ああ、あの頃は若かった…(駄)

レス18
お気に入り24

かんた

男性発

20年前、大学生だったあの頃。

某カレーハウスでやっていた
『20分以内に1300gのカレーを完食したら無料』
に挑み、16分というやや遅い?的な記録ながら完食したわたくし。

あれから月日が経ち……
今やデフォルトの400gで溜息をつくわたくし。

ああ、あの頃は若かったなぁ。


何となく呟かせていただきました。
皆様にもこうした
『若さ故にできたこと』
ってありませんか?

ユーザーID:3233178905

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • では食べ物繋がりで

    高校生の頃、ピザ食べ放題に良く行き
    平気で10枚とか食べていました。

    あの頃体重は40キロ台・・・
    いくら食べても太らなかったなぁ(遠い目)

    今は胸焼けして、ピザ一枚食べるのもやっと(泣)
    それなのに体重は増えるってどういうことなのよ〜(怒)

    ユーザーID:8619236869

  • スタバのサイズとケンタフライドチキンの数

    本当に大したことでは無いのですが、学生の時はスタバで常にグランデ以上を飲めていたのに、あれから10年(笑)。

    本気で飲み切れません...。トールでいっぱいいっぱい。
    学生の時は、スタバでダークモカチップフラペチーノのグランデとか頼むなんて、田舎住まいからすればおしゃれで(本当に数少ないので)ちょっとしたご褒美だったのに...。
    今では(折角地元にスタバの数が増えてるのに)グランデなんて頼んだら、確実に毎回ギブです。折角社会人なのに(泣)。

    そんなことで時の流れ感じてますよ...。
    フライドチキンでも、ケンタ好きなのに今は1ピースが精一杯、それ以上で翌日胸焼けです。

    年月経つと、好きでも食べれる量は決まってきちゃうんですねぇ...。あーあ。

    ユーザーID:8941755368

  • 小学校の頃

    学校で靴を隠され男子生徒数人に「キバ戦の時みたく下校するからキバになりなさい、さぁ早く」と高飛車に命令してキバ戦ポーズで帰宅したことがあります。
    女王様とあだ名がつきました。
    今思えば人にもの頼む分際で何故あんなに高飛車になれたのだろう、そして男子達は何故応じてくれたのだろう

    ユーザーID:8383724666

  • もう徹夜しません。

    面白いトピをありがとうございます。

    大学生の頃はよく徹夜でレポート仕上げたりしても翌日お肌はピチピチでしたが、年をとるにしたがって徹夜した翌日は少し老けて見えるようになっていきました。特に半世紀以上生きてしまった現在、徹夜明けはオバサンからオバーサンに変化してしまいます。最近徹夜明けに老眼鏡をかけたまま鏡を見てしまってそのことに気付きショックを受けました。

    それなので、もう徹夜はしません。

    ユーザーID:5392902406

  • 40年前ですが・・・

    大学時代、友人と二人で焼き鳥を肴に2合とっくりを20本あけ、腹が減ったなと、
    中華屋で、ラーメンとマーボー丼をそれぞれ1杯ずつ計4食を食べ、
    (この辺で店の人が笑ってたのを思い出します。)それでもまだなんか
    食いたいと、うろうろした記憶があります。

    それから10年後、サラリーマンになってもうそんなには無理だよなとか
    思いながら、某ステーキハウスで、1kgのステーキとライス・サラダを
    29分以内に完食したらただというのがあり、友人2名と行きました。

    一人は、24分で完食、私が31分、もう一人はギブアップ・・・
    惜しかったなあ。

    そのあともしばらくは暴飲暴食が続きました。

    そしてふと気がつくと、数年前に定年を迎え、なんと一人前の定食が食えない!!
    昔の私はどこに行ったというくらい、現在は小食です。

    かたや会社員になった息子は、中学のころから10年、昔の私を凌駕するような勢い
    で食べまくっていて、私が食べきれないおかずはどんどん譲ってます。

    TVで見ると、大食い選手権の若い方は、2kg、3kgも結構平気で食べてますね。
    うらやましい。

    ユーザーID:3137217403

  • 徹夜かなぁ。

    学生の頃は一夜漬け。働きだしてからは
    友達や彼氏と朝まで電話。
    そのまま出勤して働く。
    今はそんな気力もないなぁ。
    若いって良いね。

    ユーザーID:1360158825

  • 徹夜、できませんね

    大学生の頃は深夜の2-3時までレポート書いて、次の日の午前の授業に
    眠いと思いつつも出席して、ということが可能でした。

    社会人になって数年後、土曜日に開かれた同窓会。
    もう親も門限までに帰りなさいなんて言わないし、
    翌日は何時まででも寝ていられたのに、
    終電前には帰ろうと自主規制している自分が居ました。
    (同窓生の何人かは徹夜で飲み明かしたようですが
    月曜日からの一週間を考えると、私にはとても出来ませんでした。)

    そのさらに数年後、大学院へ通っていた時のこと。
    大学生の頃と同じ勢いで、深夜までレポート…と思ったのですが
    大学生の頃のようには頭が働かず、眠気もコーヒーや緊張感どころでは吹き飛ばず、
    体力勝負はもうできない(肉体)年齢に達してしまった、と悟りました。

    ユーザーID:1567484672

  • 旅行

     関西から、ディズニーランドや、スキーの旅行に、仕事帰りに夜行バスに乗って、そのまま食事も適当に済ませて遊び倒し(もしくは滑り倒し)、一日遊んだあと宿に着いてすぐに寝るかと思いきや、宴会が始まり、興奮したままいつまでもおしゃべりにゲーム。
     私は夜弱いほうだったので、明け方までコイバナなんてできませんでしたが、2、3時間の睡眠で大丈夫な友達はハイテンションのまま朝を迎え、また遊ぶ。
     帰りはさすがにぐったりかと思いきや、今度は比較的ローテンションで過ごしたメンバー(私はこっち)が、パーキングのお土産屋さんでまた散財。地方の珍しい食べ物に別腹が始動。

     …ああ、青春時代!ですね。
    今、そんな強行軍の旅行なら、仮にお金を頂けるとしても辞退しますね。

     書いていて懐かしくて涙がでてきました。トピ主さま、いいトピをありがとう。

    ユーザーID:4115336515

  • スケジュールびっしり

    昼はOLで夜は銀座のホステス、土曜の午前中は習い事で午後から日曜深夜まで泊まりで彼氏の家にいました。

    全然疲れなかったです。

    7年間やりました!

    最近は出かけるのが面倒くさいし、出かけるとすぐ疲れます…涙

    ユーザーID:4035111849

  • 『若さは馬鹿さに似てる』富士登山で・・

    29年前の長男小1、次男4歳、長女3歳の時。妻と私の家族五人で、富士山に登山しました。その下山時、当時33歳の私は、学生時代に先鋭的な山登りをしていた自信から、背中にリュック、左右の手で次男と長女を胸に掻き抱き、『須走り口』を走って下山しました。途中で止ろうとすれば途端に転倒し、両腕の子等は、怪我では済まなかった事でしょう。両膝のフリクションを上手に使って、猿や脱兎の如く駆け下ったのです。下から登ってくる人達の『ホーッ!』と言う溜め息か?感嘆か?驚愕か?嘲笑か?判然としない声を浴びながら。転ぶ不安感は、微塵も有りませんでした。若さ故=馬鹿さ故の分別の無い挙動でした。

    いまは、一昨年暮れからめっきり足腰が弱り、四箇所の病院で各種の精密検査を受けても、病因が判明しませんので、断酒と一日2万歩余の散歩で鍛え直しています。気侭な散歩が、何時しか『ノルマ=目標設定』してしまい、修行の様に成ってしまいました。娘の誕生日プレゼントの万歩計は、使用スタート日より本日で166日目。累計歩数275万歩、歩行距離2066kmに成り、あと4〜5年で、日本沿岸部一周(役15500km)を達成出来そうです。

    ユーザーID:2706105006

  • 40年前

    大阪で 昼間は事務の仕事 夜7時すぎたら みなみへ くりだし 朝まで 踊り、 その繰り返し でも つかれなかった。 若かったね

    ユーザーID:0742277362

  • 山の手オールナイトハイク

    若かりし大学一年の頃、ユースホステル部に所属していて、某理系大学の男性たちと、山手線を沿って一周するというオールナイトハイクをしました。
    ナント徹夜で、四十キロぐらいの距離をてくてくと歩くというもの。もちろん朝帰り。代々木から出発して、最後は代々木公園だったと思います。思えば若かったなぁ。
    奢ってもらって、食べてばかりのオールナイトハイクでした。

    ユーザーID:9714273092

  • ナイタースキー

    学生でスキーを始めたばかりの頃は、宿で朝ご飯食べて着替えてすぐゲレンデへ。昼食以外休憩も取らずにすべりまくって夕方まで。宿に帰ってご飯食べたら、またナイタースキーへ。時間ぎりぎりまですべる、翌日はまた同じスケジュール。行かないこともありましたが、最近再開。でも、朝もゲレンデに行くのは10時頃だし、ご飯休みも長く、当然間にお茶休憩もするし、4時頃にはもう引きあげます。ナイターもできるゲレンデでもする気にならず、宿でゴロゴロしてます。あの頃、なんであんなに体力あったんでしょう。

    ユーザーID:7076326169

  • トピ主かんたです。

    数々の若さ故…の武勇伝(?)ありがとうございます!
    本来ならばお一人ずつお返事を差し上げねばならないところですが、なにぶん眠気に負けそうなので(←歳だな、オイ)まとめてのお礼にてご勘弁を。

    鯨飲馬食・完徹…など様々なエピソードに
    うんうん、と頷いております。

    お礼といってはなんですが、もひとつ私自身のつぶやきをば。

    これまた学生時代のお話。
    『カルビ・唐揚げ・生姜焼きがあればなんぼでも白飯を愛せるぞぉ!』
    なんて言い放っていたわたし。

    それから約20年後の現在。
    冷蔵庫の中には常に京都で購入した漬け物が常備され、普段飲んでいる焙じ茶でお茶漬けをサラサラと食しては
    『ああ、しみじみと満足』
    と呟くわたし……。

    ユーザーID:3233178905

  • 読書が……ゲームが……

    オタクのはしりだった私。
    学生の頃は毎月のようにゲームソフトを買い求め、時には2週間ほどで次のソフトを買いに行っては店員さんに、
    「もうクリアしたんですか?」
    と呆れられていたものでした。
    読書量も多く、活字本なら日に5冊、マンガだったら長編30冊くらい一気読みしていました。

    ああそれなのにそれなのに、もう視力と体力と記憶力がついていきません。
    読んだ本のあらすじを忘れたり、作家名を忘れたり……登場人物の名前など読み終わったらきれいさっぱり頭から抜け落ちてしまいます。
    ゲームももう何ヶ月も一つのソフトをクリア手前でほったらかし。
    近視に老眼が混ざってるんですから、近頃の高度な画像は目が疲れます。
    戦闘シーンでぐるぐる回らないで、じっとしててくれればいいのに……。
    ステータス画面のこまかい数字も読みにくいし。

    反射神経も鈍りました。
    テトリスにはまって、夜更けに何度もスペースシャトル打ち上げた(congratulation!)あの頃のようにはいきませんね。

    ユーザーID:8710114173

  • いくら食べても太らなかった

    20代は、夜や夜中はもちろん、一日中、こってりしたものなど、いくら食べても太りませんでした。

    ユーザーID:7289437644

  • 自分でもあきれる

    二十歳くらいかなあ…原付で海に行くのに面倒なので水着で行きました。
    同級生の女の子と二人で並んで。

    カリフォルニアなら絵になりそうですが…超田舎町で。

    追い越す車からの視線も気になりませんでした。

    今では“若さの暴走”と呼んでいます。

    大阪で大学生だった頃、学際でパトカーに止められて厳重注意。

    よく、注意だけですんだなとびっくりです。

    酒気帯び・二人乗り・傘さしの原付運転でした。

    これも”若さの暴走パート2”です。

    子供には言えません。

    ユーザーID:1990118206

  • 今でも若いじゃないですか

    私は還暦すぎたから、昔の事はあまり覚えてないのですがね、

    >若さ故にできたこと

    勤め人してた頃、月の残業時間200時間を超えたことがありましたね。
    200時間というと会社に泊まり込みで仮眠2〜3時間程度なんですよ。
    子供の頃から憧れていた仕事なので出来たんでしょうね。

    ユーザーID:4909797668

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧