不適切な表現を使うのをなおしたい

レス22
(トピ主3
お気に入り31

家族・友人・人間関係

ぽころん

悩んでいます。

私は友人との会話において、不適切な言葉を使ってしまうようです。
不適切な言葉というのは、良くも悪くも取れるごく短い言葉です。
私は相手を褒めたり感心するために良い意味で使っているのですが、
友人らは悪い意味で取ってしまいます。
そして、友人らは「ツッコミがきびしい」などと大笑いします。
私は誰かを傷つけたり不快にさせる気はまったくありません。
その場で「違うの、そういう意味じゃないの」と弁解しますが、
友人らの中で、段々、ツッコミがきびしいキャラとして固められてしまいます。

私は家に帰ってから、どういう言い方が良かったか反省します。
同時にとても落ち込んでしまいます。
自分が大きな欠陥を持った人間に思えてしまうからです。

こんな風に不適切な言葉を使ってしまうのは、語彙が少ないからだろうと
思い、活字に触れるよう努力しています。

これ以外にどんなことに気をつけたらいいか、
どんな心構えでいたらいいかなど、
皆さまからアドバイスをいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:5510279676

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 具体例をぜひ

     とりあえず一つか二つ具体例を挙げていただけないと判断が難しいのですが、考えられる可能性と対策は以下の通りです。

    1、語彙が少ないので適切な言葉を選択できない→新聞や本を読む、失敗した言い回しの時に類義語辞典を調べるなどして語彙を増やす。
    2、パニックになって混乱してしまう→何か言う前に深呼吸して落ち着きましょう
    3、悪気はないが、根底となる性格がブラックで、それが漏れてしまう→個性ですから、わが道を行きましょう。

    ユーザーID:4779166041

  • 言葉の選択肢を増やしましょう

    >良くも悪くも取れるごく短い言葉です。

    どちらの意味にも取られる言葉って、受け取る側によって変わります。

    結果的に誤解を招く事にもなりかねません。

    現時点では仲のいい友人達の間ではキャラ扱いで済ませられますが、
    今後の事を考えた場合、
    どちらの意味にも取られる言葉を使うのじゃなく、誰にとってもわかりやすい言葉を選んだほうがよろしいかと…。

    ユーザーID:1338911133

  • この春中2になる子ですが

    不適切な言葉、言い回しを選択してしまう・・。
    たとえば、「風邪引いちゃって」といった人に対して
    「やだ、うつさないでよ」という返事をしてしまう、とか?
    その人が嫌いなわけでも、本当に迷惑に思ってるのでもない人に。

    中2娘がそんな感じです。相手に攻められたり「ひどい」という返事をされると
    そんなつもりじゃないんだよ、心配してるんだけど、どう返事をしていいか
    わからないんだよ・・・といいます。

    やはり本意に反し、「毒舌キャラ」と言われていて、本人は気にしています。
    そりゃ、言われても仕方ないよ、なんでそう返しちゃったの?と
    そういう時は「大丈夫?熱はないの?」とかいうんだよ、と教えたら
    ああ、そうかー、そういえばいいのかと真顔で言ってるので、
    ホントに思いつかないんですね。やはり本嫌いで語彙は少ないです。
    そして、本質は自己中なんだと思うのです。まだ矯正は可能と思うので
    一生懸命教えてますが、表面はつくろえるようになっても、本質は変わらない
    かもしれないな、と思っています。

    ユーザーID:1316501715

  • 表情は?

    あとは話しているときの表情じゃないですか?
    笑顔で言えば良い意味に受け取られるかも…。

    ユーザーID:8326537787

  • 多分人と違う言葉を「選んで」いるのでは?

    >不適切な言葉というのは、良くも悪くも取れるごく短い言葉です。
    >私は相手を褒めたり感心するために良い意味で使っているのですが、

    身近にそういう人が少数名居ますが、
    共通しているのは「他の人とはちょっと違った事をしたい」
    という意識みたいなものが垣間見えます。

    まぁ、それは誰もが心の片隅では思う事なのですが、
    相手の印象に残る事を言いたくて、
    普通の人なら「それはすごいねぇ」という所を
    「まるで○○みたい」とか例えたり、
    ウィットに富んだ言い回しをしようとしたりするのですが、
    周囲は「いやいや、それは…」な内容だったり。

    なまじそういう表現が秀逸な人が、友人や肉親のような
    近くに居ると、それを見習おうとして失敗したり…。

    >私は誰かを傷つけたり不快にさせる気はまったくありません。
    >その場で「違うの、そういう意味じゃないの」と弁解しますが、

    既に言うのが癖になっているのだとはおもうのですが、
    何度もそういうパターンであるならば、一旦シンプルな褒め言葉に
    軌道修正しては?
    悪い意味で取られないように練習するにしても、
    実験相手になる友人が気に病むタイプなら気の毒ですし。

    ユーザーID:8482200381

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 具体的に

    どんな言葉を言ったのか言っていただかないと、アドバイスがしづらいですね。

    まあ、ご友人との会話で難しい言葉はいらないかと。
    わかりやすい言葉で話せば誤解されないと思いますよ。

    ユーザーID:8370098618

  • すぐに返事しなきゃいけない、みたいな考えをやめる

    大きな欠陥とか、その気持ちわかるけれど、
    相手に優しくありたい、というより、ヘンなこといって嫌われるのがこわい
    うちは、言葉を増やそうとしても
    またヘンなことを言ってしまうのではないでしょうか

    とりあえず誉めるのをやめて、
    誉めたい!!って思った時はグッとこらえる。
    出てきた言葉を携帯にメモる。
    友達を観察する。かな。

    ユーザーID:9984284298

  • 例がないのでよくわかりませんが

    とりあえず自分からは何も言わないようにすればどうですか

    ユーザーID:7017190011

  • いったん黙る

    私もどちらかというとそのタイプと自覚していて、子供の頃からつっこみタイプと言われてきました。
    お恥ずかしい話、鋭い一言が繰り出せる、斬新な発想ができる、一目おかれる存在と勘違いしたことも・・・
    さすがに、いい歳した今では、鋭いつっこみで視線を集めたいなどと幼いことを考えることはありません。
    トピ主が思ったのと同様、自己満足でひとを傷つける短慮だと考えているからです。

    いいとこ見せたくなって調子づいてビシッと言ってしまうのではないでしょうか。
    本人が止める方法は一つだと思います。思ったことを即座に口にするのをやめることです。
    それで話が流れていって機を逸したとしても仕方ないのです。
    不適切だった、傷つけてしまった、誤解されたのではないか、と思うことになるに決まっているのだから、
    最初から危ういことは言わない。危ういことを言いがちだと分かっているのだから、黙っておく。

    私と同じような失敗をして、周囲から人がいなくなったりしないことを祈ります。

    ユーザーID:1292950973

  • トピ主です

    皆さま、沢山のアドバイスをありがとうございます。

    深呼吸して、シンプルで分かりやすい言葉を選ぶ、ぐっと堪えて自分からは言わない、最初から危ういことは黙っておくなど、皆さまのアドバイス全てに成る程と思うところがありますので、今後実践してみようと思います。

    また、何名かの方がおっしゃっていたように、言葉を発する際に私は少し焦っている部分があります。
    頭の回転が早くポンポンと会話のキャッチボールをしあう友人の中で、私も何とかついていこうと頑張っているためです。
    元々口数が多くない私は、つまらない人と思われたくなくて、自分が発言でぐきそうな箇所で何とか言葉を口にするのですが、言葉の選択を間違えてしまうようです。

    続きます。

    ユーザーID:5510279676

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です2

    ここまで具体例がなく申し訳ありませんでした。

    具体的には「強い」という言葉です。
    1人の友人が、子供の躾のために、感情に流されずに一つのルールを徹底していることについて、私は友人に対して、「強いね」と使いました。
    これは精神的に強くて素晴らしい、私も見習いたいという意味で使いました。
    その「強いね」の言葉のすぐ後に「これこれこういう時にこんな風にしていて、あなたは本当にえらいね」と続けていましたが、既に他の友人らには「出たー!」などと大笑いされていて、私の言葉はかき消されてしまいました。
    その後私はすぐに弁解して誤解は解けたのですが、依然私は毒舌キャラのようです。。。

    ユーザーID:5510279676

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • うん?

    >私は相手を褒めたり感心するために良い意味で使っているのですが、
    友人らは悪い意味で取ってしまいます。
    そして、友人らは「ツッコミがきびしい」などと大笑いします。

    あなたは褒めてるのに、他の人に「つっこみが厳しい」と受け取られる言葉ってたとえばどんなもの?
    具体例を書いてみてくださいよ。謎すぎます(笑)

    ま、でもつっこみが厳しいって言われるって事は、あなたの言葉使いがキツイって事じゃないでしょうか?
    選ぶ単語がキツイんじゃないの?
    あなたの考えてる通り、そのことだけをポツリと言うから(言葉が足りない)吐き捨てるようにキツイセリフをポツリと吐く女になってしまってるんだと思いますが・・
    キツイ言葉を選ばない。
    もう少し長めに話すようにしたら?

    ユーザーID:2352140653

  • それって毒舌じゃなくて…

    >既に他の友人らには「出たー!」などと大笑いされていて、
    >私の言葉はかき消されてしまいました。

    ソレ、毒舌というより、本当に言葉の選び方が微妙で
    「不思議ちゃん」扱いされていじられているんではないの?
    友人の殆どに「出たー!」とか大笑いされているって、
    毒舌だと非難されているんじゃなくて、バカにされているのだと思うけど。
    何というか、トピ主さんの例を聞くと毒舌というより
    「ポエマーか!普通の表現出来んのか!」と影で言われている可能性の方が高い。
    聞かされると「遠回し、かつむずかゆくなる」表現ではあります。

    私はその場に居ても、皆と一緒にトピ主さんを笑いたくはないな。
    「いや、その言い方はちょっと…」とツッコミはしても
    ケラケラ笑うのは違うと思う。
    トピ主さんがそれを気にしないというなら別にいいけど、
    そういう時に
    「その言い方なんか引っかかるんだけど、普通に言えない?」と
    きちんと違和感を指摘してくれる友人は居ますか?

    ユーザーID:8482200381

  • トピ主です3

    レスありがとうございます。

    私も毒を吐いているつもりはないのです。

    バカにされているのでしょうか。
    だとしたら悲しいですね。。
    そのように笑う友人らに対して私もやはりいい気分はしません。
    ですが、友人らも私の発言を不快に思っているのかもしれませんね。

    私の発言がこのように言われるようになったのは、夫の転勤地である今の場所に住むようになってからです。
    それまでは学生時代も社会人時代にも言われたことはなく、優しい人で通ってきました。誰かを悪く言うこともありませんでした。
    そのため、周囲からの現在の自分の評価に戸惑っています。

    ここからは自己分析ですが、
    現在の私は、周囲に合わせようとして、余裕や自分らしさを失っている気がします。
    地頭の悪い私が、頭の良い人たちのポンポン飛び交う話題についていこうと頑張るのがいけないように思います。
    うまくやれない自分が情けなくもありますが、明日からは、発言しようと頑張りすぎず、危うい話題は相槌程度で過ごそうと思います。

    人の第一印象が変わるのは難しいでしょうが、周囲の評価が少しずつ変わってくれたらいいなと思います。

    ユーザーID:5510279676

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 強いねか

    トピ主さんは精神的に強くて素晴らしいと言う意味で「強いね」かもしれないが
    強いねは他にも、厳しすぎ、叱り過ぎなども伝わるよね。

    単語にしてしまうから、言葉に誤解を招くのでは?誰も「強いね」でトピ主さんの考えている事は思えないから。

    ちゃんと文章を言えば誤解を招かないと思うよ。

    これだけでも伝わるでしょ?と思わずにしっかりとわかりやすい文章にして話した方が相手も伝わるし誤解を招きませんよ。

    毎度毎度だから笑いになるのでは?つまりグループで不思議ちゃん扱いかもね。
    言葉選びも大事だが、自分に無理せずに、単語よりも文章で解りやすい方がいいですよ。会話も無理にせずに、タイミングを見て焦らずに会話すればいいと思うよ。
    別に大人しい存在でも良いと思うよ。
    会話が途切れた時、「そうだこの前○○と言っていたよね?あれからどうなった?」って感じの話しを自分から持ち出せば話しやすいと思うよ。

    ユーザーID:8370098618

  • その例だと

    「強いね」の例ですが、それが本当にそれだけの発言ならば…主語も何もない意味不明な言葉ですね。

    それに続けて…と、ありますが、ちゃんとワンセンテンスごとに完結した文で話せばよいのでは?

    強いねだけでは、何がどう強いのかわかりません。
    そして、相手に変な受け取られ方します。

    今回の場合、例えば、
    「ついつい甘やかしたくなるけど、○○さんは意思が強いね」
    とか。

    ユーザーID:1363864740

  • 言葉の意味

    言葉の選択間違い、というのも確かです。

    単語には様々な意味が有ります。
    文章ではなく単語で表現すると、意図は伝わり辛い、最悪、誤解されます。

    例えば「強い」という言葉。
    意思が強い→どちらかといえば褒め言葉。
    我が強い→たいていは否定的な言葉。
    野球が強い→能力を表す。または勝負に関わる言葉。

    今回の場合、三番目のニュアンスで受け取られたのでは?
    それで「強い?勝ち負けの話?何言ってんの、この人」と思われたのでは。

    単語で表現するなら、他の意味にとれない言葉を使わないと。
    例えば「すごいねぇ」とか「立派だねぇ」とか。

    まぁ、その選択ができないから今の状態なのでしょうから、やはり、単語での表現は避けたほうがよいですね。
    別のレスに書きましたが、文章で発言するようにしましょう。

    ユーザーID:1363864740

  • 雄弁は銀なり、沈黙は金なり

    トピ主さんの具体例「強いね」を読みました。そのシチュエーションで「強いね」は無いわぁ〜。
    わずか1つの具体例からの推測で恐縮ですが、恐らく「シチュエーションに不適切な言葉を選択して発している」ことが多々あるのだと思います。

    言葉の選び方は語彙量に左右されます。さらに、もう1つの要素として「環境」にも左右されます。
    トピ主さんはご家族や親族からも毒舌キャラとかツッコミが厳しいと言われますか?
    おそらく、親御さんや兄弟・親戚など身近な人々が「不適切な表現」を当たり前に使っていて、トピ主さんにもそれが当たり前になっているのでしょう。

    読書等の「語彙を増やす」努力だけだと、結局は増えた語彙の中からまた不適切な言葉を選び続けるだけですよ。
    意識して「言葉の選び方」を変えていかなければなりません。

    まずは沈黙しましょう。「話そう!」とするのをやめましょう。雄弁じゃなくても大丈夫ですよ。
    人は話を聞いてくれる人が好きなので、友人達と会っている時には積極的に発言しようとするのはやめて、ひたすら聞き役になりましょう。
    人の話を聞くことで、「適切な表現」が学べます。

    ユーザーID:7499555309

  • あ〜、なるほどね…

    2度目です。

    >1人の友人が、子供の躾のために、感情に流されずに一つのルールを徹底していることについて、私は友人に対して、「強いね」と使いました。
    これは精神的に強くて素晴らしい、私も見習いたいという意味で使いました。

    イヤ、残念ながらトピ主さんの真意は伝わりません。

    下手をすれば隠された意味(皮肉的)があると勘繰られかねません。

    よって、毒舌キャラが出来上がります。

    現に補足の説明をした時点でやっと相手に真意が伝わっているという現状。


    >また、何名かの方がおっしゃっていたように、言葉を発する際に私は少し焦っている部分があります。
    頭の回転が早くポンポンと会話のキャッチボールをしあう友人の中で、私も何とかついていこうと頑張っているためです。

    ん〜、つまり、明らかに無理な背伸びをしているからこそ失敗すんですよ。

    頑張っている事は否定しませんが、頑張っているところがズレているかと…。


    もっと肩の力を抜いてリラックスしたほうがよろしいかと…。

    ユーザーID:1338911133

  • 頭は悪くないと思うよ

    地頭と言う単語を使っているぐらいだから、頭は悪くないと思う。
    本当に頭が悪い人は地頭は使いません。「自分(私)は頭が悪い」って感じです

    女性同士の会話では、小中学生レベルで話しをした方が盛り上がります。
    大学レベルで話しをすると、この人何言っているの?ってハテナマークだらけ出になると思います。

    昔あるドラマ?何かのテレビで言っていました。話しをする時は相手が小学生でもわかるように話しましょうと言っていました。
    難しい単語を使ったら、相手は意味が通じなかったりしますよ。

    私も仕事上人に物を教えたりしますが、相手は初心者、経験者だろうと皆小学生に物を教えると思って教えてたりします。そうするとの見込みが早かったりします。
    後はその人が続くか続かないかはその人次第って所ですが、レベルを下げた言い方をしたほうがとっつきやすいみたいですよ。

    後注意する点は単語ではなく言うなら文章でって感じだと思うな

    ユーザーID:8370098618

  • 微妙・・

    確かに「強いね」は微妙ですね。

    >私は友人に対して、「強いね」と使いました。
    これは精神的に強くて素晴らしい、私も見習いたいという意味で使いました。

    最後まで「○○ちゃん強いね。私も見習いたいわ〜」っていったら?
    なぜ「強いね」で止める?
    トピ主さんは言葉が足りないんじゃないですかね?
    単語だけでポツリと言うから。
    自分で「こういう意味で言ったつもりでした・・」って書いてるけど、それを初めから言葉にして長くしゃべるようにしたら?

    それに「強いね」も「偉いね」も、なんか上から目線の印象受けますよね。
    上の立場の人が評価してあげてる〜みたいな。
    それで毒舌キャラというか、上から目線女の発言みたいに取られてるんじゃ?

    「偉いね〜。私だったらなかなか出来ないもん〜」っていうのと、
    「あなたは○○していて本当に偉いね」って冷静に評価するのと印象違いますよね。前者はただの感想・後者は友達を分析してる感じ。
    (あなた)って呼ぶこと自体もなんか偉そうな感じだし。
    (あなた)って他人行儀すぎない?砕けた関係が築けてない、他人行儀過ぎるから発言が浮くだけでは?

    ユーザーID:2352140653

  • 地域性もあるのではないかな

    トピさん、転勤して今の土地にきてからのことなのでしょう?
    そう受け取られるという地域性もあるのではないですか?

    私は結婚を機に東北出身で関西にきました。
    私の東北の地元の場合なのですが、けっこう身内をけなすように喋ります
    (謙虚に自虐的に身内ネタを話す)
    これを今の住んでいる土地でやると、
    「そんなに悪口言わなくてもいいんやで」と励まされます。
    (いやいやそんなつもりで言ったんじゃないんだけどな)

    自分の喋りに対して結婚するまで言われたこともなかったことや聞き手の反応が違うことにとても驚きました。
    それから東北人は苦労したことを「苦労しました」という表情で喋りますが、
    関西人は苦労話をあえて明るく喋ります。この違いにも驚きました。

    つまり、土地が違うからトピさんへの反応が違うのですよ。
    これはしょうがないです。
    トピさんはあまり喋らないで聞き上手になってはどうでしょうかね。

    ユーザーID:5114220396

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧