キャバリアを飼う予定です。

レス18
お気に入り30

サラダ

学ぶ

40代の専業主婦です。
この度、子供の頃から念願でもある、はじめて犬を飼うことになりました。

いろいろ調べたり、ブリーダーさんを探すうちに、
犬種が、キャバリアキングチャールズスパニエルにほぼ決まったのですが、
気になる点はこの犬種特有の、心臓疾患です。

今キャバリアを飼われていらっしゃる方、
やはり心臓病の治療はされているのでしょうか。
少しお話をお聞きできると、勉強になります。

また、長生きしていて、心臓の病気は発症していない、
というお話もお聞きしたいです。

とても穏やかな犬種と思い、とても可愛くて、キャバリアを
迎えたいと思います。そのために、知識をためたいです。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:1067257413

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ブリーダーの所に行ってみる

    住所を確かめ、直接そのブリーダーさんの所に行ってみるのです。
    子犬なら、たいてい母犬が一緒にいるはずです。
    良質なブリーダーさんなら、母犬・父犬を見せてくれるし、兄弟犬の状態も教えていただけるはずです。
    清潔な犬小屋か?
    運動できるだけのスペースがあるのか?

    悪質なブリーダーだと、狭いケージに入れられっぱなし、不潔な状態のままってのがありますから。
    下手すると、親子兄弟間の近親交配をやらせてるケースも、まれではないんです。
    その目で直に確かめるのが一番だと思います。

    「子犬は社会化の為に、早くても生後3ケ月目に入ってからでないと、譲渡できない」と言うようなブリーダーさんなら、まずは信頼して良いでしょう。

    ユーザーID:1148182008

  • キャバちゃん飼ってます。

    キャバちゃんかわいいですよね。

    うちの8歳の子は心臓疾患はありませんが、アレルギーが酷くて可哀想です。塗り薬で抑えていますが。

    あと、すこぶる可愛いですが、すっごくやんちゃです。シニアとは思えないほど、遊びたがります。攻撃的なことも稀にあります。
    犬種特性の「穏やか」はあまり当てにならないと思います。わんちゃんによるかと。近所のキャバちゃんはびっくりするほどスローモーです。今思えば、小さい頃は力が弱かったから気付かなかっただけで、ペットショップにいた頃からうちの子はジタバタしてました笑

    ユーザーID:3429355742

  • キャバリア飼ってました。

    うちで飼ってた子は10才で心臓肥大になり、肺に水も溜まって駆け足で逝ってしまいました。
    定期的な検診は行ったほうがいいです。

    キャバリア愛嬌があって可愛い犬種ですよね。
    うちの子は食いしん坊で遊ぶのも散歩も大好きな優しい女の子でしたね。
    あの柔らかい毛並みも大好きです。


    ユーザーID:8579922060

  • うちは大丈夫でした

    キャバリアいいですよー。
    本当に恋人のようにべたべたしてくれます。

    うちは腫瘍で亡くなりました。心臓の方はまったく問題なし。
    知り合いにもキャバちゃんが居ましたがそちらも亡くなったのは
    老衰でした。

    こればかりは運と言いましょうか、なんとも言えないと
    思いますね。やはり定期的な健康診断で早めに病気を
    発見するのが最善かと思います。

    ただ抜け毛はハンパないです。もうすごいです。
    コロコロの消費量ハンパないです。そこは覚悟が要ります。

    あと、耳も弱い。たれ耳なので蒸れやすいからです。
    そしてとにかく何でもよく食べるので太ります。可愛いからと
    無制限に食べ物を与えると大変なことになります。運動も好き
    なので良く遊んであげるといいですね。

    常に人とくっついて、いなくなるときょろきょろ探します。
    華奢だけど勇敢なところもあってホントに魅力的な犬種です。
    頭も良く人の言葉もちゃんと理解するのできっと良いパートナー
    になりますよ。

    ユーザーID:3722310094

  • 今年11月で13歳

    キャバリアちゃんと暮らしています。
    今年で13歳、超健康とはいいませんが、元気です。

    というのも、心臓は肥大気味。
    関節が弱く、年齢も年齢なので、そのうちヘルニアのような症状も懸念されます。
    3年ほど前には腎臓の数値が悪くなり、20日間(10日×2回)ほど入院もしました。
    、、、ということで、定期的に検査も受けています。
    そういえば、最近全然咳をしてないので、今の気候は体に合うのかも。

    15歳のアメリカンコッカーも一緒に暮らしていますが
    こちらは去勢と予防接種以外で病院にかかったことがない健康体。
    定期健診はしますが「若い」と太鼓判を押されます。

    というコトで、コッカーと比べると、キャバリアは弱い気がします。
    キャバリアが大好きで4頭と暮らしている方のところは
    みんな6歳までに亡くなったという話も聞いたことがあります。
    でも、どれも個体差だとも思います。
    どの犬種にも一長一短があるので、比べることができないというか。
    病院に行けば、白髪交じり(うちは見た目は若い)のキャバちゃんに
    会うこともあるので、長生きな子もちゃんといますよ。

    ユーザーID:6623864431

  • キャバリア16歳

    キャバリアカワイイですよね!私は実家をでてしまいましたが、小学生のときに私が一目惚れをしたのが今の子です。
    とくに大病せず16歳になりましたが、そろそろお別れも近いのかなと切ないです。
    キャバリアだけに限りませんが、耳が垂れてるので慢性中耳炎でそれが大変でした。膿はたまり臭いし本人も辛そうでした。
    結局、未だに耳垂れが酷いままですが、他は問題なかったです。いい出会いがあるといいですね!

    ユーザーID:0054980211

  • キャバリア飼っています。

    我が家のキャバリア(オス11歳)も心臓疾患を患っています。
    7歳のときの検査で判明しました。
    心臓の肥大と僧房弁の機能不全で、現在は2種類、またそれとは別に膵臓に持病もあり、そちらも2種類、合計4種類の薬を服用しています(膵臓のほうは3歳くらいから)。幸い心臓疾患を原因とした発作のようなものは、現在のところ出ていません。
    薬は症状を遅らせるためのもの、完全な快復のためではないとのことです。これはキャバリアの運命だと思っています(飼い始める時にも承知しておりました)。
    獣医師さんからは体重管理、適度な運動、水分補給についての注意などの指導を受けています。
    さすがに11歳ですので基本はのんびり寝ていますが、おかげさまで目にも耳にも目立った衰えはなく、毎日の散歩でも楽しそうにしています。

    近所の同年輩キャバリアも、何か服用している子が多いですね。それでもみんな元気そうですよ。
    かかりつけの獣医師さんのお話しでは遺伝疾患についての情報が浸透してきたので、飼い主さんも気をつけるようになり、キャバリアの寿命は伸びているとのことでした。

    参考になれば幸いです。キャバリア、本当に可愛いですよ。

    ユーザーID:2433770118

  • 否定はできませんが

    これだけはご注意・・・・。

    一言「ブリーダー」と言ってもピンキリです。
    全てのブリーダーが有料なブリーディングをしているわけではありません。

    たしかに心臓疾患を患う傾向が高い種はあります。
    ですが、良いブリーダーは血糖だけでなく健康面も優位になる(健康な血統)よう配慮して交配させるのです。

    それでも心臓疾患になってしまう仔は確かにいる。
    でも、その可能性を可能な限り少なくするのもブリーディングの鉄則。

    我が家はネコですが、先代のネコがアメショーでして・・・・
    アメショーも「心疾患が多い」と言われる種でしたが、15歳と11ヶ月までは何事も無く健やかに成長しました。
    15歳と12ヶ月目に心疾患を見つけ、7ヶ月の闘病の末に虹の橋を渡りました。
    ここまできたら「ああ、人間だって壊れる世代だもんね」と腹を括って世話をしました。

    現在のネコを迎える際には、そのネコの両親と祖父母の健康状況証明書(健康診断結果)を見せてもらいました。
    まあ、それでもなるときゃなる。
    いまのところ元気炸裂中ですけどね!

    人間だって爺婆になれば心臓も悪くなるわよ。

    ユーザーID:3906153654

  • 長生きしました。

     弁膜症の発症は2分の一位でしょうか。本当は弁膜症を発症した場合は繁殖させるべきではないのです。

     我が家のキャバリアは生後4年で発症しました。しかし、投薬しないまま15年生きました。その間散歩で思いっきり走っても発作を起こすなんてこともありませんでした。
     本当は獣医師から投薬するようにと言われていたのですが飼い主(私)の怠慢により投薬しなかったのです。聴診器をあてない限り、弁膜症を発症している犬だとはわかりませんでした。キャバリアと言う犬種が発症する弁膜症は特異なものなのでしょうか。

     いま2頭飼っています。いま6歳ですが2頭とも発症していません。この2頭に血縁関係はありません。

     ほとんどのキャバリアは無駄吠えせず人見知りは無く人に咬みついたりしない犬です。ダブルコートですがブラッシングを必死でする必要もありません。しかし毛抜けが多いです。それと、2頭のうちの1頭は短頭種でいびきをかきます。ホントうるさい。でも、かわいい!

    ユーザーID:7993151086

  • 15歳で往生

    雌犬でした。
    ずっと獣医師指定のドッグフードだけで、絶対に太らせないように気をつけていました。

    心臓の弱い犬種全般に言えることですが、肥満が一番の敵です。
    太り気味というだけでも、もう駄目。
    8歳くらいで死んでしまうようです。

    痩せ気味のほうが長生きします。

    ユーザーID:0234581638

  • 2代目キャバと暮らしています

    1代目は12歳手前でリンパ腫で亡くなりました。
    心臓疾患は無かったです。あの時は本当に悲しかった・・・・
    今2代目と暮らしていますが、まだ5歳ですが今のところ心臓に問題はないようです。
    心臓疾患がご心配ならやはりブリーダーさんに直接お話を聞いて、納得された子を受け入れるのが良いと思います。

    キャバリア、本当にカワイイです!
    なにしろ人懐っこい。
    家族で食事をしているときも、テーブルの下にもぐって誰かの足の上で寝ています。常に人間のぬくもりを感じていたいみたいです。
    うちの子は2代続けてほとんど吠えません。
    人間同士が話をしていると必ず仲間に入りたがります。目をじっと見つめてわかったような顔をして話を聞いています!
    我が家にはなくてはならない存在です。

    ユーザーID:4367133307

  • キャバリア飼っていました。そしてまた飼っています。

    我が家のキャバリアも、最後は心臓疾患で亡くなりました。10歳でした。結構長生きされているキャバリアもいるようですね。でも動物病院では、心臓が悪くなったキャバリアが結構来ていました。
    死んでからは、ペットショップや他の人のブログで癒されていましたが、1年後とうとう我慢出来ずに、またキャバリアを飼い始めました。その時私も55歳になったので、飼うなら今しかないと思いました。
    最初のキャバリアは、最後の数日間はほとんど起き上がれなくなっていましたが、ある夜私が風呂に入っていると、しんどいのによたよたと歩いて私に会いにきて、そのまま家族のいるリビングに戻り、直後に息を引き取りました。別れの挨拶をしにきたのかな? 思い出すとタイピングしている今でも涙が出ています。
    キャバリアに限らず、他の犬種も結構病気をします。最近は腫瘍が出来る犬も多いようです。犬を飼うのは結構手がかかり、家族の生活を犠牲にする場面も多々あります。お金もかかります。でも沢山の幸せをくれました。前のキャバリアも今のそれも、素直な性格で本当に可愛く、私の生き甲斐になっています。
    飼う場合は責任を持って、最後まで可愛がって下さいね。

    ユーザーID:6764060120

  • アレルギー発症

    ウチの子供は実家でキャバリアを飼い始めてから、犬アレルギーになりました。
    元々、マルチーズを飼っており、生まれた時も実家に産後は帰っていたのですが、この時は大丈夫でした。
    下の子供が生まれた時も2週間ほど、実家に帰りましたが、なんでもなかったのですが…
    4才の時に、キャバリアを購入し飼い始めると、週末に実家に帰ると次の日から37度の熱が出て、風邪のような症状が出て…ということが数回あり、
    主人に言われて、アレルギー検査をしたところ ビンゴ!でした。
    通常の方の200倍の反応値があります。
    その為、飼育係とか、授業での動物に触るなどが出来ませんでした。
    ヨークシャテリア、マルチーズと飼っていましたが、キャバリアは抜け毛が物凄く、毎日、ブラシをかけても、かけても毛が落ちるし、衣服に付いたら取れないし…
    実家のキャバリアも心臓弁膜症です。11年経過し、今ではほぼ、毎日、寝ています。

    ユーザーID:0626079822

  • ありがとうございます!

    御回答ありがとうございます!

    とてもリアルなお話に、緊張さえしながら、ゆっくり読ませていただきました。
    良かったと思ったことは、想像していた年数よりもずっと皆様のキャバリアが
    長生きされていることです。

    「うちの子は食いしん坊で、遊ぶのも散歩も大好きな優しい女の子だった」
    「目を見つめてわかったような顔をしている」
    グッと来てしまって、涙が出てしまいました。

    活発な子もいる、定期健診が大事、
    心臓には問題がなかった、人間だって爺婆になれば
    心臓も悪くなる、、、などひとつひとつ心に留めます。
    初めから気を付けて飼います!

    8.10.13.16.11.15.12

    お書き頂いた年齢を書いてみました。
    長いです!愛しいですね!太らせないように気を付けます!

    初めはキャバリア以外の犬種を選ぶ予定でしたが、
    信頼できると思えたブリーダーさんが、キャバリア一筋の方でした。
    ブリーダーさんから決めるのも、良い順序と思い今に至ります。

    皆様の回答で、間違いないと思いました。
    飼います!ありがとうございました。

    ユーザーID:1067257413

  • ありがとうございます2

    sakura様まで読んで、一度お礼を書きました。
    反映される前、
    その後のレス、ありがとうございます。

    やはり発症する場合が多いのですね。情報ありがとうございます。覚悟しないといけませんね。
    迷う気持ちにもなりますが、どうしてだろう、キャバリアがいいです。
    だからこそ、よくよく気をつけて飼わなければ。

    お風呂まで会いに来てくれたお話、泣けました。
    大切なお話をありがとうございます。皆様のレスを拝見すると、キャバリアの
    魅力が伝わってきます。

    犬アレルギー。。。気になります。気を付けます。抜け毛がひどいのですよね。
    まめに掃除します!綺麗なキャバリアだから、きれいに飼いたいですよね。

    皆様が闘病されている方も、キャバリアが可愛いと言われて、私も覚悟を決めて
    やっぱりこの犬種を飼いたいです。飼ったら(今年中には必ず)同じ
    サラダのハンドルネームで、近況報告したいです。ありがとうございました!

    ユーザーID:1067257413

  • 迷うところですね。。。

    我が家には、11歳半のキャバリアがいます。実はまったく知らずに飼い始め、飼いかたを調べるうちに、遺伝性の心臓疾患にかかりやすいことを知って驚きました。

    やはり7歳直前に、毎年受けている定期検査で僧帽弁不全症を指摘されました。その時、獣医師から「肥満が大敵であること、薬で進行を遅らせることができること、薬は幾種類かあるので進行した場合は対応していくこと、まれに劇症型があるがその場合は厳しいこと」を言われました。少し肥満気味でしたので、1年以上かけて1.5kg減量させ、毎月一度聴診などの健康チェックを受けながら、元気に暮らしています。

    しかし1年半ほど前から、尿に結晶(結石になる以前の状態)が出るようになりました。それに対応する治療食は、ナトリウムが多めなので心臓に負担をかけやすくなります。月に2度、聴診と尿検査を受けて、その結果を参考に食べさせる食餌と治療食、薬のバランスをとっています。今のところ、とても元気です。

    このように手間も時間も費用もかかりますので、もし時間的な余裕があまりなければ人もわんこも辛いかもしれません。でも、キャバリアはパートナーとして最高です。

    ユーザーID:2433179693

  • キャバリア最高!

    うちにも明日で12才のトライカラーの娘がいます!
    キャバリアはホントに人懐っこいし、うちのはほぼ吠えません。
    ご近所さんからもおとなしくてお利口さんだねとほめられます。
    性格は穏やかで優しくて最高です。
    お散歩で血気盛んなワンコと匂いかぎっこしても、うちのはもちろん相手が吠えなくて相手の飼い主さんもビックリします。
    キャバリアの癒しオーラか?!と勝手に思っています。
    ただやはり抜け毛はとんでもないです(苦笑)
    しかしその分?手触り最高でいつまでも撫でていたいです。
    心臓は去年あたりから急に心雑音と言われ薬を飲んでいます。
    長生きしてほしいです!!

    ユーザーID:2365433054

  • 今日なくなりました。。

    心臓疾患の多い犬種と言われていますが
    うちのきゃばりあは18歳、最後まで頑張っていきました。

    原因は老犬ということもあり
    片方の肺が機能しなくなり
    医者に行くと持って3日と言われましたが
    その後も3日生き延び、今日息を引き取りました。

    家族で交代で夜中見ていましたが唸りがひどく
    その度に苦しくて何もできない自分が悔しかったです。

    でもお医者さんに聞くとフィラリアもなく、ノミもいなく、
    心臓が一番元気な事に驚きました!

    それでもやっぱり可愛いですよね

    キャバリアは番犬としての意識も高く
    少々落ち着きがないですが
    そこがとっても魅力的です
    若い時はできるだけ外でボールで遊んであげたり
    楽しい時間を過ごしてくださいね☆
    今は家で最後まで看取ってあげることができてよかったと思ってます!

    動物を飼うものの義務です。
    最後までしっかりと面倒を見てあげてくださいね。

    ユーザーID:6310338647

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧