていうのは、「逆に」以上に
    よく聞きますね。必要ない時にほうほうほうほう。
    口ぐせになってしまっているんでしょうね。

    あと気になるのは、「〜とは思います」です。
    「〜と思います」と言えないのか。
    以前テレビで聞いたものだと
    「そういう感じにしたいとは思います」。
    「は」はいらない。
    「そういう感じにしたいと思います」と
    なぜ言えないのか?

    「普通においしい」と「素直に嬉しい」。
    これも気になりますね。
    おいしいならおいしい、嬉しいなら嬉しいと
    すっきり言えばいいのに、といつも思います。
    昔にはなかった、変な表現が多いですね。

    ユーザーID:0355157440

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧