• ホーム
  • 話題
  • 猫の鼻づまり、麻酔、CTは可哀そうで決断できません

猫の鼻づまり、麻酔、CTは可哀そうで決断できません

レス14
(トピ主4
お気に入り29

生活・身近な話題

ローズ

うちのもうすぐ9才になる猫の鼻づまりが、なかなかよくなりません。
3年前に一度ひどい鼻炎になり、こじれて結局麻酔をかけて鼻腔洗浄してもらい、薬剤治療を続けて、やっとよくなったことがあるので、今回は早めに病院に行き、お薬をもらってしつこく飲ませましたが、よくなりません(涙)
鼻づまりだけれど、鼻水は出ていないし、食欲もあり、元気です。
でも、しょっちゅう、「ず〜っ、ず〜っ」と苦しそうに鼻が鳴っているので、心配です。
病院では麻酔をかけてCTをかければ、もしかして鼻腔とかに腫瘍ができていないかわかると言われましたが、そこまでする決断ができず、悶々としています。
猫の鼻づまりを経験された方のお話を伺えたらと、初めて、投稿させていただきました。
宜しくお願いします。

ユーザーID:9700593270

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私が

    私が鼻炎だったら、一日辛い事と24時間365日辛い事なら一日の手術を取るかも。

    ユーザーID:8627272584

  • 犬ですが、参考になればと思いまして。

    医者でなく素人意見ですが、我が家の場合です。
    麻酔やCTなどの経験をしました。

    13歳の時に顔の外科手術の経験があります。
    麻酔とCTなどの結果は良性でしたが、場所が悪いので外科手術しました。
    1週間ぐらい顔が腫れましたが、術後の様子は暮らしやすそうでした。

    16歳の時にも顔が腫れてきました。
    麻酔をしてCTなどで調べると今回は悪性でした。
    高齢なのでこのまま放置とも思いましたが、麻酔と放射線をしました。
    外科手術の時は顔が1週間腫れて辛そうでしたが、
    放射線の時は麻酔も10分ぐらいで、すぐに目覚め外科手術よりだいぶ楽でした。

    ユーザーID:0288766670

  • 経験あります

    過去に2回 CTを勧められました。
    1回は鼻、2回目は眼です。

    鼻はやはり鼻詰まりが治らず(抗生剤注射、点鼻、服薬)持病があるので鼻詰まりだけでも全身状態が悪化して生死をさ迷う程になってしまいました。
    余りに治らないので鼻の奥に腫瘍があるかも。と、CTを勧められましたが その時の状態からとても全身麻酔には耐えられず返って悪くなる可能性もあると言われ 家族と話し合いの結果 検査は受けず そのまま治療をお願いしました(入院してました)

    その後 少しずつ良くなり完治したので一旦は腫瘍の可能性はなくなりました。

    獣医師いわく『鼻に腫瘍があると一年中 鼻がグズグズしていて治る事はない』と。

    全身麻酔は健康体でもダメージを受けます。高齢なら尚更です。
    鼻から息出来ず苦しそうに喘ぐ姿を見てると 原因を調べて見合った治療をして治してあげたい。と思いますよね。
    うちは麻酔のダメージの方が怖かったので もし腫瘍であっても自然に任せる選択をしました。 腫瘍はなかったのに検査による麻酔で命を落としたら何の為の検査か…の 思いが強かったです。
    眼も同じでした。うちは全身麻酔掛けないで正解でした。

    ユーザーID:5696424436

  • え?

    麻酔やCTは可哀想だが、鼻づまりで苦しんでるのは可哀想じゃないわけ?
    よく分からない。

    ユーザーID:1573959648

  • 検査してもらいましょう

    ローズさんの猫さんのようなひどい鼻づまり猫はウチには居ませんが、麻酔をかけてCTの経験猫ならおりますのでレスさせてもらいます。
    麻酔をかけてあれこれと検査する事が小さな猫の体に負担だと思われて可哀そうとお考えでしょうか?お気持ちは分かりますが、ローズさんの猫をこのまま鼻づまりが苦しい状態で置くよりは、身体に少し負担でも調べてもらった方が良いです。私も受ける前は不安でしたが、原因が分からないままでは治療も進められないし状態の悪いまま置いておくと猫には結局は気分の悪い日々を過ごさせる事になりますね。ここは貯金をはたいて猫のために検査と治療を受けさせてあげてください。かかりつけの獣医師さんは信頼できますか?信頼できるのであれば任せましょう。効果が無いような薬で何となく気持ちをごまかすのでなく、検査をして原因を特定して猫ちゃんに効果のある治療をしましょう。9才で鼻づまり以外は元気なら、まだいけると思います。頑張ってください。

    ユーザーID:2637030516

  • ありがとうございます

    うどんさん  貴重な経験談ありがとうございます。
    さささん 貴重なご意見ありがとうございます。
    鼻づまりの音がひっきりなしのこともあれば、シーンと気配がわからなくなることもあるので、なかなか決断できずにいます。
    鼻水もたれていないし、やはりポリープかなにかできていて、鼻づまりの音がするのでしょうか・・・

    ユーザーID:9700593270

  • つらいですよね・・・

    経験者ではないですがすみません。
    うちの猫も同じ症状なので・・・・
    もう一ヶ月薬を続けていますが良くならないのです。
    16歳で腎臓が悪く、心雑音、貧血もあるので
    全身麻酔に耐えられるか・・・
    と思うと可哀想で悩んでしまいます。

    9歳だったら
    私ならCT受けるかなと思います。

    ユーザーID:3030653174

  • 二回目レスですが…

    うちの子の場合は全身状態が持病により悪化していたので全身麻酔は止めましたが トピ主さんの猫ちゃんは鼻詰まりだけで 元気なんですよね?


    だったら一度、画像診断をして貰ったらいかがですか?


    原因が判れば 治療法も変わりますから。

    今の辛い状態から解放させてあげる為にもCT検査を受けたらいいと思います。 掛かり付けの獣医師に今の状態で全身麻酔が大丈夫か否かをよく聞いて決断されては?

    因みに うちの子の眼の時は眼科の専門医を探し診て貰ったらCT撮らずも眼専門のエコーで診断つきました。 エコーなので麻酔はないです。

    専門医はネットでかなり探しました。 電話で問い合わせもしました。

    耳鼻科に強い獣医師もいると思います。 CTでなくもエコー検査で判るかもしれません。

    普通の動物病院では 内臓を診るエコーはあっても 眼や鼻のエコーはないと思うので まずは専門医を探す事をしてみては?

    早く良くなる事を願ってます。

    ユーザーID:5696424436

  • 皆さん ありがとうございます

    はじめて発言小町に投稿してみましたが、皆さんから経験談やら感想、ご意見を伺うことができるのは、やはり、とてもうれしく、参考になります。
    レスをくださった皆様、本当にありがとうございます。

    どうしても全身麻酔のリスクはなるべく避けたい気持ちで、ふんぎりがつかずにいますが、様子を見て、考えようと思います。

    ネブライザーとかはどうかなとも考えています。
    ネットで見ると、プラスチックケースに穴をあけて、ホースを通して、そこから
    蒸気(?)を送り込んで吸入している写真とかも見られますが、ネブライザーの薬液とかはどうするのでしょう?
    加湿だけでも鼻づまりの緩和にいいのでしょうか?

    毎日、鼻の音に一喜一憂しています。

    猫ちゃんには 元気で20才くらいめざしてほしいです。

    ユーザーID:9700593270

  • うちの猫は鼻腔内リンパ種でした

    うちの猫も昨年12月に鼻づまりでズーズーという大きな鼻息で
    苦しそうな症状が出ました。レントゲンでは何も写らず
    原因がわかりませんでした。でもたかが鼻づまりでも命に関わることも
    あるとのことで 何件もの病院を周りましたが
    どこでもCT検査を勧められました。
    うちはまだ6歳と若く体力もあったので
    全身麻酔には耐えられました(もちろん血液検査や心臓のエコー検査を
    して麻酔することに問題がないと判断してもらい)
    結果は鼻腔に腫瘍(病理検査の結果リンパ種)がありました。
    これは抗がん剤や放射線でしか、病巣を小さくすることはできず、
    今も抗がん剤治療を続けています。
    CT検査は麻酔による体の負担に加え、費用もかなりのものです。
    しかし原因がわからず効き目のない薬を使っていても意味がなく、結果的にCT検査を受けたことで、治療方針がたち
    実際に治療の効き目があって 鼻づまりはすぐに消えました。
    (完治はしないそうですが 猫自身は呼吸が楽になりました。

    今の麻酔は動物でも人間並みに最新の機器と手法で安全になってきています。
    再度、検討されてはいかがでしょう?

    ユーザーID:7125517922

  • 鼻腔内リンパ腫ですか!

    もこさん  すごくがんばられたんですね。
    病院を4か所も・・・
    色々 もこさんのお話を伺って、とても参考になりました。

    完治はしないというのはどういうことなんでしょう?

    人間でも、副作用で大変というのが有名な話ですが、
    抗ガン剤治療は辛くないのでしょうか?

    手術はされたのですか?
    放射線療法を受けられたのですか?

    すみません、おききしたいことだらけで、
    もし詳しくおききできれば、ありがたいです。

    うちは あいかわらず、鼻づまりの音の多少に一喜一憂しています。

    今は 掃除、加湿に気を付けて、様子を見ていますが、
    よくならないようなら、やはり、CT検査を受けたほうが良いのかも
    しれませんね。

    皆さんのレスに励まされる思いです。

    ユーザーID:9700593270

  • 2回目です

    CT画像を見せてもらうと素人でもここに腫瘍らしきものが
    あるとわかるくらいハッキリ写っており、数日後届いた病理検査結果は
    「リンパ種 高グレード」と書いてありました。
    何もしなければ病巣は大きくなっていくばかりで
    顔面が変形し目玉が飛び出る、脳にまで広がると痙攣をおこすと
    怖いことばかりで 幸い鼻腔内リンパ腫は化学療法がよく効くそうで
    抗がん剤治療をしてみることにしました。放射線治療もより有効だそうですが 放射線を受けるには大学病院や限られた個人病院でしか
    受けることができず、半日がかりでその病院まで行く負担や
    費用(50万くらい)の面、その都度全身麻酔が必要で
    あることからその治療の選択しませんでした。
    抗がん剤治療は毎週一回 病院で静脈から点滴で抗がん剤を注入してもらい
    (投薬後の様子をみるために半日入院)家では口から飲む抗がん剤を
    続けます。それを6週間続け病巣を叩いて小さくしていきます。
    その後は家での飲み薬(抗がん剤とステロイド剤)のみに
    切り替えました。副作用については投薬後2〜3日後に嘔吐や下痢が起こると
    説明がありました。続きます。

    ユーザーID:7125517922

  • 3回目です

    副作用には個体差があり、幸いうちの子は全く出ず
    6週間の治療が予定通り続けられましたが 家での投薬のみになって
    しばらくするとまた同じ症状が出て(鼻づまりのズーズー音)
    病巣が大きくなり出してしまったようです。
    また週一の点滴による抗がん剤投与を始めましたが、今回は
    血液検査で白血球の数がかなり低くなる副作用が出て
    (白血球が少ないと感染症の心配も有り)その時は投薬を中止すると
    いうことが何度かあります。投薬しないと白血球数は元に戻り
    全身状態がよくなれば投薬というふうに 常に検査結果を気にしながらの
    投薬(薬の量もその都度加減しながら)ですが その抗がん剤もだんだん
    効きが悪くなるそうで そうなるとより強い薬に変えたり
    するそうですが 体力的、副作用の点でどこまで続けていけるかが心配な点です。どれだけ癌細胞を小さくても完全に無くならないそうで、いつというのはわからなくてもいつか再発するので よって完治はないようです。病院の先生によって進め方等違ってくるでしょうが
    うちはこんな感じで治療を進めています。今、体重は減りましたが元気で走り周っています。

    ユーザーID:5792153043

  • アレルギーの薬も試してみようかと思います

    もこさん 詳しい情報を本当にありがとうございます!
    すごくがんばっていらっしゃるんですね。

    本当に飼い主はどうするのが猫ちゃんにとって幸せなのだろうと
    悩みますね。

    まだ決断できず、その前に まずはアレルギーの薬を
    飲ませてみようかと考え中です。
    体にあまり負担が無いようなので、試してみようかと思います。

    鼻は し〜んと静かなこともあれば、ず〜ず〜鳴りっぱなしのことも
    あります。

    ユーザーID:9700593270

レス求!トピ一覧