本とWEB

レス6
(トピ主1
お気に入り6

生活・身近な話題

よの

先日、とある講習会に行ってきました。

その際に、、、

1時間目
ここまでの説明は毎月送付している月報の3、4月号にもまとめられているので参考にして下さい。と言われました。

その後、、、
2時間目
ここまでの説明ですが、○○庁のHPに詳しく載せてますのでWEBで検索して下さい。と言われました。

月報の時はふ〜ん、そうなのか〜と思いましたが
WEBの時は「だったら、この講習会になんで呼びつけた!!」と
ムカっとしました。

そしてふと思いました。
月報参考は許せるのに、WEBで検索は何故許せないのだろう、と。

それは私だけなのでしょうか?
それとも、他にもいらっしますか?
、、、理由は何故なんでしょうね。

ユーザーID:3737897116

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 簡単です

    月報→毎月送付されてくる。つまり情報が先方から与えられている。
    ネット→アクセスするという行動を、自ら起こさなければならない。

    要するに「面倒だから自分で情報拾ってきてね」と言われたようなもの。
    だから納得できなかったんじゃないですか?

    私も、最近の何でも「詳しくはウェブで」という風潮が納得できません。
    時にはネット環境がない状況、ない立場の人もいることを考慮していない気がするからです。

    東日本大震災のとき、被災地だった茨城エリアが計画停電の計画エリアに入ったことがありました。情報はネットにあがっていましたが、肝心の茨城は断水と停電が続き、情報はまったく得られなかったそうです。
    当地に住んでいる友人に頼まれて「ネットでこれこれ調べてほしい」と頼まれたこと、思い出しました。
    かろうじて携帯のメールが繋がっていたから情報を送ることができましたが、弱者を無視した情報提供に納得できませんでしたね。

    ユーザーID:1503134700

  • WEBページや講習会にも

    準備にコストはかかっているんですけどね。
    だからWEBページへ誘導するのだって、別に構わないかと思います。

    それに講習会は、直に人が人に教えるということに意味があるのでは?
    講習会の目的は詳細な情報を余すところなく伝達することではなく、趣旨に沿って概要をまとめてどこに注目すればいいのかを示すため・・・と考えれば納得いきませんか。
    最も重要な内容を的確に受講者に伝えるためにその会の時間内で何を取り上げて何を省く(参照で済ませる)かを検討するのも、結構頭を使うんですよ。

    トピ主さんが月報に腹を立てなかったのは、その講習会の主催側が発行している(労力が目に見えている)ことが明らかだからかな、と思います。

    ユーザーID:9167072890

  • 私は気になりません

    送られてくる月報だと自分で管理しなければならないので、必要な時に検索すれば済む方が、むしろいいです。

    とりあえず何でも web で検索して、「これは深く広く勉強しなきゃ」と思ったときに本を買う (電子書籍のことが多い) というスタイルに慣れきっているせいかもしれません。

    ユーザーID:1719411661

  • なんだかよくわかりません。

    講習会に出席したら、
    これ読んどいてくださいとかWEBで検索してください、以上。
    ってやられたんですか?
    5秒でお終い?

    いろいろ説明して、その後で補足説明で***という資料は月報に、
    *****という資料はHPを参照してくださいですか?

    もしそうなら怒る筋合い無いと思いますけど。
    紙で焼いて配布すべきということですか?
    HP見てくださいの方が好感持てますけど。

    ユーザーID:0869022607

  • わかります!

    その気分わかります!
    ただ、自分でも理由はよくわからなかった。
    理屈じゃなくて気分なんですよね。

    改めて考えてみました。
    ・月報は特定少数に配布されるのに対して、Webは不特定多数が閲覧できるから
    ・印刷されてしまった情報の「印刷されたからには正しいです!以後変更ありません!」的なイメージに対して、玉石混合のサイト同居し、また修正変更が随時可能な(しかも告知無しで)Webでの情報は「違ってたら変えるかも〜、ヤバくなったら消すかも〜」的なイメージがある
      以上2点は情報に信頼性と重みが欠けているというイメージ、先入観があるから。という理由。

    ・Webには全く触れないライフスタイルの人(年配者、主義・嗜好的な理由、経済的な理由など)がいるということが当たり前のようにスルーされており、そこはかとない不親切感と不公平感がある。という理由。

    個人的にはモニターの文字群って、書面より理解に時間がかかる気がします。
    ブログやコラムみたいなのはいいんだけど、専門的な小難しい内容の文字列は書面のほうが助かるな。

    ユーザーID:0034309122

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ありがとうございます!!

    レス下さった方の意見がWEB参照肯定、否定、中立となっていて
    成程!そうなのか!と納得致しました。
    当然と言えば当然ですが好みの問題。
    慣れ、そして気持ちの問題と色々背景があって、
    WEB参照を素直に受け入れられたり、受け入れられなかったりする。

    日々の暮らしの中でそういうことは多々あるにも関わらず
    どうしてWEBにだけこんなに執着(?)して考えるのだろうと
    思っていたのですが、実際生活の中に浸透しているからこそ
    対面する問題でもあるのだと。

    そして、思ったのは色々な意見があって良いのだということ。
    私はやっぱり、これからもむかっ!と思い続けると思います。

    貴重なご意見をありがとうございました!!

    ユーザーID:3737897116

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧