『妊活休暇』があればいいのに

レス128
(トピ主4
お気に入り99

妊娠・出産・育児

小梅

30代前半、共働き既婚女性です。

不妊治療を開始して2年目に入りました。
原因が夫側にあることもあり、そろそろ体外受精を視野に入れています。

となると気になるのは仕事のことです。
就職して約10年、それなりのポジションを頂いています。
一般的にはキャリアウーマンと呼ばれる立場だと思います。
時には月80時間の残業や休日・夜間出勤もこなします。

会社は育児休暇はもちろん短時間勤務や在宅勤務も完備しており、
産んでしまえば支援は充実しています。
将来を考えると辞める気にはとてもなりません。

でも、治療と両立できる自信はありません。
今までは病院に通う回数も少なく、土日や時間単位休暇で乗り切れました。
体外だとそうもいかないよね…と悩んだ時にふと思ったのです。

育児休暇を3年くれるくらいなら、その一部を『妊活休暇』に出来たらいいのに。

例えば 妊休1年⇒産休まで短時間勤務⇒産休・育休2年 という感じで。

もちろん課題は沢山あるし、色んな条件も必要でしょう。
(駄目だった時受入れられるかとか、育休と併せて3年までとか)
でも、選択肢が広がれば子供が増える可能性は高まると思うのです。
社会全体の不妊治療への理解も深まるかもしれない。
国の偉い方々、こんな切り口も考えてくれないかな。

小町の皆様はどう思われますか?

ユーザーID:0185980678

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数128

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 面白いですね

    育休が3年保証されているなら、その3年を妊活やつわり休暇に振り替え出来たら女性にとって優しいですね。

    制度としてとても興味深いです。育休や時短も最初は周りから色々言われながらも女性先輩方が獲得して来て下さった権利です。

    主さんのアイデアも将来に実用化出来たらいいと思います。

    ユーザーID:1133473797

  • その分を育児休職期間から差し引くなら

    レスタイトルの通り、育児休職の取得可能期間から差し引くなら、まあ会社としては受け入れ可能な範囲だと思います。

    妊娠できなければ産休も休職もゼロで済むところ、うまく妊娠できてしまったら会社としては丸損(言い方悪いですが)ではありますが、不妊治療で何日も繰り返し休まれるくらいなら纏めて休職してもらった方がいい場合も多いですから。
    ローディングが難しいので、不定期・分割取得では無く一定期間休んでもらうという前提です。

    ただ、本人としてはどうですか?
    不妊治療で休職しておいて、治療がうまく行かないまま戻るのは辛くないですか? 妊娠できなかった時のことを考えていますか?

    周囲への納得性を考えると、会社としては理由を伏せて休職と言うのは認めがたいと思います。

    さて、その場合、「不妊治療します」と公言して妊活休職を取得する女性がどれだけ居るでしょうか。

    ユーザーID:4506876153

  • 最近の若い女は欲張り。

    キャリアを築いて、立場を確保してから子供産もうなんて人によっては手遅れになるし都合が良すぎるんですよ。

    35までは産めるだろうじゃないのがなんでわからないのかな。
    ちょっと前まで30から高齢出産だったんですよ。

    アラフォーにもなるとうとう産めずに諦める夫婦も出てきます。
    落胆っぷりったらないですよ。
     
    妊活休業なんて言ってないで若くてすぐ妊娠するうちにさっさと産めばいいんですよというのが本音です。余計な税金投入しなくて済みますし。まあ現実問題無理なんでしょうけど。
    キャリア築いて、産めれば笑い話、産めなかったら一生かけて後悔しますよ。

    若い女は頑張れば当然両方手に入ると思っているのが怖いです。

    ユーザーID:1370318247

  • ありますよ

    うちの会社はありますよ。
    妊活休暇という名称ではありませんが。
    病欠みたいな扱いで、年単位で休暇を取れます。
    実際それで不妊治療に専念されて、
    そのまま産休を経て職場復帰された方もいらっしゃいます。
    大手製造業勤務です。

    ユーザーID:2495498380

  • 現実的ではないですがあってもいいですね

    会社がその間給料出す出さないにしても、国が援助してくれるとかはあってもいいですよね。
    国としたら子供を産んでくれないと困るわけですし。

    女性って子供を産む素晴らしい役目を持っていながらも、いざ産む時になるとキャリアや給料を捨てなきゃいけなくて、損ですよね。

    私は自己責任の元に妊活して産むんだからキャリアを諦めるのは仕方ないじゃないか、会社に迷惑かけるなという考えは好きじゃありません。

    次世代の子供がいなければ、私たちの世代で国は滅んでしまうからです。
    子供が既にいて不妊とは無縁だった人も、子供のいない既婚者も、子供に興味のない独身も、大きな気持ちで妊娠のことを考えてほしいと思います。

    ユーザーID:6850057655

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 子供を増やしたいなら

    不妊治療をしなければならない人に対して便宜を図るよりも、普通に妊娠できる人が望む数だけの子供を育てることができるようにした方が簡単ではないですか?
    世の中には経済的な理由で子供の数を一人または二人にしている人も多いですから。

    ユーザーID:2425560511

  • レスします。

     みんなが同時期に取得を希望したら、大変そうですね。

     個人的には…妊活って、結活や就活と同じで、学業や仕事をこなしながら同時進行しなければならないものだと思っています。それができないほど不器用ならば、その後の育児も難しいと思うからです。
     また妊娠や育児って、会社にとっては決して有り難いイベントではありませんよね。女性としての本能や身体の仕組みといった観点から考えれば、大変難しい世の中であると思いますが。

    ユーザーID:1711923638

  • 制度あったら明日からでもとりたいです

     夫はいないけど、子どもいたら面白いかも?思っているので
    バンクから買おうかしら。
     私はアラフォーで、家族が欲しいと常日ごろ思っていますが
    実家とは断絶し、今は一人です。

     トピ主さん、羨ましいです。大切にしてくれる御家族旦那さんがいらっしゃいましょう。
     
     同僚に妊活するわ、日本の人口増えるからあなたにも恩恵あるのだから協力してよね、
    言われたら、
    素敵じゃない、じゃあ私の老後はその赤ちゃん期待して良いわよね、
    て言っていいかしら。何年もお母さんのフォローに追われるわけだし。
     

    ユーザーID:6250816487

  • うーん、どうなんだろう・・・

    生理じゃないのに生理休暇を取ってる人って結構多いんですけど、
    そういう人と同じく、妊活する気ないのに妊休取っている場合はどうなるのですか?
    「できなかった」と言えばすんじゃう話ですよね?
    でも会社によってはずーっと給与や手当が出るわけでしょう?
    じゃあ、治療中の結果を全部会社に報告するようにしますか?
    それはいやじゃないですか?

    例えば(病院判断で)できやすそうなときに1週間くらいお休みを取るとかではダメですか?
    そういうのを会社と相談で数か月に一回調整してもらうとか。
    でも診断書を必須にしないと、不正がたくさん出そうですよね。

    ユーザーID:0574060936

  • 子供が出来なかった時

    辛くありませんか?

    ユーザーID:4987540035

  • そもそも

    経験者として思うのですが、「社会全体の不妊治療への理解」って必要でしょうか?
    治療してまで子供を持つか持たないか、どの程度の時間やお金をかけるか、個人が個人の力量の範囲で成し遂げるか断念するか決めるものである方が、公平な気がします。
    身体機能的なこと・経済的なこと・環境的なこと…全て含めて、その夫婦の「妊娠力」だと思うのです。
    手当てや休暇を出したから産めと言われても、産めない人間にはプレッシャーになるだけです。
    例えば3年の休暇を先取りして不妊治療をした挙句の果て、子供が産めなかったら、それをどうやって社会に償うのでしょう?
    私には償うことは出来ません。
    今いるお子さん、苦労せず産める方への福祉を厚くした方が、少子化対策になると思います。

    ユーザーID:4341800390

  • 必要なし

    まったく必要なし。断固大反対。

    そんなの認めていたら、
    既婚者は、どいつもこいつも
    妊活だの不妊だので休めてしまう。
    育児休暇を3年も反対なのに。
    どんだけ会社や同僚に迷惑かけるつもりか?
    覚悟決めて退職したらいいだけ。
    もう勘弁してください。

    ユーザーID:7419685574

  • きっと取っていたと思います

    もう、四半世紀も前のことです。
    なかなか授からないことに焦りと苦しみが募って医師に気持ちを漏らしたとき、
    「仕事、休めないんですか。ゆとりを持って臨むことも大切。」と言われて、
    ますます悩みが増してしまいました。

    自分の人生なんだから、と、一大決心し、医師に言われたことを上司に相談するも、「セクハラ」「人権擁護」などという言葉も意識も希薄な時代でしたから、大笑いされ、他の職員にも喋られてしまいました。

    その後、たまたま、これまた激務だった夫が大ケガで入院し、療養期間に何となく「ゆとり」ができて、1人目を授かることができました。
    その後は、どんな状態に互いを持って行けば上手く進むのか、少し分かって、2人目、さらに3人目も授かることができました。

    あのとき、トピ主さんのアイデアのような休暇があったら、きっと取っていました。

    「生理休暇」だって、公言して取る人なんていない、と言われていたけれど、今では取れる(職場による?)休暇になりました。

    妊活には心にも身体にも「ゆとり」が必要です。仕事か妊活かという(仕事か育児かよりもっと苦しい)二者択一に、新しい選択肢となる提案だと思います。

    ユーザーID:7144714661

  • 勝手ですね

    職場にそんな人がいたらとても迷惑です。

    全てを手に入れることは不可能。
    子供が欲しかったら20代のうちにさっさと結婚して下さい。

    ユーザーID:1584167960

  • 3年

    3年で妊娠から出産、最低1歳迄の子育てが済むなら…

    私は不妊で治療の時間を優先させる為に仕事を辞めました。

    将来の事も考えましたが、子供を望める期間を考えての決断をしました。

    私は10年で仕事を辞めました。

    辞めてから妊娠までに6年の歳月がかかりました。

    仕事を辞めてなかったら授かる事はなかったと思います。

    やはり治療時間もかかりましたが、体調不良にもなり心身ともに休む時間が必要でしたので…

    あくまでも私の場合です。

    不妊に何年もかかる人が多いと思います。

    3年と言う期間で区切られるのは難しいと思います。

    ユーザーID:6857971832

  • だったら

    妊娠可能な年齢までに結婚できなかった者です。
    だったら婚活休暇も欲しかったです。

    まぁ実際は休暇まで行かなくても、金曜日は独身優先で定時に帰れるとか、月曜日は朝2時間遅れでOKとか。
    サービス業なども、なるべく独身は土日を休めるシフトにするとか。

    更年期休暇も欲しいです。
    出産出来なかったせいもあって更年期障害が重症です。
    仕事辞めても養ってくれる夫はいないし、子供もいないと老後が不安なので仕事を辞められません。
    非正規社員の場合は国で助けて欲しいです。
    好きで更年期障害になっているわけではないので。

    ユーザーID:4274131267

  • ははは

    そんな休暇認められたら
    結婚も出来ない人達から一斉にブーイングでしょう?

    婚活休暇をくれ、とね。

    ユーザーID:0028222502

  • 費用対効果

    少子化の原因はカップルの出生力が下がっているより結婚できない人が増えているからです。
    結婚したカップルは平均して1−2人くらいの子どもをつくっている。
    問題は妊娠はできるけど結婚できない若い男女が増えていること。

    極論を言えば、ともに年収600万円の共働きで世帯年収1200万円の夫婦がいた場合、不妊の奥様が1年間お休みして出産する確率より、奥様が退職してその空きポストに若い新卒の男性が入って若い女性と結婚し、世帯年収600万円のカップルが二組できるほうが子どもが増える確率は高いです。
    なので、出生数だけ考えるなら妊休はあまり得策には思えません。そもそも3年も休むよりすぐに復職したほうがスキルの劣化も防げるし経済にもいいと思います。
    育児支援の拡充のほうが先ですね。

    ユーザーID:3680491951

  • もし・・

    妊活して、子供ができなかったら
    その休暇はどこから出てくるんですか?

    病欠ですか?

    妊活休暇をもらったら、それなりに周りが知ってしまいますけど
    好奇の目が向く可能性の覚悟は出来てますか?

    1,2年であきらめられない人もいるようですが
    上限期間はいつまで?


    子供ができなくて更にその人が仕事を辞めたくなったら?

    私の住んでいるところはつわりがひどい場合は病欠扱い扱いに出来るようですけど

    ユーザーID:2385176787

  • おもしろい発想ですが

    妊活休暇で一年休んだ方は、妊娠しなかった場合復職と延長休暇どちらを選ぶでしょうか?
    妊娠しなかった場合、復職されても周りが気を遣って大変そうです。

    それよりは、妊娠希望者は月の労働時間を制限し、
    時短と産婦人科通院時の有給を認めるだけでいいような気がします。

    ユーザーID:4028559451

  • 辛口です

    『ワタクシが働き続けるためにこんな環境を検討しなさい』って目線が如何にも女性らしい。

    さて、それなりの立場のキャリアウーマンであるトピ主であれば、当然周囲の同僚や上司や部下が
    取得した時のことも考えていますよね。

    ただでさえ誰かの休みや時短の煽りを受けるのを女性は嫌うのに、理解できますか?
    当然トピ主個人としてではなく、課や部署としての大きな括りでね。
    まさか“少子化対策”という大義名分があるのだから受容れて然るべきとか考えていませんよね。

    ≫育休や時短も〜女性先輩方が獲得して来て下さった権利です
    こーゆーこと言うのそろそろ止めた方が良くない?
    女性の権利って誤解されかねないよね。だから男性の取得に対して男性はおろか女性の理解も
    進まないんだよね。

    ユーザーID:0822453771

  • 少なくとも私は

    私は親や周囲にも治療の事を言っていないので
    少なくとも私はその休暇があっても使えません
    数年治療に専念していたら仕事に行っていない事が
    親にはどうしてもばれますからね
    治療の事は話すつもりはないので
    そのような休暇があっても使わないでしょう

    今でさえ理由を言わずに誤魔化して休みをもらって
    治療に当たっていますからね
    治療の問題って当事者でなければなかなか理解しにくい
    ものだと思います
    手厚いサポートがあってもそんなに簡単に理解される
    ものではないと思います
    実際治療をされている方でも
    体外受精には倫理的な部分で抵抗のある人も
    いるのですから

    「妊活します」宣言が出来る人が
    そんなに多いとは思えません
    森三中の大島さんの妊活休業だって賛否両輪の
    意見があるくらいですよ
    みんながもろ手を挙げて頑張れとは言わないのですよ
    発表するにはある程度の覚悟がいったはずだと
    私は思います

    ユーザーID:3160746752

  • 一般的に、「不妊」というのは隠したくないですか?

    おおぴらに「私、不妊です」なんて言いたくないなあ。

    需要があるのか疑問です。

    ユーザーID:9923709797

  • どれだけ休めば気が済むの?

    育休に産休に女性特有の休暇
    既に女性が勝ち取った権利です
    やはり女性の社会進出を妨げてるのは、男性ではなくて、女性ですね
    女性の敵は女性と言うのが良く分かります
    どれだけ休めば気が済むの?
    どれだけ周りに負担をかければ気付くの?
    そんなに休んだら会社の負担になるし、辞めた方が、他の働きたい女性の為になるとか思わない?
    休んで申し訳ないとか思わない?
    せっかく先代の女性達が、必死に勝ち取った権利を当然のごとく使う気でいる上に、まだ休みが欲しいだなんて、女性って貪欲だね
    育休や、産休も無給だけど、人員数としては、頭数に入ってるから正規の補充も無く、残されて苦労する人の気持ちを考えた事ある?
    女性特有の休暇で泣きを見てるのは、同じ女性だよ(特に独身女性)
    これで会社が辞めてなんて言おうものなら
    女性差別だとかパワハラ、ブラック企業認定でしょ?
    これじゃ、いくら女性が賃上げや、社会的地位の向上を訴えても無理だわ
    そんな休みまで認められたら
    いつ休むか分からない女性は、雇用しないって会社も出てくるだろうね
    特に30前後の女性は、確実に雇って貰えなくなるよ

    ユーザーID:1504732727

  • 難しいでしょうねえ

    私は30代後半、結婚5年目の正社員です。
    私も仕事は好きだし、辞めたくありません。
    子供もできればほしいです。

    でも、妊活休暇は・・・・ちょっと無理かな。
    自分だったら絶対使いたくないし、使う人に対しても引くなあ。。。


    会社で全社員に人事発令で知らされるんですけど、平気??
    例えば、下記のように発令されるんですよ?

    【事項】妊活休暇
    【発令日】2014年○月○日
    【期間】1年間
    【氏名】○○ ○子
    【部署】○○部

    みたいな感じで・・・。


    妊娠するかどうかも分からないし。

    「子供作ります!!!!!」
    ってとてもプライベートなことなのに、おおっぴらにするのも嫌だし。

    ユーザーID:7380954654

  • 休んでしまうと、周りが気を使いますよ。

    妊活休暇取ったのに産まないで帰って来ちゃったら、周りが気を使いますよ。
    特に、上司がそんな状態だと、産休申請したい部下は言いづらいでしょう。
    休暇では無くて、時短制度や、ノー残業、定時上がり制度を導入するくらいが良いのではないかと思います。それなら、やっぱり仕事が忙しくなって〜等々、復帰も言い訳し易いかと。

    不妊治療で子供の増える可能性は微妙では?
    子供を増やすだけなら3人目以降の育児支援をもっと手厚くした方が効果的だと思います。こう言っては何ですが、2人産んだなら3人目も妊娠する確率は高いですからね・・・

    ユーザーID:4338549964

  • 逆にプレッシャー…

    子どもがいない30代半ばの兼業主婦です。

    う〜ん。どうでしょう?
    確かに、働きながらの不妊治療は大変です。
    でも、私だったら…と考えると、それはそれでプレッシャーですね…。
    1年妊活休暇をいただいたのに授かれなかったら…と考えたら、キツいです。
    休暇後に会社に戻った時には「休暇まで取ったのに妊娠できなかったんだ」と思われますしね。
    正直、会社に戻りにくいです。
    せっかくに妊活休暇をプレッシャーを感じながら過ごして、良い結果が得られる自信もないです。

    妊活休暇を「いつまで」取るか?というのも難しい気がします。
    最長1年まで妊活休暇を取っていいとして、妊娠したらすぐ復帰なのか?
    妊娠後、安定期に入るまではその休暇を使って良いのか?
    もし安定期まで使ってよければ、妊娠できるタイミングによっては安定期に入る前に休暇が終わる人もいるので、公平ではないですしね。

    社会的に不妊治療に対する理解が深まれば、そういう制度はいらない気がします。
    理解を深めるきっかけの制度にするには、不公平感が強い制度のような気がします。
    切り口としてはおもしろいですけど、なかなか難しいと思います。

    ユーザーID:3608145165

  • 雲の上の話

    私達、零細自営業者から見ると、雲の上の話ですね。

    妊活休暇か、、、

    そのうち、、、婚活休暇、、妊活休暇、育児休暇、介護休暇、、
    ご自身の傷病休暇、、、

    上手く、活用すれば、40年近い会社勤めの中で、半分は

    休暇が取れますね。

    当然ながら、健康保険も年金も分厚いモノがあるでしょう。

    以前、育児休暇が9年がどうでしょうか?というとトピがありましたね。

    ユーザーID:1016034799

  • 有給休暇使用でいいのでは

    年間18日程度ある有給休暇使用すればいいのでは?
    既に存在する乳児の世話のための育児休暇のようにはいかないでしょう。
    妊娠のためでなく、病気のための通院でも多くの人は有給休暇使用です。
    少子化のため、妊娠を特別扱いして欲しいのかもしれませんが、違和感を感じます。
    キャリアを積んでから妊娠、となれば確率が下がるは当然で、何もかも手に入れたいのは分かりますが、持病持ちで定期的に通院する人の有給休暇使用と何が違うのかよく分かりません。
    そもそも育児休暇満期3年取得の民間会社勤務女性は少ないと思います。周囲もほぼ全員1年で復帰しています。そうなると妊娠活動期間を育児休暇から差し引いたら産休明け復帰になりかねませんが。

    ユーザーID:0031938427

  • 甘えにしかとれないっす!

    妊娠可能な時期に結婚していても、体質でできにくいことや他の要因で妊娠できないこともあることは重々承知の上で
    書かせてもらいます。

    私も不妊治療経験者。タイミング、人工授精・体外受精とステップUPしてきましたので、治療の大変さは知ってます。
    それでも、主さんのは甘えとしか思えない。
    主さんは某芸能人並みに身体を張った危険な仕事をされているのであれば別ですが。。。。

    妊活休暇があればいいなんて思ったこともない。
    あったとしも、無給なんじゃないでしょうか。
    だって、有給とは別の休暇ってことだし、仕事してないなら給料なんで出ないでしょ。

    両立できそうもないなら、私事都合休職でもすればいいんじゃない?

    ユーザーID:1553402662

  • 一緒くたにはできない

    仮に妊活に3年かかったら、その後どうするんですか?

    ユーザーID:6070955592

  • 普通は不妊治療を公言しない

    妊娠って夫婦生活に関わる秘め事だと思っていましたが。
    職場で公言できるほど不妊治療が社会的にオープンになったとは思えません。

    あの人、不妊なんだって。あの人、体外受精するから休むんだって。
    そんな陰口に耐えられる女性ってどれくらいいるのでしょう。
    流産した場合のショックは計り知れないと想像します。
    自分を追い詰めて行う不妊治療ですから、ゆとりが感じられません。

    仕事も全力、家庭も全力な女性が増えたのは素晴らしいのですが。
    婚活休暇は面白いですね!
    妊活休暇を取る人は結婚している時点で恵まれた立場ですから、まずは非婚率の改善ですよね。
    あとは定年間際のおじさんたちにも終活休暇をあげなきゃ!
    まぁそのためのリフレッシュ休暇なんじゃないかという気もします。
    リフレッシュ休暇を拡大するんじゃダメですか?
    結婚適齢期の人と、出産適齢期の人は多めだと嬉しいですね。

    ユーザーID:8841480999

  • 休暇より

    私なら不妊治療休暇よりも、欧米数カ国ように第一子は体外受精無料にしてほしい(回数、年齢制限ありで)。
    無理ならば、フランスの様に保険対象にしてほしい。
    稼がないと治療ができない場合、無料なら「時間をやり繰りし仕事を続けるか、夫の給料でやり繰りし治療に専念するか」という選択肢に広がるから。
    日本は世界でトップレベルの不妊国なので、出生率からも海外の制度を参考にして法律変えて欲しいと思う。

    〉子供が欲しかったら20代のうちにさっさと結婚して下さい

    と仰る方も数名いましたが、早い方がいいのは正論ですが、トピ主さんは男性不妊ですので早く結婚しても治療が必要ですよね。
    私も20代で結婚してますが私の産まれつきの原因が判明し30代になっても治療中。最近、卵子の老化がクローズアップされてますが原因は人それぞれです。

    カップルの6組〜8組に一組不妊という日本、今の子供達が大きくなる頃はもっと増えてるかも。
    すんなり授かった方の子供が不妊じゃないという確証はないです。
    未来の子供達の為にも、トピ主さんの様に意見を持つ事が社会の理解に繋がると思うので、良いトピだなーと思いました。

    ユーザーID:1127872366

  • 仕事辞めるか普通に休んだら?

    働きながら不妊治療に通ってました。

    上司(男性)には、「不妊治療に通う事にしました。なるべく土日に行きますすが、半日有給を取ってご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。」と事前に伝えてました。

    病院に通う日は大体わかりますよね?
    私は事前に社内のスケジュールにこの辺は休むかもと印をつけておきました。
    そうしておけば、上司が急ぎの仕事は事前に頼んでくれるので。


    自宅から病院まで1時間。
    診療開始すぐにつくように出発
    不妊治療専門病院で待ち時間が少なく待ち時間から支払いまでは1時間程度。
    病院から職場まで車で一時間。

    運転しながら昼食を食べて通ってましたよ。
    「妊活休暇」と言ってまさか一日休むつもりですか?

    わざわざ「妊活休暇」って公に認めてもらう必要はなんでしょうか?

    ユーザーID:9122181846

  • 職場に言うの?

    職場で不妊治療をしていることを伝えて休暇を取るんですか?
    自分から不妊を宣言するなんて、どんだけ勇気が必要なんでしょう。

    治療の結果も職場に筒抜けってことですよね。

    すぐに妊娠できればいいですけど、長引くと「また?いつまで続ける気なの?」と思われるでしょうし、治療を辞めたら辞めたで「妊娠できなくて諦めたのね」と思われるし、妊娠できたらできたで「今度は産休育休で休むのか」となるし。
    同僚からすれば、一体どれだけ休めば気が済むの?って感じですよね。

    不妊の話は打ち明けられた方も反応に困りますし(結果どうだった?とも聞けないし、成功しなかった時に何と言ったらいいの?)、不妊は女性の責任だと決めつけて心無いことを言ってくる人たちもいますし。

    妊活休暇なんて、いいこと無い気がしますよ。

    ユーザーID:8858489844

  • 妊娠できなかったらどういう扱いになるのですか?

    トピ主さんの制度は不妊治療が成功して出産したことを前提に、産休+育休っていうパッケージを期間は変えずに内訳を妊活+産休+育休って区分けしなおすっていうことですよね。

    じゃあ不妊治療して妊娠できなかったらその休んだ分はどういう休みになるんですしょうか?例えばですけど、一年「妊活休暇」なるものを取って妊娠したら今までの産休+育休から1年差し引いて復帰すればよいですけど、一年経って妊娠しなかった場合はその一年はどういう休暇になるんですか?

    まさか妊娠しないで復帰したら休んだ分は有休の前借り扱いでその後10年くらい有休取らずに働くとか??

    そもそも不妊治療って成功するより失敗に終わる率の方がはるかに高いと聞いています。不妊治療がしたい女性は妊活休暇を取れて、妊娠しなくても休んだ分は不問で復帰できるって制度があったらますます女性採用向上の妨げになりますよね。

    単純に、どうしても仕事と両立できないような希望があるのだったらどちらかを取るしかないのでは?

    ユーザーID:5811242455

  • あんまりオープンにしたくない

    最近、妊活で休養しますっていうタレントさんがいましたね。

    私は個人的にあんまりオープンにしたくないなぁ。妊活してますって。
    原因はどうあれ、いや、原因がなかったとしてもすごいデリケートな話だし。

    でも会社に申請するには「いついつから休暇ください。こういう事情で妊活します」って診断書とか出さなきゃいけないだろうし。
    (口頭の申請でOKだったら間違いなく不正に休暇取る人出ますよ)

    社内の担当者にそういうの知られるの嫌だし、
    なかなかうまくいかないうちに1年経って
    「休暇は延長ですか?短時間勤務に切り替えですか?」って確認なんか入ったら、
    果てしなく辛いと思う。(でも会社としては確認必須ですよね)

    あと万一、3年目の最後で妊娠したら?
    もう休暇取れません、乳児預けて復職か。体調が悪かったり預け先がなかったら
    そこで退職です。

    3年で妊娠できなかったときに会社に戻って周りの目を気にするのもなんだか・・・

    有給休暇+日数が足りなければ無休の休暇でやりくりがベターでは。
    有給以外の休暇で給料が減るのは、妊活でも病気入院でも同じと思うので。

    ユーザーID:6731883173

  • どうして全てが手に入ると思うのですか?

    妊活って絶対に子供が産まれる保証ってありませんよね?
    絶対に子供が出来れば社会のためになるでしょうから
    企業も社会貢献の一環として考えても良いと思います。

    しかしながら、キャリアを捨てたくない、年収をキープしておきたい、育児休暇を取りたい・・・など
    あまりにも何でも希望したものを手に入れたいという姿勢はいかがなものでしょうか?

    まだ社会に出て10年、それなりのポジションとはいえ、
    ようやく若手で教育される立場から会社のためにお金を稼ぐ立場になったところではないですか?

    キャリアも子づくりも・・・というのは無謀だと思います。
    不妊治療ってそんな休暇が無くても出来るのではないでしょうか?
    ムリに子供を作る理由とかもなければ必要ないでしょうし。

    人生は子供だけが全てではないのです。
    失礼ながらも
    授からないものをムリして授かろうとする姿勢のほうが私には滑稽に見えてしまいます。

    ちなみに我が家には子供が居りません。
    しかし、夫婦とも仕事面でも私生活も大変充実しております。

    ユーザーID:7999424323

  • 治療の最後は必ず出産で終わるわけでもない

    不妊治療は自由にすればいいと思いますが、
    私だったら同僚たちに迷惑をかけてまでやろうとは思えません。

    実際子供がいるならその子を放り出して仕事しろとは言えませんけど、
    子供が欲しいという「トピ主夫婦の夢」のために
    残った同僚たちがあなたの仕事を引き受けてくれるわけで、
    とてもではないがそんな長期休暇をお願いなんてできません。

    それでも予定通り妊娠して3年で戻れればいいですけど、
    もし妊娠しないで同じ部署に戻ることになったら
    周囲は気を使いまくりで仕事しづらくて堪らないと思う。

    不妊治療の終わりは必ずしも出産ではないので、
    こんな夢を語るのもわるくはないですけれど、
    ステップアップの前にいろいろなケースを見聞きしたほうがいいです。

    ユーザーID:4655717908

  • minamiさんに同意

    妊娠せずに戻ったら、「ああ、子供できなかったんだな」という目で周りに見られますよね。
    お互い辛い気がします。

    それに、1年で諦められるとは思えません。
    結局退職することになりませんか?
    世の中の既婚女性への風当たりが強まりそうな気がします。

    ユーザーID:7085315725

  • そこまで?!

    こういうトピを読むと、不妊治療する人ってどこまで自己中心的なんだろうって思います。
    もちろん、皆がみんなじゃないんでしょうけど。

    不妊治療で情緒不安定→人にあたる、又は不快感を与える・過剰な気遣いを求める→不妊治療をしている人全般に拒絶感が出る

    という構図が私の周りでは出来つつあるんですけど。
    芯強く耐えて治療を続けている人がかわいそうだな〜と思ってしまいます。

    ユーザーID:5062774792

  • 現実的じゃないでしょ

    そもそも、既婚社員のうち子供が○人以上いる家庭が
    ○%いれば助成金が出るとか無い限り、企業が子作りを
    積極的に応援する事は無いでしょう。
    それに、妊活してる証拠はどうするのでしょうか?
    治療経過とかそういうの会社の方に話したいですか?
    また、期間内に出来なかった場合に普通に復帰できます?

    つわり休暇で育休の一部前倒しはまだ現実的ですが、
    正直、休暇取っても復帰出来る保障なんてどこにも
    ないんだから、休暇云々よりも復帰したときに働きやすい
    環境作りを進めるほうが現実的だと思う。

    ユーザーID:8237552189

  • あれもこれも、欲しいものは全部ほしいのね

    まさにそういう理由で同僚が休職し(病気休職扱い)、人員補充もなく二年に渡って一人で二人分の業務をこなしました。
    三年め、妊娠せずに復職した彼女は、その間に昇進していた私の部下として復帰。
    が、二年のブランクで商品知識に遅れが生じていたためクライアントから担当を拒否されたことと、
    同期である私の部下になったことの不満からか、妊活の副作用?による体調不良を理由に欠勤頻発。
    結局復職後半年で退職しました。

    >でも、選択肢が広がれば子供が増える可能性は高まると思うのです。
    >社会全体の不妊治療への理解も深まるかもしれない。

    子どものことって、結局は個人的な問題でしかないと思います。
    不妊治療する方がたの熱意や苦労もそう。たいへんね、とは思いますが、正直それだけです。
    「楽して出産できたひとにはわからないよね」と私も同僚に嫌味を言われましたが、
    うん、わからない。でもそれあたしに言ってもどうしようもないよね?って返したらキレられました。

    「少子化で社会制度の維持が困難になる」のだからこれは社会問題だ、だから不妊治療を公的に補助するべき、というのは
    いささか権利の乱用のように感じます。

    ユーザーID:7063471785

  • 制度を利用する場合

    治療による、療養による、名目はさておき、休業扱いにできませんか?

    会社により何という制度かわかりませんが、うつ病の社員は半年とか1年とか休んでいますよね。

    法的には、診断書で病名がつかず、長期欠勤による傷病手当はもらえないでしょう。

    ですが、治療である以上、診断書は出るわけで、それを理由に無給扱いでお休みしたいと人事や上司に相談してみては。
    無給ということは、社会保険料などは払うのでマイナスになります。
    会社負担分があるので、会社側も実質マイナスです。

    そんなバカバカしい!と思うかもしれませんが、私は産休、育休、とも無給でした。兄弟が保育園に通っていたので(育休中も通える)毎月の出費はとにかく痛かったです。
    社会保険加入要件を満たしていない契約なので仕方ないです。

    ですが、産休(育休)手当と、産前産後および育児休暇は、全く制度が別物で、手当の有無と関係なく、休暇は法律により保証されています。

    なので、トピ主も、手当の主張をせず、そして会社が寛大なら、認められるかもしれません。

    ユーザーID:4104273056

  • 理想はいいけど

    少子化対策と言うけれど
    本当に子供の数を増やすなら、子供のために女性は退職し
    空いた正社員のポストを男性に譲り、その男性が専業の主婦を養い
    子供を2.3人儲ける
    それが一番確実と個人的には思っています

    しかし、時代もここまできたらそれも難しいのもわかっています

    でもね、
    生理休暇、妊活休暇、産休、育児休暇、時短勤務
    ここまで与えるのが義務になったら
    最初から女性を雇用したい企業が激減するのではないですか?
    現実には、そのことのほうが心配です

    ユーザーID:7993336912

  • 社会に甘えないで!

    育児休暇は子供は年月と共に確実に成長するので期間設定が正確にできます。
    でもね、妊活休暇って必ずしも授かるとは限らないでしょう。1年たってできなければあきらめきれずにさらに1年延長を申請するのですか?
    いい加減にして下さいね。
    会社は貴女の都合に振り回される訳にはいかないんですよ!
    一昔前、高齢出産は30歳以上でした。
    女性の社会進出が進んだといっても、女性の体は昔と同じ,全く進化していないのですよ。現在高齢出産が35歳以上に設定されていますが、女性の体は何にも変わっておらず、30歳過ぎると急速に衰え妊娠しにくくなるのですよ。
    子供が欲しいなら、より妊娠しやすい20代のうちにさっさと生んで下さいね。

    ユーザーID:1053335610

  • う〜ん

    『妊活』=不妊治療でもないですからね。
    「不妊『治療』休暇」なら傷病休暇として月3回以内とかで、利用を認めてもいいとは思います。

    でも、妊活休暇が出来たとしても、難しいでしょうね。

    妊娠中や育休復帰後の働く女性の大変さを見れば、休暇制度があっても解決する問題では無いと思うからです。

    どれほど制度が整っていても、運用していくのは人間です。
    周囲が、応援してあげようという気持ちより、負担がしんどいと感じれば、崩れていくのです。

    残業が当たり前でなく滅多にない事になり、有給休暇も全ての人が消化できるようになれば、妊活休暇があれば良いのにと思うことも無いと思うのです。

    >時には月80時間の残業や休日・夜間出勤もこなします。

    妊活以外の活動も、この状況では出来ないでしょうね。
    有給も頻繁に取り辛いと感じるからこそ、「公然の休暇」としてあればと思ったのではないでしょうか?

    休暇が出来たとしても、不妊の原因が不明であったり、自分に原因がある場合は、男女共に「公言」することは、心理的にとても辛い事だと思いますよ。

    ユーザーID:2676688887

  • 妊活休暇じゃなくて「自由」休暇がとれるほうがいい

    妊活休暇、面白い考え方だな、と思いました。
    しかし、妊娠しなかった場合、どうなるんでしょうか。
    1年妊活休暇とって、妊娠せず復職し、その後妊娠した場合は
    育休が2年に減ってしまうのでしょうか。3年フルに休んで復帰した
    すぐ後に妊娠したら、育休は全く取得できないんでしょうか。
    また、妊活であることを証明するために、産婦人科医の診断書が
    必要なのでしょうか。診断書が不要なら、口頭の申請でなんとでも
    言えます。女性だけがとれるずる休みみたいになりませんかね?
    それに45歳過ぎた女性がその休暇を取ったとしたら周りは
    「妊娠が難しくなったその年齢で休みを取るってどういうこと?」
    とかなりませんかね。

    そう考えていくと、妊活休暇ではなく、会社員誰でもが
    「会社生活の40年の間に、○年間は理由を問わず休みをとってよい」
    というふうになったほうがいいんじゃないでしょうか。
    旅行に行ってもいい、子育てに専念してもいい、大学院で勉強してもいい
    というような、自由に使っていい休暇です。男性ももちろん取得できます。
    50歳になっても60歳になっても使えます。そういう休暇のほうがいいと思います。

    ユーザーID:4160722461

  • その激務とポジションの重さが

    妊娠への道を遠くしてる可能性もあるんじゃないでしょうか。

    自分の子供を自分で産みたいなら、国や会社や周りに期待する前に、
    自分が出来ることを最大限やらないと。

    子供もキャリアもポジションも収入も、何もかもを順調に手に入れられる女性は
    実はほんのひと握りなんです。みんな何かを取捨選択して生きているんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5980784426

  • ありがたみを感じてます?

    時間休を取れるだけ主さんは恵まれていると思いますが。
    大企業の社員さんに限って「もっともっと待遇よくして欲しい!」と言うのは何故なんでしょうね。

    ユーザーID:4022074497

  • レスします

    介護休暇なら分かるし助けたいと思うんですが、人様の妊娠まで他の人が輪になって助けないといけないのでしょうか。
    なぜそこまでこだわるんだろう。そのこだわりこそ無意味な気がします。
    通常のやり方でできないのなら、これも運命だと血の繋がった子供を諦めればいい話。諦めきれない人達が自分で背負う苦労を、公的に負担するのはどうだろうと思います。
    子供が欲しくない人、諦めた人への負担も大きそう。

    あと、不妊治療は今そんなにオープンなんでしょうか。
    会社中に公開して、後悔しませんか?ご主人が同じ会社なら特に。ちょっと恥ずかしくないですか?

    ユーザーID:2413337059

  • ムカムカしますね

    妊活休暇、ですか。
    会社ってどういうところなのか、根本的に考えてはいかがですか?
    働いて、対価を得る。働くから給料をもらえているのです。
    はっきり言って、勝手きわまる制度ですね。
    自然妊娠した人には何も恩恵がないのですから。
    不平不満が出るのは当たり前。何で会社がそこまでフォローしなくてはならないのか。
    不妊治療は好き好きでやること。
    自分の嗜好を他人に押し付けないで欲しいですね。

    かくいう私も顕微で子供を授かりました。
    仕事をしながらのスケジューリングは大変でしたよ。
    でも、そういう苦労をしていても、トピ主のような人間に同意できませんね。
    周囲にそこまで迷惑をかけてまで会社に残りたい、なんて自分勝手な!
    社員がひとり辞めても会社は回るものです。
    勝手なことばかり考えているなら速やかに退職すべきですね。

    ユーザーID:6152493433

  • うーん、反対。

    不妊治療って、妊娠できるかどうか分からないバクチみたいなもの。
    そういう不確かなものに対して、
    社会がインフラを整えてくれるはずがないとは思いませんか?

    どなたかがレスされたように、
    確実に産める人に望むだけの子供を産んでいただくのが
    効率がいいと思います。

    ユーザーID:7444011620

  • 同じ部署で何人も取ったらどうなるか

    例えば一人で妊活休暇を何回も取ったらどういうことになるんでしょう?

    一人ならまだしも同じ部署で何人もそれをやったら?よその部署からのフォローはあるんでしょうか?

    トピ主さんは産休とか育児休暇を取っている人のフォローとかしたことがありますか?
    なさそうな雰囲気を感じました。

    妊活休暇を取る間の同僚に対する申し訳なさ、ありがたさが全く感じられないのがとても気になります。産んでしまえば充実といういい方が軽くて。

    もう少し周りに対する気づかいをした方がいいんじゃないですか?

    もし1年で妊娠しなかったら?3年で妊娠したけど産休とか育児休暇がなくなったらどうしますか?

    病院に毎日通う訳ではなさそうだし、暇な時間が増えたらかえってプレッシャーになりそう。

    そういう制度ができたらいいなとはとても思えません。

    周りに対する配慮もなくトピ主さんにだけ都合がいい書き方がかちんときました。

    ユーザーID:0965515382

  • 妊活休暇より健康保険対象にした方が

    不妊治療クリニックや、不妊の薬を開発したり販売する企業であるならそういうユニークな休暇制度も出来てくる可能性はアリでしょう。ただ一般的に不妊治療は理解されにくいし、風当たりがきつくなる様な気がします。女性の敵は女性という様に、すぐに妊娠した女性からの風当たりが特にキツイと思います。また育児休暇だけでも迷惑かけているのに、その上妊活休暇って我儘極まりないです。それに妊活休暇を認めても子供が増える可能性は低いでしょう。

    それより不妊治療にかかる費用を健康保険対象にして、治療に専念出来る専業主婦さん達に産んで頂いた方がその後も待機児童問題に発展しないしいいと思う。妊婦検診も出産費用も全て健康保険対象にした方が子供が増える可能性が高まると思います。

    ユーザーID:2281300885

  • トピ主です・1

    思いがけず沢山のレスをありがとうございます。

    個別にお返事できず申し訳ないですが、多かったご意見に対するコメントを致します。

    ・あっても取りづらい、授からなかった時どうするのか
    私も最初にそう思いました。
    実際『今』制度があったとしても、私も躊躇するでしょう。

    けれど、制度が出来ることで
    不妊治療への意識が変わればいいな、と思うのです。

    極端な例でいうと、
    花粉症を発症して、対策のために耳鼻科に通うことを、
    本人も周りの人も恥ずかしいとは思わないはずです。
    それくらい身近なものになってくれればと願っているのですが・・・。
    レスを見ると、不妊治療自体に否定的な方も多いですね。
    道のりは大変厳しそうです。

    ・普通の有給で頑張りなさい
    激励ありがとうございます。勿論そのつもりです。

    ただ、どうしてもしんどくなった時、
    『必死に頑張って両立』『仕事を辞める』以外の選択肢として
    『仕事を休む』という選択肢があれば、
    心の余裕が持てるのになあと思った次第です。

    (メンタル不調を理由に長期休暇を取る人が多い業種なので、
    余計にそう感じたのかもしれません)

    つづきます。

    ユーザーID:0185980678

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です・2

    ・傷病休暇でよいのでは
    確かにその通りですね。
    高度不妊治療を傷病として認めてもらえれば、一番実現しやすそうです。
    どなたかの意見にあった、自由休暇も良いですね。

    個人的には育児休暇は3年も不要だと感じていたので
    そこから先取りするのが不公平が無いかな?と思いましたが
    他の病気と同じように扱う方が自然ですね。

    ・迷惑千万けしからん!わがままだ!不妊さまめ!
    休むことで迷惑をかけている人がいらっしゃるということでしょうか。
    お気の毒なことだと思います。
    失礼ですが、それは制度の問題ではなく、職場や休む側の問題ではないでしょうか。
    育児関連休暇に限ったことではないと思います。

    私の会社では、育児休暇(男女とも)も短時間勤務も普通に受け入れられています。
    ベテランの短時間勤務者のパフォーマンスはそこらの若手より高いです。
    突発で休みを取られたりいきなり退職する事の方が困ってしまいます。
    さして大企業ではありませんが、そういう雰囲気なので
    いっそ長期休暇を取る方が迷惑じゃないなあと考えました。

    あくまで私の会社は、なので
    制度化を検討する際には大きな課題になりそうですね。

    つづきます

    ユーザーID:0185980678

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です・3

    長々とすみません。

    ・有給か無給か、期限等の細かい条件はどうする
    この辺りは色々な案をいくらでも検討できそうです。
    私の考えでは、無給で上限1年くらいかなと。

    ・婚活休暇も欲しい
    なるほど!そういう意見もあるのですね。
    ただ、仕事を休むメリットはあるんでしょうか??
    大抵のことは夜間・休日でも出来るような。。

    さすが小町、議論が活発でうれしいです。
    よろしければ、引き続きご意見をお願いします。

    ユーザーID:0185980678

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 通院記録と経過報告を会社に報告する義務

    会社で長期療養休暇を取得する時、医師による診断書や通院証明が必要です。
    「疾病名XX病、全治3ヶ月」と医師が診断した診断書を以って休暇とし、「自称病気」「自称通院中」では療養とは認められません。
    トピ主さんの提案する「妊活のための長期休暇」を企業体が認めるなら、妊娠活動、つまり病院でその治療を受けているという証明が必要です。

    「2月X日通院」「4月X日人工授精。X日間の休暇を要する」「5月X日排卵誘発剤使用。2週間の休暇を要する」と医者が診断した診断書を定期的に会社に提出せねばなりません。会社の人事や上司は、それら全てを把握する権利と義務があるからです。
    医師が判断した治療日数以上を療養休暇と認めることはできませんし、その後の体調不良で休みたいのは自己都合。ましてや「自称妊活中」「自称体外受精中」が会社で通るわけがありません。

    「勤続10年、それなりのポジションのキャリアウーマン」と自称するトピ主さんなら、会社の仕組みや法律も熟知していらっしゃるはず。それを全て承知で妊活休暇を提案しているんですよね?

    ユーザーID:4864980359

  • 不妊治療を健康保険にとご冗談でしょ。

    不妊治療を健康保険対象にするべきなんて言っている人がいますが、不妊治療をする人の多くが高齢で妊娠した場合若い人より妊娠期(産褥期)の病気が増えるのをご存じないのでしょうね。
    結構な医療費なんですよ。
    また年度が変わると産休中も保険料の徴収が免除されます。
    健康保険の収入が少なくなるのに出費が増える、これを補填するのは我々の税金です。
    消費税は社会保障に補填されるとなっていますが、それは皆さん快く思っていないわけですよね。
    休みはもらいたい、でも税金払いたくない。
    休暇が欲しいための無茶苦茶な論理、呆れますね。

    せっかく皆さんがレスしているのに、自分の意見にそぐわないものは切り捨てるような発言(私の会社は休みが取れますなど)するべきではないと思います。
    あなたの人間性が透けて見えてしまって大変いやな気持ちになります。

    最後に
    >婚活休暇も欲しい
    あなたのしていることもあまり変わりませんよ。

    ユーザーID:9792993336

  • そういう発想はなかったなー

    私も半年治療していました。
    直属の上司だけに話して、あとは内緒でした。
    上司にはまだ若いのにそこまでしなくても…と言われました。半休を使いまくって通院し、そろそろ有休足りなくなりそうという頃に妊娠して出産しました。

    不妊治療って、まだまだメジャーではないと思います。というか、日本人の感覚でメジャーになりうるのかな…それに、存在しない子供が生まれるためのサポート(妊活休暇)より、生まれた子供へのサポート(育児休暇)の方が必要だと思います。

    ユーザーID:1617148843

  • うーん

    気持ちは分からなくもないですが 欲張りだと言う方に賛成です。
    二兎を追うもの一兎を得ずと言うではないですか。
    仕事と子作りとどちらに優先順位を置くかそれぞれが決めるべきだと思います。
    そりゃ、運よくどちらも得られる人もいればどちらも得られない人もいる。不公平だと言われても 世の中不公平だらけですよ。

    今退職し妊娠に専念することで生涯年収が下がってしまうことに不満があるのなら辞めなければ良いし
    それでも欲しいと思えるなら退職すれば良い。

    政治家さん達は 女に子供を産ませて仕事もさせてと躍起になってますが どちらか選べる世の中が一番いいと思います。

    ユーザーID:6207443047

  • レスします

    自分の都合が悪いから社会の方が自分に合わせろ、ですか・・・やれやれ。
    しかし、子作りの為に休暇下さい、って言って、その間子作りに励んでるって、どうやって証明するんですか?
    自分や配偶者は不妊症だってどうやって証明するんです?
    医者の診断書を提出?経過を細かに報告?


    だって、問題のない人だって結婚して「わたし不妊なんですぅ〜休暇下さい〜」って言って、1年休んで、その間に「ロングバケーション♪さあ遊ぶぞー!1年経ったら授かりませんでしたって言えばいいもん、へへ」って、悪用する人、必ずいると思うんですけど。(無休だって復職が保証されてれば、休みたいって人はいるよ?)
    誰しもがキャリアウーマンで、仕事熱心なわけじゃないんですけどね・・・。

    もしもこんな制度を作ったとしても、企業としては当てにならない労働力を引き受けるよりは、最初から大事なポジションには女は採用しない、と言う方向に行くでしょうね。

    それにしても「妊活」なんて嫌な言葉ですね。正直、初めて聞いたとき「おえっ」と思いました。
    秘め事って感覚はないのですね。人間ってどんどん恥をなくしていくんだな。

    ユーザーID:1503758805

  • それはちょっと自分勝手すぎ

    そもそも会社って、労働力や技能技術を提供し、それに応じた対価をもらうところですよね?

    一方、妊娠したい、子供が欲しいというのはきわめて個人的なことです。

    会社が「お願いですから産んで下さい」というのなら話は別ですが、
    「おたくの社員になった以上は、仕事もPrivateも社員のやりたいようにやらせてね。
    お給料も復職も保障してね」っていうのは傲慢だと思います。

    妊娠中の人、出産間もない人、乳児の育児やご家族の介護、うつや長期療養の必要な病気がある人と
    「今から(できるかどうかわからないけど)子供作ります」っていうのは立場が違いますよね。
    なにも毎日お休みにしなくても、残業減らすとか責任の少ないセクションに配置を変えてもらうとか、有給使うとか方法が考えられるはずです。

    もちろんわかりますよ?妊活が精神的にも肉体的にも負担が大きいから休みたいことや、
    費用もかかるから会社勤めもしていたいことは。

    でも、だからといってそんなことまで会社の制度にしてって望みだしたら、
    企業側は「休む権利ばかり主張する女性はいりません」となります。

    ユーザーID:0687712018

  • 『妊活休暇』は反対です

    『妊活』って不妊治療だけではなく、「ホルモンバランスを整えるために食事に気をつけてヨガを始めました」的な初歩的な準備段階や単純に「子作りに励みます」って意味もあるでしょ?
    そんなんで長期休暇されたらたまったもんじゃないわ!って誤解する人も出てくると思う。
    かと言って『不妊治療休暇』だと、名称がストレート過ぎて取得しづらい気もします。
    なので、傷病休暇の条件に不妊治療も入れる、ただし傷病手当金は無し、というくらいが妥当かなと思います。

    あと横ですが、極端な例として上げている花粉症こそ飛散量の多い日は自宅待機や在宅勤務を認めて欲しいです。
    私はスギ・ヒノキ・キク科・イネ科に反応する花粉症患者で一年の半分以上はメガネとマスク、帽子が手放せない生活なので…

    ユーザーID:3888456178

  • そんな制度は要りません

    妊活休暇、など特定の性別や事由の人のみが極端に恩恵(あえて恩恵と表現します)を受けるような制度は長続きできないと思います。
    もちろん不妊治療なら男性も妊活休暇を取得できるわけですが、採精のことなど考えたら、女性より男性の方が取得(不妊治療の公表)を嫌がるのでは・・・?

    上記の理由から、もっと単純に、時短制度の活用で良いと考えます。
    また、今回の件でいえば、妊活を考えているにもかかわらず月80時間の残業をコントロールできないトピ主さんの職場との関係をどうにかしないと意味がない気がします。

    最近は少子高齢化で子どもに目が向きがちですが、現実には激増している長寿高齢者の介護問題の方が緊急率が高いのです。
    子どもが欲しいが、親の介護に時間とお金がかかるから自分たちのことは後回しという家庭や、結婚自体を諦めている30代40代もゴロゴロいるのです。
    また産休や育休より、介護休暇の方が取得率が少なく、時期も短いため実際には活用が難しい現状があります。
    国によってはワーキングシェア制度もありますが、日本人に馴染むかはわかりませんね。給与も減りますから。

    ユーザーID:4499713603

  • 「他の病気と同じように扱う」って

    >花粉症を発症して、対策のために耳鼻科に通うことを、
    >本人も周りの人も恥ずかしいとは思わないはずです。
    >それくらい身近なものになってくれればと願っているのですが・・・。

    よりもよって花粉症の通院と不妊治療を同等に扱って欲しいとは。
    いや、びっくり。
    性行為の延長上にある自分の意志による妊娠の為の治療と、望まずに
    罹ってしまう(が、重病とは言えない)アレルギー治療を一緒にしな
    ければならない理由って何?

    そもそも、平日休暇取って耳鼻科に通う社会人がどれくらいいるので
    しょうか?
    いや、学生でさえやらない。
    それが出来ないから平日夜や土曜診療って凄く込んでるし、結果的に
    高つくとわかっていても市販薬を購入する人がいるのです。


    >高度不妊治療を傷病として認めてもらえれば

    つまり本人、もしくは配偶者(あるいは双方)が「病人、もしくは障害
    者」って事ですね。

    >無給で上限1年くらい

    ごく身近な人にさえ打ち明けられない人が沢山いると言うのに、職場で
    「病気(障害)なので、妊娠する為に最大1年休みます」って公表して、
    結果に関わらずちゃんと復帰する人がどれくらいいるのでしょう?

    ユーザーID:7009739134

  • 考えをまとめて組合に

    さまざまな事にとても理解のある会社にお勤めのようですし、職場の同僚の方々と活発な意見交換をかわし、意見をまとめて組合に提出するのが一番建設的だと思います。

    あなたの会社の事情は、掲示板では分かりませんのでね。
    がんばってくださいね!

    ユーザーID:5062774792

  • 男性の育児休暇の取得率を上げる方が先

    子供が増えるためなら、産後の待遇を良くした方が効果的だと
    思います。男性の育児休暇が取得率を上げる方が先です。
    夫の会社では育児休暇という制度がありません。(家賃補助は
    月11万支給と太っ腹な会社のくせに・・)

    不妊じゃないのに二人目を諦めている人が大勢います。
    そちらの待遇を良くして欲しいです。その方が確実に出生率が
    増えますから・・。

    晩婚の今、妊娠出来ないのは自分達に責任があると
    思います。健康保険に、は私も反対ですね。
    (妊娠力のあるお金に余裕のない20代限定ならありですけどね。
    30歳すぎたら妊娠の可能性がガクンと減るのでお金貯めている時間が
    もったいない)

    妊活休暇以前に、育児休暇をすべての会社に採用して欲しい。
    待遇がいいのは一部の会社だけ・・。

    ユーザーID:3021763963

  • 生理休暇と同じで

    無給ならいいんじゃないでしょうか。
    私は育休復帰後の有給休暇が多いほうがいいです。

    ユーザーID:7887395335

  • トピ主です・4

    読み返してみると自分の経験談でしか語れない嫌な奴になってますね。(駄目な上司の典型!)
    不快に思った方、申し訳ないです。

    考えに至った経緯を説明しようとしたのですが、
    これでは無駄に反発を呼ぶだけですね。失敗。

    さて、努めて客観的に見て、課題は大きく以下2点でしょうか。
    1.不妊治療への理解度の低さ
    2.長期休暇(育児関連休暇に限らず)を取ることへの抵抗感

    共に対策を打つのも一朝一夕では難しそうですね。
    とはいえ、諦めたらそこで試合終了だと某先生も仰っているので
    良い解決法を今後も模索していきたいです。

    何がベストかは人それぞれですが、
    少しでも多くの人が悔いの無い選択を出来るようになればと思います。

    皆様、ありがとうございました。

    ユーザーID:0185980678

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 気を悪くされたらすみません

    30代中ばバツイチ男です



    私の娘は幼いころ癌を患い、今は高校生として元気に生活してます。

    この娘が就職して万が一発病したら...休暇扱いとして3年もポジションを維持して待ってくれる制度はあるのですかね?

    私は不妊治療の大変さがわかりません。だから軽率な発言が許されないのも承知しております。

    なにが言いたいかというと全てを維持して選択できないかを考えることも当然ですが、どの選択をするかをしなければならないことも当然あると思います。

    残業時間、休日出勤を考えるといい会社か悪い会社かは微妙だと思いますが、支援が充実しているとなると悪い会社ではないようですね。
    それだけ充実しているのなら現行の範囲内でできることを考えればよいのでは?と思います。(何度もいいますが不妊治療の大変さがわからなくて申し訳ないです)

    国の偉い方々、こんな切り口...
    といっても中小企業では有給取得すら無理の会社が現に多数存在しているこの世の中。その制度の考えは大企業にしか適応されない気がします。

    努力して大企業に入ったのだから...という意見も多数あると思いますが。

    ユーザーID:2996756081

  • レスします

    >ベテランの短時間勤務者のパフォーマンスはそこらの若手より高いです
    時短の当事者や推進者は必ずこう言って正当性を主張します。
    でもそれは自助努力が大きなウエイトを占める、言わば単純な業務をあてがわれているだけです。
    そんな業務はパート化や外注化するのがいちばんですが、妊婦や時短者のような生産性の低い方のために
    業務を温存する必要があります。
    やってるつもりなんでしょうけど、会社の社会的責任に甘えているに過ぎません。

    >勤続10年、それなりのポジションのキャリアウーマン
    立場に応じた享受と負担の双方を俯瞰した意見を期待したいのですが、残念ながらトピ主さんは
    自分の都合を叶えたいだけになっています。
    自分の仕事っぷりに自信がついた頃でしょうけど、お世辞にも業務全貌は見えていません。

    ポジショントークは皆さん見抜きます。度が過ぎると批判レスが厳しくなります。

    ユーザーID:0822453771

  • 妄想トピですね

    まぁまぁ皆さん。
    ここは匿名掲示板ですから、トピ主があれこれ妄想する位いいんじゃないでしょうか?(笑)
    真面目に取り合うから腹が立つんですよー。

    ユーザーID:6354872610

  • 業務への支障

    トピ主さんのように、産休育児休暇が取りやすく、復帰しやすい会社に勤めています。

    まず、勘違いしてはいけないのが、耳鼻科も高度医療も

    「業務に支障を出さないための治療」

    である事です。

    だから、休暇をもらって治療するのです。


    妊活が、どう業務につながるのですか?
    あなが妊活する事で、どんな業績になるのですか?

    妊活休暇が認められるのって、たとえば絶世の美男美女の夫婦モデルが、赤ちゃんモデルを産むために休暇を取るとか、そういう事なんじゃないかしら?と。

    ユーザーID:3691801301

  • トピ主レスを読んで

    休職願いを出してその理由が不妊治療に専念する為というのであれば
    福利厚生のしっかりした会社であれば、直ぐにでも実現できそうな
    気がします。

    ただ、現状だと取得する側、周りの人達の反応、どちらも良い対応が
    出るとは言い難いと思います。

    これが、自然妊娠の確率が異常に下がるような世の中に成った時には
    妊活休暇が当たり前になるかもしれませんね。

    ユーザーID:3817556616

  • 必要なし

    正社員になりたい人はたくさんいますから、
    そんな下らないことを考える人は退職してくれた方が会社はありがたいでしょう。
    トピ主さんが天才的研究者とかなら別でしょうけどね。

    ユーザーID:5249352800

  • つわり休暇の方がいい

    >時には月80時間の残業や休日・夜間出勤もこなします。
    この働き方と、妊娠するための活動を並行させられないから
    妊活休暇という発想なのでしょうか?

    産んでしまえば…とありますが、妊娠したら
    上記のような働き方は、まず無理ですよ。

    それより、妊娠初期の一番不安定な時期に、休暇を取れる制度の方が
    いいと思います。私自身は妊娠した時には働いていなかったのですが
    あのツワリの苦しみの中、通勤して仕事なんて無理・・・!
    と思っていました。

    あと、妊娠しやすい生活リズムってあると思います。
    男性側が原因とはいえ、そんな働き方をしていたら
    自分の体を守るのが精一杯で、もう一人分の命を守るのは難しいのでは?

    なんか、イジワル婆さんみたいなレスかもしれないですが、、、
    今の働き方を変えるつもりはない、でも妊娠はしたい、だとしたら
    それは少し非現実的なのではないかな、と。

    ユーザーID:0969487419

  • そんな休暇まで作ったら

    何時、仕事するんですか?
    妊活、産休、育休で、10年務めてるけど、その内8〜9年は休暇でしたなんて事になりそうなんですけど。

    ユーザーID:4456585835

  • なんにも失いたくないんだね

    「妊活休暇」は発想としては素敵だと思ったのですが
    あまりにも自分都合で押してくるので、応援する気がすっかり失せました。
    どう考えても不妊はそこまで優遇されるべき事態だと思えない。
    有給をうまく組み合わせて取らせてもらうくらいでいいよ。と思ってしまう。

    結局、今の仕事と正社員の立場を失いたくない気持ちのほうが強いのですよね。
    他人にはただの「キャリアウーマン様」「不妊様」と感じ取れてしまう。
    ごめんね。

    でも子供は早く授かるといいですね、そこは遠くから応援してます。

    ユーザーID:4655717908

  • 休職すればいいだけのこと。

    少なくとも、うちの会社の人たちはそうしてますよ。

    ユーザーID:5290108937

  • 根本的な解決には

    通常、多くの者は、前日にセックスしたからと言って、翌日仕事は休みません。
    一方、体外受精には休暇を与えるとなれば、それだけ『人工受精が重要』という認識がないと通らないと思います。

    そして、そこまで重要であるならば、その重要なものの成功率を上げるための、もっと根本的なことに着手するのが建設的でしょう。
    恐らく行き着く先は、『不妊』にならないための策(医学的対策も含め)です。
    あらゆる女性・男性が問題なく自然妊娠できた方が、理想的でしょう。
    或は、長らくのタブーを破り、とことん『人工』の道へと突き進むのかもしれません。

    不妊治療の休暇を認めるということは、不妊に正当性を与えることになります(決して、不妊=悪という意味ではありません。気を悪くしてしまったらすみません)。
    少子化を根本から考えた時、休暇を与えることでそこに停滞させてはいけないと思うのです。

    短い目で見れば、トピ主さんは今すぐにでも休暇が欲しいでしょうし、不妊治療に対する理解も得たいでしょう。
    けれど、長い目で見た時、それは果たして、本当にプラスになるでしょうか。

    ユーザーID:0298844992

  • 治療内容と年齢制限

    治療は体外受精と顕微授精から。
    年齢は、40歳位まで。
    など、批判多数有りそうですが、区切りが有っての休暇なら有りかな。

    市町村で違いは有りますが、今現在は、体外受精の対象者に助成金もありますし、民間なら妊活休暇も始めやすいかなと思います。話題になりますし。

    ただ、期間はどれ位か、結局妊娠しなかった場合、そして、不妊治療を口外したくない、秘密にできるのか、などの問題はあります。

    ユーザーID:9812881376

  • 大問題にも程がある

    有給なら、これまで結婚退職していた女性が妊休を取って1年私腹を肥やしてから退職するようになるだけ。
    無給でも、会社に籍は残したまま所謂「長期のリフレッシュ休暇」として遊興に費やす人が出てくるだけ。1〜2ヵ月休んでから「夫の仕事の都合で時期をずらしたい」「今回は不調なので時期を改める」のような言い訳で、複数回に分けて長期休暇を取る女性が必ず出てきます。

    更に問題点を挙げるなら、取得できる年齢制限。例えば「取得可能制限は34歳まで」などの線引きが必要ですが、35歳の女性からは差別だ、まだ産めると声が上がり、問題になること間違いなし。かと言って39歳までとなると、成果が低すぎて妊休制度の意義自体が問題視されます。
    そもそも国も企業も、制度として「女性の出産可能年齢」を設定するなど危険な真似をするとは思えません。対象外の女性や女性団体からどんなクレームがつくか分かったものではありません。

    こんなこと、考えるまでもなく分かりませんか。あまりにも発想が甘く、自己中心的過ぎです。

    ユーザーID:9410037528

  • 景気がよくなりゃいいのになあ…

    一馬力でも将来の心配ないくらい稼げる世の中ならいいのになあ…。
    年金を始め、老後の保障がしっかりしていれば、赤ちゃん預けて本人も周りもキリキリイライラしながら働くこともないのに。
    純粋に仕事が好きな、上昇思考の人は、何年ブランクがあってもまた頑張るだろうし、結果も出せるでしょう。

    ユーザーID:2939663179

  • もっと考えて

    既に不妊治療を2年経験しているなら、
    簡単に思い当たると思うのですが…

    妊活休暇を1年取得したからといって、
    期間内に授かる保障はどこにもありません。

    不妊治療は長い道です。
    無事、授かっても図らずも流産という自体も考えられます。
    そうなると半年〜1年が無駄になります。
    でも、妊娠出来る体という事は証明されます。

    もう1回、頑張れば次こそ出産までいけるかもしれない。
    まだ受精卵は残っている…凍結されて両親の迎えを待っている。
    でも、もう、1年過ぎてしまった。
    妊活休暇を既に取ってしまった。

    だからもう次回のチャレンジは出来ない、諦めます、と言えますか。
    受精卵は破棄してくださいと言う事が出来るのでしょうか。
    妊活休暇を取得してしまった事を後悔するのではないでしょうか…。

    不妊治療って、可能性だけなら、割合長い期間あるので
    例えばの話、35才から1年だけ、期間を決めて頑張るぞ!
    という性質のものではないと思います。

    ユーザーID:6831747936

  • 汎用休業、汎用時短

    というか、育児休業とか介護休業とかの区分けを無くして、誰でもいつでも取れる汎用休業というものを作れば解決では?
    公平ですし。

    ユーザーID:5672234914

  • 家族と仕事を天秤にかけるのは、男女どちらも同じ

    男性でも、家族を優先にして、転勤を断って出世を諦める父親もいます。
    生活のためにより高い給料を求めて、仕事を優先にする父親もいます。
    それが働くということです。

    「お金も、地位も、子供もほしい!」というトピ主さん、
    この分だと「PTA役員休暇」や「お受験休暇」も要求しそうです。

    ユーザーID:7705021994

  • 不妊治療経験者です

    高くても良いから、22時でも不妊治療して欲しいと思っていました(汗)
    医療関係者の方には、迷惑な話だな・・・と自分で反省しましたが。

    トピ主さんの場合、不妊治療をもっと言える雰囲気に!と思うなら、まずは今の職場で「子供が出来るまで、残業とか休日出勤とかしませーん」と言ってしまってはどうですか?
    あの・・・意地悪で言っているのではないですよ。
    結局、妊活休暇という制度が出来ても、使うか使わないかとなったら、↑これくらい言える雰囲気の職場じゃないと、使えないと思うのです。

    あと、男性はどうしますか?「俺、検査で不妊って分かったんだ。妻と一緒に頑張りたいから、妊活休暇取るよ」という事も有り得ます。
    まさか「男はダメ」という想定ですか?
    女性の方が通院回数が多いのは知ってます。制度として、どういう前提なのか確認です。

    不妊治療は、休憩も設けますから、治療が中断されたら復職しますか?
    (私は2度、中断しています)

    ユーザーID:8393079691

  • 課題が多すぎる

    妊活と一言でいっても、不妊治療をする人としない人。不妊治療をしなくても環境を変えることも体質改善も広義では妊活ですよね。
    そして、妊娠は女性が一人でなし得るものではあり得ません。男性にも妊活休暇を適用していくのかどうか。
    その辺の公平性はどうすれば良いでしょう?

    また、産休や育休と違い実態が見えにくい妊活、制度化すれば当然スケジューリングなどの提出が求められると思います。逆にプレッシャーがかかると思うのですが。

    失礼ながら、雇用契約というのは働ける時に働くのではなく、やむを得ない時に休職するものだという認識をお持ちになられては?

    ユーザーID:9604477756

  • 駄トピとしてなら受け入れられます。

    不妊治療って心が荒みますからね。

    「今月もだめだったかぁ…コウノトリさん来ないかなぁ」
    「お金足りないなぁ…空から降ってくれば良いのに」

    ってノリの延長で、

    「不妊治療してるって言ったら、皆が同情してくれれば良いなぁ」
    「どーぞどーぞ、何も考えずいっぱい休んで!って言ってくれないかなぁ」

    って思っちゃったんですよね。
    それを、小賢しい文章にしちゃっただけですよね。

    他の方のご意見にもありましたが、私も不妊と病気、不妊と妊娠出産育児は別問題だと思いますし、今以上の配慮も求めません。
    「不妊治療を理解する」ことと「不妊治療を受け入れる」ことは別問題だと思うからです。
    私自身、いろいろな検査や治療を受け学びましたが、体外受精は行いたくありません。
    助成金も休暇も欲しいと思いません。
    トピ主さんは、そんな私を「不妊治療に理解がないからだ」とおっしゃるでしょうか?

    「メンタル不調を理由に長期休暇を取る人が多い業種」とお書きですが、長期のお休みが欲しいのなら、「不妊治療と仕事の両立で病んだ」ことを理由に出来ませんか?

    ユーザーID:9588592122

  • なんだか応援する気がなくなりました

    二度目のレスです。

    一度目は「育児休業から差し引くなら、まあ許容範囲だろう」という主旨でレスしたのですが、トピ主さんのレスを読んだら全く応援する気がなくなりました。

    その程度の気構えで働いているなら、不妊治療の方が大切だと思うなら辞めてもらいたいです。

    こういう女性が居るから、女性の企業内での立場は悪くなるし、果ては実質的な採用差別に至るのだと思います。

    産休や傷病休暇は仕方ないとしても、育休、介護休暇、果ては妊活休暇などは、それまでの貢献に応じて与えるようにすればいいですね。たいして働いていないのに、妊活→産休→育休、ちょっと復帰してまた同じことの繰り返しなんて、会社にとっても同僚にとっても負債以外の何物でもないです。

    「貢献」が公正に測れないのであれば、せめて一定の勤続年数に対して、男女、既婚・未婚等の区別なく、目的を限定しない休職権利を与えるのが良いかも。
    育休で使ってしまった人は介護には使えない、育休・介護いずれも使わないなら単なるリフレッシュ休職を認めるという仕組みであって欲しいです。

    ユーザーID:4506876153

  • お堅い問題は皆さんにお任せして…

    仮に、職場に妊活休職しても授からずに復帰した人がいたら、他の女性が妊娠したときに、ものすごーーーーーく微妙な空気が流れますよ。
    妊活した人がどんなに明るく良い人で、嫉妬なんて微塵もしない人であったとしても、周りがいたたまれません。
    また、同時期に妊活休職した女性が二人いたとして、片方は妊娠、片方は無理だった場合も、これまた本人達も周りも辛いですよ。
    妊活休職じたいが会社に余計な迷惑を掛けるわけですから、女性を雇うことを嫌がるようになってしまうかも知れない。
    せっかく勇気ある先人達が勝ち取ってくれた女性の社会進出を、女性自らが潰してしまう気がします。

    個人的には、再就職が容易な社会になれば良いと思います。
    妊活も妊娠も育児も、介護も病気治療も、仕事を辞めて専念して、復帰出来る余裕ができたら誰もが復帰出来るような社会に…。

    ユーザーID:3743637753

  • 休暇を導入することによって得られることは?

    社会全体の不妊治療に対する理解というのは、どのようなことを想定しているのでしょう。

    受精ということに対して人の手が加わるということを嫌う人、精子または卵子を他人から譲り受けることに嫌悪を感じる人、代理母というものを受け付けない人、こういう人はそんな休暇ができても考え方が変わるとは思えません。

    もう一つの子供が増えるというのに関しては、前に書いた通り、産める人に産んでもらった方が確実だと思われます。

    トピ主さんのいうような休暇が導入された時、休暇を申請する個人には益が多そうですが、社会全体ではどうでしょう。

    ユーザーID:2425560511

  • う〜ん

    個人的に賛同できないのは、

     まずトピ主さんに都合の良い制度で提案している事。

    花粉症を例に挙げられていますが、花粉症は国民の1/4位の人が患者と言われている位で絶対数が違います。
    不妊治療したからって100%授かる訳じゃありませんし。

    妊婦サマ、時短ママサマ、、、自分の権利ばかり主張する人はこれ以上いりません。
    やる事をやって主張されるのなら良いですが、こういう事を言う人に限って義務を果たさない人が多いですよね。
    仕事を辞めるという選択も出来る訳で。
    それを選んだのは自分でしょ。なんで廻りが自分に合わせろって言うのでしょうか?

    それに少子化対策と言うなら、
    結婚する事を促進するような制度を作った方が有効だと思いますけど。

    ユーザーID:0077039874

  • 不妊治療の理解ねぇ・・・

    時代の風潮で、「子供は将来の宝」とか「少子化うんぬん」という言葉から、トピ主さんの中で「私は日本の将来のために産むのよ! だから休めて当たり前よ!」という気持ちが強くなってしまっているのかもしれませんが、基本的に子供を産むか産まないかは個人の選択肢です。
    誰も「産まねばならない」と無理強いしていません。現代社会において、産みたくなければ、または産めなければ、無理に産まなくてもよいのです。
    ここでの反論レスが強いのは、トピ主さんが自分の不妊治療だけを取り上げて「理解がない!」と息巻いているからです。不妊だけが理解されない症状ではありません。だったらほかの病気への理解はないのか?ということになるのです。
    トピ主さん、不妊が発覚するまでずっと健康でこられたのでしょうね。

    ユーザーID:4864980359

  • 妊活って不妊治療に限った事じゃないですよね?

    妊活って、要は「子供を授かる事」が目的ですよね?
    不妊で悩んでいる人が治療目的で休む事を妊活だとしたらそれは妊活じゃなく、通院って事なのでイワユル病気休暇と何ら変わらないんじゃないかと。

    夫婦生活だけで妊娠できる可能性は誰にでもありますよね?結果は人それぞれですが。
    妊活とは不妊治療に限った事では無いので、そうなると夫婦生活の為に休みを与えるって事にもなりますよ?仕事を気にせず時間に追われず気ままに営みたいって事ですよね?こんな休暇要ります?
    営みの計画・頻度・回数・結果を報告するのでしょうか?誰も知りたくないけど。

    ちなみに独身女性でも子供が欲しい方はいます。休暇の対象になりますよね?子供が欲しいと思うのは婚姻関係がある男女に限った話しではありませんから。
    事実婚カップル・同性カップルはOK?休暇取るだけ取って快楽を得るだけの輩も居るはず・・は考えた?年齢制限はあるの?
    考えれば考える程、非現実です。ま、ネットでお気楽、無責任に言うだけ簡単ですよね〜。

    ユーザーID:4423220153

  • ん?

    妊活休暇を考える前に。
    それに励みたいないなら。
    今の仕事を他の人にかわって、もっと暇な職場に異動させてもらえばいいと思いますけど。
    普通の女はまずは、そう考えますよ。
    今が忙しすぎるなら。
    上司に相談して、時間に融通が利く部署に異動してもらうとか。
    時短勤務にしてもらうとか。
    そんなのあたりまえでしょ。
    1年休暇をもらえる制度もいいですけど。
    休んでたら給料はもらえないし。
    休むよりは、時短勤務や、休みやすい部署で働きながら給料も安くはなるけどもらう。
    当然、こっちの方が優れてますよ。
    妊活休暇より。
    妊活時短勤務とか。
    妊活週休4日勤務とか。
    そういう制度の方がよっぽどいいですよ。
    というか。
    ようするに。
    今の会社で働いて金を稼ぎたいから、そういうことを言うんですよね。
    高待遇な会社を辞めたくないから休暇が欲しいんですよね。
    辞めたくないんですよね。
    でも、辞めたら?
    そんな高待遇の会社を他の人に譲るのも、人間としての徳を積めますよ。
    世の中には派遣があふれてるんですよね。
    そんな人たちは、どうするんでしょうね。
    可哀そうですよね。

    ユーザーID:0665075993

  • 育児休暇まるまる3年とれる恵まれた人も少ないですよ

    不妊治療経験者で、現在育児中です。
    今は海外在住で専業主婦ですが、日本では働いて育児していました。
    治療中、妊娠、子供が赤ちゃんの間は専業主婦、その後再就職。
    資格職なので復帰しやすい、というのがありますが。

    不妊治療に対して、世間が理解がないわけではありません。
    むしろ、補助金もでているし、理解があるほうだとおもいます。
    不妊治療している人、ものすごく多いですよ。

    育児休暇をまるまる3年とれて職場に復帰できる人なんて、
    この日本ではひとにぎりです。1年で戻る人がほとんどですよ。

    育児休暇ですらそんな状態で、妊活休暇までなんて、ずうずうしい。
    というのが世間一般論だと思います。

    子育てしている身ですが、そもそも、育児休暇3年もいらないと思います。
    1歳半ぐらいから保育園でみんなしっかり育ってますよ。
    3年もブランクあけて元の職場復帰なんて周りに迷惑だろうと思います。

    一部の人達が特別で、他の人達は違う、
    そんな状態なので、妊活への理解もされないのだと思います。

    子供とキャリア、残念ですが、両方得るのは難しいのが現状です。

    ユーザーID:8067464773

  • もう読んでないでしょうか?

    婚活休暇について、トピ主さんは「婚活休暇はとらなくても夜間や休日でできるのでは・・・」との事ですが、妊活も夜間や休日でできるのではないでしょうか?まぁ、不妊治療なら平日の昼間でしょうが、単なる子作りなら、ねぇ。

    妊活に1年間の休暇というよりは、不妊治療のために定期的な休暇が認められるような環境であればいいですね。

    ユーザーID:6445468196

  • それより卵子提供の方が現実的

    そんなにあれもこれもほしいのなら国が音頭を取ればいいでしょう。

    女性は受胎可能になったら定期的に卵子を提供する。(男性も同様)
    一定の年齢に達したら、専門施設に行き定期的に受胎措置を受ける
    受胎したら休業と給付金を受けることが可能
    出産したら国が子供たちを(大切に)育てる。

    あれもこれも要求するというのはこういう制度になっていくのを良しとしますか?
    SFの恐怖世界を自ら引き寄せるのは、欲深い人間の業だと思います。

    ユーザーID:8722902429

  • あえて突っ込み

    >となると気になるのは仕事のことです。

    >でも、治療と両立できる自信はありません。

    あのね・・・・
    妊娠・出産で母親業は終わりじゃないんですけど?
    出産後のほうがよほど「両立できるか心配」になりますよ。

    わたしは子供が1歳のころより現場復帰しましたが、365日×12年間母親業には休みなしでしたよ。
    職場復帰後の2年くらいは、急な発熱等で仕事を早く切り上げねばならぬことも多かったですし
    小学校に上がったころと思春期の頃には「やはり職を辞せねばならぬか・・・・」と思い悩むこともしばしばありました。

    体外受精と仕事の両立など、している方は大勢いらっしゃいますが?
    中には「仕事を忘れて専念したいから」と仕事を辞める方も居ますが、これは「急かされたくないから」という精神的な理由が第一です。
    「急かされたくない」という気持ちはものすごく判ります。
    トピ主様には判らないかしら?

    2〜3年の妊活休暇中に授かれなかったら?
    妊活休暇を取得したに授かれなかった方のメンタル面に想いをはせる事はできませんかね。

    ユーザーID:2244363859

  • いいですね!

    妊娠関係は少子化とかいいつつ女性の負担多いですから。

    妊娠時トラブルも結構重症じゃないと診断書でなかったので、本当にきついです。
    私はつわりで入院、その後、脳貧血を起こしやすくなり突然動けなくなります。

    その状態でも働かないとですから…、

    医師の診断書があればですけど、頑張ってる人もいる…
    甘いみたいに言われました。

    実際職場の人はこんなんで診断書でないのか?
    と不信感抱くくらいでしたしね。

    世の中も妊娠は病気じゃないと考慮してくれないですし。

    妊娠サポート休暇欲しいです。


    でも、大手ならまだしも…中小企業だと難しいですね。
    その間国で不足人員の補助金とかせめて保険料等免除があればとても助かるんですけどね。

    ユーザーID:0999947523

  • それよりも

    夜間不妊治療を行ってくれる病院が増えた方がいいと思います。
    定時に退勤して、病院に行く。
    不妊治療するクリニックが、昼過ぎから、もしくは夜間だけの治療オンリーにするのであれば、何とか両立ができるのではないでしょうか。

    病院や診療所も多様化の時代だと思います。
    昼間だけやっているところは、専業主婦とか、本当に限られた人しか通院できず、必然的に夜間、土日にやっているところに患者が殺到します。
    近所の医院もそうですが、大半のクリニック、週の決まった日は、午前中だけ治療して、午後休みにしているところが多いです。どうせ午前中だけやるのなら、その日は夜間だけ治療してくれる方がよほど患者としては助かります。今は花粉症の人が多いのですが、夜間治療しているところ、本当に少ないです。

    もちろん、治療上午前中でないとまずいというケースもあるでしょう。私は不妊治療には詳しくありませんが、もし不妊治療が夜間やっても治療効果があるのなら、そちらのクリニックを選ぶと思います。

    ユーザーID:3708950028

  • このご時世だと

    何でもかんでも○○休暇にされてしまいそうです。

    小中高校生は、受活休暇。学校によってはありますが、自主的にお休みしている受験生も沢山います。

    大学生は、就活休暇。以下同文。

    中高年になったら、介活休暇とか、終活休暇。介護休暇じゃありません。介護先の施設を見つけるための休暇です。親や配偶者、自分自身の老後の施設を見つけるための休暇です。

    花粉症休暇。敢えて説明せず。

    世の中の人たちが、おしなべてハメハメハ大王の子どもたちのようになってしまった錯覚を覚えます。

    ユーザーID:8440637967

  • ひとくくりには出来ない

    個人差もあり、極めてプライベートな事でもあり当然長期休暇ならば、周囲への説明がもとめられるでしょうが、そこのところはトピ主としては、問題ないのでしょうか。

    国は体制を作るだけなので、当然駄目だった時にも周囲の見る目は様々と思いますが、そういった所は自己責任になると思いますよ。

    ユーザーID:2772313349

  • 激務で妊娠できないなら

    今のポジションは諦めるしかないのでは?長時間働かないと認められないのでしょう?私もある程度のポジションについてから、妊娠、出産して復帰しましたが、妊娠前に業務改善をして、自分だけでなく、部署全体がほぼ定時に帰れるようにしてから妊娠しました。その後も子供の急な発熱やインフルエンザでの休みもスムーズに対応できました。妊活休暇もらっても仕事自体に無理があるなら、その後が続かないのでは?自分だけがどうこうしようとするから迷惑をかけることになるのでは?せっかくのポジションがあるなら、その立場を活かしてみては?制度を都合よく作ろうとするから反発があるのだと思います。

    ユーザーID:5539541759

  • 不思議な光景になると思う

    きっとね、妊活休暇を女性に認められたら、男女平等とかで男性も認めろってことになりますよね?
    そうすると、会社で働いているのは結婚前の新入社員か孫がいる社員かになってしまいません?極端な話。働き盛りの社員の不足で日本の経済大変なことになるでしょうね?
    「もしもし、営業の〇〇君お願いします」「〇〇は只今妊活休暇中でいつ出社できるかわかりません」なんてね?
    確かに少子化は問題なんでしょうけど、だからといってなんでも望めるとは思いません。

    ユーザーID:6474311632

  • お気持ちはわかりますが

    身をもってわかっているわけではありませんが、不妊治療が大変なのは理解できます。

    ただ、応援したいと思う人もいれば、応援できないような人もいると思います。

    産休、育休も必要な制度だと思います。
    私にも子供がいるので、ありがたいと思いますしなくなったら困ります。

    が、制度を利用することが実際に職場に負担をかけているのは事実です。
    トピ主さんの会社は違う?本当にそうでしょうか?
    実際にそうだとしても、かなり珍しい会社ですよ、そういう会社は。
    産休や育休だってろくにとれない会社だってあります。

    何よりも疑問なのが、制度としてちゃんとあるにはありますが、それを
    悪用したり、「そこまで利用しまくる?」という人の存在です。

    復帰する気もないのに産休育休をとったり、以前立ったトピでは3人×3年で
    9年育休とってもいいか、などというのがありました。

    正直ありえないです。

    こういう制度を作れば、感謝どころかいかに自分が得をしようか考える人が
    あとを絶たないです。ぎりぎりで頑張っている会社は大変です。

    成果が約束されないのも難しいですね。

    ユーザーID:1614897889

  • そんな休暇必要か?

    激務ならそれを軽減するよう会社に働きかければいいだけ。
    そして残業しないで帰る事ができるようにすればキャリアだってあきらめる必要はなし。
    それでも足りなければ有給休暇という立派な権利もある。

    こっちの方が現実的だと思う。

    産休と育休が何のために作られたのかわかってないよね、トピ主は。

    で、妊活休暇は認めろって言うくせに、婚活はダメってどんだけ?
    妊娠する前段階なわけだから必要なのでは?トピ主の理屈だと。

    自分だけの考えでレス立てるのも結構だけど、もうちょっと勉強したほうが良いと思う。

    ユーザーID:4086157044

  • 題名に(駄)とつけてほしかった

    (駄)とついていれば、妄想トピとして盛り上がったかもしれませんね。
    「こうなったらいいな」と空想するのは自由だし、楽しいですから。

    現実化したいのなら、まずトピ主さんが会社を設立・経営して実現してくださいな。
    誰かが率先して始めないと話になりませんからね。

    自分で動かずに会社に押し付けるのは間違っています。
    女性の採用率を下げるだけです。

    ユーザーID:0865979147

  • トピ主は

    個人的な願望、我儘を正当化するための免罪符を探しているだけですね。「自分の我儘を正当化する」という結論ありきだから、発想が浅く、非常識であることに気付かない。

    不妊治療に理解を示すことと、会社が社員個々人の不妊治療に休暇を与えることとは何の関係もありあません。不妊治療でも何でも、置かれた環境で出来ることをするのが当然。その環境で出来ないことをしたいなら、違う環境に行くしかありません。つまり、休職、或いは退職すればいいだけです。「あれもしたい、これもしたい、でも出来ないから環境を自分に合わせろ」はお子様の理屈。

    起こるであろう問題点は、無印さんに同意です。更に付け加えるなら、不妊は女性に限ったことではないということ。恐らく自分中心でしか考えておらず、その辺りの事に気付いてもいませんよね。

    >読み返してみると自分の経験談でしか語れない嫌な奴になってますね。(駄目な上司の典型!)

    いや、女性の典型です。女性としては平均的だと思いますので、ご心配なく。

    ユーザーID:3752953485

  • 生活に占める割合

    介護休暇や産休、育休などは生活の多くの部分をその目的のために長期にわたり費やす必要があるためまとまった休暇となるのだと思います。それに対して妊活には連続した日数の休みは必要なのでしょうか。もしあるとすればそれは活動されている方のメンタル面のケアのためならあるのかもしれませんが、そこはオンオフはっきり区切りをつけて働くしかないと思います。もしメンタル面のケアのために休みが必要であればまず有給休暇、それで足りなければ本人が申し出て別の休暇をもらうしかない。
    他人に詮索されたくないという理由でとる休暇があっても良いとは思いますが、そうであれば無給はもちろんのこと、減給や降格、企業が負担すべき社会保険料の自己負担化などがないとちょっと難しいのでは。もしくは女性社員に限って妊活休暇に備える保険制度をつくって掛け金を負担していただく必要性も出てくるかもしれません。この種の制度化が図られるとまたフリーライダーの大量発生を招きます。

    ユーザーID:4740966851

  • そのうち

    婚活休暇とかまで出てきそうな勢いですね…

    ユーザーID:6602471839

  • 妊娠って大変

    妊娠って人によっては本当に難しいですよね。
    治療を考えたら、仕事との両立が難しいと思われるのも無理ないと思います。
    不妊治療の経験はありませんが、健康診断で採血した日や注射をした日でさえ早く帰りたいし、初めて胃カメラをした日は仕事は休みました。
    色々な緊張や痛みもあるし、身体の負担大きそう。

    妊活以外にも、仕事を少なくしたい時期って人それぞれあると思うので(看病、介護、治療、病気など)、自分の都合でお仕事量を選べたらいいですが、恵まれた職場は中々ありません。

    私は、実親のお見舞いと妊活で、仕事は辞めました。(実家とは離れていて、仕事と両立できない)
    親をしっかり見送ることができ、残された家族のサポートもできました。
    お金はありませんが、少し落ち着いて子供も授かり(妊娠希望から一年以上経過)、妊娠中に無理することもなく過ごせており、満足しています。
    (本当は好きな時に働ける負担の少ない仕事があれば、働きたかったですが。)

    女性は出産があるし、仕事と生活の両立って本当に難しいですね。
    二人目が欲しいと考える人も少なくないし、10年くらい休んでも、お仕事があればいいのですが。

    ユーザーID:6878389026

  • 男性不妊なのに自分のことばかりのトピ主さん

    最初の書き込みで原因は夫側にある、と書かれているのに関わらず、
    妊活休暇の希望内容が、自分の都合ばかりでびっくりしました。
    男性不妊に関するフォローに対する時間や休養も考慮して、初めて公平な妊活休暇になるのではないですか?
    そういった深い配慮がないから、トピ主さんの書き込みに批判が起こるのだと思います。

    ユーザーID:3641153824

  • あります!

    「不妊治療に関わる休暇」というダイレクトな名称ですが、一年くらいとれるようになっています
    また、不妊治療のための時短勤務もみとめられています
    実際にとっている方もいるし、そういう方が妊娠して戻ってくると、本人には言いませんが、良かったね〜と思います

    これから増えるかもしれませんね

    ユーザーID:5993897970

  • 妊活休暇は難しい

    トピ主さんのレスをみると、少子化の問題や、不妊治療への
    理解の低さを上げておられますが、少子化は妊活休暇を
    認めたら解決するんでしょうか?
    少子化には、晩婚化や不況で収入が不安定で結婚できない、
    子供を持つことに不安があるといったこともありますよね。
    妊活休暇で会社に籍がある場合、補充された方は正社員ではなく
    派遣社員だったりするんですよね。妊娠出来れば良いですが、
    できない場合負のスパイラルのような気がします。
    不妊治療の助成金の見直しがされていることこそが、社会全体での
    答えではないでしょうか。
    不妊への理解も必要ですが、どこかで線引きも必要だと思います

    ユーザーID:6577210426

  • 退職してもらって子育て終了者「第三の新卒」の採用を

    これから妊娠・出産・育児の間ずーーーーっと急な休みや時短のサポートをし続けるより、
    きっぱり辞めてもらってもう子供の病気の都合で急に休まない位の年齢を持つ母を新規採用したほうがよっぽど子育ての社会的コストが安く済む気がするのですが。
    多額の税金が投入されてる保育所もいりません。
    線路の高架下なんて劣悪環境下に保育所建設なんてしなくていいです。
    子供も大切な時期に母親と一緒にいられます。
    保育所の税金投入に代え育児手当を付ければいいのです。簡単です。

    子育て中のブランクあけの女性と、新卒ほやほやの子の社会的スキルなんて違わないと思います。
    場合によっては職業訓練を義務付ければいい。
    出産年齢が早まれば、母子ともに出産リスクは激減します。
    同時進行で‘両立‘を考えるからどちらも中途半端になるのです。
    年金受給も先送りされ、労働年数は増えていくでしょう。
    子育て後で企業社会に参戦しても、昇進に充分な時間が確保できるのではないでしょうか。

    早くに出産し、子育て後、「第三の新卒」として仕事にまい進するのは如何ですか?

    ユーザーID:2228730982

  • 自己中。

    >・迷惑千万けしからん!わがままだ!不妊さまめ!
    >休むことで迷惑をかけている人がいらっしゃるということでしょうか。
    >お気の毒なことだと思います。
    >失礼ですが、それは制度の問題ではなく、職場や休む側の問題ではないでしょうか。
    >育児関連休暇に限ったことではないと思います。


    でも「妊活」などという結果が曖昧なものを制度として取り入れたら、不正に使う人は増えますよね。確かに不正を働く人は育児関連休暇に限ったものではありませんが、こんな制度を導入したら助長するのは想定の範囲です。妊活で休暇、出産で休暇、育児で休暇…特権与えすぎです。不在時をサポートする者のことも考えて見て下さいね、不妊さま!

    ユーザーID:7090117683

  • 賛成です

    妊活して妊娠した場合、妊娠初期は体調が不安定なことが多いので、仕事がセーブ出来ていれば助かると思います。

    妊活中から妊娠安定期まで休暇がとれると良いなと思います。

    ユーザーID:0030639438

  • 休日・休暇をシフト制に

    〇〇休暇ばかり増えていたら日本の生産性は下がる一方です。
    今だって年間休日120日近く、つまり3日に1回はお休みなんです。

    製造ラインや事務所の光熱費などを考えると一概には言えませんが
    一斉に休む日を減らして個々の裁量・シフト制で休める仕組みを作り・
    普及させれば職場にかける迷惑は少なくて妊活も育児も介護も
    しやすくなると思います。

    ゴールデンウィークやお盆休みを個々がずらせるようになるだけでも
    かなり違いがあると思います。

    ユーザーID:4304368483

  • 反対です

    トピ主はもういないようなので・・

    >ぽんさん
    妊活して、妊娠初期休暇をとって、安定期に復帰して、出産、育児休暇取りたいんですか?
    その安定期に出てくるのは、逆に何をしにくるわけでしょうか?その数か月のために他社員が担当替えをして引継ぎとかしなきゃいけないんですか?

    もちろん体を犠牲にしてまで働くことはないと思いますが、上記の考えを読んでるとどう考えても仕事を暇つぶしと考えているとしか・・
    そこまで休暇ばかり取らないと働けないほど身体(もしくは精神面)が弱いのであれば、それはもうお辞めになられたらいいと思います。

    ぽんさんみたいな人、後輩が「妊活したいんで休暇取りますキャハ」と言ったときに「じゃあ、その分私が頑張って残業するね!」と言うかと思うとそうじゃない気がします。
    今度は「子供が小学生でPTA役員になったのでPTA休暇を」「子供の受験なので受験休暇を」「孫ができたので孫育児休暇を」ってなりそうです。

    ユーザーID:4206713628

  • 証拠は何?

    育児休暇は出産休暇は男性も取って当然なんですけど。。
    育児休暇も出産休暇も、病院や役所の公的な証拠が必要な休暇です
    なので妊娠活動休暇の証拠ってどうなるのでしょう
    毎日妊娠するための活動の証拠っていったい何を提出するのでしょうか

    ユーザーID:9120285227

  • 人任せ

    そのような制度の会社を自分で作れば良いんですよ。
    別に法律で禁止などされていませんから。


    自分では何のリスクも負おうとせずに「ひとのせい」にばかりするのは止めましょうね。

    ユーザーID:6403238280

  • もっと有給が取り易い社会

    ○○休暇ってつかないと休めないのが問題じゃない?
    もっと有給取り易い社会になればね。

    ユーザーID:7538523773

  • やっぱり時間休が妥当かと?

    森三中の大島さんが妊活休暇をとりますよね。

    復帰してどうなるか、
    はたして妊娠できるのか、デリケートな話ですよね。

    治療して授かれなくて
    職場復帰となったとき、
    部下の人がたやすく?妊娠したとして、上司であるあなたに 妊娠中の体調不良とかを報告できるでしょうか?

    妊娠のことってデリケートな話です

    生理痛がひどい人以外は生理の話って職場の人にいわないでしょ。

    せめて男性不妊が原因っていうのは、
    職場で言う必要はないように思います

    ユーザーID:2456885867

  • 素敵だな、とは思うけれど

    妊娠した女性が休職しにくい環境の多い今のご時世
    子育て休暇も認められて居ない日本では難しいと思います。

    不妊治療が体に負担のかかるものだとは
    頭で理解できるのですが
    実際子供を産んでからの方が大変だと思うので・・・・。

    北欧の某国のように、男女平等に一定期間
    子育て休暇をとる習慣を国が推奨する様な風潮が一般的になってから
    はじめて実現できる話題じゃないかなぁ。

    ユーザーID:5723499205

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧