家族・友人・人間関係

実母を愛せない方、諦めた方

レス22
お気に入り137

wnyc

ひと

私は、生まれて半世紀過ぎて、情けないことに、未だに実母との確執があります。実母との相性が極端に悪いというところでしょう。
自分が果たせなかったものを私に投影し、幼少から厳罰や折檻の日々でした。私は生まれつきの才能と血の滲むような努力でそこそこ一角の人間となり、彼女は私の成功で世間的に良い思いをしているはずですが、私へのキツイ風当たりと八つ当たりは一向に改善せず、数十年前から母の目の届かぬ海外で生活をしています。若い時には殴る蹴る、老いたら老いたで、私を益々毛嫌いするという、私としては救いのない状況です。性格も出来も悪い妹のことは大好きで、見ただけで顔をほころばせ、私には見たことのない表情になります。
私にできることはひとつ。老いぼれて、私に救いを求めたところで、冷酷な言葉を1つ2つ投げかけて、絶望の淵で捨て去ってやろう、と思いながら暮らしています。
未来永劫、生まれ変わることがあっても(生まれ変わりたくもないが)、一切会うことも関わりたくもない人間が母親です。

育児家事の放棄などではなく、普通以上の能力と見られている母親を持った人で同じような思いをしている方々、いらっしゃいませんか。

ユーザーID:8716498237

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数22

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お気持ちわかります

    今まで、とても辛い気持を抱えてきたトピ主さん、本当につらかったでしょう。

    私と母の関係も同じです。
    芸能人で「毒母」の告白をされている方は、お母さん自体が脱線気味の生き方をされている方多いですね。

    ごくごく普通の社会生活を営み、他人からみたらむしろ「娘思いのいいお母さん」というイメージ。でも、その実は、娘にとても苦しい思いを強いている。そして、娘の苦しみが自分だという自覚がまったくない。今まで、こういう「母」は、表出することはありませんでした。でも、このような形でも、「毒母」なのだということが、認められつつあります。パーソナリティーの小島慶子さんは、「解縛」という著書で、その苦しみを告白しています。
    やっと、それを言ってもいいんだという時代になりました。
    毒母もちの私はとして、正直、すこし助かったなと思っています。

    私は、アラフィフなのですが、40歳過ぎてから母との関係が自分に苦しみをもたらしていたことを自覚しました。それまでは、娘の自分が悪いと思っていたましから。(続きます)

    ユーザーID:4038016562

  • お気持ちわかります2

    母は、「あなたを思っているから」という気持ちで、私をコントロールし続けました。母の思いどおりになることは、母自身の幸せを作るためだったのだと思います。つまり、母にとって大切だったのは、「娘」という存在で、「私」という人間ではなかったのです。
    このことに気づいてから、母とは距離をとっています。この行動に対し、母はものすごく怒りました。(自分の幸せの担い手が無くなるからです)
    でも、はっきり自分の気持ちを言いました。「あなたの影響(意見)は受けたくない」と。親という、自分のルーツである存在を拒否することに、罪悪感を覚え、苦しんできました。
    でも、母の影響のない日々は、とても清清しく後悔はしていません。今は、自分の人生を思いきり生きているということを実感しています。

    ぶつけるなら、今ですよ。間際に言っても、あなたの中にある「お母さんへの思い」を手放さないと、お母さんがこの世に存在しなくなっても、それに苦しめられることになります。方法は、「毒になる親」などを読むといくつかわかります。

    どうか、トピ主三自身が、自分を愛せる人生をおくれるよう、願っています。

    ユーザーID:4038016562

  • トピ主さんはお母さんを愛してます

    愛情の反対は憎悪じゃありません。無関心です。
    トピ主さんは未だお母さんとの確執に苦しんでらっしゃる。お気の毒です。
    私には「母親」はいません。
    私が本当のどん底にいるとき、どん底にたたき落とした人の味方をした母を見たとき、納得いきました。
    それまでは心のどこかで(お母さんは何かの事情があって薄情なのだ)と思ってました。手本の無い環境なのだと。でも、そんなことはありません。社会に出て母親になれば、「母親」の手本なんていくらでも転がっています。
    「私もあんな優しいお母さんになって、子どもと仲良く笑って暮らしたい」と思って努力すれば出来ることです。
    でも母は「子どもをいかにしていたぶって、他人を恨むような人間に育てるか」に腐心しました。残念ながら、私は母の手をすり抜けましたが。

    母は5年前にウィルス性脳炎で記憶障害が残り、今は老人ホームで暮らしています。施設の方との打ち合わせは年4回ありますが、母とは年に1度会うかどうかです。もう、母には何の関心も無いので、必要最低限のことを淡々とするだけです。

    トピ主さんがお母さんから自由になられる日が、1日でも早くおとずれることを祈ります。

    ユーザーID:1765425273

  • 疲れませんか

    お母様と離れて海外住まいなんですよね。毎日そんなことを考えていて疲れませんか。

    ユーザーID:2992026019

  • 毒親ですね。

    こんにちは。私も、主様と程度とタイプは違いますが、母との確執があります。30代です。

    なぜ、母親であるというだけで、子どもを自由にしていいのか。干渉していいのか。子どもに脅迫めいたモラハラをしていいのか、今でも疑問に思っています。子どもにとっての絶対権者であり、死ぬまで心のどこかを支配する(不健全な親の場合です。)
    なんて、理不尽なんだろうと。
    世の中では親孝行が良しとされますよね。それも私を苦しめます。飯を食わせて大人にしてもらっただけでも、感謝をしなければならないんでしょうか?私はそんなに大人になれません。いまだに。


    私は、ばかげているかもしれませんが、見栄っ張りの母親に得意にならせたくなくて、ろくな就職活動もせず、立派な就職先ではなくて地味でぱっとしない仕事を選びました。(大学は都内の難関国立出身です)

    もうそのころには母の干渉や母との関係に疲れてしまっていて、私なりの「お母さん、もうダメだよ」という意思表示でした。

    色々なことがありましたが、母に私の気持ちを理解してもらえなくても、絶対に無理なんですよね・・・。

    ユーザーID:8439110489

  • 私は縁を切りました。

    私も、トピ主さんと同じで、実母が本当に嫌いです。
    放棄された訳ではないですが、幼い頃から、私にだけ厳しかったり、人格否定や、心を壊すようなことを言われ続けたり、叩かれたりしたこと。
    私は、勉強では常に学校ではトップでしたが、それすらも認めてはもらえませんでした。
    もともと頭がいいわけではなく、高校時代は土日も遊ぶことなく必死に勉強し、努力で掴み取ったものです。
    そんな私を認めてはいないのに、なぜか私の自慢話は自分の職場ではしており、
    許せない気持ちでいっぱいでした。
    成長した私をいつまでも認めず、歩み寄ろうともしない母親に嫌気がさし、7年前に絶縁宣言しました。
    その頃、私の結婚が決まりましたが、母親はそのすぐ後に父親と離婚したので、それから会っていません。
    幸い、何の連絡もしてこないので、清々しています。
    世の中、こういう母親もいるんだとは思います。
    トピ主さんも、ご自分で努力して掴んだ今の幸せを絶対に母親に壊されてはいけません。
    私は、万が一この先頼られたとしても、一切の援助はしません。
    親だから助けなければならないなんて思いません。
    親なのにひどいことをした親なら尚更です。

    ユーザーID:0508859748

  • 無駄に苦しまない

    私も母との折り合いが悪く、ほとんど連絡をとっていません。

    やはり一番大切なのは「母子はお互いを愛さなければならない」という思い込みを捨てることではないでしょうか。

    たまたま母子として生まれてきてしまいましたが、自分とは別の魂です。
    私は、(結果的に)社会的に成功に導いてくれたこと、自分勝手な性格がいかに周りを苦しめるか知らしめてくれたことを感謝し、心の中で親子の縁を切りました。

    自分からは決して連絡を取りません。相手が助けを求めても拒否します。非難されたら「今まであなたにされたことが原因で、助ける気持ちにならない」と冷静に告げます(まあ、ますます非難されますが…流します)。拒否されると兄弟や他人に「あの子は冷たい」などど言いまわり、その結果周りからいろいろ言われますがこれも流します。

    こうなるまでに、歩み寄ろうとさんざん努力しました。時間をかけても、言葉を尽くしても無理なことがわかりました。
    分かり合えない人というのはいるものです。他人でも、親子でもそれは同じです。

    彼女に娘を嫌う権利があるのならば、娘にも彼女を拒否する権利があるはずです。

    ユーザーID:7859836433

  • うん・・・

    私の母も私の評価がめちゃくちゃ低い人でした。
    結構自分で言うのもなんですが いい子なんですよ(笑)私。幼い頃から曲がったことができなくて ズルをするって一切ダメ。でも 周りの人はかなり私を高評価してくれてたのに・・・家では常に誰かと比べられてました(私は一人っ子なので比べる対象は他人)。
    奮起して「褒められたい」「認められたい」ってずっと思ってました。
    が 「ああ、もう無理だわ」って気がついたんです。褒められようと思うのを辞めることができました つい数年前ですけど。
    するってーと あれ?すごく気持ちが楽に。でもやっぱり長きにわたってそういう生活をしてきただけに 洋服一枚選ぶのも「お母さんになんて言われるかな」って思うんですよ。
    我が子の進路先まで「文句言われるかな」とかね。ほんと 自分が馬鹿で進歩ないなって情けないです。
    トピ主さんは折角目の届かない海外におられるのだから もっと自由に 親のことは忘れませんか。
    私思うんですよ。突然私を認めてきたら 死ぬ寸前だなって(笑)
    そう思うと 憎い存在でも生きてたらいいじゃんって思えるようになり。
    憎くても生きてる方がいいかな

    ユーザーID:4918118662

  • もう忘れましょう

    幸い海外にいるようなので、一切連絡しないことです。
    それと頭からお母さんを追い出すことですね。
    思い出しそうになったら、追い払うのです。
    何年か続けていたら、いないのと同じになると思いますよ。
    私はちょうど20年前に母が亡くなったのですが、
    今では、そんな人もいたかなぁ…というぼんやりとした気持ちがあるだけです。
    こんなに母の記憶が風化するとは思いませんでした。

    ユーザーID:5334170520

  • 幸福になることが最大の復讐である。

    同名の本を読んだことがあります。本当にそうだなと思います。

    親が頼った時に、突き放す。そんなことを夢見ていても、そんな日は来ないかもしれませんよ。

    トピ主さまは優秀なようですし、お父様に似ていらしたのでは?妹さんがお母様に。そして、お母様は妹さんをできないが故に、溺愛し、自分を心の底では馬鹿にしていたであろう夫に似た姉娘を虐待する。
    そういう関係は多いです。残念ながら。そして、同じような関係を紡いできた家族の連鎖の歴史も多いです。

    詳しいことは解りませんが、お母様は人格障害かもしれませんね。

    もしも、まともな思考回路をもっていたら。。。
    愛情を受けて育っていたら。。。
    もしも、無能であればあるほど愛される妹と自分が同じ立場だったら。。。
    いろいろなもしもがあります。


    そんな親でも、責めるし、病気になるし、本当に後悔することばかりでした。

    でも、全ては過去です。

    トピ主さま。過去に欲しかったものは手に入りません。
    自分で作り上げた、過去の檻の幻から自分を解き放つ時期ではありませんか?

    ユーザーID:3780924967

  • とてもよくわかります。

    お気持ち、とてもよく分かります。
    私も似たような状況で、現在でも母を受け入れられず、声を聞くことも出来ません。
    幼少期から重い期待を背負って、引きずりながら歩いてきました。
    努力を続け、親の夢をかなえ、今に至りますが、
    結婚して子供を持って、いろんな事が重なり、我慢の限界が来ました。
    その瞬間以来、声を聞くことすら出来ず、メールのやり取りのみです。
    私にはなかり酷い言葉を投げる母ですが、
    全く勉強をしてこなかった妹には甘く、叱ることすら出来ず、
    おかげで妹は非常識な大人となり、自立が全く出来ません。
    似たもの同士の二人はとにかくべったりで、
    そんな二人を見てるのが嫌で、一切会わないことにしています。
    それまでは仲良し母娘を演じてきただけに、
    母を遠ざけることに罪悪感や寂しさなどありますが、
    傷つけあうより、遠くでお互い元気に暮らす方が建設的だと気が付きました。

    長女は背負うものが大きいようです。
    距離的に離れいてる主さんが羨ましいです。
    心も距離も離れたなら、連絡も無理に取ること無いと思います。

    カウンセラーの方いわく、
    母を許せない娘からの相談、実はかなり多いそうですよ。

    ユーザーID:8613735536

  • 恨むより忘れる

    アラフォーの主婦です。
    殴るけるはありませんでしたが、三人兄妹の末っ子で、いまだ、母からは味噌っかす扱いをされています。
    特にここしばらくは、同じ主婦同士ということなのか、なぜか私に敵愾心を持っているらしく、顔をあわせてもまともな会話が成立しません。
    趣味、人格、能力の否定、兄姉と比較して私をバカにする、そのくせ盆暮正月は顔を出さないと文句を言い続ける。
    世間的には、いわゆる知識階級の夫を持ち、向学心もある進んだ?奥様らしいです。
    少し前までは、私も母に対して『認めてもらいたい』という思いがありましたが、今はもう、どうでもよくなりました。
    自分が親になり、母を同じ親という目線で見た時に、これは親としてアウトだ。同じ土俵に立ってはいけないと思ったことがきっかけでした。
    私の母も、精神的に不安定でアホな姉を溺愛しています。

    お気持ちわかります。自分で自分を、自由にしてあげませんか?

    ユーザーID:7613743865

  • 愛がなければ

    憎しみは生まれない・・・・・。

    私はそう感じておりますが、トピ主様はいかが思われますか?

    私も母から虐げられて育ちました。
    周囲からは常に高い評価を得られる子供でした。
    でも母は「褒められていい気になってるな!」「社交辞令って言葉を知らない程バカ」「グズ バカ ノロマ」

    何かすると母に罵られると思い、怖くて行動そのものがワンテンポ遅れる。

    でも母の居ない所では何でもできるんです。

    結婚して、夫や夫の家族が私の事を理解してくれたことで
    一時期完全絶縁しました。

    電話で父に「母が死んでも知らせてくれるな」「私の家族は○○さん(夫)の家族だけです」と言い、それから16年間ですね。

    現在はある切っ掛けが有り、年に1度は会うようになりました。
    その切っ掛けとは「母の危篤」でした。
    父から「来てクレとは言わない。でも、もうダメかも知れないんだ。」と早朝に連絡がありました。

    夫や義母から「なにしてるの!早く行きなさい」と背中を押され、悲しみも感じぬ自分に呆気に取られつつ病院へ向かいました。

    長くなり申し訳無いですが、続きます・・・・

    ユーザーID:2341752942

  • 愛がなければ(続き)

    瀕死の母を見下ろす私は、自分でも驚くほど冷徹でした。
    「フゥーン、なんだかんだまだ生きているんだ・・・・・」
    正直そう思っていました。

    でもね・・・・・
    意識を取り戻したははが私を見た途端にポロポロポロポロ泣いたんですよ・・・・。
    あれだけ私を虐げ続けたた母が・・・・・。

    その後、母は奇跡的に回復しまして、退院後には和解した姉(姉と絶縁していた)と母と私の3人で昔話をしましたら
    「私(母)はそんな事をしていたの?(絶句)・・・・・ゴメンナサイ(涙)」

    何でしょうね・・・・憑き物が落ちたような感じ。
    以前でしたら有り得なかったのですが、今では電話しますと嬉しそうな声で私の名を呼んでくれます。

    「ああ・・・私はずっと待っていたんだな・・・優しい声で「ICHICO♪」と名を呼んでくれる事を・・・・」

    嘗ては憎みました。恨みました。
    でも、今だから思います。
    「愛したかったし愛されたかったんだ」とね。

    恐らく私はトピ主様と同じ位の年齢だとおもいます。

    いつか氷が解けるように、憎しみの心が昇華されますように・・・・。

    ユーザーID:2341752942

  • 母だけど・・

    母でない。

    たまたまあなたがこの世に出てくるときのトンネルがその生きものとクロスしていただけです。

    ないものを求めるのはやめましょう。
    あなたが求めている母は、この世に存在しません。

    あなたが見たままがその生き物の性質です。
    だからそれはそれで正しい、いいのです。

    ライオンに草を食べるようになってほしい、
    カメムシに臭くなくなってほしい、
    桜にクリスマスに咲いてほしい、

    無理です。

    そういう生き物なんですから。

    ユーザーID:4527754903

  • 母が嫌いだった

    私は、自分が不幸で姉妹の中でも愛されてなくて、本当のお父さんお母さんが迎えに来ると信じてました。
    高校生の時、母の高校時代の写真みてあまりに似ていて、本当の親だとわかりショックを受けました。


    現在、40歳。小学生の子どもがいて多少親を反面教師にして子育てしてます。
    そして自分が母の嫌いな部分がとても似ていて嫌になることあります。
    人見知りで、感情的に怒り、視野の狭い、専業主婦であること。

    小町を見ると、毒親が多く正直びっくりします。
    理想の親=理想の人間なわけで、そんな人はほとんどいないと悟った今日この頃。
    うちの親もそこまでひどくはないが、後ろ向きな性格は環境のせいかと思う。

    思ったのは、トピ主さんが頑張りすぎたのかしら。
    何でも完璧すぎて可愛げがなくみえたのかもしれません。
    でも折檻や厳罰があれば必死でやりますしね。

    トピ主さんがお母様にどんなに認められたいか、、ひしひし感じます。
    憎しみの思いだったとしてもお母様のことが頭の片隅にあるんですもの。

    ユーザーID:0209885970

  • でもあなたは勝ち組な方かもしれません

    色々な毒親トピを拝見してきましたが、外国にお住まいな点につきましては、あなたはまだラッキーな方だと思います
    本当の意味で距離を置く事はとても大事だから
    でも残念な事にせっかく海を越えた遠い場所に住んでいるのに、心の距離はまだまだ近いようですね。お怒りをまだまだ忘れられない様ですね

    最近何か電話でひどい事を言われたからトピを立てたのですか?それか心から湧き出る数々の思い出が苦しいのですか?
    母親を絶望の淵で捨て去る目標があるようですがそれを実現したとしても、またまたあなたが、その事後で後悔し長い間気に病む原因になる可能性があります

    なので、あなたが母を絶望の淵に捨てようが、優しくしようが、どちらも結局あなたは苦しむ事と思います、お勧めしません

    母を絶望の淵で捨てる、冷酷な言葉を投げかける、それは「いつかまた母に会う」事を意味してますね。実際あなたは会いたいのだと思います認めたくないでしょうが

    その点があなたの文の矛盾点です「会う」という目標こそが人生の誤りです
    あなたを外国にきてまで苦しめ続ける存在に未来永劫「会って」はいけないのです
    忘れる努力を

    ユーザーID:9721654367

  • (1)貴女がしなければいけないこと。

    貴女は、(母が最後の最後にすがってきたら冷酷な言葉を吐いて捨ててやる!)と
    今から意気込んでいらっしゃる。
    つまり、(老いぼれた頃、私に救いを求めてくるだろう)と「期待」している。

    だけどもし、妹から「お母さんは3年前に亡くなったよ」と
    当然のように事後報告されたら、それはそれでまた貴女は傷付くのでしょう。
    (最後の最後まで、私は必要とされなかった・・・)と。

    「関わりたくない」と言いながら、「冷酷な言葉を投げかけて」関わる気は満々。
    それは貴女が、まだ自分の中で昇華できない思いの表れです。

    どうして、妹ばかり愛して私を愛してくれないの?
    どうして私を認めてくれないの?私はこんなに頑張ってるのに!
    こんなに傷付いてるのに!

    ・・・それをまだ、母に訴えたいのですね。
    そんな母だけど、まだ貴女は彼女に愛されたいのですね。

    残念ですが、貴女は母親には愛されませんでした。
    これはもう事実として受け入れるしかないです。
    だからって、「母から愛されなかった子供はダメ人間か?」と言うと、そうじゃない。

    ユーザーID:2699423733

  • (2)貴女がしなければいけないこと。

    私も母に愛されなかったけど、認めたくなかったから足掻いたけど、認めました。
    認めた後は、母に期待したり執着したりするのをやめることができました。

    「この苦しみはアンタのせいだ!私の傷に気付け!反省しろ!後悔しろ!」という
    気持ちもなくなりました。客観的に母を分析して(あのレベルの人間に
    この要求をしても無理だな)とハッキリ、自分の中で理解できたからです。

    老いぼれた母に冷酷な言葉を発した後、相手はどういうリアクションを取ると思っているの?
    素直に「ごめん」と言ってくれる?言い返され、修羅場になる?
    そんなやり方で母を捨て去った自分はスッキリする?後味悪くならない?

    「私にできることはひとつ」って言いますけど、それをやってどれだけの価値がありますか?
    それをやれば貴女の心は本当に救われるのですか?

    半世紀も生きてきて、心の苦悩を未だに母のせいにするなんて、
    貴女が言うように私も(情けない人だな)と思います。貴女に同感です。

    いい加減、本当の意味で母親を捨ててください。

    貴女がしなければいけないことは、ただひとつ。
    < 母の手を借りずに >自力で、心の平和を追求することです。

    ユーザーID:2699423733

  • 諦めました

    母は毒親でした。
    過去の辛い気持ちは何一つ救われていません。
    でももういいんです、諦めました。
    生まれつき身体に障害を持った人がいるように、
    私も生まれた時から母という障害があったのだと理解しています。

    幼いときは常に不安に怯える毎日でした。
    若いときは常に許せない気持ちで一杯でした。
    でももう吹っ切れました。今更責めようなんて思いません。

    老後の面倒は、母が年老いてから考えるつもりです。

    ユーザーID:7202798178

  • (長期間一緒に居て公平に判断不能)しがらみ、縁生き物の適応

    50才でいまだ葛藤があるのは、一緒にすごした期間が長期間だからだと思います。
    どんな乱暴モノでもたまには「この人間も根っから悪くないのじゃないか?」
    と思う一面は必ずあるからだそうです。このどうしようもない期間、たまーにそうでない一面(なぜかわかりませんが)との繰り返しが半年ぐらいで殆どのヒトはスッパリ切れなくなるそうです。生き物全般厳しい環境に適応する力があるからだそうです。成人するまで一緒なのですからきれなくてもある意味普通ではないでしょうか。葛藤があるのは道徳とか宗教的な考えが邪魔するからでは。まじめすぎるんですよ。(そういう面も、心理操いかと思うんです。

    ユーザーID:6946383997

  • お母さんに支配されてる状態かも

    私も半世紀以上苦しみました。
    愛そうとするから苦しいのです。
    愛さなくてもいい。子に愛される資格がない人ですから。
    諦め、捨てていいと思う。

    私は電話して、母に幼少期の虐待の恐怖、陰でコントロールされ、
    世間への自慢の道具にされた事、苦しかったと全部話しましたが
    激しく逆切れされました。謝らないのできっぱり絶縁しました。
    泣こうが騒ごうが関知しませんでした。
    この親の言う事を聞いていたら、安定剤は手放せず
    自分の子を育てる力がなくなるのがわかったからです。
    死に目にも駆けつけないし、葬式にもいかないと言った。

    絶縁宣言が、囚われる時間が無くなる分、精神的にもお勧めです。
    今のままではあなたが苦しむばかりで
    お母さんは何にも心の痛みさえない。
    その憎しみがあなたを突き動かし、依存状態が才能に貢献し
    手放したくないと思うのなら、別ですが。
    対峙するのが、この苦しみを克服するのに不可欠といいます。

    絶縁後、私は親とは無関係になっても
    しばらくフラッシュバックに悩みましたが、
    今は思い起こすことも随分減り、やっと心の自由を感じてまいす。

    ユーザーID:4235046482

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧