リタイアしたアメリカ人男性との結婚

レス37
(トピ主8
お気に入り103

恋愛・結婚・離婚

patriot

私:日本人       46歳・離婚歴有・子供無・西海岸 大都市在住。

彼:ドイツ系アメリカ人 69歳・離婚歴有・独立結婚した息子2人、孫2人、アメリカ中部在住、1人暮らし、リタイア生活、元政府機関勤務、Pension $42,000/year(年2%ずつ増える)、
            持ち家有、Debt無、Savings $150,000、
            毎月のPensionは 全部自分と私の為に使い切っており、貯金は20年以上していないそうです。 
            自分のPensionや Medical Insuranceが、一般のアメリカ人の元会社員よりもかなり恵まれており安定している事に安心しきっているようです。


月のうち半分は 彼のいる州で、主にハイキングtrailや 天候によってスポーツジムでエクササイズ、家で料理をし一緒に食事、おしゃべり、映画鑑賞、週末に温泉などに小旅行などして過ごしています。
昨年秋から 熱心に妻になって欲しいとプロポーズしてくれています。

もし結婚して彼の州へ住むとしたら、私は働きません。
今は、アメリカでの良い健康保険と日本での健康保険、両方を持っています。
彼は、平均よりはかなり健康で鍛えられているとはいえ、やはり彼の年齢と 結婚後の私自身のアメリカでの健康保険を考えると決断できかねています。

実際を良くご存知の方、経験有る方、どうかアドバイスくださいませ。
足りない情報がありましたら追記いたしますので どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:3678302434

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 日本人なら

    69歳では結婚しようとは考えないですね。時々、一緒にいるだけで十分じゃないですか。

    ユーザーID:6102034777

  • まずは、おめでとうございます!

    主様が、現在46歳で、お相手の方が69歳ということで、ご年齢の差と保険がご心配なのでしょうか?

    今69歳といわれても、皆さんお若いですよね?
    80歳以上でも、昔とお変わりない方など。

    現役でご活躍されておられる日本人の方々も素敵ですね。
    まぁ、お年寄りではないですよね?

    アメリカと日本でも大手健康保険などに加入されているなら問題ないですよ。
    どこの病院でも。

    でも、変な話、40歳以上でも、健康害することありますし、一概に、どちらが先になるかわからない現実。

    お気持ちは分かります。

    家は、歳の差が5才ですが、心配ですもの。

    でも、しっかりその時を考えられ、備えられて、何かあったときの手順は今から考えておいていいと思いますよ。我が家もそうです。

    貯金は20年以上していないとの事。

    こちらを、きちんと今からでもされるといいですよ。

    主様の貯蓄額で投資も考えられますし、お相手の方もシニアでのお仕事あるかもしれませんし。

    でもご結婚の判断は、是非慎重になさってくださいませ。

    ユーザーID:8971858664

  • 介護要員にならないように

    彼の優しさやスペックが、介護を引き受けてもいいと思うならばありでしょう、
    ただ昨年あたりから熱心にプロポーズされる、というのはひっかかりますね、
    年令からくる体力の衰えをひそかに憂慮している可能性があります、
    そこに引っかからないように、今のままでいいのではありませんか、
    結婚したいですか?。

    ユーザーID:3618785012

  • コレ!?

    #1 「ネー、見て、見て症候群」、五段階の今四当たり。 可なり重症。 注・ 普通は此の様な事は表沙汰にしない。  聞きたい事等実際には無い。 「アタシったらこう言う境遇にあるの、、」   を(日本の)世間様に知ってもらいたいの、、、。 単なる見せびらかし。

    #2 なにはともあれ、お相手は白人。 「どう!?」 「アンタ達も羨ましいでしょ!」。 注・ 他人種ならどうでも良い事で態々披瀝する必要も無い事項。

    #3 カレシに離婚暦有り、となると、SSその他の恩典は先妻に渡る可能性もある。 裁判所が決める。 其れ迄は例え契約書があったとしても絵に描いた餅。  

    #4 小町当たりに相談、と言う事は可なり生活に行き詰っている。 他に相談する人いないの? 普通は弁護士さんに聞きに行くと思うのだけど、、、。 #1が頭に浮かぶ。 

    #5 何れにしても、こんな所で油を売って憚らないのは彼との関係もそれほど重要では無い証。

    #6 連邦・州の所得税は敢えて伏せている。 どうして?  意図的?  

    お幸せに!

    ユーザーID:2633107267

  • 応援レス

    経験者ではありませんが応援したくてレスします。お相手の方の年齢が70近いという
    事で介護要因との意見も出てきそうですが、私はお二人が一緒にいたいなら結婚する
    のもありだと思います。ただ、問題点をクリアにしておくべきですよね。

    アメリカでの保険というのは、働いている会社が用意してくれているものですか?
    (トピには仕事しているか書かれていませんが、しているはず、という前提で)
    結婚したらお相手の保険に入ればいいですが、もし離婚する事になったら保険どころか
    どのように収入を得て生きていくのかプランはありますか?

    最悪の事態(離婚とお相手の方が亡くなった後の事)をどう回避するのか
    書いていただけたら、皆さんの意見も変わってくると思います。

    ユーザーID:7949748648

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 悪くない話

    何度か似たような話を耳にしたことがありますし、実際に2人ほどそのような結婚をされた方を知っていますが悪い話ではありませんよ。

    1.彼を抜きにしてアメリカ(中部)が好きか?
    2.彼の住んでいる場所はどんなか?(私の認識では西海岸と中部の雰囲気はかなり違います)
    3.打ち込める趣味や仕事があるか?まだお若いので先は長いです。
    4.介護などはOKか?
    5.彼の御親族とは仲良くやっていけそうか?

    日本と比べ家族の在り方が多様な国ですから、こんな生活もOKだと思います。
    彼が好きなら、そしてそんな彼がいなくなっても楽しく生活できそうだったら悪くない話だと思います。大学に行ってもいいしね。

    ユーザーID:7052339855

  • 結婚するなら西海岸

    まず、親の代を見ていて思うのはかなり元気な人達でも70代の前半で一気に老けてゆく人が多いです。 今元気でも、数年後にはいわゆる「お年寄り」になってしまうかも。
    介護をしてあげたいとまで思うなら結婚しても良いのでは。

    ただし、結婚するなら私なら自分の住んでいる町で仕事を続けます。
    子供や孫に会う機会が減ってもトピ主さんと一緒になりたいと言ってくれるかどうかも判断基準かも。

    夫が亡くなった後、妻がどれだけの恩給と健康保険を引き継げるのかも是非確認しておきましょう。

    ユーザーID:0352439228

  • 今のままでもいいような

    トピ主さんは結婚したいと思ってるんでしょうか?
    月の半分を一緒に過ごしているそうですが、後の半分は働いているのですか?
    自分のアメリカの保険はどういう風に加入しているんでしょうか?結婚したら彼の方の保険に入ることになるんですよね?

    私の回りにも年の差カップルは結構います。20歳以上離れている方も数人知っています。ただ、皆もう少し若い時に結婚したようですが。70歳というのは、ちょっと躊躇しますよね。介護と彼が先に亡くなる確率の方が高いでしょうから、その後のご自分の生活、老後のことまで考えておいた方がいいと思います。
    持ち家はいいですが、貯金が少し少ないですよね。トピ主さんが自分の生活に困らない収入があれば別ですが、彼亡き後も大丈夫ですか?

    お二人の関係を知らないので、愛情があれば結婚したらいいとは思いますが、客観的に見ると、もうあと10歳若ければ、貯金がもう一桁多ければ、と思います。

    ユーザーID:2265509175

  • 難しい選択ですね

    私も在米・永住で働いています。トピ主さんが迷われる理由がわかります。私の場合も夫(米国籍)が10歳近く年上なので、もしもの場合は、私は日本に帰ろうと思っています(米国の介護施設などに入る気がしないので)。

    トピ主さんがおっしゃる通り、保険のことと彼氏さんの年齢(および貯金の額が比較的少ないこと)が気になりますね。でも、トピ主さんにある程度の貯金があり、トピ主さんがもし大病をされた場合は日本で治療すると決めれば、そんなに心配することもないのではないでしょうか。(結婚した場合は、生活費などすべては彼氏さんが出してくれるのですよね?)

    どのように選択してもトピ主さんならきっとしっかりやっていかれると思いますが(トピ文を読んだ印象です)、ポイントは「人生の最期で後悔しないか」そして「トピ主さんがたとえ彼が介護が必要になっても、愛情を持って最後まで看取れるか(米国ではもちろんナーシングホームに入るのが普通ですが)」という点だと思います。お幸せになられるよう祈っています。

    最期に(ヨコですが)、久太郎さん、私にはあなたの投稿はまったく的外れで、トピ主を傷つける意図しか見えません。不愉快です。

    ユーザーID:1846595944

  • 比例配分に注意

    >もし結婚して彼の州へ住むとしたら、私は働きません。
    >今は、アメリカでの良い健康保険と日本での健康保険、両方を持っています。

    トピ主さん自身の「アメリカでの良い健康保険」は仕事をやめた時点で失うことになりませんか?
    結婚した時点でご現婚約者さんの健康保険におんぶに抱っこになります。

    またトピ主さん自身のSS年金はまたトピ主さん自身の生涯の払い込み額に依存してきますので
    軽々しく仕事をやめる事はお勧めできません。

    トピ主さん自身に一人で仕事をしなくても老後を心配しなくて良いぐらいの資産がない限り、
    現婚約者さんとの死に別れ、あるいは離婚の際にはトピ主さんの健康保険、経済環境が激変して
    惨憺たる状況になる可能性が少なからずあります。

    なぜなら、年金の配分、遺産、それから健康保険の適用範囲が、前妻さんと
    トピ主さんに婚姻年数によって比例配分される可能性が高いからです。

    あ、遅れましたが、ご結婚おめでとう御座います。

    ユーザーID:2448788723

  • リタイアさんが動けば好し

    なぜ、リタイアしていて、お金、時間、保険、すべての面で自由の効く彼が、主さんのところへ来る、という選択肢が無いのでしょう?
    それなら、主さんが仕事をやめる必要も無いわけだし。。。なんかへんです。。。

    ユーザーID:2647854763

  • トピ主さんは離婚しているとのこと元御主人はアメリカ人でしたか

    1 もし結婚すれば元御主人からの慰謝料支払いはストップします。それからあなたが独身ならば元御主人からのSSも受け取れますが。いくら受け取れるか計算してみましたか?

    2 彼の年金が$42,000 ということですがこれは税込みですね。アメリカの税金が高いのはご存知ですね。それから各種保険(車、家、医療、不動産税)を支払うと生活がギリギリだと思います。20年間貯蓄をしていなかったのではなく、出来なかったのでしょう。あなたは1年に1回の日本への里帰りもできない金額です。

    3 貯蓄額が$150,000 は病気手術をしたら高額治療費で半分くらいは消えてしまう額。家を売るという方法もありますが、安心できる金額ではありません。癌などの疾病も避けて通れない人生です、ホスピス入院代1泊$5,000 のアメリカです。

    4 結婚してもあなたが働かないとかなり生活が厳しくなりますから、働くことを条件に結婚された方がいい思います。

    5 年齢的なことを考えて彼の方が先に亡くなる可能性が大です。遺言を作成してもらうことも結婚の条件です。

    6 経済的なことよりお二人で一緒にいて幸せなら結婚もいいことですね。

    ユーザーID:6903434467

  • 私の主人も米国の国家公務員ですが

    結婚する前に私だったら以下の確認をします。

    1)まず$42,000のPensionですが、彼の死後どうなるのか? 通常は支給開始の段階(退職時)に配偶者がいる場合、本人死亡後、配偶者に継続して何割支給されるか、ゼロになるか、などの選択をします。現時点で結婚した場合、その変更が出来るのか、それは私も知りません。ただし変更可能であった場合、支給額は減ると思います。

    2)また彼の死後の話になりますが、健康保険は政府下のものを継続できるのか。トピ主さんは若いので自分のMedicare開始年齢まで時間がありすぎます。

    3)持ち家や貯金などの相続人は誰になっているのか? 財産は後妻でなく自分の子供ということ多いですよ。そうなると家も子供の権利になるので追い出されます。

    米国には長年住んでいますが、こちらの男性は「介護目的」で結婚するのは余り無いと思います。純粋にトピ主さんと余生を送りたいと今の時点で(→これがキーワード)思っているからプロポーズされたのでしょう。 外国での貧乏はきついです。経済面でちゃんと準備が出来ていて、彼が好きならば、私は良いと思いますよ。

    ユーザーID:9438238145

  • 保険のことは心配無し

    保険は、オバマケアーで買えばよい事で、心配ないとおもいますが、他の事の方が引っ掛かりました。まずペンションの他に年金ももらっているはず。でも、どちらの収入も、奥様の名前が書いてないと、死亡後、受け取れません。年金は、州により法律が異なりますが、確か、7年か15年か同居してないと半額もらえなかった様な。。うろ覚えですが調べられます。ペンションも調べて見ないと判りません。家も夫になるべき人の名義ですと、遺言に書いてあれば大丈夫でしょうが、ゴタゴタになる可能性もあり、です。ので、其の年でしたら、相手の方が、自分の死後、あなたの収入をどう保証するのか、提出してもらった方が安全です。でないと無料住み込み看護士になりますよ。個人意見としては、今の付き合いを続けて、看護は避けたら??彼、良い施設に入れる収入ありますから。後、その州法も調べておく事です。遺言がないと没収する州もあるそうですから。

    ユーザーID:7318564249

  • 1 トピ主です 

    2014年4月5日 9:32 Y 様まで拝見いたしました。レスを下さり本当にありがとうございます。

    再婚願望は全くありませんでした。 
    私の父親が74歳ということもあってか、彼と出会うまでは、そんなに年齢差の有る男性との恋愛など想像できませんでしたが、人の気持ちは分からないものですね。
    今は たとえ結婚しなくとも、どちらかがこの世を去るまでずっと一緒にいたいと思っています。
    ”結婚”という形にこだわっているのは彼の方であったりします。

    彼は毎月の貯金は20年以上していませんが、20年間以上の間 Stock Marketでなかなかの儲けをだしているようで、未だに損はしていないそうです。
    no debitsですでに家もある、Savings Account 以外に Stock 分の資産もあるから wealthy ではないけれど、poorではない、2人で生活していける、と言います。 

    >相談係 様、心に寄り添ってくださるようなレスをありがとうございます。

    すみません、長いので続きます。

    ユーザーID:3678302434

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 2 トピ主です 

    再婚願望は全くありませんでしたし、今も”結婚””妻” という形にこだわるのは彼の方だったりします。
    昨年夏に出会いましたので、まだ1年もお付き合いしていませんが、月の内 半分は、時間/日数にしてまさに24時間7日間ずっと一緒に過ごしてきています。
    彼はほぼ毎日、hiking trailを 4.5miles ランニングしており、未だにあちこちのマラソン大会に出場しているので、年齢の響きよりは元気にしていると思います。

    今年70歳ということで、いつ何があるかわからないと考えますが、とはいえ今年46歳の自分だっていつどうなるか分からないとも思います。
    もしも、結婚という形をとらずpermanentlyに一緒に住まなくとも、可能な限りどちらか片方がこの世を去るまでそばにいようとは思っています。

    彼の X-Wifeも現役時代は政府機関で働いていたので、今は十分なPensionと恵まれたMedical Insurance、20年前の彼との離婚の際 得た家とその当時の彼の資産すべてを持っており、
    同じ街に1人で住んでいます。

    ユーザーID:3678302434

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 3 トピ主です

    長くなりすみません。
    アメリカに日本人の友人が1人もおりませんで、アメリカ在住、もしくは長く暮らした経験がある、または状況をよく把握できておられる方のご意見を伺いたく書き込みいたしました。

    私のアメリカでの保険は現在勤めている会社が用意してくれているもので、恵まれたものです。
    もし彼と結婚して彼と同じMedical Insuranceの恩恵を受けるとなると、私は月に $1,000 払わなければなりません。(彼が公式機関で確認済み)
    そして彼の州に移り住んだら、当分、私は働かないつもりですので、オバマケアを視野に入れなくてはならないのかと思っていますが、まだ詳細調査中です。

    >Chikako様 的を得た応援レスをくださりありがとうございます。
    彼は、もし自分に何かあった場合、毎月の彼のPensionの半分と 家と財産は私に渡る、とも言っています。
    考えたくない、聞きたくない話ですが現実的に考えなくてはなりませんね。

    今私が住んでいる州/住んできた都市と 彼の住む州は、おっしゃるとおり全く違いますね。 
    彼抜きでは住むという発想はありませんでした。 

    ユーザーID:3678302434

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 4 トピ主です

     長くなってしまい申し訳ありません。

    秋に1度と、Thanksgiving Day、Christmas は、彼の息子達家族と過ごさせていただきました。
    普段、彼はかなり頻繁に彼ら家族と連絡を取り合っています。
    彼の息子達は、私より少し年下程度で大きく変わりませんが、ごく自然に穏やかに接してくれていると思います。

    私の経歴や職業などから、アメリカで安定した生活をしたい/アメリカ永住目的で、彼とお付き合いしているとは考えていないと彼は言ってくれていますし、私もそれを信じたいです。

    >Y様、具体的に考えねばならない事をあげてのレス、ありがとうございます。

    ユーザーID:3678302434

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 彼に来てもらう方が良い

    結婚するとしたら、彼のいるところに住まなきゃいけないんでしょうか?

    彼はもうリタイアしていて、トピ主さんはまだ働いているなら、彼に来てもらって、トピ主さんは気の済むまで働いた方が良いんじゃないですか?そうすれば保険もそのままだし、収入も失わずに済みます。

    女性の方が普通は長生きですし、日本人が住むなら西海岸の方が絶対に便利でしょう。
    私はサンフランシスコ在住ですが、日系の老人ホームもあるし、日本人のヘルパーさん等もいるし、老後も絶対にここに住み続けます。

    あなたのいるところで、しばらくお試し同棲してみてはいかがでしょうか。
    それでやっていけそうなら結婚しても良いし、くらいの気楽さで一緒に暮らしてみられてはどうでしょう。

    ユーザーID:2489623480

  • >匿名さん

    アメリカでは一般に「有責配偶者=慰謝料」という考え方はありませんから、仰っているのは扶助料(Alimony)のことかと存じます。

    扶助料は経済力のない元配偶者の生活を保障するためのもので、その額と期間は婚姻期間その他のさまざまな要素を勘案して決められますが
    >もし結婚して彼の州へ住むとしたら、私は働きません。
    >今は、アメリカでの良い健康保険と日本での健康保険、両方を持っています。
    と豪語する投稿者が受け取っているかは疑問です。

    その他「pention」の$42KがSS込なのかどうかとか、SSの受給額が少ない(元)配偶者に支給される半額分がどうなるのかとか、詳細な情報がない限り全てGUESSになってしまいます。

    いずれにせよ、投稿者のSSの件は20年以上先の話です。

    貯蓄高の$150Kは中流の中では下の下でしょうね。

    平均的なアメリカ人の寿命からすると、お相手はあと数年で逝く可能性が高いですから、ご自分が50歳ぐらいで夫を亡くしてその後はどうする・どうなるのかをよくお考えになるのが賢明かと存じます。

    ユーザーID:4246640402

  • 数字だけで見た場合

    アメリカ人男性の平均寿命は76歳、日本女性の平均寿命は86歳と聞きました。

    よって数字だけを判断の拠り所とすると、トピ主さんが良い福利厚生の有るお仕事をやめて他州に移住するのは賢明ではないかも知れません。

    なお、65歳以上の結婚相手にMedicare/Medicaidを受ける資格がある場合、トピ主さんは自動的にMedicare/Medicaidを受ける資格が出来るはずですので、オバマケアは結婚の継続中は適用外です。

    ユーザーID:8717395447

  • Financial planner に相談

    州によって法律も税制も違いますし、もし離婚や死別となれば、その後のお金にまつわる分配の制度も異なります。

    ここの皆さんも色々ご存知だとは思いますが、やはり一度ファイナンシャルプランナーに相談して、プロの視点からこの結婚において経済的に注意すべき点を全てリストアップするべきだと思います。気付いてない大切な点なども色々あると思います。

    その上で、結婚にこだわるのか、遠距離でお付き合いすべきか、判断材料が増えるのは良い事です。

    トピ主さんが仕事をしていて、彼がリタイアしてるなら、彼がトピ主さんの地元に越してきた方が合理的だと思います。
    それから、お相手はアメリカ男性の平均寿命も近いので、必ず、必ず、弁護士を雇って遺産に関する prenup を作成する事。大切です。

    仕事を辞めてこっちに来て暮らせ、という選択肢しか提示しないのであれば、ちょっと自己中心的かなと感じます。

    トピ主さんは乗り気のようですので、ベストな形でお幸せになれるよう祈ってます。

    ユーザーID:3320244285

  • 配偶者年金に関して

    「彼は、もし自分に何かあった場合、毎月の彼のPensionの半分と 家と財産は私に渡る、とも言っています。」との事ですが、配偶者年金に年齢制限はないのでしょうか。結婚してすぐ、彼が亡くなったりすれば(ごめんなさい)、46歳でも貰えるのですか。一定の年齢(例えば60歳)まで待たないといけない、等という事はないでしょうか。

    ユーザーID:6693322337

  • 住む場所

    まずオバマケアですが、65才以下だと今まで個人で入っていましたが、
    この1月から60−70%の保険料増加です。
    medicareの年齢になるまで大変です。

    あと西海岸にお住まいのようですが、お相手が中部とのこと。
    ご存知と思いますが、アメリカは地域により生活環境が全く違います。
    ずっと住むとなると、食料事情や有色人種に対する偏見もありますので
    心理的に負担かかる事もありますので。

    どなたかがおっしゃっているようにお相手の方に来ていただいて、住むのが
    ご自身の生活の安定の為にはいいかと思います。

    あと別居結婚も考えられてはどうでしょうか?

    私自身も、自分の仕事の為日本、主人はアメリカで4年くらい別居結婚でした。

    現実的な心配事を淡々と話をされたらいかがでしょう。

    ご縁があれば必ず無理なくスムースな流れになると思います。

    良いご縁でありますように。

    ユーザーID:2352059578

  • やめたほうがいいですよ。

    リタイアした旦那と10歳の息子と、海外で生活しているものです。
    まず最初にトピ主さんには大変失礼ですが、やめたほうがいいですよ。いつか必ず息が詰まる日が来るし、ストレスがたまるようになると思います。

    トピ主さんの彼は家の旦那と違って裕福そうですが、それでもリタイアした旦那と一緒に毎日毎日生活するなんて、それこそ老人ホームで老人といるみたいです。
    家にいるだけで、動きもしない、毎日顔つき合わせるなど・・・・・嫌な面ばかり見えてきますよ。もし働いていたりすれば、輝かしくみえることも毎日リタイアして家にいるだけの男なんて、本当役に立たないだけで他の何者でもありません。
    ただもしトピ主さんが彼が大好きで愛情が沢山あるようでしたら、リタイアして彼でも毎日家にいたとしても、嫌なことは目に入らずにほれた弱みでうまくやっていけると思います。でももしそんなに彼のことを愛していないのであれば、リタイアした人との生活は、お勧めしません。

    本当私の今の経験+リタイアした家の年寄り旦那のことからいわせてもらうと、単なる役立たずのお荷物の老人が家にいるだけです。

    ユーザーID:7368621378

  • よくお考えになった方がいいと思います

    ざっと拝見した第一印象ではアウト、つまりお書きになっている条件で中部の州に引っ越されるのは、ちょっと苦しい気がします。

    ご存知のようにアメリカには、退職金がありません。その代わり年金で、ほぼ仕事をしている時と変わらない収入が確保できます。つまり今とあまり変わらない生活をずっと維持していらした方だと思います。

    ざっと書かれた条件から考えて、20年で家のローンを返し終わっているということは、家そのものの資産価値が都市部とかなりちがう可能性があります。家の価値、また貯蓄以外で運用している資産の概算が必要かなと思います。貯蓄を崩す暮らしにどこまで耐えられるか試算してみる必要があるからです。

    もし、万が一の不幸が起きた場合(こんな書き込み大変失礼します)ペンションの半分という事は、月二千百ドルということになりますが、場合によっては、patriot様が50代でその生活になりかねず、その場合、家の修理代も出ないのではないでしょうか。

    アメリカは国内にかなりの経済格差を抱えている国です。広大な森林をかかえる中部では、経済感覚が日本やアメリカの都市部とはまったく違った「地の人」がたくさんいます。

    ユーザーID:7670155293

  • 発想の転換と住む場所を変えば可能

    逆に、住む場所をpatriot様のお住まいの州に変え、今のお仕事を維持なされば、まったく様相が違ってきます。

    私の周囲で、かなり年の違う結婚でご主人が退職した方(夫70代、妻50代)の場合、ご主人が妻の仕事に従って移動しながら家事を引き受けています。この場合には逆に、家計に基本的な額の不労収入が入り、家事も任せられるので、経済的には保障された形で妻が思い切り働けるため、キャリアが半端ではなく大躍進する下地があります。

    patriot様のお相手の方は、おそらく若い時からずっと同じ町に住んでいて、お子様たちも近居なのだと思います。離婚はしていても、夫婦が一緒にくらしていないだけで、実は「家族」はずっとゆるやかに保たれている状態だと思います。離婚の多いアメリカにはよくあるケースです。引っ越しとなると、それこそお相手のご家族の天変地異になりかねず、それをプラスにとる方が拒絶反応がでる方かで、だいぶ差がでるのではないでしょうか。

    お幸せでありますよう。

    ユーザーID:9211900209

  • 5 トピ主です

    皆様 たくさんのご意見、見解、ご提案など本当にありがとうございます。
    以前も申しました通り、身近に日本人の友人、知人がおりませんので皆様の具体的な事柄の書き込みに本当に心から感謝いたします。

    まず、もし結婚するとなると、 今 私が住んでいる西海岸大都市に彼が住むという選択は考えておりませんで、
    自分が今の仕事を辞めて 彼の住む州に移るという仮定で 検討しているところです。

    彼は 恵まれたリタイアメントシステムの元 52歳でリタイアし この18年間 年に2回の国際旅行、
    それは1年の内 3 、4ヶ月はその旅行先に住むように過ごし趣味である写真を山ほど撮る、 そんな暮らしをしてきたようです。
    平均して1年で 旅行に$ 10,000 以上 使っており、資金は自分の年金と ストックマーケットの儲けからだそうです。
    さんざん旅行しいろいろなものを見てきたので 今後は私と穏やかに暮らしたい、と言います。
    貯蓄は崩さず、彼の年金の範囲で毎月やっていきたいと考えているようで 私のmedical insurance など その範囲でまかなえるかどうか
    検討しているところです。
    続きます。

    ユーザーID:3678302434

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 6 トピ主です

    長くなりすみません。
    私のアメリカ在住履歴は5年未満でして、元夫はアメリカ人ではありません。
    アメリカに来る以前は、ヨーロッパ某国の首都に住んでいました。
    生まれ育ちは 都心部中心地で メトロで何もかも済ませられていた環境にありました。
    ですのでアメリカの今住んでいる西海岸大都市中心部ですら、山も海も近く、車が必須の田舎に感じます。
    彼の住む州は、日本でいうならば それこそ 都心から軽井沢に行くような感覚で
    自分が若かった20代、30代の頃であったなら 自分が仕事を辞め そんな場所に移住の検討などできなかったと思います。

    数字的に さらに 現実的、具体的に シミュレーションしてみたいと思います。

    ユーザーID:3678302434

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 中部の生活、天候などは?

    心配な事は、今トピ主様が住んでいらっしゃる西海岸大都市と中部は全く違う天候、不便な生活になることです。

    私は、夏暑く冬寒い中部生活30年になります。
    が、未だにこの天候には体がついていきません。
    クーラー、ヒーターを使わないのは1年のうちわずか3ヶ月ぐらいです。
    たまに、朝、晩はヒーターで、昼間はクーラーになります。
    特に今年の冬は体感温度がー40度F前後になる日も多かったです。

    それに、西海岸と違ってアジア人は少ないですし、日本行き直行便はないし、日本食食料品店もない都市も多いですよ。

    子供が住んでいるLAに行った時には、まるで日本にいるかの様な気持ちにさせられて、便利な生活を満喫楽しく滞在します。

    でも、私は自分が住んでいる緑の多い公園みたいな中部の生活が好きです。

    ユーザーID:0047075803

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧