お金を使うことが怖い

レス21
(トピ主1
お気に入り78

生活・身近な話題

びんぼうしょー

20代の専業主婦です。
昨年結婚してすぐに夫の海外赴任が決まり、アメリカで生活しています。

今自分の収入がない状況で夫の収入に頼って生きていくのがすごく後ろめたいというか、申し訳ない気持ちです。
昔から「貯金をしなきゃ」という気持ちが強くて、何か楽しいこと(旅行、映画鑑賞、美容院に行く、洋服を買う)にお金を使うことを躊躇う性格なのですが、結婚生活を始めてからその傾向が強くなった気がします。
美容院に行くのが勿体なくて自分で髪の毛を切ったり、日中一人でいるともったいなくてお茶が飲めない(わざわざ買ってきたミネラルウォーターで沸かしているので……)等、なんだか惨めだなと自覚しつつお金を使うことを避けようとしてしまいます。
周りの方が家族で旅行に行かれたり、ランチしに行ったり、ネイルやまつ毛エクステをしていたりするのを見るとすごく羨ましくなります。
正直言うと私もしたい!でもお金のことを考えると怖くなります。

自分で稼いだお金であれば少しは抵抗なく使えるのですが、残念ながら今の英語力ではこちらで仕事に就くことはしばらく難しそうです。

小さい頃父が家に生活費を入れない時期があり、お金がないという恐怖に縛られているのかもしれません。
有難いことに夫は「誰の稼いだ金で〜〜」なんて言いませんし、生活するのに不自由しないくらいの収入はあります。
なのに、お金を使うと不安で心苦しくて辛くなります。
本当に豊な人生というのは、お金ではなく家族や友人との思い出に満ちたもののはず。頭では理解しているのですが、明日食べるものに悩んでいた頃のことを思い出してしまい楽しくお金を使うことがなかなかできません。

どうしたら、お金を使う罪悪感が消えるでしょうか?

ユーザーID:6860135367

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 支出の仕分け

    をご主人と一緒に計画立てられてはいかがですか?

    「食費には上限ここまでよ」
    「貯金は最低これだけはしましょう」
    「娯楽費は」
    「美容費は」

    ひとつ一つ仕分けしておくのです。

    漠然としたお金のまとまりだけを見ているから「怖くてつかえない」のだと思います。
    仕分けの範囲内であれば「大丈夫」と思えませんかね。

    ユーザーID:5622562001

  • ご主人に相談

    今の生活はあなたとご主人で築き上げていくものですよね
    今からはご主人がどう思っているかではないでしょうか?
    美容院にしてもご主人はもっと綺麗にしともらいたいかも?
    お水にしても飲まないと病気になり途方もないご主人の稼いだお金を使ってしまうかも?
    ここを見せてお話し合いをされたら自縛から解放されるかも?
    お幸せに

    ユーザーID:0793772600

  • 今時珍しい方

    なのかもしれないね。貯金しないと何て思う若い方貴重ですよ。お辛い経験があったのでしょうね。

    旦那様から生活費を貰ってその中から自分のお小遣いも出ますよね?
    そのお小遣いを少しづつ使うか、貯金するかはご自由に。
    思いっきり貯めて、たまにはお洒落に奮発してもいいし、旦那様と旅行を楽しんでも良いと思いますよ。
    お小遣い=家事と言う仕事をしている奥さんへのお給料みたいなものです。

    気が引けると言うなら、英語力が低いなら、日本人が経営するお店や会社などで極力裏方の場所で務めさせてもらえばいいと思いますよ。事情話せば務めさせてくれると思います 厨房とかスーパーでも作る方にまわるとか ついでに英語の勉強も出来ると思います
    知り合いがそうやって留学しましたよ。

    自分で稼げば自分の小遣いになり、貯金も出来るし、堂々と使えるでしょ?

    ユーザーID:5961197264

  • お金を使わない豊かな生活

    無理してまで人のまねをして
    お金を使う必要もないのでは?
    もし宗教にこだわりがなければ、
    キリスト教の集まりに参加されてはいかがでしょうか。
    基本的に質素で、いろんなものを手作りするとか。
    主さんの考え方にも合うところがあるかと思います。
    知り合いもできますので、よかったら調べてみてください。

    ユーザーID:6164132180

  • 無理して使わなくても

    私も似たような性格です。
    時々派遣で働きますが、自分で髪切ってます。
    旅行は近場の日帰りか1泊2日のみ(滅多に行きません)し、友人とのランチの頻度も高くないし、ネイルやエステやお洒落な関係には興味がないのでお金を使ったことがありません。
    服もどうしても着られなくなれば捨てて、その代わりの物だけ買います。
    デザインはずっと着られそうなもので、少し高いけど素材が良くて長持ちしそうなものを。

    違うのは、私の場合は我慢をせずにしてることなんです。
    トピ主さんはあれもしたい、これもしたいと思ってて、でも使うと罪悪感で後味が悪いからストレスになるんだと思います。
    豊かな生活とは、○○なはずだからお金を使おう、なんて無理するのはおかしいと思いましたけどね…

    しばらくは節約することに喜びを得るように切り替えて、ある程度貯めてはどうでしょうか。
    貯まったところで少しずつ、夫婦で使うことを楽しむようにしてみては?

    ユーザーID:4693986625

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 計画を立てることです

    節約は悪いことではありません。しかし、気持ちがいやしくなってしまったり、苦しい思いをしてまでやる不必要な節約は、精神的にもよろしくないと思います。

    まだお若いですし、これから長く続く将来、それを考えると漠然とした不安があったり、昔のお金のない状態が思い出されてくるしいのですよね。
    では、将来に向けてしっかり計画を立てましょう。
    旦那様が入院などで働けなくなる・・・保険に入り医療保険などでしっかり備える
    定年になった後の年金までの間の生活費を計算しその金額÷定年までの年数÷12=毎月の必要貯金額を計算
    子供も計画的に人数を考え学費などを別途ためておく口座を作る

    残りの生活費になるものを手元に置き、その中で生活する。あまったら・・・あなたのやりくりに対する報酬だと思ってください。ほらつかっていいお金できた。

    旦那様の収入に頼って生きていくのが後ろめたいというのなら、その分旦那様に感謝し、旦那様のために家事やあなた自身の人生を立派に輝かせてください。あなたに苦しい思いをさせるために結婚したんじゃない!と怒られますよ。

    ユーザーID:9801169355

  • おこづかい程度バイト。

    まだ 若いのに 美容院は いきましょうよ。毎月とは言わないから。ランチもたまには楽しいですよ。
    わたしは ネイル エステマツエク などは一切行きません 顔がうすいから いらないかなーと ネイルもしません。ただ娘がフレンチくらいならしてくれます。化粧品もアイライナー ライン グロス くらいでお金かけないですねー。なにか買えるくらいのバイトしましょう。

    ユーザーID:6010821275

  • 一生懸命働いてみたら?

    主婦業を仕事と思って必死にやってみたらどうでしょうか。

    例えば料理はしてると思いますが、さらにプラスαの価値を付けていくとか。

    まず毎日しっかり手作りする。次に美味しく作る努力をする。さらに栄養バランスの勉強をして実践する。
    弁当なら夫が同僚から羨ましがられるようなすごい弁当を作る。
    医食同源という言葉があるくらいですから、料理はあなどれません。

    現実にうちの夫、独身時代から結婚当初(最初の3年共働き)まで毎年、健康診断で何かがひっかかってました。
    コレステロールやら肝臓やら痛風やら、まだ20代だったのにあれもこれも要注意。
    私が専業主婦になってから改善し、数年で健康診断の数値は問題無しになりました。

    何か夫も喜びそうなこと(家庭菜園、ペットを飼って躾ける、手作り品を作るなど)で自分にできそうなこと、なんでも良いのでハイレベルを目指して必死にやって、夫のためになること、夫に喜ばれることを追求してみたら、少しは罪悪感も減らないかな。

    ユーザーID:5441261338

  • 家事を頑張る

    専業主婦の仕事は家事ですから、とりあえずご自分で「やり切った」と思うまで、思いつく限りの家事をやってみてはどうでしょうか?
    家中の窓を拭き、冷蔵庫の中やシンク下の物を出してきれいに拭く。
    家中大掃除して手の込んだ料理を作り…。

    これ、うちの母がやっていた手法です。

    よそ行き用の洋服や宝石を買う前には、いつも以上に家事を念入りにやって、「私はやるだけの事をやっているから贅沢する権利がある」と自分自身を納得させていたようです。

    お陰で家中ぴかぴかで、美味しい物も食べられたので、家族としては「どんどん自分にご褒美して下さい」という感じでした。

    ユーザーID:0486044535

  • 考え方次第

    トピ主様のお気持ち、少しわかります。
    私も幼少期、貧しく家庭不和だったのでお金にはものすごく苦労しました。
    どうしたらこの貧しく気持ちが荒んでいく生活から抜け出せるかがいつも一番の悩みだったので子供時代が一番嫌いです。

    自分でアルバイトが出来る年齢になり働いたお金を手に入れた時、初めて生きてて良かったと思ったので。

    私の場合は本当にそんな生活が惨めだったので2度とその気持ちにならないように自分はもちろん、お金ににも常時働いてもらう事を決めていました。
    簡単に言えば「投資」です。
    もちろん一発逆転ではなく確実なものです。なので常時勉強をして毎年コツコツ増やしていきました。

    働いた年収分と同じ額だけ投資利益もあげていきました。
    もちろん損切りもしますが、それ以上に利益を上げていけばいいのです。
    投資の良さはネット環境さえ整っていれば世界の何処にいようが常に出来るという事です。これは今の時代や金融緩和のおかげですね。

    ただ、これはあくまでお金という手段を手に入れるツールのひとつです。
    向き不向きはあるし、精神的疲労は常に付きまといます。

    ユーザーID:0788648286

  • 考え方次第2

    お金を使う事に罪悪感を感じるなら、常に自分で生み出せる技術があればいい。これが私の出した答えです。

    お金は目的ではなく手段に過ぎないこと。
    本当の満足はその先にある。幸福もまた同じだ。これは持論です。

    あなたが罪悪感なくお金を使いたい。
    使うお金で何を得られるのでしょう?問題はそこではないでしょうか?
    消費?浪費?この2つの違いは?ご主人はどう思ってますか?

    他人を羨ましいとどうして思うのか?
    同じ行為をしてあなたは本当に満足いくのか?

    ひとつひとつノートにまとめて気持ちを潰していくと見えないものが見えるかもしれません。

    ユーザーID:0788648286

  • 「夫に恥をかかせないようにしよう」

    同じ境遇です。子ども時代〜結婚するまで、借金まみれの実家で過ごしあまりにも辛かったため、会社員として働いていた時も、お金をうまく使えませんでした。こわくて。

    本当にお気持ちわかります。ある程度は時間が解決してくれるし、残りは自分に言い聞かせる努力が必要です。

    私は夫と結婚し、出産してから、安い服と整っていない髪(美容院に滅多に行けないので)で過ごしていると、周囲のママさんの中に態度に出して馬鹿にしてくる人が出始めました。
    「夫には十分な収入があるのに」と悔しいのに、貧乏な暮らし方をしている自分の矛盾。

    やはり強く自分に言い聞かせました。
    私にとって一番効果的だった大義はタイトルの通りでした。

    世間は、表面的な関わりしかない人は、貴女と夫を表面的な事で判断するしかありません。
    アメリカがどうかは知りませんが、日本は、特に地価の高い場所では、外見を恥ずかしくない程度に整えるのも大切と感じます。
    そうでないと「あの人の旦那は低所得なのかな」と見下してくる人がいますよ。
    それは嫌でしょう?

    私はあの時のママさんに感謝しています。良い勉強になったと。

    ユーザーID:0130554210

  • 使ったつもり貯金

    もったいなくて使わなかったお金をその分だけ別貯金で貯めて行って、将来にもったいないと思ってしまったときにそのお金を使う! 本来はもう使ってしまってないお金だと思えば、罪悪感も少しは減らないかな?

    ユーザーID:9480845029

  • 自分の貯金かお小遣いをもらえば

    海外在住の専業主婦、子供はまだいません。私の場合は、稼いだお金は夫のもの、と思っていますが、夫が使っていいと言うので遠慮なく使ってますよ 笑

    でもトピ主さんはそうじゃないんですよね。小さい頃の家庭でのことが影響してると思いますよ。

    夫のお金だとますます使えないというのなら、ご自分の貯金を使えばどうでしょう?後ろめたさはないと思いますよ。

    それか夫からお小遣いをもらう。額を決めて、それは自分のもの と認識ができれば使えるんじゃないでしょうか?

    あとは自分で働く。お住まいの地域がわかりませんが、英語ができなくても日本食レストランや日系スーパーで働けますよ。空きがあれば、ですが。

    アメリカにはカウンセリングもありますよ。心の問題もあると思うので誰かに話すのはいいかも。

    ユーザーID:3911686210

  • お金を遣うことそのものではなく、相手にありがとうと払う。

    大変な思いをして育ったのですね。
    お金を使うという意識が強過ぎますね。しかも外貨を使う環境ですから、むしろお金を使う意識が少々弱まっても良いくらいです。

    トピ主さんの場合は、言葉・環境・ご自身の収入の問題により、海外で暮らすストレスで、いわば悪化したのでしょう。

    トピ主さんのご主人にとって、トピ主さんが家でおいしいお食事を作ることが、どれだけ彼のストレス緩和になっているか、想像したことがありますか?大きな企業は、妻や子供の帯同にかなりの支払いをします。別々に暮らす場合にも補償に相当する手当支払いをします。社員を気持ちよく効率よく働いてもらうためです。

    お金を遣う目的を、夫のために食事をおいしくする点に絞ってみては?美味しくするために新鮮な食材が手に入る市場に行ってみる、豪華食材を探しに行ってみる。買う時には、相手に『良い魚を用意してくれてありがとう』という気持ちで支払ってみて。ダンナさんが美味しい美味しいとニコニコ食べてくれたら、トピ主さんの存在意義も大きいし罪悪感も少しずつ払しょくされるでしょう。この成功体験を回数重ねましょう。
    うまくいきますように。

    ユーザーID:1357306637

  • お金を使ってしたいことを書き出してみる

    >家族で旅行に行かれたり、ランチしに行ったり、ネイルやまつ毛エクステ

    お書きになったような、お金を使ってしたいことがらと、それにはいくらかかるのか、書き出してみる。
    一ヶ月間に、それらに使ってもいい上限の額を決める。
    一か月分で出来ることは、計画を立てて順に体験する。
    旅行など金額の大きいものは、数か月分貯めて実行。

    若いので、お金を使いたいというよりは、そういう、いろいろな体験をしたい気持ちが強いのだと思います。少しずつ、経験していけばいいです。そのうち、リピートしたいものと、そうでないものに分かれてきます。つまり自分にとって、お金を使う価値のあるものか、そうでないか、分かってきます。そうすれば、納得してお金を使うことができるので、罪悪感もなくなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:0476748012

  • 自分のために使うと思うから罪悪感なのでは?

    ご主人が汗水流して稼いだお金、あなたが自分のために使うと思うから心苦しいのであって、ご主人のための出費だと思えば罪悪感や恐怖が消えるのでは?配偶者VISAではバイトも無理でしょうし。

    アメリカに赴任ということは、たまに同僚や上司部下達とホームパーティがあったり、仕事関係で夫婦参加のパーティがありませんか?

    そういう場で変なヘアカットに着古した服の貧乏くさい奥さんが登場するのと、きちんと手入れされたヘアスタイルにお洒落で小奇麗な奥さんが登場するのとでは、その後の旦那さんの評価に変化がでます。仕事の評価ではなく、旦那さんの評価を左右するという事です。アメリカは日本と同じく、人のパッと見、外見に結構敏感なお国柄であります。

    ですから、ホームパーティで材料費を惜しむことなく美味しい料理を披露したり、パーティの時には素敵なドレスや靴で参加することは旦那さんのためでもあります。
    またせっかくの海外生活なのだから、どんどん旅行していろんな経験していい思い出作らないと。奥さんがケチでお金使わないと、俺は何のために稼いでるんだ?と旦那さんガッカリしてないかな?2人で話し合ってみては?

    ユーザーID:1977135264

  • 同じです

    貧乏性だな、そんな性格だな、と思います。
    ちなみに、母も姉妹も堂々と専業主婦です。彼女達は、高給取りの夫をもって、ためらいなくおしゃれをして、ランチ行って、趣味に明け暮れ。その間、夫は仕事です。

    とても出ないけれど、夫が大変な思いをして稼いだお金を申し訳なくて使えません。私も、苦労を半分進んで負う、そうしないと申し訳なさすぎる。

    そんな私は、離婚経験者ですが、ここまで男性以上の仕事をしてきました。
    うまいことに、元夫は、自分の稼ぎは自分のもの、妻の稼ぎは自分のもの。と考える人間でした。妻が、忙しくても、家事を独りでしても、お金を使う暇がなく、質素でも、自分だけが遊びに莫大なお金を使っても、感謝も迷いも丸っきりない人でした。


    結論ですが。英語を勉強されて、仕事をしてみられたら?
    そうすれば、おしゃれも、美味しいものも気兼ねなく、です。

    ユーザーID:1678470799

  • ネットビジネスをやってみては?

    ご自身の収入があれば・・というお話なので
    ネットビジネスに挑戦してみては?

    私の友人も海外在住ですが、
    ネットで個人輸入ビジネスをやっています。
    (現地の雑貨を日本人に販売)

    収入は日本の円口座に入金されますし、
    確定申告とかいろいろめんどくさそうですが
    自分のお小遣い程度はかせげているそうです。

    ただ、商品を扱うとなると在庫リスクがありますから、
    リスクの少ないアフェリエイトから
    初めてみるといいかもしれません。

    海外生活に興味のある人は多いでしょうから
    ご自身の日常をブログにして、
    そこからネット通販サイトにリンクをはり、
    売上に応じて報酬がもらえるというものです。

    ちなみに私も英語はあんまりですが、
    もし海外に住むことになったら

    外国人に日本語を教える先生になってみたいなぁと思います。
    オリンピックがあることで
    これからますます日本への関心は高まるはずです。
    ご自身が経営者になることが不安なら、
    そういう求人がないか探してみては?

    ご自宅に人を招くことに抵抗がなければ
    「日本料理教室」もいいかもしれません。

    ユーザーID:6492538899

  • お金が遣えないのではなくて

    他人(ご主人)のお金だから 遣えないのではないですか?

    現に 自分が働いたお金は 遣えるけれど と 書いてあります。
    結婚前の生活が トラウマになっているのも わかりますが
    今は 自分のお金じゃないから 遣えない 遣いづらいんでしょ。

    いずれ 帰国して 就職したら また 遣えるのでは?
    専業主婦になった人は 多く 同様に思いますよ。

    昼間 家に居るのに 罪悪感を感じましたよ。

    でも 無駄にお金を遣うよりも 主さんのように 遣えない方が
    貯金ができて いいんじゃないですか。

    悩むことでもないと思いますが。

    遣えないのと 遣いたいが遣うだけのお金がないとは 違いますよ。

    ユーザーID:7205295368

  • ありがとうございます

    トピ主です。
    皆さんコメント本当にありがとうございます。

    夫を喜ばせるために、夫に恥をかかせない為に……という話にハッとさせられました。
    試しにお弁当に小さいお菓子を忍ばせたらとても喜んでくれて、午後からの仕事にやる気が出た、と言っていました。

    きっと小銭を夫の財布に入れても気づかなかったと思います。お金を使って、形が変わることで生活の中で小さい幸せになる……ある意味当たり前のことなのかもしれないのですが、気づくことができました。

    ご指摘いただいたように、自分で稼ぐことができればもっと大らかな気持ちになれる気がします。
    今近所の図書館で英語を習っているので、もう少し上達したら仕事も探してみようと思います。
    それまでに主婦スキルをもっと高めて、居心地の良い家を作っていけるように頑張ります!

    今まで実際どれだけ貯めれば安心できるのか?足りるのか?ということを全く考えてなかったので、いくら貯金しても不安だったのかもしれません。
    これから改めて今後のライフプランも含め、必要な貯金額を考えていこうと思います。

    暖かい励ましやアドバイスに本当に励まされました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6860135367

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧