周りに医者はいるのに、弁護士はいない(駄)

レス31
お気に入り50

たま

話題

30代前半、幼児あり主婦です

私は、理系大学を卒業し、卒業後は医療系メーカーに勤めて結婚し、
現在は二人目妊娠中もあり専業主婦です

なぜか、周りの女友達で「医者と結婚した友人」はけっこういるのに「弁護士、会計士などと結婚した友人」は全くいません
(私の夫は普通のサラリーマン)

理系大、医療系メーカーの繋がりの友人であれば医者の割合が多いのも分かるのですが、全く関係のない、子供のママ友さんとかでも医者はけっこういるのに弁護士などの方がいないのです
なぜでしょうか?
たまたまでしょうか、
それとも医師の数の方が弁護士などの数より圧倒的に多いのでしょうか?
皆さんの周りではどうですか?

ユーザーID:6814577181

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 弁護士って

    医者より少ないですよ…田舎ならばもっといないでしょう

    ユーザーID:4340146381

  • 弁護士います

    医者もいますが、弁護士いますよ。事務所開いていますが、テレビドラマのような殺人事件などの依頼は全くなく、もっぱら借金の任意整理とか遺産の管理、離婚相談みたいです。企業の顧問弁護士をやっている人もいます。開業医の知人の方が羽振りがよさそう。

    ユーザーID:9826999838

  • 一族に

    会計士と検事と行政書士と司法書士が居ます。

    弁護士は居ません。
    で伴侶の人達ですが、
    銀行出身2名・親が会計事務所を営む人1名(学生結婚)・他はお見合いです。

    ところが私は税理士ですが、何故か医師や薬剤師にがっつかれる事が多かったです。私の場合は、税理士仲間の主催する飲み会に彼らが来てたというパターンが多いです。

    結婚したのは、鉄道会社勤務のサラリーマンです。一族が変人なので、普通の人が良かったのです(笑)。

    でも今でも友人に、勤務医や薬剤師(MR)は居ますよ。

    特に勤務医の人は、身内レベルの親友です。子供が産まれたら、主治医になってね〜なんて話してます。

    ユーザーID:9167568607

  • そりゃまぁ

    日本医師会所属の医師は16万5千人。
    日本弁護士会連合会調査の弁護士は3万3千人。
    単純に医者は弁護士の5倍います。

    ちょっと調べれば出てくる数字です。

    ユーザーID:1032194165

  • 今は弁護士もあまり気味

    世間でもよく言われているように、今は弁護士も余剰のようで、サラリーマンの平均年収よりも低賃金なんて場合もあるようです。
    そんな感じだから弁護士もいるところにはごろごろいます。

    ただ、トピ主が地方にお住まいならおっしゃるように医師の方が多いかもしれないですね。

    ユーザーID:5427276514

  • 圧倒的に多いと思います

    確か医師国家試験では年間7000〜8000人くらいの合格者が出ますが、司法試験では2000人くらいではないでしょうか。しかも、最近司法試験制度が変わるまでは年間400人くらいだったとか・・。 詳しい数字はあやふやなんですが・・。

    それに、司法試験に通っても皆が弁護士になるわけでもないし、検察や判事になる人もいるし。

    子どもが小学校の時、クラスメートには弁護士の子どもさんが複数いましたが、それは校区内に裁判所があるからよそよりちょっと多めなんじゃないかと言われていました。医者は田舎にもけっこういますが、弁護士って田舎にはあんまりいないと思うしね。

    ユーザーID:5189599969

  • 人数の問題かもしれません

    人数的には、医師のほうが多いと思いますよ。
    私も医師ですが、私が国家試験を受けた時には確か一年に約8000人ほどの合格者が出ていたと思います。
    おそらく今もあまり変わりないのではと思います。

    弁護士さんは、おそらくもっと少ないですよね。
    司法試験合格者の中には弁護士の道を選ばない人もいますし。

    会計士については、さっぱり知識がないもので、わかりませんが…

    私の周囲では、私も含め、当たり前ですが医師と結婚した友達が多いです。
    (女性医師は大方が男性医師と結婚します)

    高校時代までの友人の中には会計士さんと結婚した人もいますが、弁護士と結婚した人というのは聞きません。

    やはり人数の問題なのかな、と思います。

    ユーザーID:7796835015

  • 多分、なのですが

    医者は全国に散らばりますが、弁護士は都市部にかなり集中します。
    法学部でもみんなが弁護士になるわけじゃないし。

    私はたまたま裁判所が近い地域に住んでいます。あちこちに弁護士さんがいます。
    官舎も地域にあります。

    子供は地元の公立小なのですが、親が弁護士、検事、裁判官、司法書士、という子供がかなりの割合でいます。当然学校のレベルが高いです。
    検事、裁判官は転勤があるので小学校は公立に行かれる方が多いようですね。

    マンション内にも何人も弁護士さんがいますので、理事会がスムーズに進みます(笑)
    以前、不法なチラシを投函する業者がいたのですが、理事会からそれはそれは丁寧な抗議文を送りまして、後日某大手不動産会社の支店長からお詫び状が届くということがありました。

    おそらく、全国の裁判所の近所では同じような光景があるのではと思われます。

    ユーザーID:3578160902

  • どちらもいない

    医師も弁護士も。

    周囲ってどこまでの範囲かは色々でしょうが、私の広くない周囲は会社員ばかりですね。

    あ、1人銀行マンがいます。

    そう言えば自営業の方もいない。

    ユーザーID:2811147129

  • あまり、弁護士の人は職業を口外しないから。

    警察の方もそうですが、弁護士の方も普段の付き合いの関係の人に自分の職業を積極的に話す方は少ないと思います。

    それはやはり、デリケートな仕事であることと、ハードな仕事なので普段の時はそれから一線を引きたいとの思いが強いからだと。

    だから、確率で言えば、普段もあっているのだと思いますよ。
    ただ、会っていても、向こうが口外してないだけで。

    ユーザーID:8623984956

  • 医師の方が多い

    2013年度の医師国家試験の合格者数は8000人弱、
    司法試験の合格者数は2000人位です。
    合格率も医師国家試験の方がずっと高いです。
    弁護士は一般市民が利用しないから、
    需要が少ないのでは?
    私は50代ですが、弁護士さんのお世話になったことが一度もありません。
    病院は時々行きますが…

    ユーザーID:3331060731

  • 確かに!(笑)

    子供の幼稚園のお友達のお父様でも、お医者さんは二人いましたが、弁護士さんはいませんでした。

    今、子供が小学生なんですが、同級生のお父様でお医者さんは(歯科医含め)10人ほどいますが、弁護士さんは一人だけです。

    町をみても、「病院」の看板はよくみますが、「弁護士事務所」の看板はそれほどみませんしね〜。

    やはり弁護士より医者の方が数が多いのでしょうね。

    ユーザーID:6228413940

  • どうかな

    私(45歳です)は医師と結婚したため、周りには医師が多く、
    子どもも医学科へ進んだため、将来も医師の知り合いが多くなるでしょう。

    弁護士に関しては、昔に比べると多くなったと感じます。
    父親の友人が弁護士で事務所を開いているため、弁護士も知っていましたが、
    知っていた弁護士はその関係だけでした。
    しかし、子どもが小学校に上がるとお父さまが弁護士だったり
    最近は年上のお友達のお嬢さんが弁護士になられたり
    また子どもの塾の先生が現役の弁護士だったりして
    弁護士の多さを感じるようになりました。

    ただ、弁護士との結婚は勧められない、と弁護士本人たちが言います。
    昔に比べると数が増えすぎて、収入が安定しないそうです。
    医師なら今でもお見合いはよくありますが
    弁護士だとお見合いに出すことができないそうです。

    若いトピ主さんのお友達で弁護士と結婚されている方がいないというのは
    この辺に理由があると思います。
    専業主婦ならお付き合いも狭まってしまうと思いますし。

    ユーザーID:7691107255

  • 弁護士のほうが多いです

    文学部出身です。友人自身が弁護士の子が2人、配偶者が弁護士が2人います。医者は高校時代の友人で1人だけいますが、配偶者はゼロです。逆ですねー。

    ユーザーID:3557321554

  • 当然では?

    私は法学部卒で主婦、夫も法学部卒で大学の教員です。

    学生時代の友人で弁護士と結婚した人、何人かいます。
    本人が弁護士になった人も。
    逆に医師の知り合いはゼロではないですがほとんどいません。

    トピ主様ご夫婦の経歴から言って、
    身近に医師はいても弁護士はいないというのは当たり前ではないかしら。

    ユーザーID:8262369514

  • そりゃ数の違いでしょう

    医師の数と弁護士の数を調べてみましたか?
    それでわかるはずですよ。

    ユーザーID:2758923175

  • 沢山はいると思う

    確かにママ友付き合いの中に医師は居ても弁護士の旦那さんは知りませんでした。

    職場復帰したら職場には弁護士、税理士、社労士がいますが、独立開業していないので会社勤めのサラリーマンです。
    でも委託している産業医は職業はサラリーマンではなく勤務医とか医師と答えるのでは。
    友人の職場は弁護士事務所なので弁護士だらけですが。

    恐らく、弁護士の妻は共働きしていて専業主婦が集まるママ友付き合いの場にいないか、
    気軽に頼まれごとされるのを避けて自分の夫の職業を言わないのではないかと思いますよ。

    ユーザーID:0718818274

  • 統計的に見て

    >それとも医師の数の方が弁護士などの数より圧倒的に多いのでしょうか?

    私は60年生きてきてまして、医者が必要になったケース(病気怪我)は軽く100回を超えます。しかし、弁護士が必要になったことはありません。
    周囲の人の話の中で、病気怪我の話は数多いですが、弁護士を必要とした話はないのです(例外として、組合活動している人が顧問弁護士とというケースはある)。

    裁判所の数と病院の数だって、比べりゃ歴然ですよね。

    それくらい、需要が少ないのですよ。

    トピ主さん、大学を出て、30歳にもなってて、それくらいの社会常識が無いって、ちょっと理解に苦しみます。少し、ものを考える習慣をつけるようお勧めします。

    ユーザーID:9171406223

  • 医者が圧倒的に多い…が正解らしい

    検索で、医師国家試験、合格者数推移
    司法試験、合格者数推移
    の二つを入れて検索して見てください。

    数の違いがわかります。



    ちなみに、私の最近の友人はなぜか「弁護士の奥さん」も多いです。
    医者の場合は、医者本人が友人…
    どちらも、いるところには固まっているんでしょうねえ。

    ユーザーID:1753090385

  • 私は逆です。

    私の場合は逆です。まあ、事情があるんですが・・・。

    単純に、絶対数の違いじゃないですか?お医者さんのほうが数が何倍も多いでしょう。
    だって、誰だって人生のうちでお医者さんには何回もかかりますけど、弁護士には運がよければ一度も世話になりませんから。

    私は医者の知り合いがほしいです。今はまだ健康体ですが、年をとったら、信頼できる病院を紹介してほしいから。
    現状、弁護士の知り合いは何人もいますが、私情で関わりたくないです(彼らと関わるということは、揉め事発生!を意味します。)し、弁護士の知り合いがいたことで得したことは1個もないです。たぶん。

    どういう趣旨のトピか良くわかりませんが、回答です。

    ユーザーID:9698342273

  • 医師とは違う事情

    法曹関係(弁護士や裁判官等)は、職業を気軽に口に出来ないと思います。親戚に法曹関係の方がいますが、職業を知られないようにしていらっしゃいます。

    勿論、人数の関係は多いにあるとは思いますけどね。

    ユーザーID:0231838920

  • 弁護士本人2人

    法律関係の専門家って、
    実は住んでる場所が結構集中してんじゃないかなと思います。

    ウチの子の幼稚園、ちびっこくて園舎も古くて、
    1学年20人ほどのホントに地味〜なご近所園なんですが。
    ウチの子の同級生20人の親御さんの中に、
    弁護士ご夫妻(両方弁護士さんね)が2組いらっしゃいました。
    だから弁護士さん4人知り合いがいることになるなあ。
    あと、検察官+その奥さんが1組。
    お医者さんはいなかったな。別の学年には複数いらっしゃいましたが。

    官庁がとにかく近いんですよ。県庁市役所すごく近いし、裁判所も検察もその他諸々色んなお役所も徒歩圏。
    で、弁護士事務所とか、その近辺に随分集中してるんですよね。
    官舎なんかも、ちょっと離れてるけどまあ通園圏内に大規模なのがあるし。

    そういうところに住めば弁護士の知り合いもできるかと。

    ユーザーID:2683910346

  • 親戚が

    親戚に医者も弁護士もいます。ついでに検事もいます。

    弁護士って意外と少ないですよ。
    政令市150万人位の市で弁護士は800人いない。(私の住んでいる市)

    弁護士ってこれだけしかいないんだとびっくりしました。
    そのうち登録はしてるけど、活動していない人もいるから、実際に動いている人はもっと少ない。

    すごいですね。

    ユーザーID:2702609230

  • 黙ってる人が多い?

    お医者さんは開業したりするとどうしても名前が出ますし
    親子代々みたいな家もあるので、職業を隠すのが難しいの
    ではないでしょうか。医学部合格なんていうのも、大々的に
    近所の噂になりやすいと思います。

    弁護士は開業する場合もあると思いますが、それが必ずしも
    広く一般の人をお客にしているとは言いにくい部分があると
    思います。内科なら誰でも年に何度もかかる機会がありますが
    弁護士さんに仕事を依頼するなんて一生に一回あるかないか
    というのが普通だと思います。だから、誰かが弁護士になっていても
    気がつかないことが多いのではないでしょうか。また司法試験合格
    というのも、あまり話題になりにくい気がします。大学受験も
    医学部合格のインパクトに比べると法学部合格はそこまでの
    インパクトはないと思います。

    また弁護士さんは場合によっては逆恨みなど買うことがある
    職業でもありますので、弁護士であることをあまり大々的に
    言わない人は多いかもしれませんね。

    私の周りには知人で医学部合格した人は二人知っていますが
    確かに弁護士になったという人は聞いたことがありませんね。

    ユーザーID:5998357130

  • 弁護士の知り合いはゼロ

    身内だけで医者は10人。
    知り合いも含めたら、医者は数百人。

    でも、弁護士の知人はゼロです。

    ユーザーID:5768788365

  • 9倍差

    日本医師会は任意加入団体で、その組織率は6割程度に過ぎないのに対して、日本弁護士連合会は強制加入団体で、日弁連の会員でないと弁護士業ができないため、組織率は100%です。

    従って、日医と日弁連の会員数を比較するだけでは正確な比にはならず、実数を比較する必要があります。約30万対約3万4000、ということで、約9倍差ということになります。

    つまり、医師と弁護士との比較なら、医師の方が弁護士より圧倒的に多いのです。

    ユーザーID:0782036678

  • おまけに

    トピ文では医師と言っていますが、もし歯科医師も医師としてカウントしていたなら、両者の数の差はもっと開きます。
    弁護士は身分を口外しないからとか、余ってて収入が不安定だからだとかはまったく関係ないくらいその絶対数の差は大きいと思います。

    ユーザーID:5189599969

  • ありがとうございます

    皆様レスありがとうございました
    素朴な疑問だったのですが、皆様のおかげで何となく解決しました!

    何人かに指摘された「人数を調べたり想像すれば分かるだろ」ですが
    ネットで簡単に検索したんですが、ちゃんと出てこなかったんですよね〜
    あと、病院や弁護士事務所の数などについてですが
    病院は一般人もよく利用しますが
    弁護士などは、個人ではなく事業主を相手にしている場合なども多いと思うので、あまり一般人の目に触れないようなビルの中とかに沢山入っているのかな、など思ったりもしていました
    でも、絶対的な数が医師>>弁護士なんですね
    (質問としては医師VS弁護士のみではなく、弁護士『など』の司法試験をクリアして資格を得て働いている方々や、○○先生と呼ばれる職種のうちの、文系の人たちを想像してのものですが、ここではまとめて弁護士と書かせて頂きました)

    私の住んでいる地区ですが、首都圏の県庁所在地のある場所なので何人かから「田舎では?」と指摘いただきましたが、それほど田舎でも無いかと思います。

    ユーザーID:6814577181

  • 経歴の問題?

    主人が弁護士なので同業の知り合いは多いです。
    医者は身内に2、3人いるくらいで私の友人関係にはいません。
    会計士は大学の同輩に一人いるくらいです。
    学校やその後の進路などの環境の問題だと思いますよ。

    ユーザーID:0530405955

  • ありがとうございます、続き。

    数名の方が、裁判所の近くだと弁護士や検事が多いよ、とか
    弁護士などは職業柄自分の仕事をあまり明かさない、と書かれていてなるほど〜!と思いました

    裁判所も一応近くにはあるのですが、
    (それでも検事さんなどの知り合いはいませんが)
    恐らく私の身の回り(ママ友さん)に医師が多いのは、家の比較的近くに大きな大学病院や県立病院等があるせいかもしれません
    なので、そういう所で働いている若手DRが通勤便利なこの辺に住んでいるんだな!と納得いたしました。
    医師数が多いというのもありますが、地域的に医師が固まりやすい地区だったのだと思います。
    スッキリしました。どうもありがとうございます。

    ユーザーID:6814577181

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧