精神保健福祉士と臨床心理士

レス7
(トピ主1
お気に入り25

趣味・教育・教養

さおり

こんにちは。
見ていただきありがとうございます!
わたしは将来、心理学を学び、カウンセリングするお仕事をしたいと考えています。
わたしの考えるカウンセリングとは患者様のお話を聞き、少しアドバイスをし、患者様に前向きな気持ちになってもらうようなものだと思っていました。
しかし、取る資格によってカウンセリング内容が異なることを知りました。
精神保健福祉士と臨床心理士、カウンセリング内容はどう異なりますか。
また、わたしが思っているようなカウンセリング内容に近いのは、やはり臨床心理士にならないとできないのでしょうか。
教えてください、お願いします。

ユーザーID:4411801474

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうでしょうね

     精神保健福祉士とは、精神障害者の方々の相談支援に携わる専門職で、統合失調症やうつ病、様々な依存症の方々の病理と、福祉的対応制度のしくみについての知識を熟知したうえで、一人ひとりの適切な福祉的対応制度の利用を促進していくのが仕事です。ただし、こちらは国家資格ですし、精神科病院に関連した施設での専任の仕事があるので、待遇はかなり安定しています。

     一方、臨床心理士は、公益財団法人協会の認定資格にすぎず、就職口もあまり安定したところは少ないので、大学院まで行って資格を取らなければならないわりに、十分な待遇が約束された資格ではないですよ。

    ユーザーID:0641635621

  • 精神保健福祉士です

    精神保健福祉士はカウンセリングはしません。
    相談業務を仕事としてますので、カウンセリングのように見える漠然とした相談にも付き合いますが、決してカウンセリングではありません。
    カウンセリングには、きちんとした技法を身に付けないといけないので、精神保健福祉士の養成コースではそこまで身に付ける事はできません。
    臨床心理士になりたいけど就職先が見つからなくて、やむなく精神保健福祉士資格を取って働いている人は結構いますが…。
    カウンセリングがしたいなら、臨床心理士を目指すことをお勧めします。

    ユーザーID:8972350986

  • 個人に働きかけるか、環境に働きかけるかの違いです

    社会福祉士及び精神保健福祉士として登録しています。

    精神保健福祉士は、
    患者さんを取り巻く環境に焦点を当てた仕事をします。
    例えば、年金や医療、福祉などのサービス利用に関する支援、
    家族や学校、職場との関係調整、
    新たなサービスの開発などです。
    その過程で、患者さんと接するわけですので、
    精神医学や心理学の基礎知識は学びますが、
    「患者さんを直接治療する」というより、
    「患者さんを取り巻く環境を改善することにより、患者さんの回復に寄与する」
    ことが主たる仕事になります。

    私の狭い経験で感じたことですが、
    臨床心理士は、精神保健福祉士と比べ、
    直接患者さんに働きかけて、
    患者さんの回復を促していくようです。
    精神保健福祉士に比べると、治療的な要素が強いと思います。

    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:8008411461

  • なるほど!

    お三方、大変わかりやすい説明をありがとうございます!
    精神保健福祉士と臨床心理士の違いが大変よくわかりました。
    また、わたしが目指しているものは臨床心理士であることにも気づけました。
    求人が少ないことや、大学院まで行かなくてはいけないことも心にとめておきながら自分の夢に近づけるよう努力していきます。
    本当に、ありがとうございます!

    ユーザーID:4411801474

  • 資格が根本から違う・・・!

    臨床心理士は、現在は認定資格(臨床心理士協会が実施)です。
    精神保健福祉士は、国家試験扱いです、社会福祉士とセットで受験する人が多いので、社会福祉現場では採用枠も多い市場です。
     臨床心理士とは、自分から売り込みに行く営業です。
     気に入ってくれる病院、学校など非正規採用の個人事業主です、採用試験に合格しても、コマ数で仕事をするので、1年更新など不安定な雇用です。
     カウンセリングがしたいと、あこがれで言う方も居ますが、不安定な雇用環境にどれだけ自分を売り込み出来るか、営業力です。
     食える資格なら、精神保健福祉士と社会福祉士のセットが断トツ、大学卒で受験資格取れます。セラピストは大学院卒でも身分関係の不安定など「ホスドク」と同じで非正規雇用を渡り歩くと言う事です。
     精神保健福祉士も相談業務(精神障害の自立支援など)ワーカー、一人の方にじっくりと寄り添う関係(協働)です。
     確実性ならワーカー業務です、社会福祉士も同様に医療、福祉の相談業務にも関与する仕事です、実務ならワーカー、セラピストはスピリチュアルな面も有るので宗教的な面も有るので、難しい面も有ります。
     

    ユーザーID:0855228095

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 臨床心理士というよりも

    私も同じようなこと思って、大昔に心理系の学部を出ました。
    大学で学ぶうちに、私のやりたいことは、医者じゃなきゃできないと思いました。
    精神科の医師の方が、近いような気がします。
    「患者様」と言ってる時点で、病んでる人を想定してますよね?

    臨床心理士は今も昔も、取っても思うような立場に就けないと思いますよ。
    学校現場で活躍する「スクールカウンセラー」は臨床心理士であることを求められますが、あなたが望んでいることとは違いますよね?

    ユーザーID:0822245764

  • 現実的に

    私はPSWを実務経験を積めば受験資格があります。あえてしないのは、社会人経験を積んで心を病んでいる患者たちの現状を知ったからです。
    カウンセラー(精神科医・臨床心理士と一緒に勉強会によく参加している)の知人の話を聞いて、最終的には本人次第なんですよね。
    それと薬のからみで患者を助けるまでにはならないということを悟りました。

    トピ内容を見てお若いかたとお見受けしました。まだ若いから考える内容に思います。他の方が臨床心理士が稼げないと指摘しています。それはPSWも同じに思います。専門職でありながらOL以上に稼いでいないように求人広告等から感じます。精神科医療の現状を知ることが大切に思います。患者たちが思っていることは病院側の人には言いません。私はこちらを知り、精神科医療に関わることをやめました。

    ユーザーID:8344087831

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧