桜、好きですか?

レス30
(トピ主3
お気に入り19

生活・身近な話題

花見は好きです

今年もお花見の季節がやってきましたね。皆さんは、桜の花お好きですか?
私は、この時期どうも憂鬱になってしまうのです。

「桜の樹の下には屍体が埋まっている(by梶井基次郎)」からです。
これを読んでしまったら、あまりのリアルさに桜を直視できません。
ひたすら、飲む・食べるに集中します。

一斉に咲き誇り、わずか数日で散ってしまう。
あの妖艶なまでの美しさは、通常の土塊に含まれる養分だけでは成立しないはず…。
はぁ〜。早く葉桜になってくれよ〜。樹木だけなら意識せずに済むから。

ユーザーID:1233706485

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私はあの短編で

    好きになりましたけどね…。
    それまではただ綺麗なだけで、諸行無常の象徴みたいに言われてもピンとこなかったんですけど。
    でも妙な狂おしさはいつも感じていて、その理由がやっと納得行ったというわけです。
    いや、実際埋まってないのはわかってますけど(笑)

    素直にいいものだと思えて好きな桜は、山桜ですね。
    葉っぱと一緒に出て来て色も落ち着いていますし、無理なく寄り添える気がしてほっとします。

    ユーザーID:0382737604

  • くだらない

    花の問題ではないでしょう?
    春の美しさや楽しみを味わえないとは、お気の毒です。
    きっと、他のことにもナーバスになって、人生を楽しめてない方のようですね。
    それではやっぱり損なので、考え方を切り替えた方が、気持ちがラクですよ。
    仮想と現実をゴッチャにしてはいけません。

    ユーザーID:1971097414

  • 毛虫がすごいのがちょっと…

    桜、綺麗だと思います。
    基本的には好きですね。
    花見は毎年必ず行きます。

    でも、毛虫がすごいので、自宅近くには要らない木ですね〜(苦笑)
    実家から最寄り駅に向かう途中が桜並木でとても綺麗ですが、毛虫の潰れたのもいっぱいで、地面は酷い有り様です(涙)

    桜は遠くで愛でるものかな〜

    ユーザーID:7467959640

  • 何言ってんだか

    お花見は好きなんでしょ。

    ユーザーID:9565663649

  • 嫌いじゃないけど

    不安です 、苦手になったなぁと毎年思います。
    理由は 二年続けて 大切な家族を亡くしました 。帰郷する列車の窓から見えた風景が 偶然にも丁度満開にさいたばかりの綺麗な桜景色 と 哀しいばかりに 辛い現実
    桜の季節は出会いと別れの多い季節ですが私は何かまた失いものをするんじゃないかと注意を張る季節になってしまっています。
    あぁ また この季節か桜か

    帰郷する際の心情が未だに重なり 今年も咲いても尚 何事も無かったように 通りすがります

    ユーザーID:9382432613

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 無意識の自己防衛

    桜の花粉には興奮を誘発するエフェドリンという物質が含まれているそうなので、トピ主さんの桜の花に対する拒否反応は、案外エンドルフィンの効果に対する自己防衛本能みたいなものが働いているのかも。

    梶井基次郎というと、私も彼のせいで一時期レモンを見るのが嫌いになりました。
    短編「檸檬」の中で、作者はレモンを持って歩いていますが、実際に普段からよくレモンを買っては、さんざん手の中で弄んで手あかにまみれたそれを、知人に土産だと言って手渡して嫌がられていたそうです。
    今でもレモンを見ると、「手あかにまみれた…」のくだりを思い出して、どことなくイヤ〜な気分になります。

    ユーザーID:9615926450

  • 好きじゃないです

    別に変なものが埋まってるとかそういうのではないのですが…

    全体的にさらっと見たり、落ちてる花弁はいいのですが
    木に咲いてる花を凝視すると
    花の中心のめしべかおしべか分かりませんが
    そういうのが全部ブツブツに見えて気持ち悪いです。

    ユーザーID:7673524837

  • 嫌いでした

    あの力いっぱい咲く感じが苦手でした。
    主さんの言うように、一斉に咲き誇りわずか数日で散るところが。

    「こんなに一生懸命やればこんな結果が示せるのだぞ!」と見せつけられているようで。
    なんだか、疲れる花だなーと。

    いつになったら、素直な気持ちで桜を見上げる日が来るのだろうと思いながら10年ほど過ごしました。
    人間関係も家族もうまくいってなかった。

    その後結婚し、子どもが生まれて、ようやく普通の気持ちで桜を見ることができました。
    こういう日がきたんだ、と感無量です。

    ユーザーID:9637426932

  • ありかな?

    >あの妖艶なまでの美しさは、通常の土塊に含まれる養分だけでは成立しないはず…。

    ・ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ(西行)

    末法思想に支配されていた平安末だからでしょうか。

    >はぁ〜。早く葉桜になってくれよ〜。樹木だけなら意識せずに済むから。

    戦国武将などは、散るイメージを嫌って、葉桜見物を楽しんだようですね。

    でも、時代が落ち着いて来ると

    >一斉に咲き誇り、わずか数日で散ってしまう。

    ・風誘う 花よりもなお 我はまた 春の名残を いかにとやせん(浅野内匠頭)

    と、感傷的な捉え方をするようになったり

    ・敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花(本居宣長)

    と自意識と結びついたりする、その流れが、今日まで続いているのでしょうか。

    でも、そうでもない時代もあった訳ですから

    >私は、この時期どうも憂鬱になってしまうのです

    も、ありかな? と思います。

    ユーザーID:4069225029

  • ひとつひとつ

    ひとつひとつ見たら他愛ない小さな花ですよね。
    そんな小さな花が一斉に咲いた時に生まれる圧倒的な美しさになぜか惹かれます。
    満開の桜の木の下で…空と太陽を見あげたら、幸せを感じませんか?

    ユーザーID:7832826295

  • 毒喰らはば皿までも

    梶井基次郎、お読みになりましたか。
    いっそのこと、坂口安吾の「桜の森の満開の下」もお読みになってくださいな。
    萩原朔太郎の「憂鬱なる桜」も。
    夢枕獏の「桧垣」も。

    全部読んだ上で、私は桜、好きですよ。
    人気の無いところで、静かな昼下がり、一人でお花見したいです。

    ユーザーID:0638438318

  • 妄想家ですねぇ〜

    それはさぞかし、毎年養分の調達が大変でしょうな…

    ユーザーID:3768815423

  • 散り際の潔さに

    死をイメージする人はいそうですね。
    私は、桜に輪廻転生を感じます。嫌いじゃないです。
    梶井基次郎の文章を青空文庫で読んでみたけど、初めて読んだときの年齢にもよるかもですね。相当、強烈だったんですね。

    ユーザーID:6831288284

  • 感受性の豊かな方なのですね

    いやー、私なんて田舎育ちなものですから、色々あっても「はいはい堆肥堆肥」ってな感じで、それを読んだ時もあんまりリアルに感じなかったというか…生で入れたら虫とか病気とか根腐れするだろとか…そんなんより良い肥料があるのにとか…まあ、ゴニョゴニョ…

    桜に執着する日本人の精神性は凄く好きです。だからこそあんなに美しく咲き誇っているのだと思います。愛するが故にメンテナンスもしっかりやりますしね。

    憂鬱になるというのもまた、季節を感じるという意味では良い事なのではないかと思います。
    だって桜の咲いている期間なんて瞬く間ですものね。
    一年に一度。少しくらいセンチメンタルに浸るのもよろしいかと。

    ユーザーID:0347518240

  • 全部クローン

    ソメイヨシノは、全部クローンだそうですね。人工的に増やしていて、DNAが全部一緒。

    上野公園の満開の桜のしたで、ふと、全く同じ顔の人間がズラーっと木にぶら下がっているのを想像し、、、、て以来、
    なんだか以前のようにただ美しいとは思えなくなりました。

    ユーザーID:1189172254

  • レスします

    菜の花とか秋の紅葉は好きなのですが、葉っぱが無い黒褐色の木に咲き乱れる桜には
    美しいと言うよりも、何処かアンバランスな感じがして不安感を覚えます。

    変人と認定されるのが嫌なので、口には出しませんが…

    ユーザーID:4187325739

  • ありがとうございます。

    レスありがとうございます。トピ主です。
    決して「春の美しさや楽しみを味わえない」わけではないんですよ〜。
    様々なものが芽吹く季節として、春は好きですし、花見自体も好きなんです。
    でも、木瓜の花様やn様のするどい御指摘で、少し心の整理ができた気がします。

    ホワイトクロウ様の「力いっぱい咲く感じが苦手」に共感します。
    桜というよりソメイヨシノの大群に対して、そう思うのかもしれません。
    すず様の「山桜」確かに良いですね。

    あきゅ様、お辛い経験と重なってしまったのですね。
    心穏やかに桜を眺めることのできる日が、いつか来ますように。

    皆さまレスありがとうございました。
    おかげ様で今後、桜に対する見方が違ってきそうです。

    ユーザーID:1233706485

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。

    (笑)うわ〜っ、守様、毒食らはば皿まで…ですか。
    そうですか、梶井桜をお読みになった上で好きだという方、結構いらっしゃるのですね。

    私の読み方がうわっつらだっただけかも知れません。
    桜にまつわる作品、もっと読んでみたくなりました。
    日本人にこれほどまでも愛されている花ですから、きっと、それだけの理由があるはずですよね。

    ユーザーID:1233706485

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。

    いや〜皆さんの想像の世界、私なんぞを超越してます。
    まか様「養分の調達」とか、プリムラ様「生で入れたら根腐れ」って…ホラーですね。
    「同じ顔の人間がズラーっと木にぶら下がって…」に至っては、コピペ様、もう突抜けすぎてる。

    匿名様、私にとって梶井基次郎は
    国語の教科書に載っていた著名な作家の一人でした。(現在はどうなのかわかりませんが)
    10代の頃に読んだ文章は、何かをくっきりと心に残すものですね。

    ユーザーID:1233706485

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 数年前

    大きな病気をしました。年度末をはさんでの1か月あまりの入院生活でした。
    ようやく外出を許されて、病棟の外に出た日、青空に映える満開の桜を見て、ああ私生きてる…と。
    あの時、生まれて初めて桜を美しいと感じました。
    以来、春が来て桜を見る度に、元気に生きてることに感謝しています。

    が、あまりにも一生懸命に咲く桜は、眺めてると疲れますね。そして、花見に来て桜を眺めるでなく酔っ払って騒いでる連中が嫌いです。

    ユーザーID:8429089964

  • 国語の教科書でこんな話を読んだ記憶が

    エッセイだったのか何だったのかは忘れたのですが・・・

    主人公の女性は、幼いころ海外に住んでいて、その時に見た桜の色がかなり赤い色だったそうです。
    それで日本に帰国したときに、父親から「日本の桜もきれいだ」とか言われてて楽しみにしていたら、色が白いというか青冷めた色をしていて散った花びらが紙屑のように感じて桜が嫌いになったとか。

    でも大人になって父親が亡くなった後、桜を改めてみると、その散る様が何とも言えなく、父親が言っていた日本の桜の良さがわかったとか・・・
    (うろ覚えでざっくり過ぎてすみません・・・)

    でも、私はその話を読んで桜が好きになりました。
    タイトルも作者も忘れてしまいましたが、思い出したらレスしますね。

    ユーザーID:0894817678

  • 桜に罪は無い

    ふふ…
    そうですか…
    みなさん、桜の咲く様にいろいろイメージをつけて苦手なんですね?
    桃でもチューリップでもカスミソウでもなく、桜。
    良くも悪くも、桜って日本人にとって特別なんですね。
    でも、トピ主さん、桜にはなんの罪も無いんです。そんなに嫌がらないであげて。

    ユーザーID:6517796126

  • 私も苦手でした

    別れや旅立ちの季節と重なるせいか、そこに立ち止まってることが許されないような
    前向きでいることを強要されるような、そんな気分になるからです。

    あと、これは後付けですが「桜が苦手」とうっかり漏らすと、
    ここのレスのいくつかにあるようにへそ曲がり扱いされるのも
    ますます好きになれない理由のひとつでしたね。

    でもここ数年で苦手じゃなくなりました。きれいだと思うことも多いです。

    たぶん、いい思い出の中に桜がある景色が増えたんだと思います。
    夫のおかげかな。

    ユーザーID:9436906950

  • 大すきですよ

     可愛らしいピンクの花びら、散り行くときの美しさ、ちりぬれば〜って感じではありますが、大すきです。死体が埋まっていたとしても、その気持ちは変わらないかもしれませんねぇ。食べるわけじゃないですし。いや、桜餡も好きですが。

     妖艶なまでの〜とか言っているあたり、たえて桜のなかりせば春の心ののどけからましって感じですね。

    ユーザーID:3516379929

  • 桜と言えば滝廉太郎「花」・・

    トピ主さん、「こんにちは」、

    高校生の頃、友と滝廉太郎「花」を歌いました。
    桜の花の淡いピンク・爽やかな風・穏やか陽と
    静かに流れる川・碧い空を想像しながら・・
    あのメロデ‐を、この時期には自然と
    口ずさんでいます。
    格調高い詩と流れるようなメロデ‐の、
    べストマッチの曲です。


    私の住む地は春の訪れが遅いのに加え、
    時々とんでもない気象状況になる事も・・
    桜の花が満開なのに、20cmも雪が降った事がありました。

    私は、車を走らせ山道を登ってゆく途中に咲いている
    山桜が好きです。
    何処までも続く碧い空と桜のピンクと、遠くに見える山々の残雪
    春の訪れを実感するひと時です。

    子どもが小中学生の頃、桜咲く山道を、家族でサイクリングした事が、
    良い思い出になっています。

    皆様の桜の思い出も、感慨を持って読ませていただきました。
    トピ主様、良いトピを立てて頂き、ありがとうございました。

    ユーザーID:5939970312

  • 好きだけど

    50歳代の既婚者で此方は四国です。
    ソメイヨシノも山桜も好きです。

    ただ、桜の季節って卒業シーズンと重なったりするので少しセンチメンタルな気分になりますね。
    夫の祖母(義父の実母)を葬儀場で見送ったのも桜の季節で、
    満開の桜が散るが本望とばかりに風に舞ってた思い出とも重なるから。

    人との別れと桜の季節とが重なって思い出になってるので、
    どちらかと言えば静かに桜を愛でる、そんな感じですね。

    ユーザーID:4735570831

  • 桜は大好き

    姫路城の桜を観て育ちました。昔も今も変わらず、姫路城の周りの満開の桜を見るたび、ああ、この町に産まれて良かったと思うのです。梶井さんは、何を言われたのか解りませんが、私は、何も知りたくないです。
    (実際、このトピ開いて少し、現実的な発言があり悲しくなりました)確かに、散りいく様は悲しいですが、それでも毎年、お城の周りに威風堂々と咲きほこるのです。
    あまり難しい事は解りませんが、また新しい春が来たよ、こんにちは!と思う私は単純でしょうか?

    ユーザーID:8418391834

  • わかるような気もする。

    なんか想像して気持ち悪くなることありますよね。

    私はトピ主さんのとは全然違いますが、桜は遠目に見るのは好きですが真近はどうも…
    どうしてかと言うと
    昔、我が家の庭に桜の木があったんです。
    当初は子供ながらにきれいだな〜と思いましたが、桜って虫がすごい!!!
    或るとき、桜から数メートル離れた室内で虫が葉っぱを食むわしわしと言うような音を聞いてぞわっ!!!
    桜からボトボト音を立てて落ちてくる虫にもぞわぞわっ!!

    それ以降、桜=虫のイメージがどうも抜けなくて…

    あと、桜と言うとどうしてみんなバーベキュー(焼肉?)したがるんでしょう?
    昨日、一昨日と桜の名所を通りがかりましたら、いたるところでもうもうと白く煙っていて興ざめだし、なにより臭いっ!!!

    なんで桜の下でそこまでして飲み食いしたいのか理解できません。

    自然の中で咲いていて、散りゆく桜が降るように舞っているのはとても美しく、虫の事も忘れられるくらいですが、花見を口実の野宴は嫌いです。

    桜だけを珍重する心理もあまり理解できません。

    梅、桃、藤…美しい花はほかにもいっぱいあるのにな。

    ユーザーID:2565910762

  • ハイ!大好きです!!

    一見枯れ木から、ぽつぽつと出てきた固いつぼみから一気に開花。なんと幸せに満たされるのでしょうか。

    もちろん花の1輪1輪が可憐でかわいいし。なんといっても花びらの1枚1枚の切れ込みが桜の魅力。

    ソメイヨシノもおなじみだけれど、中でも山桜の赤みを帯びた新芽や、大島桜の緑の新芽に白っぽい大振りな花は、これぞ桜!という感じで大好きです。もちろん遅れて咲く、濃淡の桃色の八重桜のゴージャスさも圧巻です。

    特に一重の桜が満開時、遠景で見る決して真っ白ではないほのかな薄紅色。そんなひと時もあっという間に過ぎてしまいますね。

    葉桜の時期も本当にごくわずかですね。じきに毛虫が木の上で我が物顔ですから、晩春から夏の間もうっかり下を通れませんが、秋の紅葉が見られたらきれいですね。

    ユーザーID:8192373036

  • 嫌いじゃないけれど…

    私の母を含めた親族の何人かが、桜の季節に逝っています。桜の花を観ると思い出すので、切ないです。

    ユーザーID:8826452607

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧