今も現役、お気に入り名盤を教えるトピ

レス76
(トピ主32
お気に入り59

趣味・教育・教養

ブーべの恋人

 70年代〜80年代初頭の洋楽にどっぷりはまってた者です、シングルカットでは無くアルバムを1つだけ教えて下さい。

ではワタシから、今でも車のカセットテープで聴いてます。

ムーディ・ブルースの
「Long Distance voyager」

 日本ではあまり売れませんでしたが、ちょっとノスタルジックな曲と、軽めのロックでなぜか?気に入ってます、不思議とタイトルと同じ名前の無人惑星探査機、
「ボイジャー・1号、2号」を思い浮かべます、

今は遥か太陽系の彼方を旅する、人類の創り出した冒険者を。

ユーザーID:2144605143

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 個人的には

    ニール・ヤングのハーベストです。
    商業的に成功したアルバムではありますが、70になろうかと言う
    今でも現役で「錆びるより燃え尽きたい」と唄っている彼には
    絶えず勇気付けられます。

    ユーザーID:9324990280

  • off the wall

    一つかぁ・・・。
    厳しい選択だけど、やっぱりマイケル・ジャクソンかなぁ。
    で、私のお気に入りはoff the wall
    全ての曲が好きだぁ。

    ユーザーID:7131623499

  • フリートウッドマック

    ◆ Tango in the Night / Fleetwood Mac

    アルバムに纏まりがあり、しても甘美的です。

    ユーザーID:2479261414

  • ランナウェイズ

    チェリーボーンブ!
    うぶな私にこれはかなり衝撃的でした。

    ユーザーID:5995155409

  • Ziggy Stardust - David Bowie

    70-80年代のアルバムなら今でもiPodに入ってて現役で聞いてるものは沢山ありますよ。そんな一枚だけ選べなんて無茶な(笑)

    とりあえず必ず入れてるのはDavid Bowie, Queen, Led Zeppelinですね。どれも選べませんが、あえて言うならThe rise and fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Marsかな。

    あと5年で終わってしまう地球。そこに異星からやって来た(ように思われる)アンドロジェナスなZiggy Stardust。とあるロックバンドにただのギタリストとして参加したのに、それはいつの間にか彼のバンドに。そしてスターダムに上り詰めるも、熱狂したファンに殺されてしまう。それはまるで救世主が愚かな人々の罪を背負って犠牲になるような話。

    アルバムの構成が複雑で、視点がどんどん入れ替わって、一般人、Ziggyが歌うシーン、バンドのメンバーから見た彼、David Bowie自身とZiggyがオーバーラップ、演奏もグラムロックを超えたドライブ感があって何度聞いても飽きないですね。

    ユーザーID:1961706194

  • クイーン「オペラ座の夜」

    私にとっての洋楽は、クイーンが一番です。
    ラジオで「ボヘミアン・ラプソディ」を聴いて、「なにこれ!」と衝撃を受け、大好きになりました。

    その中でも「オペラ座の夜」はクイーンの初期の代表曲が詰まっていると思います。ご機嫌なロックからしっとりとしたバラードまでバラエティに富んだ曲が入ったお薦めの一枚です。

    ユーザーID:2550804155

  • ローリング・ストーンズは永遠に現役の無限ループ

    ストーンズがあれば生きて行けます。

    ユーザーID:6514316263

  • この時代では

    ジャクソン・ブラウンの
    「Late for the Sky」

    私が洋楽を聴き始めたのは80年代に入ってからなので、リアルタイムでの体験ではありませんが、70年代から80年代初頭にリリースされた洋楽アルバムでは聴いた回数が間違いなく最も多い作品です。

    ヴォーカル、歌詞、曲はもちろん、特にアルバムの大半を占めるスロー〜ミディアム調の曲におけるデイヴィッド・リンドレーのギターが言葉では表せないくらい素晴らしいです。

    ユーザーID:0439712209

  • 正統派のRockです

    キッスの「地獄の軍団」がおすすめです。

    日本で発売されたタイトルがこんななので誤解されて敬遠されそうですが、元々の原題は「Destroyer」というシンプルなもので、収録されている曲もまさにシンプルでストレートなロックンロールです。1曲も捨て曲のない名盤だと思います。

    ユーザーID:4736510944

  • トピ主です、レス感謝!

    ・淡水魚様
    ・迷える50歳様
    ・ドラゴン+様
    ・匿名様
    ・暴虐のからくり人形団様
    ・よっこらどっこい様

    まとめてのお礼で恐縮ですが、レス有難うございます。

     通して聴くと良く出来たドラマの様な「アルバム」ってありますよね、
    気がつけば、ワタシも人生の折り返し地点に到達し、「聴かずに死ねるか」みたいな名盤があっては心残りだと思いトピをたてた次第です。

     教えて頂いた「名盤」は知らない物はもちろん、知っている物も改めて聴きたいとおもいます、
    引き続きお願い致します。

    ユーザーID:2144605143

  • トピ主です

    ・hirohiro様
    ・ふらんく様

     レス有難うございます、さすがに大御所が多いなか
    ジャクソン・ブラウン、渋いのが出てきましたね、「Hold out」良く聴いてました

    彼の胸にしみる様なスローナンバー、思い出しました。

    ユーザーID:2144605143

  • ザ・フーの「四重人格」

    トピ主さま、渋いですね。レスに登場するアルバムもアーチストも、どれも魅力的です。

    音楽ファン歴40年近くになり、やたら聴いたし持っている僕ですが、「今も現役」というキーワードで1枚選ぶとしたらこれです。

    ザ・フー「四重人格」(Quadrophenia)。

    34年前の春、十代だったころに入手し(当然アナログ)、針を落とした瞬間から最後の一音まで、文字どおり痺れるような感覚で聴き通しました。そのまま愛聴盤に。以来、聴かなかった日はありましたが聴かなかった週は絶対にない!というくらい聴きこみました。ダイナミックさも詩情も、怒りも悲しみも、全部このアルバムのなかに見つけられます。
    今我が家にはCD(数種類)、ボックス、ハイレゾはもちろん、英国オリジナル盤、帯の色とコピーが違う3種類の日本盤アナログまであります。家族には嫌な顔をされていますが(笑)。

    もちろんアルバムへの愛情も「現役」です。きっと生涯聴き続けるでしょう。

    ユーザーID:7799307317

  • ゲイリー・ムーア

    バック・オン・ザ・ストリーツ。あの「パリの散歩道」、通称「パリ散」が収録されています.

    「サラリーマンNEO」でセクスィ〜部長のダンスに使われた時もぶっ飛びましたが、羽生結弦くんのSPを見て「ゲイリーが生きていたら、うっ、うっ(泣)」と涙をぬぐいつつ、押し入れの奥から取り出してマジマジと見てしまいました。

    名曲は時代を超えて愛されるのですね。羽生くんのガッツポーズを見てつくづく思いました。

    ユーザーID:4545098814

  • ブライアン・イーノ

    アナザー・グリーン・ワールドがいいな。
    捨て曲不在。

    ユーザーID:7688768032

  • Deep Purple

    Deep PurpleのMachine Head以外、考えられないでしょう。

    ユーザーID:5365265690

  • トピ主です、キター!Big name

    ・ねねこ様
    ・shirop様
    ・海の階段様
    ・エレジー様

    レス有難うございます!、「捨て曲がない」名盤の条件の1つでしょうね。

    やはりきますよね、UKの(昔は普通にイギリスと言ってました) Big name、
    ・ストーンズ
    ・クイーン
    ・ザ・フー
    重そうで、否!はまったら逆に抜け出せなくなりそうで、なるべく見て見ないふりをしてたスーパースター達。

    元来ミーハーなワタシは、アダルトコンテンポラリーやダンス系(昔はディスコミュージック)、モータウンやR&Bなんかを好んで聴いてました、やはり死ぬ前までにはじっくり聴きます(笑)。

    shirop様と同じくレコード世代です、オーディオ機器にもそれなりに凝り(といっても総額で¥40万位ですが)、高校生から20代の頃はレンタルレコード店に行ってはカセットにコピーが日課でした。

    オーディオもDAT(デジタルオーディオテープ)からあっと言う間にCDそしてMD、今はネットでDLしてmp3プレイヤーで聴く時代です、オヤジになるわけですね。

    余談ですが新世紀エヴァンゲリオンで、シンジ君が愛用してたのが存在しないはずのDATのウォークマンでしたね。

    ユーザーID:2144605143

  • Late for the sky

    Jackson BrowneのLate for the sky でしょうかねぇ。1枚なら。やはり中高生の頃に聴いた音楽が気がつくと、しっくりきますね。

    ユーザーID:5530270214

  • 人生を変えた一枚

    KINGCRIMSONの『In the court of the Crimsonking』ですね。
    私のオールタイムベスト、いや、人生の一枚です。
    初めて聴いたのは、中3の秋。いや、全くブッ飛んでしまった。それまで、夢中になっていたシカゴなんて目じゃなかった。
    とにかく、1曲目の「21stcentury schizoid man」が強烈すぎた。訳の分からぬままに、2曲目の「I talk to the wind」は全く雰囲気の違う曲。そして、ドラマチックな「Epitaph」。キツネにつままれたような気分のままB面に移れば、前衛的な「Moonchild」。そして、一瞬の静寂の後に、ミュートのかかったドラムで始まるタイトルトラック。
    とにかく「何だ、これは!」の一枚だった。
    それから、ウン十年。ロック以外にもいろいろ聴いたけれど、中3の秋の日の、あの衝撃を超える経験は得られなかった。
    というわけで、私の名盤は『クリムゾンキングの宮殿』です。
    最近は、サザンロックを聞き直すことが多いけれど、ふとした時にCDトレイに乗っけています。

    ユーザーID:5935983689

  • トピ主です、ありがとうございました。

    ・みかん様
    ・みんみん様
    レス有難うございます、言い切れる…これはもう「名盤」でしょう。

    音楽ライフに楽しみが出来ました、じっくり聴きたいと思います、レスを下さった皆様

    改めて、ありがとうございました。

    ユーザーID:2144605143

  • トピ主です

    ・ヒゲオヤジ様

     熱い想いに、思わず「ニヤッ」っとしてしまいました、やはり「名盤」持ってるんですね。

    たしか最後にカセットテープに落としたアルバムは、レンタル店のお兄さんお薦めの
    デバージ「ALL this love」だったと記憶してます、あの「I like it」が収録されてた。

     200巻以上のカセットも、今は半分近くがダメになりましたが、今回のトピ立てで新たなコレクションができるのが、本当に楽しみです。

    ユーザーID:2144605143

  • Rolling Stone Magazineの

    ここ意外に盛り上がらなくて残念。ひょっとしたらクラシック系の洋楽好きな人ってもう少ないのかな。

    70年代だけでなく、もっとずっと広い期間をカバーしたリストになりますが、私は昔のアルバムを探す時には米国系なら

    Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Time

    を参考にします。まだ残り100枚ぐらい聞いてないのと、コメント読んでるだけでも楽しいです。

    さらに英国系が好きな場合はNME the 500 best albumsがあるのでそっちも楽しいです。日本人だと多分こっちの方が好みの人が多いかも。

    ユーザーID:1961706194

  • クラシック系の洋楽かあ

    「暴虐のからくり人形団」さんの言いたいことは、よくわかります。
    クラシックベースのハード・ヘビイロックって、日本では一世を風靡しました(もちろん、洋楽好きの間でという限定付きで)。
    私も、レインボーやスコーピオンズのレコードは棚に収まっていました。
    先日、レインボーのベスト盤CDを廉価盤のワゴンで見つけて買いましたが、ロニー・ジェイムス・ディオの時代とグラハム・ボネットの時代とでは、音楽性が違うのですよ。つまりは、そういうことです。
    私自身は、イングベイ・マルムスティーンとか北欧ヘビイロックとかはほとんど聴いていませんが、一応クラシック系洋楽の「マイ名盤」ということならば、古くてスミマセン、パープルの「ライブ・イン・ジャパン」かな。今手元にあるのは「made in Japan」ですが、これは、今でも耐えうる名盤だと思います。ただし、通用しなくなった数曲を除いてですが。
    レインボーだったら、「rainbow rising」かな。コージー・パウエルのドラムはこの盤がベストだと思います。
    ああ、また長々と語ってしまいました。ご清聴ありがとうございます。

    ユーザーID:5935983689

  • 聴きたくなりました

    私も80年代は洋楽ばかり聴いていました。

    クィーン、キッス、デフレパード、ポリス、ホール&オーツなど、色々と聴きましたが、
    特にハードロックが好きで、レインボー(後期)の大ファンでした。
    と言うより、今でも大好きです。

    シングルでお気に入りの曲は多数ありますが・・・アルバムでは『Bent Out of Shape』です。
    その中の『Can't let you go』は大のお気に入りです。

    このアルバムに限りませんが、彼らの音楽は30年たった今でも色褪せない名曲だと思っています。

    ユーザーID:0233213653

  • 文字通り擦り切れるほど…

    リック・ウェイクマンの
    「アーサー王と円卓の騎士たち」ですね。
    ゴージャスなプックレットが付いていて、
    物語を楽しむように聴いていました。
    クラシック+ロックみたいな感じでした。

    本当に擦り切れるほど聞いた記憶があります。
    2000年代に復刻?再発売されたそうですが、
    オリジナル版とは構成が違うと聞いたことがあります。

    高校、大学のころを思い出して、
    実家の押入れには、あのLPはまだあるのかなーなんて
    しばし感傷に浸ってしまいました。

    ユーザーID:6600271232

  • トピ主です、恥ずかしながら・・

     自分で立てたトピを見失ってしまい、ある事がきっかけで思い出し検索機能にやっとひっかかり発見しました。

    暴虐のからくり人形団様、
    Rolling Stone’s 500 Greatest Albums ・・
    知りませんでした、検索して懐しく興味深く見ました、飽きないですね。

    ヒゲオヤジ様、再レス語って頂きありがとうございます豊富な知識、感心します。

    虹様、レインボー『Bent Out Of Shape』
    ハードロックは苦手でしたが、ヒゲオヤジ様のレスでも紹介されてましたね、1度じっくりと聴きたくなりました。

    ponpoko様、レスありがとうございます。
    「アーサー王と円卓の騎士たち」聞いた事のあるタイトルです、ぜひチェックしてみたいです、クラシック+ロックですか。

     クラシック+AORだとアラン・パーソンズ・プロジェクトなんかを思い出します、やはり割と軽いのを好んで聴いてました。

    ユーザーID:2144605143

  • Closing Time ともう1枚

    ・Tom waitsの「Closing Time」
    これは彼が23歳の時のファーストアルバムですが、私はこの作品で演奏する事を辞めました。

    職業として音楽をやってゆくには根源的に必要で、そして努力では補えない、音楽の知能指数の低くさを思い知らされました。


    ・Joe cockerの「Luxury You Can Afford 」
    1978年秋ごろ発売されましたが、私は隠れた名盤と思っています。
    CDがどうしても欲しいのですが高い!のです。
    2年ほど前は、某通販サイトでこのアルバムが4万円オーバーで販売されていましたが、先ほど見たらダウンロードのみとなっておりました。
    60代も間近に成ってくると「wasted years」が心に染みてくるのです。
    世の中からは忘れられておりますが、名曲と思っています。

    ユーザーID:6464843591

  • 連投ですいません。外せない一枚を紹介

    ・Rod Stewartの「Never a Dull Moment」
    この頃のロッドは盟友ジェフ・ベックの「フェイセズ」のボーカルと、ソロシンガーの二足の草鞋(わらじ)で活動していました。

    このソロの立場で出したアルバムも、フェイセズのメンバーが結構サポートしていますが、
    実はフェイセズ解散の原因の一つに、「ロッドが良い曲ばかり持って行っちまう」とぼやいていたらしく、
    残りカスの様な曲ばかりの状況に嫌気がさした、との噂もささやかれていました。
    そんな「良い曲がかり持って行った」先のアルバムがコレでして、渡米して失ってしまいましたが、このアルバムではロックボーカリストとしてのアクが感じられる一枚です。

    ※蛇足ですがフェイセズには一時期、山内テツさんも在籍しておられ、来日した際ステージ上で「ヘイ テツ お前の国なんだからもっと前に出て暴れろ」とベックからハッパをかけられたそうです。

    ユーザーID:6464843591

  • クラシックとロックなら

    ハードロックとクラシックをこよなく愛するものです。
    Deep Purpleに加えて、

    クラシックとロックなら、EL&Pがあるやおまへんか!

    EL&PのPictures of Exhibitionはもうお話にならないほど凄い作品です。
    EL&Pは今は亡きコージーパウエルが加入してからも良い音楽を届けていてくれました。

    Yesなんかもかなり凝った複雑な曲を提供してくれていましたね。

    ユーザーID:5365265690

  • お詫び

    本文に「1枚だけ」と記してあ有るにもかかわらず、このトピの存在を知り、嬉しさのあまり複数枚上げてしまいました。

    申し訳ございませんでした。

    ユーザーID:6464843591

  • 廃盤ですが

    「Calfornia Jam 2」エアロが圧巻ですが、これでハートに出会いました。
    何気にサンタナが渋いです。

    ユーザーID:5608457013

レス求!トピ一覧