田舎に住むってやっぱりつらい

レス22
(トピ主4
お気に入り67

生活・身近な話題

春よ来い

私は東京からこの田舎の農家の嫁になって20年になります。

田舎の暮らしに慣れるのに長ーい時間がかかりました。

過疎化して若い人がいないこと、交通手段が車しかないこと、冬は雪ですべてが不便なこと、おしゃれなお店やカフェやレストランがないこと、趣味の会などもないこと(実際はあるが全部高齢者向け)子供の教育レベルが著しく低いこと、進学校に通うには高校から実家を離れなければならないこと、無意味と思えるような地域の集会などに駆り出されること・・・もう限りなく違和感を感じてきましたが、20年も経つのでだいぶ慣れました。

でもその中でいまだに克服できないものがあります。



今日、農協の婦人会(若妻会)に出席しました。私と同世代の人たちで、つきあいも長いです。打ち解けていろんな話をします。でも、本音を言うと、嫌なんです。彼女たちと付き合うのが。

年寄りたちが噂好きなのはあきらめられます。また「嫁とは〇〇であるべき」みたいな考えに固執するのも仕方ないなと思えます。

しかし自分と同世代で嫁の立場の人たちも,自分がいかに良い嫁で、偉いのかを競い合ってる感じがして、窮屈です。

この20年で私も自分なりの暮らしを作ってきました。私は農作業も手伝いますが、子育ても大事にしつつ、趣味が多いです。手芸、ガーデニング、読書、英語、ピアノが好きで、いい暮らしだとも思います。

しかし、この村社会ではダメ嫁のようです。自分が楽しければいいと思いつつも、他者に否定されるのはやっぱり悲しいです。

農業は嫌じゃないんです。不便なのも工夫次第でなんとかなります。でも村社会の息苦しさは一生消えないのかな・・

つぶやきでした。

ユーザーID:4937386575

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そりゃ仕方ないでしょう

    妻の実家が田舎の専業農家です。田畑に山まであります。

    >私は農作業も手伝いますが、子育ても大事にしつつ、趣味が多いです。手芸、ガーデニング、読書、英語、ピアノが好きで、いい暮らしだとも思います。

    こんな人いませんよ。浮いてるでしょ。馴染めないのは仕方ないですよ。

    ユーザーID:9741803422

  • がんばってますね

    私は田舎育ちですが、密な人付き合いが苦手で、田舎暮らしを窮屈に感じています。

    大学進学を機に10年ほどは東京暮らしをしていましたが、数年前に田舎に戻りました。自然に恵まれ、景色も素晴らしく自分が育った土地への愛着はありますが、田舎特有の人付き合いがしんどくて、東京が恋しいです。

    アポなしの突撃訪問は当たり前
    派手な冠婚葬祭(要手伝い)
    地域の行事への協力(強制)
    趣味の習い事は少ない
    車は必須

    挙げるときりがないですね(笑)

    私は、両親が死んだら自由になりたいと思っています。人から変人呼ばわりされるのを恐れず、人付き合いは最小にのんびりやりたいです。

    アドバイスになってなくてごめんなさい。

    ユーザーID:7295555841

  • 残念ですが一生消えないのでしょうね

    よく努力されたと思います。
    でもその息苦しさは少しずつは消えては行くでしょうが,ゼロにはならないように思います。

    それならば自分の思うようにやって行けば良いのではないでしょうか。

    進学校へ通うのに実家を離れる・・・そんなところに普通の人は住みません。
    無意味と思えるような地域の集会などに駆り出されること・・・全く時間の無駄。誰だっていやに決まっています。

    当然ですがここで書かれたことはほんの一部で,山のように書きたいことはあったはず。
    本当によく努力されたと思います。
    人の目は気にせず,自分の思うようにやっていけば良いと思います。

    ただお子さんは都会へ出て行って二度と戻ってくることはないと思いますが・・・。

    ユーザーID:0648766954

  • 田舎は

    田舎では、個人が文化的なことを楽しむことは後ろめたいことだという風潮はあると思います。
    町の祭りの練習や学校ボランティア、農協の旅行など、地域の参加なら熱心にやっても問題なしでしょうが。
    個人的な旅行や楽器や読書や映画のような心を豊かにするような文化的なことは妬まれたり、「なんの足しにもならんことに時間使って金を散財して家事や仕事をさぼっている」という貧しい考え方が根深くあると思います。
    まあ、隠れてやるか、開き直るかしかないでしょうね。

    ユーザーID:1776492677

  • 努力されていてすごいです

    努力されて、20年も暮らしているのですね。
    尊敬します。私にはそんなに頑張れません。

    月に一度など、ちょっと遠出して、街の方とか城下町だったような観光地など、賑やかなところへ、習い事でも行ってみてはどうでしょうか?

    古い街並みが好きで、ちょっと遠出して習い事をしているのですが、とっても気晴らしになります。(まだ子供いないので)
    結構遠くから通われている方も多く、とても楽しいです。
    年上の方が多いですが、教養があり上品で優しい方が多くて、勉強になります。
    多くの方が趣味も多くて、人の悪口とか言いません。
    年配の方の中には昔は親に子供を預けてお稽古続けたと聞いて、驚きました。

    私の夫も農業を始めたので、手伝ったことがあります。
    農作業は嫌ではないと仰るのも少しわかります。
    重たくて疲れることもあるけど、昼でもブラインドの降りたオフィスより、生き物が育ってキラキラしているというか、殺伐としておらず平和な感じは好きです。
    でも、地元の人について夫が愚痴っているのを聞くだけで、くだらない事が多くて…

    ユーザーID:7547618060

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • よっくわかる!!

    13年間トピのような田舎に暮らしました。祖父母の代からの都会暮らしで田舎の恐ろしさを知らずに田舎の人と結婚してしまい、気軽なきもちで田舎暮らしを選びました。周りのひとは一生を半径50km位の範囲で終わるひとばかり。他の価値観は認めず、村意識が強い。雪など気候がきびしいので助け合いがないと暮らしてゆけないという背景もあるかと思いますが、私には無理でした。主人と死別したのを機にとっとと脱出しました。

    ユーザーID:3506333462

  • 人の評価を気にせずに

    通勤圏だけど田舎に住んでいるルル子といいます
    小学校卒業まで東京23区内に住んでいました
    人の評価は気にせずに生きていかれたらと思います

    地に足をつけて生きていけるのって安心がありますよね

    好きな音楽を聴きながら信号の少ないのどかな道を
    青い空や山々を見ながらのドライブって最高です

    TVでは行けもしないレストランやショップ情報やってますが
    お取り寄せの達人になったらいいなと思うようになりました

    人生で本当に必要な物って少ないですよね

    時々グーグルで遊びます
    都会の周辺の住宅街などに舞い降りてのお散歩。
    もしここに住んでいたらどんな生活なんだろう
    どんな人生だっただろうとか思いめぐらせて
    結果何もかもそろったところに住んでる人なんて少ないですよ
    結果今いるところも悪かない、に落ち着きます。

    ユーザーID:3607055729

  • がんばって

    あー、なんとなく分かります。
    私は田舎在住ですが、県庁所在地の市街地なのでまだマシですが、少し郊外の田んぼだらけのところに住んでいる人と話していると違和感を持つことがよくありますね。

    なんていうか、視野が狭くて、その狭い中で価値観が凝り固まっていて、そして同調圧力がすごい感じ。意味も無く人の趣味・考え方をけなすとか普通にされますから、イラッとします。
    こういう人は多様性を認めるとか、考えたこともないんだろうなーと。

    同世代や若い世代まで、そういう風だと、本当にがっかりしますけどね、そういう村落で生きていくにはしょうがないことなんですかね・・・。

    でも今はインターネットがあるから、息苦しさから少しだけ解放される息抜きの場があるから、昔よりは少しラッキーなのかもしれませんね。

    ユーザーID:7670409828

  • トピ主です

    ご意見ありがとうございます。

    集会に行くと、いつもモヤモヤして帰ってきます。いまだに「ここはアウェーだなぁ」と感じます。田舎ってつきあいが濃厚なわりに、よろいを着て剣を持ちつつ笑顔で関わっているような独特の緊張感があります。悪いうわさを立てられないようにガードしつつ、他人のゴシップが唯一の楽しみ!みたいな。

    でもトピを立ててから、自分でもよく考えると、少しづつですが、絶対であったはず習慣も崩れてきていることに気づきました。


    完全同居が当たり前でしたが、今は敷地内同居が普通になりましたし(我が家が一番最初でした)
    ご近所がすべて仕切って行われる葬式の習慣も、とても苦痛だったんですが、数年前に初の葬儀屋が進出してきて、そちらに任す家が増えてきました。
    送迎が大変ですが、自宅から進学校に通うお子さんも少しですがいます。
    跡継ぎ至上主義ですが、結局いなくて離農する家も多いです。

    みんなそんな風には見えないけど、内心は窮屈で嫌だなーって感じてるのかもしれませんね。

    私はこれからマイペースでやっていこうと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:4937386575

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • それが嫌で東京きました

    田舎育ち、プライバシーの無さはもちろん、今の主さんの悩んでいるであろう事を見て育ち、ここで生きていけないと思い出てきました。当時25歳、結婚結婚うるさかったです。高校卒業と同時に見合い話が来てビックリしました。進学するんですけど…って。長く生きていた猫がいたのでその子を看取りたくて実家にいましたが、猫が死んだのを機に東京デビューしました。

    田舎の良さにはもちろん気付かされました。育った場所の大事さって離れてみて初めて分かるんですよね。でも田舎に帰る勇気はないです。ここは田舎より個人が尊重されるというか、土足で入ってこないというか、いい意味で無関心なんです。人がどう生きようとその人の自由、口出す権利なんかない、って言う感じで。それを知ってしまったら帰れません。

    都会に暮らす事は私には大変な事も多いし、人が多い分ストレスもたまります。でも地元では絶対出会わないであろうレベルのパートナーと出会いました。個人的には八王子とか青梅市とか緑がある都内で暮らしたいです。仕事の都合上、都心でないといけないのでしばらく無理かな…。

    住めば都、とは言え田舎って息詰まりますよね。愚痴吐いてください。

    ユーザーID:8653635254

  • 英語

    「英語」に思わず反応してしまいました。
    私はずっと東京ですが、友人の話。

    東京から農家へ嫁いだ友人、家族や近所に馴染もうと努力して、随分頑張ったみたい。
    努力が実って、受け入れられたようですが、「英語」だけはだめみたいよ、と。

    友人は英語が好きで、海外旅行の予定はないけど(無理だなあと言ってた)自由な時間に、洋画を観る時にセリフをちゃんと理解したい、洋楽を聴く時に歌詞が判るようにしたい、外国のファッション雑誌を英語で読みたい・・・とささやかな希望を持って、英会話を勉強していました。最初は通信教育で、少し上達したので、あとは独学で。

    でも、外国人としゃべる訳でも外国に行く訳でもないのに、なんで英語なんか勉強するのかと、笑われたりバカにされたりしたそうです。
    カッコつけてるとか、都会きどり、とか、ひどいことも言われたみたい。
    もちろん、聞き流せばいいのでしょうけれど、この地域の人は勉強する事にどうしてこんなに否定的なのか、向上心はないのか、と哀しくなったそうです。


    いつの間にか、この友人とは年賀状も途絶えてしまった。今はどうしているか・・・

    ユーザーID:2539139234

  • 尊敬します

    私も田舎にある夫実家で姑と完全同居の生活になり、10数年になりました。

    でも、私は主さんのように前向きにはなれませんでした。

    子どもが小学校にあがると自動的に地区の子ども会に入会し、その親も親の会に入会することになるので、数多い子ども関連の行事には参加しています。
    9年間在籍することになります。

    この田舎に住むことになったために、30代で普通免許も取得しました。
    代わりに自転車を捨てました。

    子どもの頃から虫嫌いなのに、田舎の見たこともない虫に気が変になりそうです。

    最近、連ドラの続きが映画になるパターンが多いですよね。
    映画館がありません。

    たまには、デリバリーも美味しそうですよね。
    そんなお店は皆無です。

    教育格差も十分実感しました。

    医療格差も大きいですよね。
    年々感じる体調不良も我慢しています。
    総合病院は完全予約制だし、診察も週1回とかで気軽に行けません。

    それに夜が真っ暗闇です。
    私は、人の気配を感じる町の灯りが好きなんですよね。

    この田舎生活には馴染めません。
    年々辛くなります。

    ユーザーID:6463696701

  • 頭が下がります、

    自分の生き方を貫いて下さい。

    ユーザーID:9568929535

  • 俺らいちぬけたという歌があります。

    動画サイトで検索してみてください。
    岡林信康の歌です。
    きっと心が少しだ軽くなると思います。

    ユーザーID:4687345404

  • トピ主です1

    さらにご意見ありがとうございます。

    私は自分の趣味や嗜好を村の人には隠してます。

    英語が好きなので、本当は英会話教室などにも通いたいのですが、そういうものは無いので、NHKのテキストなどで独学してます。

    ガーデニングはさすがにバレバレですが、開き直ってやっています。農家で広い庭のある家が多いので、ガーデニング(というか園芸?)が好きな人は多いです。でも花いじりは「年寄りの道楽」という位置づけで、30代や40代でやってると肩身が狭い感じです。

    図書館も大好きなんですが、離れた町まで行って利用しています。地元にも一応図書館はあるのですが、本の種類も少ないし、何より「本が好きなんてご立派ねぇ〜(皮肉)」と言われそうで、落ち着けません。別に難しい学問書を読んでいるわけでなく、ベストセラーの大衆小説読んでるだけなんですが。

    ユーザーID:4937386575

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です2

    おっしゃるとおりで、学問や文化的なものを否定する感覚がありますね。遠くの進学校に通っている子が駅の待合室で教科書を読んでいたら「ガリ勉して可哀相よねぇ」と噂されてました。私は「偉いなー頑張れ!」って思いましたけど。

    ただ、地元の国立大学(例えば北海道なら北大)は崇拝されてます。あと東大。その他の大学は(どんなに偏差値高くても)無駄なものとされてます(というか、知らないんだと思います)そんなところに行くよりは、家の後を継いで農業やるほうがいいようです。驚くのは40代の人でも息子を跡継ぎにして同居を望んでいる人が少なからずいることです。

    ユーザーID:4937386575

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です3


    介護も最後まで自宅で嫁がやるのが当然。施設に入れるとダメ嫁と評されます。ある姑さんが認知症になり、紙パンツを嫌がり、家じゅうに失禁する状態でやっと施設に入った際、そこのお嫁さんが「本当は家にいて欲しいわ〜」と言ってました。私は「嘘でしょ」と内心思いましたが、まあ、そういう自己弁護したくなる気持ちもわかります。

    どこに行っても知り合いがいます。診療所も役場も商店もガソリンスタンドも。私の体重も病気も買い物の品も貯蓄額も知られているんだなぁと考えるとうんざりします。郵便局にもいて、出したはがきの内容について語られたことがあり、ビックリしたことも。以後は封書で出したり、離れた町から投函したりしてます。

    久しぶりに都会に行くと「誰も私を知らないんだぁ」と思ったらすごく嬉しくなります。

    こうして違和感いっぱい書いていると、彼らが悪いのではなく、「ここに来た私が悪いんだな」と思いました。ここはそういう世界なんですよね。

    長々とスミマセンでした。
    吐き出せて少しスッキリしました。

    ユーザーID:4937386575

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 英語に関するコメントがあったので

    我慢できず出てきてしまいました。

    自身田舎生まれ田舎育ちで10年くらい東京暮らしをへて現在地元で暮らしている者です。

    そうそう!田舎の人って勉強すること(特に英会話とかですね)に否定的です。
    私もこれに関してはなぜなのか非常に不思議。。。

    もちろん田舎の人全員あてはまるわけではありません、
    地元で生まれ地元から出たことがない人で、さらに外の世界(地元以外の事)に興味を持たない人は特にそのような傾向が強いです!

    このご時世ですから仕事の傍ら手に職つけようとか、何か資格をとろうとかテキスト開いて勉強することって普通だと思うんですが、一部田舎の人たちには理解できないみたいですよ。

    ユーザーID:0026593734

  • 田舎も色々ですよ・・・

    トピ主さんの閉塞感良く分かりますよ。
    主人の実家ではないかと言う位状況が似ています。
    只雪は少ないですが・・

    私も田舎住まいですが、まるっきり違う状況に育ちましたので
    ただびっくり・・いつの時代の価値観と言う位の古さを若い世代でも、
    持っているのです。
    教育については、大違い過ぎて話がかみ合いません。
    私どもは、「教育の為なら田畑を売っても」と言う環境で育ち、
    進学にも熱心で、大学進学など遥か昔から当たり前の環境でした。

    「教育には金がかかる」「遠い高校に行くには金がかかる」・・
    と言う人たちとは話の接点がありません。教育に限らず趣味・・例えばクラシックの話など
    出来る雰囲気は皆無です。

    新しい事をする事に拒否感満載で、そのくせ人が目立つ事は面白くない、
    自分のプライドが何より大事な人たちが多いのは事実です。

    今住んでいる地は、新しい人がどんどん増え活気にあふれ、
    昔ながらの族意識もありますが、新しいまともな考えの前に淘汰されつつあります。

    トピ主さん、ご自分の信念を貫き頑張ってください。

    自分の人生なのですから!!!

    ユーザーID:3677339216

  • 英語、再レス

    友人の事をレスした者です。

    英語について同意してくださるかたもいて、やはりそうなのか、と改めて感じました。

    文化や教育を「必要ないもの」「無意味なもの」と考える根底には「都会コンプレックス」があるのかなと思いました。

    必要な付き合いをしっかりこなしていれば、余暇に何を勉強しようと勝手だと思うけれど(しかも誰にも迷惑かけないし)、その余暇の使い方さえも、あれこれ言われてしまう。しかも否定的に。どうして、他人の全てに関わろうとするのか・・・と怒っていた友人の言葉を思い出しました。

    ユーザーID:2539139234

  • 海外大都市ですが同じです

    海外大都市に駐在できていますが自分が投稿したのかと思うほど似ています。必ず入らなくてはいけない奥様会、婦人会、上の人がすすめる会、よく知らない人の冠婚葬祭、面白くない話や愚痴に半日つぶれ。海外ならではの勉強をしていたら、白い目でみられ。。海外が長い大企業の奥様同士のよい奥様ぶりの競いあい。

    おら いち抜けた〜 いい言葉ですね。

    ユーザーID:1753187867

  • 知ってた

    田舎は辛い。それは私が九州の田舎出身なのでよくわかります。
    大人になったら勉強するって概念がないから話が合わないし、博物館や美術館へ行くって気持ちを共有できる人が少なすぎ、贅沢は敵だって戦争中のスローガンがまだ有効なの?ってくらい嫁や女は華美な格好をせず子供をたくさん産んで働き同居するのができた嫁という古い価値観を未だに信じてることに窮屈を感じます。なのに不倫が多いのも謎。
    流行の店が無い、車無しでは生活が無理、仕事が無い、総合病院が車で30分かかるから老後無理かも、なんて田舎ならではの不便さでは決して嫌では無いです。高校卒業までは住んでた田舎なのでそんなことわかりきってますし、慣れたらあまり気になりません。虫の多さも大の苦手ですけど我慢できます。
    私が田舎に生まれ育ってよかったなと思えることはただ一つ。田舎には嫁に絶対いかない、田舎に将来帰るって男とは絶対結婚しないって思えたことです。
    好奇心だけは旺盛なので都会に生まれ育ってたら、田舎に物珍しさで何も考えずに嫁ぎ一生を台無しにしてた気がします。

    ユーザーID:5458544086

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧